原油 価格 wti。 WTI原油先物とETFのパフォーマンスが乖離する理由【先物は+7.1%・ETFは−47.2%】

【WTI原油先物】新型コロナウイルスの影響で原油先物価格が壊れてる…(´・ω・`)

原油 価格 wti

文章:石原 敬子(All About「よくわかる経済」旧ガイド) 原油価格を伝えるニュースでは、主に「ニューヨークの原油先物」とか「WTI」という言葉を耳にするでしょう。 しかし、「よく聞くけれど、いったい何?」と思う素朴な疑問を抱く方も少なくないはず。 簡単に解説を致しましょう。 <INDEX> 原油はその名の通り、油田から掘った状態の油のこと 原油とは、油田から採掘した状態の、精製されていない石油のことです。 先物とは、「先」つまり将来に、ある商品を受け渡す条件で売買の取引を行う金融商品のことです。 将来というのは、具体的には1カ月先とか3カ月先、1年先などです。 ある商品として先物の対象となっているものを原商品といい、それが原油の場合、原油先物取引といいます。 他の原商品には、金融商品や農産物・金属資源などがあります。 金融先物取引の原商品は、TOPIXなどの株価指数、国債指標、ドルやユーロなどの通貨、金利などです。 商品先物取引の原商品は、主に一次産品が取り扱われています。 具体的には、原油の他に大豆や小豆、トウモロコシ、コーヒー、天然ゴムなどの農産物、金、銀、プラチナ、アルミなどの金属や鉱物資源などがあります。 日本では、金融先物取引は東京証券取引所や東京金融取引所などで行なわれ、商品先物取引は、東京穀物商品取引所、東京工業品取引所などで取引されています。 また、取引所を介さずに、投資家が先物取引業者と直接に相対取引をする方法もあります。 先物取引には、「買い」と「売り」があります。 「買い」は、これらの商品の取引を、まずはじめに買うところからスタートして決められた受渡日までに転売します。 「売り」は、売るところからスタートして決められた受渡日までに買い戻しをします。 「売り」から入る取引とは少しわかりにくいですが、原商品を持っていなくてもそれを売ることができ、後でそれを買い戻すことで取引が終了します。 高値で売り建てておき、その後に値下がりしたところで買い戻せば、その差額が利益となるわけです。 先物取引では、担保を提供することで、実際にその取引相当の金額や原商品を持っていなくても取引ができます。 そのため、実際に投資をする資金額よりも取引額が大きくなりがちで、損失も利益も大きな額になりやすいのです。 先物取引での決済は、差金取引といって価格差を清算すれば良いという方法です。 つまり、取引を行なった時には、買って転売した、または売って買い戻した間の価格差を清算すれば良いのです。 もちろん、取引の際には業者に支払う手数料がかかります。 なお、このように先物取引はほとんどバーチャルな取引なのですが、現物の原商品で清算をしても構いません。 もともと先物取引は、その現物の価格変動リスクを回避する目的で開発されました。 しかし最近では、大きな金額を動かせることから、単なる投機としても利用されています。 この投機資金が流入していることで、実際の品物に対する需要以上の投資ニーズを集めており、これが原油価格の高騰している要因のひとつとして、無視できないものになっています。 なお、先物取引に対して、実際の品物をやり取りすることを現物取引といいます。 石油会社や商社が原油の現物を売買する場合の価格はスポット価格といい、日本経済新聞などには、ドバイ原油のスポット価格が掲載されています。 では次に、これもよく聞く「WTI」。 で「WTI」の意味を解説することにしましょう。

次の

原油先物 WTI 価格

原油 価格 wti

こんにちは! 総合商社マンです! WTI原油の6月限月はマイナスに転落することなく無事に期日を迎えたよ!!• WTI原油6月限はマイナスにならずに終了 WTI原油の6月限月はマイナスにならずに終了しました。 マイナス価格とならなかった要因として言われているのはこのあたりです。 世界的にコロナ終息への期待高まり(中国経済再開、欧米日本も徐々に開始)• OPEC+の協調減産による供給調整• 大手投資信託が既に期近(6月限)の玉をロールオーバー済で、取引日直前での投げ売りが発生しなかったこと 特に3つ目が面白いですね。 確かに多くの投資信託は一足先に期先の限月にロールオーバーをしていて、今回の最終取引日時点でロールオーバーするところはほとんどなかったと思われます。 日本を代表する原油先物ETFである1671も既に8月、9月、12月物で運用していたりしますからね。 1671の最新の運用情報はこちらの記事からどうぞ。 ちなみに、基本的に WTI原油先物取引は「精算日」の3営業日前が「最終取引日」となります。 先月の5月限月の原油価格がマイナスに転落した衝撃はまだ記憶に新しいと思いますが、その影響もあり多くの人が6月限の再度のマイナス転落あるのではと恐れていたと思います。 32ドルという驚愕の下落となりましたが、 その要因は原油の保管場所がほぼ満杯となったことから、お金を受け取っても原油を受け取りたくない(受け取れない)という状況をいいことに、売り手が一気に売り浴びせた結果、この歴史的なマイナス価格転落が発生したと言われています。 現在の直近限月は7月限 現在の直近限月は7月限の先物となりました。 ですので、 Web上やネットニュース等で、特に限月を指定せずに単に原油価格と記載されているものは「7月限」のことを指しています。 ちなみにこちらはWTI原油の限月毎の価格を確認出来るCMEのサイトです。 御覧の通り一番上に今まであった6月限月が消え去り、7月限が直近限月になっていますよね。 ちなみに 先週6月限と7月限の間で発生していたバックワーデーションは姿を消し、全ての限月でコンタンゴとなっています。 でも1カ月前のえげつないコンタンゴのスプレッドと比べたら、だいぶ相場は落ち着いていることが分かります。 各限月間のスプレッドを見るとこんな感じです。 いかがでしょう。 スプレッドだけ見るとなんとも安心感のある数値が並んでいます。 笑笑 詳細は以下記事に書いてあるので御覧ください。 今後の原油イベント 今後の原油価格イベントにはどんなものがあるでしょうか。 足元原油価格は30ドル台まで戻っていますので5月は堅調に推移していましたが、今後のイベント次第で、まだ大きく動く可能性があります。 現在行っている 15mbdの協調減産について今後の対応を協議することになると思われますので、またロシアとサウジが仲違いするような事態になれば、荒れる可能性もありますね。 言うまでも無く、このイベント以外でも世界の経済情勢動向如何で原油価格は大きく動きますので、世界情勢からは目が離せませんね! 今後の原油価格(私見) 今後の原油価格はどうなるでしょうか。 個人的にはここまで急速にスプレッドが縮小してくるとは思いもしませんでしたので、最近の動きには結構驚いています。 スプレッドが縮小すればコンタンゴの影響が小さくなりますので、ロングで保有している人には追い風ですからね。 足元既に33ドルまで回復してきていますが、 最近のダウ日経平均といった世界中の株価が実態経済と大きく乖離して上昇をしている状況を見ると、もしかすると投機マネーが原油価格に流れ込み、需要と供給のバランスを無視した思わぬ上昇もあり得るのかなと感じています。 その根拠が先日発生した6月限月と7月限月のバックワーデーションです。 バックワーデーションが発生する要因の一つとして、期近のものに短期的な資金が流れることが挙げられますので、世界的な緩和マネーが原油に流れ込み始めている可能性があるのではと思っているわけです。 一方で、 コロナの影響が長引くことになれば、再度の暴落も可能性としてはあると思います。 これは完全に素人意見で根拠ないので流して読んでもらえればと思いますが、コロナが夏の間は終息、冬になり再び感染拡大という流れになれば、再び投げ売りが発生する可能性あると思っています。 つまりワクチン開発のスピードいかんかなと。 そういう意味で、先日こちらの記事で書いた国産ワクチンを開発中のアンジェスには頑張ってもらいたいですね。 いやーほんと原油というのは様々な要因が絡み合っているので、見ているだけで楽しめます。 笑 ちなみに私はノンポジです。 あくまで投資は自己責任でお願いします。

次の

原油価格が急落 みんな怖がる理由とは :日本経済新聞

原油 価格 wti

長らく続いてきた原油取引において2020年4月に史上初の「WTI原油先物のマイナス価格」という出来事が起きました。 しかし原油価格がマイナス価格とはどういったことなのでしょうか。 これは「原油を買ったら現金も受け取れる」というもので従来の原油価格に対する常識からは考えられないことです。 昭和時代に発生した2度のオイルショックはいずれも原油価格の高騰がもたらしました。 原油価格の高騰に伴い多くの人たちが不利益を被りましたが、原油がマイナス価格になった場合は、どのようなことが発生するのでしょうか。 史上初のマイナス価格のため「今のうちに買っておけば将来価格が上がったときに大きな利益を手にすることができるのではないか?」と考えている人もいるかもしれません。 そこで本記事では「原油のマイナス価格は買いなのか」「買いであればどのように投資すれば良いのか」について解説します。 com そもそも歴史的に売り手市場であることが当然のように認識されてきた原油が、なぜマイナス価格になったのでしょうか。 これには以下のような相関関係と理由があります。 コロナショックにより世界中で航空機や自動車の移動が激減し原油需要も激減した• 需要激減により貯蔵施設内の在庫が飽和してきた• 原油先物5月限の受け渡し期日が迫るが在庫過剰で買い手がいなくなった• 投機的な先物買いをしていた大口投資家が受け渡し日の直前に「お金を支払ってでも受け取ってほしい」と投げ売りをした ここで重要なのは、マイナス価格なったのが「5月限の原油先物」であったことです。 先物取引の主なプレイヤーたちはそもそも需要家ではなく投機的な売買をしていただけなので受け渡し日になっても現物を受け取ることができません。 こうしたプレイヤーたちが売り先に困り投げ売りをしたのがマイナス価格の大きな理由です。 その後も6月限、7月限といった原油先物が取引されていますが、期日は先なので2020年5月14日時点では25米ドル近辺で取引されています。 しかしこの「25米ドル近辺」というのも長期チャートで見ると決して正常値ではなく歴史的な安値は継続中です。 原油は経済に必須のエネルギー!これだけ安いと「買い」なのでは? 「原油価格が歴史的な安値であったとしてもそれは一時的なもの」「コロナショックによる需要の激減から回復すると原油は経済に不可欠な資源のため必ず値を戻すはず」という考え方があります。 コロナショック発生前の2020年1月上旬は60米ドル近辺で推移していたことを考えると、もし25米ドルで買って60米ドルで売った場合は単純計算で2. 4倍です。 この考え方はもちろん間違いではありませんが再び需要激減によってマイナス価格になる可能性はゼロではありません。 しかも原油先物5月限の異常な安値が一時的なものであれば原油先物6月限以降の原油先物が25米ドル近辺より上昇してもおかしくないはずです。 原油投資は中長期的に見ると大きな利益が期待できる魅力があります。 しかし短期的に見ると依然として下落圧力が強い傾向です。 そのため個人投資家は「下」のリスクを意識しながら少しずつ投資する慎重なスタンスが求められるでしょう。 個人投資家が今すぐできる原油投資の方法3選 「原油を買う」といっても具体的にはどうすれば良いのでしょうか。 個人投資家が取り組める原油投資の具体的な方法を3つ紹介します。 1 原油CFD取引• 2 原油連動型ETF• 3 石油メジャー株 1 原油CFD取引 CFDとはContract for differenceの略で「差金決済取引」と呼ばれる投資商品のことです。 CDFを利用することでさまざまな商品や指数に投資をすることができます。 一部の証券会社では原油先物のCFD取引ができるため、取り扱いのある証券会社の口座を活用すれば最も直接的な投資が可能です。 ただしマイナス価格になるなど相場の急変動による影響をそのまま受けるため、ハイリスクという点は留意しておきましょう。 2 原油連動型ETF 証券取引所に上場されているETF(上場投資信託)の中に原油価格と連動する銘柄があります。 例えば日本国内の銘柄の場合、WTI原油先物価格連動型上場投信やNEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信などです。 これらはETFなので証券会社の口座から株式と同じように売買ができます。 ただし原油先物は毎月限月が切り替わるため、継続して保有できるETFとして運用することは難しく連動型とはいっても連動性が低くなる可能性がある点は注意が必要です。 一方でETFは受け渡し日を意識する必要があまりなく長期的な視野で原油投資をするのに適しています。 3 石油メジャー株 石油メジャー株とは、世界的な石油関連企業の株式ことです。 世界の石油流通の大部分を少数の石油メジャーが握っているため、これらの企業の株価は原油価格との連動性が高いという特徴があります。 例えば海外ならニューヨーク市場のBPやエクソンモービル、ロンドン市場のロイヤル・ダッチ・シェル、といった銘柄です。 国内でいえばコスモエネルギーHDや国際石油開発帝石なども原油価格との相関性が強い企業といえるでしょう。 こうした企業の株価は原油価格低迷に伴って下落しており相関性が続くのであれば原油価格の回復とともに株価の上昇が期待できます。 石油メジャー株の中でも欧米の市場に上場されている銘柄を取引するには海外株式の売買が可能な証券会社の口座が必要です。 原油投資の方法は現物から先物などリスクが大きく異なる 原油は地球上の限りある資源であり今後も世界中で需要が見込まれるものです。 そのためコロナショックに伴う原油価格の暴落で注目している人もいるでしょう。 ただ原油投資といってもCFDのようなリスクが高い先物取引からETFや石油メジャー株など現物取引までリスクは大きく異なります。 ボラティリティの高い相場は短期的な投資に向いていますが、損失も大きくなりかねないため注意が必要です。 コロナショックの緩和状況など世界情勢の動向が大きく影響するため情報収集を日々チェックしながら適切なタイミングを見出すこと重要でしょう。 (提供:) 【あなたにオススメ YANUSY】 ・ ・ ・ ・ ・.

次の