バレーボール オポジット。 『西田有志』バレーボール│凄すぎる人気や発言をまとめてみました

【3分で理解】バレーボールのポジションと役割は?名前・動きについても

バレーボール オポジット

自分自身がスポーツをしている・得意!と言う方はなおさら、自分自身がスポーツをしていなくても苦手であってもスポーツ観戦というのは楽しいですよね。 最近では、知り合いの子どもがバレーボールをしているのでよくバレーボールを見るようになりました。 学生の頃や遊びでバレーボールはしたことがあったのですが、しっかりと見ていくとバレーボールって知らない専門用語が意外と多くて・・・ その中でも、今回はバレーボールの専門用語「オポジット」について学んでいきたいと思います。 オポジットとは一体!? オポジットとはバレーボールの専門用語です。 オポジットとはバレーボールの中ではポジションを示す専門用語なのです。 オポジット、別の名を「スーパーエース」 主にセッターの対角線上のライト側に配置されることが多いです。 オポジットのポジションにおかれた選手はレシーブを行わずにスパイク専門!と言っても過言ではありません。 また、後衛になったときはバックアタックを望まれ、攻撃を専門に行うポジションですね。 オポジットで有利なのは右利き?左利き? バレーボールの専門用語オポジット(攻撃専門のポジション)では、利き腕で有利な方があるのでしょうか。 実は、どちらともいえないのです。 というのもも、それはチームのスタイルによるからです。 当たり前ですかね。 オポジットがスーパーエースとなるのはVリーグくらいのレベルの選手くらいで一般的にはオポジットを置かないチームもあります。 もちろん、どちらの手も使えればもちろん有利です。 サッカーなんかもそうですよね。 左が使えればセッターの戸須賀左に行ってしまった時などは左で打てた方がいいですし、対処もスムーズですよね。 オポジットの選手を教えて! バレーボールの専門用語オポジット。 攻撃専門の選手。 どんな選手がいるのでしょうか。 ・清水邦広選手 日本代表の選手として有名ですよね。 2015年には第18回アジア選手権でMVPも受賞しています。 日本人離れしたフィジカルとサウスポーから繰り出すスパイクと跳躍力は並ぶ選手はいないかもしれませんね。 ・迫田さおり選手 一言でいえば体全体バネ!跳躍力がすごいんです! バックアタックと言えばこの選手が思い浮かぶのではないでしょうか。 ロンドンオリンピックや韓国戦では迫田選手の活躍で勝利を得た!ともいえるでしょう。 まとめ オポジットについて簡単に説明しましたが何となく、でも理解できたでしょうか。 攻撃専門のポジションであるから見ていて楽しいものですよね。 そしてなんといってもプレイがかっこいい!目を奪われてしまいますよね。 是非みなさまも注目してみてみてくださいね。

次の

期待のバレー選手「西田有志」のプロフィールや出身校は?彼女情報もご紹介!

バレーボール オポジット

レセプション、ディグ、オポジット…。 これ、バレーボールの用語です。 みなさん、分かりますか? 今年は4年に1度の世界選手権開催年。 男子は9日(日本時間10日)にイタリアとブルガリアで、女子は29日に日本で開幕します。 2年後の東京五輪へ代表選手のパフォーマンスが楽しみですが、テレビで、会場で応援するために、バレー界で使われ始めた新たな用語をしっかり予習しておきましょう。 日本協会が7月に発表した「統一用語」も紹介します。 【取材・構成=小堀泰男】 女子日本代表の中田久美監督 男子日本代表の主将を務める柳田将洋(26)は言いました。 「レセプションの精度が上がったと思います。 代表でも世界クラスのサーブにしっかり対応できるようにしたい」。 今年4月の成田空港。 ドイツ1部リーグ、TVインガーソル・ビュールでのシーズンを終えて帰国した際のことです。 「レセプション」で頭に浮かぶのは、ホテルの受付、接待、歓迎会などでしょう。 バレーボールとは無関係に思えますが、実はサーブレシーブを意味しています。 「reception」には「応対」「受容」という意味もありますから、何となくイメージはできるでしょうか。 1999年、バレーボールにラリーポイント制が導入されました。 サーブ権の有無にかかわらず、1つのラリーごとに得点が入るルールです。 この改革によって技術や戦術、プレーの質に大きな変化、進化が生まれました。 それまでは「レシーブ」でひとくくりにされていたものが、分けて考えられるようになったのです。 レセプションに対して相手のスパイク、アタックに対応するレシーブは「ディグ(dig=掘る、小突く)」と呼ばれるようになりました。 欧米で使われる用語がそのまま取り入れられ、急速に広まったようです。 女子日本代表・中田久美監督(53)の今年4月の会見でのコメントです。 「レセプションアタックは土台、最低限の武器として強化していきます。 サーブレシーブがセッターに入らなかったとき、セッターが前衛に出てたときの攻撃について、バックアタックも含めて精度を高めていきたい」。 同監督が代表のベースとして挙げたレセプションアタックは、サーブレシーブからの攻撃。 これに対して相手のアタックをディグで受け止めて攻撃に転じることを「トランジションアタック」と言います。 トランジションとは、1つのラリーの中でボールを扱うチームが切り替わる場面のことです。 つまり、バレーボールはサーブから始まり、レシーブ側がレセプションアタックを仕掛け、その後ラリーが続けばお互いにトランジションアタックを繰り返して得点を争うスポーツというわけです。 テレビで「ミュンヘンへの道」「サインはV」「アタックNO・1」を見て育った中高年世代には、「レシーブ、トス、スパイク…ワンツー、ワンツー、アタック~」が精いっぱいですが、Vリーグ、日本代表の監督、選手会見で聞き慣れない用語が飛び交います。 しかも、中田監督のコメントのように新旧の用語は混在すると、ちょっと混乱してしまいます。 そんな現状を憂慮したのか、日本協会は7月28日に「バレーボールの統一用語」という資料をメディア関係者に配布しました。 その中では「レセプションの使用は推奨せず、サーブレシーブに統一する」とされています。 しかし、4年に1度の世界選手権を楽しむには、さまざまな用語について予備知識を仕入れておくことをお勧めします。 テレビ中継インタビューで、レセプションやディグ、トランジションは必ず耳にするはずですから。 18歳新星オポジット西田 スパイクを放つ日本代表の西田有志 男子日本代表に彗(すい)星のように現れたアタッカー西田有志(18=ジェイテクト)は、オポジットとしてレギュラーの座を固めつつあります。 今春、三重・海星高の卒業に合わせるように代表に招集され、5~6月の国際大会ネーションズリーグでは、186センチの小柄な体を躍動させて左腕から繰り出す豪打で世界を驚かせました。 ところで、西田が務める「オポジット」とは…。 ローテーションでセッターの対角(opposite)に入る選手のことです。 オポジットは基本的にレセプション(サーブレシーブ)には参加せず、攻撃に専念します。 また、セッターが前衛にいる間は前衛のアタッカーが2人になってしまいますが、オポジットは後衛からバックアタックで攻撃参加し、常にアタッカーが3人いる状況をつくります。 以前はアタッカーのポジションを「レフト、センター、ライト」と表現していました。 右利きの選手が圧倒的に多いことから、スパイクを打ちやすい左サイドからの攻撃を担う選手がレフト、ブロック力があって速攻などのコンビバレーの中心になる選手がセンター、セッター対角で右サイドでプレーする機会が多い選手がライトです。 ただ、現在は選手の特性やチーム戦術も多様化しています。 そこでレフトとライトをウイングスパイカー(WS)、アウトサイドヒッター(OH)、サイドアタッカー(SA)、センターをミドルブロッカー(MB)、ライトをオポジットと呼ぶようになりました。 チームによってはオポジットの代わりに「ユーティリティー」「ユニバーサル」という万能型の選手を起用する場合もあるようです。 これらの呼称は選手の役割と考え、レフト、センター、ライトは選手がプレーするコート上の位置と考えた方が分かりやすいと思います。 なお、日本協会はアジア大会代表発表からアウトサイドヒッターという表記で一本化しています。 2つを併用する ストレート、クロススパイク スパイク(アタック)のコース。 ラインスパイクは使わない フロントロー、バックロー 前衛、後衛は許容範囲だが、将来的にはこちらを主流に フェイント 強く打つと見せかけて相手ブロック後方、横に緩く返球 プッシュ スパイクフォームから指全体を使ってボールを押し込む動作 ツースパイク トスをすると見せかけての攻撃の総称 ブロード、ワンレグ攻撃 片足踏み切りでの移動攻撃 サーブ サーブそのものをサービスとはしない サービスエース サーブによる得点はすべて サーブレシーブ レセプションは一般的に分かりにくい トス、セット 2つを併用する ディグ、スパイクレシーブ 2つを併用する チャンスボール フリーボールは使用しない ブロックフォロー ブロックカバー、スパイクカバーは使用しない 役割 スパイカー、アタッカー ジャンプして攻撃する選手。 2つを併用する セッター 配球する選手 レシーバー、ディガー 戦略的に呼称が変わるので併用する リリーフサーバー 試合途中にコートに入るサーバー。 ピンチサーバーは使わない リリーフレシーバー 守備強化で試合途中にコートに入る選手。 ピンチレシーバーは適さない 位置 レフト、センター、ライト スパイカー、アタッカーのコート上の位置 アウトサイドヒッター スパイカー、アタッカーの役割の呼称。 スパイクに限らず、相手コートのオープンスペースにやわらかいボールを落としたり、コースやタイミングを変えて得点を狙うことを総称してアタックという。 チャージド-はチームの監督が要求して各セット2回ずつ取れるもので時間は30秒。 逆にサイドアウトはレセプション側のチームが得点すること。 バレーボールは2点以上の差がつかないと決着しないから、どちらかのチームがブレークしないと勝負がつかない。 女子は銅メダルを獲得した10年以来2大会ぶりの日本開催で、9月29日の開幕。 就任2年目の中田監督は「20年東京五輪へ向けてメダルを狙っていかなければならない」と目標を掲げる。 世界ランク6位の日本は5~6月の国際大会ネーションズリーグで7勝8敗の10位。 今月2日に閉幕したアジア大会ではタイ、中国、韓国に敗れて4位にとどまった。 両大会を通じてエース候補・黒後の戦力化には成功したが、左膝負傷から復帰した長岡の決定力、コンビプレー、ディフェンスなどの課題克服へ開幕まで強化を図る。 男子はイタリア、ブルガリア共催で女子に先駆けて9月9日(日本時間10日)にスタートする。 日本は世界12位で、ネーションズリーグでも6勝9敗で12位だった。 中垣内祐一監督(50)は「厳しいグループに入ったが、1次突破を第1目標にベスト8相当が目標」。 代表デビューしたばかりの西田がオポジットとして機能し、腰と膝の故障が癒えたエース石川も7月末に戦列復帰。 主力はアジア大会に出場せず、フィンランド合宿から4日にイタリア入りした。 五輪 正しく恐れ、正しく行動できれば五輪は開催できる []• テニス [6月27日 17:47]• 東京オリンピック2020 [6月27日 6:01]• 東京オリンピック2020 [6月26日 22:44]• 東京オリンピック2020 [6月26日 20:45]• ラグビー [6月26日 15:08]• 東京オリンピック2020 [6月26日 13:50]• 東京オリンピック2020 [6月26日 8:19]• パラリンピック 欠端瑛子らゴールボール東京パラ内定を維持 []• パラスポーツ [6月24日 13:43]• パラスポーツ [6月22日 17:51]• パラスポーツ [6月20日 17:50]• パラスポーツ [6月14日 17:05]• パラスポーツ [6月11日 13:44]• パラスポーツ [6月10日 13:48]• パラスポーツ [6月9日 10:41]• パラスポーツ [6月8日 13:19]• パラスポーツ [6月5日 12:04]• パラスポーツ [6月3日 12:23]• リオ五輪 バド金の高橋&松友「うれしい」銅の奥原「重い」 []• スポーツ [8月25日22:18]• スポーツ [8月25日21:27]• 五輪一般 [8月25日12:30]• 五輪一般 [8月25日11:41]• 五輪一般 [8月25日9:38]• 日本代表 [8月25日7:52]• 五輪一般 [8月24日20:23]• ラグビー [8月24日9:53]• ラグビー [8月24日9:45]• J1 [8月24日7:53]•

次の

試合結果

バレーボール オポジット

西田有志選手のプロフィール 名前 西田有志 生年月日 2000年1月30日 出身地 三重県いなべ市 出身高校 海星高校 身長 186cm 利き手 左利き ポジション オポジット きっかけ バレーボールを始めたきっかけは、兄と姉がやっていたことから地元の「大安ビートル」に入団します。 中学生の時にJOC全国中学生バレーボール大会の三重県選抜に選ばれます。 高校は、愛知県の強豪の星城高校などからの誘いを断り、地元四日市の海星高校に進学します。 高校時代 海星高校は野球部が甲子園に出場実績はありますが、バレーボール部としての実績はほとんどありません、しかしながら、近年三重県のクラブチームのヴィアティン三重と協力して強化に努めている学校です。 強豪チームを倒したいとの気持ちが強く、バレーボールでは全くの無名校へ入学になりました。 高校時代はインターハイへの出場はありましたが、高校バレーの花形の春高バレーには一度も出場ができませんでした。 三重県の高校バレー界には長年に渡り頂点に君臨する「松阪工業」の壁を崩すことができませんでした。 また、高校時代(特に3年生)はケガに苦しみ、最後の春高予選決勝戦では、自分の思い通りのパフォーマンスを出すこともできず悔しい思いがあったのではないでしょうか(私は、その春高三重県予選の決勝を会場にて観戦しました) 高校卒業後、全日本やVリーグでの大活躍の記事は別で投稿していきたいと思います。 また、強気な発言も注目されています。 サッカーで言えば「本田圭佑」とでもいえるのではないでしょうか。 西田選手が出場する試合のチケットは完売 全日本の世界大会へ満員の観客が席を埋め尽くし日本を応援しますが、バレーボールの日本リーグであるVリーグでも西田選手が所属するジェイテクトの試合はチケットが取れない状況です。 日本バレーボール界の最大の至宝と言われる石川祐希選手は現在イタリアでプレーしています、そんな中でこの西田選手が日本のVリーグを引っ張てくれています。 2019-20シーズンはジェイテクトを初優勝に導き、史上最年少でMVPも獲得しました。 ジェイテクトのアウェーでの試合でもチケットは取れないようです。 バスケットのBリーグが華々しく開幕しまし盛り上がりましTが、バレーボールもこの西田選手が多いに盛り上げてくれています。 でも、苦ではないです。 得られるものが多くあるので」 Number Webより 今までの経験からこのコメントが言えるのでしょう、まだまだ若い西田選手ですが、ケガで苦しんだ時期もあったでしょう、バレーボール界のエリートではありませんでしたが、努力の大切さを身にしみているのでしょうか。 「ネガティブなことを考えてもマイナスなことしかない、だから自分のプレーなり、考え方をプラスに持っていくよう考えています」 中スポより まさしく「プラス思考」! 簡単にプラス思考といいますが、プラス思考で行動することができるようでできないのが現実ですね。 「1億円プレイヤーになりたい。 話題性も欲しい。 俺も夢を持たせる人間にならないと」 フジテレビューより バレーボールでも野球やサッカーのようにバレーボールのみでお金を稼ぐことができる選手が将来出てきてほしいです。 西田選手の1億円プレーヤー期待ですね。 この言葉にはバレーボールがをもっと人気のあるスポーツにして盛り上げたい、自分自身も盛り上がりたいとの意味も感じます。 「最近(ファンの)皆さんが声を掛けてくれるので嬉しいんだけど、慣れていないから対応の仕方がわからなくて…」と、はにかむ場面も。 フジテレビューより デビューしたての頃でしょうね、ここから大ブレークを起こしていきます。 全日本では清水選手のポジションを西田選手がつかんだ形になりましたが、清水選手のの凄さはつねに感じているのではないでしょうか。 「バレーボールです。 今一番バレーボールがしたいですね」 中スポより 最後は、新型コロナで自粛中の中でのインタビューです。 まとめ 今回は日本バレーボール界をしょって立っているともいえる「西田有志選手」の人気や名言について記事にしていきました。 国内のVリーグで大活躍、このさきの全日本でも魅力的なプレーを見せてくれることは間違いないでしょう。 東京オリンピックでの大活躍も期待しましょう。 今回は最後までお読みくださりありがとうございます。 今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

次の