光回線 スピードテスト。 光回線のインターネット速度を測定できるスピードテスト5選【スマホOK】

回線速度の測定

光回線 スピードテスト

外出先でのメール対応や へのアクセスはもはや日常茶飯事。 現代社会は働く場所を選ばない時代になりつつあります。 ただし、通信環境が整っていることが必須条件。 いつでもどこでも快適に仕事をするには、どのくらいの通信速度が必要なのでしょうか。 今回は、通信速度の測定方法や遅い場合の対処方法について紹介します。 通信速度の単位「Kbps」や「Mbps」とは? まずは通信速度を表す単位について説明します。 インターネットの通信速度は 「bps(ビーピーエス)」という単位で表され、 値が大きいほど通信速度は速くなります。 「bps」は「Bit per second」の略で、 1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるかを表したものです。 「1,000bps」=「1Kbps(キロビーピーエス)」、「1,000Kbps」=「1Mbps(メガビーピーエス)」となります。 また、8bit=1Byte(バイト)なので、例えば「8Mbps」なら1秒間に約1MB(メガバイト)の通信が可能であることを表します。 通信速度の目安とは? 一般的に、 ストレスなく通信できるのは10Mbps(スマホは5Mbps)~30Mbps程度と言われています。 通信速度には「上り(送信/アップロード)」と「下り(受信/ダウンロード)」があり、 メールの受信やWebサイトの閲覧、動画の視聴をする上で重要なのは「下り」です。 PCやスマホをインターネットにつないでいて「速い」と感じるのは「下り」の通信速度が速いためです。 ただし気を付けたいのが、 ネット契約時に表示される最大通信速度。 これは 「ベストエフォート方式」という回線事業者が提示する最大数値です。 あくまで理論上の数値であって、常にこの速度での通信が保証されているわけではありません。 光回線の場合、 実際の通信速度はその3~6割程度と言われます。 【用途別】通信速度の目安 快適に利用できる通信速度は用途によって異なります。 メールやLINEを使う場合 下り128kbps~1Mbpsが目安です。 128kbpsは通信制限がかけられたときの速度です。 テキストだけであれば問題ありませんが、画像や動画などのファイルが添付されている場合、ダウンロードするのに時間がかかります。 Webサイトを閲覧する場合 下り1Mbps~10Mbpsが目安です。 画像や写真が豊富なサイトなら最低3Mbps程度あると良いですが、テキストが中心のサイトなら1Mbps程度でも支障なく閲覧できるでしょう。 動画を視聴する場合 5~20Mbpsが目安ですが、解像度によって異なります。 例えば4Kのような高画質動画を視聴する際は25Mbpsは確保したいところです。 なお、YouTubeは下記の速度を推奨しています。 動画の解像度 推奨される持続的な速度 4K 20Mbps HD 1080p 5 Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 通信速度を測定する方法 ここでは通信速度が測定できるサイトを紹介します。 利用するサイトや時間帯によって測定結果が変わるため、あくまで目安と考えてください。 簡単に通信速度を測定できるサイト8選 以下で、通信速度を測定できる8つのサイトを紹介します。 「GO」ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方が表示されます。 サイトにアクセスすると自動的に測定が開始されます。 そのまま表示されるのは「下り」のみですが、「詳細を表示」を押すと「上り」も表示されます。 測定 を東京か大阪から選んでから測定を行います。 回線状況や所在地の郵便番号に関する入力項目がありますが、入力をスキップすることも可能です。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「プロバイダ」「回線」「地域」を選択してから測定を行います。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「上り」と「下り」を別々に測定します。 「上り」の場合は測定前に「アナログ回線、ISDN回線」や「光回線などのブロードバンド」などから該当するものを選択する必要があります。 「フレッツ光」か「それ以外」を選んでから測定を行います。 測定できるのは「下り」のみです。 また、測定にはAdobe Flashプレイヤーが必要です。 ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 郵便番号と回線の種類(契約プラン、回線事業者、ISP)を選択してから測定します。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 Googleの検索窓からも測定できる Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することができます。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 インターネットが遅いときの原因 インターネットの通信速度が遅いときに考えられる原因を、いくつか紹介します。 回線の問題 回線に大量のアクセスが集中すると回線がつながりにくくなります(これを輻輳(ふくそう)と呼びます)。 PPPoE方式による接続回線を利用している場合は、IPoE方式に変更することで改善を図ることができます。 プロバイダの問題 同じ回線でもプロバイダによって速度は異なります。 その他の原因に心当たりがない場合は、契約しているプロバイダに直接問い合わせることをおすすめします。 WiFiの問題 無線の場合は、電波状況やエリアの影響で通信速度が遅くなることがあります。 この場合は有線に切り替えることで改善されるケースもあります。 パソコンの問題 「更新プログラムが溜まっている」「OSが古い」といった原因で速度が落ちることがあります。 前者は更新を完了させることで改善されることがありますが、後者の場合は新しいOSに切り替えることでしか改善できないケースもあります。 接続機器の問題 ルーターが故障していたり、型番が古くてスペックが足りない(高速通信に対応していない)といった場合は速度が落ちます。 また、HUBの規格に合わないLANケーブルを使っていて遅くなることもあります。 この場合は買い替えが必要です。 接続方式の問題 がIPv4の場合はIPv6にすると通信速度が速くなることがありますが、IPv6を用いていても遅いと感じる場合はインターネットの接続方式を確認しましょう。 「」でも触れましたが、PPPoE方式にしている場合はIPoE方式にすることで速度が改善されることがあります。 5Gとは? 第5世代のモバイル通信システムである5G。 「超高速通信」「超低遅延」「多数同時接続」を特徴とし、あらゆる業種・業界での活用が期待されています。 速度は4Gの100倍? 5Gの通信速度は最大で20Gbpsで、4G(LTE)と比較すると約100倍の速度アップとなります。 2時間の映画をダウンロードするのに4Gが5分かかっていたところを、5Gなら3秒で終了する計算です。 日本での提供開始は2020年から 2019年4月、総務省は携帯電話会社4社に5G用の周波数を割り当てました。 2019年秋にも試験サービスが開始され、2020年春以降の本格的なサービス提供開始を目指し、各社が5Gに対応した新商品開発の動きを活発化させています。 5GでIoTが加速する 5Gは社会のIoT化(さまざまなモノがインターネットに接続すること)を促進すると期待されており、あらゆる産業に多大な影響を与えると見られています。 下り10MbpsあればOK、遅いと感じたら測定を 高画質な動画を視聴する場合は別ですが、普段の業務でWebサイトを閲覧したりメールを送受信したりする分には、「下り」が10Mbpsもあれば充分と言えるでしょう。 動作が重く感じる場合は、今回紹介した「」を試してみてください。

次の

NURO オリジナル通信速度測定システム

光回線 スピードテスト

アップロードもしくはダウンロードをしている場合は止める。 このページ以外のウェブページはすべて閉じる。 すべてのプログラムやオンラインツールは閉じる。 あとは、ツールの中央の「Start test」をクリックするだけです。 スピードテストはなんのため? 光回線やでも、のサイト上で掲載されいてる通信速度は、論理的に可能な最大の速度です。 このため、実際には、提示されている値よりも通信速度は遅いというのが事実です。 この件に関しては、「通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。 」といったような文言でプロバイダーのサイト上で補足説明が加えられているのが一般的です。 今利用しているインターネットの回線速度がどれくらいなのか「実行速度」を調べるには、スピードテストを利用する必要があります。 なぜ通信速度を調べるべきなのか? 通信速度を測定することで、今お使いののに役に立ちます。 例えば、オンラインのツールを利用していて、急に速度が落ちたと感じたら、 スピードテストで速度を確認してみると良いでしょう。 インターネットの速度が遅いのが原因か、ツールの問題なのか、特定することができます。 スピードテストで十分な結果が出ているにも関わらず、遅いと感じるならば、やみくもに回線を疑うのではなく、冷静にそれ以外の原因を追究していくことができます。 またADSLからに変えた人はその速度の変化ぶりを数字で確認してみるということもできますね。 スピードテストの結果から分かることは? このスピードテストでは、1. 下り速度(ダウンロード時の通信速度)、2. 上り速度(アップロード時の通信速度)、3. レイテンシ、4. ジッターといった4つの項目を確認することができます。 また、回線速度の測定にあたり、当然ながらIPアドレスおよびインターネットプロバイダー(回線事業者)の情報も取得され、表示されます。 1秒間にどれくらいのデータを送れるのか表しています。 1秒に送れる情報量のによって、「速い」、「遅い」を判断しています。 1000Mbpsイコール1Gbpsです。 つまり、MbpsよりもGbps(メガビーピーエス)は1秒にたくさんの情報を送ることを意味ます。 よって、通信速度の速い光回線には、ギガの単位(Gbps)が、そして速度で劣るADSLにはメガの単位(Mbps)が利用されています。 ビットとバイト8ビット bit, b の8倍が1バイト(byte, MB)です。 ビットとバイトは異なるので注意しましょう。 スマホのの単位ではバイト(byte, MB)が使用されています。 下り速度と上り速度の意味・違いは? 「 下り速度」は、どれだけスムーズにデータが「流れて」きているかに関係します。 つまり、オンラインで音楽を聴く、動画・映画を観るための速度、もちろん、オンライン上にあるファイルをダウンロードをする速度などを決定するのが「下り速度」というわけです。 一方、「 上り速度」はアップロードする時の速度をつかさどります。 具体的には、写真などをオンライン上にアップする、Eメールを送るといった場合の速度はこの「上り速度」が左右するのです。 ごく一般的なインターネットの使用方法を考えると、利用している回線が、いかになめらかで速度に問題がないかどうかは、主に「下り速度」がものを言うということが分かります。 下り速度が良ければ、ストレスフリーでネットが利用できる環境であると言えるでしょう。 レイテンシ(Latency)とは? 回線速度に加えて、このスピードメーターでは、 レイテンシを計測することが可能です。 レイテンシは、データの転送要求を出してから、データが送られてくるまでの通信の遅延時間を把握するために使用される指標です。 遅延時間を計る単位ですから、レイテンシが低ければ、「通信速度」が速い、レイテンシが高い場合は「通信速度が遅い」、となります。 レイテンシはレスポンスタイム(Response Time)やピン値(Ping値)とも呼ばれることもあります。 レイテンシには単位には、ms(ミリ秒)という単位が利用されます。 ジッター(Jitter)とは? ジッターは、電気信号の揺れやばらつきのことを指します。 ジッターも遅延時間の長さを計るものなので、値が高いと、通信がスムーズではない、値が高いとサクサク・なめらかである、ということです。 例えば、ビデオ電話などで、固まってしまったり、途切れてしまったりするならば、ジッター値が高いからかもしれません。 「通信速度の速い」インターネット回線とは? 今までで説明をした測定項目の結果が良ければ、「通信速度の速いインターネットである」と判断することができます。 下り速度が速い• 上り速度が速い• レイテンシが低い• ジッターが低い これらのうち1つでも、十分な値が出ていなければ、インターネット利用時のイライラの原因となります。 「インターネットが遅い!」と思ったら、ご自分の回線のうちどの項目にが問題あるのか、このスピードメーターで調べてみると良いでしょう。 毎日使うインターネット、どのくらいの数値ならOKと言えるの? スピードメーターがどのくらいの数値であれば、私の今の インターネット回線はサクサクとスムーズにインターネットが使えるものであると判断することができるのでしょうか? これは、ご自身のインターネットの使用のスタイルに大きく左右され、異なります。 インターネットの使用目的が、サイトの閲覧やオンラインで記事を読んだりする程度か、それとも、頻繁に音声や画像ファイルをダウンロードする、または、ストリーミングで頻繁に映画を観る、かによって必要とする速度は異なります。 自分のインターネットの使用スタイルを振り返り、 必要な速度を選ぶことが重要です。 ベストな環境における、論理的に出る、最高速度が提示されているとはいえ、この最大通信速度が高ければ、高いほど、実際にインターネットを利用するときに出る実効速度にも当然ながら影響を及ぼします。 しかしながら、他にも速度に関係する要素があります。 代表的なものは以下のようです。 NTT収容局から自宅までの距離(ADSL)の場合• 光回線の配線方式(集合住宅の場合)• プロバイダによる接続サービスのキャパシティー• 一本の光回線ケーブルが何人の利用者でシェアされているか インターネットの速度が遅いなと思ったら? 具体的な対策方法• 回転速度が遅い場合には取れる対策はいくつかあります。 ただし、原因や理由は複合的な場合もあり、すぐに原因をみつけることはできるかもしれませんが、以下にすぐにできるものも紹介していますので、試してみることをおすすめします。 周辺機器など、1つずつポイントを確認していきましょう。 それでも改善しない場合、はじめて回線を疑うことができるでしょう。 ルーターの電源を一度切る 電源を入れなおすことで、通信速度の問題が解消されることがあります。 ルーター(プロバイダーによってオリジナルの名称がついていることがあります。 )の電源を一度落とし、30秒ぐらい経ってからまたスイッチを入れてみましょう。 LANケーブルで直接つないでみる でインターネットをしている場合は、LANケーブルで直接パソコンをつないでみましょう。 無線でつないでいることによりインターネットが遅くなっているのかもしれません。 LANケーブルにつないでから、スピードテストでパフォーマンスをチェックしてみましょう。 測定結果に問題がないようであれば、Wi-Fiが理由、もしくはWi-Fiルーターの性能に問題がある可能性が出てきます。 Wi-Fiルーターのチャンネル設定を変える ネットのスピードが遅いと思ったら、Wi-Fiルーターの設定チャンネルを使用者の少ないものに変更してみましょう。 この方法は、住宅の密集しているエリアにお住まいの場合に有効です。 何人も同じWi-Fiチャンネルを利用している場合は、 速度低下の原因になっている可能性があります。 ご自身でルーターを購入して利用している場合、ご自身でルーターの管理画面に行きチャンネルの変更を行います。 ルーターのメーカーによって、手続きが異なりますので詳細は各人で確認していただく必要があります。 Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、各プロバイダーにWi-Fiチャンネルの変更が可能か否か、そして手続き方法について問い合わせる必要があります。 インターネットプロバイダーやサービスを変更する 色々試してみても、 インターネットの通信速度に満足できない場合やスピードテストを行った結果、数値が好ましくない場合は、プロバイダーの変更、または回線の種類の変更を積極的に考えてみた方が良いかもしれません。 すでに光回線の人は、の提供のあるプロバイダーにする、もしくはNTTのフレッツ光を使ったインターネットを利用している場合は、独自の光回線を使っている事業者に変える、と言った方法をとることができます。 フレッツ光以外の光回線(自社回線)を検討してみる ADSLを利用している場合は、光回線を検討してみる、すでにの光回線を利用している場合は、フレッツ光以外の光回線(やなど)を検討してみましょう。 いずれの場合も、お住まいの地域では、サービスの提供がない場合もあります。 まずは各サイトで今お住まいの地域が、サービス提供エリアに入っているかをまずは調べてみましょう。

次の

ネット回線速度の目安や平均は?快適な下り上りの通信速度をチェック

光回線 スピードテスト

85ms Ping値: 24. 77ms ダウンロード速度: 95. 07Mbps アップロード速度: 95. 92Mbps 【IPv6接続】ジッター値: 10. 05ms Ping値: 26. 25ms ダウンロード速度: 94. 02Mbps アップロード速度: 95. 61ms Ping値: 30. 71ms ダウンロード速度: 654. 6Mbps アップロード速度: 286. 05Mbps 【IPv6接続】ジッター値: 0. 87ms Ping値: 24. 64ms ダウンロード速度: 634. 33Mbps アップロード速度: 302. 64ms Ping値: 34. 9ms ダウンロード速度: 301. 9Mbps アップロード速度: 328. 61Mbps 【IPv6接続】ジッター値: 8. 94ms Ping値: 30. 14ms ダウンロード速度: 287. 98Mbps アップロード速度: 249. 通信環境により結果が異なる場合がありますので、参考としてご活用ください。 値が小さければ小さいほど回線が安定しています。 値が小さければ小さいほどラグ 遅延時間 が少ないです。

次の