くせ毛 思春期。 くせ毛の原因

思春期のくせ毛は治る?成長期のくせ毛や髪質の変化を改善する方法3つ

くせ毛 思春期

Contents• 思春期のくせ毛は治る? 思春期のくせ毛はホルモンバランスの変化 思春期は成長期とも呼ばれ、身体が成長するタイミング。 特に女の子は女性らしい身体に近づくため、ホルモンバランスの変化が多く、崩れやすい時期。 ホルモンバランスが崩れると、女性ホルモンであるエストロゲンの量が増えたり、減少したり不安定な状態になります。 エストロゲンは髪の毛を綺麗に保つ大事な要素。 エストロゲンが減少することで、髪の毛の修復が遅くなったり、抜け毛が増えたりすることも。 成長期は多感な時期でもあり、ストレスを感じやすいです。 寝不足などの生活習慣の乱れも髪の毛の健康に直結してきますので、規則正しい生活を心がけましょう。 身体の健康を気遣うように、髪の毛にも気を使ってあげることが大切。 髪の毛は、身体の末端。 身体の栄養が満たされていないと、髪の毛まで栄養が行き届きません。 普段の食事や、睡眠など、内部からも髪の毛をいたわることを忘れずに。 遺伝による本来の髪質のせいかも 成長期は身体の成長に合わせて髪の毛も大人の髪の毛へと変化して行きます。 子供の頃はさらさらふさふさだったのにも関わらず、大人になってゴワゴワしている方は、遺伝による本来の髪質である可能性が高いです。 それはすなわち、もともとくせ毛だったのが目立ってきた、ということ。 遺伝でくせ毛になる方の特徴は、頭皮の毛穴にあります。 毛穴の形が綺麗な円形であれば直毛が生えてくるのですが、毛穴の形が楕円形であると、うねった髪の毛が生えてくるのです。 そうした場合、髪質を根本から改善することは難しいのですが、 スタイリング次第で、あなたのくせ毛を生かすスタイルにチャレンジすることも可能。 ぜひ試してみてくださいね。 成長期のくせ毛や髪質の変化を改善する方法3つ 実は、成長期のくせ毛は自然に治る可能性が高いです。 なぜなら、先ほどお話しした通り、ホルモンバランスが崩れることによりくせ毛になったのであれば、再びホルモンバランスが整うことで髪の毛が安定するから。 ただし、髪の状態が悪い時にさらにダメージを与えてしまうと、成長期を過ぎてもうねりが元に戻らず、一生の付き合いになってしまうことも。 くせ毛を防ぐためには、髪質改善が大切。 今回は自宅ですぐにできる髪質改善のコツをご紹介します。 シャンプー前によくすすぐ 一日が終わった後の頭皮や髪の毛には、汗や皮脂、さらにはホコリやチリなどの汚れが付着している状態。 このままシャンプーをすると、泡立ちが悪くなるだけではなく、十分に汚れが取れません。 さらに、汚れを取ろうとして爪の先で頭皮をガリガリやるのもNG。 頭皮が傷ついて傷やかゆみの原因になったりするほか、毛穴がゆがみ、新しく生えてくる髪の毛がくせ毛になってしまう場合もあるのです。 シャンプー前のすすぎは3〜4分行うとベスト。 それによってほとんどの汚れが落ちるので、洗浄力がマイルドなシャンプーでも十分。 少し濡らしただけでシャンプー原液をつけていたという方は、今日からすすぎを試してみてくださいね。 濡らした後はすぐに乾かす 濡らした後は、ドライヤーですぐ乾かすこと。 髪の毛は濡れた状態だと、キューティクルが開いたままになり、ダメージを受けやすくなります。 例えば軽い摩擦でも、大きなダメージを受けてしまう、ということ。 タオルドライをしっかりした後、すぐに乾かすのがいいですね。 さらに、ドライヤーは正しい乾かし方を行うことで、くせ毛のお悩みに多い、髪の毛が広がる現象を防げます。 頭皮マッサージ 髪の毛を健康にするために効果的なのは、頭皮マッサージ。 身体の血行をよくすることで、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなります。 また、シャンプー前に湯船に浸かりながら行うことで、すすぎの際に汚れを落としやすくなる効果も。 頭皮全体を優しく触ってみて、ゴツゴツしているところがあれば、老廃物が溜まっている証拠。 リンパマッサージのように流してあげることで、老廃物も除去できます。 マッサージするときは、指の腹で、優しく行うことを心がけましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 成長期のくせ毛は、ホルモンバランスの変化や、遺伝にあることがわかりました。 くせ毛であるときは髪の毛が傷みやすく、ダメージを受けてしまうと改善するのが困難になって行きます。

次の

思春期のくせ毛は治る?成長期のくせ毛や髪質の変化を改善する方法3つ

くせ毛 思春期

毛穴のゆがみを引き起こす原因• 毎日のシャンプーやヘアケアによるダメージ• 頭皮環境が悪化すること• 加齢に伴う皮膚の弾力低下 毎日のシャンプーやヘアケアによるダメージ シャンプーやブラッシングは頭皮や髪の毛のケアのために必要なこと。 それなのに、そのケアの過程で毛穴にダメージを与えてゆがみを引き起こしてしまいます。 爪をたてて頭皮を洗ったり、乱暴なブラッシングで強く頭皮をひっかいたり・・・・・ 小さな傷であっても蓄積することによって少しずつ毛穴の形を変えてしまうのです。 また、同じ髪型ばかりして同じ場所で結んでいると毛穴が引っ張られてゆがんでしまいます。 頭皮環境が悪化すること 紫外線によるダメージやストレス、ホルモンバランスのくずれによって頭皮の環境は悪くなります。 頭皮が健康でなければ毛穴にもダメージが及びます。 加齢に伴う皮膚の弾力低下 これはくせ毛の原因として「年齢を重ねることによるもの」に該当しますのでそこで説明しますね。 遺伝によるもの 親がくせ毛だった場合は、遺伝によるものかもしれません。 髪の毛の内部構造によるもの これは髪の断面を見たときの直毛の場合とくせ毛の場合です。 髪の内部にはコルテックスという部分があり、そのほとんどは繊維状のたんぱく質で構成されています。 コルテックスにはたんぱく質のほかに水分も油分も含まれていて、この割合と分布の偏りによって髪質やくせ毛の度合いが決まるというわけです。 繊維状のたんぱく質• 親水性たんぱく質• 疎水性たんぱく質 コルテックスの中の繊維状のたんぱく質にも2種類あるため、水分を吸い込みやすい性質と水分を吸い込みにくい性質のちらばりが均等でないと、雨の日や湿度の高い日には親水性たんぱく質が過剰に水分を吸い込んで膨張し、そのせいで髪にも部分的にふくらんでうねるのです。 毛穴のつまりによるもの 頭皮には無数の毛穴が存在します。 汚れや皮脂、シャンプー剤の洗い残し、ヘアケア用のスタイリング剤などが毛穴に詰まってしまうことで毛穴がふさがりまっすぐに生えてこれなくてゆがんでしまいます。 偏った食習慣によるもの 髪の毛はたんぱく質でできています。 そして健康な髪の成長に必要な栄養素はたんぱく質だけあればいいというものではなく、たんぱく質の働きを高めたりサポートするためにミネラルやビタミンも必要になってきます。 ですので、過度の食事制限によるダイエットを行ったり、偏った食生活を続けていると頭皮や髪の毛にも影響が出てきます。 油の摂り過ぎも皮脂の分泌を増やしてしまうので毛穴をつまらせてしまいます。 思春期の成長過程によるもの 思春期にはホルモンバランスが変化するので、髪質が変わりやすく、今まで直毛だったのに、思春期にくせ毛になったという人も少なくありません。 年齢を重ねることによるもの 年齢を重ねると皮膚の老化により毛穴がゆがんでしまったり、女性ホルモンの分泌が激減するので、髪質に変化が大きくなってきます。 不規則な生活によるもの 睡眠不足やストレスをためるような生活をしていると髪を健康に成長させる成長ホルモンの分泌が少なくなってきますし、ホルモンのバランスをくずしてしまうことにつながります。 「くせ毛の原因」のまとめ くせ毛の原因について解説してきましたが、自分ではどうしようもないものもありますが、自分でも改善していけるものもあります。 誰もが遺伝によってくせ毛になっているわけではないということです。 原因がわかっても何もしなければくせやうねり、くせ毛によるダメージはますますひどくなってしまうこともあります。 原因は1つではなく、いくつかの要因が重なっていることも多いです。 自分でできる方法を取り入れて少しでも改善していくのもありですし、くせを活かした髪型でおしゃれを楽しむのもありだと思います。 根本からくせ毛改善を目指すのなら、自分の髪を大事にしていく方法を選ぶのがおすすめです。 未来のヘアスタイルを作るには毎日の継続が大事です。

次の

幼少期は直毛だったけど急にくせ毛に!!その原因とは?

くせ毛 思春期

目次(Contents)• クセ毛の原因は遺伝じゃないの!? わたくしもクセ毛人としてその原因 は何なのかと言う事について幾度も 調べたりしていますが、どうやら代 表的とも言われる遺伝だけではなく 突然変異的な要素もだいぶ絡んでく ることが分かりました。 例えば、女性であれば女性ホルモンの 影響がありますから出産後に突然クセ 毛に変化したとか、ストレスや生活習 慣の乱れによる影響でクセ毛になった と言うのも突然変異だと言えます。 スポンサードリンク クセ毛は思春期で起こるのか!? では、クセ毛の大半が思春期が原因で 起こってしまうのか?と言う事が聞こ えてきそうですが、これはホルモンバ ランスが深く影響しており更年期障害 などによる女性ホルモンの変化にもよ く似た現象だと言えますね。 ホルモンバランスって何なの!? 生まれたてで赤ちゃんの時から明らかに クセ毛と分かれば、ほぼ遺伝の可能性が 大ですが、それ以外であればホルモンバ ランスが崩れて思春期の頃からその影響 を受けやすくなりますね。 じゃあ、一体そのホルモンとは何ぞや? と言うことなんですが、よく巷では、 「男性ホルモンが濃いとハゲやすい」と か 「女性ホルモンは髪の成長」と言う事 がよく一般的に言われていますが、元々 ホルモンと言うのは、体の一部分だけで はなく至る所に作用するため髪の毛やク セ毛も例外ではなく、そのバランスが一 旦崩れるとその機能が失われるんですね。 人間の体にあるホルモンの種類は100種 類以上とも言われており、その多くが男性 であれば 「テストステロン」、女性であれ ば 「エストロゲン」と言われており、男女 平等にこれらのホルモンはお互いの体に存 在します。 したがって、男性でも女性ホルモンは持 っており女性でも男性ホルモンを持って いることから結論から言うとこの女性ホ ルモンである「エストロゲン」が髪の成 長や発育を促しているんですね。 知ってました?(笑) スポンサードリンク クセ毛は生まれつきじゃないの!? 結論から言えば、クセ毛=遺伝ではな いと言うことが分かりました。 言い換えれば、クセ毛=生まれつきじ ゃない!と言う事も分かりました(笑) 確かに、両親が強いクセ毛だと生まれ てくる子供はほぼ高い確率でクセ毛に なります。 これは紛れもない事実です。 しかし、遺伝以外でもこの様なホルモン バランスの崩れなどで、思春期や成長期 に突然変異でクセ毛に変化することも多 々ありますから、必ずしもクセ毛の原因 が遺伝や生活習慣と言った事だけに限ら ないことも事実なんですよね。 やはりクセ毛ってホント奥が深いと改め て感じましたし、日本人のクセ毛人口は めちゃくちゃ多いですから、クセ毛さん にはタメになる事ではないでしょうか (笑) これからもクセ毛に関するタメになる事 を色んな角度で検証していきたいと思い ますね。 それでは、今回はこの辺で。 最後までご覧いただき本当にありがとう ございました。 その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね! スポンサードリンク.

次の