し じん そう の 殺人 映画 dvd。 「屍人荘の殺人」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?

屍人荘の殺人

し じん そう の 殺人 映画 dvd

スポンサーリンク 屍人荘の殺人明智最後の言葉をネタバレ!口パクでなんて言っている? 「屍人荘の殺人」 本年度ベスト、ここに登場。 開始早々トリックみたいな既視感を覚え、安定の作品かな?と思いきや、想像たる急展開を迎えて驚愕。 ジャンルが変わったんだ!! 何だよこの映画!予告から予想できる奴はエスパーか既読勢だろう。 浜辺美波と山田杏奈が可愛い。 犯人はすぐ分かるけど… — 沙羅・来無ー 仮 sararacoco 映画「屍人荘の殺人」で明智最後の言葉は口パクで演出されています。 誰に向けて、いったいなんて言っているのかのネタバレ、気になりますよね。 パンフレットでは 「うまくいかないものだな」と言っていると書かれています。 中村倫也さんがパンフレット内の対談で語っています。 原作ではそのシーンで使用されたセリフではないとのこと。 なぜ原作とは違うシーンで使用し、さらに口パクにしたのにはなにか意図があったのか気になりますね。 中村倫也さんいわく明智の印象的なセリフであったため使用したということです。 原作ではどのように使用されているのか比較したいですね。 スポンサーリンク 屍人荘の殺人明智最後の言葉が気になるみんなの声は? 屍人荘の殺人、みた。 なにこれ!?長野の山奥で〈異変〉に気づいた人々がペンションに集まり…。 シナリオも演出も崩壊する中、浜辺美波の圧倒的画力だけで魅せ続ける2時間。 神木くんとの相性もよい。 これだけでずっと見ていられる。 展開詰め込みすぎて最後はキャラ全員情緒悪安定に。 ラストは事故。 — じゅぺ silverlinings63 映画「屍人荘の殺人」明智最後の言葉、色々な感想がありますよね。 ここではそんな気になるみんなの声を書いていきたいと思います。 屍人荘の殺人見てきたんだけど、ちょいグロちょい怖だった。 Twitterとかでめっちゃ言われてるけど、決してあれは中村倫也の無駄遣いではない。 中村倫也の遣い不足 倫也くんの明智さんもっと見たかった笑。 なぜ、死亡したのではと思われたのか、明智最後の言葉はなんて言っているのか、詳しくネタバレを書いていきたいと思います。 明智は大学のミステリー愛好会に所属している、葉村とともにロックフェス同好会の合宿に参加します。 そのロックフェス同好会に脅迫状が届いたということで、明智は気になり参加しました。 そしてミステリー愛好会の2人は合宿先の紫湛荘に向かいます。 合宿に参加しているみんなとロックフェスに行きますが、参加者たちが急にゾンビ化して人間を襲っていきました。 みんな慌ててペンション紫湛荘に逃げます。 その中、明智はロックフェスで見た静原美冬という女性を助けるために、彼女を先にドアに向かわせます。 葉村が明智を助けるため、手を伸ばしますが、惜しくも間に合わず、 明智自身はゾンビの群れに飲み込まれてしまいました。 ここで、明智は死んでしまったのではないかと想像してしまいます。 そのままストーリーは進み、葉村は明智はまだ生きていると信じていました。 最後、紫湛荘で生き残っていた人たちが屋上から救助隊に助けられるときに、明智が再登場します。 葉村は明智の存在に喜び、明智に近づきますが、明智はゾンビ化していました。 ゾンビ化した明智が葉村に噛みつこうと迫ってきます。 その時、 葉村の後ろから槍が伸びてきて、明智の頭に突き刺さりました。 その槍を持っていたのは浜辺美波さん演じる、剣崎比留子でした。 比留子は明智を刺した後に、明智に「あげない。 彼はわたしのワトソンだ」と呟き映画は終了を迎えました。 刺される時に何かを伝えようとした、明智の口パクはなんだったのでしょうか。 パンフレットに書いてある「うまくいかないものだな」だったのか、色々な考察がありそうですね。 また、葉村と明智の最後の別れは何とも言えないような、せつない終わりだったと思います。 スポンサーリンク 屍人荘の殺人 明智最後の言葉をネタバレ!死亡してゾンビ化するの?まとめ 「屍人荘の殺人」みた!面白かった! 意表を突きつつも、しっかり金田一少年の事件簿的な王道のミステリを展開し、濃いキャラと小ネタでコミカルに攻めてくる。 編集が限りなく神。 神木くん、浜辺さん、中村さんトリオが最高の気楽に観れる良品でした。 — 宮岡太郎 恐怖人形 公開中 監督 hhitch ここまで映画「屍人荘の殺人」明智最後の言葉をネタバレ、死亡するとゾンビ化するのかをまとめてきました。 最後までいてくれると思っていた明智の序盤での死亡。 とてもショックでしたね。 序盤にゾンビに襲われてしまいましたが、最後に再び現れた時、まだ生きていると期待したのは私だけではないと思います! そして最後の口パクシーン、いったいなんて言っていたのでしょうか。 葉村に対する大事な言葉だと信じたいですね。 今までにないようなミステリーの展開が面白いと好評の映画! みなさんも明智の最後の言葉を考察するため、観てみてはいかがでしょうか。

次の

しじんそうの殺人(屍人荘の殺人)の動画配信フルを無料視聴する方法まとめ

し じん そう の 殺人 映画 dvd

スポンサーリンク 屍人荘の殺人明智最後の言葉をネタバレ!口パクでなんて言っている? 「屍人荘の殺人」 本年度ベスト、ここに登場。 開始早々トリックみたいな既視感を覚え、安定の作品かな?と思いきや、想像たる急展開を迎えて驚愕。 ジャンルが変わったんだ!! 何だよこの映画!予告から予想できる奴はエスパーか既読勢だろう。 浜辺美波と山田杏奈が可愛い。 犯人はすぐ分かるけど… — 沙羅・来無ー 仮 sararacoco 映画「屍人荘の殺人」で明智最後の言葉は口パクで演出されています。 誰に向けて、いったいなんて言っているのかのネタバレ、気になりますよね。 パンフレットでは 「うまくいかないものだな」と言っていると書かれています。 中村倫也さんがパンフレット内の対談で語っています。 原作ではそのシーンで使用されたセリフではないとのこと。 なぜ原作とは違うシーンで使用し、さらに口パクにしたのにはなにか意図があったのか気になりますね。 中村倫也さんいわく明智の印象的なセリフであったため使用したということです。 原作ではどのように使用されているのか比較したいですね。 スポンサーリンク 屍人荘の殺人明智最後の言葉が気になるみんなの声は? 屍人荘の殺人、みた。 なにこれ!?長野の山奥で〈異変〉に気づいた人々がペンションに集まり…。 シナリオも演出も崩壊する中、浜辺美波の圧倒的画力だけで魅せ続ける2時間。 神木くんとの相性もよい。 これだけでずっと見ていられる。 展開詰め込みすぎて最後はキャラ全員情緒悪安定に。 ラストは事故。 — じゅぺ silverlinings63 映画「屍人荘の殺人」明智最後の言葉、色々な感想がありますよね。 ここではそんな気になるみんなの声を書いていきたいと思います。 屍人荘の殺人見てきたんだけど、ちょいグロちょい怖だった。 Twitterとかでめっちゃ言われてるけど、決してあれは中村倫也の無駄遣いではない。 中村倫也の遣い不足 倫也くんの明智さんもっと見たかった笑。 なぜ、死亡したのではと思われたのか、明智最後の言葉はなんて言っているのか、詳しくネタバレを書いていきたいと思います。 明智は大学のミステリー愛好会に所属している、葉村とともにロックフェス同好会の合宿に参加します。 そのロックフェス同好会に脅迫状が届いたということで、明智は気になり参加しました。 そしてミステリー愛好会の2人は合宿先の紫湛荘に向かいます。 合宿に参加しているみんなとロックフェスに行きますが、参加者たちが急にゾンビ化して人間を襲っていきました。 みんな慌ててペンション紫湛荘に逃げます。 その中、明智はロックフェスで見た静原美冬という女性を助けるために、彼女を先にドアに向かわせます。 葉村が明智を助けるため、手を伸ばしますが、惜しくも間に合わず、 明智自身はゾンビの群れに飲み込まれてしまいました。 ここで、明智は死んでしまったのではないかと想像してしまいます。 そのままストーリーは進み、葉村は明智はまだ生きていると信じていました。 最後、紫湛荘で生き残っていた人たちが屋上から救助隊に助けられるときに、明智が再登場します。 葉村は明智の存在に喜び、明智に近づきますが、明智はゾンビ化していました。 ゾンビ化した明智が葉村に噛みつこうと迫ってきます。 その時、 葉村の後ろから槍が伸びてきて、明智の頭に突き刺さりました。 その槍を持っていたのは浜辺美波さん演じる、剣崎比留子でした。 比留子は明智を刺した後に、明智に「あげない。 彼はわたしのワトソンだ」と呟き映画は終了を迎えました。 刺される時に何かを伝えようとした、明智の口パクはなんだったのでしょうか。 パンフレットに書いてある「うまくいかないものだな」だったのか、色々な考察がありそうですね。 また、葉村と明智の最後の別れは何とも言えないような、せつない終わりだったと思います。 スポンサーリンク 屍人荘の殺人 明智最後の言葉をネタバレ!死亡してゾンビ化するの?まとめ 「屍人荘の殺人」みた!面白かった! 意表を突きつつも、しっかり金田一少年の事件簿的な王道のミステリを展開し、濃いキャラと小ネタでコミカルに攻めてくる。 編集が限りなく神。 神木くん、浜辺さん、中村さんトリオが最高の気楽に観れる良品でした。 — 宮岡太郎 恐怖人形 公開中 監督 hhitch ここまで映画「屍人荘の殺人」明智最後の言葉をネタバレ、死亡するとゾンビ化するのかをまとめてきました。 最後までいてくれると思っていた明智の序盤での死亡。 とてもショックでしたね。 序盤にゾンビに襲われてしまいましたが、最後に再び現れた時、まだ生きていると期待したのは私だけではないと思います! そして最後の口パクシーン、いったいなんて言っていたのでしょうか。 葉村に対する大事な言葉だと信じたいですね。 今までにないようなミステリーの展開が面白いと好評の映画! みなさんも明智の最後の言葉を考察するため、観てみてはいかがでしょうか。

次の

しじんそうの殺人(屍人荘の殺人)の動画配信フルを無料視聴する方法まとめ

し じん そう の 殺人 映画 dvd

iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円 税込 上記の表から、 映画『屍人荘の殺人』の動画を配信しているサービス会社は何社かありますので、もしいますでに加入しているサービスがありましたら、まずはそこで 配信の有無を確認してみてくださいね! ですが、いまから新たに加入を考えている方は、逆に選択肢があると 「果たしてどの動画配信サービスが一番お得で使い勝手がいいのか?」と悩まれるかと思います。 しかし葉村はミステリー小説オタクなのに全く推理が当たらない万年助手。 事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込む会長の明智に振り回される日々を送っていた。 そんなある日、2人の前に剣崎比留子という謎の美人女子大生探偵が現れ、ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかける。 部員宛てに謎の脅迫状が届いたこと、去年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいることを伝え、葉村と明智の興味をひく。 3人が向かった先は山奥に佇むペンション【紫湛荘】。 そこに次々と現れるクセモノだらけの宿泊者。 しかし葉村たちは想像を絶する異常事態に巻き込まれ、立て篭りを余儀なくされる。 一夜が明け、ひとりの惨殺死体が発見される。 それは死因もトリックも全てが前代未聞の連続殺人の幕開けだった。 神紅大学の経済学部1回生。 ミステリー小説を何よりも愛する大学生で、大学に入ってからはミステリ研究会に入部するつもりだったが、ミステリ研究会の部員たちとの「ミステリ愛」が合わずに迷っていた。 しかし、真のミステリ好きである明智に誘われ、学校非公認のミステリ愛好会に入会する事になる。 ところが入会したのはいいものの、会のメンバーは明智だけ。 明智と学内の事件に首を突っ込んでいるうちに、本物の殺人事件に巻き込まれてしまうことに・・・!明智の推理には歯が立たず、推理下手な万年助手(ワトソン)というポジション。 ミステリ愛好会の会長を務めており、常にミステリを探して事件を解決したがっている。 見た目はリムレス眼鏡をかけており、少し変わり者の風貌。 会長を務める明智は会員を増やそうと、あらゆるサークルにミステリ愛好会の名刺を配り歩き、実際に学内で起こった事件をいくつか解決している。 さらに学内だけでは飽き足らず、探偵事務所や警察にまで顔を出し事件に首をつっこもうとする。 今最も旬で注目されている俳優の一人。 表の顔は横浜の名家の令嬢で美人女子学生で、服装もお嬢様コーデ。 肩より少し長い黒髪で、学校でも美少女と認知される程。 裏の顔は警察に協力する程の腕前を持つ、私立探偵少女。 明智が映画研究部の合宿に参加したがっているのを聞きつけ、葉村と明智の前に突然現れ、交換条件に二人と共に、湖畔のペンション紫湛荘 しじんそう に行く。 お笑いナタリーさん ありがとうございます! 時間かかったんす。 その名の通りの両目が大きく飛び出たように見える印象的なルックス。 音楽フェスである騒動に遭ったため紫湛荘へ逃げ込んだ人物。 ・え、塚地が出目なの?菅野っぽいと思ってたのに、出目は柄本だと思ってたわ。 しかも出目と高木の年齢全然違うじゃん ・出目と高木の設定変更はよくわからない。 マイナスになってもいないが、プラスにもなってないような。 時間省略のテクニックか? ・出目さんと高木さんの加わり方がちょっと微妙かなって感じだけど、殺し方とか落ち方とか小説のまんまでした…! 《塚地武雅》 1971年11月25日生まれ、大阪府出身。 ドランクドラゴンのコンビでボケを担当しています。 芸人として人気な塚地さんですが、「憑依芸人」と呼ばれるだけに、コミカルな人柄とルックスから芸人の枠を越えて俳優としても演技を評価されています! 映画『屍人荘の殺人 しじんそうの殺人 』相関図 より 映画『屍人荘の殺人』スタッフ 原作:今村昌弘『屍人荘の殺人』 (東京創元社刊) 監督:木村ひさし 脚本:蒔田光治 音楽:Tangerine House 映画『屍人荘の殺人 しじんそうの殺人 』原作との違いは? 今村昌弘さんによる2017年に発行されたミステリ小説が原作です。 今村昌弘さんの デビュー作として貴重な作品ですが、実はこちら、デビュー作でありながら 「第27回鮎川哲也賞」を受賞している作品。 映画化が決定した事でファンからは、小説の世界観を壊さないで映画化してほしいなどの声も確かに上がり、映画化する事で嬉しく思ったファンもいると同時に、ハードルも高くなったとも言えるでしょう。 出演者は 原作ファン納得のキャスティングだとTwitterなどの声を見ても言えると思います。 特に 主要キャストが「そのまま」や「イメージ通り」などという声が多かったです!その一方で原作小説と、映画の違いなどをピックアップしてみようと思います。 違い1 登場人物の違い まず重要な登場人物の違いが明らかです。 原作小説では大学生だった設定の、出目飛雄と高木凛、そして静原美冬が年齢不大学の学生ではありません。 主要キャラ3人と集まる人間はほぼ学生だった原作ストーリですが、本作では さまざまな年代が参加する「ロックフェス研究会」という名で合宿を開催しています。 映画では時間が限られるためあらゆる部分でのカットは避けられないのですが、今回では推理やミステリー色の多さ、少なさの量がやはり大分違うように思います。 が、映画ではその一連の流れがカットされ、また、Twitterやネットで注目されていた「あの要素」を推理オタクが詳しく説明していたり、と カット&アレンジが多かった印象です。 なんと言っても本作は「ミステリ作品」。 原作では屋上でゾンビ化した明智と葉村が向き合い、剣崎が槍の一撃で仕留めます。 映画では、全ての事件が解決し、ゾンビも全て駆除された後に、ゾンビ化した明智が一人現れ、映画でも同じく剣崎が仕留めます。 映画では明智が一人残るというシーンなので、何か意味深と印象付けされたシーンとも言えるかもしれません。 上記に挙げた原作と映画の違いはあるものの、全体の ストーリーの運び方や、流れ、トリックなどは大きく変わりありません。 原作を忠実に再現していると言えます。 とかだいぶ違ってびっくり!映画は別物として見ればいいのかな。 9 -刑事専門弁護士-』などを手掛けた木村ひさし監督が手掛けるという事を聞いて、少し安心して視聴に臨めました。 (当方はTRICK大好き芸人) 映画は2019年12月13日に公開されました。 上記の「原作情報」でも記しましたが、やはり多々推理部分を省かれてしまったのは仕方ないかな、と。 ですが、コメディチックな要素も取り入れながらテンポよく物語は進んでいきます。 登場人物やそれぞれの関係性などもやや異なる部分もあります。 2時間の限られた時間の中で世界観を変えずに描く事から、多少なりとも省かなければならない部分も出てくるのは無理ないでしょう。 物語は、神紅大学から始まります。 主人公・葉村譲はミステリー小説好きの大学生で、ある時 明智恭介と名乗る年齢不詳の男から 「ミステリー愛好会」に入会するように誘われます。 同じミステリー好きの人間に出会ったと葉村は嬉しく思っていたが、メンバーは明智と自分の二人だけ。 一方で葉村は、今まで出会った来た自称:ミステリー好きな人物の中では、ミステリー愛が飛びぬけて一番の明智の人間性に惹かれ、次第に二人で学校内の事件を推理するようになっていき、自称 【ホームズ】と【ワトソン】の関係にまでなっていきます。 しかし葉村の推理力は、オタクのクセに空振りな様子で、明智の万年助手と言われていました。 そんなある日、2人の前に剣崎比留子という 謎のお嬢様探偵が現れ 「ロックフェス研究会」の合宿への参加を持ちかけてくるのです。 何でもその研究会には 「今年の生贄は誰だ」などといった 脅迫文が届いていたのです。 「何故同行するのか」という問いをしない事を条件に、いざ3人で合宿に向かう事になります。 辿り着いたのは山奥にあるペンション【紫湛荘】。 そこに続々と合宿参加者が集まるのですが、どの参加者もくせ者揃い。 そもそもこの「ロックフェス研究会」はペンションの持ち主である七宮と立浪が、 女子参加者をナンパするために開催したものだったのです。 「生贄」の謎を解決していこうとするものの、昨年の参加者に 行方知れずになった女子大生がいることを知ったホームズ。 事件の匂いがすると勘繰りますが、そんな中ロックフェスの参加者が次々と ゾンビ化し、フェス参加者を襲撃するような異常事態に!そこへペンションに 逃げ込んでくる人間も交え、 立て篭りを余儀なくされ事になるのですが・・・?! 原作小説も映画のどちらも見た、視聴者の方が挙げていた意見としては、 「原作と映画全く別物として見た方がしっくりくる」 という事です。 ストーリー構成や主要人物のキャラクター性、トリックなどは 大きく変わらないものの、 推理要素が原作よりも少なく、 ゾンビが多く登場する事や、クライマックスで見せる 明智の最後などは 全く異なり、なにか含められた意味があるんではないかなどと考察する方も少なくありません。 さまざまな意見がある中で、「原作小説」と「映画」は別物と考えて見た方がしっくり来るし、「小説」も「映画」もどちらも違って どちらも良いなどの意見には私も賛同します。 原作がある映画は、原作と全く同じように作るのは不可能と言っていいと思います。 原作の魅力的な世界観を残しつつ、時間内で収めるようにシナリオをいじるというのは凄い事ですよね! あと、視聴者の方の感想では、中村さん目当てに見たのに、思っていたよりも 登場するシーンが少なく残念…という声もちらほら。 また予告ではミステリー要素を推していましたが、原作情報など何も知識として入れてこなかった初見の方は、 まさかゾンビが出てくるとは!という声も多かったように見受けられます。 神木さん演じる葉村と、浜田さん演じる剣崎の二人の コメディチックな掛け合いはもっと見ていたかったという感想も多かったです! また「ゾンビ」や「殺人」と聞いて怖そうという印象をお持ちの方、ご安心下さい(笑)。 可愛かったです。 浜辺美波さんが、とても可愛かったと思いました。 ファッションも髪型も可愛かったです。 コメディのセンスがあると感じました。 透明感がすごかったです。 葉村と同じ大学に通っていて、私立探偵として活躍している剣崎比留子を、熱演していてとても良かったと思いました。 中村倫也さんが、ミステリー愛好会の会長の明智恭介を、熱演していてとても良かったと思いました。 名探偵の比留子と終始ポンコツな推理ばかり繰り広げる葉村の、でこぼこコンビがコミカルに謎解きに挑みながらも、本格的なミステリーを鮮やかに解決していく過程が、痛快でした。 仕掛けと殺人ミステリーが、うまい具合に融合していて、とても新鮮に感じました。 ドキドキハラハラが続いて、とても面白かったです。 前半は、コメディタッチなのですが後半は、相反してシリアスな展開になっていくので、引き込まれてしまいました。 ストーリーの作り込みが、とてもいいと思いました。 神木隆之介さんと浜辺美波さん2人のコンビが絶妙で、会話がとても微笑ましかったと思いました。 ストレートな推理ものではなく、コミカルさもホラー要素も入っていて、楽しめる新しいタイプのミステリー映画だと思いました。 大学の研究会の合宿先で、美人女子大生探偵の剣崎比留子(浜辺美波)が、学生探偵を自称する明智恭介(中村倫也)とその助手葉村譲(神木隆之介)を巻き込んで、死因もトリックも不明の連続殺人が始まります。 葉村譲は、独特の思考と行動をする明智恭介に振り回されながらも、信頼と尊敬の念をもって、助手として頑張る姿がけなげで、じれったくも応援したくなります。 ペンション内で起こる連続殺人について、剣崎比留子の助手かというように、ミステリーオタクとして、密室トリックを見破ったり、現場検証を手伝ったりします。 盾と矛をもって勇者のごとく、仲間を護っているのは頼もしいです。 明智恭介と剣崎比留子というキャラクターの濃い二人と比べ、平凡そうだけどもしっかり存在感がありました。 葉村譲役の神木隆之介の演技力が発揮されていました。 剣崎比留子は食堂や喫茶店での食事をする場面では、大食い女子かというような豪快な食べっぷりと、口元のかわいらしさを見せてくれます。 ペンションへ向かうバスの中、食事後の居間のソファ、ベッドの中、などで、変顔がとても愛くるしいです。 また、独特の話し方、推理を披露する際に取る大げさなポーズも、意味不明ですけど、剣崎比留子のルーチンとして楽しみです。 槍を構えて、話を進める姿は導師として振る舞っているのも様になっていました。 剣崎比留子役の浜辺美波のエンターテイナーセンスが良かったです。 いろんな伏線が綿密に仕込まれています。 最後の葉村譲を巡る剣崎比留子と明智恭介とのシーンは意味深です。 ぜひ、隅々まで堪能していただきたい映画だと思います。 屍人荘という名前からも本格ミステリーを想像していたものの、まったく予想外の展開でした。 もちろんミステリー要素は十分ながら、館シリーズにありがちの雪とか台風で閉じ込められるわけでも無く、彼らをその場から動けなくしたのは屍人です。 本来なら密室となった館内に死体がとなりそうなものの、この映画では館の外にうようよと湧いて出るのです。 それにしても屍人イコールゾンビはちょっと違う気が、もう少し乾いたイメージだったのでドロドロ系は受け入れがたかったです。 予想外と言えば、早々の明智恭介氏の離脱もあります。 明智という名前が輝かしい探偵さんですから彼が主役のストーリーと思ったらあっさりとゾンビに噛まれてしまいます。 最初から驚きの連続、どんなふうにストーリーが進んでいくか興味深く観ることが出来ました。 もちろん館の中でも殺人事件は起こります。 それも3つも、犯人はゾンビなのか人間なのかといった点はともかく普通のミステリー小説としての要素もあるので安心です。 ただ被害者が皆部活のOB達ですから、過去に原因があるのではと予想がついてしまうところはちょっと残念でした。 この映画の見どころは、原作との違いです。 原作は、こてこての推理小説ですが、映画はコミカルなテイストが入っている所です。 ストーリーは、いろいろな賞を取った原作なので、しっかりとした推理映画になっているので、推理小説好きにはおすすめです。 原作と映画で、雰囲気が違っているので、原作を読んだ読者でも新たな気分で映画を見れます。 原作は長編ですが、上映時間の2時間に上手に纏められていますので、見やすい映画になっています。 監督が木村ひさしで、ストーリーの構成に長けているので、その手腕が発揮された映画になっています。 ストーリーも良いですが、出演する俳優が一番のおすすめです。 主演の神木隆之介、ヒロインの浜辺美波、重要な役どころの中村倫也という豪華な俳優陣です。 また脇を固める俳優も個性派ぞろいで塚地武雅、池田鉄洋、柄本時生が出演されており、クセのある演技は目が離せません。 神木隆之介、浜辺美波、中村倫也の3人は、演技がうまくシリアスとコミカルの両方を上手に使い分けていて、映画にメリハリが出ています。 とくに浜辺美波は、目が行きます。 それは顔立ちが可愛いというのもありますが、演技がコミカルなストーリーとマッチしています。 登場人物の中では警察に捜査協力する女子大生探偵の剣崎比留子のキャラクターにハマってしまいました。 名探偵でありながらゴスロリ調のファッションとのギャップが面白く、コミカルな性格もよかったです。 中でも気に入りは映画のCMでも利用されていますが、両手で頭をグリグリとしながら変顔する姿が可愛くてたまりませんでした。 さらにそんな魅力的なキャラクターを演じた浜辺美波の演技もよく、これまで様々な映画やドラマでのコミカルな役に定評がある彼女が演じていたので、より面白さを感じました。 また、透明感ある彼女のルックスとゴスロリ調がめっちゃ似合っていたのもよかったです。 そして、ストーリーに関しては原作とは少し設定が異なっていましたが、ミステリーやホラー要素は原作よりも強調されている感じがし、さらによりコミカルな演出がなされていたので、原作ファンも楽しめる映画になっていました。 ミステリーらしい二転三転する展開からアッと驚く終盤に展開する映像演出も映画ならではの臨場感を感じることができて楽しめました。 特にシリアスなシーンにもかかわらず、思わず笑ってしまうような演出が多かったから見終わった後はおなか一杯になってしまいました。

次の