ベルトーチカ チルドレン 漫画。 ガンダム ベルトーチカチルドレン(漫画)について教えて下さい。ストーリーは...

ベルトーチカ・イルマ

ベルトーチカ チルドレン 漫画

地球連邦軍(ロンド・ベル) [ ] 以下の人物は各項目を参照。 ケーラ・スゥ [ ] Kayra Su 声 - MSパイロット、階級はで部隊隊長。 アムロ指揮下の隊で先鋒をつとめていた。 戦闘での勇敢さと優しさを持ち合わせた女性で、チーフメカニックであるアストナージと恋人同士であった。 ジェガンに搭乗していたが、アムロがに搭乗してからは、を譲り受けた。 戦闘中にギュネイのらの攻撃を受け、機体から放り出された状態でヤクト・ドーガの手に捕まり人質となってしまう。 その行動に激昂したギュネイによって、ケーラはそのまま握りつぶされ非業の死をとげる。 出撃前にアストナージと交わしていた「サラダを一緒に食べる」約束も果たせずじまいとなった。 開発のサポートのためにの工場へと出向する。 次第にアムロとは惹かれ合い恋人関係になっていき、公私にわたってサポートする。 (チェーンがアムロに憧れていたこともあり)クェスにとっては嫌な女に映っていたようで、彼女がネオ・ジオンへと走る一因となる。 の試料(T字型の金属塊として描かれている)の力もあり、の砲座の機銃でレズンのを撃墜する戦果を上げる。 終盤では、現場にMSの数が足りないとの声を聞き、サイコフレームの数が多い方がアムロに有利であるとの理由から、戦場の真っ只中にいるであろうアムロの元へサイコフレームの試料を届けるため、メイン・エンジンの一つだけを修理した半壊したままのリ・ガズィに搭乗し、アストナージの制止も聞かず無理矢理戦場に出撃する。 その時にチェーンを静止しようとしたアストナージは機体から弾き出され出撃カタパルトに敵の攻撃が直撃して戦死した。 戦場では、がクェスを説得している最中にタイミング悪く出くわしてしまい、危うくジェガンに乗るハサウェイを撃墜しそうになりながらもクェスのを撃墜することに成功した。 だが、説得の中断を余儀なくされ、クェスを殺された事に激昂したハサウェイは、ジェガンのを乱射、リ・ガズィのコックピットにライフルが直撃しチェーンは戦死した。 この際に宇宙を漂流することになったサイコフレームの試料はチェーンの固い意思を引き継ぎ、戦場に集う人々の意識が繋ぎ合わされ、ついには地球に落下しつつ有るを引き戻すほどの力を発揮した。 脚本の第一稿ではアムロの恋人役は『』と同様で継続する予定だったが、スポンサーである『ガンダム映画化委員会』の意見によりがこの案をボツにした為 、新しく恋人役としてチェーンが登場することになった。 初期稿を元にした小説『ベルトーチカ・チルドレン』ではチェーンは登場しない。 アニメージュに連載された『ハイ・ストリーマー』に加筆した小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』ではアムロとの出会いも描かれている。 しかし、彼女の献身的な性格にアムロは魅かれていった。 本来なら聞いてはいけないのだが、の増幅したデータを解析する際にアムロの記憶のなかにいるの存在に気付き、嫉妬心から恋人か?と訊ねるが、アムロはそれを否定しチェーンへの愛情は変わる事はなく部屋の電気を消して二人はキスした。 『機動戦士ガンダムUC 虹に乗れなかった男』では、ハサウェイはシャアの反乱後一ヶ月経った後も口を聞ける状態ではない、ラー・カイラムクルーが意図的にハサウェイの戦闘記録を抹消した、ハサウェイの搭乗したジェガンは元々電装系が故障しておりフライト・レコーダーも作動していなかったなど複数の要因が重なり、ブライトを査問委員会に招集した連邦上層部でさえ実態を掴んでおらず、チェーンとクェスの死の真相は明らかになっていない。 トゥース [ ] 声 - ラー・カイラムの操艦士。 メラン [ ] 声 - ラー・カイラムの副艦長。 ハサウェイの遺書を受け取った。 小説およびOVA『』にも登場しており、ラー・カイラムの副艦長を続けている様子が描かれている。 ネオ・ジオン [ ] 以下の人物は各項目を参照。 カイザス・M・バイヤー [ ] 声 - 文官。 シャアの政治・外交面の参謀役。 ギュネイの強化の程度を懸念している。 漫画『』では、ジオン独立同盟の党首として登場。 旧知の間柄であるを通じ、シャア・アズナブルに対しの遺志を継いで決起するように働きかける。 戦艦に乗り組んでいるのパイロット。 の本拠地であるロンデニオンではシャアの護衛を務め、MSマニアを装いでシャアの送迎も行った。 切れ者のエリートだがな一面もあり 、多感な性格。 従来の強化人間と異なり落ち着いた振る舞いを見せ 、頭痛などに苦しめられる様子もないが 、その一方で度重なる強化、調整の結果として、「自分が死ぬことはないマシーンである」という自信過剰で自分の生死に無頓着な一面も現れており 、劇中ではフィフス・ルナ戦後カイザスに過度な強化に対する懸念をされている。 ナナイによれば、強化処置はあくまでも心理的な擦り込み操作を第一、薬物による神経反射作用の促進は第二であるという。 クェスに当初は迷惑していた素振りを見せていたが、初心者とは思えないヤクト・ドーガの試験飛行の習熟度、ファンネルを上手く使うこと等を目にし、としての彼女に惹かれ 、密かな恋心を抱くようになっていく。 ギュネイ自身は、周囲から強化人間ではなくニュータイプとして認められたいという願望を抱いており 、クェスとの出会いによって本物のニュータイプに対する羨望や嫉妬を芽生えさせることになっていく。 出身は人口1万5千の島一号タイプの出身。 の際のコロニー潰しによりサイド4の両親を失いそれっきり外宇宙 アウト・オービト 暮らしだった。 そんな過去の影響から、シャアが道を誤った際には自分がそれを止める立場になろうとクェスの前では見栄を張っていた。 しかしクェスはシャアに夢中で 、ギュネイのアプローチに全く応えなかった。 シャアがクェスの才能を利用しようとしていることに対しては不快感を示しており 、自分がアムロを倒すことによってシャアを超える男になり、クェスの心を自分のものにしたいという野心に突き動かされるようになっていった。 戦闘ではクェスと一緒に出撃する際は常に実戦に不慣れなクェスを援護して戦っていた。 アクシズを狙った核ミサイルによる攻撃には、熱量の一番高いミサイルを狙うようファンネルに命令することで全て撃ち落としシャアに「あれが強化人間の仕事だ」と言わせるほどの活躍を見せた。 アムロは素直に要求に従い武装放棄を行ったものの、その行動はギュネイを激昂させる。 ギュネイはなまじ勘が良く、目がいい分余計な物に意識を走らせてしまうという特徴があり 、フィフス・ルナではアムロがパージしたリ・ガズィのBWSに一瞬気を取られている。 また、小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカチルドレン』の方ではこの特徴が顕著であり、一秒近く射撃できるようにして放されたリ・ガズィのビーム・ライフルに一瞬目を奪われた隙をつかれの直撃を受ける所だった シャアのが救援に来たため難は逃れた。 その最期は、映画の主要登場人物らしからぬあっさりとした形で描写された。 初期設定では「 グラーブ・ガス」という名前が設定されており 、映画の第一稿がモチーフの小説『ベルトーチカ・チルドレン』ではこの名前で登場する。 同作での乗機は。 こちらでの最期はベルトーチカの乗ったリ・ガズィと戦い、視覚のなかでベルトーチカのお腹の中の胎児のイメージが収縮していくイメージを感じ取りながら、バズーカ・ランチャー(カセット文庫版ではミサイル)の最後の一発によりグラーブの生の存在は消滅した。 著の漫画『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』では原作小説同様「温かいな」と呟きながら安らかな死に顔で消滅した。 装甲が前部分から溶けていき、ギュネイ機のメイン・エンジンは爆発、ギュネイは戦死した。 髪型を左右で長さの異なるにしている。 の娘で民間人 だが、 の資質を持ち、作中では敵味方の陣営を転々とする。 感受性が強く 、他人の心情を敏感に読み取ったり 、相手が自分に対してこの先どのように関わってくるかを予見することができるという鋭い直感力を持つ一方 、そうした振る舞いが彼女を情緒不安定で奇異な存在に見せている。 感情の起伏が激しく 、浅薄で 、周囲の状況を考えることができずに自分勝手な行動をとってしまったり 、思ったことを包み隠さずに口にしてしまったり するような短所を持つ。 作中では複雑な人間関係を演じ 、ハサウェイ、ギュネイの2人から異性としての好意を寄せられるものの、その内面は愛のない家庭で育ったことによって傷つき 、父親の愛情に飢えており 、アムロやシャアに父親的なものを求め 、またチェーンやナナイには激しい嫉妬を向ける。 地球生まれの地球育ちだが、誰もがニュータイプになれれば人は分かり合えるという考えを持ち 、かつて不和を抱える家からをして のクリスティーナという女性のもとでニュータイプになるための修行をしていた経験を持つ。 の始まった頃に父の依頼を受けたによって修行から連れ戻され、父と共に の宇宙港から宇宙へと上がり、相席したハサウェイと知り合うが、この際に自分たちの搭乗するシャトルが落下中のとニアミスすることを予知している。 宇宙ではロンド・ベルに身を寄せ、ニュータイプであるアムロやモビルスーツの操縦について興味を持つようになるが、次第に自分が周囲から冷遇されていると感じるようになり、チェーンとアムロの関係を察した際には彼女と衝突し、自分はアムロの傍にはいられないと感じるようになる。 その後のコロニー・ロンデニオンでシャアと出会い、アムロとシャアが格闘するのを目撃したクェスは、シャアの味方をして彼を助け、彼の誘いに応じてネオ・ジオン側へと身を寄せる。 クェスはシャアが掲げる思想や自分と同じような孤独感に共感し 、同時に彼に対する独占欲を抱くが 、しかしシャア自身はクェスのことを持て余し、優しく振る舞いつつも彼女を戦争の道具として扱うだけであった。 このことはクェスに恋心を寄せるギュネイの反発を招くが 、クェス自身は、自分がシャアからそのように扱われていることには気がつかなかった。 ニュータイプ研究所で心理的な刷り込み や訓練を受け、を使いこなすなど非凡な才能を見せ、やの性能を発揮していく。 一方で初陣となるルナツーでは、自らが攻撃した巡洋艦のブリッジに父アデナウアーがいたことに気付かないまま父親を手にかけることになり 、それを期に感情のバランスを失っていく。 地球がなくなれば人は誰もがニュータイプとなって分かり合えるというシャアの思想を信じ 、地球連邦軍を相手に戦い続ける。 クェスが死の間際にとった行動は、チェーンからの攻撃にハサウェイを巻き込むまいと遠ざけ、彼を助けようとするものであった。 クェスの最期を挟んだ一連の場面は、大義ではなく個人レベルの行き違いが悲劇の連鎖となっていく展開となっており、映画における見せ場のひとつとして構成されている。 また、クェスが求め続けていた父親を得られなかったことは、映画の終盤におけるアムロとシャアの最期の会話でも触れられることになる。 初期設定では「 クェス・エア Quess Air 」という名前で 、本編劇中にもネオ・ジオンにおいて彼女が地球連邦政府高官の娘であることを隠すためにこの名を偽名として用いる場面がある。 本来の姓である「パラヤ」は、彼女が修行を積んだインドのにおける、パライヤールからとられているとのこと。 不可触民とはカーストの階層外の者を示す。 映画でクェス役を演じた川村は、その性格がネガティブに受け取られないよう注意して演じたが 、そのエキセントリックな人物像はファンの間で否定的な評価も寄せられたといわれ 、賛否が分かれた。 キャラクターデザインを担当したは、クェスが作中で最も手間がかかったキャラクターであるとしており、監督の富野が思い描くイメージを把握するまで何度も手直しを重ねたという。 一方で後年製作されたOVA『 5』では映画や小説とも異なる展開が描かれ、小説とは逆にクェスがハサウェイの乗機を撃墜してしまうものの、アムロによって諭され、辛うじて生存していたハサウェイを救出するという結末が描かれている。 ナナイ・ミゲル [ ] Nanai Miguel 声 - ネオ・ジオンの戦術士官 で大尉。 ニュータイプ研究所の長も務める。 シャアと個人的にも親しく、思いを寄せている。 軍事では参謀として、私的な場では恋人として、彼を公私にわたってサポートする。 軍人としては部下に厳格な面を見せる。 シャアが連れてきたクェス・パラヤをシャアから任され彼女を強化するが、彼女に対して多少の嫉妬 も抱いており、何かとクェスをかまうシャアに苛立ちを見せることもあった。 本人はパイロットとして戦場には出ないものの、彼女自身もニュータイプらしき素質があるところが垣間見える場面があり、戦場でを駆るシャアの行動や感情を強く感知し、把握していた。 戦局の終盤では、シャアが死に急ごうとしているように感じたのか、不安の入り混じった思念を送るが、アムロとの決着に没入するシャアに「男同士の間に入るな」と一蹴されてしまう。 そして、地球に落下するアクシズを包むサイコフレームの光の渦の中にあるシャアが大気圏の摩擦熱で消滅したと思われた瞬間、シャアの命が尽きたと感じたのか号泣する。 総監督の曰く、「シャアが抱きついても恥ずかしくない女」というイメージを創るのに苦労したそうである。 『』に登場する主人公の母親との血縁関係を取り沙汰され、ウッソがシャアの末裔ではないかという指摘もあったが、後に富野監督から否定されている。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』では、「 メスタ・メスア」という名前で登場し、カセットブック版の声優もナナイと同じく榊原良子である。 彼女の父親はジオンとの繋がりを疑われ、過酷な仕事に追いやられてそのまま死んでしまったという過去を持つ。 ナナイの過去を描いた作品もいくつか存在している。 漫画『』では、兄ジョルジョ・ミゲルと共にジオン独立同盟の活動員として登場(当時ジュニアハイスクール2年生)。 の研究を引継いだサイド3仮施設にて研究員として携わり、ナナイ自身も過去にニュータイプ訓練を受けている。 0084年以降は連邦軍のニュータイプ施設の優良研修生となった。 と共にへ投降している。 漫画『』では、後は民間のサイコミュ研究所を装いニュータイプ研究を続けており、その成果としてを開発し試作品を完成させていた。 その後サイコフレーム技術を求めるシャアと再会し、ネオ・ジオンに所属した。 映画の後の消息は不明だが、漫画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア BEYOND THE TIME』では、スウィートウォーターで隠棲している。 書籍『』では、宇宙世紀0095年にナナイの遺品を引き取りにきた母と思われる老女が登場している。 ホルスト・ハーネス [ ] 声 - 文官。 カイザスと共に政治・外交面の参謀役。 生粋のジオニストで 、ジオンの再興を願っている。 連邦政府と買収の折衝を行った。 OVA『』では、アクシズの高官として登場し、漫画『』では信奉派として描かれた。 これらは本来「アクシズの高官B」というキャラクターであったが、現在の解説本では ホルスト本人として扱われている。 漫画『』では映画の以前の年代の話で、ネオ・ジオンの文官として登場。 一年戦争時点からジオン軍の軍政を担当していたとされる。 元ジオン軍のエースパイロットらからは「性質の悪い軍閥官僚オヤジ」と評されている。 階級は中佐。 レズン・シュナイダー [ ] Rezin Schnyder 声 - 新生ネオ・ジオンのモビルスーツ隊長で階級は。 男勝りの女性で 、青いカスタムカラーのギラ・ドーガを駆り、戦場に入れば好き勝手にやっていた。 寄り合い的な部隊をまとめ上げるカリスマ的なエースパイロットであり 、劇中ではケーラのジェガンを圧倒するなどの活躍も見せているが、一方で自分がニュータイプではないことに対する劣等感や卑屈さから 、強化人間やニュータイプに対する対抗意識を抱いており 、ギュネイやクェスに対しては辛辣な態度で接する。 さびしうろあきによる漫画版「ベルトーチカ・チルドレン」では度量ある性格であり、クェスに絡まず、のした後とはいえ部下にギュネイを部屋に送らせていく思慮も見せている。 シャアの陽動作戦に参加した際、ラー・カイラムの対空砲火に乗機を撃墜され死亡する。 このときレズンを撃墜したのは、映画ではの試料を所持したチェーンで、小説『ベルトーチカ・チルドレン』では赤子の声に導かれたベルトーチカであった。 地球連邦政府 [ ] 以下の人物は各項目を参照。 政府の密命を受けており 、ロンド・ベルを相手にせず、ネオ・ジオンとの和平交渉を進めようとする。 典型的なであり、地球のこと以外は顧みようとしない。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』でも、虚栄心は強いが皮肉を投げかけられても気が付かないような人物として描写されている。 の父親だが、彼女が父親の愛情に飢えていたのに対し、アデナウアーは家庭を顧みない利己的な人物であり 、クェスからは軽蔑されている。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』によれば、本妻は家を出て宇宙移民となっており現在は音信不通とされ 、クェスからは愛人がアデナウアーから実母を奪ったと思われていることが描写されている。 宇宙に上がろうとした際には愛人キャサリン(声 - )が同行していたが、クェスの同行を嫌った彼女とは宇宙空港で喧嘩別れしてしまい、このときに空いた席を居合わせたハサウェイに譲ったことが、ハサウェイとクェスを引き合わせることになる。 シャアの真意には気がつかないまま、ネオ・ジオンのアクシズ落としに利用される形で交渉を進め、最終的にはネオ・ジオンの武装解除という名目で立ち会ったにおいて、乗艦していたのブリッジに攻撃を受け死亡 する。 このとき艦を攻撃したヤクト・ドーガを操縦していた人物は、ネオ・ジオンのパイロットとなっていた娘クェスであったが、アデナウアーがそのことに気がつくことはなかった。 ジョン・バウアー [ ] 映画本編では冒頭で名前が挙がるのみ。 等のために宇宙行きの航空券を取っており、紹介状の名義人となっている。 またアデナウアーにもなんらかの貸しを作っていたらしい表現がなされており、アデナウアーがシャトルの席をハサウェイに譲る理由として、バウアーへの「借り」に言及する場面がある。 小説版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(ハイ・ストリーマー)では、アムロとブライトの会話の中でも名前が登場し、補給関係の重鎮を務める良心的な参謀で 、の量産を強行させたり 、の建造のためにのを確保するなどしたが 、アムロが入手を希望していたやについての行方は知らず、保存を取り決めた閣議決定を覆すほどの力はない 、と言及されている。 後に『』にも名前が登場し、ロンド・ベルの創設に関わった政治家であるという言及がされている。 「」も参照 アナハイム・エレクトロニクス [ ] オクトバー・サラン [ ] 声 - 月、フォン・ブラウン市にある軍需複合企業の技術者。 チェーンがアムロへ「アナハイムがネオ・ジオンのモビルスーツを建造している」と話ている最中、アムロにその話を振られた際、自分達技術部門は違うと否定していた。 サイコフレームの技術詳細をアムロとチェーンに説明したが、彼もサイコフレームは材料開発部門から流されてきた技術としか知らされておらず、技術の出所は知らなかった。 チェーンに頼まれた通り、ラー・カイラムへサイコフレームの試料を送る。 試料と同封されていたオクトバーの手紙には、サイコフレームが実はアナハイム社の材料開発部のアイデアではなく、開発部も断定はしていないのだがネオ・ジオンから提供された技術だということが書かれていた。 その他 [ ] 以下の人物は各項目を参照。 ベルトーチカ・チルドレンにのみ登場する人物 [ ] 以下の人物は各項目を参照。 グラーブ・ガス(の本作での氏名)• メスタ・メスア(の本作での氏名) アムロとベルトーチカの子供 妊娠3か月未満の であり、まだ名前は授かっていない。 クェスはベルトーチカ自身が気がつくより先にその妊娠を言い当てており、このことはクェスにアムロに対する興味を失わせる動機にもなった。 アムロは最期の出撃の直前に妊娠のことを知らされ父親としての自覚を得て、宿敵シャア・アズナブルとの決戦に向け決意を改めるのだったが、その後生まれてくる子供の顔を見ることなく行方不明になってしまう。 胎児であるが、意識ははっきりあるようであり、劇中ではベルトーチカの事をママ、マミー、中国語の『お母さん』に似た音で呼んでおり、ベルトーチカ以外にもアムロ、クェス、グラーブはその声 意思 を戦場で聞いている。 小説版および劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、上記の現象はチェーン・アギが装備していた試料用サイコ・フレームが引き起こしたことに変更された。 『ガンダム映画化委員会』からの「映画でアムロの結婚した姿を見たくはない」という意見に応えた為、ベルトーチカともども劇場用アニメでは登場していない。 代わりにアムロのパートナーはチェーンに変更された。 ハイ・ストリーマーにのみ登場する人物 [ ] 地球連邦軍 [ ] マシアス・テスタ ラー・ザイムの艦長。 アムロにはパイロットのみならず、宇宙港への入港事務、捕虜の尋問、エグムの潜入捜査を命じる。 物語途中でラー・ザイムごとロンド・ベルからルナ・ツーに転属となる。 アムロからは「素人」と低く評価されている。 後に『』にもラー・ザイムの艦長として登場。 カニンガム・ショー ラー・ザイムのモビルスーツ隊パイロット。 20歳。 5番機を駆りアムロのパートナーとして捕虜の尋問や潜入捜査もこなす。 空手の有段者であり格闘能力も高い優秀な兵士である。 当初はアムロを単なる上司としか視ていなかったが、MSの操縦のミスで民家を巻き込み死者を出した事故の処理をアムロにして貰い、アムロの優しさに魅かれていくことになる。 しかし、そんな彼女の想いも虚しく、ラー・カイラムに移ったアムロと再会する事は遂になかった。 ジョー・セイ ラー・ザイムのジェダ4番機パイロット。 悩み事の無さそうな楽天家。 後に『機動戦士ムーンガンダム』にもジェダのパイロットとして登場。 オルヤン・ブルムクイフト ラー・ザイムのジェダ6番機パイロット。 後に『機動戦士ムーンガンダム』にもジェダのパイロットとして登場。 メステマー・ディロン ラー・ザイムの士官。 アリョーナ・ペイジを尋問する。 ベッグルマン・オファー ラー・ザイムのメカニックチーフ。 徹夜でモビルスーツの整備にいそしむ真面目で実直なメカマンだが、アムロからは低く評価されている。 キメロン ラー・ザイムの副長。 コンケスト ラー・カイラムのパイロット。 戦争を当然と考えるアムロに反発して戦闘忌避を主張するが、アムロの強引さに押し切られる。 エグム [ ] ゼダ・マンディラ 市民運動のエグムを隠れ蓑にネオ・ジオンとしてのゲリラ活動をしている。 シャアをシャア・ダイクンと呼んで崇拝している。 カブール・ベルグソン2式を駆り、アムロを追いつめる。 キャシー・カザリック アリョーナ・ペイジが住むアパートの管理人。 ポーランド出身の宇宙移民一世。 興信所の探偵に変装したアムロにエグムとの連絡先を教える。 アンクル・サムの主人 エグムの支持者が集まるバー「アンクル・サム」の主人。 変装したアムロにゼダ・マンディラを紹介する。 アリョーナ・ペィジ エグムのゲリラ活動に携わる18歳の少女。 アムロに尾行されてエグムの拠点を暴かれたことで仲間からリンチを受ける。 エグムの暴力的活動に愛想を尽かしラー・ザイムに潜入して逃亡をはかる。 アムロを保証人としてロンデニオンに移住しアムロと一夜を明かす(添い寝をしただけである)。 愛してくれると言う約束を残したまま帰ってこないアムロの冷たさに涙を止められずにいた(アムロはシャアと戦闘中であった)。 当初アムロを憎んでいた言動もあったが、子供の時に汚い格好をした自分にアムロが手を振り返してくれた事を覚えており、本心からではなかった。 アマラン、クラーク ザクに酷似したモビルスーツのパイロットたち。 エグムの運動家でネオ・ジオンの活動員。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• これについては強化人間の技術の進歩によるものではないかと推測する解説もあるが 、詳細は不明。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』での描写によれば、インド大陸北部の沿いにある都市、にいたとされる。 また小説中では、父親の愛人を生んだ地球を破壊できるのはシャアのおかげであり、そうすれば父親もクェスの実母とよりを戻せるかもしれないという願望を口にしているが 、クェスはこの時点で既に父親を殺めた後であった。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』によれば、クェスは父アデナウアーが乗艦する巡洋艦から、特別な色のついた思惟を感じていたとされ 、父を手にかけた瞬間にはその断末魔の思惟を感じ取って混乱するが、それが父親のものであることを理解することができなかったと描写されている。 最期の瞬間は、単にハサウェイを退けようとしたのか助けようとしたのか曖昧な描写となっているが、関係者などのコメントでは「クェスは、死ぬ間際には、ちゃんとハサウェイを救けようとするんです」と説明されている。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』によれば、この名はクェスの側が名乗ったものであり、シャアはそれが偽名であることには気が付いていたとされる。 彼女がアデナウアーの娘であることまで知っていたか否かについては描写がない。 具体的には、素直さや感受性の強さを出すように留意し、単に自分勝手で怒りっぽい人物に見えないように試みたという。 当初のデザインは決定稿とはまったく異なっており、富野からの指示を受けて全体の雰囲気や髪型、輪郭、目元などを幾度も修正したという。 また最終的に決まったデザインもにとっては似せるのが難しくて描きにくく、作中で着替える衣装が多いこともあって手間のかかるものであったという。 小説ではビームライフルを、角川カセット文庫版ではを発射。 詳細は「」を参照。 出典 [ ]• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア パンフレット』5ページより• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア パンフレット』5ページより• 『THE OFFICIAL GUNDAM PERFECT FILE 84』• 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』373ページ。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中編』52ページより• 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 後編』71ページより• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア パンフレット』5ページより• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア パンフレット』5ページより• 、76,96,97頁。 、89頁。 、115,203頁。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』268ページ• 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア中編』149ページ• 、334頁。 映画本編、ロンド・ベルに身を寄せていた際にクェスがチェーンに対して発した台詞による。 、25,28頁。 、66頁。 映画本編、撃墜される直前にクェスがチェーンに対して発した台詞による。 、152-153頁。 映画本編、シャアに対してクェスが発した台詞による。 、172頁。 、299頁。 、181頁。 、221頁。 、223頁。 『月刊ニュータイプ』1988年4月号、角川書店、15頁。 、171頁。 『』誌 [ ]より。 、105-106頁。 、179,219頁。 、356頁。 、197頁。 漫画『機動戦士ガンダム C. 若き彗星の肖像』14巻、78~79ページより。 、86頁。 書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編II]』117頁より。 、259頁。 、217頁。 、45頁。 、299頁。 、222頁。 , p. , p. , pp. 48-49. , p. 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア パンフレット』5ページ• 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』276ページ8行目。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』259ページ。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』328ページ。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』336ページ。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』367ページ。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』373ページ。 参考文献 [ ]• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』〈〉、1988年2月20日、初版。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ハイ・ストリーマー』 1 アムロ篇、〈〉、2002年10月31日(原著1987年12月)。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ハイ・ストリーマー』 2 クェス篇、〈〉、2002年11月30日(原著1988年2月)。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ハイ・ストリーマー』 3 シャア篇、〈〉、2002年12月31日(原著1988年3月)。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(映画パンフレット)』、1988年3月12日。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 劇場版』〈〉、1988年4月10日。 2010年 , , スタジオ雄 : 第455回-第472回 , 2010年12月31日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

漫画ベルトーチカ・チルドレン1巻の感想

ベルトーチカ チルドレン 漫画

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 監督は。 略称は英題の頭文字を取った「 CCA」、または「 逆シャア」など。 本作は『』から14年後の0093年を舞台に、一連のシリーズの主要人物であるとの最後の戦いを描いている。 ガンダム作品史上、初めてを導入した作品でもある。 制作当時、CGを扱うこと自体が高コストで時期尚早であったため、回転する等、手書きのみでは正確なアニメーションを行うことが難しい場面で用いられている。 公開時のキャッチコピーは「 宇宙世紀0093 君はいま、終局の涙を見る…」。 同時上映は『 』。 前売り券限定特典は光る! SDガンダムの卵 、またはテレホンカード。 配給収入6億2000万円、観客動員数103万人。 DVDは30万枚出荷。 2019年9月13日に機動戦士ガンダム40周年プロジェクト『ガンダム映像新体験TOUR』として4DX上映された 物語における大状況の詳細については「」を参照 宇宙世紀0093年。 先の以降消息不明だった、元軍エース・パイロットで、創始者の息子である (キャスバル・レム・ダイクン)は、幾多の戦いを経ても旧態依然として地球から宇宙移民を統制し続ける地球連邦政府に対し、を率いて反乱の狼煙を上げる。 ネオ・ジオンは、小惑星5thルナを地球連邦政府があるのに衝突させようとする。 かつてのシャアの宿敵らが所属する連邦軍の外郭部隊の奮闘も空しく、5thルナ落下を阻止することはかなわなかった。 ネオ・ジオンは、アデナウアー・パラヤを始めとする地球政府高官と密かに裏取引を行い、・ロンデニオンにて停戦交渉に合意する。 停戦に安堵する地球連邦の思惑と裏腹に、シャアは取引によって得た小惑星を地球に衝突させるべく、再び作戦を開始した。 合意が偽りであることを察していたロンド・ベルはを準備、やがてネオ・ジオンとの間で戦端が開かれる。 アムロは自ら開発に加わった新型・を駆り、アクシズを目指す。 一方、アクシズを内部から爆破して軌道を逸らすロンド・ベルの作戦は成功するかに見えたが、アクシズの一部は既に地球の引力に捉われていた。 登場人物 [ ] 「」を参照 ベルトーチカ・チルドレンにのみ登場する機体 [ ] ネオ・ジオン軍• MSN-04-2 MSN-04II• MSN-03-2 ハイ・ストリーマーにのみ登場する機体 [ ] 地球連邦軍• RGM-88X エグム• カブール・ベルグソン2式 - が乗る黒いゲリラ戦用モビルスーツ。 に酷似した機体 - 民間用のホビーのザクを改造したもの。 スタッフ [ ]• 企画・製作 -• 企画 - 山浦栄二• 製作 - 伊藤昌典• 原作・脚本・監督 - 富野由悠季• 原案 - 、富野由悠季• キャラクターデザイン -• モビルスーツデザイン -• メカニカルデザイン - (、)、佐山善則• デザイン協力 -• 作画監督 - 稲野義信、北爪宏幸、山田きさらか、、、• 作画監督補 - 、中沢数宣、重田亜津史、• 原画 - (古泉造司、中野美佐緒、佐久間信一)、座円洞(松本朋之、井尻博之、鈴木克彦、山崎健志、)、スタジオマーク(重田亜津史、佐藤英幸)、、、関野昌弘、南伸一郎、橋本浩一、吉田徹、仙波隆綱、小田川幹雄、所ともかず、佐藤敬一、宇佐美皓一、越智博之、上野けん、山田浩之、、牧野行洋、中野深雪、佐久間しげ子、、榎本明広、今隈真一、牧野竜一、内田順久、重田智、佐藤千春、武藤照美、石原典子、高橋千代子、熊谷浩彦、、古瀬泰栄、戸倉紀元、加藤義貴、、二村秀樹、、、青木聡、仲田美歩、近衛真守、寺沢伸介、、三坂徹、友田政晴、高木広行、、安藤義信、太田博光• 動画チェック - 向山祐治、工藤千恵子、加藤ひろし• 動画チェック補 - 川田栄三、今井浩之、岩長幸一• 動画 - 赤坂理恵子、木下みさ子、竹之内節子、、小林克治、阿部仁、荒木智子、川上恵美子、青木真理子、森悦史、グループどんぐり(石割悦子、板倉百合恵、柘植直治、安達晶彦)、スタジオダブ(相田徹、佐久間正典、、菊池良枝)、(東出太、、安藤浩、菊池まゆ子)、スタジオマーク(林伸昌、島野隆)、スタジオAP(橋本恵理子、大渕佳子)• 動画協力 - 、、、、、、、ワークショップ、ランダム、、アイ・ワークス、スタジオムサシ、、、• 音楽 -• 撮影監督 - 古林一太、奥井敦• 美術監督 -• 編集 - 布施由美子• 音響監督 -• 演出補 - 、• プロデューサー -• アニメーション制作 - サンライズ• また、小説『』の連載前予告タイトルは『機動戦士ガイア・ギア 逆襲のシャア』であった(連載後は変更されている)。 のアニメ映画としては初めての再編集ではない完全新作として制作され、主題歌にを起用した。 なお、サンライズアニメーション作品企画部が用いる共同ペンネーム「」のクレジットは使用されていない。 ネオ・ジオン軍のモビルスーツは出渕裕がデザインしている。 スペースコロニーのサイド1・ロンデニオンとスウィートウォーターの描写などに3DCGが使用されているが、単なるCG作画ではなくCGモデルに手書き画像を貼り付けるによりセル画との質感の差を低減しているなど当時としては先進的な技法が使用されている。 CG制作はが担当している。 回路を金属粒子に封じ込めて機体のフレームに使うが登場し、が、初めてにも装備された。 プロモーション [ ] 機動戦士GUNDAM 逆襲のシャアのすべて 本作公開直前に、特別番組が放送された。 この特番には、監督のの他、アムロ役の、シャア役の、クェス役のに加え、シャアのファンであるが出演し、番組内で彼女が富野から本作でシャアが着用しているネオ・ジオンの制服をプレゼントされたことが、本作のパンフレットに写真入りで掲載された。 また、富野は番組の最後で「この作品は35歳以上の方に、特に男性の方に見てもらいたい」と視聴者に向けたメッセージを送っていた。 関連作品 [ ] 小説 [ ] 総監督の富野由悠季による小説が、2作刊行されている。 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [ ] 1987年に刊行。 2009年に復刻刊行された。 表紙や挿絵のメカニック、キャラクターを担当したのはSF漫画家の。 従来のデザインや劇場版と比べると、大胆な独自の解釈によるデザインとなっている。 この小説群は、映画公開の一年前 1987年5月号 までアニメ雑誌『』(徳間書店)で連載されていた『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』に加筆したものである。 で刊行される際に劇場版と同じく(前編)だけは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』と改題された。 しかし、(中編)と(後編)は表紙にだけタイトルに(ハイ・ストリーマーより)との一文が追加されている。 なぜ『』誌上で『ハイ・ストリーマー』として発表されたものが『逆襲のシャア』として発表されたかについては、筆者の富野によれば「関係者各位の善意がすれ違ったと理解していただきたい」と説明している。 アニメージュ誌上で連載されたものはアムロがスウィート・ウォーターに潜入調査をしているシーン、クェスがインド大陸でヒッピー達と断食に励む描写などが描かれ映画版の前日談となっていて、文庫化した際には前編に収録された。 連載最終話のチャプターLは文庫の方で先に発表された。 劇場版ではあまり触れられなかったシリーズの歴代キャラクターに対しては、前編で精神崩壊した、中編で時に付き合っていたに触れられている。 アニメージュ文庫版(旧版) (著)、〈〉、全3冊。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 前篇』、1987年12月発行、• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中篇』、1988年2月発行、• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 後篇』、1988年3月発行、 アニメージュ文庫版(復刻版) 富野由悠季(著)、徳間書店〈アニメージュ文庫〉、全3冊。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 前篇』復刻版、2009年7月発行、• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中篇』復刻版、2009年7月発行、• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 後篇』復刻版、2009年7月発行、 機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー [ ] 2002年10月刊行。 上述の小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の内容をそのままに、表紙や挿絵のメカニック、キャラクターをが担当し『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』として正式なタイトルに戻したもの。 アニメージュ文庫版に収録された星野之宣によるイラストは各巻の巻末に再録されている。 徳間デュアル文庫版 富野由悠季(著)、徳間書店〈〉、全3冊。 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 1 アムロ篇』、2002年10月発行、• 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 2 クェス編』、2002年11月発行、• 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 3 シャア編』、2002年12月発行、 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン [ ] 1988年刊行。 本来は未発表の映画用シナリオ第1稿を基に改訂され、モチーフ小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』としてより刊行。 2014年には漫画化もなされた。 ストーリーの大筋は映画版の展開をなぞるものの、一部設定・登場キャラクター・物語の展開が異なり、映画版とはの関係にある。 最大の特徴は『』に登場したがアムロの恋人として登場する点である。 その為、劇場版におけるアムロの恋人、は本作品に登場しない。 また、ヒロインであるベルトーチカがアムロの子供を身籠っている、クェス・パラヤがチェーンによる攻撃ではなくハサウェイの誤射によって死亡するなどの相違がある。 後の小説『』は、映画版ではなく、こちらの作品の歴史を引き継ぐものとなっている。 MSの名前も異なり、映画版のに相当するシャア専用MSが、に相当するMSがである。 これらのMSは映画版と並行して商品展開されている。 第1稿と映画版に上記のような相違があるのは、第1稿が「ガンダム映画化委員会」の審査にかけられた折、「映画でアムロの結婚した姿は見たくない」「モビルスーツの玩具が売れることで厚い市場を形成し、映画を制作する資金が出ているのに、モビルスーツの存在をシナリオで否定しているのはどうなのか?」という意見・批判を受け、大幅に修正したものが採用されたためである。 (著)、〈〉、全1冊。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』、1988年2月20日発行、 カセット文庫 [ ] 当時展開していた角川カセット文庫でリリース。 が登場するためクェスの声が川村万梨阿からに変更されているなどキャスティングが一部異なっている他、音楽もの手によってこのカセット文庫版用に書き下ろされている。 漫画 [ ] 村上としや版 に劇場公開後の1988年4月および5月に前後編で掲載。 映画とは異なりハサウェイは連邦のパイロット候補生として最初からラー・カイラムに乗艦しているため、クェスとの関わりはなく、他にもリ・ガズィ、が登場しないなど、ストーリーにいくつか差異が見られる。 版 劇場公開から10年後のの発売に合わせコミックボンボン1998年10月から1999年2月まで全5話連載、1999年3月に単行本化。 こちらの作品は映画とほぼ同様のストーリーとなっている。 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア BEYOND THE TIME 『』のアニメ化を記念して角川書店の雑誌『』2010年7月号より連載された漫画作品。 画、本田雅也シナリオ。 全2巻。 ナナイ・ミゲルが主人公の外伝であり、ナナイがアクシズ攻防戦の際に見た白日夢として、かつてはニュータイプ研究生であったナナイが志を果たせぬまま研究する側となり、やがてシャアと出会ってネオ・ジオンに参加する半生等を描いた内容となっている。 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 上述のモチーフ小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』をベースとしたコミカライズ。 作画は、。 『ガンダムエース』2014年8月号(2014年6月発売)から 2018年5月号まで連載された。 単行本は全7巻。 ゲーム [ ] 「」を筆頭に本作が登場するゲーム作品は無数にあるため、ここでは本作を題材に単独商品化された作品のみ記述する。 複数製作された同シリーズにおいて、唯一富野がストーリーを製作した作品である。 劇場版や小説版の続編『閃光のハサウェイ』とは異なり、クェスとハサウェイの結末がポジティブな物へと転化されている。 スタジオ・ハード編集、草野直樹、日高誠之構成・文。 原作の時代設定から3年前の宇宙世紀0090年が舞台。 主人公であるシャア・アズナブルとなって、ジオン残党ダンジダン・ポジドン少将の協力の下、新生ネオ・ジオンの組織作りの経緯を描いた内容となっている。 なお、を率いるブライトやナナイ、ギュネイなど本作の人物も登場する。 エピソード [ ]• 同時上映の『』では本編に先駆けて、がシルエットで登場した後、二頭身で登場。 エンドではサザビー開発中のシャアが「 今度は劇場で仕返ししてやる」とタイトルと同時上映であることを意識した発言をしている。 終盤サイコフレームが宇宙から見た地球をバックに何処かへ飛ぶシーンがあるが、この地球は「実物の地球儀に立体的に背景を描き、これを一コマづつ撮影したものである」と、当時本作で演出補だったが証言している。 注釈 [ ]• 12月5日19時から、およそ400館で同時に行われた。 上映後には11月のに参加した富野監督 のインタビューと、『』の予告映像が公開された。 「激闘編 ガンダム大地に立てるか!?」「休日編 ジオン・ホテルの脅威?ガンダム・ペンション破壊命令!」の2本。 卵型のカプセルの中に蓄光ガン消しが入っており、種類は、、、、。 のみ佐山義則がクリンナップを担当している。 このうちロンデニオンの映像はのちに『』のラストカットで登場するサイド6・リボーの映像としても流用された。 出典 [ ]• gundam40th. net. 株式会社サンライズ. 2020年6月16日閲覧。 2019年10月21日. 2020年6月17日閲覧。 2020年6月17日閲覧。 Mercedes Milligan(メルセデス・ミリガン) 2019年10月21日. Animation Magazine, Inc.. 2020年6月17日閲覧。 GUNDAM. INFO. 株式会社サンライズ 2019年11月16日. 2020年6月16日閲覧。 (Release Info). 2020年6月16日閲覧。 GUNDAM. INFO. 株式会社サンライズ 2019年9月24日. 2020年6月16日閲覧。 GUNDAM. INFO. 株式会社サンライズ 2020年6月15日. 2020年6月16日閲覧。 月刊ascii2008年5月号• 2019年4月7日 機動戦士ガンダム40周年プロジェクト• 2019年9月16日. 2019年9月17日閲覧。 『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー3 シャア編』276ページ• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(中篇)』254ページ• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(後篇)』253ページ• 2014年5月26日. 2015年5月26日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

ベルトーチカ・イルマ

ベルトーチカ チルドレン 漫画

キャラクター概要 [ ] 反地球連邦組織を支援する組織、の一員で愛機は「コメット」。 金髪碧眼の女性。 本業はジャーナリストだが、義父がカラバの援助を行っている関係から自らもカラバの活動に身を投じる。 両親をので亡くしており、となったために養女として引き取られ、育てられた。 好戦的な男性を嫌っており、のことは「平和なを感じない」と評している。 主義な性格に加え、己の興味を優先するあまり対人関係での距離感には無頓着であり、やからもそういう部分を厳しく指摘されることもあった(後述)。 そこでとして知っていたと出会い、興味を持った後は恋仲にまでなっている。 ニュータイプ適性は不明であるが直観力や第一印象でのインスピレーションは鋭く人物評価像は間違ってはいない。 アムロに対しては「良かった、優しそうな人で・・・一年戦争の英雄と聞いてたので、もっと好戦的な人と思ってた」と安堵感から本人の前で本音を曝け出してしまうのが欠点で逆にシャア(クワトロ)には「戦争が好きで怖い人で嫌い」と評しているが、シャア=ジオン遺児のキャスバルが同一人物であり、戦友のセイラが妹と言う事情も言わずともアムロは理解しており「決めつけるな!」と激怒した・・・全く事情を知らないので当然なのだがベルトーチカは同じホワイトベースのクルーであるハヤト・コバヤシに「あたし、何か悪い事を言いましたか?」と聞き、ハヤトは「気にしなさんな」と彼女とアムロの境遇の差を理解したので流していた。 因みに小説版『ガンダムZZ』でブライト・ノアには対面した時は「温かみがありインテリジェンス(知性)を感じます」と評価し初対面の人物に本音を言うのはアムロも交際中の彼女に「ベル(ベルトーチカの愛称)の悪い癖だ」と柔らかく咎めている(勿論、ベルトーチカも謝罪している)。 アムロと初対面の後に「この人は何かに怯えている」とモビルスーツに乗る事に躊躇する彼に「目を覚ませばいいのよ」と彼女が後押しした経緯もあるが、パイロットとしてのアムロの復活を望みつつ彼を危険に晒したくない、戦争は大嫌いだが戦う時は自分も躊躇なく銃座に付く、と矛盾を抱えながら戦災孤児の境遇として生きてきた。 かつ、母性本能が強い女性としてアムロも感謝していたが自分が戦士として軟弱になってしまう理由で別れたのは小説『逆襲のシャア・ハイストリーマー』でもブライトには語っている。 アムロのことを思うあまり(ただし、機体性能はとはほぼ互角で細かい性能差はあるものの戦闘性能としてはほぼ同等であり、同系統兄弟機で同時代 一年戦争 同陣営 地球連邦軍 の高性能試作機のと安価簡易量産機のように明確に戦闘性能に差があるわけではない)をアムロに譲るようカミーユに強要した際には、彼から「そうした行動がアムロを殺すことになる」という趣旨の言葉を言われたこともあった。 また、アムロと同じくかつての・クルーであるミライから彼のことを詳しく聞きだそうとした際には、彼女に「もっとじっくり他人と付き合っていくことも必要」と諭されたことに加え、「不用意に他人の心に入り込み過ぎる」として厳しく叱責された。 ベルトーチカ自身はカミーユやミライに嫉妬している面もあったことから、素直にそういった意見を受け入れられない心境であった。 カミーユを弟や弟子の様に可愛がり後見人として尽くすアムロ、自分の命も顧みずミライ親子を救おうとするアムロ、それらはアムロの過去の全てが影響している面があるのを理解しているからこそ、アムロのことを全て理解したいと、距離を縮めようと焦って、カミーユに対してガンダムMk-IIをアムロに譲るように要求もした。 それはアムロへの愛情が強いがゆえであり、戦争という状況下で危険は必然であることは頭で理解しつつも、アムロが無事生還したにもかかわらず毎回のように抱擁しながら号泣していた。 パイロットとして復活を望んでいた反面、戦場に身を投じるアムロを心底心配し、心の葛藤を生むことになる。 ダカール演説作戦時はカレン・ラッセルという偽名で報道陣として潜入し、事実上の作戦参謀であったことがアムロによって語られ、作戦終了後に成功を祝ってアムロにキスを要求して交わしている。 また正確にはカラバ所属であるが、ダカール演説時に連邦議会を占領する際は、エゥーゴの者だと名乗って銃を構えて議員や衛視らを押さえこんだ。 の連邦議会でクワトロの演説の際には、演説をテレビ中継するために裏工作を行い連邦議会を一時占拠する。 クワトロの演説中に攻撃してきたの映像を写し、作戦の成功に大きく貢献する。 この頃には以前のような独善的な言動や感情の起伏が鳴りを潜め、ダカールの作戦成功後にはカミーユと互いにねぎらい、打ち解けた会話ができるようになっていた。 アウドムラの銃座も担当することもある。 また、戦火で腰の抜けたカメラマンに代わってティターンズの悪行を暴くのにも一肌脱ぐなど、度胸もある。 劇場版ではダカールでの演説は無いためカミーユたちが宇宙へ帰還した後は表舞台から去り、『III』のラストでアムロやと共にの終焉を見届けるシーンのみの登場となり、台詞も無い。 また、性格がテレビ版に比べて穏和になっており、悪印象はかなり減っている。 アムロいわく、操縦の腕はなかなかのものらしい。 初対面のに対し、「さらっとした温かみとインテリジェンスがある」と遠慮のない人物評を浴びせるが、アムロに対する従順な態度にかつての彼を知るブライトには、アムロを人間的に成長させた女性としての印象を与えている。 なお、本作はアムロとの共闘のように小説独自の設定で描かれているため、アニメ本編におけるでの足取りは不明である。 また、本来はアニメにも登場する予定だったが、見送られている。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』 [ ] より発売された小説『』では、テレビシリーズに引き続いてアムロの恋人として登場しており、彼の子供を身籠もっている。 しかし、『ガンダム映画化委員会』から「映画でアムロの結婚した姿を見たくない」と指摘されたため、劇場用アニメでは設定が変更された。 アニメでは代役キャラクターとして、新たにがほぼ同様の役回りで設定されている。 小説版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』 [ ] 徳間書店より発売された小説版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』 ではアムロと別れたことになっており、アムロとブライトの会話で存在を匂わせる程度の描写だけであり、アムロ曰く、カラバを離れて南アメリカにいるとのこと。 別れた理由は、アムロのマザー・コンプレックスに起因する女性への要求の多さであり、それはアムロ自身も認めていた。 『機動戦士ガンダムUC』 [ ] 小説・OVA『』では、ルオ商会に縁故のあるの情報屋として登場。 上記の小説「逆襲のシャア」の設定を引き継ぎアムロとは以前に別れていた。 アクシズ・ショックで地球を救うも行方不明になった彼に対しても「人の形を失っても、心は宇宙に溶けている気がする」と前向きに捉え、克服している様子。 ブライトには依頼されていた「袖付き」、、連邦政府移民問題評議会の「ラプラスの箱」をめぐる権力闘争の状況調査を報告。 これとは別に地球のジオン残党を乗せた不定期船がトリントン基地へ向かう情報も提供し、間接的に主人公のを後押しした。 搭乗機 [ ] コメット 複葉機のレプリカをから買い取り、レストアしたもの。 「コメット」は、ベルトーチカ所有の機体へ独自に付けられた愛称のようである。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』でのみ搭乗。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』でのみ搭乗。 半壊した状態で無理矢理出撃したが、が搭乗する「」を単騎で撃墜する お腹の子供の力添えもあったが 、アムロ機を襲うのコックピットに肩口をぶつけ撃墜するなどいくつも戦果を上げた。 補足 [ ]• 一部ゲーム作品などでは、チェーン・アギとアムロをめぐり対立する傾向にあるようで、ゲーム『』では熱い女の戦いを繰り広げ、『』のサンプルシナリオでは、チェーンと甘いひと時を過ごすアムロの前に、かつての恋人ベルトーチカが現れるなどがある。 脚注 [ ] []• 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』373ページのあとがきより。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中編 』55、56ページより。 特別編集「機動戦士ガンダム 10年の軌跡を追って 「ZZ」には、シャアの登場が予定されていた? 」『機動戦士ガンダム大全集』、1991年4月12日、、124-125頁。 関連項目 [ ]•

次の