はまぐり の 潮汁。 賞味期限も旨味もアップ!はまぐりは冷凍保存こそ賢い選択!

ハマグリ

はまぐり の 潮汁

セット商品• 明太子• いくら・魚卵• 刺身・寿司ネタ• 本まぐろ• 南まぐろ• まぐろ各種• ネギトロ• うなぎ・穴子• サーモン• しらす• いか・タコ• 高級珍味• 魚各種• 冷凍食品• コラーゲン• 雷神餃子• マヌカハニー• ネコポス便• 活きたハマグリを衛生的な工場で砂抜き処理し そのまま真空パック後に加熱処理しています。 500gパックには、約11〜15粒の蛤が入っています。 真空パックの中の液体は大事なハマグリのエキスです。 日本人にとって古くから親しまれてきた食材であるハマグリには アラニン、グルタミン酸、グリシンといった 甘味とうまみを生かす成分が豊富に含まれています! 何故ひな祭りに「はまぐり」なの!? ハマグリは元々の組合せ以外の貝殻とはぴったりかみ合わない。 そこで、結婚式でハマグリの吸い物が出されることも多く 『よい伴侶にめぐり合えるように』との 願掛けからひな祭りにハマグリを食べる風習があるようです。 はまぐりのお料理レシピ はまぐりの潮汁 昆布だしにはまぐりを入れ軽く煮立てすぐに火を止めます。 汁をこし、酒、塩、醤油で味を整えます。 お椀に盛り、お好みで木の芽・あさつき・三つ葉等を添えて下さい。 はまぐりのマリネ にんじんの干切り、たまねぎのスライス、はまぐりをマリネ液に混ぜ 味が馴染むまで冷蔵庫に置きます。 盛り付け後、パセリ・香草等で飾り付けて下さい。 はまぐりのホワイトスパゲッティ マッシュルームと玉ねぎのスライスをバターで炒め ホワイトソースとはまぐりを合わせます。 塩・こしょうで味を整え、ゆでたスパゲッティを和えて盛り付け パセリを振りかけて下さい。 はまぐりのかつお風味スパゲッティ オリーブ油でにんにくを熱し、香りが出たらゆでたスパゲッティをいれます。 かつおのだし汁を少量加え、はまぐりを入れて軽く炒め火を止めます。 塩、醤油、唐辛子で味を整え盛り付けしお好みで万能ネギ、花かつおをのせて下さい。 はまぐりのスパゲッティサラダ スパゲッティは、長さ10cm程に折ってゆでます。 ゆでたスパゲッティ、細切りにしたにんじん、玉ねぎ はまぐりをマヨネーズで和え 塩・こしょうで味を整え盛り付けます。 焼きはまぐりとしてもお楽しみ頂けます。 死んでしまっているハマグリは貝殻が開くので加工前に除去されています。 お召上がりになる際、開いていない貝が有っても それは貝の蝶番と貝柱がしっかりしているだけですので ご安心してお召し上がり頂けます。 袋のまま湯煎・あるいは凍った状態のまま開封しお鍋で温めて下さい。 すぐに料理出来ます。 活きたハマグリを衛生的な工場で砂抜き処理し、そのまま真空パック後に、加熱処理しています。 500gパックには、約11〜15粒の蛤が入っています。 真空パックの中の液体は、大事なハマグリのエキスです。 ポピュラーな食べ方としては、潮汁、吸い物、クラムチャウダー、鍋の具、酒蒸し、焼き蛤、佃煮、土瓶蒸し、串焼き、寿司り。 洋風ならブイヤベース、パエリアなどが代表です。 そこで、結婚式でハマグリの吸い物が出されることも多く、『よい伴侶にめぐり合えるように』との願掛けからひな祭りにハマグリを食べる風習があるようです。 ・はまぐりの潮汁:昆布だしにはまぐりを入れ軽く煮立てすぐに火を止めます。 汁をこし、酒、塩、醤油で味を整えます。 お椀に盛り、お好みで木の芽・あさつき・三つ葉等を添えて下さい。 ・はまぐりのマリネ:にんじんの干切り、たまねぎのスライス、はまぐりをマリネ液に混ぜ、味が馴染むまで冷蔵庫に置きます。 盛り付け後、パセリ・香草等で飾り付けて下さい。 ・はまぐりのホワイトスパゲッティ:マッシュルームと玉ねぎのスライスをバターで炒め、ホワイトソースとはまぐりを合わせます。 塩・こしょうで味を整え、ゆでたスパゲッティを和えて盛り付け、パセリを振りかけて下さい。 ・はまぐりのかつお風味スパゲッティ:オリーブ油でにんにくを熱し、香りが出たらゆでたスパゲッティをいれます。 かつおのだし汁を少量加え、はまぐりを入れて軽く炒め火を止めます。 塩、醤油、唐辛子で味を整え盛り付けし、お好みで万能ネギ、花かつおをのせて下さい。 ・はまぐりのスパゲッティサラダ:スパゲッティは、長さ10cm程に折ってゆでます。 ゆでたスパゲッティ、細切りにしたにんじん、玉ねぎ、 はまぐりをマヨネーズで和え、塩こしょうで味を整え盛り付けます。 ・焼きはまぐりとしてもお楽しみ頂けます。

次の

ひな祭りに、なぜはまぐりのお吸い物を食べるの?意味や由来、冷凍保存もできる!

はまぐり の 潮汁

スーパーで見かけることが増えてきたホンビノス貝。 はまぐりに比べると価格が手頃ということもあり、「買ってみたい」と思うものの、どんな味? 下処理は? など気になる疑問がいろいろ。 今回はそんな、気になる食材「ホンビノス貝」についてまるっと解説! ホンビノス貝の魅力と塩抜き方法をかねはち水産の内海金太郎さんに、おすすめレシピと上手な保存方法を管理栄養士の松村眞由子先生に教えてもらいました。 もともと北米大陸東海岸に生息していて、アメリカではよく食べられていました。 日本へ入ってきたルートには諸説ありますが、2000年前後から日本でも繁殖し、現在、千葉県の船橋市や市川市で多く採取されています。 はまぐりは古くから日本で獲れる在来種です。 5cm、ホンビノス貝は一般的な大きさで約6cm。 日本では、見た目の印象から「白はまぐり」や「大アサリ」という名前で売られていることもあります。 ホンビノス貝の方がずんぐりむっくりした印象です。 ホンビノス貝の貝殻は水揚げしてすぐは黒っぽいのですが、時間が経つにつれて黒みが少しずつ抜け、白みがかってきます。 ホンビノス貝の【味や食感】は? ホンビノス貝は風味が濃く、肉厚で食べ応えがあります。 はまぐりのようなぬめりはありません。 はまぐりは上品な旨みがあり、ホンビノス貝と比べるとやわらかいのが特徴です。 ホンビノスの身の色は黄色がかっていますが、はまぐりは薄いピンクで大ぶりです。 ホンビノス貝の【価格】と【旬】は? ホンビノス貝は1年を通して獲ることができ、一度に獲れる量も多いので、はまぐりよりも手頃な価格で流通しています。 はまぐりの半値以下で購入できることが多いでしょう。 また、ホンビノス貝は通年で流通していますが、産卵前で身入りがよくなる春と秋は特に美味しいと言われています。 ホンビノス貝の【下処理】は? 砂抜き不要なのでそのまま使えます。 ただし塩気が多いので、調理の際は汁物の場合は水を多めに使うなどして、塩味を和らげましょう。 塩分を含む調味料は味見をしながら少しずつ加えてください。 調理の前に塩抜きをする方法もあります。 ホンビノス貝の塩抜き方法 1 表面を洗う 口が開いている貝や、腐敗臭のする貝を取り除く。 表面の溝に砂が挟まっている場合があるので、水で米を研ぐようにガラガラとすすぐ。 2 バットに貝を並べ、水を入れて2時間おく バット(なければボウル)に、貝がひたひたになるくらい水を入れ、2時間そのままおく。 あさりなどのように水管を外に出さないので塩抜きできたかどうかわかりにくいが、時間になったら水から引き上げてOK。 ホンビノス貝、美味しい【食べ方】は? 酒蒸しや網焼きにしても美味しいですが、貝のだしの香りとふっくらした身を一緒に味わえる「潮汁」もおすすめ。 はまぐりやあさりを使った潮汁と比べると、大きくて味の濃い身の存在感を感じられるはずです。 ホンビノス貝…中2個• 水…350㎖• 昆布…3㎝• 酒…大さじ1• 醤油…2~3滴• 塩…少々• 三つ葉…1本• 柚子(あれば)…少々 作り方• 鍋に分量の水を入れ、昆布を入れて30分おく。 三つ葉は3㎝程度に切る。 柚子は皮を1㎝の円形にそぐ。 ホンビノス貝と酒を入れ、アクをとる。 ホンビノス貝の口があいたら、醤油を加えて味見をし、塩で味をととのえる。 椀に盛り付け、三つ葉、柚子を添える。 加えなくてもよい場合もあります。 【冷凍保存】すれば手軽に使える! ホンビノス貝は冷凍保存OK。 塩抜き後に冷凍しておけばすぐに使えて便利です。 【冷凍方法】 塩抜き後のホンビノス貝の水気をペーパータオルでよく拭き取り、冷凍用保存袋に入れる。 袋の口を閉じ、金属製のバットの上に置いて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 【解凍方法】 凍ったまま潮汁や酒蒸し、クラムチャウダー、パスタなどの料理に加えて加熱する。 調理前に解凍すると身が痩せるのでNG。

次の

はまぐりの潮汁 レシピ

はまぐり の 潮汁

貝のなかでも好む方が多いはまぐり。 ひなまつりの際には、はまぐりのお吸い物が食卓に並ぶご家庭も多いのではないでしょうか。 この時期が一番おいしいということもあり、春が来たことをを感じさせてくれる食材のひとつです。 ですが、汁物以外の使いかたが分からず、結局いつもムダにしてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、けっして安いとは言えないはまぐり。 ムダにすることなく、おいしくいただくにはどのように保存すれば良いのでしょうか。 実は、はまぐりは風味を損なうことなく冷凍保存が可能なのです!日頃からはまぐりをはじめとする貝類の保存方法にお困りだった方には朗報ですよね。 しかも、活きた貝は冷凍すると危機を感じて、逆に旨味成分が増えるという話もありますから、冷凍しない手はありません。 冷凍保存することで長期間保存が可能になり、食べたいときにサッと調理でき、しかも保存中によりおいしくなっているなんて一石二鳥!今回はそんなはまぐりの冷凍保存について調べてみました。 貝が苦手な理由によく挙げられる、噛んだ時のじゃりっとした感触。 せっかくのおいしいはまぐりも、食べた瞬間に砂を噛んでしまったら残念ですよね。 この残念さを払拭するのが砂抜きです。 正しく砂抜きするだけで一段とおいしく食べられるのでこの手間は怠らないようにしましょうね。 まず軽く貝同士をこすり水洗いをし、殻についた菌やぬめりを落とします。 その後、砂抜きをしましょう。 砂抜きは、はまぐりがひたひたになる程度の3%の食塩水に、貝ができるだけ重ならないようバットなどに平らに広げて入れてください。 貝が水をぴゅっと出していたら、きちんと砂抜きできている証拠です。 スーパーで購入したはまぐりは1時間程度でよいですが、市場で購入した物や潮干狩りで採ってきたものは一晩かけて砂抜きしましょう。

次の