麻生 太郎 家系図。 麻生太郎は天皇家一族の重鎮!家系図がヤバく代々上級国民で安倍晋三総理とも親戚だった

麻生太郎の家系図まとめ!歴代首相や皇族まで先祖一族がすごい!

麻生 太郎 家系図

大久保利通の子供はどんな人物?家系図から読み解く! 大久保利通には正妻・満寿子との間に4人の息子と1人の娘、愛人・おゆうとの間に4人の息子、 計8男1女の子供がいました。 当時の権力者である上流階級の男には、正妻の他にも妾 愛人 がいることが多かったようです。 上の画像が大久保家の簡単な家系図になりますが、黄色く表記されている要職を歴任した人物に絞って紹介しようと思います。 長男・大久保利和 政治家・実業家として活躍 利和は生涯、 貴族院議員、実業家として活躍しました。 1878年、父・利通の国に対する貢献が認められ、長男・利和が 華族に列せられます。 その後、大蔵権少書記官となり、大蔵省主計官も務めます。 また、実業家としては、1881年に 岩倉具視とともに日本初の私鉄である日本鉄道を設立し、その後は 甲武鉄道の副社長、社長を務めました。 次男・牧野伸顕 天皇から信頼された政治家 大久保利通の子供の中では、政界で最も大きな影響力を持った人物です。 伸顕も兄と同じく、一生を政治家として活躍しました。 生まれてすぐに大久保利通の親戚に預けられたため、「牧野」という苗字になった経緯があるようです。 伸顕は政治家のエリートコースを突き進み、最終的には 第1次山本内閣で外務大臣を務め、兄と同じく貴族院議員としても活躍することになります。 また、薩摩出身として政界、外交界、宮中において幅広い人脈を持ち、 伊藤博文との関係も深く、大正天皇からも大きな信頼を寄せられていたと言います。 ちなみに 牧野伸顕の娘・雪子は吉田茂の妻となり、その吉田茂の孫は麻生太郎です。 つまり、現代でも続く政界の中心人物は、ある意味この牧野伸顕の子孫から誕生しているということでもあるのです。 長女・大久保芳子 夫が外務大臣の伊集院彦吉 長女の芳子は政治家の 伊集院彦吉に嫁ぎます。 伊集院彦吉は大正時代の日本の外交官で、 後に第2次山本内閣で外務大臣を務める人物です。 八男・大久保利賢 銀行の頭取に 利賢は愛人・おゆうとの間にできた子であり、大久保家の末っ子です。 東京帝国大学 現・東京大学 を卒業後、明治36年に横浜正金銀行 現・三菱東京UFJ銀行 へ入行します。 ロンドン支店支配人なども経験し、昭和11年に 頭取まで登りつめます。 ちなみに、利賢の子である大久保利春も 商社・丸紅の取締役専務まで登りつめた人物ですが、大規模汚職事件であるロッキード事件に関わったとして逮捕されています。 牧野伸顕の娘・雪子は吉田茂の妻 大久保利通の子供たちはそれぞれ出世して立派な人生を送っていますが、特に次男・牧野伸顕に続く子孫からは、現代でも有名な政治家が輩出しています。 その人材の流れは、牧野伸顕の娘・雪子が、後の大政治家・ 吉田茂と結婚したことから始まります。 吉田茂は、歴代最多で5回も内閣総理大臣を歴任し、サンフランシスコ講和条約、安全保障条約を結んだことで、戦後の日本の行く末を決定づけた人物です。 なんとあの麻生太郎は吉田茂の孫!? そしてご存知の方も多いかもしれませんが、 あの有名な麻生太郎は先に紹介した吉田茂の孫なんです。 麻生太郎は第92代総理大臣を歴任し、現・安倍政権で外務大臣を務める大物政治家です。 世間一般からはお金持ちのお坊ちゃんというイメージが強いようですが、実は両親の教育方針によって小さい頃から質素な生活をしてきたようです。 かなり意外ですよね。 麻生太郎の父・太賀吉は実業家 麻生太郎の父・太賀吉は 麻生商店を立ち上げ、その関連企業である 麻生セメントを一代で築き、財を成した人物です。 サンフランシスコ講和条約を締結する際には、義父に当たる吉田茂のために奔走し、貢献したといいます。 太賀吉、のちに九州電力の会長に就任し、九州財界のトップに君臨することになります。 麻生太郎の妹は日本の皇族へ 麻生太郎の妹は旧名を信子と言い、太賀吉の三女として生まれます。 16歳の時に皇族の寬仁親王から求婚され、その8年後に結婚。 三笠宮寛仁親王妃信子さまとして、皇族入りをされました。 皇族まで誕生しているとは、麻生家はものすごい家系であることが分かりますね。 大久保利通の親族もすごい! 直系の子孫ではありませんが、大久保利通の親族には他にもたくさんの著名人がいます。

次の

大久保利通の子孫と家系図を調査!麻生太郎などの著名人を数多く輩出!

麻生 太郎 家系図

そして麻生太郎さんの母は、戦後日本を導いた吉田茂首相の娘、和子さんです。 さらに妹は、三笠宮寛仁親王と結婚した信子妃ですから、麻生太郎さんは、皇族とも縁戚関係があります。 また麻生太郎さん自身、鈴木善幸元首相の娘を嫁にしています。 さらに家系をたどると、明治の元勲大久保利通をはじめ、岸信介元首相や、現内閣総理大臣である安倍晋三さんにもつながる麻生太郎さん。 家系図をひもとくと、まさに麻生さんの家系は華麗なる一族なのです。 なんだか響きが凄いですよね。 麻生家は旧華族や皇室との結びつきが濃い家系!? 麻生太郎さんは前述したように、1983年に元首相の鈴木善幸さんの三女である千賀子さんと結婚し、一男一女をもうけました。 弟の泰さんの妻和子さんの祖母は、「伯爵 牧野伸顕」の二女利武子であり、利武子の姉雪子は吉田茂の妻です。 妹の雪子さんは、「子爵 相馬恵胤」の息子で相馬家当主の相馬和胤と結婚しました。 末の妹の信子さんは、寬仁親王妃となり彬子女王と瑶子女王をもうけました。 つまり、麻生家は旧華族や皇室との結びつきが非常に濃い家系になるのです。 なんとなく麻生さんの奔放な発言に納得してしまいました。 麻生太郎・麻生家始まりのストーリー! 麻生家は1857年に生まれた「麻生太吉さん」から始まります。 当時はまだ庶民が、 西アフリカでダイヤモンド採掘業にも従事しました。 1973年には麻生セメントの社長になり、1962年の原油の輸入自由化によって衰退していた炭鉱業からセメント業への転換を成功させました。 1979年の衆議院議員総選挙に福岡から出馬して、 定員5名中4位で初当選して政界へ入りました。 狭き門ですね。 そして、1996年に橋本内閣の経済企画庁長官に就任して初入閣します。 2001年には自民党総裁選に出馬して、元首相の小泉純一郎さん、橋本龍太郎さんと戦って3位、となりました。 麻生太郎が総理大臣に就任・そして辞職! 小泉政権で党政務調査会長を務め、2003年に総務大臣として入閣して、郵政民営化を進めました。 2006年に再び自民党総裁選に出馬するも現総理の安倍晋三さんに敗れ、外務大臣として入閣しました。 2007年に自民党総裁選に出馬した際は福田康夫さんに敗れ、 2008年4度目の自民党総裁選でついに自民党総裁となり、9月に第92代内閣総理大臣に就任しました。 しかし、たった一年後の2009年8月の衆議院議員総選挙で自民党が民主党に惨敗して第1党の地位を失い、9月に麻生内閣が総辞職しました。 3年後の2012年の衆議院議員総選挙で自民党が政権を奪還、第2次安倍内閣が成立すると、副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融担当)として入閣して、今日の麻生太郎さんに至ります。 麻生太郎さんの経歴も、祖父や父に負けず凄いです。 麻生太郎の年齢はいくつ?経歴・学歴や大学もものすごい!? 麻生太郎さんは、1940年生まれの77歳。 現閣僚の中では最長老です。 学習院大学を卒業後は、アメリカのスタンフォード大学や、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学。 帰国後は麻生セメントの社長に就任。 自社の経営に努めました。 麻生太郎の政界入りは比較的遅く1979年、39歳で衆議院議員に初当選。 一度の落選をのぞいて、以後12回の当選を果たしています。 麻生太郎さんは、自他ともに認める、おしゃれで明るい性格ですが、少し口が軽く、ときおり問題発言をしていますね。 また意外ですが、1979年のモントリオールオリンピックに、クレー射撃の日本代表として出場していることでも有名です。 やはり現役で活躍している麻生さんは元気ですよね。 これは元スポーツ選手というところから来ているのかもしれませんね。 麻生太郎の家系図・学歴や経歴が疑われる声も!? 現閣僚の中でも長老の麻生太郎さんですが、どうやら漢字の多様な読み方は苦手なようでで、漢字の誤読が多さが、マスコミ格好のネタとなっています。 例えば、怪我を「かいが」、完遂を「かんつい」、焦眉を「しゅうび」、順風満帆を「じゅんぷうまんぽ」、 措置を「しょち」、思惑を「しわく」などと読み違えています。 誰でもひとつは間違えてしまいそうなものばかりですが、やはり他の政治家たちより、麻生太郎さんは、圧倒的に漢字の誤読が多いですね。 なんだかお茶目で可愛いですですけどね。

次の

麻生太郎の家系図がすごい!妹・信子は皇族&親戚と戦国時代の祖先もヤバい|KININARU JORNAL

麻生 太郎 家系図

戦国時代から続く麻生太郎のすごい家系図!妹・信子や子供は? 麻生太郎と言えば、 斜めハットやマフィア等、 注目される事が多いのだが、今回は 戦国時代から続くと言われている 家系図について焦点を当ててみよう。 もちろん、妹・信子の嫁ぎ先や子供達も 華々しい家系図に負けない程 輝いているのである。 戦国時代から続く凄い家系図をお持ちの 麻生太郎だが、実の妹・信子の存在を 知っている人はいるのだろうか。 実は、麻生太郎の妹・信子は 寛仁親王に嫁いでいたのである。 戦国時代から続いている家系図 というのでも、すごいと感じるのだが、 天皇家に嫁いだ妹がいるというのは、 とてもすごい事なのではないだろうか。 実際、 自分の妹が天皇に嫁ぐとなったら、 すごい騒ぎになってしまう事が容易に 想像出来る人が ほとんどなのではないだろうか。 やはり、戦国時代から 続く家系図の賜物なのだろう。 麻生太郎の妹・信子もすごいのだが、 実は子供もすごいのである。 麻生太郎の子供たちは男女1人ずつおり どちらの子供も優秀で IT関連会社の取締役や東大出身で こちらも戦国時代から 続く家系図の中身に負けない程の 輝かしい未来が約束されているのだ。 ここで気になったのだが、 どれだけすごい家系図であれば、 天皇家に嫁ぐ事が出来るのだろうか。 麻生太郎の戦国時代から続くと 言われているすごい家系図を 次章で少し紹介させて頂こう。 スポンサード・リンク 麻生太郎の戦国時代から続くすごい家系図って? 妹・信子の嫁ぎ先がすごい事や、 麻生太郎の子供達のすごい事など、 わかっていただけただろう。 そんな妹・信子や子供達に繋がる、 麻生太郎の戦国時代から続く 家系図について調査してみよう。 暇な人は総理の家系図とか見ると面白いよ。 実は安倍晋三と麻生太郎は遠縁で親戚だったりする。 安倍晋三のおじいちゃんは岸信介だしその岸信介の兄弟は佐藤栄作。 もっと行くと吉田茂が上の方にいるらしいし大久保利通もいる。 今の天皇も親戚らしい。 実は、麻生太郎の家系図は伊達政宗と 死闘を繰り広げた相馬義胤も 含まれているのだ。 直系という訳ではなく、 麻生太郎の妹が嫁いだ先が 相馬家だったのだが、 戦国時代の武将と縁が できるだけでもすごい事だろう。 戦国時代から少し時間を動かしてみると 麻生太郎の家系図には 明治維新の偉人も含まれている。 教科書にも載っていた明治維新の 偉人である大久保利通である。 まさに 華麗なる家系図ではないだろうか。 尚、この家系図は安倍首相と麻生太郎氏を中心に出来るだけ簡潔にその関係性を表したものですが、 実際には政界だけでなく財界の有力家も多く親戚関係として繋がってきます。 pic. twitter. 一般市民の筆者では 想像もつかないのである。

次の