生理喉渇く。 生理の時の喉のトラブル、関係ないようで実は関係してた!

妊娠で喉乾く理由は羊水が影響している!?身体に良い水分摂取方法とは?

生理喉渇く

1.生理周期と目のしょぼしょぼの関係 女性の皆さん、パソコンやスマホを使っていて目がしょぼしょぼすることはあると思いますが、どの時期に目のしょぼしょぼを強く感じますか?? 生理中に目のしょぼしょぼがひどくなる気がする…という方!そうなんです。 目を酷使すると、東洋医学的に「血」をたくさん使うと言われています。 生理中は、ただでさえ身体からたくさん血が流れていっています。 そこで目をたくさん使うと、血が足りない状態になり、目がかすんだり、しょぼしょぼしたり、ピントがあいにくいなど、目に疲れがでることがあるんです。 そんな方には、血を増やすことが大切です。 漢方で血の量を増やしてあげましょう。 女性にお勧めの血を補う、血行をよくする漢方: 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう),参茸補血丸(さんじょうほけつがん),冠元顆粒(かんげんかりゅう) 次に、 生理前2週間くらい前、排卵日を過ぎたあたりから、目のしょぼしょぼが辛くなる…という方!そうなんです。 生理が近づくにつれ、女性ホルモンのひとつである エストロゲンが減少していきます。 なぜエストロゲンが減少すると目がしょぼしょぼするのか。 それは、 エストロゲンには「潤い」を保つ役割があるからです。 「潤い」って、目だけではなく肌でも髪でも、女性にとってなくてはならないものですよね~そんな「潤い」が失われていくなんてとても辛いです… 生理が近づくにつれて、エストロゲンが減っていくため、目が乾く、目がしょぼしょぼする、目にゴロゴロとした異物感を感じる、といった症状がでてくるんです。 潤いが不足している状態ということですね。 なので、目が疲れると目尻や目の下にしわができやすい時期でもあります。 ホルモンのバランスが時期によって変化するのは女性にとっては避けられないことです。 でも 自分の身体の状況を把握しておくことで、生理前になったら目を休ませて保湿をいつもよりしっかりしよう!といったように、対策が取れますよね。 女性特有の生理とは、うまくつきあっていくしかありませんので、一ヶ月周期での自分の体調の変化、お肌の変化に注目してみてください。 特に、目が疲れやすい方や仕事で目を酷使する方は、目の疲れ具合の変化にも気を配ってみてくださいね。 そして、目の疲れの対策として、いろいろとさくらもご紹介してきました。 実は、エストロゲンは年齢が上がるにつれて減っていきます。 エストロゲンが減少するとどうなるか??それが 「更年期障害」と呼ばれる症状として現れます。 女性の皆さんなら、聞いたことがありますよね。 更年期障害は、40~50代の女性が閉経までに、女性ホルモンの減少によって、色々な症状に悩まされることの総称です。 ホットフラッシュといわれるのぼせの症状や、気分の落ち込み、関節痛、肌荒れなど、その症状は多岐に渡ります。 そんな更年期障害の中に目の症状もあるんです。 疲れ目やドライアイ、目のしょぼしょぼが現れる場合が多くあるようです。 先程お伝えしたように、エストロゲンが減少すると潤いが失われていきます。 それと同時に、 「 コラーゲン 」の量も減少していくんです。 「コラーゲン」は肌の弾力を保つために必要な栄養素として有名で、コラーゲン入りの食べ物飲み物、サプリメントは女性にとって欠かせない存在ですよね。 そんなコラーゲンですが、お肌だけではなく身体の細胞の弾力を保つのにも必要なんです。 特に目のレンズの働きをする水晶体にはコラーゲンが多く含まれています。 そのコラーゲンが失われていくと、どうなるかわかりますよね。 悲しいことに、目の機能も衰えてしまうんです。 ですので、更年期の時期に、老眼のような症状が出たり、眼精疲労がひどくなったりといったことも起きます。 ただ、加齢に伴う目の病気も白内障などが原因の場合あります。 もし、更年期にさしかかってきた時期に、目に異常を感じたら、更年期障害の症状なのか、目の病気なのか、まずは病院できちんと確認してくださいね。 3.女性ホルモン・エストロゲンの働き エストロゲンが女性の身体に大きく影響を与えているということはわかっていただけたと思います。 ではエストロゲンとはどういったものなのでしょうか? 女性ホルモンの代表として知られている2つのホルモンがあり、それが「エストロゲン」「プロゲステロン」です。 エストロゲン:別名は卵巣ホルモン、生理周期の前半に分泌される、排卵日を過ぎると減少する。 プロゲステロン:別名は黄体ホルモン、生理周期の後半に分泌される。 エストロゲンとプロゲステロンは交互に増えたり減ったりするということですね。 特に、 エストロゲンは、女性らしいボディラインや美肌、美髪を作るのに欠かせない、女性ホルモンだといわれています。 そんなエストロゲンは生涯でたったティースプーン一杯分しか作られないんです。 そして、20代をピークに分泌量は段々と減っていきます。 年齢とともに、肌や髪に潤いがなくなり、妊娠しにくくなるのもエストロゲンの分泌量の減少と官益しているんです。 エストロゲンが減るとコラーゲンも作られなくなっていくので、ほうれい線やしわがたるみが目立つようになってくるんですね。 年齢とともに、少しずつ衰えていくのはある程度は仕方のないことですが、女性として何とか戦うことはできないのでしょうか?!実は、 エストロゲンを増やす食べ物があります! 毎日の食生活に取り入れて、エストロゲン減少による、お肌の衰えや目のしょぼしょぼを防ぎましょう!! エストロゲンを増やす食べ物 ・大豆食品 大豆に含まれる イソフラボンが女性にとてもいいと聞いたことはありませんか?そうなんです。 イソフラボンはエストロゲンに似た働きをして、エストロゲンが足りていない時には補う作用があるんです。 大豆食品といえば、豆腐、納豆、味噌、きなこ、豆乳、油揚げなどがあります。 ・山芋・ザクロ 実は、山芋とザクロにも イソフラボンが含まれています。 ・ゴマ ゴマに含まれる ゴマリグナンも、イソフラボンのようにエストロゲンに似た働きをします。 ゴマはそのままだと、消化吸収されずに排出されてしまいますので、必ずすりゴマにしてくださいね。 ・卵 卵にはエストロゲンを作るのに必要な コレステロールがたくさん含まれています。 栄養価もとても高く、美容にもいいのでオススメです。 ・キャベツ キャベツに含まれる ボロンが、エストロゲンを活性化するといわれています。 キャベツがバストアップに効くと聞いた事はありませんか?それはボロンの作用です。 ・プルーン プルーンには、なんと、 エストロゲンと ボロンが両方入っています!女性にとてもオススメなフルーツですね。 ・かぼちゃ・アボカド・アーモンド かぼちゃ・アボカド・アーモンドには、 ビタミンEが豊富に含まれています。 ゴマにもビタミンEは多く含まれていますね。 ビタミンEはエストロゲンの分泌元の卵巣の機能をよくする働きがあるんですよ。 4.最後に 今回は女性にとっては、切っても切り離せない生理と女性ホルモンのエストロゲンに注目して、目のしょぼしょぼとの関係をまとめてみました。 女性として、若々しく健康で元気に生きていくためには、エストロゲンは必要不可欠です。 エストロゲンを増やす食べ物は、簡単に手に入るものばかりです。 是非食事に取り入れてくださいね。 また、更年期障害で悩んでいる奥様や彼女をお持ちの男性の皆さん。 このブログを参考にして、奥様や彼女を助けてあげてくださいね。

次の

妊娠中の喉の渇きが気になる時に知っておきたいこと

生理喉渇く

月経前症候群(PMS)が発症する直接の原因は不明ですが、女性ホルモンのひとつである 黄体ホルモン(プロゲステロン)が関係しているのは確かとされています。 黄体ホルモンは、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい体を作るホルモンです。 排卵後の黄体期に多く分泌され、妊娠に備えて、食欲を増したり、基礎体温を上げたり、体の水分の排出を抑えたりするなど、体の中でいろいろな現象を誘発します。 妊娠が成立しないと、黄体ホルモンの分泌は急激に減り、不要になった子宮内膜を体の外に排出する月経が起こります。 この 黄体ホルモンの増減が、体に何らかの作用をして、むくみや張り、頭痛などのさまざまな症状を引き起こしていると考えられています。 症状に応じて薬を処方される場合もあります。 イライラが強い場合は精神安定薬、むくみには利尿薬、頭痛などの痛みには鎮痛薬などです。 漢方薬も効果が認められ、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、抑肝散(よくかんさん)などが使われます。 また、西洋ハーブのひとつであるチェストベリーも効果が認められ、要指導医薬品として購入することができます。 これらの治療で改善しない場合は、 低用量経口避妊薬(EP配合剤)によるホルモン療法を行います。 いわゆるピルですので、毎日規則正しく飲まないと、かえってホルモンバランスを崩してしまうので注意が必要です。 また、高血圧や肥満のある人、喫煙している人などは、まれに血栓ができやすくなる危険性が高まるので、使用できない場合もあります。 のみ始めに吐き気や乳房の張り、頭痛などの副作用が現れることがありますが、通常は継続するうちにおさまります。 副作用がつらい場合は、自己判断で中止せず医師に相談してください。 うつ症状がある場合は、抗うつ薬を生理前の短期間に限って使うこともあります。 副作用について眠気が出る場合がありますが、重大な副作用は報告されていません。 また、抗うつ薬はずっと飲んでいるイメージがありますが、PMSの治療時に使い場合は月経前の短期間だけに使用します。

次の

すぐに喉が渇く原因とは?「異常な喉の渇き」で考えられる病気

生理喉渇く

喉はなぜ渇く?喉が渇く仕組みを知ろう! 喉が渇く主な原因は、体内の 水分不足と、塩分の 過剰摂取です。 人間の体は 6割以上が 水で構成されていますが、 その中の 2%分の水分が不足すると、脳が 危険センサーを発動させます。 脳の視床下部には、 口渇中枢と呼ばれる器官がありますが、これこそが水分不足を警告するセンサーです。 この口渇中枢が刺激されて作動することで、 喉の渇きという現象が起きるのです。 又、塩分を過剰摂取すると、体内にある体液中の ナトリウム濃度が上がってしまいます。 すると、体は体液の濃度バランスを 正常に戻そうとし始めます。 その結果、水分を求める指令を脳が出すようになり、喉が渇くようになるのです。 更に、唾液の分泌量が少ない時も、喉の渇きが起こります。 唾液の分泌量は、 自律神経のバランスによって正常に保たれています。 そのため、自律神経のバランスが崩れると、唾液の分泌量が減り、喉が渇く原因となります。 特に、 ストレスを溜め込んでいたり、 月経前後や 更年期などで ホルモンバランスが崩れたりすると、喉が渇きやすくなります。 偏頭痛と喉の渇きが一緒に起きるのは病気のサイン? 偏頭痛と共に喉の渇きが起きている場合、以下の病気が原因であることが考えられます。 自律神経失調症 自律神経失調症は、文字通り、 自律神経のバランスを乱す病気です。 これが唾液の分泌量を低下させ、喉の渇きを引き起こします。 又、自律神経が乱れると血行が悪くなり、脳に十分な血液が行き届かなくなります。 これによって、偏頭痛の症状が起きてしまうようになるのです。 更年期障害 更年期障害を発症すると、 ホルモンバランスの乱れによって、 自律神経のバランスも乱れ始めます。 それによって、自律神経失調症と同じメカニズムで、喉の渇きや偏頭痛の症状を引き起こすようになります。 脱水症状 体内の水分が 3%失われると 脱水症状を起こしますが、 この場合、喉の渇きに加えて、偏頭痛も併発するのが特徴です。 体内の水分量が急激に減ることで、それに比例して血液量が減っていき、血圧も下がってしまいます。 それによって血流も悪くなり、偏頭痛を引き起こすのです。 こちらの記事もご参考に! 喉の渇きを予防する方法は?適切な水分補給のやり方は? 喉の渇きを予防するためには、 日頃から 塩分や 刺激の強い嗜好品( タバコ、 酒など)を 控えることが大切です。 又、 空気の乾燥によっても喉が渇きやしくなります。 そのため、加湿器を使うなどして、部屋の中が 乾燥しないようにすることもオススメです。 しかし、何と言っても、喉の渇きを予防する1番の方法は「 こめまな水分補給」です。 但し、大量の水を飲んでしまうと、その大半が尿として排出されてしまうので、意味がなくなってしまいます。 そのため、「1回の水分補給につきコップ1杯分の水を飲む」ということがポイントです。 そして、喉が渇いた後ではなく、「もうそろそろ喉が渇きそうだな」というタイミングで飲むということも大切です。 特に、寝起きや風呂上がりなどは、急激に喉が渇くことが予想されます。 なので、このような時は、できるだけ早めに水をのむようにしてくださいね。 適切な水分補給の大切さを説明している動画です。 喉が渇く時に適した飲み物とは? 喉が渇く時、最も適した飲み物は水ですが、それ以外にはこのような飲み物もオススメです。 ほうじ茶• ほうじ茶は 無糖なので、「飲んだ後に喉が渇いてしまう」ということがありません。 なので、喉が渇いた時の 水分補給としては最適な飲み物の1つです。 又、 カフェインが入っていないこともポイントです。 カフェインの入った飲み物は、口内の粘膜を過剰に刺激して、 唾液の分泌を抑えてしまうので、余計に喉が渇く原因となります。 でも、カフェインが入っていないほうじ茶なら、安心して飲むことができますね。 又、麦茶には ミネラルも豊富に含まれているという特徴があります。 そのため、水分補給と栄養補給が同時にできるという優れ物の飲み物です! 「冬場でも冷たい麦茶をよく飲んでいる。 市販のペットボトルの物を。 外出して体が冷えていても気にしない。 炬燵に入りながら飲むのが好きだ。 さすがに雪が降る夜は飲まないが代わりに酒を呑む。 けれど喉の渇きを癒すのには麦茶にかぎる。 喉が渇くという現象は水分不足、塩分の過剰摂取、唾液の分泌量不足が原因• 偏頭痛と喉の泡気が同時に起きる病気もいくつか存在する• 喉が渇く前の段階で、こまめに水分補給をすることが大切• 喉が渇いた時は、水か、無糖・カフェインレスの飲み物を飲むと良い 喉の渇きは、「体内の水分不足」「塩分の過剰摂取」「唾液の分泌量不足」のいずれかが原因で起こります。 病気が原因でこれが起こる場合もあり、 特に、偏頭痛と同時に喉の渇きが起きた場合は、早めの対処が必要です。 又、喉の渇きを予防するためには、日頃からこまめな水分補給を意識しましょう。 「喉が渇いてから大量に水分補給をする」という形ではなく、 「喉が渇く前に、水分を少しずつ取る」ということがポイントです。 水分補給として最適な飲み物は水ですが、 ほうじ茶や麦茶など、無糖でカフェインの入っていない飲み物もオススメです。

次の