株式 会社 ヘルス アップ。 株式会社ウエルアップ 会社案内

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)|日興アセットマネジメント

株式 会社 ヘルス アップ

世界各国の株式の中から主にロボティクス関連企業の株式に投資を行ないます。 今後の成長が期待されるロボティクス関連企業の株式を中心に投資を行なうことにより、中長期的な信託財産の成長をめざします。 産業用やサービス用などのロボットを製作する企業のみならず、ロボット関連技術であるAI(人工知能)やセンサーなどの開発に携わる企業も投資対象とします。 外貨建資産への投資にあたっては、原則として為替ヘッジを行ないません。 銘柄選定は、株式のアクティブ運用に注力するラザード社が、徹底した調査に基づき行ないます。 株式運用に強みを持つ米国の資産運用会社、ラザード・アセット・マネージメント・エルエルシー(ラザード社)が「グローバル・ロボティクス株式マザーファンド」の運用を行ないます。 年1回、決算を行ないます。 毎年7月20日(休業日の場合は翌営業日)を決算日とします。 運用プロセス 当ファンドの主な投資対象であるマザーファンドの運用を行なうラザード社の運用プロセスは以下のとおりです。 ファンドの仕組み 当ファンドは、主にマザーファンドに投資するファミリーファンド方式で運用を行ないます。 ただし、販売会社によっては、一部のファンドのみの取扱いとなる場合やスイッチングを行なえない場合があります。 詳しくは販売会社にお問い合わせください。 お申込みに際しての留意事項 リスク情報• 投資者の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。 ファンドの運用による損益はすべて投資者(受益者)の皆様に帰属します。 なお、当ファンドは預貯金とは異なります。 当ファンドは、主に株式を実質的な投資対象としますので、株式の価格の下落や、株式の発行体の財務状況や業績の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動により損失を被ることがあります。 主なリスクは以下の通りです。 【価格変動リスク】• 株式の価格は、会社の成長性や収益性の企業情報および当該情報の変化に影響を受けて変動します。 また、国内および海外の経済・政治情勢などの影響を受けて変動します。 ファンドにおいては、株式の価格変動または流動性の予想外の変動があった場合、重大な損失が生じるリスクがあります。 【流動性リスク】• 市場規模や取引量が少ない状況においては、有価証券の取得、売却時の売買価格は取引量の大きさに影響を受け、市場実勢から期待できる価格どおりに取引できないリスク、評価価格どおりに売却できないリスク、あるいは、価格の高低に関わらず取引量が限られてしまうリスクがあり、その結果、不測の損失を被るリスクがあります。 【信用リスク】• 投資した企業の経営などに直接・間接を問わず重大な危機が生じた場合には、ファンドにも重大な損失が生じるリスクがあります。 デフォルト(債務不履行)や企業倒産の懸念から、発行体の株式などの価格は大きく下落(価格がゼロになることもあります。 )し、ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。 【為替変動リスク】• 外貨建資産については、一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高になった場合には、ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。 【有価証券の貸付などにおけるリスク】• 有価証券の貸付行為などにおいては、取引相手先リスク(取引の相手方の倒産などにより貸付契約が不履行になったり、契約が解除されたりするリスク)を伴ない、その結果、不測の損失を被るリスクがあります。 貸付契約が不履行や契約解除の事態を受けて、貸付契約に基づく担保金を用いて清算手続きを行なう場合においても、買戻しを行なう際に、市場の時価変動などにより調達コストが担保金を上回る可能性もあり、不足金額をファンドが負担することにより、その結果ファンドに損害が発生する恐れがあります。 その他の留意事項• 当資料は、投資者の皆様に「グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)」へのご理解を高めていただくことを目的として日興アセットマネジメントが作成した販売用資料です。 当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 また、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはなりません。 投資信託の運用による損益は、すべて受益者の皆様に帰属します。 当ファンドをお申込みの際には、投資信託説明書(交付目論見書)などを販売会社よりお渡ししますので、内容を必ずご確認の上、お客様ご自身でご判断ください。

次の

会社概要/医療機器・体外診断薬・検査試薬・介護用品販売の株式会社ヘルス

株式 会社 ヘルス アップ

株式会社ヘルス Health Inc. 略称 ヘルス 本社所在地 〒183-0023 東京都府中市宮町2-15-13 第15三ツ木ビル9F 設立 (53年) 事業内容 電位治療器の製造・販売 資本金 4,700万円(2013年10月1日現在) 発行済株式総数 490,000株 従業員数 120名 2015年8月現在 決算期 3月末 年1回 関係する人物 古谷久 創業者、元代表取締役社長 外部リンク 特記事項:2013年10月17日消費者庁から景品表示法違反(優良誤認)の措置命令 株式会社ヘルス(: Health Inc. )は、に本社を持つ家庭用を製造・販売するの。 に本社がありを販売・修理する同名企業及びに本社がありを製造・販売する同名企業とは関係が無い。 沿革 [ ]• (53年)1月 - 古谷久が資本金500万円で会社設立。 家庭用電位治療器パワーヘルスを開発。 (昭和56年)• 10月 - パワーヘルス5500の厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 11月 - ユタカ電気株式会社によるパワーヘルスの委託製造請け負い開始。 (昭和58年)9月 - パワーヘルス生産1万台突破。 (昭和59年)• 4月 - 資本金3,000万円に増資。 9月 - パワーヘルス3500の厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 (昭和60年)• 1月 - 福岡営業所を開設。 5月 - 藤沢営業所を開設。 7月 - パワーヘルス9000の厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 9月 - 新宿営業所を開設。 (昭和61年)• 1月 - 千葉営業所を開設。 7月 - 新大阪営業所を開設。 11月 - 資本金62,341,800円に増資。 (昭和62年)2月 - 鹿児島営業所を開設。 (昭和63年)8月 - パワーヘルス生産5万台突破。 (元年)4月 - 佐賀営業所を開設。 (平成2年)• 2月 - 第3ヘルスビル完成 千葉県千葉市。 4月 - パワーヘルス4500B、6500の厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 12月 - 東京都府中市で第6ヘルス本社ビル完成、本社を移転。 (平成4年)• 4月 - 第8ヘルスビル完成。 (平成13年)- 3月社員寮に変更。 5月 - パワーヘルス生産台10万台突破。 7月 - 資本金125,025,800円に増資。 (平成5年)• 3月 - 仙台営業所を開設。 3月 - 株式会社ヘルス電子設立。 (平成6年)11月 - 実用新案を取得。 (実用新案番号 3006744号)• (平成9年)• 2月 - 発明特許を取得(特許番号 2609574号)• 3月 - 川崎営業所を開設。 (平成11年)9月 - パワーヘルス生産20万台突破。 (平成13年)• 2月 - パワーヘルス13000の厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 9月 - 札幌営業所を開設。 10月 - 府中営業所を開設。 12月 - 浜松営業所を開設。 (平成14年)• 6月 - パワーヘルス5000、7000の厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 (平成15年)パワーヘルス生産25万台突破。 (平成16年)• 4月 - パワーヘルス14000、10000の厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 (平成17年)• 4月 - 第二種医療機器製造販売業許可取得。 (許可番号13B2X90013) パワーヘルス生産28万台突破。 (平成18年)• 1月 - 高知営業所開設。 4月 - パワーヘルス5000A、の厚生労働省・経済産業省認可を取得。 4月 - パワーヘルス14000A、10000A、7000Aの厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 (平成19年)• 12月 - 川崎営業所を横浜みなとみらい営業所に名称変更。 12月 - 仙台営業所を東北営業所に名称変更。 12月 - 藤沢営業所を湘南営業所に名称変更。 12月 - 府中営業所を多摩営業所に名称変更。 12月 - 浜松営業所を中日本営業所に名称変更。 12月 - 京都営業所をきょうと営業所に名称変更。 12月 - 高知営業所を四国営業所に名称変更。 (平成20年)• 3月 - 資本金98,000,000円に減資。 7月 - さが営業所を九州さが営業所名称変更。 7月 - 新大阪営業所をニッセイ新大阪ビルに移転し、おおさか営業所に名称変更。 (平成22年)• 12月 - パワーヘルス14000B、11500B、9000Bの厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 (平成23年)8月 - 資本金47,000,000円に減資。 (平成24年)• 2月 - 創業者・代表取締役社長の古谷久死去。 4月 - 西日本営業所を開設。 (平成25年)• 1月 - 株式会社ヘルス創立35周年。 1月 - 従業員数650名。 1月 - ヘルスホールディングス株式会社設立。 4月 - 消費者庁の立ち入り検査を受ける。 - 一般社団法人日本ホームヘルス機器協会から自主退会。 10月 - 従業員数520名。 - 消費者庁の措置命令を受ける 後述。 (平成26年)• 4月 - ヘルスグループのコーポレートマークを変更。 4月 - 横浜みなとみらい営業所を日本生命横浜西口ビルに移転し、横浜営業所に名称変更。 5月 - 実用新案登録済。 (実用新案番号3191356号)• 7月 - コスモトロン14000 の厚生労働省・経済産業省認可取得し、製造・販売を開始。 (認証番号 226AKBZX00065000)• 7月 - コスモトロン11000 の厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 (認証番号 226AKBZX00064000)• 7月 - コスモトロン9000 の厚生労働省・経済産業省認可を取得し、製造・販売を開始。 (認証番号 226AKBZX00063000)• 7月 - おおさか営業所を新宇治電ビルに移転し、大阪営業所に名称変更。 7月 - 実用新案登録済。 (実用新案番号3192359号、3192619号)• 8月 - 実用新案登録済。 (実用新案番号3192956号)• 5-8月 - 西日本営業所閉鎖。 (平成27年)• 1月 - 札幌営業所、四国営業所、九州さが営業所閉鎖。 2月 - 意匠登録済。 (登録第1577870号)• 3月 - 発明特許取得済。 (特許番号5717010号、5717013号、5717014号)• 3月 - 実用新案取得済。 (実用新案番号3196922号、3196923号、3196924号)• 2月-3月 - 東北営業所、多摩営業所、中日本営業所、きょうと営業所閉鎖。 3月 - 従業員数180名。 8月 - 従業員数120名。 (平成28年)• 1月 - 福岡営業所を九州営業所に名称変更。 1月-2月 - 新宿営業所、大阪営業所、鹿児島営業所閉鎖。 9月 - コスモトロン9000 の販売を停止。 (平成30年)• 2月 - 本社を移転。 製品 [ ] 家庭用電位治療器「 パワーヘルス」(2015年3月現在は販売終了 )と「 コスモトロン」を製造・販売。 両機種共実際の製造は ユタカ電気株式会社が担当。 製造拠点は同社御殿場工場。 2003年11月時点で「累計生産台数23万台を突破し、毎年1万台以上をコンスタントに販売している安定商品に成長しています」と紹介されていた。 ユタカ電気株式会社は措置命令前の2013年6月時点では事業内容に「家庭用電位治療機器」も挙げていたが 、2015年現在は削除されている。 パワーヘルス [ ]• PH-5500• PH-3500• PH-9000• PH-4500B• PH-6500• PH-13000• PH-5000• PH-7000• PH-14000• PH-5000A• PH-14000A• PH-10000A• PH-7000A• 価格は1台50-40万円前後。 2016年9月にはCT-9000の販売が停止となった。 CT-14000• CT-11000• CT-9000 組織 [ ] 営業所 [ ]• 本社( )• 横浜営業所( )• 九州営業所( ) 措置命令の出た2013年10月時点では以下の営業所も存在した。 札幌営業所( )• 東北営業所( )• 多摩営業所( )• 新宿営業所(東京都 )• 千葉営業所( )• 中日本営業所( )• きょうと営業所( )• 大阪営業所( )• 西日本営業所(大阪府 大阪市北区)• 四国営業所( )• 九州さが営業所 ( )• 鹿児島営業所( ) 自社ビル [ ] 株式会社ヘルス本社(2013年) かつては自社ビルを保有していた。 2012年11月時点で4件。 第6ヘルスビル(東京都府中市)- 本社• 第8ヘルスビル(東京都府中市)- 元多摩営業所 グループ会社 [ ] 時点では以下のグループ会社が存在した。 ヘルスホールディングス株式会社• 株式会社ヘルス電気• 株式会社フリーラタン 販売方法 [ ] 一般小売店では取り扱わず 、自社で「健康ルーム」と称する会場を開設し、「 ヘルスアドバイザー」 と称する販売員による説明・販売を行っている。 かつては、固定給及び歩合給のある営業職と完全歩合給制度の販売委託契約の2種類を募集していたが 、2016年8月時点では、売り上げに応じた販売手数料を支給される委託販売のみ募集している。 不祥事 [ ] 景品表示法違反による措置命令 [ ] パワーヘルス体験会場 閉鎖 措置命令前は販売員を「 健康指導員」と称しており 、学歴・経験不問で募集。 年に10回位ヘルス本社で「特別研修」が開かれ、成績優秀な販売員には高級時計などが贈られていた。 ヘルス社はパワーヘルス使用者の体験発表会を開催し、その体験発表会を収録したや小冊子を作成していたが、パワーヘルスを継続して使用することにより、、、及び慢性が緩解するだけでなく治癒するかのように、また、、、等の他の特定の疾病もしくは症状も緩解または治癒するかのような表示をしていた。 創業者・元社長古谷久 2012年2月死去 は「理学博士」の肩書で講演をしていた。 2010年春にパワーヘルスの効果について講演した模様を収めたDVDによると、「80歳でもが始まり、胸も大きくなる」、「脳障害は3か月前に予知があり、それをキャッチして生体電子が進む。 が大量に出ると脳障害はすべて除去される」と話していた。 ところが、古谷久の博士号について問い合わせたところ、ヘルス社は「古谷社長が博士号を取得したのは、アメリカの大学だったと聞いています。 ()? 確かそんな名前だったと思いますが…」と話し、博士号を取得した大学を問いただす質問状に対しても「ノーコメント。 一切取材には応じられない」と回答していた。 電位治療器の効能としてで認められているのは「頭痛、肩こり、不眠症、慢性便秘の緩解」の4つのみであるが、販売会場では「妻が若返って色気が出た」、「やがうまくなる」等それ以外の効能も謳っていた。 「夜寝て使用すると3倍の効果がある」とも説明していたが、朝日新聞の取材に対してヘルス社側は「根拠はなかった」と認めている。 また、販売員は「パワーヘルスを使わないと悪化する」と強調するように指示され、「使わないと病気が悪化する」という脅かしも繰り返していた。 には、、など全国各地の営業所に消費者庁の立ち入り検査を受けた。 はDVDや冊子の体験談として紹介された「が消えた」、「C型肝炎から助かった」などの根拠を示すように求めたが、ヘルス社側は資料を提出せず、2013年10月17日付で景品表示法第4 条第1 項の規定により、禁止されている同項1号に違反する不当な表示を行っていたとして、同法第6 条に基づく景品表示法違反(優良誤認)の措置命令を受けた。 消費者庁により認定された違反期間は平成22年11月頃から平成25年4月頃 であるが、朝日新聞では体験会場で誇大なセールストークが「創業当時から続いていたようだ」と指摘され 、措置命令当時の社長は朝日新聞の取材に対し、「取締役に就任した04年ごろから薬事法に触れると思い、マニュアルの改訂を進言したが聞き入れられなかった」と答えている。 ヘルス社の対応 [ ] 消費者庁立ち入り検査後の2013年5月には、自社ホームページに「弊社および弊社製品パワーヘルスに対する悪質行為について」を掲載した。 消費者庁の措置命令前日の2013年10月16日にから「消費者庁は近く、製造販売業者ヘルスに、景品表示法違反で措置命令を出す方針を固めた」と報じられたが 、ヘルス社は自社ホームページで、「本日、一部報道機関より、当社の消費者庁処分に関する報道がなされましたが、これは当社が発表したものではありません。 当局へも確認をいたしましたが、当局からも発表された事実はございません」と否定した。 翌日2013年10月17日の消費者庁措置命令後、一転して同日付で自社ホームページにお詫びとお知らせを掲載。 また、日経新聞に対してヘルス社は「返品にも誠意をもって対応する」と答えている。 なお、返品については「根拠もなく病気が治るとして商品を販売していたのであればに基づき契約を取消し、代金を返金してもらうことができる可能性もある」と指摘されている。 は、ヘルス社が新聞の広告欄にお詫びを掲載したとしてその内容をホームページに転載した。 その後、措置命令から2か月にも満たないに現在のホームページを開設し 、お詫びを掲載した旧ホームページを閉鎖。 2014年4月には会社のコーポレートマークを変更し 、株式会社の運営する転職サイト typeの自社紹介でも「 創業より36年間、全国に電位治療器『コスモトロン』の体験会場を開設し、多くのお客様よりお喜びの声を頂いてきた当社 」と事実と異なる掲載をし、創業当初からの製品であるパワーヘルスと消費者庁からの措置命令には触れなかった。 日本相撲協会との関係 [ ] コスモトロン体験会場の白鵬のパネルと懸賞旗 2016年6月まで「株式会社ヘルスはを応援しています」、「全ての場所に懸賞を懸けております」として、第69代横綱、入りや自社の懸賞旗が並んだ写真を日本相撲協会の許可のもとに自社ホームページで掲載していた。 体験会場では自社の懸賞旗や大相撲番付が飾られ 、会社案内にも懸賞旗が並んだ写真を掲載しており、大相撲の懸賞がや誇大なセールストークと共にを引き付ける要素であると指摘されていた。 2013年4月の消費者庁立ち入り検査を受けた後の5月以降は懸賞を自粛していたが 、2013年10月17日の措置命令後に旧ホームページを閉鎖して新たに現在のホームページを開設した2013年12月以来 他社同様に懸賞を懸けていた。 2014年にはコスモトロン発売とパワーヘルスの生産停止に伴い 、それまでの「パワーヘルス」、「株式会社ヘルス」から「コスモトロン」、「株式会社ヘルス」と表示された懸賞旗に変更した。 2016年、日本相撲協会は大相撲懸賞手続のご案内(お願い)で「ホームページ等へ掲載の場合は、『懸賞掲出の報告(告知)』のみに用途を限定し、掲載期間を設定」とし、なおかつ「企業PR活動またそれを兼ねた活動で使用を厳禁」とした。 これを受けて同年9月にはヘルス社の大相撲紹介ページが自社ホームページから削除されて閲覧不能となったが 、日本相撲協会へのリンク自体は残されている。 ドナルド・マクドナルド・ハウスとの関係 [ ] 措置命令後の2014年3月以来、自社ホームページで社会貢献活動としてドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンにより設置・運営されているに2014年より毎年寄付を行いBRONZEスポンサーとして支援していることを、「株式会社ヘルスはドナルド・マクドナルド・ハウスを支援しています」と財団法人の許可を得てロゴマークも載せて宣伝している。 京都ジョブナビによるヘルス社情報の扱い [ ] 京都ジョブナビは、2016年8月3日付の更新で、ヘルス社のきょうと事業所が2015年3月に閉鎖されているにもかかわらず、きょうと事業所の住所や画像とともに「東京都、大阪府、福岡県 他全国に12営業所あり」と2016年8月現在の3営業所という実態とは全く異なる情報を掲載した。 脚注 [ ] []• インターネットアーカイブ 2013年11月12日• インターネットアーカイブ 2013年4月12日• インターネットアーカイブ 2013年6月8日• Archive. is 2014年5月3日• インターネットアーカイブ 2014年8月5日• インターネットアーカイブ 2015年1月20日• インターネットアーカイブ 2015年1月25日• インターネットアーカイブ 2015年2月12日• インターネットアーカイブ 2015年3月17日• インターネットアーカイブ 2015年10月7日• インターネットアーカイブ 2016年2月16日• インターネットアーカイブ 2016年2月12日• インターネットアーカイブ 2016年9月14日• インターネットアーカイブ 2015年4月2日• インターネットアーカイブ 2013年6月24日• インターネットアーカイブ 2013年12月12日• インターネットアーカイブ 2016年9月14日• インターネットアーカイブ 2013年10月11日• インターネットアーカイブ 2012年11月18日• インターネットアーカイブ 2014年9月19日• インターネットアーカイブ 2015年7月21日• インターネットアーカイブ 2016年4月11日• インターネットアーカイブ 2011年8月27日• 薬事法に接触する恐れも 電位治療器は本当に効くのか TIMES' 2011年6月号 23頁• インターネットアーカイブ 2013年5月11日• インターネットアーカイブ 2013年10月28日• インターネットアーカイブ 2013年10月17日• インターネットアーカイブ 2013年11月4日• インターネットアーカイブ 2016年3月4日• インターネットアーカイブ 2013年10月22日• インターネットアーカイブ 2013年12月12日• インターネットアーカイブ 2013年12月6日• インターネットアーカイブ 2014年5月11日• インターネットアーカイブ 2016年6月1日• インターネットアーカイブ 2015年4月7日• インターネットアーカイブ 2013年12月12日• インターネットアーカイブ 2015年3月20日• インターネットアーカイブ 2014年7月31日• インターネットアーカイブ 2014年8月20日• インターネットアーカイブ 2017年1月5日• インターネットアーカイブ 2016年9月14日• インターネットアーカイブ 2014年3月2日• インターネットアーカイブ 2016年11月23日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• インターネットアーカイブ.

次の

株式会社ウエルアップ 会社案内

株式 会社 ヘルス アップ

総合メニュー 株式取引• 信用取引• 投資信託• 外貨建てMMF• その他商品• マネックスアドバイザー• 個人型確定拠出年金 iDeCo• 保有残高・口座管理• 入出金• 投資情報• レポートセミナー• 米国株 アップワークなど20銘柄を取扱い開始!• 米国株 アップワークなど20銘柄を取扱い開始! クラウドソーシング大手、アップワーク(UPWK)など アップワーク(UPWK)は、フリーランスの働き手と企業のマッチングサイト、いわゆるクラウドソーシングサービスを運営しています。 10月3日にナスダックに上場しました。 ファーフェッチ(FTCH)はイギリスでファッションECサイトを運営しており、2018年9月に米国市場に上場し、取引が可能になっています。 10月11日に上場したばかりのライベント(LTHM)は、FMC(FMC)からスピンオフしたリチウム生産会社です。 10月4日に上場したガータント・ヘルス(GH)はがん遺伝子検査会社で、ソフトバンクが上場前に出資し、現在も筆頭株主であることが知られています。 ティッカーシンボル 銘柄名 銘柄概要 ARDS アリディス・ファーマシューティカルズ 米国のバイオ医薬品企業 ARLO アーロ・テクノロジーズ 米国のIT企業 AUTL オートルス・セラピューティクス イギリスのバイオ医薬品企業 ELAN エランコ・アニマル・ヘルス 米国の動物用医薬品メーカー EVER エバークオート 米国のオンライン自動車保険会社 FTCH ファーフェッチ イギリスのファッションECサイト GH ガーダント・ヘルス 米国のがん遺伝子検査会社 IIIV i3バーティカルズ 米国の決済サービス会社 LAIX ライックス 中国で人工知能を用いた英語学習サービスを提供 LTHM ライベント リチウム生産会社 MNLO メンロー・セラピューティクス 米国のバイオ医薬品企業 NEW プーシン 中国の教育サービス企業 SONO ソノス 米国のオーディオ機器メーカー STIM ニューロネティクス 米国の医療機器メーカー TENB テナブル・ホールディングス 米国のサイバーセキュリティー企業 UPWK アップワーク 米国のクラウドドソーシング企業 VIOT バイオミ・テクノロジー 中国のスマート家電メーカー VRCA ヴェリカ・ファーマシューティカルズ 米国の医薬品企業 XYF Xフィナンシャル 中国のフィンテック企業 ZAYO ザヨ・グループ・ホールディングス 米国のITインフラプロバイダー (出所:各種データよりマネックス証券作成 2018年10月9日時点) マネックス証券 米国株(アメリカ株)取引サービスの特長• 最低手数料 5ドル(税抜)は業界最安水準。 さらに「ゼロETF」対象銘柄なら手数料ゼロ!• 特定口座で、確定申告の手間を軽減できます• 個別株も、ETFも、充実の取扱銘柄数• 主要オンライン証券で唯一!時間外取引に対応• 最先端のテクノロジーが詰まったスマートフォンアプリ• 米ドルへの事前振替不要!日本円から直接、米国株を買付できます• (松井証券、カブドットコム証券は米国株の取扱いはありません) <リスク> 米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。 米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。 )や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。 国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。 なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

次の