コロイドヨード 作り方。 癌患者必見 自宅でもできる「コロイド ヨード療法」

DESIGN

コロイドヨード 作り方

注射剤の配合変化 注射剤の多くは難溶性成分を水溶性にして製剤化されていますが、現場では注射剤同士を混合したり、輸液と混合して使用することが多くあります。 散剤の組み合わせでは 湿潤したり、 変色したりする化学変化を起こすことがありましたが、注射剤においても 配合変化を起こすことがあり、散剤などに比べると配合変化を起こす頻度も多くあります。 元々注射剤は単独使用を想定して作られているため、多くの薬剤と混合する現場では無数の組み合わせが存在し、配合変化によっては薬物治療に支障をきたすものもあります。 配合変化を防止するためには、注射剤の混合順序を pHの近いものから混合し、pHの離れたもの、またはpHの移動によって外観変化がみられるものは、あらかじめ輸液中に混合するか、最後に輸液中へ混合すると外観変化が起きにくくなります。 基本的に水と油は混じり合わないため、 水性注射剤と油性注射剤を混合することはできません。 水性注射剤と油性注射剤の例を以下に示します。 水溶性注射剤 油性注射剤 フェニトインナトリウム フルニトラゼパム ジアゼパム エストリオールプロピオン酸エステル テストステロンエナント酸エステル テストステロンプロピオン酸エステル エストラジオール吉草酸エステル ヨード化ケシ油脂肪酸エチルエステル 有機溶剤で可溶化された水性注射剤は、補液などで希釈しすぎてしまうと 溶解能が低下してしまい、 沈殿を生じることがあるので希釈率には気をつける必要があります。 希釈後沈殿を生じていなくても、時間が経過すると沈殿を生じたり、外観が変化することがあるため、 希釈調製後はすぐに使用しなければなりません。 スタッキング現象 凍結乾燥製剤である 注射用ドキソルビシン塩酸塩(アドリアシンR)は注射用水には容易に溶解するが、 生理食塩液に溶解すると 赤色綿状の沈殿を生じることがあります。 この現象を スタッキング現象と言います。 生理食塩液に含まれるナトリウムイオンと塩化物イオンにより、ドキソルビシン分子が 疎水化を起こしたことが原因で起こります。 疎水化すると、ドキソルビシン分子同士が積み重なり、 生理食塩液に対する溶解速度が遅くなってしまうために沈殿を生じます。 ドキソルビシン塩酸塩を生理食塩液を少量ずつ加えながら溶解するとスタッキング現象を起こしやすくなるため、生理食塩液に溶解する場合は 1mL以上の生理食塩液で速やかに溶解する、もしくは注射用水で溶解するなどの工夫が必要となります。 (2) 薬剤の素材への吸着 ニトログリセリン、硝酸イソソルビド、インスリン、シクロスポリン、ベンゾジアゼピン誘導体は、ポリ塩化ビニル(PVC)製の輸液バッグ・セットへの吸着し、主薬の含量低下を起こすことがあります。 そのため、上記の薬剤を使用するときはPVC製のものを使用しないように注意する必要があります。 また、PVC製の輸液バッグには 可塑剤としてフタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)を使用しています。 可塑剤とは本来硬いPVCを柔らかくする目的で使用される添加剤です。 この可塑剤が接触する溶媒(ポリオキシエチレンヒマシ油やポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60、ポリソルベート80など)によって 溶出してしまうことが知られています。 そのためDEHPを析出させるような溶媒を使用している医薬品の使用は避ける必要があります。 主な医薬品に シクロスポリン、タクロリムス水和物、プロポフォールなどの脂肪乳剤、パクリタキセルがあります。 化学的配合変化 (1)濃度 溶液中での薬剤の分解は濃度依存性となります。 つまり、濃度が高いほど分解能が高くなります。 (2)pH変動 注射剤の配合変化の中で最も多い要因がpH変動によるものになります。 注射剤は主薬を安定化させたり可溶化するために、pHが調整されています。 そのため、他剤と混合することでpHの変動が生じ、 沈殿、混濁、結晶析出、含量・力価の低下を起こすことがあります。 以下に配合変化を起こしやすい酸性注射剤及び塩基性注射剤を示します。 <酸性注射剤> 薬剤名 pH チアミン塩化物塩酸塩注射液 2. 5〜4. 5 アドレナリン注射液 2. 3〜5. 0 注射用エピルビシン塩酸塩 4. 5〜6. 0 注射用ドキソルビシン塩酸塩 5. 0〜6. 0 ドパミン塩酸塩注射液 3. 0〜5. 0 注射用ガベキサートメシル酸塩 4. 0〜5. 5 ドブタミン塩酸塩注射液 2. 7〜3. 3 ノルアドレナリン注射液 2. 3〜5. 0 ブロムヘキシン塩酸塩注射液 2. 2〜3. 2 ミダゾラム注射液 2. 8〜3. 8 <塩基性注射剤> 薬剤名 pH 注射用カンレノ酸カリウム 9. 0〜10. 0 注射用ガンシクロビル 10. 8〜11. 4 炭酸水素ナトリウム注射液 7. 0〜8. 5 フェニトインナトリウム注射液 12 フロセミド注射液 8. 6〜9. 6 注射用メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム 7. 0〜8. 希釈使用する場合には、生理食塩液または注射用水で4倍希釈までにとどめ、結晶が析出しない希釈後1時間以内に投与するようにします。 5%ブドウ糖液に溶解した場合は、4倍希釈でも結晶析出が報告されているため、 通常は溶解液に使用しないことになっています。 ホスフェニトインナトリウム水和物注の開発 フェニトインナトリウム注は原薬が水に難溶性であるため、強アルカリ性(pH約12)で浸透圧比が約29の注射剤として製剤化されています。 浸透圧比が高いと痛みを感じます。 実際に副作用として 疼痛、発赤、腫脹等の炎症や血管外漏出による壊死等が報告されていて、これらが問題になることがあります。 そこで開発されたのが ホスフェニトイン水和物注で、フェニトインのプロドラッグで、生体内で加水分解されてフェニトインとなり薬理作用を発揮するようになっています。 製剤的特徴としては水に溶けやすく、pH8. 5〜9. 1、浸透圧比が約1. 9の溶液で 刺激性がほとんどなく、生理食塩液、5%ブドウ糖液のほか各種輸液等で希釈が可能となっていて、フェニトインの欠点を改善した製剤になっています。 しかし、ホスフェニトイン水和物注の欠点は 薬価が高いことと 冷所保存であることが挙げられます。 ちなみに平成24年度時点での薬価はフェニトイン注はアレビアチン注250mgで132円、ホスフェニトイン水和物注はホストイン静注750mgで6,361円となっています。 (3) 酸化還元反応 フェノール、カテコール骨格は酸化されやすい性質があります。 カテコール骨格をもつ ドパミン塩酸塩は、塩基性溶液中で酸化的分解を受けメラニンを生じ、 茶黒色に着色することが知られています。 そのため、ドパミン塩酸塩は塩基性薬剤との混合を避けなければなりません。 (4) 光分解 光が酸化・還元反応あるいは加水分解を促進させることがあります。 そのため、直射日光が薬剤に当たると薬剤が分解してしまうことがあるために 遮光バッグなどを使って遮光しなければならない場合があります。 光のエネルギーは波長が短いほど、増大するため可視光線(380nm〜780nm)よりも波長の短い紫外線(185nm〜380nm)の方が薬剤の分解を促進します。 つまり、この性質をもつ薬剤は日光により分解しやすいため、 直射日光を当ててはいけないことになります。 入院して 窓側のベッドで輸液等を使用する場合は長時間日光に当たる機会が増えるため、この点には注意しなければなりません。 コロイド粒子はプラスやマイナスの電荷をもっているので、少量の電解質を添加すると電荷が中和されて凝集・沈殿を起こすことがあり、これを 凝析といいます。 注射剤の中にはコロイド溶液で製剤化されているものがあり、 電解質溶液(生理食塩液等)と混合すると沈殿を起こすことがあります。 コロイド製剤には、 高カロリー輸液用微量元素製剤や 注射用アムホテリシンB(ファンギゾンR)、エリスロマイシンラクトビオン酸塩(エリスロシンR)などがあり、沈殿形成を避けるために、5%ブドウ糖液や注射用水等の非電解質製剤を使用します。 その他の配合変化 メイラード反応 メイラード反応は、 カルボニル基(-CO-)と アミノ基(-NH2-)が反応することで起こる着色反応のことを言います。 つまり、 糖とアミノ酸の混合液が褐色変化する反応になります。 この反応は以下に示す3段階に分かれて進行すると考えられています。 これらの一連の反応を抑制する方法として、 ダブルバッグ製剤が使用されることがあります。 ダブルバッグ製剤は、ブドウ糖とアミノ酸を上室と下室の隔壁に分け、使用時に開通・混合して使用するキット製品をいいます。

次の

コロイドヨード療法の解説とご相談|ホロス松戸クリニックへ

コロイドヨード 作り方

たとえ良い病院、良い主治医に巡り会えたとしても、治療がペースに乗るまでは様々な不安・疑問があふれてきがちで、患者ご本人やご家族が必死になって色んな情報を取られることが多いでしょう。 そんな中で、主治医以外にどのような情報源を頼るべきなのか、またどのような情報源は重視すべきでないのかを考えていきたいと思います。 重視すべきでない情報源 まず、多くの方が参考にしがちだけれども、実は重視すべきでない情報源を二つ取り上げます。 一つ目は、 患者ブログです。 いきなりこう書いてしまうと、たくさんの方を敵に回してしまうような気がします......。 それくらい、多くの患者さんがご自身の体験をブログに書きつづっていますし、他の患者さんのブログを見るということは、がん患者の大半の方がされていることだと思います。 闘病中の困りごとに実はこんなことがある、周囲の人のこんな気遣いがありがたい、入院中にこんなグッズが役立った、などのお役立ち系の情報源として患者ブログは極めて優れています。 「わたしだけじゃない」という精神的な支えにもなるというメリットもあるでしょう。 一方で、ブログの中に出てくる治療効果や副作用についての情報は注意が必要です。 二つ理由があります。 一つには、がんの治療は日進月歩で、3〜4年前にされていた治療と今のそれとはガラッと異なるということが起き得るからです。 最近では、患者の免疫に働きかける「免疫チェックポイント阻害剤」による治療が、がんの治療体系を大きく変えつつありますし、現在の新薬の開発状況を考えると、この変化のスピードはますます上がることが想定されます。 また、治療薬だけでなく、制吐剤(吐き気や嘔吐を防ぐお薬)や抗便秘薬(お通じを良くするお薬)など、治療に伴う辛い症状を和らげるお薬もどんどん新しいものが出てきています。 もう一つの理由は、同じ年代・性別の人が全く同じ種類・同じステージのがんで同時期に同じ治療を始めたとしても、効果や副作用の出方は個人単位で大きく変わってくるからです。 あるお薬がAさんに効いたからといって、あなたに効くかどうかわからないですし、その薬でBさんが吐き気の副作用で苦しんだからといって、あなたもそうなるとは限りません。 個別の症例について参考にしすぎることの危険性は、がん研究者である医師、大須賀覚先生のというブログエントリーに詳しく解説されています。 ブログは気軽にアクセスできてついつい引き込まれるものですが、効果や副作用に関する話は、読んでも「こういう話もあるんだな」というくらいのスタンスで受け止めると良いのではないかと思います。 「健康本」には注意が必要 二つめは、 書籍です。 街中で本屋さんに寄ると、「医療・健康コーナー」には様々な本が並んでいます。 中でも、がん関連の本は結構なスペースを占めています。 それだけ需要があるということだと思いますが、問題なのはそのラインアップは「玉石混交」で、「玉」というより「石」、しかも使えないというよりむしろ有害なのではと思われる内容のものが多いことです。 参考までに、ある書店の健康関連の書棚を見てみましょう。 (写真は先日ふらっと立ち寄った書店で私が撮ったものです) パーっと眺めていて、3つの傾向があります。 1つ目は、食事系の話が多いこと。 「がんに勝つレシピ」「ガンが消えていく食事」「がんに勝つジュース」ーー。 食事でがんが消えるのであればこれほど素晴らしいことはありませんが、残念ながら、再発や進行を防ぐことが立証された食品やサプリメントはありません。 2つ目は、科学的エビデンスに乏しい治療の宣伝になっていそうな書籍が散見されること。 『副作用のない抗がん剤誕生』で紹介されている「P-THP療法」。 『末期がん逆転の治療法』の著者のクリニックのサイトに出ている「コロイドヨード療法」や「オゾン療法」。 いずれも、レベルの高い科学的エビデンスはありません。 3つ目は、近藤誠医師の書籍が相変わらず目立つこと。 ベストセラー作家として著名な近藤医師ですが、その言説の根拠は極めて怪しい。 何がどう怪しいのか気になる方は、私が5年前にブログに書いたをご参照ください。 この写真の書籍の著者の中で、私自身がその発言や著作物を見聞きしたことがあり、かつ信頼できると思えたのは、大場大医師、高野利実医師、坪井正博医師、大西秀樹医師、近藤慎太郎医師あたりです。 書籍や週刊誌については、「言論の自由」の観点からなのか、科学的に妥当とはとても言えないような内容のものでも堂々と置いてありますし、宣伝もされます。 今後もしばらくそうした状況が続くでしょう。 少なくとも以下のケースに当てはまるものは、購入は避けた方が賢明だと思います• 「がんが消える」「副作用がない」など妙に魅力的なタイトルが付いている• 「がんになったら手にとるガイド」• がん相談支援センター• 学会(治療ガイドライン)• 患者会 【がんになったら手にとるガイド】 国立がん研究センターの「」のサイトには様々なお役立ち情報が入っています。 この中で、がんと診断された患者さんやご家族にとって、特に役立つと思われる情報が網羅的にまとめられているのが、「」です。 このガイド、多くの患者さんが関わって制作されただけあって、かゆいところに手が届く内容であることに加え、文章が極めて読みやすい。 例えば、「がんと診断されたらまず行うこと」という項目では、担当医に具体的に聞いておくべき質問が並んでいます。 「どのような治療を勧めますか、ほかの治療法はありますか。 その治療を勧める理由を教えてください」 「その治療を選んだときに起こりうる合併症、副作用、後遺症はどのようなものがありますか。 それに対する治療や対処法はありますか」 という具合です。 以前は冊子形式でしか手に入らず、しかもに限定的な部数でしか置いていなかったのですが、今は素晴らしいことに上記のリンク先で全ての内容を無料で読むことができます。 「バイブル」的に使える内容になっていますので、まずはざっと目を通し、その後も何か不安や疑問が湧いてきた時は、一度立ち戻ってチェックしてみる、という使い方をされると良いでしょう。 【がん相談支援センター】 主治医とのコミュニケーションに悩んだり、治療費用について困っていたり、長引く副作用に悩まされていたり、退院後の療養場所をどうしたら良いか考え始めたりーー。 こんなありとあらゆるがん治療にまつわるお悩み事の相談に無料で乗ってくれる場所があることをご存じですか? この無料の相談窓口、「」と呼ばれており、全国のがん診療連携拠点病院には必ず設置されています。 がん相談支援センターの存在は意外に知られていません。 無料で相談に乗ってくれる場所がせっかくあるのに、利用しない手はありません。 がん相談支援センターは「」から探すことができます。 自分がかかっている病院でなくても相談に乗ってもらうことができますので、うまく活用していきましょう。 【学会や治療ガイドライン】 臨床医の学会は、一般の方にとって遠い存在でしょう。 学会の役割として、「学術集会の開催」、「学術論文誌の編集・発行」、「専門医の認定」などがありますが、もう一つ大事な役割として、「治療ガイドラインの策定」があります。 治療ガイドラインは、「ある状態の患者さんにとって科学的にベストと言える治療法は何か。 それはなぜそうだと言えるのか」がまとめられたもので、治療ガイドラインに則った治療が「標準治療」です。 医師向けに作成されている治療ガイドラインを患者さんやご家族が全て理解するのは難しいですが、それでもある程度把握できるに越したことはありません。 各がんの診療ガイドラインは、日本癌治療学会が下記のサイトにまとめています。 患者さんやご家族向けに、非常にわかりやすい形で治療ガイドラインについて情報発信しているのが、日本乳癌学会です。 同様の取り組みが、ぜひ他のがんでも広がっていくことを期待したいと思います。 【患者会】 「患者会」というと、なにか特殊な人たちが集まっていそうで敷居が高いと感じる方もおられるかもしれません。 でも、そもそも患者会とは何をやっているのでしょうか。 患者会活動は大別すると、• アドボカシー:政治や学会への働きかけ。 意見書や各種会議体への出席・発言を通じ、政策や学会の方向性に変化をもたらす• 社会向け発信:市民公開講座やリレー・フォー・ライフなどのイベント開催、広報活動、Web上での情報発信などを通じ、疾患や治療についての啓発を行う• ピアサポート:患者さんやご家族向けの相談を行う という3つの側面があります。 全国に様々ながん種ごとの患者会が存在しますし、がん種横断で地域に根ざした患者会も存在します。 特に長年しっかりとした活動をしている患者会は、そのがん種や地域における病院や医師の評判など様々な情報が集まっていますので、情報収集の際には活用を検討してみましょう。 とはいえ、患者会も十人十色で、中には怪しげな治療法と結びついていたり、ちょっと特殊すぎる「ノリ」で運営されていたりというケースもあります。 2015年に発足した「」という全国規模の患者団体があります。 ここに加盟している患者会はある程度質の高い活動をしている患者会と考えられますので、参考にしてください。 (加盟していない患者会でも良い患者会はありますので、あくまでも、一つの参考情報としてお考えください).

次の

ヨウ素を含む食品|伊藤病院

コロイドヨード 作り方

ヨードの成分は約30分で胃腸から吸収されて甲状腺に集まります。 しかし、甲状腺には約2時間しか滞留しないため、重症患者は2時間おきに服用することが理想的です。 一度に所定量を超えて服用するのではなく、こまめに服用することが理想的です。 服用上の注意• 甲状腺障害、持病、既往症のある方、妊娠中の方の服用は控えてください。 服用後の好転反応として甲状腺に異常を感じる場合があります。 その場合は一時、服用を中断する、濃度を下げる、回数を減らすなどの調整を行ってください。 症状がまったく改善しない場合は、服用を中止してください。 服用後に発熱や下痢、痛みなどの症状が現れる場合があります。 それは症状の好転反応と認められ、通常は一定期間を過ぎると緩和していきます。 それらの症状が続く場合は、一時服用を中断する、濃度を下げる、回数を減らすなどの調整を行ってください。 服用開始後、一時的に血液項目の検査値の上昇が起こる場合があります。 これも好転反応で、その後安定し、数値の下降に転じるのが一般的です。 検査値の上昇で中断せずに服用を継続することをおすすめします。 医薬品で治療中の方は、医師または薬剤師にご相談の上、服用することをおすすめします。 サトウヨードは約2年間の保存が可能ですが、保管は日の当たる場所を避け、冷暗所で保存してください。 また、お子様の手の届かないところで保管してください。

次の