豚肉 を 使っ た 簡単 レシピ。 豚肉を使ったレシピ・作り方一覧(2689件)

夕飯のおかずに迷ったらこれ!簡単美味しい豚肉のおかずレシピ15選

豚肉 を 使っ た 簡単 レシピ

【目次】 (1)万能たれの作り方 (2)厚切り豚ロース肉のトンテキ (3)豚バラ大根 (4)豚キムチ (5)豚バラ肉と玉ねぎのしょうが焼き (6)豚バラ肉と玉ねぎの照りマヨ炒め (7)豚肉の野菜炒め (8)豚バラ肉と白菜のおかか炒め (9)豚肉と小松菜の卵炒め (10)豚肉とピーマンとしいたけの炒め物 (11)豚肉とキャベツの味噌炒め (12)豚肉とにんにくの芽の炒め物 (13)豚肉ときくらげの卵炒め (14)豚ニラもやし炒め (15)豚肉と玉ねぎのウスターソース炒め (16)豚ロース肉のにんにく焼き ここで紹介している豚肉レシピはすべて「万能たれ」を使っています。 この万能たれはいろいろ使えるので、ぜひストックしておいてくださいね。 炒めたにんにくの香りがものすごく食欲をそそります。 夕飯レスキューが伝えたい本当に毎日の料理を楽にする方法 夕飯のおかずにおすすめの簡単豚肉レシピを15品紹介しました。 ぜひ、あなたのレパートリーに加えてください。 やはり、忙しい毎日の料理を楽にするには、味付けが簡単で手間がないレシピを作るのがおすすめです。 簡単だからすぐに覚えられ、いちいちレシピサイトをチェックしながら料理をする必要がありません。 また、手間がないから時短になります。 しかし、 毎日の料理を本当に楽にするには、まず「自分にあった料理の取り組み方」を見つけることです。 家族構成、仕事、料理のスキル、人それぞれ環境や性格・能力が違うので、人それぞれ料理の取り組み方が異なります。 作り置きが合う人もいれば、合わない人もいます。 なるべく手作りしたい人もいれば、そこは重視しない人もいます。 自分なりの料理の取り組み方を見つけた上で、簡単レシピのレパートリーを少し増やすと鬼に金棒、時間的にも精神的にも負担が少なくなります。 ぜひ、あなたにあった毎日の料理の取り組み方を見つけてください。

次の

豚ヒレ肉を使った簡単人気レシピ19選!お弁当にもおすすめ

豚肉 を 使っ た 簡単 レシピ

この記事の目次• 豚肉の部位と上手な使い分け 豚肉は部位によって、味や食感などが異なります。 どの部位を、どのように使うのが適当か、その選び方からご覧ください。 肩ロース 比較的安くて買いやすい肩ロース。 適度に脂身があり、 柔らかくてこってりコクがあります。 様々な料理に使いやすい部位です。 肩肉 薄切りになって売られていることが多い肩肉は、 脂肪が少なく固めですが旨味のある部位です。 こちらも様々な料理に使いやすいでしょう。 ロース きめが細かく高級感を感じるロース肉。 赤身と脂身のバランスが良く、 旨味が強いのが特徴です。 少しお高めですが食べ応えもあるので、 しっかりとお肉の旨味を感じたい料理におすすめです。 ひれ 脂身が少なくヘルシーな部位として、スポーツ選手なども積極的に食べることが多いひれ。 豚1頭から1kgしか取れないため、貴重でお値段もお高めです。 しかし、きめ細かで柔らかで、 世代を問わずに食べやすさはNO. 1かもしれません! バラ 赤身と白身が層になったバラ肉は、 旨味と濃厚な味が特徴です。 こってり系を食べたいときには最適です。 モモ 赤身が多く脂身が少な目。 味もあっさりしており、食べやすい部位です。 加熱しすぎると固くなり、煮込みすぎるとポソポソになってしまうため、 調理にコツが必要かもしれません。 内臓系 心臓や舌、ホルモンや耳、軟骨や足など、他にも様々な部位がある豚肉。 それぞれに異なる美味しさがあります。 どの部位を使っても、 さっと炒めて焼肉のたれを絡めれば、ご飯に合う丼の具になります! 珍しい部位を見つけたら、試しに挑戦してみると面白い味を発見することができるかもしれませんよ! 豚肉丼の王道『豚丼』7種 北海道では、帯広市を中心に一般家庭でもよく作られる豚丼。 甘辛く炒めた豚肉と汁が、ご飯との相性抜群です! 基本の豚丼レシピ 【作り方】• 1 豚ロース薄切り(300g)は食べやすい大きさに切ります。 2 フライパンに油(少々)を熱し、豚肉を両面焼きます。 8割程度火がったら一度取り出します。 3 豚肉を焼いたフライパンの汚れをキッチンペーパーで軽く拭き取り、砂糖と酒(大さじ2)と醤油(大さじ3)、みりん(大さじ1)を入れてひと煮立ちさせます。 4 豚肉を再度入れ、強めの中火で味を絡めます。 5 アツアツご飯に乗せたら出来上がり!• 6 仕上げに紅ショウガやあさつきを散らすと彩り良く仕上がります。 長ネギを入れる場合は斜め切りにして(4)の段階で加えます。 甘さのある豚丼に仕上がります。 ポイント 本場帯広の豚丼は、 炭火焼きが基本。 ご家庭ではフライパンを使います。 美味しく仕上げるポイントは、 お肉を焼き過ぎないこと。 タレを加える前に一度取り出しましょう。 あまり加熱しすぎると固くなってしまうので注意してくださいね。 今回はロース肉でご紹介しましたが、お安いこま切れ肉を使うのもOK。 しゃぶしゃぶ用なら 柔らかくて食べやすいですし、 肩ロースなら こってり濃厚になります。 糸コン入り豚丼 すきやきのような感覚で、糸こんにゃくを加えた豚丼。 新ニンニクのがっつり豚丼 にんにくの風味が豊かな、スタミナたっぷり豚丼。 通常の豚丼ににんにくを加えるだけで、まったく違う味を楽しめます! 野菜たっぷり豚丼 豚肉だけじゃなく、たっぷりの野菜を数種類加えた豚丼。 野菜の効果であっさりと最後まで美味しくいただけそうです。 ビタミン等の栄養素も取れるので、子供たちにも作ってあげたいですね! 豚丼 炒めるだけでコクうま簡単おかず はちみつと味噌、そして生姜をプラスした豚丼。 このたれに生のお肉を漬け込んだり、また焼いたお肉を付けたりして使います。 ジンギスカン丼の場合は、フライパンで焼いたお肉の味付けに回しかけるのが一般的。 ジンギスカンの味を 本格的に仕上げたい場合は、一度使ってみるのもおすすめです。 基本の豚ジンギスカン丼レシピ 【作り方】• 1 豚肩ロース(300g)は食べやすい大きさに切ります。 2 豚肩ロース(300g)と玉ねぎに、ジンギスカンのたれ(180cc)を混ぜて一晩漬け置きます。 3 テフロン加工のフライパンに、漬け込んだ豚肉と玉ねぎを入れて火にかけます。 4 玉葱がしんなりしたら、白菜やピーマンなどの野菜をお好みで加え混ぜます。 5 もやし(1袋)を加えてさっと炒め、ジンギスカンのたれ(大さじ3~4)を回しかけます。 6 水分を飛ばすように強めの中火で炒め、たれが絡んだら完成です。 ポイント ジンギスカンはお肉を食べるのはもちろん、味のなじんだ野菜をたっぷり食べられるのが嬉しい一品。 ご飯に乗せる場合も野菜たっぷりにすることで 栄養的にも満足できますよね。 水分の出やすい野菜は最後の方に入れてさっと炒める程度にしましょう。 野菜はレシピでご紹介したものの他、にら、ししとう、青梗菜なども美味しいですよ! 漬け置く時間は長いほどこってりと仕上がります。 あっさりと食べたい場合は、2~3時間程度でも大丈夫です。 野菜の量が多いほど味が薄くなります。 回しかけるタレの量はお好みで調整してください。 ジンギスカンのタレで豚丼 具を炒めたところに ジンギスカンのたれを加えるだけ! タレに漬けておかないこちらのレシピは、 あっさりとしたジンギスカン丼になります。 焦がしチーズ豚丼 上に乗せるたチーズにバーナーで付けや焼き目が食欲をそそります。 見た目にも豪快な丼ですね! 夏におすすめ『豚しゃぶ丼』7種 次にご紹介するのは、薄切り肉を使ったしゃぶしゃぶ丼。 茹でてあっさりと頂くレシピをご紹介します。 基本の豚しゃぶ丼レシピ 【作り方】• 1 しゃぶしゃぶ用の豚肉(300g)は食べやすい大きさに切り、熱湯で茹で、ザルにあげて冷まします。 (ゆで汁は残しておきましょう)• 2 鍋に酒・みりん・醤油・砂糖・1のゆで汁(各大さじ3)を沸騰させます。 軽くとろみがつくまで煮詰めてください。 3 ご飯をよそい、豚肉を乗せてタレをかけます。 4 彩りにみじん切りの万能ねぎを散らしたり、温泉卵を乗せたら完成です。 ポイント 豚肉は加熱しすぎないよう、さっと湯通しするくらいにしましょう。 赤い色が白く変わったらすぐにざるにあげてください。 こってりと食べたい場合は マヨネーズをかけてみてください。 アイディアいっぱいのレシピを集めてみました。 豚しゃぶのみぞれ丼 大根おろしとポン酢をご飯に乗せるという斬新なアイディア! あっさりサッパリと、食欲のない日でもしっかり食べられそうです。 どんぶり豚しゃぶ丼 こちらは野菜をたくさん入れた豚しゃぶ丼。 冷ました豚肉をポン酢に漬けて味を染み込ませていただきます。 ちょっぴり手をかけた工夫いっぱいのレシピです。 さっぱり豚丼梅あんかけ 薄切りの豚肉に絡む梅肉あん。 さっぱりと食べやすく、女性が好みやすい味の丼です。 柚子風味の豚しゃぶ丼 柚子の風味が豊かな変わり豚しゃぶ丼。 基本の味付けは塩コショウ。 大葉も添えてさっぱりと美味しく、女性が好みそうな丼です。 [co-8] ピリ辛豚しゃぶ丼 豆板醤やゴマ油でピリ辛シパイシーな豚しゃぶ丼。 さっぱりとしながら食べ応え抜群!しっかり食べたいパパにも満足してもらえそう! 香味だれの豚しゃぶ丼 薄切りの豚バラ肉を使い、お肉の旨味抜群の一品です。 生姜やみょうが、紫蘇を使って、こってりながらさっぱりと! 夏バテ解消レシピです。 アツアツが美味しい『ビビンバ丼』6種 石焼ビビンバがあるくらい、やっぱりアツアツが美味しいビビンバ丼。 韓国料理の定番で、 色々な具材を混ぜていただく料理です。 入れる具は何でもOK!今回は豚肉を使ったビビンバ丼をご紹介します。 基本の豚肉ビビンバ丼レシピ 【作り方】• 1 豚の薄切り肉(200g)は細切りにします。 2 フライパンにごま油(少々)を熱し、豚肉を炒めます。 3 人参(小1本)は千切りにします。 ほうれん草は食べやすい大きさに切ります。 5 アツアツのご飯をよそい、具を盛り付けてすり白ごま(適量)をかけます。 中央に卵黄を乗せて、お好みでキムチやコチュジャンを添えたら出来上がりです。 ポイント 今回は4つの具材でご紹介しましたが、野菜をすべて合わせたナムルを乗せたり、ぜんまいもおすすめ。 豚肉を挽肉そぼろに変えてもOKです。 どんな具材を使っても良いのがビビンバですから、 冷蔵庫にある残り野菜を使って色々と試してみてください! 豚肉入りビビンバ丼レシピ5選 豚肉を主役に作るビビンバ丼レシピをご紹介します。 簡単節約ビビンバ丼 具をすべて一緒に炒めてしまう、簡単豪快なビビンバ丼。 お肉を大きめにすることで食べ応えも抜群です!フライパンひとつでできるお手軽レシピです。 豚ひき肉deビビンバ レンジを使って簡単に!家族みんなが満足する本格的な味を手軽に楽しめるレシピです。 包丁もまな板も使わない簡単ビビンバ! 時間のないとき、手間をかけたくないときにおおだすかりの簡単レシピ。 野菜たっぷり豚キムピビンバ 豚バラ肉のコクと旨味に野菜をたっぷり加えたビビンバ!彩りもきれいな一品です。 塩ビビンバ 塩味をベースに作るビビンバはとってもお手軽! ウエイパーを使えばあっという間に本格的な味に仕上がります。 暑い夏に汗をかきながら食べるのもいいですね! パパが大喜びしそうなレシピをご紹介します。 細切り豚肉の辛旨丼 甜面醤と豆板醤で濃くて辛い丼はいかが?とろみのついたタレが絡み、濃厚なガッツリ系のご飯です。 豚みそキムチ丼 キムチに 味噌を加えてコクをアップ!まさに大人向けのスパイシー丼です。 ピリ辛肉味噌麻婆丼 食べるラー油を使って簡単に!風味豊かな大人向けの丼です。 豚カレー丼 カレーライスのような感覚でいただけるカレー豚丼。 お肉をメインにたっぷり食べたいパパにはきっと喜ばれるはず! カレー粉で辛味を調節すれば、子供達も喜びそう! 定番レシピから斬新レシピまで!いろいろ丼6選 欠かせないカツ丼や、ホルモンを使った丼、野菜などをふんだんに使ったものを 様々ご紹介します。 味付けも薄めなので、家族みんなの夕食にぴったり! ホルモン丼 ホルモンをコトコトとじっくり煮込んで柔らかく。 ご飯との相性が合う食感に仕上げた丼です。 辛味がないのでお子様にもどうぞ! 豚肉となすの蒲焼丼 とろ~りとした食感のなすを入れ、山椒と青じそをアクセントにした工夫ある一品。 なすが美味しい季節には絶対に作ってみたいですね! 豚ヒレカツ丼 豚肉を使った丼では、やっぱり外せない カツ丼! ジューシーに揚げるカツも、 ひれ肉を使うことであっさりめに仕上がります。 豚ひれ肉の照り焼き丼 こちらもひれ肉を使ったレシピです。 子供から大人までがパクパクと食べやすい柔らかさ。 家族みんなに喜んでもらえそう! 豚の角煮丼 こってりとろとろに煮込んだ豚の角煮。 ご飯との相性は抜群です。 圧力鍋を使えば30分以内で夕飯が完成しますよ! いかがでしたか? 豚肉は旨味があるのに臭みがなく、多くの方が食べやすいお肉かもしれませんね。 煮込んだり焼いたり茹でたりと、様々なレシピをご紹介しました。 気になるものがあったら、ぜひチェックしてみてくださいね! [co-9].

次の

豚肉のレシピ

豚肉 を 使っ た 簡単 レシピ

豚バラ肉のオリーブオイル焼き〜乾燥ハーブ使用〜 まず初めに紹介するのは、だれでも簡単に作ることができて、かつハーブの香りが楽しめる一品です。 乾燥ハーブで作ることができるので、材料を手に入れやすいのも魅力です。 必要な材料 豚バラ塊肉75グラム 塩 コショウ オリーブイル (お好みで)乾燥ハープ 作り方• 豚バラ肉を食べやすい大きさに6分割に切ります。 少々多めに感じる程度のオリーブオイルをフライパンに敷きます。 で切った豚バラを2. のオリーブオイルに入れて、揚げるようにして焼いていきます。 「豚バラ肉のオリーブオイル焼き~乾燥ハーブ使用〜」の完成です! 楽しみ方 この料理に使うハーブには、特に指定はありません。 今回は、「タイム」と「バジル」、「イタリアンパセリ」を使っていますが、「ナツメグ」などを入れても味わいが変わっておいしいですよ。 今回使用しているハーブは、乾燥状になっていて瓶に詰められているものです。 近くのスーパーなどで、100円程度で購入できるので、「パパッとおつまみを作りたい!」ということであれば、十分美味しく作れると思います! おすすめポイント ・複数のハーブを使って、複雑で深みのある香りや味わいを存分に楽しめますよ! ・少し多めに作って、翌日のお弁当に持っていくのもアリかも! 相性の良いお酒 赤ワイン:ライトボディ~ミディアムボディ 白ワイン:甘味の強いもの。 ただし、デザートワインよりも、「一般的なワインで、かつ甘味が強いもの」がおすすめ。 ビール:やや苦みのあるクラフトビールがおすすめ。 なお、果実感の強いものは避けた方が良いかも。 次に、手間隙をかけて、より本格的なおつまみに仕上がる「豚バラ肉の生バジル添え~ハニーマスタードレモンソース煮」をご紹介します。 作り方• 豚バラ肉を食べやすい大きさに6分割に切ります。 少々多めに感じる程度のオリーブオイルをフライパンに敷きます。 で切った豚バラを2. のオリーブオイルに入れて、揚げるようにして焼いていきます。 小さな器にレモン汁とはちみつ、マスタードを入れて、はちみつとマスタードをしっかり溶かします。 生バジルをみじん切りにします。 小鍋に4と5と3を入れて、煮詰めるようにして4を豚肉に絡ませていきます。 ある程度煮詰まったら、「豚バラ肉の生バジル添え~ハニーマスタードレモンソース煮」の完成です! 楽しみ方 レモンのすっきりした酸味にはちみつの甘さが絡みます。 これに、うま味の強い豚肉が合わさることで、非常に満足感の高い一品となります。 濃厚なうまみで、白ワインに非常に良く合います。 夏にぴったりの料理で、「しっかりと食べた感があり、それでいてさっぱりしているものが食べたい」人におすすめです。 はちみつと同量のマスタードが入っていますが、辛すぎるような味に仕上がることはありません。 むしろ辛さはかなり奥の方に潜み、隠し味的に機能します。 生バジルは、一般的な乾燥ハーブよりも強い香りが特徴です。 しかし今回の料理では、バジルを煮込んで使うので、奥の方に潜んで、それでいてしっかりと「香り」の面から料理をサポートしてくれます。 バジルの香りを強く味わいたいのであれば、写真のように、上からバジルをのせると良いでしょう(なお、一緒にのっている花は、バジルの花です)。 相性の良いお酒 白ワイン:辛口の白ワイン。 特にレモンの香りがあるものがおすすめ。 泡:シャンパンでもスパークリングワインでもマリアージュします。 白のスパークリングがもっとも合いますが、ロゼのスパークリングでも楽しめます。 今回の豚肉とハーブを使った料理では、それ以外の調味料の組み合わせや、使用するハーブの状態で異なる味わいに仕上がります。 いろいろ試して、「ベストの組み合わせ」を見つけてくださいね。

次の