ドコモ 5g 対応 携帯。 ドコモの5Gスマホ「AQUOS R5G」に乗り換え 契約時の注意点は? 通信速度はどれくらい? (1/2)

3月25日開始! NTTドコモが「5G」サービスの料金、端末を発表

ドコモ 5g 対応 携帯

ドコモの「AQUOS R5G」を購入した SIMは変更不要 2年縛りなしも、解約金発生の期限は引き継がれる 筆者は3月25日の発売日や翌26日は都合がつかず、27日の午前に、都内量販店で機種変更の手続きをした。 ブラックレイとオーロラホワイトのどちらを選ぶか直前まで悩んだが、その店舗では「ブラックレイ」が残り1台だったのと、5Gらしいカラーはこちらかな、ということで、ブラックレイを選んだ。 LTE(Xi)からの契約変更になるので、それに関連する事項をまとめたい。 まず、事務手数料は機種変更の2000円(税別、以下同)よりも1000円高い3000円がかかる。 SIMカードはLTEで使っていたものから変更はなく、契約変更の手続き後に、SIMを入れ替えるだけでAQUOS R5Gで通信可能となった。 ただし、このSIMを元のLTE端末で使えるかは、端末によって異なる。 ドコモは、5G契約のSIMをLTE端末で使えるかどうかのを公開しているので、こちらを参考にしたい。 SIMカードはLTEと同じものを使用する 筆者は直近では「JOJO L-02K」や「M Z-01K」を使っていたが、リストでは、どちらも5G契約のSIMでは「利用不可」となっている。 おや……? リストで利用不可となっていても、必ずしも使えないわけではないようだ。 ただし、使えたとしても動作保証外となるので注意したい。 料金プランは「5Gギガホ」か「5Gギガライト」を選択できる。 料金体系はLTE向けの「ギガホ」「ギガライト」と似ているが、5Gギガホはキャンペーンという立て付けでデータ容量が無制限なのが大きな特徴だ。 月の途中で5Gに契約変更した場合、5Gの料金プランがさかのぼって適用され、LTEと5Gそれぞれの料金が日割り計算になるわけではない。 ただしギガライトのデータ容量はリセットされず、LTEで消費した分が5G契約にも引き継がれる。 また、5Gギガホと5Gギガライトのどちらも、定期契約(いわゆる2年縛り)はなく、いつ解約しても、解約金は発生しない。 ただし、LTE時代に定期契約をしていた場合、解約金が発生する期間が留保され、5Gに変更後も、次の更新月より前に解約をすると解約金(9500円)が発生することは注意したい。 筆者は「2020年11月30日」が解約金の留保期限となっているため、11月30日までにドコモを解約すると解約金が発生する(12月以降なら発生しない)。 関連記事• 3大キャリアにおける5G商用サービスが始まりました……が、契約においてよく分からない面もあります。 そこで、それぞれのキャリアに質問をぶつけてみることにしました。 3月25日にドコモが、翌26日にはauが、さらに27日にはソフトバンクが商用サービスを開始し、大手3キャリアの5Gがついに出そろった。 ネットワークの構築の仕方や端末ラインアップ、料金設計には方向性の違いもある。 それぞれの戦略を見ていこう。 NTTドコモの「5G」が3月25日にスタート。 料金プランは現行プランをベースとした専用プランとなっており、「5Gギガホ」ではキャンペーンで当面「国内容量無制限」とする。 NTTドコモが3月25日に、KDDIが3月26日に、ソフトバンクが3月27日に「5G」の商用サービスを開始する。 これに伴い、各社は5G対応スマートフォンを発売する。 ここでは、各キャリアが扱う5G端末のラインアップ、発売時期、(判明している)価格をまとめる。 ドコモがシャープの5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を3月25日に発売する。 5Gに対応したことに加え、約6. 5型の大型ディスプレイと8Kワイドカメラを搭載している。 8Kで撮影した動画から、AIによって人物や動物を自動で認識してズーム再生する「フォーカス再生」機能も用意した。

次の

ドコモ 5G対応機種 おすすめは 1番いい機種 買うならどれがいい?

ドコモ 5g 対応 携帯

NTTドコモは、5Gプレサービス発表会「5G OPEN DAY」にあわせて、5Gプレサービス用スマートフォンの情報を公開しました。 ドコモでは5Gの商用サービスを2020年春より開始する予定。 それに先駆け9月20日から5Gプレサービスとして、イベントなどの場で5Gの新しい要素をアピールする場が設けられます。 今回、そこで用いられる5Gスマートフォン3機種と屋内用5G Wi-Fiルーター1機種が披露されました。 このプロトタイプは今年2月の展示会「MWC19 Barcelona」が初出。 MWCでは「Xperia 1をベースとしたプロトタイプ」と紹介されています。 MWC時点ではミリ波帯のみをサポートしていましたが、今回はサブ6(6GHz以下の周波数帯、sub6)にも対応します。 この試験端末はサブ6に対応しますが、ミリ波のサポートはありません。 ドコモによれば、5Gならではの見せ方としてマルチアングル配信などを推していきたい考えとのこと。 ライブ映像を生配信する「新体感ライブ」やJR九州と取り組む観光列車での情報配信などでこの2画面スマートフォンが活用されることになります。 関連記事: NTTドコモは韓国キャリアのKTやSKテレコムと5G技術の開発で協力関係にあります。 その両社の5Gサービスで販売端末にラインナップされているのがGalaxy S10 5GとLG V50 ThinQ。 すでに商用サービスでの採用実績がある2機種を日本での試験端末として選定したものと思われます。 ちなみにソフトバンクのプレサービスではAQUOS R3ベースの5Gプロトタイプも採用されていますが、ドコモでの採用は今回見送られたようです。 すでに海外で発表された5Gスマートフォンと類似しているモデルもありますが、ドコモは「ベースモデルがある機種も含まれるが、ドコモにおいては試作機という扱いで、市販の予定はない」としています。 ただし、商用機でもないのに背面にはきっちりと「docomo」のロゴが印刷されており、ドコモが5Gにかける意気込み(とロゴ印刷に対するこだわり)が伝わってきます。 なお、チップセットとモデムは3機種ともSnapdragon 855+Snapdragon X50 5Gモデムという構成。 現状、5Gモデムはファーウェイ製スマートフォン以外はSnapdragon X50モデムの独壇場といっても過言ではない状況ですので、似通った構成になるのは仕方のないところでしょう。 据え置き用途を想定したものなので、かなりの厚みがあります。 チップセットとモデムは上記スマートフォンと同じくSnapdragon 855+Snapdragon X50 5Gモデムを採用しています。

次の

ドコモが「5Gプレサービス」対応端末を披露 スマホ3機種とルーター1機種

ドコモ 5g 対応 携帯

5G対応スマホは来春 メーカーからは5G対応スマホが続々発表されていますが、少なくともドコモでは5G対応スマホが発売されるのは来春、つまり5Gの正式商用サービスと同じタイミングになるということで、それ以前に5Gスマホが発売される線は消えました。 「9月開始のプレサービスで、5Gの世界を体験していただきたい」ドコモ安部氏インタビュー — ケータイ Watch — ゼロスマ管理人 gattenist iPhoneについては5G対応モデルの発売は最短でも来年の9月、最悪2021年になるかもしれないなんていう話もあり、今年発売される可能性は限りなく低いです。 今iPhoneが欲しいなら、とりあえずは5Gのことは意識しないで機種を選んで大丈夫かと思います。 Googleマップが変わります! 今後数週間以内に日本のGoogleマップに大きなアップデートが提供されます。 Googleによれば、提供はもう少し先になるが大きな変更となるので、ユーザーが新しいマップに戸惑うことがないよう早めに知らせたとのことです。 共有/Google Japan Blog:日本の Google マップが変わります!(近日公開予定) より — ゼロスマ管理人 gattenist 信頼のおける第三者機関から提供される情報や、Googleの得意とするAI技術などを活用して新しい地図を開発したとのこと。 これによって、「次を右折」だけではなく「コンビニで右折」といったように、ランドマークを目印とする分かりやすい徒歩ナビゲーションが行われるようになるそうです。 これまで日本の地図では利用できなかったオフラインマップ機能も使えるようになります。 何でもかんでもスマホで Showcase Gigという会社が、飲食店で自分のスマホだけで注文から決済までができるサービス「SelfU(セルフ)」を発表しました。 客のスマホだけで注文と決済ができる「SelfU(セルフ)」 店舗の省人化に貢献 — ITmedia Mobile — ゼロスマ管理人 gattenist 席についたらメニューを見る・・・ではなくて、席に用意されているQRコードを自分のスマホで読み取る。 するとそのお店のメニューが画面に表示されるので、そのまま注文するという流れです。 支払いもスマホで出来ます。 店側は注文を取りに行ったりレジ打ちをする手間を少なくできるので人的コストを削減できます。 客側は順番を待つ必要がないので時間を短縮できますね。 導入コストが低いので店側は導入しやすく、都会を中心にこのような仕組みを導入する店舗はものすごい勢いで増えてきそうです。 別の話ですが、コード決済に対応した自販機も近々登場する見込みです。 おサイフケータイを使った非接触型決済は今でもできますが、コード決済まで対応すれば、おサイフケータイに対応していないスマホでも支払いが可能になるので、より多くの人が便利になりますね。 「ギガ使い放題キャンペーン」を延長 モバイル ソフトバンク — ゼロスマ管理人 gattenist ソフトバンクが現在提供中の「ギガ使い放題キャンペーン」。 国内で利用する全データが期間限定で使い放題になるというもので、YouTubeもNetflixもHuluもAbema TVもTwitterもInstagramもFacebookもとにかく全部のデータ通信がカウントフリーで使えます。 現ユーザーからすると延長バンザイといったところでしょうか。 お尻が決まっているキャンペーンなので、申し込むなら早いほうがお得です。 予約すると特典がもらえます。 共有/【LINE GAME】LINEとディズニーの共同開発ゲームアプリ第2弾「LINE:ディズニー トイカンパニー」、本日より事前登録スタート LINE Corporation ニュース — ゼロスマ管理人 gattenist 第1弾はご存知「ツムツム」。 5周年を迎え、ダウンロード数は昨年11月時点で5,000万を超えたといいます。 第2弾にも期待が集まりますね。 ディズニー公式エンタメサービスがスタート ディズニーがドコモと協業して「Disney DELUXE」というサービスを3月26日から月額700円(税別)で提供します。 ドコモユーザーだけでなく、誰でも利用できます。 国内で初めて、ディズニーが持つ4つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの映像コンテンツが見放題となるほか、限定のグッズやコンテンツなどが楽しめるとされています。 共有/報道発表資料 : ディズニー公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE」を提供 お知らせ NTTドコモ — ゼロスマ管理人 gattenist ドコモは関係あるの?と思うかもしれませんが、このサービスはディズニーがアプリの開発やコンテンツ制作などを行い、ドコモが認証や決済プラットフォームの提供、販促を担当する、両社協業によるサービスなんですね。 どうなるドコモの新料金 政府が携帯本体の購入を条件に毎月の料金を値引くというこれまでのスタイルを禁止したことにより、ドコモは月々サポートはもちろん、すでに500万契約を超える人気プランとなっている「docomo with」の提供も今後は困難になってくるという話です。 共有/春の値下げに悩むドコモ 政府意向をくみ取れるか: 日本経済新聞 — ゼロスマ管理人 gattenist 「政帯料金の仕組みを分かりやすくして、且つ大手携帯会社が不当に顧客を囲い込むような仕組みを禁止することによって消費者に格安スマホや中古品にも目を向けてもらうことで適正な競争が生まれ、結果として消費者の携帯にかかる負担が減らせる」というのが政府の意向だと私は捉えています。 docomo withが無くなっちゃう、本体代が高くなっちゃう、とかそういう目先の損益ではなく、もっと視野を広くして長期的に考えれば、機種や通信サービスをより多くの選択肢から選べるようになってくるわけで、今回の政策は消費者にとってそれほど悪いものではないようにも思えます。 改正案には賛否両論ありますが、携帯料金に関しては分かりにくさや割高感、解約金等への不安を多くの国民が今なお訴えているのは事実です。 来年にはいよいよ5Gの商用サービスが国内でも始まることですし、このあたりで一度過去のしがらみをクリアして、すっきりと明るい気持ちで新時代を迎えさせてもらいたい。 そういう意味で、私は来たる携帯料金の大変動に小さな期待をしています。 なおauとソフトバンクはすでにある程度意向に沿ったプランを提供済みなので大きな変化は起きないはずですが、ドコモの新料金の内容によっては多少仕組みを変えてきたりという影響は出るかもしれません。 ドコモは新料金を4月に発表し、6月に提供を開始する計画です。

次の