眞子様 占い 2020。 どうする皇室!!眞子様と小室圭さんの今後を密教占いで占ってみる

眞子内親王殿下のお相手 小室圭さんってホロスコープ的にはどうなの?

眞子様 占い 2020

2019年ももうすぐ終わり。 平成と令和をまたいだ今年は、みなさんにとってどんな1年でしたか?来年2020年はオリンピックイヤー。 最高の1年を迎えるべく、雑誌「anan」の占い特集でもおなじみのG・ダビデ研究所、オフェリア・麗先生に「2020年前半の運勢」についてうかがいました。 前編では「2020年の全体運」についてお話いただきます。 なんと、2020年は激動の1年になるのだとか。 G・ダビデ研究所のオフェリア・麗です。 クリスマスも終わり、今年も残すところあとわずかとなりました。 そこでみなさんにお伝えしたいのが2020年の運勢です。 2020年の前半は、はっきり言って 日本にとって試練のときとなりそうです。 前半の早い時期に大きな出来事があり、激動の時代が始まります。 この12月に木星が山羊座に入りました。 1年にひとつずつ星座を移動する木星は幸運を司る星ですが、1月には土星と冥王星も天頂に位置する山羊座に集まります。 この 3大惑星が接近する、「トリプル・コンジャクション」といわれる非常にまれな年が2020年なのです。 土星を表現する言葉は「制裁」、そして「歴史をつくる」星。 冥王星は「眠っているものを呼び覚ます力」を示す星です。 木星は「物事が本来の姿を取り戻す」ことを表しています。 これら3つの惑星が山羊座で織りなす稀有な配置が何を意味するか。 まさに 「大いなる審判が下されるとき」と言っても過言ではありません。 日本社会の悪い面が噴出し、価値観が変わる そこで、2019年を少し振り返りましょう。 たとえば「桜を見る会」の問題や、かんぽ生命の不正事件、また関西電力の幹部が賄賂を受け取っていた不祥事など、長年にわたって見過ごされてきた日本社会特有の悪習や弊害が2019年後半に明るみに出てきました。 いけないことだと誰もが知りつつ、「伝統だから」「慣習だから」「みんながやっていることだから」と、なんとなく許されてきてしまった。 それに対する追及も中途半端で、政権を揺るがすほどの大ごとにはならずに問題が流れていってしまった感があります。 木星が射手座にあった2019年は、 木星の力を抑えるような大きな惑星が他にないので、良くも悪くもさまざまな物事がスピーディーに動いたわけです。 しかし、 木星が山羊座に入った今後は違います。 そういった問題ももっと出てくるでしょう。 日本社会の悪い面が一気に噴出するといった様相です。 見て見ぬふりをして放置されてきた古くからの悪習はなくなることを余儀なくされ、これまで隠されてきたもの、 闇に葬られてきたことが、内部告発や秘匿情報の発覚などによって明らかとなり、厳しく追及されます。 これら一連の動きのきっかけとなる出来事が、 2020年早々に起こると予想されます。 それにより、 社会の仕組みが見直され、価値観が大きく変化していきます。 さまざまな場面で、物事本来の価値に目が向けられるようになるでしょう。 しかし2020年は、すべてが新しいものに塗り替わっていく1年ではありません。 価値観が変化していく最初の年です。 とくに前半は、本来持っている力が掘り起こされ、そこに価値が見いだされていくという流れになるでしょう。 ひとつの例として挙げるとするならば「株」。 ある企業の株価が一時下がったとしても、真に価値のある銘柄なら、またゆっくりと上昇します。 ジリジリと上がって、以前よりよくなるでしょう。 倒産しかけている会社も、基本に戻って立て直せば再び復活します。 自分の力を出し切れていなかった人が、実力を発揮することもあり得ます。 本当の実力が試されるとき、とも言えるのです。 希望の兆しが見え始めるのは春分の日以降に 古い枠組みが崩れて、社会の再構築がはかられるという意味では、日本にとって必要な試練といえますが、やはり 払うべき代償は小さくありません。 社会も一時的に混乱をきたすでしょう。 しかし 3月後半あたりから、早くも希望の兆しが見え、世の中は徐々によい方向に向かっていきます。 火星と木星が重なり、 3月20日の春分の日以降は、よい気運に満ちてきます。 志のある人材が頭角を現し、再生へと導くでしょう。 先に厳しい試練が訪れるけれど、その 混乱の中で立ち上がり、戦う人が登場する。 そういうタフな人物が出てきそうな気配が感じられます。 この年に限ったことではありませんが、 災害への備えは日頃から心がけておくとよいですね。 新しくて便利といわれているものより、 昔から使われている道具のほうが役に立つシーンは多々あると思います。 「地図」を見ることができる能力も大事ですし、「ろうそく」「らんたん」「ヘルメット」などのアナログな道具も有効です。 災害グッズなどを用意しておくのはいいことだと思います。 最後に付け加えると、土星と冥王星のコンジャンクションからもうひとつ予想されるのは、 巨大な2つの国同士の対決。 それがどの国なのかはわかりませんが、日本に対してはもちろん、全世界に与える影響は大きい。 このことも頭の片隅にとどめておいてください。 少子高齢化でシステムも硬直し、国力が衰えていくばかりの日本社会をいよいよ変えなければいけないときがきたようです。 年末には、グレート・コンジャンクションと呼ばれる土星と木星の重なりが起き、時代が本当に変わるという動きがあります。 そこからが、新生ニッポンの本格的なスタートです。 再生への希望を胸に、前半の激動を力強く乗り越えましょう。

次の

【2020年の運勢】ゲッターズ飯田が五星三心占いで2020年を鑑定

眞子様 占い 2020

【金の羅針盤座】2020年の運勢 礼儀正しく真面目な金の羅針盤座の2020年は、 新しいことに興味が出てくる「 チャレンジの年」です。 坂道を登るような時期になりますが、ただ登るよりも負荷をかけて登る方が鍛えられるでしょう。 指示待ちにならず自ら判断して行動することを意識する必要があります。 恋愛運も仕事運も積極性が重要になります。 金の羅針盤座は警戒心が強いので自らチャンスを逃すこともあるでしょう。 友人や上司から紹介されたらまずは会ってみてください。 >> >> 【銀の羅針盤座】2020年の運勢 丁寧で品を感じさせる銀の羅針盤座の2020年は、 ここ数年の物事や人脈の取捨選択をする「 整理の年」です。 特にあなたを振り回す人から離れるように意識してみてください。 品のいい人と付き合うと運気がアップするので、華道や茶道など少し敷居の高い場所へ行くと良いでしょう。 整理するもしくは整理されてしまう時期なので、恋愛ではフラれやすくなり仕事では転職や移動を考え始める時期になるでしょう。 自分に必要な人かどうかしっかり考え、 人間関係の整理を心がけてください。 >> >> 【金のインディアン座】2020年の運勢 明るく無邪気な金のインディアン座の2020年は、 体調に注意が必要な「 健康管理の年」になります。 自分の体と相談しながら、このまま頑張るのかそれとも一休みする必要があるのか見極めることが重要。 異変を感じたらすぐに病院に行くようにしてください。 恋愛も仕事も上半期がカギとなってきます。 いい出会いがあったり、成長を実感できる出来事があるでしょう。 ポイントは「何歳までに結婚する」や「何月までに転職先を決める」など 具体的な目標を立てることです。 >> >> 【銀のインディアン座】2020年の運勢 他人との線引きが上手でマイペースな銀のインディアン座の2020年は、 今後の人生を大きく左右することになる「 チャレンジの年」になります。 困難なこともたくさんあるかと思いますが、数年後に花を咲かすための種まきの時期だと思って、ワクワクしながら一つ一つ乗り越えてください。 チャレンジする機会が多くなるので、忙しさから恋のチャンスを逃してしまうこともあります。 仕事運は好調なので、 仕事と恋愛のバランスを上手く調整できるように心掛けると良いでしょう。 >> >> 【金の鳳凰座】2020年の運勢 忍耐強く情熱的な金の鳳凰座の2020年は、五星三心の中で三番目に運気のいい「 解放の年」になります。 運気が好転するきっかけが色々やってきますので、求められたことには素直に答えてみてください。 ここで遠慮したり臆病になってしまったりすると、上手に運気を使えない場合があるので 思い切りが必要です。 驚くほど 恋愛運が絶好調になるので、交際のチャンスが増えチヤホヤされることも多くなるでしょう。 また仕事では、今年された評価や部署移動を素直に受け入れると、幸運が舞い込んできます。 >> >> 【銀の鳳凰座】2020年の運勢 信念を曲げない頑固者の銀の鳳凰座の2020年は、 休息をとることを第一とした「 リフレッシュの年」です。 ここ数年不慣れなことや環境の変化でしんどい思いをしたはずです。 心身ともに疲れが溜まってしまっている時期なので、 しっかりと休むことを心がけてください。 ストレスや疲れが溜まっている状態だと、笑顔が減りせっかくの恋のチャンスも逃してしまうかもしれません。 また仕事面でも疲れからミスやトラブルが増えることもあるので、 いつも以上にリフレッシュを心がけましょう。 >> >> 【金の時計座】2020年の運勢 親切で優しい心の持ち主の金の時計座の2020年は、 これまでの努力が報われる「 幸運の年」になります。 人脈が広がり人間関係が整うので、大きなチャンスに恵まれることも多いでしょう。 自分の力を出すのに集中した方がいい時期なので、 目の前のことに全力で取り組んでみてください。 2020年の上半期は、 片思いの相手に思いが届きやすくなるので好意を伝えてみると一気に関係が縮まるかもしれません。 また仕事では真剣に取り組むと、予想外の結果や成果を残すことが出来るでしょう。 >> >> 【銀の時計座】2020年の運勢 世話好きで面倒見のいい銀の時計座の2020年は、 事前準備が重要になってくる「 準備の年」です。 いつもより少し先のことを考えながら行動するだけで、面倒なことや不運を避けられ、楽しい一年になるでしょう。 まずは一日のスケジュールを確認することから始めてみてください。 モテを感じられる一年になるので、臆病にならずに 出会いを楽しめると恋人が出来るでしょう。 一方、仕事では忘れ物や寝坊など普段しないドジをしてしまう可能性が高いので、事前準備を忘れないようにしてください。 >> >> 【金のカメレオン座】2020年の運勢 しっかり者で知的大人タイプの金のカメレオン座の2020年は、 上半期と下半期で運気が変わる「 ブレーキの年」に当たります。 ブレーキの年とはいえ、まだまだ運を味方につけれている時期なので、出来るだけ多くの人と関わることが大切です。 その際、相手の話をしっかり聞くことを忘れないでください。 恋愛運は上半期が好調です。 気になる異性には積極的になることを意識してください。 仕事運に関しては、昨年サボってしまった人は今後苦しい状況になってしまうので、自覚がある人は上半期に真剣に取り組むといいでしょう。 >> >> 【銀のカメレオン座】2020年の運勢 真面目で合理的に物事を考える銀のカメレオン座の2020年は、 五星三心の中で最も運気のいい「 開運の年」になります。 今までの積み重ねや努力が実を結ぶでしょう。 今年はあなたが中心となって物事が動いていくので、大きな決断や覚悟が必要になってくることも。 目標を決めて行動することを心がけてください。 恋愛は自分の理想に近い人と思い通りに進んでいくでしょう。 結婚するのも最高の年です。 幸運を感じられるのは仕事運がもっとも高く、 予想以上に評価されたり昇進したりします。 >> >> 【金のイルカ座】2020年の運勢 負けず嫌いで頑張り屋の金のイルカ座の2020年は、五星三心の中でも最も特徴的な「 裏運気の年」になります。 苦労することも多い年ですが、勉強するには最高にいい年でもあるので、欲望や快楽に流されずに コツコツ勉強すると数年後に大きな成果となって返ってきます。 恋愛面ではこれまでと違った人を好きになる傾向になり、仕事面ではこれまでとは違った仕事や重要な仕事を任されるでしょう。 いつもと違う環境にストレスを感じやすくなっているので、 健康面には注意が必要です。 >> >> 【銀のイルカ座】2020年の運勢 人当たりがよく華やかな銀のイルカ座の2020年は、 五星三心の中で最も注意が必要な「 乱気の年」になります。 不慣れな環境に飛びこむ機会が多くなるため、息苦しく感じることあるかもしれません。 ですが、この時期に逃げてしまうとこれから先苦労することになるので、 どれだけ踏ん張れるかが重要になってきます。 乱気の年の恋は注意が必要で、トラブルやすれ違いが多くなります。 仕事でも、やる気を失ってしまったり実力以上の仕事を任されて困惑することもありますが、 求められたことに素直に答えるようにしましょう。 >> >> 2020年の恋愛運を占うには? 具体的に 2020年上半期の恋愛運を占える鑑定です。 今年中にあの人と結ばれることができるのでしょうか。 進展するチャンスはいつなのか、成就の可能性は? 占いを上手く利用して、タイミングを逃さないようにしましょう。 >> 鑑定できるメニュー項目• 2020年上半期、【あなたの恋愛運】を見ていきましょう• 次に2020年上半期の【気になるあの人の恋愛運】について• 焦らないでください。 これまで進展しなかった理由をお教えします• はっきりお答えします。 2020年上半期、あの人が【恋愛に望むこと】• 見逃さないでください!転機が訪れた後に、あの人が見せる態度、行動の変化• あなたに虜な証拠です。 あの人が気づいてほしがっている脈ありサイン• ズバリお答えします。 2020年上半期にふたりは【恋人になれる?】• ボリューム満点の内容なので、ぜひお楽しみに!.

次の

眞子内親王と小室圭さんの騒動は神さまからの警告【四柱推命占い】│めぐり研究所

眞子様 占い 2020

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 この開運ブログの読者の方から、「小室圭さんを占ってください!ぜひ」というメッセージをいただきました。 秋篠宮家の第一王女である眞子内親王、通称、眞子さまと婚約しているのか、それとも婚約以前の状態にもどっているのか? 謎が多い小室圭さんの立場です。 最近では、小室圭さんのお母様が脱税しているのではないか、という報道もされてしまっていて、前途多難なイメージが拭えません。 そこで今回は、読者さまのご期待にお応えして、小室圭さんの人物像に迫りたいと思います。 もちろん、眞子さまとの相性も最後にまとめておきますね。 小室圭さんは、1991 年10月5日生まれ。 本命星:九紫火星 月命星:七赤金星 傾斜宮:七赤金星 本命星の九紫火星と、月命星・傾斜宮の七赤金星は、火剋金(火は金属を溶かす)という相剋の関係です。 行動と、精神や信念がかけ離れていて、あなたの行動があなたの心を傷つけてしまいます。 思ってもいないことを言葉にしたり、やってはいけないとわかっているのにやってしまうというタイプ。 運勢はあまり強くありません。 九紫火星の人は、先見性があり、美的感覚にすぐれているのですが、高すぎる理想と現実のギャップに悩む傾向があります。 しかし、好奇心旺盛な反面、飽きっぽく、次々と新しいものに心を移していきます。 明るく華やかな表向きの態度と異なり、内心は火のように激しい感情が渦巻いていますから、人間関係においてトラブルを起こしやすいのです。 月命星と傾斜宮の七赤金星は、目立ちたがりで自尊心が高い性質をあらわしています。 人に対して影響力を持つことを好み、周囲の人から軽く見られることを嫌います。 小室圭さんが、自己の欲求を満たすために、眞子さまを利用している可能性は否定できませんね。 九星気学で性格や運気を知りたい方は、「」をお読みになってください。 最も強い運気のときに、婚約報道がされたと言っても良いでしょう。 法律事務所前で、小室圭さんが会見した2017年5月17日の九星盤を見てみましょう。 このときの会見は、ニュースにもなり、ワイドショーは軒並み報道していましたが、九星気学的にみると、この会見は失敗だったといえます。 なぜなら、多くの人が、小室圭さんのプロフィールやキャリア、特に法律事務所でバイトしている身分に良い印象を持たなかったと思うからです。 生方も「なぜ銀行をやめたのかしら?」と思ったくらい、この時点から小室圭さんのイメージが悪くなったことを思い出します。 さて、その会見の日を見てみましょう。 年盤は一白水星が中宮にあり、南に五黄土星、北に六白金星(暗剣殺)が位置しています。 5月の月盤では、南の五黄土星(五黄殺)に九紫火星が回座しており、眞子さまにとっても小室圭さんにとっても五黄殺の影響を受ける月でした。 また南には、太陽の光が当たるように、隠しておきたいことが周囲に知られるという暗示があります。 五黄殺は、自滅的になってしまう凶運ですから、会見を通じて、国民の小室圭さんへの評価が下がり、そのまま「眞子さま、大丈夫?」という心配に変わったときと言えるのではないでしょうか。 さらに、17日の日盤では、北西にある九紫火星は日破を帯びているので、思い通りに事が進まない暗示があります。 眞子さまのお気持ちをあらわす月命星の六白金星は、年盤では本厄(北)で暗剣殺、5月の月盤では月破(北西)がついています。 精神的には、これ以上ないくらいに悪いタイミングでのスクープであり、会見だったのです。 宿曜占星術では、小室圭さんは角宿です。 角宿には、したたかさやたくましさがあり、物事を自分に都合よく考える楽天性があります。 財運に恵まれ、子煩悩で家庭を愛するのが角宿さんです。 しかし、おだやかな表面の内側には、強情で依怙地、何事も自分だけに通用する独特の物差しがあり、好き嫌いが激しいという性質を備えています。 外面と内面が違うのが角宿さんの特徴で、家に帰ると暴君となったり、仲間内では身勝手なわがままを押し通すような人も少なくありません。 眞子さまは畢宿なので、角宿の小室圭さんとは【栄・親】の関係です。 眞子さまから見て小室圭さんが「栄」、小室圭さんからみて眞子さまは「親」になります。 【栄・親】の関係は、宿曜占星術は最も良い相性とされています。 これだけの逆風が吹き荒れているにもかかわらず、眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めていないのは、この相性の良さにあるのかもしれません。 ただし、今年は角宿にとって「衰」の年。 しかも、九曜では土曜の年にあたっているため、昨年から続く凶の年になります。 角宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「」をお読みになってください。 自分の理想があると、そこに集中してしまい、周囲との調和はそっちのけになる資質を、畢宿は持っています。 小室圭さんとの相性が良いこともあり、そこに固執しまっているのかも? 2019年は、畢宿にとって「栄」の年なので、大吉です。 積極的な言動や、新しいことをスタートさせる、相談するといったことに良いタイミングなので、小室圭さんとの結婚を見直すタイミングではないかと思います。 畢宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「」をお読みになってください。 小室圭さんは、おしゃべりが好きで、一言多いタイプです。 九星気学でも、七赤金星を2つも持っているので、コミュニケーション能力が高く、交渉事、人を説得する能力が高いと考えられます。 自分の得意分野では、しゃべりだすと止まらない人かもしれません。 しかし、まじめでシャイなところもあり、周囲からは、図々しいという印象は持たれないでしょう。 小室圭さんの2019年の運気は断捨離です。 これまでのこと、つまり、お母様の金銭トラブルを整理整頓するときです。 2010年はリセットで、断捨離のあとのお掃除期間といった感じでしょうか。 2021年は進展や方向付けになるので、何かが動き出すときです。 うまく問題が解決できれば、眞子さまのお気持ちが強いようなので、結婚できるかもしれません。 ただ、完全にリセットされる可能性もあるので、結婚が取りやめになる可能性も、少なからずあります。 ちなみに、お母様の小室佳代さんは、2019年の運気が再スタート、2020年は出費が暗示されていますから、金銭トラブルを解決して、小室圭さんの結婚を後押しする可能性があります。 これだけの逆風のなか、金銭トラブルを解決しただけで、将来の天皇の姉君となる眞子さまと結婚できるとは思えませんが・・・。 生方の個人的な意見ですが、最初につまづいたカップルの場合、長く付き合っているうちに、ほころびが気になってくるものです。 結婚という理想に向かっているうちは良いのですが、結婚が現実のものになったときに、後悔なさらないでしょうか? 国民の多くは、眞子さまと小室圭さんとの結婚は望んでいないように感じますので、眞子さまには、そういう空気をご理解いただけたらな、と思います。

次の