井村屋あずきバー キャンペーン。 あずきバーでおなじみの井村屋が日本酒専門店とコラボ! 「日本酒とようかん」のペアリングが楽しめるキャンペーンを1週間限定で開催

異業種コラボ商品 「井村屋/あずきバー」 キャンドル 故人の好物シリーズ ろうそく 蝋燭 ローソク キャンドル お彼岸 お盆 月命日 あずきバー アイス 定番 小豆 :ka

井村屋あずきバー キャンペーン

その経歴はとにかく異色だ。 短大を卒業して結婚した後、自宅から近かった井村屋の福井営業所でアルバイトを開始、経理などの事務や社員の営業への同行に加え、トラックを運転しての配達業務なども経験した。 学生時代は教師を目指していたため経理の知識はなにもなかったが、経理の夜間学校に通い猛勉強した。 その後、登用試験を経て正社員となり、3人の子供を育てながら着実に昇進。 北陸支店勤務時には、寝坊して高校生の息子のお弁当のおかずが生野菜にマヨネーズをかけただけになり、帰宅した息子から「今日が一番豪華な弁当やった。 同情した友達がエビフライやハンバーグをくれたから」と言われへこんだこともある。 今でこそ子供を育てながら正社員としてフルタイムで働く女性は増えてきた。 だが中島氏のころにはまだ極めてレアケース。 子供を持つ働く女性が抱える悩みや出来事をすべて乗り越えながら、最後は上場企業のトップに上り詰めた格好だ。 中島氏を後継社長に指名したのは元社長の浅田剛夫・現会長CEO(最高経営責任者)。 「トップは男女、国籍、ハンディキャップを抜きにして、多様性の中から選ばれるべき。 今、一番社長にふさわしい人間を選んだら中島だった。 決して女性活躍推進で選択したわけではない」と話す。 浅田会長が期待するのは、これまで前例がない道を走り続けてきた中島氏の「挑戦する力、変化する力」だ。 それこそが井村屋のトップに求められる資質だからだ。 浅田会長は「変わることが継続につながる。 変わらなければ継続すらかなわず衰退する。 当社が老舗として生き残ってきたのは、変わり続けてきたから」だと信じる。

次の

あずきバーのCMは雨上がりの兄妹(尾上松也・中尾百合音)井村屋のアイス

井村屋あずきバー キャンペーン

井村屋の大人気商品「あずきバー」シリーズ商品を対象としたキャンペーン• 期間中に対象商品の井村屋BOXあずきバーシリーズを購入し、箱についている「アズキキング」マークを応募コース分集めはがきで応募• 抽選で合計3,000名様に、旅行券5万円分やあずきバーオリジナルQUOカード1,000円分などが当たる• ハガキ1枚につき1口、お1人様何口でもご応募いただけます• ご応募は日本国内在住の方に限らせていただきます 概要 井村屋株式会社では、長年愛されている大人気商品「あずきバー」シリーズを対象に、旅行券5万円分など抽選で合計3,000名様に当たるキャンペーン【大事な人とあずきバーキャンペーン】がスタートしてます。 キャンペーン期間中に、対象商品の井村屋BOXあずきバーシリーズを購入し、箱についている「アズキキング」マークを応募コース分集めはがきで応募すると、抽選で合計3,000名様に、旅行券5万円分やあずきバーオリジナルQUOカード1,000円分などが当たります。 井村屋BOXあずきバー• 井村屋BOX宇治金時バー• ご了承ください。 賞品の交換・換金・返品及び当選権利の譲渡等はできません。 「近畿日本ツーリスト 旅行券5万円分」は近畿日本ツーリスト、KNT-CTホールディングスグループ株式会社の指定する店鋪、ならびに店頭でお渡ししている「ご利用のてびき」に掲載している代理業者・特約店でご旅行等のお支払いにご利用いただけます。 なお、旅館・ホテル等宿泊施設でのお支払いにはご利用なれません。 ご応募は下記より応募ハガキをダウンロードして応募いただくか、郵便ハガキか、本キャンペーン告知付きの商品パッケージについているハガキでもご応募いただけます。 ハガキ1枚につき1口、お1人様何口でもご応募いただけます。 当選後にご応募コースの変更はできません。 ハガキには所定の郵便料金の切手をお貼りください。 ご応募いただきましたお客様の個人情報は、本キャンペーンの抽選及び賞品発送に利用する他、個人を特定しないマーケティング活動のための統計処理の目的で利用させていただきます。 お客様の住所、転居先が不明等でご連絡が取れない場合は当選を無効にさせていただく場合がございます。 ご応募いただいたハガキはお客様に返却できませんので、予めご了承ください。 井村屋の社員、及び関係者は応募できません。 ご応募は日本国内在住の方に限らせていただきます。 賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。 キャンペーン終了後も、キャンペーン告知の入った商品が店頭に並ぶことがございますが何卒ご容赦いただきますようお願いいたします。 メールでのお問い合わせはをご利用ください。 関連情報• 関連ニュース.

次の

井村屋あずきバーキャンペーンで旅行券5万円分やQUOカードなどが合計3000名様に当たる【ハガキ】~20/9/30

井村屋あずきバー キャンペーン

その経歴はとにかく異色だ。 短大を卒業して結婚した後、自宅から近かった井村屋の福井営業所でアルバイトを開始、経理などの事務や社員の営業への同行に加え、トラックを運転しての配達業務なども経験した。 学生時代は教師を目指していたため経理の知識はなにもなかったが、経理の夜間学校に通い猛勉強した。 その後、登用試験を経て正社員となり、3人の子供を育てながら着実に昇進。 北陸支店勤務時には、寝坊して高校生の息子のお弁当のおかずが生野菜にマヨネーズをかけただけになり、帰宅した息子から「今日が一番豪華な弁当やった。 同情した友達がエビフライやハンバーグをくれたから」と言われへこんだこともある。 今でこそ子供を育てながら正社員としてフルタイムで働く女性は増えてきた。 だが中島氏のころにはまだ極めてレアケース。 子供を持つ働く女性が抱える悩みや出来事をすべて乗り越えながら、最後は上場企業のトップに上り詰めた格好だ。 中島氏を後継社長に指名したのは元社長の浅田剛夫・現会長CEO(最高経営責任者)。 「トップは男女、国籍、ハンディキャップを抜きにして、多様性の中から選ばれるべき。 今、一番社長にふさわしい人間を選んだら中島だった。 決して女性活躍推進で選択したわけではない」と話す。 浅田会長が期待するのは、これまで前例がない道を走り続けてきた中島氏の「挑戦する力、変化する力」だ。 それこそが井村屋のトップに求められる資質だからだ。 浅田会長は「変わることが継続につながる。 変わらなければ継続すらかなわず衰退する。 当社が老舗として生き残ってきたのは、変わり続けてきたから」だと信じる。

次の