龍 が 如く 0 誓い の 場所。 『龍が如く0 誓いの場所』感想レビュー【ネタバレ無し】

【ネタバレ・評価】『龍が如く0 誓いの場所』ストーリー

龍 が 如く 0 誓い の 場所

ユーモア、知的なノワール風スリラー物語、膨大なボリュームがありつつも、『龍が如く』の真の強みは、日本の街並みを見事に再現したディテールであり続けている。 真島が通りを歩いていると、ネオン・サインを見た私は今すぐにでも日本に戻りたくなってしまう。 ラーメン屋でラーメンを食べていてふと気付くと、航空会社のサイトでチケットを探している自分がいるのである。 過去の『龍が如く』はどれも真の古典だし、『龍が如く0』もジャンル最高峰に肩を並べるJRPGとして好調を維持している。 必携だ。 コンセプト: 膨大なサイド・コンテンツに取り組みつつ2人のヒーローを操って日本の犯罪社会を闊歩する、長寿シリーズの前日譚 グラフィック: 街とキャラクターの大半は綺麗な出来だが、たまに旧世代に取り残されているかのような顔やモデリングに出くわすことも サウンド: 環境ノイズが賑やかな世界観を演出。 数々のミニゲームは多種多様なジャンルを網羅しているが、キャバクラの経営からクレーン・ゲームまで、操作性は優れている エンターテイメント性: シリーズの長い歴史に怖気づくことなかれ。 本作は、新規プレーヤーを本格的なシリーズ・ファンに変える取っ付き易い入門編だ リプレー性: 高い 『龍が如く0』は凄まじいボリュームに挑んでおり、そのほぼ全てで成功していると言っても過言ではない。 『龍が如く』シリーズは欧米でもカルト的人気を博しているが、メインストリームに割って入るには至っていない。 もしこの世界に正義があるなら、それも変わるはずだ。 『龍が如く』のファンは『龍が如く0』を隅々まで堪能できるだろう。 本作で初めて、桐生と真島が成り上がっていった過程を追体験できるのだ。 それだけではなく、真島の全く異なる一面や、一年生やくざとして最も弱い立場にある桐生を目にすることもできる。 とはいえ、シリーズの初心者にとっても最高の入門編となっている。 確かに、過去作でもそれまでのあらすじを要約して伝えてくれていたが、実際に体験するのと、膨大な要約を読まされるのとでは全く違うのだ。 それに、本作は前日譚なので、この世界のことを何も知らずとも、路頭に迷うようなことにはならないはずだ。 『龍が如く0』をクリアした新規プレーヤーは、近いうちに『龍が如く 極』をプレーできるようになるし、その後は古くからのファンと一緒に他のシリーズ作品で頭がいっぱいになるだろう。 良い点: ・真に迫る舞台設定 ・最高のストーリーテリング ・ボリューム満点 悪い点: ・ストレスが溜まることがある戦闘 ・物足りないグラフィック 『龍が如く0』は、偶然アクション/格闘ゲームでもある、アニメのように感じられる。 唯一の問題は、格闘部分が古臭く感じられることだが、環境オプションと複数の格闘スタイルが良いアクセントになっている。 ちっぽけな空き地で大規模な争いが勃発する東京の怪しげな裏社会には、プレーヤーを没頭させる物語が潜んでいる。 舞台となる街並みは真に迫っており、多種多様なレストランやバーが立ち並び、独自の報酬が待っているミニゲームもプレーできる。 シリーズのファンはセガがローカライズに時間をかけてくれたことに感謝するはずだし、シリーズ入門を感がテイル新参者にとっても、素晴らしい前日譚となるはずだ。 良い点: ・素晴らしい前日譚物語 ・美しくアクティビティに満ち溢れた街 ・中毒性のある戦闘 ・最高のサウンドトラック 悪い点: ・一部の退屈なミッション ・時折安っぽく見えるカットシーン ・一部の出来の悪いテクスチャ 本編の邪魔をすることのない完璧な前日譚であり、1作目の邪魔をすることなく、ファンお気に入りのキャラクターたちの最高の場面を提供している。 長年のファンにとっては埋める必要のなかった穴を埋めてくれる驚異的な前日譚であり、新参者にとっては『龍が如く』の世界に飛び込む最高の口実となるだろう。 1作目のHDリメイクが年内にも欧米でリリースされることもあり、できるだけ早く参戦することをおススメする。 古臭いグラフィックと一部の雑なビジュアルを除けば、『龍が如く0』は間違いなくチェックする価値のあるゲームだ。 しかし、相応しい最後に感じられ、現時点では通用しているが、2018年には通用しなくなっているだろう。 正に絶妙のタイミングでやってきたゲームだが、最後にはこのシリーズには新たな方向性が必要なのではと感じ始めてきた。 新キャラクターや全く新しい物語が順当なところだろうが、ひとまずは腰を据えてじっくりと本作を楽しもう。 カラオケ・ミニゲームからストリート・ファイト、収集要素まで、『龍が如く0』は万人が満足できるゲームだ。 本作は80年代のための80年代のゲームであり、そのように楽しむべきなのである。 ポケットに60ドルがあり、何か新作をプレーしたいなら、是非とも『龍が如く0』を手に取ってほしい。

次の

【PS4/PS3ゲームレビュー】龍が如く0 誓いの場所

龍 が 如く 0 誓い の 場所

プレイ時間・難易度 130時間(放置10時間位?) 難易度: 長かった。 コンプリートまでの要素がとにかく多くて圧倒的に時間がかかる。 多いとはいえシノギとサブストーリーのクオリティは高いし、ミニゲームも一部を除いて面白かったので (キャットファイトは除く)100時間超えとはいえ相当楽しんだ。 麻雀での一気通貫も全然出なかったのはかなりイラついたが……。 リーチが出ても先に上がられたり。 とにかくカツアゲ君の裏技?を利用して、シノギ・イベント消化のための資金を早めに用意することが最重要。 シナリオは龍が如くシリーズで一番面白かった。 それ以外の要素を合わせても龍が如くシリーズ最高傑作と言えると思う。 真島の兄さんを始めとした、この作品の未来である旧作シリーズに登場している人物の描き方がよかった。 取り返しがつかない事 メインシナリオの特定の章で取得できるトロフィーは取り逃すともう一周する必要がある。 それ以外のトロフィーはメインシナリオ後のプレミアムアドベンチャーでトロフィーを取得可能なので、気にしなくて大丈夫。 メインシナリオ限定のトロフィーは以下の通り• どうせなら気前良く(二章でシャンパンを欲しがっているホームレスにシャンパンゴールドを渡す)• 電撃トレード成立(三章でオデッセイの情報収集を三箇所でしておく)• エリートビジネスマン(五章で喫茶店での接客を完璧にこなす)• 冷めても美味しい(七章で15分放置したたこ焼きをマコトに渡す)• 社員一丸となって(十章で協力ヒートアクションを使って敵を三人倒す)• お宝ざっくざく!(十二章終盤のラストフロア手前の金庫を壊す)• ヒートスナイプ(十三章でアフロを狙撃)• トラブル対処はお手の物(十五章で麗奈のQTE失敗) こまめにセーブをしておけば、気が付かずスルーしても問題ない。 メインシナリオを終わらせプレミアムアドベンチャーが始まったら、カツアゲ君を利用してとにかく金を稼ぐこと。 金を稼ぐとシノギが円滑に進められるし、各種ミニゲームにじゃぶじゃぶ金が使えるし、能力もガンガン上げられる。 このゲームは金があれば何でもできる。 バブル最高。 カツアゲ君を利用しての金の荒稼ぎは桐生編で行う。 CP交換所で「お金獲得力強化」「ありがとうカツアゲ君」のボーナスを獲得したら、• カツアゲ君に倒されて所持金全額カツアゲされる。 カツアゲ君をぶちのめして全額カツアゲ返しする。 を繰り返す。 カツアゲ君は武器のヒートアクションで倒すのがてっとり早い。 倒した(倒された)後はどこかに入ってフィールドに出ればフィールド上の何処かにカツアゲ君は復活する。 サブストーリー金持ち君を桐生編・真島編でクリアする ありったけの金を稼いだら、 サブストーリー金持ち君を桐生・真島両編でクリアし、桐生編から真島編にお金を受け渡せるようにする。 真島編のシノギは営業する前に ミニゲーム攻略 面倒なミニゲーム攻略。 ディスコ (これはディスコとは関係ない) 目押しでやるととんでもなくやりにくいので、必ずミュージックに合わせてボタンを押す。 無理にステップ数を稼がなくても星三つはとれる。 逆に目押しで星三つとれる人はすごいと思う。 ポケットサーキット ポケサー最強王決定戦! ファイターを倒すよりもコチラのレースの方が個人的には難しかった。 かなり試行錯誤した。 なんだかんだ言って運に左右されるところがあるので、一度コースアウトしても何度かやった方がいいかも。 コースアウトしそうな時にボタンを連打すると思うが、早く連打をする必要はない。 ファイターとバトル スピードが早すぎるとアップダウン繰り返しのところで簡単にコースアウトする。 それにしても彼の働きを考えると時給850円はひどすぎる気がする。 キャットファイト(単体予想を10回的中させた) ミニゲームの中ではこれが圧倒的に一番めんどくさい。 長時間かかるくせに放置ができない。 連打ゲーのようで連打ゲーじゃない(負けるときは負ける) 相手によっては理不尽に逆転されることもある。 ……のように発狂したくなることもあると思うが、がまんしてくれ。 肝心の目的はトーナメント優勝者を10回的中させる。 一番勝率が高いのでジェニファー(三十路)にかけ続ける。 バトルの仕組みは(一応)ジャンケンバトル。 グーチョキパーの下部に星があるが、 この星が多ければ多いほど火力が高くなる確率が高い。 グーチョキパーのどれを出すかだが、 この場合、相手のグーチョキパーの中で星が少ないのはパーなので、グーを出し続けると良い。 負けた時被ダメージが少なくてすむ。 各種戦闘攻略 亜門創・亜門丈攻略 亜門創 大砲に当たらないように、真横に回避しながらチクチクと殴る。 静止してると即死級の威力を誇る極太レーザービームをぶっ放してくるので、常に動いておく。 ある程度ダメージを与えると、亜門創の大砲攻撃が止まり、直接殴ってくるようになる。 更に謎のヘリコプターが攻撃判定のある家具?を嵐のようにばらまいてくる。 このオブジェクトの中にたまに白いドリンク?ような物体が混ざっているが、これを取ると一定時間無敵になれる。 亜門もこれを取ると無敵になる。 亜門創戦の後半戦はこれをうまく取るか(相手に取らせない)だけで勝負が決まる。 無敵になれたら亜門を殴り、無敵でない時はひたすら逃げ続ける。 亜門丈 スラッガーで攻撃をガードしヒートゲージを貯め、スラッガーの立ちヒートアクションするというチキン戦法が楽だと思う。 レジェンド攻略 概要 基本的にびりびりショットガンを連射するだけですべての戦いに楽に勝てる。 ボスだろうが集団戦だろうがお構いなし。 四章になったら龍虎飯店の武具探索でびりびりショットガンを入手し、アイテム欄いっぱいに買い占める。 桐生編では五章から龍虎飯店神室町店で武器が買える( 神室町の龍虎飯店に行っておかないと蒼天堀の龍虎飯店は利用できない) シノギなどのお金稼ぎはする必要はない。 お金に関しては、自由に移動できるようになったら神社に行き ボブ宇都宮0からダイヤモンドの皿をもらいえびすやで売る。 これで桐生編、真島編どちらも一億円の資金が手に入る。 後は体力回復アイテムとして、ドン・キホーテでタフネスZZを常にアイテム欄いっぱいに買い占めておく。 これだけで嵌められる。 ちなみに最終章の久瀬以外に有効。 そうなったら相手の攻撃を誘いスキを作らせて殴る。 十三章のカーチェイス ヒートアイは常時使用のつもりでOK。 惜しまなくてよい。 敵のカーソルが黄色になったらガンガン使おう。 運転席の敵を集中して狙う。 ヘリのロケット砲は即死級なので、最優先で狙う。 バトルは全部びりびりショットガンでいいよ 前述した通り、びりびりショットガンが手に入る四章・五章以降のボスバトルは全部びりびりショットガンをぶっ放すだけで良い。 逆にショットガンがないとマコトを守るエスコートバトルはとんでもなく難易度が高い気がする。 究極闘技攻略 難易度が高いと思ったもの攻略。 極限闘技以外 試練闘技5 紫の服を着ているガタイの良いやつだけを狙う。 他の雑魚ゾンビは放っておいて大丈夫。 ほとんど攻撃してこないので。 体力が減ったら、桐生は壊し屋ゲージ3rd時でR2ボタン。 真島はスラッガーで3rdのヒートアクションで回復可。 極限闘技1• 極限闘技2• 西谷は起き上がりに床這いずり攻撃をしてくることがあるので、たまにそれが引っかかる。 以下繰り返し。 極限闘技5 一部の敵でダンサーのコンボが通用しないことがあるものの、世良ほどではない。 究極闘技5と究極闘技6は長い代わりに一人一人が弱めに設定されている。 ヒートアクションとHP回復が強すぎてやられる要素が見当たらない。 その他 ユキちゃんかわいい キャバクラのコールサイン後のモデルのクオリティは異常。 マコトは結局真島に気づいたのかな? 最後の懐中時計を見つけた時点でついさっき会った人物(真島)がそうだと気づいたと思いたい。 理由としては、• マコトの目が少しだけ見えていた時に真島の顔の輪郭は比較的はっきり見えていたし、眼帯をしていることも肉眼で確認している。 オデッセイ倉庫で懐中時計の話をする際、その前に真島の片目が見えないことについて会話をしていて、その話に興味を持っていた、というのが根拠。 そういう訳でEDで懐中時計を見た時に、先程会った人物と、上の手がかりが全て繋がったんじゃないかと思った。 伏線としては弱いですかねぇ……? 希望的観測だよ。

次の

龍が如く0 誓いの場所

龍 が 如く 0 誓い の 場所

プレイ時間・難易度 130時間(放置10時間位?) 難易度: 長かった。 コンプリートまでの要素がとにかく多くて圧倒的に時間がかかる。 多いとはいえシノギとサブストーリーのクオリティは高いし、ミニゲームも一部を除いて面白かったので (キャットファイトは除く)100時間超えとはいえ相当楽しんだ。 麻雀での一気通貫も全然出なかったのはかなりイラついたが……。 リーチが出ても先に上がられたり。 とにかくカツアゲ君の裏技?を利用して、シノギ・イベント消化のための資金を早めに用意することが最重要。 シナリオは龍が如くシリーズで一番面白かった。 それ以外の要素を合わせても龍が如くシリーズ最高傑作と言えると思う。 真島の兄さんを始めとした、この作品の未来である旧作シリーズに登場している人物の描き方がよかった。 取り返しがつかない事 メインシナリオの特定の章で取得できるトロフィーは取り逃すともう一周する必要がある。 それ以外のトロフィーはメインシナリオ後のプレミアムアドベンチャーでトロフィーを取得可能なので、気にしなくて大丈夫。 メインシナリオ限定のトロフィーは以下の通り• どうせなら気前良く(二章でシャンパンを欲しがっているホームレスにシャンパンゴールドを渡す)• 電撃トレード成立(三章でオデッセイの情報収集を三箇所でしておく)• エリートビジネスマン(五章で喫茶店での接客を完璧にこなす)• 冷めても美味しい(七章で15分放置したたこ焼きをマコトに渡す)• 社員一丸となって(十章で協力ヒートアクションを使って敵を三人倒す)• お宝ざっくざく!(十二章終盤のラストフロア手前の金庫を壊す)• ヒートスナイプ(十三章でアフロを狙撃)• トラブル対処はお手の物(十五章で麗奈のQTE失敗) こまめにセーブをしておけば、気が付かずスルーしても問題ない。 メインシナリオを終わらせプレミアムアドベンチャーが始まったら、カツアゲ君を利用してとにかく金を稼ぐこと。 金を稼ぐとシノギが円滑に進められるし、各種ミニゲームにじゃぶじゃぶ金が使えるし、能力もガンガン上げられる。 このゲームは金があれば何でもできる。 バブル最高。 カツアゲ君を利用しての金の荒稼ぎは桐生編で行う。 CP交換所で「お金獲得力強化」「ありがとうカツアゲ君」のボーナスを獲得したら、• カツアゲ君に倒されて所持金全額カツアゲされる。 カツアゲ君をぶちのめして全額カツアゲ返しする。 を繰り返す。 カツアゲ君は武器のヒートアクションで倒すのがてっとり早い。 倒した(倒された)後はどこかに入ってフィールドに出ればフィールド上の何処かにカツアゲ君は復活する。 サブストーリー金持ち君を桐生編・真島編でクリアする ありったけの金を稼いだら、 サブストーリー金持ち君を桐生・真島両編でクリアし、桐生編から真島編にお金を受け渡せるようにする。 真島編のシノギは営業する前に ミニゲーム攻略 面倒なミニゲーム攻略。 ディスコ (これはディスコとは関係ない) 目押しでやるととんでもなくやりにくいので、必ずミュージックに合わせてボタンを押す。 無理にステップ数を稼がなくても星三つはとれる。 逆に目押しで星三つとれる人はすごいと思う。 ポケットサーキット ポケサー最強王決定戦! ファイターを倒すよりもコチラのレースの方が個人的には難しかった。 かなり試行錯誤した。 なんだかんだ言って運に左右されるところがあるので、一度コースアウトしても何度かやった方がいいかも。 コースアウトしそうな時にボタンを連打すると思うが、早く連打をする必要はない。 ファイターとバトル スピードが早すぎるとアップダウン繰り返しのところで簡単にコースアウトする。 それにしても彼の働きを考えると時給850円はひどすぎる気がする。 キャットファイト(単体予想を10回的中させた) ミニゲームの中ではこれが圧倒的に一番めんどくさい。 長時間かかるくせに放置ができない。 連打ゲーのようで連打ゲーじゃない(負けるときは負ける) 相手によっては理不尽に逆転されることもある。 ……のように発狂したくなることもあると思うが、がまんしてくれ。 肝心の目的はトーナメント優勝者を10回的中させる。 一番勝率が高いのでジェニファー(三十路)にかけ続ける。 バトルの仕組みは(一応)ジャンケンバトル。 グーチョキパーの下部に星があるが、 この星が多ければ多いほど火力が高くなる確率が高い。 グーチョキパーのどれを出すかだが、 この場合、相手のグーチョキパーの中で星が少ないのはパーなので、グーを出し続けると良い。 負けた時被ダメージが少なくてすむ。 各種戦闘攻略 亜門創・亜門丈攻略 亜門創 大砲に当たらないように、真横に回避しながらチクチクと殴る。 静止してると即死級の威力を誇る極太レーザービームをぶっ放してくるので、常に動いておく。 ある程度ダメージを与えると、亜門創の大砲攻撃が止まり、直接殴ってくるようになる。 更に謎のヘリコプターが攻撃判定のある家具?を嵐のようにばらまいてくる。 このオブジェクトの中にたまに白いドリンク?ような物体が混ざっているが、これを取ると一定時間無敵になれる。 亜門もこれを取ると無敵になる。 亜門創戦の後半戦はこれをうまく取るか(相手に取らせない)だけで勝負が決まる。 無敵になれたら亜門を殴り、無敵でない時はひたすら逃げ続ける。 亜門丈 スラッガーで攻撃をガードしヒートゲージを貯め、スラッガーの立ちヒートアクションするというチキン戦法が楽だと思う。 レジェンド攻略 概要 基本的にびりびりショットガンを連射するだけですべての戦いに楽に勝てる。 ボスだろうが集団戦だろうがお構いなし。 四章になったら龍虎飯店の武具探索でびりびりショットガンを入手し、アイテム欄いっぱいに買い占める。 桐生編では五章から龍虎飯店神室町店で武器が買える( 神室町の龍虎飯店に行っておかないと蒼天堀の龍虎飯店は利用できない) シノギなどのお金稼ぎはする必要はない。 お金に関しては、自由に移動できるようになったら神社に行き ボブ宇都宮0からダイヤモンドの皿をもらいえびすやで売る。 これで桐生編、真島編どちらも一億円の資金が手に入る。 後は体力回復アイテムとして、ドン・キホーテでタフネスZZを常にアイテム欄いっぱいに買い占めておく。 これだけで嵌められる。 ちなみに最終章の久瀬以外に有効。 そうなったら相手の攻撃を誘いスキを作らせて殴る。 十三章のカーチェイス ヒートアイは常時使用のつもりでOK。 惜しまなくてよい。 敵のカーソルが黄色になったらガンガン使おう。 運転席の敵を集中して狙う。 ヘリのロケット砲は即死級なので、最優先で狙う。 バトルは全部びりびりショットガンでいいよ 前述した通り、びりびりショットガンが手に入る四章・五章以降のボスバトルは全部びりびりショットガンをぶっ放すだけで良い。 逆にショットガンがないとマコトを守るエスコートバトルはとんでもなく難易度が高い気がする。 究極闘技攻略 難易度が高いと思ったもの攻略。 極限闘技以外 試練闘技5 紫の服を着ているガタイの良いやつだけを狙う。 他の雑魚ゾンビは放っておいて大丈夫。 ほとんど攻撃してこないので。 体力が減ったら、桐生は壊し屋ゲージ3rd時でR2ボタン。 真島はスラッガーで3rdのヒートアクションで回復可。 極限闘技1• 極限闘技2• 西谷は起き上がりに床這いずり攻撃をしてくることがあるので、たまにそれが引っかかる。 以下繰り返し。 極限闘技5 一部の敵でダンサーのコンボが通用しないことがあるものの、世良ほどではない。 究極闘技5と究極闘技6は長い代わりに一人一人が弱めに設定されている。 ヒートアクションとHP回復が強すぎてやられる要素が見当たらない。 その他 ユキちゃんかわいい キャバクラのコールサイン後のモデルのクオリティは異常。 マコトは結局真島に気づいたのかな? 最後の懐中時計を見つけた時点でついさっき会った人物(真島)がそうだと気づいたと思いたい。 理由としては、• マコトの目が少しだけ見えていた時に真島の顔の輪郭は比較的はっきり見えていたし、眼帯をしていることも肉眼で確認している。 オデッセイ倉庫で懐中時計の話をする際、その前に真島の片目が見えないことについて会話をしていて、その話に興味を持っていた、というのが根拠。 そういう訳でEDで懐中時計を見た時に、先程会った人物と、上の手がかりが全て繋がったんじゃないかと思った。 伏線としては弱いですかねぇ……? 希望的観測だよ。

次の