サステナブル 歌詞。 サステナブルの歌詞

サステナブル 歌詞『AKB48』

サステナブル 歌詞

カテゴリ• 「海の季節は終わってしまった」って 君を一度も誘えなった 忙しいって聞いてたから 悪いかなって躊躇した 僕のスマホに残ってた写真 微笑む去年の水着の二人 恋が盛り上がってる時は 気づかないことがある あれっきり(あれっきり) これっきり(これっきり) そんなの悲しすぎるじゃない? どんなことあったとしても 僕は変わらない あれっきり(あれっきり) 会ってない(会ってない) このまま忘れられるものか そう 本当の気持ちだから ずっと好きでいさせて 「君に会うにも理由が要るよね」って そんな動作を寂しく思う 「僕の考えすぎだ」って 笑われるだろうか? 好きで居たい{好きで居たい} 側で居たい(側で居たい) 君への想いは永遠だ 時がそう 過ぎ去ったって 陽はもう沈まない 好きで居たい{好きで居たい} また会いたい(また会いたい) 一度も忘れた日はない 今の僕に出来ることは 好きで居続けること 自分たちを客観的に 振り返っちゃダメなんだ どんな風に思われてもいい もう一度 もう一度 君を誘いたい あれっきり(あれっきり) これっきり(これっきり) そんなの悲しすぎるじゃない? どんなことあったとしても 僕は変わらない あれっきり(あれっきり) 会ってない(会ってない) このまま忘れられるものか そう 本当の気持ちだから ずっと好きでいさせて 好きで居たい これからもずっと 目次• はじめに 『サステナブル』とは2019年8月21日にネット上で公開された楽曲です。 同年9月18日にリリースされる今作は半年ぶりの新ナンバーとなります。 ファン待望の今作は今や大注目となりネット・メディアでも話題沸騰です。 動画再生回数は公開から僅か2日で80万をマークし驚異的伸びを見せています。 白と緑と青のコントラストが今年の夏を彩るダンスシーンを作り出してました。 北海道の圧倒的大自然を風のように駆け抜けるドローン空撮&オールロケMVと なっていました。 本楽曲は、作曲家に井上ヨシマサ氏(41stシングル「ハロウィン・ナイト」 2015年8月以来の表題曲担当)が担当されました。 またMV監督にはAKB48のMVを数多く手掛けてきた高橋栄樹監督が選ばれてい ます。 今作のメンバーは下記の通りです。 綺麗な草原やお花畑を舞台にメンバーが可憐に踊り歌っていました。 MV終盤には過去作品である「言い訳Maybe」「恋するフォーチュンクッキー」 などがさり気無く紹介されています。 是非MVの細部まで注目して視聴して下さい。 また結成から13年経過したAKB48の歴史を振り返る作品となっていました。 MV構成は2006年(デビュー)、2009年(大ブレイク前夜)、2013年(恋チュ ンブーム)、2018年(変革の年)、2019年(現在)、そして未来の2028年と6 つの年代に分かれています。 それぞれの年代で流行した機器やアイテムが登場しているのでその部分もお見逃 しなく。 曲調に関してはAKB本来の持つ元気と快活さをイメージしたアッパーチューンと なっていました。 ミドルテンポで進行していくメロディとMVの映像構成が非常にマッチしており 一度聴けば耳に残り、歌詞も受け入れやすいものに仕上がっていました。 そして今作でセンターを務める矢作萌夏さんからのコメントが寄せられていたの でご紹介します。 矢作萌夏さん コメント 激エモな内容が詰まったMVです。 このMVを通してAKB48の歴史をみなさんに思い出していただいて「あっエモいなぁー」って思っていただけたら、嬉しいです。 ドラマシーンではデビューシングルの「会いたかった」の時代を演じさせて いただいたのですが、画角やシチュエーションなども「会いたかった」に寄せていて、撮影してくださるスタッフさん側でも、「前田(敦子)さんを意識して撮っているんだろうなぁ」と思いましたし、私自身も意識してしまいました。 センターに立たせていただきますが、まだまだ未熟な私なので、このシングルでの活動を通して成長できればと思います。 まさに「原点回帰」と言わんばかりの要素がたくさん詰まった今作であること を理解することができましたね。 矢作萌夏さんのやる気全開、そして作品愛を感じることもできましたね。 それではさっそく気になる歌詞の意味を考察していくことにしましょう。 タイトル『サステナブル』とは 『サステナブル(Sustainable)』とは、本来は「維持できる」「耐えうる」「持ちこたえられる」を意味する形容詞です。 地球環境の保全や維持に関しても用いられる用語となっています。 そして今作は「維持」と「保全」がポイントになっていると理解できます。 歌詞全体は二人の男女の関係が変わらず強いものであるかどうかを問う形式 になっています。 そして二人の関係がいつまでも良いものでいられたらと願いが込められてい ます。 つまり関係の「維持」と「保全」という部分がここでリンクしてくるのです。 タイトルにはそのような意味合いがあるのだと解釈するのは妥当でしょう。 『サステナブル』歌詞の意味 順調な時に気づかないこと 「海の季節は終わってしまった」って 君を一度も誘えなった 忙しいって聞いてたから 悪いかなって躊躇した 僕のスマホに残ってた写真 微笑む去年の水着の二人 恋が盛り上がってる時は 気づかないことがある 今回の考察では一人の男性主人公を主軸に進めていきます。 彼には交際している彼女がいます。 彼はそんな彼女との出逢いを回想し現在と比較しています。 去年は二人で海に行き恋が盛り上がっていることを確信で きていました。 そして難しいことをあれこれと考えることもなく恋愛に集 中できていたのです。 しかし今ではどうでしょうか。 「遠慮」や「消極的」な気持ちが頭の中で渦巻いて離れま せん。 代わりに大好きな彼女が離れて行くような気がします。 恋が順調な時には気づかないことがたくさんあるのです。 彼はそのことを実感し気に病んでいるようです。 終わることの意味を知る あれっきり(あれっきり) これっきり(これっきり) そんなの悲しすぎるじゃない? どんなことあったとしても 僕は変わらない あれっきり(あれっきり) 会ってない(会ってない) このまま忘れられるものか そう 本当の気持ちだから ずっと好きでいさせて 恋が順調な時にはお互い「永遠」を感じるものです。 しかし逢えない日がずっと続くと「あれっきり」また 「これっきり」という不安な気持ちに苛まれる時が あります。 二人の関係が「終わる」ことを一瞬考えただけで、彼 は悲嘆し負の気持ちに埋もれてしまいそうになります。 そして自分の中である決意を固めていきました。 「僕は変わらない」と強い決意をして、大好きな彼女 を忘れないこと、そして好きでいることを約束したの です。 上記がきまぐれで遊びではないこと、そう「本気の気持 ち」であることを証明するため彼は行動に出ます。 しかし歌詞にもあったように忙しい彼女にはなかなか逢えません。 それでも彼は強い覚悟と願いがあるので諦めません。 好きでいること以上に「好きで居たい」つまり彼女の側に居たい のです。 「時が過ぎ去る」つまりどれだけ時間をかけても逢いたいという 願いが込められているのです。 この願いは彼が一方的に抱く願いです。 それでも誠実で一途なこの輝く願いが彼女の心に届くのは時間の 問題でしょう。 太陽が昇る時、それは誰の目にも止まるからです。。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回はMVと切り離して考えました。 それでも共通するのはAKB48と歌詞中の男女の関係が 今も変わらず守られているという点です。 男女の交際期間は数年かもしれませんが、AKB48の13 年の歩みは非常に思い出深く厚みある歴史です。 1日1日を大事に紡いで出来上がった13年なのです。 MVや歌詞からその点が大いに強調されていました。 そしてなにより教訓的なのは、順調な時こそ背中に気を つけるという点です。 自分の考えの面で死角になって気づかない点を考える良 い機会になったと思います。 「自分にとって大切な人を本当に大切にしているだろうか」 これはとても重要な黙想であり何度も考えなければならない 自問でしょう。 AKB48の今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと 思います。 原点を感じさせる懐かしいナンバーに感謝しこれからも応援 しています。 素敵な作品を有難うございました。

次の

AKB48 サステナブル 歌詞&動画視聴

サステナブル 歌詞

カテゴリ• 「海の季節は終わってしまった」って 君を一度も誘えなった 忙しいって聞いてたから 悪いかなって躊躇した 僕のスマホに残ってた写真 微笑む去年の水着の二人 恋が盛り上がってる時は 気づかないことがある あれっきり(あれっきり) これっきり(これっきり) そんなの悲しすぎるじゃない? どんなことあったとしても 僕は変わらない あれっきり(あれっきり) 会ってない(会ってない) このまま忘れられるものか そう 本当の気持ちだから ずっと好きでいさせて 「君に会うにも理由が要るよね」って そんな動作を寂しく思う 「僕の考えすぎだ」って 笑われるだろうか? 好きで居たい{好きで居たい} 側で居たい(側で居たい) 君への想いは永遠だ 時がそう 過ぎ去ったって 陽はもう沈まない 好きで居たい{好きで居たい} また会いたい(また会いたい) 一度も忘れた日はない 今の僕に出来ることは 好きで居続けること 自分たちを客観的に 振り返っちゃダメなんだ どんな風に思われてもいい もう一度 もう一度 君を誘いたい あれっきり(あれっきり) これっきり(これっきり) そんなの悲しすぎるじゃない? どんなことあったとしても 僕は変わらない あれっきり(あれっきり) 会ってない(会ってない) このまま忘れられるものか そう 本当の気持ちだから ずっと好きでいさせて 好きで居たい これからもずっと 目次• はじめに 『サステナブル』とは2019年8月21日にネット上で公開された楽曲です。 同年9月18日にリリースされる今作は半年ぶりの新ナンバーとなります。 ファン待望の今作は今や大注目となりネット・メディアでも話題沸騰です。 動画再生回数は公開から僅か2日で80万をマークし驚異的伸びを見せています。 白と緑と青のコントラストが今年の夏を彩るダンスシーンを作り出してました。 北海道の圧倒的大自然を風のように駆け抜けるドローン空撮&オールロケMVと なっていました。 本楽曲は、作曲家に井上ヨシマサ氏(41stシングル「ハロウィン・ナイト」 2015年8月以来の表題曲担当)が担当されました。 またMV監督にはAKB48のMVを数多く手掛けてきた高橋栄樹監督が選ばれてい ます。 今作のメンバーは下記の通りです。 綺麗な草原やお花畑を舞台にメンバーが可憐に踊り歌っていました。 MV終盤には過去作品である「言い訳Maybe」「恋するフォーチュンクッキー」 などがさり気無く紹介されています。 是非MVの細部まで注目して視聴して下さい。 また結成から13年経過したAKB48の歴史を振り返る作品となっていました。 MV構成は2006年(デビュー)、2009年(大ブレイク前夜)、2013年(恋チュ ンブーム)、2018年(変革の年)、2019年(現在)、そして未来の2028年と6 つの年代に分かれています。 それぞれの年代で流行した機器やアイテムが登場しているのでその部分もお見逃 しなく。 曲調に関してはAKB本来の持つ元気と快活さをイメージしたアッパーチューンと なっていました。 ミドルテンポで進行していくメロディとMVの映像構成が非常にマッチしており 一度聴けば耳に残り、歌詞も受け入れやすいものに仕上がっていました。 そして今作でセンターを務める矢作萌夏さんからのコメントが寄せられていたの でご紹介します。 矢作萌夏さん コメント 激エモな内容が詰まったMVです。 このMVを通してAKB48の歴史をみなさんに思い出していただいて「あっエモいなぁー」って思っていただけたら、嬉しいです。 ドラマシーンではデビューシングルの「会いたかった」の時代を演じさせて いただいたのですが、画角やシチュエーションなども「会いたかった」に寄せていて、撮影してくださるスタッフさん側でも、「前田(敦子)さんを意識して撮っているんだろうなぁ」と思いましたし、私自身も意識してしまいました。 センターに立たせていただきますが、まだまだ未熟な私なので、このシングルでの活動を通して成長できればと思います。 まさに「原点回帰」と言わんばかりの要素がたくさん詰まった今作であること を理解することができましたね。 矢作萌夏さんのやる気全開、そして作品愛を感じることもできましたね。 それではさっそく気になる歌詞の意味を考察していくことにしましょう。 タイトル『サステナブル』とは 『サステナブル(Sustainable)』とは、本来は「維持できる」「耐えうる」「持ちこたえられる」を意味する形容詞です。 地球環境の保全や維持に関しても用いられる用語となっています。 そして今作は「維持」と「保全」がポイントになっていると理解できます。 歌詞全体は二人の男女の関係が変わらず強いものであるかどうかを問う形式 になっています。 そして二人の関係がいつまでも良いものでいられたらと願いが込められてい ます。 つまり関係の「維持」と「保全」という部分がここでリンクしてくるのです。 タイトルにはそのような意味合いがあるのだと解釈するのは妥当でしょう。 『サステナブル』歌詞の意味 順調な時に気づかないこと 「海の季節は終わってしまった」って 君を一度も誘えなった 忙しいって聞いてたから 悪いかなって躊躇した 僕のスマホに残ってた写真 微笑む去年の水着の二人 恋が盛り上がってる時は 気づかないことがある 今回の考察では一人の男性主人公を主軸に進めていきます。 彼には交際している彼女がいます。 彼はそんな彼女との出逢いを回想し現在と比較しています。 去年は二人で海に行き恋が盛り上がっていることを確信で きていました。 そして難しいことをあれこれと考えることもなく恋愛に集 中できていたのです。 しかし今ではどうでしょうか。 「遠慮」や「消極的」な気持ちが頭の中で渦巻いて離れま せん。 代わりに大好きな彼女が離れて行くような気がします。 恋が順調な時には気づかないことがたくさんあるのです。 彼はそのことを実感し気に病んでいるようです。 終わることの意味を知る あれっきり(あれっきり) これっきり(これっきり) そんなの悲しすぎるじゃない? どんなことあったとしても 僕は変わらない あれっきり(あれっきり) 会ってない(会ってない) このまま忘れられるものか そう 本当の気持ちだから ずっと好きでいさせて 恋が順調な時にはお互い「永遠」を感じるものです。 しかし逢えない日がずっと続くと「あれっきり」また 「これっきり」という不安な気持ちに苛まれる時が あります。 二人の関係が「終わる」ことを一瞬考えただけで、彼 は悲嘆し負の気持ちに埋もれてしまいそうになります。 そして自分の中である決意を固めていきました。 「僕は変わらない」と強い決意をして、大好きな彼女 を忘れないこと、そして好きでいることを約束したの です。 上記がきまぐれで遊びではないこと、そう「本気の気持 ち」であることを証明するため彼は行動に出ます。 しかし歌詞にもあったように忙しい彼女にはなかなか逢えません。 それでも彼は強い覚悟と願いがあるので諦めません。 好きでいること以上に「好きで居たい」つまり彼女の側に居たい のです。 「時が過ぎ去る」つまりどれだけ時間をかけても逢いたいという 願いが込められているのです。 この願いは彼が一方的に抱く願いです。 それでも誠実で一途なこの輝く願いが彼女の心に届くのは時間の 問題でしょう。 太陽が昇る時、それは誰の目にも止まるからです。。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回はMVと切り離して考えました。 それでも共通するのはAKB48と歌詞中の男女の関係が 今も変わらず守られているという点です。 男女の交際期間は数年かもしれませんが、AKB48の13 年の歩みは非常に思い出深く厚みある歴史です。 1日1日を大事に紡いで出来上がった13年なのです。 MVや歌詞からその点が大いに強調されていました。 そしてなにより教訓的なのは、順調な時こそ背中に気を つけるという点です。 自分の考えの面で死角になって気づかない点を考える良 い機会になったと思います。 「自分にとって大切な人を本当に大切にしているだろうか」 これはとても重要な黙想であり何度も考えなければならない 自問でしょう。 AKB48の今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと 思います。 原点を感じさせる懐かしいナンバーに感謝しこれからも応援 しています。 素敵な作品を有難うございました。

次の

サステナブル

サステナブル 歌詞

AKB48が9月18日に新曲「サステナブル」を発表しました。 この記事は曲の感想をただ連ねたものですが、 是非とも一度はAKB48にハマっていたな、という方に読んでいただいて、 あわよくば共感してもらえたら嬉しいです。 「サステナブル」とはご存知の方も多いと思いますが、直訳すれば「持続可能」という意味で、経済の分野では主に自然環境へ配慮したビジネスを行いましょう(地球の持続可能性をきちんと考えてビジネスしましょう)的なニュアンスで使われたりします。 最初、このタイトルを聞いた時、AKB48は解散してしまうのではないか、と思いました。 「持続可能性」を歌いながら、実態は解散してしまい、みんなの心の中にいてほしい、というような感じで。 実際はそんなことはなく、センターに矢作萌夏ちゃんを迎え、指原莉乃さん卒業後の新しいAKB48の幕開けとなっています。 MVがエモい サステナブルのMVは、「会いたかった」「言い訳Maybe」「恋するフォーチュンクッキー」「Teacher Teacher」そして「現在」(未来?)、という感じの設定で、各時代の女子高生・女性にメンバーが扮しています。 このような演出のMVについて、メンバーはこう話しています。 それぞれ違う時代の女の子の様子を追っている内容で、 全ての時代にAKB48が隣にいたという設定に感動しました。 (話:向井地美音) TSUTAYA on IDOL vol. 55より引用 そうです。 私の時代はまさに前田敦子さんが、青春ど真ん中でした。 友達と握手会にも行っていたし、周りにはあっちゃんの真似をしてボブにする子が急増しました。 高校の文化祭では、大声ダイヤモンドや、会いたかったを踊るのが鉄板で、 誕生日には涙サプライズ!が大音量でかかっていました。 私の友人も、MVをみて「エモいなこれ!!!」と言っていました。 あまりにもエモいです。 一度でもAKB48を青春時代に通った人は、エモい!と思えるはずです。 白色背景の吹き出しは「サステナブル」のMVを見た友人からのメッセージ 歌詞がエモい 私は現在25歳ですが、この歳になってようやく、秋元康さんの書く歌詞の深さを感じるようになりました。 この曲の歌詞は、ごく普通の片思いの恋愛ソングなのですが、 AKB48が青春ど真ん中で、大人になって、やがてAKB48をあまり聞かなくなったファンが聞けば「あの頃のAKBブームがあまりにも懐かしい・・・」と思える歌詞になっています。 あれっきり(あれっきり) これっきり(これっきり) そんなの悲しすぎるじゃない? AKB48 サステナブルの一節 さて、ファンの中には、AKB48の絶対的エース・あっちゃんが卒業しても、 完璧すぎてCGアイドルと言われたまゆゆが卒業しても、 初代神7が全員卒業しても、ライバルグループが増えても、 変わらずずっと応援しつづている方もいるはずです。 好きで居たい(好きで居たい) 側に居たい(側に居たい) 君への想いは永遠だ 時がそう 過ぎ去ったって 陽はもう沈まない 好きで居たい(好きで居たい) また会いたい(また会いたい) 一度も忘れた日はない 今の僕に出来ることは 好きで居続けること AKB48 サステナブルの一節 そして、私が特に素敵な歌詞だな、と思ったのがこの一節です。 自分たちを客観的に振り返っちゃダメなんだ AKB48 サステナブルの一節 「あの頃がAKB48のピークだったよねー」「最近の曲知らないよねー」「黄金期はすぎたねー」なんて言葉も、たまにSNSで見られますが、そのようなことをメンバー自身やファンが思うと突然、その空間というか、組織というか、そういったものが寂しい感じになってしまいます。 この歌詞に続くのは、こんな言葉です。 自分たちを客観的に振り返っちゃダメなんだ どんな風に思われてもいい もう一度 もう一度 君を守りたい AKB48 サステナブルの一節 突然現実的な話になりますが、これって仕事でも同じで、自分の仕事を客観的に振り返った途端に、当事者意識というか責任感が薄れてしまうような気がします。 もう一度、AKB48に熱狂したい。 私自身も、最近本店(AKB48のこと。 NMB48などの地方グループは支店と言われる)の握手会やライブにはいっていなかったので、この曲をきっかけにいこうと思いました。 秋元康はやっぱりAKB48に相当な思い入れがある 私は秋元康さんの書籍を何冊か読んでいるのですが、彼は相当な思い入れでAKB48を世に送り出しています。 もう、汗をかくしかないと決めたんだよね。 (中略) AKB48の曲って800曲近くあるんだけど、全部僕が歌詞を書いてるんだよ。 (中略) 衣装デザインも自分で書いた。 相当、やりたい!と思わないとできないです。 AKB48は売れるまで数年かかりました。 その間、周りには「大変ですね」と言われていたそうですが、秋元康さんは楽しくて仕方なかったそうです。 だから心のどこかで、秋元さん自身が思っているのかもしれません。 あれっきり、これっきり、そんなの悲しすぎるじゃない、と。

次の