ドロヘドロ ネタバレ。 ドロヘドロの能井の心との出会いや最後をネタバレ!年齢身長バストについても|FUN UP LIVE

ドロヘドロの能井の心との出会いや最後をネタバレ!年齢身長バストについても|FUN UP LIVE

ドロヘドロ ネタバレ

カイマン 本作の主人公。 顔を爬虫類に変えられ、記憶を失っている男です。 魔法が効かない体と、高い戦闘能力の持ち主。 普段はガスマスクをして、ナイフと銃剣を使って戦います。 自分を爬虫類にした魔法使いを、ニカイドウとともに捜索中。 病院でアルバイトをしながら、ホールにやってきた魔法使いを狩って、手がかりを探しています。 不気味な見た目で、容赦なく魔法使いを殺していきますが、餃子が大好物だったり、おばけを怖がったりするなど、子どものような一面も。 親しい人物に対しては、非常に人懐っこい性格の人物です。 ニカイドウ カイマンと行動をともにする女性で、徒手格闘の達人。 普段はホールで「ハングリーバグ」という食堂を経営しています。 場所が悪いのと、カイマンが餃子の代金を払わないのが理由で、あまり儲かっていません。 そんな彼女は、実は魔法使いであり、そのことを隠して生活しています。 そしてこの設定が、本作において重要な要素。 なぜ魔法使いであることを隠しているのか、過去に何があったのか、要注目です。 カスカベ博士 ホールで、魔法使いの研究をする人物。 見た目は少年ですが、これは魔法使いによって実験台にされたためであり、実年齢は60歳ほどです。 研究室には魔法使いの標本が溢れているなど、まるでマッドサイエンティストのようですが、「魔法被害者病棟」を設立して治療をおこなうなど優しい一面もあります。 この研究を始めたのは、彼の妻の体調が悪かったときに、自分にも何かできないかと思ったことがキッカケでした。 ちなみに、彼の妻は意外な形で登場します。 煙 魔法使いの世界で、圧倒的な実力を誇る「煙ファミリー」のボス。 対象をキノコに変える魔法を操り、作中でも最強クラスの強さを誇っています。 キノコを盾や鎧にしたり、相手の体にキノコを生やして殺したりするなど、汎用性の高い能力です。 ためらうことなく人を殺しますが、下っ端である藤田の話を聞いたり、部下のために戦うなど、ボスとしての器を兼ね備えています。 ややナルシストなところがあり、自分を主演にした映画を作った過去も。 ちなみに、その内容は彼にとって都合よく変えられていました。 また、キクラゲという犬(猫?山羊?)を溺愛しており、キクラゲと話すときは「〜でチュね」という赤ちゃん言葉になるなど、意外な一面もあります。 恵比寿 カイマンに殺されかけたところを、藤田に助けられた少女。 もともとは冷静な性格でしたが、あることをきっかけにボケ担当になりました。 藤田のことを慕っており、恋愛感情を抱いているよう。 本作は登場人物がペアになっていますが、藤田と恵比寿のペアは本当の兄妹のようで微笑ましく感じられるでしょう。 彼女の魔法は相手をトカゲに変える能力で……。 藤田 煙ファミリーの下っ端で、物語冒頭、仲間である松村をカイマンに殺されます。 そのことからカイマンに復讐を誓っており、常に葬式用の靴を身に着けています。 ケムリを弾丸にする能力を持っていますが、ケムリの量が少ないためほとんど役に立ちません。 出世欲があるわりには卑怯な性格で、他人を身代わりにすることも。 しかし、恵比寿と行動をともにするうちに成長していきます。 心 煙ファミリーの掃除屋で、組織に敵対する者を抹殺していきます。 心臓を模したマスクをしており、武器はハンマー。 作中では最高レベルの強さを誇り、カイマンでさえ歯が立ちませんでした。 なんでもバラバラにする魔法を使い、人間を生きたままバラバラにします。 マスクをしているときは不気味なイメージですが、素顔は爽やかな青年。 人を殺すことにためらいはありませんが、命の恩人に対しては、ホールの人間でも義理をとおすなど義理堅い一面があります。 能井 心のパートナーであり、煙の従兄弟の掃除屋。 マスクをしていると筋骨たくましい男性に見えますが、素顔は銀髪赤目の美女です。 煙ファミリーのメンバーですが、なぜか煙を毛嫌いしています。 もともとは心と対立していましたが、ある事件をきっかけに彼を慕うようになりました。 彼女の魔法は修復系で、人体が欠損しても治すことができます。 心はこの能力で傷を治してもらうのが当たりまえになっているので、強いにも関わらず戦闘のたびに死にかけています。 ターキー ファミリーの一員で、ローストチキンのマスクをかぶっている魔法使い。 写真や人の記憶を基に、「命ある人形」を作り出す魔法を使います。 性別は男性ですが、なぜか魔法で外見を女性にしているらしく、その美少女ぶりは軽く衝撃的です。 ぜひ最終巻でご確認ください。 夏木 終盤の敵組織である、十字目の新入り。 カイマンの強さに惚れ込み、行動をともにします。 十字目のメンバーはほとんどが金目当てですが、彼だけは弱者を救うという理想を持っています。 本作の特徴は、独特な世界観です。 あらすじだけ聞くとよくある能力バトル漫画ですが、登場人物はほとんど全員がマスクをしており、流血表現も多々あります。 魔法でのバトルといっても、他の作品にあるようなものではなく、一見すると戦いに利用できないような魔法も多く登場するのです。 また、ニカイドウをはじめとしたキャラクター達が強すぎるので、魔法を扱った内容なのに、肉弾戦の迫力が満点なのも特徴的。 バトルシーンも注目要素となっているのです。 そんな独特な雰囲気の本作ですが、登場人物は、皆ひょうきん。 人が死んだり流血沙汰が起こったりしてもあまりシリアスになりませんし、動揺もしません。 グロテスクな表現があっても暗い雰囲気にはならないという、異色な作品なのです。 本作の大きな見所は、やはり魔法によるバトルでしょう。 それだけ聞くとよくある能力バトル漫画のようですが、本作は、他の作品とは一線を画しています。 本作の魔法は、• 相手をキノコに変える• 相手をトカゲに変える• 餃子を作る など……一見すると強くなさそうなものばかり。 しかし、それらがキャラクターの個性と相まって力を発揮し、独自の世界観を作り出しています。 多くの謎がある本作ですが、魔法もその1つといえます。 実は魔法使いであるニカイドウ。 そんな彼女の魔法が、本作においての大きな謎、そして鍵となる要素となのです。 登場人物たちは、この魔法に苦しめられたり、利用したりしながら謎に迫っていきます。 ぜひ、それぞれの能力に注目しながら、読み進めてみてください。 魅力をネタバレ考察:ところどころに挟み込まれる、ブラックジョーク、ギャグが面白い! 本作はグロテスクな描写が多いですが、決して暗い内容ではありません。 なかでも、ところどころに挟まれるブラックジョークには要注目。 登場人物もひょうきんな性格をしている者が多く、残酷な場面でも明るく振る舞います。 キャラクターがペアになって行動することが多い、本作。 なかには恋愛関係に近い人物もおり、そのやり取りが見ていて面白いです。 なりゆきで野球をする回など、肩の力を抜いて楽しめる内容も多々あります。 なかでも恵比寿はお笑い要員としては重要な存在です。 藤田とパートナーになりたいと思っていましたが、餃子でお腹を下していた間にそのチャンスを失ってしまう姿は可愛らしいです。 ニカイドウを始めとした、女性キャラクターが美女ぞろいなのもポイント。 男子読者からの人気も高いです。 また普通だったらお目にかかりたくない2メートル超えのゴキブリ・ジョンソンがかわいく見えてくるのが不思議なところ。 「ショッキング!」と話すところも、なんとも愛嬌が感じられるでしょう。 魅力をネタバレ考察:最終回まで面白い! 本作の最大の謎は、カイマンの正体でした。 彼はなぜトカゲの頭になって記憶を失ったのか。 それを探るために物語が進みますが、1つの謎が解けると新しい謎が出てきて、読者を飽きさせません。 終盤では、なんとカイマンも魔法が使えるようになります。 そして、それは意外な能力でした。 今までのカイマンの言動が、伏線になっていたといってもいいでしょう。 物語の序盤では「魔法使いVSホールの人々」という構図で争っていましたが、終盤では強力な敵が出現し、登場人物が総力戦で戦います。 マスクをしていたキャラクターの素顔が明らかになったり、登場人物がパワーアップしたりと、二転三転する展開から目が離せません。 さまざまな謎についても、最終巻ですべての伏線が回収されることとなります。 ホールの人々、魔法使い達、そしてカイマンとニカイドウの運命とは……。 『ドロヘドロ』アニメ化決定!唯一無二の世界は、どう動く!?

次の

『ドロヘドロ』とは?トカゲ頭の男と魔法使いが対決するカオスな世界

ドロヘドロ ネタバレ

タグ amazon Apple Books BL BOOK WALKER BookLive! docomo系 eBookJapan FODプレミアム honto hulu music. jp Reader Store Renta! SF作品 TSUTAYA Tマガジン U-NEXT ひかりTVブック まんが王国 アニメイトブックストア アニメ無料動画 アプリ アルスラーン戦記 キャラクター紹介 キャンペーン コミックDAYS コミックシーモア コメディ作品 サービス比較 ダンまち ドロヘドロ ネタバレと感想 ハートフル作品 バトル作品 ファンタジー作品 ブックパス ブック放題 ホラー作品 ミステリー作品 メイドインアビス ヤングマガジン ロボット作品 全巻無料 全話無料 動画視聴 各種手続き 恋するソワレ 恋愛作品 日常作品 月刊アフタヌーン 月刊少年マガジン 波よ聞いてくれ 漫画全巻ドットコム 漫画無料 無料お試し 無料で読める 無料期間で解約 約束のネバーランド 考察 花とゆめ 解約前の注意 評価・口コミ 週刊少年サンデー 週刊少年ジャンプ 進撃の巨人 雑誌読み放題 鬼滅の刃 目次• ドロヘドロ【18巻】のあらすじとネタバレ 中央デパート屋上に乗り付ける予定だった煙ファミリーですが、キクラゲとエビス、そして煙の遺体は失踪してしまいます。 さらに、 まとめ役だったはずの消が着地の際に頭部を強打した結果、死亡してしまいます。 そして中央デパートの異変により、屋上にいたはずの彼らは何故か屋内に移動させられてしまいました。 そんな中、能井はキクラゲを探しに単独行動をとります。 回復・修復を担う能井を今失うわけにはいかない。 そう考えた心は能井を追いかけます。 能井を優しく抱きしめた心は、「お前を失うわけにはいかねえんだよ」と言うと自分のケムリを能井の頭部にかけます。 輪切りになった能井の頭部に、心はすかさず消からもらった悪魔のケムリ瓶を詰め込みました。 能井は自動回復しますから、これで問題ないはずです。 その場を立ち去ろうとした心は、廊下の奥から黒ずくめの人物がやってくるのを目撃します。 心、過去に遭遇する。 しかし…… 黒ずくめの人物を目撃した心は、いつの間にか別の場所に倒れていました。 足には長いチューブが突き刺さっています。 チューブの先をたどると、そこには扉がありました。 心は大きな体を曲げながら、さらに最奥までチューブを追跡します。 扉の奥先、そこには町内会の男たちに殺された、心の父親の姿がありました。 親父……と呟いた瞬間、心はさらに別の場所に飛ばされます。 周辺には心と同じように、チューブが刺さった人間がたくさん存在していました。 身の危険を感じた心は、チューブを抜こうとします。 しかしチューブは頑丈で、心の力でも抜く事が出来ません。 奥にはあの黒ずくめの男が見えます。 チューブはついに心の足元から内臓に入り、心臓にまで達しました。 さらにチューブからは謎の黒いドロが注入され、心は口からドロと血を吐き出します。 ドロが心の体に行き渡ると、心は別人の存在へと変貌を遂げました。 別の邪悪な存在が、心を乗っ取ったのです。 キクラゲとエビスは無事!思いがけない召使「カイコ」も登場! 中央デパート周辺の強風にあおられて魔法のジュータンから落下したエビス、キクラゲ。 エビスはどこかのトンネル内で目を覚まします。 煙の遺体を入れたバッグが下敷きとなり、エビスの命を救ったのです。 エビスはキクラゲを探し、無事キクラゲを確保します。 キクラゲのそばには能井から託された、回復用のケムリの入ったカバンがありました。 エビスは自分の折れた腕を治療し、全回復します。 エビスとキクラゲが周囲を見渡すと、十字目幹部・毒蛾の入ったゴミ袋が見つかります。 エビスの力では煙の遺体バッグを運ぶことは出来ず、ちょうど力のある人物が必要でした。 しかも毒蛾は、落下の衝撃のためか何も思い出せないとつぶやいています。 毒蛾はちょうど記憶喪失に陥っていたのです。 エビスは毒蛾の体を治療し、利用することにしました。 さらに毒蛾には、偽の情報を与えます。 毒蛾はエビスの召使い「カイコ」と呼ばれ、エビスの命令には絶対に従うように命じられました。 承諾した毒蛾は、能井のケムリにより体を回復させます。 ありがとうございますお嬢様!と毒蛾ことカイコは大喜び。 エビスはカイコに煙のボディバッグを持たせ、トンネルの出口を探します。 アスの目が!指が!中央デパートがニカイドウ達を襲う 大量ギョーザ弁当を売り終わった3人は、デパートを出ようとします。 アスは自分の移動能力と千里眼を発動しました。 しかし、アスの魔法はデパートの黒い壁にさえぎられてしまいます。 場所を移動することも叶わず、アスの目は潰され外に出ることは失敗してしまいました。 驚くニカイドウとアス。 ニカイドウは先ほどの停電で、周囲の店の人々がデパートによって空中に吊り上げられていったのを見た、と言います。 中央デパートで何か良くないことが起きているのです。 さらに栗鼠は周囲から強い殺気を感じると、「カース」に変身します。 それならば、とアスは指のケムリから魔法使いのドアを出そうとします。 ところがその時、 天井からナイフをもった男がアスを襲い、指を切り落としてしまいました! 眼と手を失ったアスは狼狽し、魔法が使えなくなります。 ニカイドウとアスは、気が付くとチューブが刺さったゾンビたちに取り囲まれていました。 何とか脱出するために、ニカイドウと「カース」はゾンビを蹴散らします。 しかし天井から巨大なチューブが伸びてきて、ニカイドウ、アス、「カース」もまた全員天井につるし上げられてしまったのです。 悪魔であるニカイドウは強い力でチューブを引きちぎります。 しかし栗鼠とアスは力が弱く、そのまま天井に引き上げられそうになってしまいます。 栗鼠はそのまま天井に連れ去られ、見えなくなってしまいます。 残ったアスの手をニカイドウは離そうとせず、なんとか地上に降ろそうとしました。 しかしアスは無理だと悟り、ニカイドウにまだ渡していなかった、悪魔の手作りマスクを手渡します。 アスはもう悪魔ではありません。 そのため、友人の悪魔に依頼しニカイドウ用の魔法使いマスクを作ってもらっていたのでした。 マスクを渡したアスは、そのままチューブに攫われてしまいます。 栗鼠、そしてアスまでもデパートのチューブに捕らわれてしまい、ニカイドウは必ずふたりを助けると誓います。 チューブを辿っていけば、必ず彼らの居場所がわかるはずと考えたニカイドウは、ひとりでデパート内を進み始めました。 藤田、鉄条と取引をする 消が死んだことで魔法の力が消えた藤田は、鉄条に見つかってしまいます。 藤田は何とかその場をしのぐために、鉄条に交渉を持ちかけました。 手を貸してくれたら、死んだ佐治と牛島田をキクラゲの魔法で復活させる。 これが藤田の持ち掛けた提案です。 鉄条は藤田にそれほどの力があるかを疑いますが、他にふたりを復活させる手立てがないことから、提案を受け入れました。 さらに藤田は毒蛾が、八坂たちの襲撃を受けたことを教えます。 鉄条は、その話からボスの背中に大量の腫瘍や首が、彼らのものであったことを理解しました。 鉄条はそこから、毒蛾は今も生きている可能性があると考え、藤田に毒蛾捜索を手伝うよう強制します。 藤田に佐治の生首を持たせ、その動きを慎重に観察する鉄条。 ふと、藤田の動きがやけにこわばっていることに気が付きます。 恐らく、何らかの大切な物体を持っているに違いない……。 鉄条はそう考えました。 鉄条はすかさず藤田のポケットを刀で切り裂き、中の物体を奪いました! 慌てた藤田ですが、鉄条から取り戻すことは出来ません。 鉄条は中身を確認し、それがひとつの悪魔腫瘍であること、そして これが煙自身の悪魔腫瘍であることを察知します。 煙に復活されては、十字目組織はひとたまりもありません。 今度は鉄条が、煙の悪魔腫瘍を潰さない代わりに藤田が鉄条に手を貸すよう、命じます。 その場にちょうど、大男がやってきました。 足にチューブを絡めた男、煙ファミリーの心です! 藤田は心の登場を喜び、鉄条は「掃除屋」の到来に驚きます。 鉄条はとっさに、それ以上近づけば、煙の悪魔腫瘍を潰すと心に脅しをかけます。 ですが、心は一切聞き入れません。 鉄条は交渉を諦め、藤田に悪魔腫瘍を渡してしまいます。 藤田は受け取った悪魔腫瘍を心に見せようと、心のそばに近寄ります。 一言も言葉を発さない心に不安を覚えますが、再会の喜びに浸る藤田はそれほど不審に思いませんでした。 そして心は、藤田に手をかけます。 その瞬間、心の魔法が発動しました! さらに 鉄条も心のケムリによって、バラバラにされてしまったのです。 心、煙ファミリー幹部を全員「掃除」! 鳥太やターキーは消の遺体を囲み、心と能井の帰還を待っていました。 そこにようやく心が到着します。 心の服がないこと、そしてパートナーである能井がそばにいないことに驚くふたり。 心は黙ったまま、ふたりに自分の魔法を発動します。 一方、意識を取り戻した能井は強引な手術に文句を言いながらも心を探します。 しかし戻る道すがら、あらゆる部位の遺体が転がっていることに気がつきました。 普段の心の出来とは思えない、雑な仕事の散らばった遺体。 能井はゴミ袋にひとつひとつパーツを集めながら、心を探します。 ところが、能井はある手のひらを拾った時に気づいてしまったのです。 能井が拾った手には、黒いゴムの蓋がされていました。 これは鳥太の手です。 どういうわけか、心は鳥太を解体したのです。 能井は今まで拾った部分を見て、 ひとりではなく複数の相手が心によってバラバラにされていることを知ります。 突然、能井の横をケムリが通り過ぎました。 能井の反射神経の良さで避けたものの、それが心の魔法であることに驚きます。 心の魔法を十字目に奪われたのでは、と心配する能井ですが、無事そこに心の姿を発見します。 しかし心はすでにいつもの心ではありませんでした。 能井に向かって次々とケムリを使う心。 能井は心が正気を失っていることに気づき、まずはこのケムリを止めようと決心します。 能井はすかさず心の腕を切り落とし、ケムリを止めました。 よっしゃ!と能井がガッツポーズを決めた途端、 心のもう片方の腕のハンマーがうなりをあげ、能井の頭部に強く刺さります。 能井の顔面に血が飛び散りました。 能井はやられ、その場に倒れてしまいます。 カスカベ博士、悪魔の体内に入る ホールの病院では、煙ファミリーの部下たちがホールのテレビにくぎ付けです。 そしてテレビには、面白い情報が流れました。 「中央デパートが消えた」。 消の魔法だと言うファミリーの手下ですが、カスカベ博士は真実を確かめるためジョンソンに乗って(ジョンソンは飛行可能です!)中央デパートに向かいます。 現場に辿り着いたカスカベ博士が見たものは、予想外のものでした。 そこに 中央デパートはなく、廃物湖だけが広がっていたのです! その時強風が吹き付け、カスカベ博士はジョンソンから引きはがされてしまいました。 博士はかろうじて、真っ黒な家の屋根につかまります。 この家は空中に浮かんでおり、家そのものに体温があるかのように温かみがありました。 不思議に思いながらも飛ばされることを回避するため、博士はドアから家の中に入ります。 そこには 何故かソファでくつろぐハルの姿が! ハルは博士を見つけると、すかさず自分の体の中に隠してしまいます。 悪魔仲間に見つかると大変だとハルは言い、カスカベ博士は初めて入った悪魔の体に興味津々です。 やがてチダルマが家に現れ、悪魔たち全員が家に集合します。 一体これから何があるのか。 ハルは中央デパートの「あるもの」に会いに行くと言います。 家は静かに湖の中に沈んでいきました……。 突然出現したカイマン!ニカイドウとの再会 ひとりになったニカイドウは、しばらくして悪魔のテンションから普段の意識に戻りました。 ニカイドウはまず衣類を着替えようと、更衣室に入ります。 返り血を浴びた衣類を変え、カイマンから預かったジャケットを着用するニカイドウ。 ふと視線を上げると、悪魔のようなシッポが影から揺れています。 悪魔がいる! と考えたニカイドウはとっさにシッポを追跡します。 シッポはあちこちに現れ、どこかに誘っているかのようです。 ニカイドウがシッポを追跡し、広い場所に出るとそこにはトカゲ頭の大男が座っていました。 「よォ、ニカイドウ」 男は間違いなく、ニカイドウの知るあのカイマンだったのです!! 感想。 魔のおまけ:チダルマ先生の死後講座がおもしろい! 18巻ラストは懐かしいあのカイマンの姿で終わりです。 正直言ってここで何故カイマンが出てくるのか、全く!全くわからなかったです。 もちろん漫画ではきちんと理由が明らかになりますが、ここでは全く謎が明らかにされていないので、びっくりしました。 しかもニカイドウを知っているカイマン、トカゲのカイマンは数巻ぶりの登場です。 懐かしすぎます。 中央デパートもどうやら何かあるようです。 心がおかしくなってしまったため、ファミリーはほぼ全滅というつらい目に遭ってしまいます。 もしかして心が最強なのでは……と思ったりしますが、煙がまだいないので頂上は不明ですね。 毒蛾は記憶喪失、そのままカイコとしてエビスにこき使われています。 しかし十字目の幹部をやっているときより笑顔ですし、明るいのです。 エビスにも常に気遣いを欠かさず、口調も丁寧……。 毒蛾、幸せかもしれませんね。 ちなみに18巻は「魔のおまけ」が充実しています! チダルマ先生による「死後講座」が掲載されているのです。 煙はもちろん、これまで死んでいった十字目幹部などが登場し、地獄めぐりをします。 生前のヒエラルキーは全て崩壊しているそうで、煙は激しく十字目たちにいじめられてたりします。 天国はないのですね。 十字目幹部たち、ちょっとかわいそうだと思うのですが……。 続き:• むかわ 漫画アニメ大好き• New post: ベルセルク 1期アニメ の動画を全話無料で視聴できる配信サイトはどこ? New post: 【約束のネバーランド】実写映画は原作の何巻?

次の

【ネタバレ】ドロヘドロの最後の結末は大団円!ラストのその後も解説

ドロヘドロ ネタバレ

どうも! 今月の11月12日の月曜日、ついに完結しました! 『ドロヘドロ(最終巻)』 いやぁ長かった! そして僕が初めてドロヘドロを読んだのは高校生なので、ざっと10年間追い続けた物語がついに完結しました…(泣 ちなみに連載期間は2000年から2018年の18年間。 林田先生!お疲れさまでした! それでは最終巻の感想にいきましょう! ちなみにキャラクターの事がいまいちわからない人はキャラクター紹介もしていますのでご覧ください。 煙ファミリーはホールの泥に飲み込まれましたが、煙の巨大キノコスーツになんとか守られている状態。 キリオンは丹波社長達を助ける為にホールの泥の中心へと向かいます。 一方、ホール君によって二階堂達を殺されたカイマンは、元悪魔たちの協力で魔法使いになり、ホール君との一騎打ちを挑むことに! カイマンの魔法の正体 前回の最後で魔法使いになったカイマンですが、その魔法の正体は明かされませんでした。 しかし、ついに最終巻でカイマンの魔法が明らかに! 彼の魔法はずばり 『餃子』 一見弱そうな魔法ですが、このドロヘドロの世界での食べ物系能力はかなり強力です。 煙の『キノコ』や、福山の『パイ』など、相手を無条件で食べ物に変えてしまうので作中でも屈指の強さを誇ります。 しかしカイマンの魔法は別格でした。 『餃子』の魔法は敵を餃子に変えるのではなく、餃子をあらゆる兵器として使用できるというもの。 揚げ餃子型爆弾 何故カイマンがここまで強力な魔法を備えているのかは言及されていません。 流石にホール君でも手も足も出ない様子で圧倒されていきます。 煙ファミリーの行方 一方、煙ファミリーは相変わらずホールの泥の只中。 煙の巨大キノコスーツに守られていますが、泥によって溶かされるスーツを24時間修復し続けていたため煙も限界を迎えてしまいます。 スーツも溶け始め絶対絶命のピンチの中、心は最後の頼みの綱として死んでしまった消の生首を生き返らせることに。 ファミリーの最古参の消であればこの状況を打破できると信じての賭けです。 キクラゲに消を生き返らせようとしますが、キクラゲはお腹が減って言うことを聞きません。 そこでターキーがチキンを模した自分のマスクをキクラゲに食べさせるため、マスクを脱ぎます。 なんとその素顔はグラマラスな女性でした!(しかもメチャクチャ可愛い) 元は男性でしたが魔法で女性になったとのこと。 ターキーのマスクを食べて機嫌を直したキクラゲは消を生き返らせます。 消復活 復活した消は成り行きを聞き、自分の魔法であれば窮地を脱することができると話し始めます。 彼の魔法の本質は記憶の消失や物を透明にさせるのではなく、『非物質化』。 魔法をかけたモノの存在を完全に抹消することでした。 生き物に掛ければ魂以外の全てを消し去り幽霊のような存在になるので、ホールの泥の中でも助かることができるようです。 煙の巨大スーツの融解が限界を迎える中、煙ファミリーは覚悟を決めて消の魔法で透明化し、落下していきます。 二階堂(ホール)との一騎打ち 一方、ホール君を圧倒するカイマンですが、死んだふりをしていたホール君は二階堂の生首を抱えて泥の海に逃げ込んでしまいます。 それを追うカイマンですが、ホール君は二階堂を取り込み、彼女の姿で襲い掛かってきました。 二階堂の体を盾に取ったホール君に一瞬のスキを突かれ、カイマンは頭から魔法使いの源である悪魔脳腫を奪われそのまま泥の海に飲み込まれてしまいました。 しかし元々ホールと体を分かち合っていたカイマンにホールの泥は効かず、再び立ち上がります。 最後にはお互いの体にある泥を吸い取り合うという決死の戦いが始まりました。 キリオン大活躍~決着 カイマンとホール君の泥の吸い取り合いはホール君が優勢。 徐々に体中の泥をホール君に吸い取られ始めて絶対絶命のカイマンですが、その時ホール君の体から煙ファミリーが脱出してきます。 無事に消の魔法で帰ってこられたようです。 すぐさま心がホール君に反撃を試みますが、捕縛されてしまい絶対絶命のピンチは続きます。 しかしここでホールの泥の中心にいたキリオンが、持参した大量の爆発系の煙を使いホール君のドアを破壊します。 途端に苦しみ出すホール君に心が魔法をかけてバラバラにします。 そしてホール君の頭から出現した悪魔脳腫をカイマンがストアの包丁で一閃。 ついに決着です…! 死んだ二階堂達も悪魔達の手で生き返らされ、カイマンとの再会を喜び合います。 終焉 半年後…。 魔法界に再び平穏が訪れ、ホールを中心とした一連の騒動は幕を下ろしています。 煙や心をはじめとした煙ファミリーは魔法界に、カイマン達は再びホールへと戻り個々の生活を始めていました。 魔法使いたちは以前のようにホールの人間を練習台にせず、お互いが干渉せずに共存する道を選んだようです。 またチダルマは他の悪魔達との賭けに負け、5千年間人間として生きることになりました。 それぞれがいつもの日常を取り戻しましたが、カイマンは結局トカゲ顔のままで生きていくことを選んだようです。 カイマンをバイトとして迎えた二階堂の経営するハングリーバグをラストに物語は終わります。 ドロヘドロ(最終巻)の感想 いやぁ、長かった! 連載18年!僕が追いかけ始めて10年弱! ついにドロヘドロサーガが完結しましたね! 作者曰くスランプに陥り19巻辺りで物語を強引に閉じようとしたという話がありますが、よくぞここまで丁寧に完結してくれました…。 やっぱり長期連載漫画って終了させることがとても難しいと思うんですよね。 そんな中、全く無駄な伸ばしも無く、すっきりと完結を迎えてくれたドロヘドロにはファンとして感謝と尊敬の念で一杯です!! 敵味方問わず魅力的なキャラクターや、能力者バトルという範疇に収まらない個性的な魔法の数々。 何より凶暴でコミカル、独創的な雰囲気など、まさに唯一無二という言葉がふさわしい作品でした。 本当に完結おめでとうございます! ちなみに完結ということで、この一冊のみの感想を書いてもしょうがないと思い割愛しますが、一点だけ。 僕の中でのドロヘドロで一番かわいいキャラクターが決定しました。 ターキーです。 以上です! ドロヘドロト&林田先生の今後の展開 アニメ化!? ドロヘドロ最新刊の帯にも書かれていますが、何とアニメ化企画が進行中のようです!! やばいよやばいよ…。 ドロヘドロの世界がアニメで動くんだよ…。 見るしかないじゃん! ただ正直知名度も高くはないと思うので2クールも3クールももらえないと思うんですよ。 この中身が詰まりまくったドロヘドロサーガをどのようにして1クールで収めるつもりでしょうか? それともNETFLIXとかでやってくれるのかな?? なんにしても楽しみですね! 主題歌は是非スリップノットでお願いしますよ! 画集発売! こちらは巻末で告知されていましたが、再び画集が発売されます! 今までにも何回かこういった機会があり、個展を開いたりもしていましたが、今回は最終回ということでかなり気合が入った内容になるのではないでしょうか。 これも欲しいなぁ…。 高そうだけど…。 次回作決定!! 他の記事でも紹介しましたが、林田先生の次回作が既に決定しています! タイトルは 『大ダーク』 これまたダークファンタジー臭が凄いですね。 どんな内容になるのかわかりませんが、期待して待ちましょう。 ギョーザ男とかゲストで出演したりして…(笑).

次の