ブラック 企業 大賞 歴代。 ブラック企業大賞2019 長崎市がノミネート!理由はあの事件!

歴代の王者がカムバック!ブラック企業大賞ランキング2019に選ばれた9社まとめ

ブラック 企業 大賞 歴代

どうも、こんにちは。 yuuking〔〕です。 Twitter、ネットニュース界隈では、こんなツイートが世間を賑わせていました。 【発表】ブラック企業大賞、三菱電機が「連覇」 実行委は今年の「大賞」に、昨年と同じ三菱電機を選出した。 立て続けに複数の社員が過労で自殺していた点などを問題視した。 — ライブドアニュース livedoornews こんな不名誉な賞が、あるんですよね。 この国には。 しかも、大賞を受賞した「三菱電機」は、昨年と同じく2連覇だそうで、何も誇れない、大企業での労働環境の悪さが際立つニュースとなっています。 新入社員らの自死が相次ぎ、2年連続。 委員会側は「異常なことが起こっている」 としています。 そのほか楽天はウェブ投票賞に、電通、セブン・イレブンは特別賞に、長崎市は「」に選ばれています。 そんな中、日本のブラック企業の実態、働き方の実態が、ありがたいことにこうしたメディアを通して、日々明らかになっています。 そんな「日本のブラック企業の実態」について、今日は深掘りしていきます。 このニュースの全容。 2019年のブラック企業大賞は、「三菱電機」に2年連続で、選ばれました。 これ、ぶっちゃけ働いている人からしたら、どんな心境なんでしょうか・・・。 とても複雑な気持ちでしょうし、受賞して気分が良いわけがないですよね。 しかも、「三菱電機」の受賞は、2018年に続いて、2連覇です。 全く労働環境が、改善されてこなかったのも、これで明らかになりますね。 今年の「三菱電機」は、報道によると、2017年に当時40代の技術者が自殺。 三菱電機グループは過去に、社員が自死したり、精神障害を発症したり、というケースが判明していて、これで通算3人目となるとのこと。 その他にも、長時間労働による、労災認定は未だに存在しているのは、ニュースで明らかとなっています。 そんなにも前から、行っていたんですね! なので、今年で実に、もう「8年」も開かれていることになります。 こうした不名誉な受賞式が存在している事実を、日本人はもう少し真剣に議論して、考えるべきですよね。 「ブラック企業大賞」をみて思ったけど、みんなもっと「ゆるく生きようよ」ってことを伝えたいね。 今時モーレツ社員になって、出世競争に揉まれて... こんな生活送ってても人生楽しくないですよ。 個人で稼げる手段はいくらでもあるんだから、ゆるく稼ぎつつ、好きなことに時間を投資した方が幸せ。 株式会社電通• 株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西• 株式会社セブンイレブンジャパン• 株式会社ヤマダ電機• ワタミフードサービス株式会社• 東京電力 株式会社 名だたる「大企業」ばかり、僕が他に目を通して思ったことは、やっぱり飲食業界や引っ越しの業界は、ブラックと呼ばれる企業が多かったです・・・。 今年の「ノミネート企業」・「特別賞」・「ウェブ投票賞」の結果 今年のブラック企業大賞の「ノミネート企業」・「特別賞」・「ウェブ投票賞」の結果は、以下の通りです。 【ノミネート企業】• KDDI株式会社• 株式会社セブンイレブン・ジャパン• 株式会社電通• 株式会社ロピア• 長崎市• トヨタ自動車株式会社• 三菱電機株式会社• 吉本興業株式会社• 楽天株式会社 【特別賞】• 株式会社セブンイレブン・ジャパン• 株式会社電通 【ウェブ投票賞】• 楽天株式会社 共通しているのは、ほぼ全部日本トップの「大企業」ということです。 今年は特に、あの世界ブランドランキングでも日本1位の、「トヨタ自動車株式会社」もノミネート、「闇営業」で世間を騒がせた「吉本興業株式会社」もノミネートされるなど、実に世論と合っている適切なノミネートだと、僕は思います。 セブンイレブンや、電通はもはや常連のごとく、ノミネートされているため、目新しさはないですよね。 ウェブ投票賞では、「楽天株式会社」が受賞。 ノミネート理由に関しまして、公式ホームページによると。 2016年6月、当時、社員だった男性は、会議で激高した上司から首付近をつかまれ、壁際に押しつけられたという。 その際、頸髄を損傷して手足にまひが残り、うつ病を発症して現在も療養している。 男性によれば、社内のパワハラ相談部署に掛け合ったが調査されず、配置転換の希望も受け入れられなかったため、暴行の1か月後に退職せざるを得なかった、とのことである。 引用:「」より 酷いですよね。 こんな報道を聞く度に、「ブラック企業って、本当にあるんだな」、「ブラック企業に入りたくない、怖い」と、どうしても考えてしまいますし、この変わらない社会の現状に、多くの若者たちは、「働くこと」・「国の将来」について不安を抱きます。 こうなるのも無理はないでしょう。 なぜならば、 「真面目な人ほど損をする」。 そんな逆説的にもみえる人々の考えが、なぜか日本では広まっている事実もあります。 そして、「真面目で、一生懸命に仕事に取り組む、頑張っている人たち」は、明るい未来を想像できず、自らその道を絶ってしまうワケですよね。 日本には、近年、「自己責任論」が萬栄しておりますが、本当にそうなんでしょうか?「自己責任」なんでしょうか? こうした日本独特の「働き方」のシステムそのものを改善しなければ、根本的解決には、なかなか結びつかない、と僕なんかは思ってしまいますね。 「いっそのこと退職する」であれば、 がおすすめです。 業界トップクラスの実績があり、退職率は驚異の「100%」!! 競合他社には「全額返金保証」なるものが存在しますが、そもそも「退職に失敗する 」という事が起き得ないため、「返金をする」という事も起き得ない、と自信と実績を持ち合わせたサービスです! また、NHK、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、日経新聞、朝日新聞、毎日新聞など、ほとんどの大手メディアにて取り上げられているため、退職代行業界で知名度がダントツなのも、安心できます! 仕事の事を考えるだけで吐き気や胃痛がやばい…もう辞めたい…。 そんな時は素直に辞めるべき、自分から言い出せなければ退職代行を使う!今の職場でダメでも他の場所では通用するなんてザラにある、ネットがある今は働き方も山程ある。 選択肢は今の環境だけではない。 辞めたかったら辞めればいい は、 稼ぎたかったら稼げばいい と言ってるのと一緒。 プロセスにある課題を全く無視してる。 — 🍌せいた社長と百人同時起業しよう SAWAKISEITA• 「転職をする」のであれば、かがおすすめです。 どちらも大手で、サポートも充実しているので、まずは会員登録して、相談してみるといった流れでいいかな、と思います! あとは、優良企業を厳選して教えてくれるも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?• そして、 「フリーランス、独立を目指す」方であれば、を登録しておくと、仕事が舞い込んできやすいですが、もちろん簡単ではないので、まずはスキルを身につけるための勉強に励むことが大切だと思います。 最後に僕から伝えたい、思ったコト。 こうしたニュースが取り上げられる度、 僕は真剣に「働くことって、もっと喜ばしいことなんじゃないの?」って思うんですよね。 綺麗ごとと言えば、それまでの話です。 なんで日本では、働いている人の大半が、文句や愚痴ばかり言って、「生活のため」、「生きるため」とか言って働いてるんでしょうね。 ブログもミニマリストも、まだまだ『初心者』! 2019年10月にブログを開設しました。 1996年生・広島県出身。 大学卒業後、地元企業に就職。 Amebaブログで9年間日常・趣味ブログを更新していた経歴を持つ。 様々なSNSを駆使し、生活が豊かになり、幸せになっていくための情報発信を日々行っています。 当ブログでは、「シンプルな生活を送るためのノウハウ・秘訣」・「オススメ商品・サービスの紹介」・「日常の出来事・趣味」を軸に発信していきます。 2018 WEAR: yuukingod 1.Amazonプライム 言わずと知れた、最強月額サブスクリプション!月額500円で動画見放題、音楽聞き放題、本・マンガ読み放題、商品購入時のお急ぎ便無料・送料無料、Amazonパントリー利用可能、会員限定セール「Amazonプライムデー」に参加など凄い特典が目白押しです!! 30日間無料トライアル体験後は、月500円の月間プランまたは年4,900円の年間プランが選べます!まずは、無料トライアルをお試しを!お得すぎます。 2.DAZN 好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。 3.U-NEXT 日本最大級動画サービスです。 最新作も揃ってますよ! [31日間無料トライアルの特典]• 見放題作品が31日間無料で視聴可能! 600円分のポイントプレゼント! 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題! 4.FODプレミアム フジテレビの動画見放題サービスです! 動画以外にも雑誌やコミックも楽しめます! アーカイブ アーカイブ.

次の

ブラック企業大賞とは?2019年や歴代の受賞企業と選考理由

ブラック 企業 大賞 歴代

ウェブからも一般投票も呼びかける。 授賞式当日にも参加者による「投票タイム」も設ける。 上記の2つを合わせた結果は、当日に「ウェブ投票賞」として発表されます。 2016年度ノミネート企業11社とブラック大賞受賞企業まとめ ノミネート企業で各賞を受賞した企業から発表します。 ブラック企業大賞受賞企業 会社名 ノミネート理由の概要 【大賞】 株式会社電通 時間外労働が月105時間を超えていた24歳の女性新卒社員が自殺した。 彼女以外の若手社員3名も過去に亡くなっている 【業界賞】 ディスグランデ介護株式会社 茶話本舗FC企業 10名を2人体制で介護するなど労働者が過酷な環境で働かされていた 【業界賞】 株式会社プリントパック 新入社員が印刷機に巻き込まれて死亡。 労災事故を機械の不具合と偽った 【ブラックバイト賞】 DWE JAPAN株式会社 (しゃぶしゃぶ温野菜FC企業) 学生アルバイトに対し過酷な労働をさせ、店長らが暴行を働き逮捕&起訴された 【特別賞】 【WEB投票賞】 日本郵便株式会社 男性従業員が心疾患で死亡。 生前パワハラを行い、鬱病を悪化させた。 郵便局では従業員の自殺が相次いでいる。 株式会社電通 電通で働いていた24歳の新入社員・高橋まつりさんは2015年12月25日に自殺した。 時間外労働が月105時間という超長時間労働に加えて、上司からのパワハラによって精神的に追い込まれた結果だった。 彼女のツイッターには、「はたらきたくない。 1日2時間の睡眠時間はレベルが高すぎる」といったものがあるのとともに、亡くなる数日前には「ブラック企業大賞2015」を報道したツイートをリツイートもしていた。 引用元: 電通の悪業まとめ• 「殺されても放すな。 目的完遂までは」という社訓『鬼十則』が存在• 異常な精神論とパワハラ・セクハラが蔓延• 入社2年目の男性社員が自殺し過労死認定• 30歳の男性社員の病死が過労死と認定 「社会的に決して許されない人権侵害を続けた代表的企業である」として、ブラック企業大賞2016を受賞した。 介護業界あるあるですが、これがデフォはありえない 株式会社プリントパック 2010年に新入社員が印刷機に巻き込まれて死亡する労災事故を起こした。 この凄惨な死は貴社によって「機械の不具合」による業務遅延として発表された。 その後、自らも月80時間前後の「過労死ライン」と見られる残業を繰り返し強いられていた労働者が、労働組合(全印総連ユニオン京・プリントパック京都分会)を結成した。 しかし組合員に対する配転命令や、残業時間の長さを会社への貢献度と査定し、一時金などを支給しないなどの組合員差別を行った。 引用元: プリントパックの悪業まとめ• 京都府労働委員会が賃金や賞与の差額を支払うよう命じる• 府労委の尋問で会社取締役が放った言葉が敵意むき出しの発言• 「組合員の異動はストライキを回避するための予防措置」• 「定時に退社することは、会社に対する抗議行動であり、ストライキと一緒である」 控えめに言ってサイコパスすぎる・・・。 DWEJAPAN株式会社 しゃぶしゃぶ温野菜FC企業) 学生アルバイトに対し過酷な労働を強いたのみならず、店長の夫である元従業員が同学生に暴力行為を行うなどし、その職場環境は極めて劣悪なものであった。 この元従業員の暴力行為は、その後、逮捕・略式起訴されるに至った。 この店舗でアルバイトをしていた学生は、4か月連続勤務や20万円以上の自腹購入を強いられており、学生は「辞めたい」と店長に訴えた。 ところが、当時の店長は学生に対し「懲戒解雇にする。 懲戒解雇となれば就職もできない」「店が潰れたら4000万円の損害賠償を請求する」と脅し、学生は辞めることができなかったという。 その結果、学生は前期の単位を全て落とし、学業を脅かされてしまった。 引用元: DWEJAPAN株式会社の悪業まとめ• 学生を4か月連続働かせる• 20万円以上の自腹購入を強いる• 懲戒解雇を脅し暴力を振るう• 脅した元従業員は逮捕され略式起訴 この店で食事したことあるけど、つねに混雑しているのに人も足りてなくてオーダーも大混乱。 バイトはかなり大変そうでした。 日本郵便株式会社 貴社は2011年12月心疾患で亡くなった男性従業員に対し、生前パワハラを行い、鬱病を悪化させた。 また近年、貴社が運営する郵便局で従業員の自殺が相次ぎ、いずれも遺族はパワハラが原因と指摘している。 これほど「パワハラ」という言葉が聞かれるのは、異常な事態といえる。 引用元: 日本郵便株式会社の悪業まとめ• 理不尽なノルマ 年賀状などの販売で一人数千枚、一万枚• ノルマを達成できないと高額の自腹購入を強要• 2011年に1万4000人もの非正規従業員を雇い止め• ウェブ投票で圧倒的な勢いを見せ独走状態での1位獲得 郵便局に就職した知人が何人かいますが、2人くらい「ノルマはクリアできるから平気!給料もまあ悪くないし」と言ってました。 しかしそれぞれ帯状疱疹とクローン病を発症しており、自覚ないストレスほど怖いものはないと感じます。

次の

「ブラック企業大賞」

ブラック 企業 大賞 歴代

SponsorLink 労働組合、NPO法人、ジャーナリスト、弁護士、大学教授などが主体となり、日本のブラック企業の頂点を決めるため、2012年から始まった 「ブラック企業大賞」。 そんな社会的に意味のある企画で取り上げられた企業とは、一体どんなものなのだろうか? 日本の有名ブラック企業を学ぶことで、今後のあなたの人生を良くするヒントが見つかるかもしれない。 「ブラック企業大賞2014」受賞結果 受賞名 企業名 大賞 WEB投票賞 株式会社ヤマダ電機 業界賞 株式会社A-1 Pictures 業界賞 株式会社不二ビューティ(たかの友梨ビューティークリニック) 要努力賞 株式会社ゼンショーホールディングス(すき家) 特別賞 東京都議会 その他ノミネート企業 株式会社大庄(居酒屋チェーン「日本海庄や」) JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社) タマホーム株式会社 株式会社リコー 株式会社秋田書店 大賞&WEB投票賞「株式会社ヤマダ電機」 2014年大賞に選ばれた「 株式会社ヤマダ電機」は、家電量販店国内トップシェアを誇る大企業である。 大賞受賞の理由は、後を絶たない従業員の自殺だ。 訴訟で明らかになっているだけでも3名の方が亡くなっている。 2004年 上司から執拗な罵倒を受け、契約社員男性自殺• 2007年 週47時間30分の残業を強いられた、契約社員男性自殺• 2013年 営業不振に悩み、架空売上の末、店長自殺 自殺の原因は、パワハラを容認する企業体質だと思われる。 売上目標を達成するためには 手段を選ばない、達成するまでやれというプレッシャーが常に頭上から降り注がれるのだ。 その結果、「異常な長時間労働」と「従業員を人間と認識しない思考回路」を生み出される。 週刊文春によると、46名の店長が 厚生労働省が定めた「過労死ライン(残業月80時間)」を超えていたという。 ブラック企業では典型的な「パワハラ問題」ではあるが、会社規模の大小を問わず、業界トップの巨大組織の日常にも潜んでいる。 業界賞「株式会社A-1 Pictures」 ソニーのグループ企業である「 株式会社A-1 Pictures」は、「逆転裁判」「黒執事」「宇宙兄弟」などのアニメーションを制作する会社だ。 2010年、A-1に勤務する28歳男性社員が、月344時間以上の残業、残業代未払い、7日間連続会社泊、3ヶ月間休み無しなどの要因でうつ病を発症、その後自宅で自殺している。 実は華やかに見えるアニメーション制作業界では、長時間労働、低賃金が当たり前となっている。 民間企業 アニメーター 平均年収 414万円 332. 8万円 月間労働時間 168. 5時間 262. 7時間 民間企業に比べ、アニメーターの年収は81. 2万円低く、労働時間は94. 2時間多いのがお分かりだろうか。 夢を追うクリエイティブな若者の意志を逆手に取った卑劣なやり方が文句なしの業界賞受賞となった。 業界賞「株式会社不二ビューティ(たかの友梨ビューティークリニック)」 TVやCMで知っている方も多いだろう「たかの友梨ビューティークリニック」を運営する「 株式会社不二ビューティ」が業界賞を受賞した。 同社の従業員は1日に12時間の過重労働を課せられ、休憩時間もほとんど与えられていなかった。 また休日も規定通りに休めず、有給休暇は取得できない、残業代・休日手当は誤魔化すというブラックぶりだった。 2014年、この実態を女性従業員が告発、行政指導と勧告が出されている。 バラエティー番組に多数出演する社長のたかの友梨は、 企業トップのパワハラを駆使し、告発した女性従業員を強く問い詰めた。 その結果、女性従業員は精神的ショックで出勤することができなくなったという。 TVで作られた世間のイメージとブラック企業で働く従業員の感覚には、大きなギャップが存在するのである。 要努力賞「株式会社ゼンショーホールディングス(すき家)」 外食企業トップ10入りを果たした「 株式会社ゼンショーホールディングス」。 同社はすでに、 2012年ブラック企業大賞「ありえないで賞」の受賞歴があり、今回の要努力賞受賞は全く改善がみられないためだ。 株ゼンショー社長による 「日本人はだんだん3K(きつい・汚い・危険)の仕事をやらなくなっている」発言は世間全体の仕事に対してだったが、 「すき家が3Kである」と解釈され一躍有名になったのは記憶に新しい。 しかし、あながち間違ってはいない。 実際のすき家の労働環境は過酷そのもの。 深夜帯に一人勤務させる「ワンオペ」を始め、24時間以上の勤務を何度も繰り返す、月の労働時間500時間超えなど、 死人が出ていないのが奇跡。 ここまでブラックであることを世間に周知されながらの労働基準法違反は、まさにキングオブブラック企業だ。 特別賞「東京都議会」 2104年6月18日、東京都議会において女性議員に対し 「早く結婚した方がいいじゃないか」「産めないのか」等の男性議員のヤジが飛んだ。 あまりにも 次元が低すぎるセクハラ発言のためコメントは控えるが、問題はその後の対応にもある。 セクハラヤジ騒動の中心人物である鈴木章浩は、当初 「自分ではない」と否定していたが、問題が世間に知れ渡り収集が付かなくなると 「早く結婚して頂きたくて…」と意味不明な釈明。 そもそも「セクハラ」とは何か理解していないようだ。 さらに、ヤジを飛ばしたのは鈴木章浩以外にも数名存在するはずだが、自分から名乗り出る人物はおらず、音声分析まで持ち出されたが特定には至っていない。 都議会はその場にいた議員全員に聞き取り調査を行ったが皆口を閉ざしたまま。 都議会自体も鈴木章浩1人の発言とし、それ以上の調査を進めることはなかった。 このような愚かで低脳な人間が国を動かしていると思うと、末恐ろしい。 ノミネート企業「株式会社大庄(居酒屋チェーン「日本海庄や」)」 居酒屋チェーン店「庄や」「やるき茶屋」などを運営している「 株式会社大庄」では、2007年に24歳男性社員が急性心不全によりなくなっている。 原因は、80時間の残業代を給与に組み込んだ 月112時間の時間外労働による過労だった。 遺族は過労死認定を受け京都地裁に提訴し、会社と役員4名に約7860万円の賠償責任を命じられた。 従業員を使い捨てと考える ブラック企業ならではの言葉だ。 ノミネート企業「JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)」 「 JR西日本」で保安業務を担当する28歳男性社員は、朝9時から翌朝6時45分までの不規則勤務に就いていた。 月の残業は平均160時間を超え、最長250時間になることもあった。 さらに昼夜連続勤務や休日出勤も日常的に行われていた。 精神的にも肉体的にも追い詰められた男性社員は、職場近くのマンションの14階に立った。 タバコを1本吸い、壁には 「ごめんなさい。 ありがとう」と書き残し、飛び降り自殺。 新婚旅行を間近だったという。 ノミネート企業「タマホーム株式会社」 木村拓哉のCMでお馴染みの住宅メーカー「 タマホーム株式会社」では、2011年 営業主任の男性が過労死している。 遺族側は、男性社員のパソコンのログイン履歴から月144~186時間の残業を課せられていたと1億400万円の損害賠償を求め提訴している。 しかし、タマホーム側は 「ログイン履歴は不確か」とし、全く認めようとしない。 ノミネート企業「株式会社リコー」 2011年「 株式会社リコー」では、「人員リソース計画」と呼ばれる 1万人のリストラ計画が発表された。 当時、技術職であった男性社員は、社内で複数回表彰されている「その道のスペシャリスト」である。 しかし、リストラの波は男性社員にも及んだ。 上司からは希望退職制度に応募させようと幾度となく勧奨を受けたが、男性社員は断った。 すると、会社側は男性に子会社への出向を命じた。 そこでの仕事は立ち仕事の単純作業で、 デスクやパソコンを支給されることもなかった。 男性社員は労働組合に加入し、東京地裁に提訴。 判決は 「男性社員を自主退職に追い込むための卑劣な行為」として出向命令は無効とされた。 組織的なパワハラとして認められたのだ。 ノミネート企業「株式会社秋田書店」 マンガ雑誌「少年チャンピオン」などを発行する出版社「 株式会社秋田書店」。 同社では、読者プレゼントの当選者数の水増しが平然と行われていた。 中には、架空の当選者名を掲載し、1つも発送されないプレゼントもあった。 ある女性従業員は、この違法行為を止めるように上司に何度も訴えたが是正されることはなかった。 強い憤りと罪悪感の葛藤で女性従業員は精神疾患を患い休職を余儀なくされた。 追い打ちをかけるように、秋田書店は女性従業員に対し 「読者プレゼントを着服した」と濡れ衣を着せ懲戒免職したのである。 消費者庁から景品表示法違反で措置命令が出され、会社の違法性が明らかになったにも関わらず、女性への懲戒処分は有効とし、会社側の罪は今だ認めていない。

次の