福岡 県 コロナ 感染。 北九州市内の状況(新型コロナウイルス)

新型コロナウイルス 福岡・佐賀への影響|FBS福岡放送

福岡 県 コロナ 感染

による緊急事態宣言が解除されて半月あまり、「新しい生活様式」を取り入れつつ、徐々に街も人も日常を取り戻しつつある。 しかし、最近まで感染者数が増加傾向にあり、5月末にクラスターも発生したでは依然コロナへの警戒感が強く、他県に比べて回復が遅れている。 土産物需要が大幅に減って打撃を受けている博多名物・辛子明太子業界を取材した。 かば田食品は、福岡県を中心に47店舗を展開する、従業員数約400名の老舗企業。 ギフトや土産物用の辛子明太子が主力だ。 代表取締役の椛田稔久さんが話す。 「大正10年の創業以来、これまでに経験したことがないほど悪い状況です。 4月は前年同月比で30%減、5月も同20%減に落ち込みました。 直近6月の売り上げは同12%減と少しずつ戻ってきてはいるものの、回復には至っていません」(椛田さん・以下同) 緊急事態宣言が発令された4月から5月下旬までの約2か月間、主な卸先である駅や空港、高速道路のサービスエリア、百貨店などが閉鎖され、影響をもろに受けたという。 「特に弊社の場合、ギフト用、お土産用の比率が高く、例年なら稼ぎ時の春休みと5月の連休商戦は惨憺たるものでした。 インターネット販売は好調で、東京や大阪からの注文は増えましたが、それでも直営店の売り上げの減少を補うほどには至りません」 緊急事態宣言が解除されて店を再開しても、不振は続く。 「本当は一人でも多くのお客さまに来ていただきたいのですが、店が混まないようチラシなどの販促は控え、価格訴求も抑えています。 値引きを抑えたからといって利益率が上がるかといえば、とんでもない。 お客さま自体が激減しているので、売り上げ減には変わりありません。 7月以降のお中元商戦で直営店の売り上げが伸びないと、今後かなり厳しい」 同様に、福岡を中心に東京や大阪など8つの直営店を構え、百貨店や主要駅、空港の売店に商品を卸している福さ屋も苦戦を強いられている。 同社の業務部長が内情を明かす。 「売り上げは非常に悪く、目下、持続化給付金の申請をしているほどです。 売り上げも前年比で、4月は43%減、5月は52%減と4〜5割減っています。 今までどんなに悪くても1割を下回ったことはなく、リーマンショックや東日本大震災のときより酷い。 創業以来の大赤字です」(福さ屋の業務部長・以下同) 理由はやはり、緊急事態宣言を受けて、駅や空港の直営店を完全休業したこと。 「弊社の場合、一般家庭用よりも土産品が主力で、県外からのお客さまにも多く買って頂いているものですから、人の流れが途絶えたことで、同じ明太子業界のなかでも影響は特に大きかったと思います。 「弊社の主な取り扱いは、業務用食品卸と、明太子やめんべいをはじめとした土産品。 特に後者は、駅や空港などの土産品売り場で展開しているため、4月の売り上げは昨年比7割減と大きな痛手を負いました」(山口油屋福太郎企画室・以下同) だが同社は、巣ごもり需要を見越し、新商品開発をいち早く始めていた。 「自粛ムードが高まりつつあった3月から、お家で楽しめる商品の開発を急ピッチで始めました。 一つは、明太子に色んな味をトッピングして、オリジナル明太子を作れる『手作り明太子キット』。 もう一つは、『めんべい』と相性の良いカラーチョコ・ピーナッツをミックスした、自宅で食べやすいポケットサイズの『めんべいチップス』。 これまでの土産品路線から、自家消費へと転換する必要があると感じました。 おかげさまで、6月1日の発売以降、好評を頂いています」 インターネット販売でも、4月から『ファイト!JAPAN企画』として、賞味期限が迫った商品や通常販売していない商品などをお得な価格で販売し、これも大反響となった。 しかしそれでも、売り上げ減少をカバーするには程遠いという。 「この状況からどう巻き返していくか。 今後は、土産商品だけでなく日常的に食べられる商品を展開したり、販路も土産品売り場に限らず、スーパーやコンビニなどに広げたり、新しい形を模索する必要があるでしょう。 ある明太子製造販売会社役員はこう話す。 「これまで明太子業界の売り上げは、駅や空港でのお土産品や、お中元・お歳暮を中心とするギフトに依存していました。 しかし昨今、お中元やお歳暮を贈る習慣は年々減っており、業界ではギフト依存からの脱却が課題として意識されつつありました。 そんな中で起きた今回のコロナ・ショックで、今後は多くの明太子メーカーが方向転換に本腰を入れざるを得なくなるでしょう」 コロナで苦境に立たされているのはどこの企業も同じだ。 コロナ不況が深刻さを増す今、ピンチをチャンスに変える前向きな姿勢が求められている。 外部サイト.

次の

新型コロナ 福岡県で9人の感染確認|KBCニュース

福岡 県 コロナ 感染

5月23日、福岡県では新たに4人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。 県内で陽性患者の方が出たのは9日ぶり。 今回感染が確認されたのは、小倉北特別支援学校に勤務する30代の男性講師を含む3人の方と、春日市の60代の方だそうですが、新たな感染者が出たことで引き続き自粛が明けても注意が必要であると感じます。 小倉北特別支援学校は25日から学校再開の予定でしたが、消毒作業のため再開延期になるとの事。 子供や親御さん方は長い休校期間が続きますが、学校が再開後であったらクラスターの可能性も考えられたかもしれません。 今回は、福岡県春日市で新型コロナウイルスに感染した60代女性の症状、感染経路を調べていきたいと思います。 60代女性の概要 患者の概要(春日市23例目・福岡県659例目) 年代、性別など:60代、女性 居住地:福岡県春日市 職業:無職 発症日:なし 現在の症状:症状なし 濃厚接触者:家族:1名、その他:調査中 症状、経過、行動歴など 令和2年5月22日 他疾患疑いにてA医療機関に入院し、検査。 新型コロナウイルス陽性判明 現在、感染症指定医療機関に入院中 引用: 女性は現在も入院中とのことです。 他の疾患の疑いがあり入院されたところ感染が確認されたそうで、女性の一日も早い回復をお祈りしています。 60代女性の感染経路は? 残念ながら感染経路は今のところ不明です。 9日間県内で感染が確認されていなかったので、新たな感染経路は気になるところです。 分かり次第、追記していきたいと思います。 ツイッターの反応 【福岡県内の新型コロナ感染者発生状況】 定点観測です。 5月22日 0名 5月23日 4名 北九州市3名、春日市1名。 残念ながら経路不明とのこと。 今週から人の動きも増えているから、ここからの広がり方が心配です。 先頭を行く(?)北海道は第3波がなかなか引かなくて、解除に取り残されないか心配な状況のようですし。 手を洗うなど簡単にできることくらいはやらなきゃね。 5月17日~5月23日(直近1週間)の陽性者数5人。 ここが正念場! 気を緩めずに、第2波が起こらぬ事を願います。 通常の生活に戻りみんなが出かけるようになると、感染者が増えてくる可能性は十分にあります。 世界に目を向けるとまだまだ死者数が増え続けている地域もあります。 休業要請が解除されて学校が再開すると、かなり人の動きが増えると思いますが、まだ油断は禁物のようです。 関連記事.

次の

新型コロナ、九州で累計1000人超す 福岡県で新たに2人感染|【西日本新聞ニュース】

福岡 県 コロナ 感染

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、いち早く緊急事態宣言の対象区域になった福岡県で、医療機関での感染が相次いでいる。 別の病気で入院した患者が院内に持ち込んでしまう例があり、16日には県医師会が窮状を訴えた。 感染者数も増加の一途で、現場の切迫感は日に日に増している。 (竹野内崇宏、宮田富士男、宮野拓也) 福岡県によると、県内では17日までに3カ所の病院でクラスター(感染者集団)が発生。 患者や病院スタッフらの感染者は計50人以上にのぼる。 春日市の福岡徳洲会病院では、15日までに入院患者4人と看護師ら職員4人の感染がわかった。 県内12の「感染症指定医療機関」の一つ。 同日までに4人の感染者を受け入れていたが、院内感染が起きたのは感染症病棟ではなく一般の病棟。 最初の判明は、内科系の疾患で3月下旬に入院した70代の男性だった。 コロナが疑われる患者ならば防護策をとれるが、約600床ある同病院で「全ての一般患者に同程度の対策はとれない」と児玉亘弘・総合内科部長は言う。 「マスクや手洗いは適切にしていたが、知らない間に感染が広がるのが、この病気の恐ろしいところだ」 今月1日以降に職員19人の院内感染が判明した北九州市門司区の新小文字病院でも、発端とみられる80代の男性は、頭部のけがで救急搬送されてきた患者だった。 甲斐秀信院長は「救急車で受け入れた外傷の患者であり、新型コロナの感染を疑わせる兆候はうかがわれなかった。 『まさか』というのが正直な感想」と振り返る。 院内感染が頻発すれば、地域医療全体に深刻な影響が及ぶ。 福岡徳洲会病院では職員を含む60人超の濃厚接触者の調査などのため、9日以降、救急車の受け入れや外来診療を一部制限している。 乘富(のりとみ)智明院長は13日に記者会見し、「地域の皆様に不自由や不便をかけ、心苦しく申し訳ない」と謝罪した。 高まる感染リスク。 医療現場は危機感を強める。 福岡市中央区の総合病院は、保健所の要請などでコロナ感染の疑いがある患者の外来を受け入れている。 肺のCT検査と血液検査を行い、疑いが濃厚になった場合にはPCR検査の検体採取を行う。 14日までに7人を診たが、全員が陰性だった。 使われていなかった古い救急外来用の入り口を感染の疑いがある来院者用とした。 疑いのある人専用の待合室や診察室を設け、防護服やゴーグルなどの7点セットを着用した医師や看護師、診療放射線技師の3人で対応している。 ただ、防護服はSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した2003年に買い置きしていたもの。 在庫は100着で「なくなれば受け入れはできなくなる」(同院事務長)。 高齢の入院患者を多く抱える福岡市東区の原土井病院では「新型コロナウイルスは水際で阻止」を合言葉に、「発熱外来」を2月に新設。 発熱患者は1階の外来入り口近くで対応し、発熱外来専用の診察室に導く。 熱がない外来患者は3階の診療フロアに上がってもらう。 感染の疑いのある人の動きを限定して、他の人への感染を防ぐ。 これまで職員や患者の感染者は出ていないという。 16日に記者会見した県医師会….

次の