ハイ スパーク イグニッション コイル。 ハイスパークイグニッションコイルとは?

ハイスパークイグニッションコイルとは?

ハイ スパーク イグニッション コイル

強化コイルで火花を最大限に! ヘタって来たイグニッションコイルを純正より強化する事で燃費やトルクの向上、カーボン等の堆積を防ぎます。 ハイスパークイグニッションコイルJAPANさんが作成したオリジナルのIGコイルで高品質のドイツ製マグネットワイヤーを使用し、コイルの心臓部を保護する樹脂類は京セラ製の専用樹脂を使用した、耐久性も優れたIGコイルです。 強化コイル特有のアクセルオンオフ時のギクシャク感を改善した高性能コイルになります。 乗った感じは中低速トルクが太くなった感じで2500rpm位から明らかに力強さが感じられます。 体感出来るオススメのイグニッションコイルです! 4万kmを超えた位の車はコイルの性能が落ちてきますので、IGコイルの交換を考えている方はご検討してみてください。 デカングー用のIGコイルの価格は1本11880円(4本47520円)になります。 (工賃は1800円) 他にルノー系のハイスパークイグニッションコイルの設定としては クリオV6やラグナ2系の3. 0V6エンジンが1本8580円(6本51480円)、ルーテシア4やメガーヌ3・4系が1本10780円(4本43120円)、ルーテシア2・3やメガーヌ2系、カングー系の1. 6エンジンは1本10780円(4本43120円)ルーテシア4やトゥインゴ3系の3気筒エンジン1本11880円(3本35640円)、ルーテシア4やデカングー1. 2、トゥインゴ3の1. 2Lエンジンが1本11880円(4本47520円)になります。 他にプジョーやシトロエン等も設定がありますので、ご興味のある方はお問い合わせください。 (2020年4月現在).

次の

ダイハツ L350系 タントに スパークプラグ交換 ハイスパークイグニッションコイル をお取り付け致しました。

ハイ スパーク イグニッション コイル

強化コイルで火花を最大限に! ヘタって来たイグニッションコイルを純正より強化する事で燃費やトルクの向上、カーボン等の堆積を防ぎます。 ハイスパークイグニッションコイルJAPANさんが作成したオリジナルのIGコイルで高品質のドイツ製マグネットワイヤーを使用し、コイルの心臓部を保護する樹脂類は京セラ製の専用樹脂を使用した、耐久性も優れたIGコイルです。 強化コイル特有のアクセルオンオフ時のギクシャク感を改善した高性能コイルになります。 乗った感じは中低速トルクが太くなった感じで2500rpm位から明らかに力強さが感じられます。 体感出来るオススメのイグニッションコイルです! 4万kmを超えた位の車はコイルの性能が落ちてきますので、IGコイルの交換を考えている方はご検討してみてください。 デカングー用のIGコイルの価格は1本11880円(4本47520円)になります。 (工賃は1800円) 他にルノー系のハイスパークイグニッションコイルの設定としては クリオV6やラグナ2系の3. 0V6エンジンが1本8580円(6本51480円)、ルーテシア4やメガーヌ3・4系が1本10780円(4本43120円)、ルーテシア2・3やメガーヌ2系、カングー系の1. 6エンジンは1本10780円(4本43120円)ルーテシア4やトゥインゴ3系の3気筒エンジン1本11880円(3本35640円)、ルーテシア4やデカングー1. 2、トゥインゴ3の1. 2Lエンジンが1本11880円(4本47520円)になります。 他にプジョーやシトロエン等も設定がありますので、ご興味のある方はお問い合わせください。 (2020年4月現在).

次の

HighSpark Ignitioncoil Japan 取り扱い開始

ハイ スパーク イグニッション コイル

現在取り付けているイグニッションコイル1次側の抵抗値を上の画像の様にテスターにて計測いたします。 適合がご不安な場合は車両側コイルの抵抗値を計測してからお問い合わせください。 本来イグニッションコイル手前の配線にレジスター 抵抗 が入っているにもかかわらずレジスターが取り外されている車両はご注意ください。 以下各コイルの目安です。 標準的なイグニッションコイルはスパーク電圧が約15000Vですが、ハイパワーイグニッションコイルは約2倍の30000Vの高電圧を発生する事により、 低回転から高回転まで失火せず強力なスパークを生み出します。 この強力なスパークにより出力、トルク共に向上が期待できます。 特にスロットル開度がパーシャルの時のトルクはほとんどのテスト車両で体感出来るほどでした。 古くなった純正コイルと交換すると燃調が変わってしまうほどです。 コイル本体は汎用となりますので、車種によりステーの製作等工夫が必要な場合がございます。 この強力なスパークにより出力、トルク共に向上が期待できます。 特にスロットル開度がパーシャルの時のトルクはほとんどのテスト車両で体感出来るほどでした。 古くなった純正コイルと交換すると燃調が変わってしまうほどです。 コイル本体は汎用となりますので、車種によりステーの製作等工夫が必要な場合がございます。 YAMAHA RD250 RD400 RZ250 RZ350 RZ250R RZ350R RZV500 TZR250 R1-Z SUZUKI RG250 RG400 RG500 HONDA CB250N CB250T CB400N CB400T CB400D 標準的なイグニッションコイルはスパーク電圧が約15000Vですが、ハイパワーイグニッションコイルは約2倍の30000Vの高電圧を発生する事により、 低回転から高回転まで失火せず強力なスパークを生み出します。 この強力なスパークにより出力、トルク共に向上が期待できます。 特にスロットル開度がパーシャルの時のトルクはほとんどのテスト車両で体感出来るほどでした。 古くなった純正コイルと交換すると燃調が変わってしまうほどです。 コイル本体は汎用となりますので、車種によりステーの製作等工夫が必要な場合がございます。 注意 純正コイルにコンデンサーが取り付けられている車両はコンデンサーの移植が必要です。 この強力なスパークにより出力、トルク共に向上が期待できます。 特にスロットル開度がパーシャルの時のトルクはほとんどのテスト車両で体感出来るほどでした。 古くなった純正コイルと交換すると燃調が変わってしまうほどです。 コイル本体は汎用となりますので、車種によりステーの製作等工夫が必要な場合がございます。 注意 純正コイルにコンデンサーが取り付けられている車両はコンデンサーの移植が必要です。 8~4. この強力なスパークにより出力、トルク共に向上が期待できます。 特にスロットル開度がパーシャルの時のトルクはほとんどのテスト車両で体感出来るほどでした。 古くなった純正コイルと交換すると燃調が変わってしまうほどです。 コイル本体は汎用となりますので、車種によりステーの製作等工夫が必要な場合がございます。 この強力なスパークにより出力、トルク共に向上が期待できます。 特にスロットル開度がパーシャルの時のトルクはほとんどのテスト車両で体感出来るほどでした。 古くなった純正コイルと交換すると燃調が変わってしまうほどです。 コイル本体は汎用となりますので、車種によりステーの製作等工夫が必要な場合がございます。 この強力なスパークにより出力、トルク共に向上が期待できます。 特にスロットル開度がパーシャルの時のトルクはほとんどのテスト車両で体感出来るほどでした。 古くなった純正コイルと交換すると燃調が変わってしまうほどです。 コイル本体は汎用となりますので、車種によりステーの製作等工夫が必要な場合がございます。 この強力なスパークにより出力、トルク共に向上が期待できます。 特にスロットル開度がパーシャルの時のトルクはほとんどのテスト車両で体感出来るほどでした。 古くなった純正コイルと交換すると燃調が変わってしまうほどです。 コイル本体は汎用となりますので、車種によりステーの製作等工夫が必要な場合がございます。

次の