3 月 20 日 滅亡。 20年3月地球消滅? 原田龍二がマヤ暦の予言のウワサを分析

3月20日はマヤ歴とインド歴で人類滅亡の日?100日後に死ぬワニの日!

3 月 20 日 滅亡

既に「外れた」とも言われているマヤ暦ですが…。 実は計算が間違っていて2020年の3月20日こそがマヤ暦の終わり、人類滅亡の日という説があります。 ちなみにマヤ歴の人類の終わりとは…。 オリオン座のベテルギウスの超新星大爆発によってオゾン層が破壊され、地球の生物が全て燃えるという恐ろしい予言です。 もうすぐ2020年3月20日になることから、Twitterでは「ベテルギウス」についてのツイートなども増えています。 マヤ歴終了の2020年3月20日まで、もってくれよ。 ベテルギウス。 — ぽんにゃん 16. 2評価中 ponnyan 元々、マヤ暦では2012年12月21日が終わりの日と予想されていたのですが、フランスの科学者が日付の計算が違うのではないかと再度日付の計算をしました。 その結果、なんと2020年3月20日が本当の人類、地球の滅亡の日という計算になったのだとか。 そうなると、2020年3月20日にベテルギウスが爆発してしまうのでしょうか。 実は2020年3月20日は「2020年に人類が滅亡する」というインドのスーリヤ寺院の予言まであります。 インド暦には2020年3月20日までしかなく、「破壊神カルキ」が時代を終わらせるとされているとか。 マヤ暦、インド暦共に2020年3月20日が「人類滅亡」「地球滅亡」の日となっているわけですが、本当に2020年3月20日に何かが起きるのですかね。 今現在、新型コロナウイルスが流行しつつありますが、何か関係があったら…怖いです。 スポンサーリンク 3月20日は100日後に死ぬワニの日! 「100日後に死ぬワニ」 — きくちゆうき yuukikikuchi 3月20日はtwitterを賑わせている「100日後に死ぬワニ」が100日後を迎える日でもあります。 これについては、「3月20日はたまたま?」「マヤ歴に合わせたの?」といった声も既にあり、作者が3月20日をワニくんの100日後にしたことについてTwitterでも複数の方の言及がされていました。 100日後に死ぬワニ…もしかして100日後にはワニくんだけでなくネズミくんたちも…のようなオチになってしまうのでしょうか。 マヤ歴やインド歴のままだと、ワニくんの世界でも超新星爆発が起きてしまうのですかね。 100日後に死ぬワニのワニくんはとても可愛くて、人気も出ているので、ワニくんがどうなるかも気になるところです。 2020年3月20日の人類滅亡説はネットでも話題に オカルトちょっと好きだからマヤ歴で2020年3月が人類滅亡説をちょっとワクワクしながら見てる。 元々2012年だったけど計算の仕方が間違っていて実は2020でしたっていうなんじゃそりゃな話だけど。 最近は南海トラフで地震が増えたらしいけどどうなんでしょう。 世界は次の段階に入るらしい。 — 鈴木一也 a. a 大司教 baelzebub 都市伝説だと2020年3月20日に人類滅亡説があるらしい。 マヤ暦とインド歴の終わりの日のようです。 100日後に死ぬワニの設定も同日。 — ピノピノピノコ 相互フォロー祭開催中! pinopinopino369 ワニが死ぬことより、マヤ歴とインド歴が同じ日に終わることの方が怖いわ、 — 千葉 kuroyanagi1122 3月20日はマヤ歴とインド歴で人類滅亡の日?100日後に死ぬワニの日!まとめ 【3月20日はマヤ歴とインド歴で人類滅亡の日?100日後に死ぬワニの日!】ということでまとめてみました。 マヤ歴のことは、とっくの昔に終わったと思っていたのですが、2020年3月20日だったという計算方法もあるのですね。 インド歴は2020年3月20日までしかないということで…本気で信じている方もいるとか。 2020年3月20日はもうすぐですが、予言はどうなるのでしょうか。 100日後に死ぬワニの、ワニくんの行方も気になりますね。 スポンサーリンク.

次の

20年3月地球消滅? 原田龍二がマヤ暦の予言のウワサを分析

3 月 20 日 滅亡

Contents• 2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘? 実は、人類滅亡と言われた日は、過去にも何度かあります。 もう20年以上も前になるんですね。 不安にさせるだけさせておいて、 結局何事もなく、時は過ぎていきました。 そしてその日が 「人類滅亡の日」ではないかという予測がされていた マヤ文明で使用されていたマヤ暦では、 5125年を1サイクルとして考えていて、 その1つのサイクルが終わる日が 2012年12月21日だったわけですね。 ですが、この日も、 普通に過ぎていきました。 2020年3月20日に人類滅亡するの? 最初は、2012年12月21日と言っていたけど計算し直して、明日が本当の人類滅亡の日になったようですけど。 結局、何も起こらず、また修正して、新たな滅亡説が出てくるんだろうなぁ。 再調査をした科学者らによって、 2012年12月21日は、間違っていて、正しい日は、 2020年3月20日だと導きだしたのです。 (余計なことを(怒)) この結論(2019年12月21日)に疑問を持ったフランスの科学者などが再調査をしたところ、 マヤ暦の終わりの日の換算の仕方が間違っていて、 2020年3月20日が本当の滅亡の日だという結果が導き出されたのです。 しかも恐ろしいのが、 この終わりの日が、マヤから遠く離れたインドのスーリヤ寺院に保存されたインド暦の終わりとも一致する ということで、今回の予言こそ何か起きるのではといわれています。 そもそも、この人類滅亡の日に、何が起きるのかというと、 オリオン座のベテルギウスの超新星 大爆発が起き、ガンマ線バーストの影響でオゾン層が破壊され、そこから放射線が地上に入り込み、その放射線の影響と気温の激しい上昇により、 この日に地球上の生物は焼き尽くされすべて灰となり滅亡する、といわれています。 2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘?デマ?コロナウイルスとマヤ暦は関係ある? この3月20日に起こることを見ると、かなり恐ろしいわけなんですが、Twitter上では、「コロナウイルスがそうじゃないの?」や、「嘘!デマ!」だという声、が多く見られます。 確かに、 新型コロナウイルスが大流行してしまい、そうなのかもと思わざるを得ない状況ですが、そうだとしたら、 人類滅亡はありえないですよね。 そもそも、この人類滅亡の予言は、 オリオン座のベテルギウスの超新星の大爆発で起こるものとされているので、新型コロナウイルスと結び付けたい気持ちは分かりますが、関係ありません。 2020年3月20日人類滅亡と100日後に死ぬワニのラスト そして、偶然なのか必然なのか、 と重なってるんですね・・・。 【朗報】2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘?コロナウイルスとマヤ暦は関係ある?まとめ ここで、 朗報があります!こんな記事を見つけちゃいました! オリオン座の肩の位置にある 巨星ベテルギウスに死が迫っているという心配は、どうやらとりこし苦労だった。 2019年10月から急激に暗くなり、 超新星爆発が危惧されていたが、しばらく爆発の恐れはなさそうだ。 最新の観測結果は、ベテルギウスが以前の明るさを取り戻しつつあることを示している。 観測チームは2月22日付けでオンライン学術誌「アストロノマーズ・テレグラム」に、「明らかにベテルギウスの減光は止まっていて、徐々に明るくなりはじめている」とする速報を出した。 引用: National Geographic Inc. しばらく 爆発の恐れはなさそうとのことです!(ほっ) 人類滅亡と今まで、何度か言われてきたけど、何も起こらず今があるので、嘘であることを願います。 滅びるなんて、きっと嘘です。

次の

【解説】3月20日人類滅亡説は嘘?べテルギウス爆発と「100日後に死ぬワニ」の日との関係は?|KININARU JORNAL

3 月 20 日 滅亡

先週、とある予言が日本を騒がせた。 それは「3月20日に人類が滅亡する」というものだ。 この予言は数年前に世界中で注目された「マヤ暦の予言」が関係している。 非常に高度な天文技術を持っていた古代マヤ人は正確な暦を持っていた。 暦には日数や太陽年を基準とした短期歴と長期暦があり、このうち長期暦が終わりを迎える日が現代の2012年12月21日 注・23日とする説もあり に該当したため、「2012年に人類が滅亡する」という噂が世界中で巻き起こった。 だが、この予言は現在の我々が知る通り、不発に終わった。 そもそもマヤの暦は順還暦であり、日本の干支のように、最後まで進んだら再び新しく1から始まる暦だったので、暦が最後まで進んでも恐れる必要はなかったのである。 ところが、その後再び「マヤ暦の予言」は噂になる。 なんと2012年に世界が終わり、人類が滅亡する日は、正確に計算すると2020年3月20日が該当する、という説が出てきたのである。 話はマヤ暦だけでは終わらない。 このマヤ暦の予言を補強するように、マヤ文明から距離も時代も離れたインドに存在する寺院にもまた、「2020年3月20日」に終結を迎える暦が発見されたのである。 この暦はインド北東部のアッサム州グワーハーティーに13世紀に建造されたナヴァグラハ寺院に存在するもの。 そもそもこの寺院は人生に直接的な影響をおよぼすと信じられるナヴァグラハ 9惑星 を祀るもので、インド暦によれば「この世は消滅と再生を繰り返す4つの時代の周期で成り立っている」という。 この周期は1280年ごとで、周期が終わるごとに世界は消滅と再生を繰り返すという。 このインド暦を計算して現在の年代と照らし合わせると、これまた2020年3月20日が周期の終わりとなるのだ。 マヤ暦とインド暦、2つの暦がともに「世界の終わり」を示したため、今度こそ世界が終わってしまうのではないか、と騒ぎになったのだ。

次の