この メッセージ は メーリングリスト から です。 メーリングリストの過去情報(履歴)参照

【Gmail×Apps Script】自分を含む疑似メーリングリストへのメールを自分が受信できない問題

この メッセージ は メーリングリスト から です

2回タップするだけでメールマガジンの購読解除ができる iPhoneの純正アプリ「メール」のiOS 10以降、届いたメールマガジンの上に「このメッセージはメーリングリストからです」と「登録解除」のリンクが表示されます。 届いたメールマガジンの購読をやめたいときには「登録解除」をタップするだけで、簡単に登録解除ができます。 通常、メールマガジンの購読をやめる(配信解除をする)には、配信解除のためのページを開いて、改めてメールアドレスを入力したりなど、購読者にとっては意外と手間の多い作業と思われがちですよね。 ですが、iPhoneのメールアプリを使えば、たった2タップで済んでしまいます。 この機能が使えるメールマガジンは? さて、この登録解除ですが、仕組みはどうなっているのでしょうか? 実は「このメッセージはメーリングリストからです&登録解除」は、 全てのメールで表示されるわけではありません。 この機能が使えるのは、メールマガジンのヘッダに List-Unsubscribeコードが追加されているものだけです。 com(配信解除用のアドレス)>」のようになっていて、メールマガジンのヘッダ部分で使うコードです。 List-Unsubscribeを毛嫌いしてはダメ この「List-Unsubscribe」は、メールマガジンの購読者側だけでなく送信側としても、追加しておくと大きなメリットがあります。 というのも「List-Unsubscribe」を追加して、メールマガジンを購読している人がストレスなく簡単に購読停止を行えるようにしておくと、迷惑メール報告を受けるリスクを減らすことができる。 Google(Gmail)もList-Unsubscribeを推奨している もう少し詳しく説明をします。 実はGoogle(Gmail)は List-Unsubscribeを追加することを推奨しています。 Gmailの「一括送信ガイドライン」でも明記されています。 メールアドレスや URL を示す「List-Unsubscribe」ヘッダーを提供して、ユーザーが今後の配信を簡単に停止できるようにする(注: 登録解除の代替としてこの方法を使用することはできません)。 出典元: 受信者がめんどくさがって、登録解除ではなく迷惑メール報告をしてしまうと、Gmailの迷惑メールフィルタにひっかかりやすくなってしまう可能性があり、メールマガジン全体に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。 List-Unsubscribeを使うことをガイドラインに記載するほどですから、List-Unsubscribeを使って、簡単に登録解除ができるかどうかは、Gmailの迷惑メール認定にも少なからず影響があると考えられます。 またGoogle(Gmail)だけでなく、YahooやHotmailもList-Unsubscribeに対応していますので、メールマガジン送信者として、登録解除されたくないから使わないというのは、逆に悪い結果につながってしまうでしょう。 メールマガジンの登録解除はメール送信で List-Unsubscribeのコードで、お気付きの方もいらっしゃると思いますが、iPhoneのメールアプリで登録解除をすると、メールマガジン送信元(一般的には購読解除用アドレス)に、配信解除のメールが送信されます。 なによりも購読者のユーザー体験を優先させよう iPhoneのメールアプリに「このメッセージはメーリングリストからです」&「登録解除」が表示されるのも、 メールマガジンを購読している人の「体験」をよくするためです。 メールマガジンを配信している身として、簡単に登録解除して欲しくない、という気持ちもわかりますが、もう購読したくないと思う人には、スムーズに登録解除をしてもらう方がいいです。 あなたがやるべきことは、無理に引き止めるのではなく、購読し続けてもらえるように、メールマガジンの内容で惹きつけ、購読者との関係を長期的に築いていくことが正しい取り組み方です。 誠意あるメールマガジンを心がけていきましょう! 関連記事: ご登録申請ありがとうございます! 認証メール内のリンクをクリックしてご登録完了となります。 受信箱をご確認ください。 Popular Posts• メルマガで法律違反になる前に!「特定電子メール法」を押さえて宣伝・広告メールを配信しよう• メールが届かない?ブラックリストを確認する方法と対処法• メールの暗号化とは?Gmailの暗号化設定によりメールに対するセキュリティー意識が向上。 メルマガ平均開封率レポート【最新版】• 【事例】是非真似したい!LDH kitchenが配信するハイクオリティーなメルマガ• 動画のクオリティは本当に大切か?メールマーケター向け動画活用のポイントを詳しく解説• キャリアメールアドレスにメルマガが届かない?原因と対処法について• SNSからメルマガへ繋げる工夫が光るNY発セレクトショップUNION TOKYOの事例• 人気ファッション誌VOGUEから学ぶ!6つのメールマーケティングトレンド こんにちは、ブログ担当の伏見です。 突然ですが、作成したメルマガにアンカーリンクを設置したが、うまく作動しないといった問題に直面したことはありませんか? 実はHTMLメールにおけるアンカーリンクは受信環境によってその作動をサポートしているものと、そうでないものがあるのをご存知でしたか? 今回はそんなHTMLメールにおけるアンカーリンクについてお伝えします! リッチコンテンツなメールにはアンカーリンクを使いたい HTMLの技術により、画像を掲載したメール、また容量の大きいメールを作ることが可能になりました。 しかしそれゆえ、コンテンツ量が多くなり、購読者はスクロールダウンを繰り返すことになります。 そんな時webサイトの用にアンカーリンクを活用して、読んでもらいたいコンテンツに直ぐ飛んでもらえるようにしたいですよね。 実際ベンチマークでもアンカーリンクをメールに仕込むことは可能です。 (ベンチマークのメールエディターでもアンカーリンクの設置が可能です) ですが、残念なことに現状アンカーリンクを正しく設定していても、全てのメールクライアントでアンカーリンクが作動するわけではないのです。 November 13, 2017 こんにちは、Benchmark Emailの赤木です。 メディアやWEBサイトをWordPressで製作している方も多いでしょう。 Benchmark EmailではWordPressと連携する登録フォームをご用意しております。 Benchmark Email上で作成した登録フォームを公開する方法と、WordPressプラグインを使用する方法の2つがあります(XML-RPCとPHPを活用することができます)。 Benchmark EmailをWordPressと連携することで、サイト閲覧者の増加やサイトの改善、反響のあったページや記事を分析することができるようになります! どんなことができるのか WordPressと連携させることの1番のメリットは、サイト上で取得した顧客情報(または購読者情報)を自動でBenchmark Emailに取り込み最新情報を反映させることができるということです。 またメディアなどの場合、記事を毎日更新しているところは多いかもしれませんが、読者が毎日訪れてくれる訳ではありませんよね。 そんな時にAPI連携を使えば、メディアのブログコンテンツをメルマガに反映させて配信することが可能です。 以下APIを使ったリスト管理方法の一部をご紹介します Contact List Related Methods リストの作成、購読、購読解除、情報の書き換え(アップデート)、リストのエクスポートが可能。 Campaign... November 6, 2017 突然ですが、みなさんは「IPアドレス」と言う単語を聞いたことありますか? IPアドレスはPCやスマホといった端末に割り当てらてた識別記号で、いわばネットワーク上の住所のようなものです。 メールにおいては配信に利用されるサーバーがあり、その中に共有IPと専用IPというものが存在します。 今回のブログではそれぞれのIPの性質と利用における優位点、懸念点を交えながらご紹介します。 IPアドレスには共有IPと専用IPがある Benchmark Emailのようなメール配信システムを使ってのメール配信の場合、そのIPアドレスは「共有IP」と「専用IP」の2種類が用意されています。 共有IPとは、その名の通りメール配信システムを利用されている方が複数であるIPアドレスを活用し、そこからメール配信を行います。 それに対し、専用IPは利用者を1人に限定したものです。 それぞれの優位点と懸念点は? 共有IPの優位点 ・価格を抑えることができる IPを共有利用することで、IPを個別に確保するためのコストが不要になります。 こちらはBenchmark Emailでも活用しており、サービスをリーズナブルに提供することを可能にさせています。 共有IPの懸念点 ・共有で利用するため、他者のメール配信の評価によって自身のメール配信に悪影響を及ぼすリスクがある 例えば、共有IPではそのIPを利用してメール配信を行なった1人がスパマーであると評価を受けた場合、そのIPに対する評価も合わせて落ちてしまいます。 そのため、同じIPから配信を行なっているその他の方のメール配信評価も下げられてしまい、結果としてメールが届かないなど、エラー配信に繋がってしまいます。 Benchmark Emailではこういったリスクを少しでも減らすため、徹底したサポート管理態勢を取っています。 例えば、利用される配信リストをツールにアップロードする際にはフィルタリングをかけ、配信エラーとなるアドレスが多く含まれているリストのアップロードができないような仕組みを採用していたり、24時間365日で配信されたメールの監視も行なっています。 (注:こちらはメールの内容を監視するものではなく、エラー配信などを即座に見つけるといったシステムに対する監視態勢を指します。 ) 他にも配信元アドレスがブラックリストに登録されてしまった時の対処法、メールの「迷惑メール度」を配信前に確認できるツールなども以下のブログでご紹介しています。 関連記事:... June 19, 2017.

次の

メーリングリストを120%活用するテクニック (1/5)

この メッセージ は メーリングリスト から です

会社はWindows Outlook2010を使っています。 最近、社内MIS管理者が作ってもらいました メーリングアドレスに送って来た取引先からのメールは自動的に迷惑メールに振り分けられて しまい、MISに問題を説明し、対策を取ってもらいたいところ、こんな返事が来ました。 ユーザーの利用方法については、 部署や個人での都合がありますので、 個人で実施して頂く必要があります。 本件の場合、 Microsoftの Outlookのヘルプにもありますように、 あくまでも個人の使い方や設定方法で対処することになります。 [迷惑メール ] フォルダに移動されたメッセージを点検する 迷惑メール フィルタの保護レベルを変更する ご理解ください。 】 MISに作られてもらったメーリングアドレスに送って来たメールが自動的に 迷惑メールとして振り分けられた事ですから、このメーリングリストに入った 数十人は個人レベルで各自に実施して下さいと言われても、馬鹿にされてるよう な気がします。 正しいのはMIS側で該当メーリングアドレスの設定方法を変更して もらう気がします。 専門家のご意見を聞かせて下さい。 Michael MichaelDing さん、こんにちは。 Answers をご利用いただき、ありがとうございます。 現状でははっきりしたことは分からないのですが、 Outlook の迷惑メール フィルターの機能で [迷惑メール] フォルダー振り分けられている場合は、Outlook の設定を変更するしかないのかなと思います。 まず Outlook の迷惑メール フィルターによって振り分けられているのか、迷惑メールの保護レベルを変更したり、 [差出人セーフ リスト] にメール アドレスを登録するなどして、 Outlook の設定を変更することで [迷惑メール] フォルダーへの振り分けがされないようになるかを確認してみてはいかがでしょうか。 参考になれば良いのですが。。 飯塚 良哉 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。

次の

メールの受信を拒否する

この メッセージ は メーリングリスト から です

みなさん、メーリングリストを使ったことはありますか? もしかすると、自覚はないけれど知らず知らずのうちにメーリングリストに登録されていて、メーリングリストで送られてきたメールを定期的に受け取っている、というような人がいるかもしれません。 今ほどチャットツールなどが台頭していない頃は、複数人に対して一斉に連絡をする際の手段として、メーリングリストはよく用いられていました。 しかし、「メーリングリスト」という言葉は聞き馴染みがある一方で、その性質はいまいち理解できていないという人、案外多いようです。 そこで、以下ではメーリングリストとは何なのか、メールZipperでメーリングリストを利用する際にはどうすればよいのか、という点をご紹介いたします。 メーリングリストを利用開始するまでの流れは、どのようなメーリングリスト開設サービスを利用するかによって変わってきます。 しかし、基本的には下記のような対応が必要です。 メーリングリスト名の決定 -当該メーリングリストのタイトルを設定します 例)自社サービス顧客、営業部 など• メールアドレスの決定 -メーリングリスト用に利用するメールアドレスを登録します 例)lrm-ml lrm. jp など• 管理者メールアドレスの登録 -メーリングリスト管理者のメールアドレスを登録します• メンバーリストの登録 -当該メーリングリストを利用するメールアドレスをすべて登録します• 各メールアドレスの権限を設定 -各メールアドレスに対してどのような権限を与えるかを設定します 例)受信のみ可能、送信のみ可能、送受信ともに可能 など メリット 自社サービスのユーザーへ緊急連絡するためのメーリングリストが存在しているとします。 この度、自社ではとある1名のユーザーのもとで不具合が発生しました。 そのため、あなたは当該ユーザーに対してそのお詫びとフォローをおこなう必要があります。 その場合、本来であれば当該ユーザーの個人メールアドレス宛に連絡をおこなえば良いはずです。 しかし、あなたは誤ってメーリングリストを利用して当該ユーザーに対してメールを送ってしまいました。 この場合、以下のような問題が発生します。 ・本来であれば公表せずに済んだ不具合に関する情報が、多くのユーザーに流れてしまう。 ・その他のユーザーに対して、当該ユーザーの情報が漏えいしてしまう。 デメリットの例:2 自社サービスで新機能がリリースされたため、あなたはメーリングリストでその情報をユーザーへ連絡しました。 そのメールを読んだユーザーは、リリース内容について疑問があったため、送られてきたメールに対して返信をおこないました。 この場合、メーリングリストで「自社からユーザーに対してのみメールが送れるようにする ユーザー側からメーリングリスト宛にメールを送ることはできない 」という設定をおこなっていれば、ユーザーから送られたメールはエラーとなり、ユーザーは別の手段であなたの会社へお問い合わせをくれるでしょう。 ただし、もし「自社からユーザーに対してのみメールが送れるようにする」という設定に齟齬があり、ユーザーがメーリングリスト宛にメールを送れるようになっていたとしたらどうでしょう。 この場合、以下のような問題が発生します。 ・当該ユーザーから送られたメールが、すべてのメーリングリストに登録されたユーザー宛に届いてしまう。 上記のようなことから、メーリングリストは運用と設定において、細心の注意が必要です。 メールZipperでメーリングリストを利用する場合 メールZipperをご利用中のお客様から、まれに「メーリングリストを利用したメール送信でメールZipperの機能を利用する場合の設定方法」をご確認いただくことがあります。 「メーリングリストのアドレスをメールZipperに登録すれば、当該メーリングリストに登録されているすべてのメールアドレスでメールZipperの機能を利用することができるようになりますか?」といったものなどです。 ただ、申し訳ありませんが、メールZipperにメーリングリストのアドレスを登録していただいても、登録メールアドレスすべてでメールZipperの機能を利用できるようになる、というようなことは起こり得ません。 そのため、例えばメーリングリストに100個のメールアドレスが登録されており、100個すべてでメールZipperの機能を利用したメール送信をおこないたければ、100個分のアカウントをご契約いただく必要があります。 メーリングリストの仕組み、把握しておこう.

次の