ブラック 企業 番付。 ブラック企業のバカが良く使うありがちな言葉「ブラックワード」

ブラック企業のバカが良く使うありがちな言葉「ブラックワード」

ブラック 企業 番付

目次【クリックして移動できます】• 【12月23日】2019年のブラック企業大賞は2年連続となる三菱電機! 2019年12月23日、ついに今年度のブラック企業大賞が発表されました。 受賞したのは初の2年連続大賞を受賞した三菱電機です。 今年8月に20代の男性新入社員が自殺をしたことが、受賞の要因となっています。 しかもただブラックなだけでなく企業でそれを隠蔽しようとした悪質性があり、誰もが名前を知っている大企業でありながら全く改善される気配がないのは最悪としか言いようがないでしょう。 ブラック企業大賞企画委員会も 「あまりに異常なことが起きていると言わざるを得ない。 悲しみと怒りを込め、大賞として表彰する」という発言を授賞式でしていました。 なお、大賞は逃したものの「特別賞」を労働基準法違反が目立つ電通が、「Web投票賞」をパワハラが問題となった楽天が、「 Metoo賞」を職員の女性への性暴力で話題となった長崎市が受賞しています。 ある三菱系列の社員に聞いたけど、旧財閥体質が依然残っていて、 上司からの飲みの誘いは帰宅途中でも戻ってくる、隣席の先輩からの指摘はメールで来るとか。 特に若い人は心病むよね。。 ブラック企業大賞、三菱電機が「連覇」 立て続けに社員が過労自殺 — pokoyama pokoyama7 ブラック企業大賞に三菱電機が二年連続で大賞を受賞。 社員の年収は795万円とのこと。 ブラック企業で馬車馬のように働いて夢のマイホームを建てても、体を壊してしまったら元も子もない。 — タカぽん 家の売却研究家 iebaikyaku 改竄、隠蔽は確かにアウトですが、社員を執拗に自殺に追い込み命を奪ったくせにそれを隠し、反省しようともしなかった三菱、電通とあなたの会社はブラック度が著しく違うと思います。 また、セブンイレブンはオーナーらを散々蔑ろにし、7payでもトラブルを起こした故の「特別賞」ではないですか。 なお、三菱電機を始めとしたノミネート企業はどこも会場に参加者が現れなかったので、賞状は代理の方が受け取りました。 ノミネートされていない企業を含めれば日本にはまだまだ無数の「ブラック企業」が存在する事が予想されます。 1日でも早くブラック企業が無くなる事を祈るばかりです。 【12月13日】ついに2019年ブラック企業大賞のノミネートが発表! 2019年12月13日、ついに今年度のブラック企業大賞のノミネートが発表されたようです。 KDDI• セブン-イレブン・ジャパン• ロピア• 長崎市• トヨタ自動車• 三菱電機• 吉本興業• 楽天 こちらがノミネートされた企業の一覧です。 どの企業も今年のニュースやテレビを大きく賑わせた企業ですね。 一流なのは知名度だけではないようです。 吉本興業や電通はまだ記憶に新しいので、名前を聞くだけで凄惨なブラック企業のニュースを思い出す人も多いのではないでしょうか。 また、過去に大賞を受賞した セブンイレブンジャパン(2015年)、電通(2016年)、三菱電機(2018年)の3社は今年もノミネートされています。 大賞が発表されるのはまだ先ですが、結果の発表を待ちましょう。 2018年の「ブラック企業大賞」はどこ!? ブラック企業大賞実行委員会という大学教授、研究者、ジャーナリストなどで作る団体が、2012年よりその年の12月に「ブラック企業大賞」というその年に問題が起こした、発覚した企業などに「勝手に」ブラック企業の賞を与えるイベントを実施しています。 表彰式には見事選ばれたブラック企業代表者も呼ぶのですが、なぜか(?)誰も来ず、勝手に表彰しています。 しかし、ブラック労働問題が表面化するにつれて、この賞の注目度も高くなっています。 <ブラック企業大賞> のほか、毎年様々な賞が設けられ、錚々たるブラック企業に贈られるのですが、大賞はブラック度よりも、インパクト狙いで有名企業になる傾向があります。 2018年に受賞したブラック企業のみなさんは以下の通り。 理由とともに書きます。 また、社名は公開されているので、伏字にせずそのまま書きます。 大賞 三菱電機株式会社 裁量がないのに裁量労働制を導入して、4年間に2人を過労自殺に追い込んだため大賞受賞となりました。 天下の三菱ですが、やっていることはその辺のブラック企業と変わらなかったということです。 自殺に追い込みブラック企業ランキングで大賞を取っているくらいなので、ある意味『日本一入社してはいけない会社』と言っても過言ではないでしょう。 大賞受賞の決め手は、4年間に5人が過労による精神疾患や脳疾患になり、労災認定を受けていたことです(自殺した人も含む)。 短期間にこれだけの人数が労災認定されるのは異例で、それが天下の三菱で行われていたことに驚きを隠せません。 特別賞 株式会社日立製作所・株式会社日立プラントサービス 日立系列の2社が同時受賞となりました。 受賞にポイントは3点。 1.20代の(入ったばかりの)若手に工事現場で設計・施工管理監督をさせ、月100時間を超える長時間残業が恒常化し、最大で月160時間を超えて、精神疾患を発症させた。 2.その社員に所長からの「いらない」「着工まで不要」「めざわりだから帰れ」「仕事辞めてしまえ」というパワハラ、さらに残業代を過少申告するような圧力をかけた。 3.外国人実習生への不適切な扱い。 数百名のフィリピン人技能実習生を不正に働かせていました。 「電気機器組み立て」を学びに来ていた実習生に、それを教えず、窓や排水パイプ、カーペットやトイレを鉄道車両に取り付ける作業しか行わせませんでした。 奴隷のコマのように集まっていました。 パワハラを始め、ブラック労働の「てんこ盛り」で受賞となりました。 ブラック企業問題相談するならこの人! ブラック問題に個人で立ち向かうのはかなりの労力が必要になります。 ブラック問題のプロなら悩んでいた問題に的確なアドバイスが可能です。 【ブラック企業アナリスト】新田 龍 働き方改革総合研究所株式会社代表取締役。 働き方改革コンサルタント/ブラック企業アナリスト。 労働環境改善のコンサルティングと、ブラック企業相手のこじれたトラブル解決が専門。 も当サイトで執筆 激務率高し!就職してはいけないブラック業界ランキング 1位:水商売・風俗業界(ホステスではなく従業員) 1位は水商売、風俗業界です。 ここでの水商売とは飲食業界を含む広義の意味ではなく、 風俗店を含む夜間営業を中心としたナイトクラブやバーなどを指します。 また水商売や風俗業界では風俗嬢やキャバクラホステスとして特に女性のアルバイトが注目されがちですが、ホストやホステスとして働くことではなく、「就職先」として同業界の一般従業員になることを想定した場合です。 水商売や風俗店での勤務は一言で言えば大変ハードです。 風営法により風俗店は夜間の営業時間に制限がありますが、それはあくまで営業時間です。 従業員の勤務時間までが対象となっている訳ではありません。 残業が深夜まで及ぶのは日常茶飯時です。 また同業界は体育会的体質が根強くあり、特に新人になると雑用で休む間もなくこき使われることも多いため、従業員の定着率が悪い業界としても有名です。 しかも水商売や風俗店は年中無休で営業している場合も多いことから、従業員の定着率の悪さと相まって休日出勤が増え、その結果、満足に休みがとれない月もしばしば生じます。 従って体力がなければ用意に業務を継続できない業界なのです。 加えて、以前より業界の健全化が進んではいますが反社会勢力と結びつきのある企業が店舗運営を行っているケースがいまだに払底できないことも就職先として決してオススメできない理由です。 2位:学習塾業界 少子化により、学習塾業界は飽和・淘汰の時代へと完全に突入しています。 特に 中小規模の学習塾は経営がたちゆかなくなり、倒産や廃業に追い込まれるケースが増加しています。 そうした環境から、社員やアルバイト講師に高い給与を支払えず、講師兼教室長という名ばかり管理職の社員が教室運営と講義の両方を担わなけれなばならない状況が生まれ、学習塾の社員は大変な激務になっています。 しかも、学習塾の社員は子供達や保護者に対して講師や教室長という立場で接するため、ビジネスマナーを身に着けにくくなります。 その結果、学習塾業界出身者は転職しにくいというオマケまでついてしまいます。 3位:自動車販売業界(営業職) いわずと知れた ハードな営業職の代表といえばカーセールスマンです。 ハードな営業職ながら自動車人気が高かった時代であればそれなりに結果も出せ、やり甲斐も感じられる営業職でした。 ところが近年は若者を中心とした自動車離れが深刻です。 その結果、中高年の既存客の奪い合いが横行している状況で、セールスの結果が出しにくくなった上にハードな業務が更に激務になってしまっています。 休日返上は当たり前であり、会社が残業をするなと建前で言っても顧客側の要望であれば深夜であっても顧客宅を訪問せざるを得ないのです。 そうした身を削っての営業努力を重ねてようやく自動車を販売できるのが、自動車販売業界の営業職です。 4位:広告代理店業界 業界の派手さ、華やかさやに加えて業界を代表する企業の電通は高給で有名なため、就活生から相変わらず抜群の人気を誇っています。 しかし、過労から自殺者まで出してしまったことは決して忘れてはなりません。 対外的には社員の過労対策に取り組んでいるものの、業界の体質に加えてそもそもの業務特性上、仕事を定時で終えること自体が困難です。 そのため、以前より却ってサービス残業が増えてしまったとの指摘もあります。 つまり電通の過労自殺問題は電通に限定された問題ではなく、 競争が激しい上に短期間で多数の成果が求められる広告代理店業界の構造的な問題なのです。 仮に高給を得られたとしても、その代償は決して小さくないことは理解しておく必要があります。 5位:介護業界 人材不足の深刻化から業界事業者の多くが労働環境の改善に取り組んでおり、一昔前よりは労働環境は良くなってきたと言われています。 しかしながら、それでも就職先として望ましい業界とは言えないのが介護業界です。 介護は人手による労働集約型のサービスであり、機械化などによる効率化には限界があります。 また、ごく一部のハイクラス層だけをターゲットとした高級介護施設等を除けば、介護業界の収益基盤は国民が負担する介護保険に頼っています。 それゆえに企業努力だけで収益性を高めることにも構造的に限界があります。 つまり介護職が3K職場だから云々ではなく、こうした事情から キャリアアップや高年収を得にくい業界であることがオススメできない大きな理由です。 6位:飲食業界 わたみやモンテローザなど、ブラック企業として名指しされる企業が多いことで知られるのが飲食業界です。 居酒屋など深夜まで営業を行っている店舗が多く、勤務シフトで早番、遅番と不規則になる中、一定の収益を確保するためにはレイバーコスト、即ち食材についで最も高い費用割合を占める人件費を抑制する必要があります。 そのため、できる限り少ない人員で店舗をまわすことが求められることから、アルバイトを投入せず社員が長時間労働で対応しなければならないケースがひんぱんに発生してしまいます。 加えて近年は食材仕入れ価格が不安定化しており、高騰しても直ちに価格へ反映しにくいことも飲食業界の収益を悪化させる原因になっています。 7位:歯科技工士業界 一定の技術が求められる難度の高い仕事でありながら、近年の歯科不況の影響などを受け、仕事をどんなにこなしても収入が上向かない士業の一つが歯科技工士です。 歯科技工士の報酬は出来高となるため、どんなに時間をかけて丁寧な仕事を行ったとしても報酬として報われにくい立場にあります。 加えて歯科技工士に仕事を依頼する歯科医院の経営状況が良好とは言えず、下請け的立場となっている歯科技工士には無理な値引き要求などが常態化しており、しわ寄せをもろに被っています。 その結果、時給換算では200円や300円といった状況に陥っている歯科技工士が少なくありません。 8位:ブライダル業界 ブライダルプランナーを筆頭に、ブライダル業界は就職先として比較的人気が高い業界ですが、現状は決して甘くありません。 少子化と晩婚化に加え、価値観の変容から費用がかかる派手なウエディングではなく簡素な結婚式で構わないと考えるカップルが増加していることから、総じて市場は縮小傾向にあるからです。 しかも市場規模が縮小傾向にあるにもかかわらず、従来ブライダルを行っていなかった施設や店舗などの業界参入相次いでおり、競争だけは更に激化しています。 そのため、今や ブライダル事業単体では収益を挙げることが困難になっています。 収益性の悪化は当然ブライダル業界で働いている方々の給料に影響し、業界で働く方々の平均給料は伸び悩んでいる状況です。 少子化が続く限り将来の改善も見込めないため、同業界への就職はあまりオススメできません。 9位:印刷業界 IT化時代がどれだけ進んだとしても紙面印刷自体がなくなってしまうことは、当面考えられません。 一定の需要は今後もあり続けるでしょう。 しかしながら国が先頭に立って行政効率の一環としてペーパーレス化を推進していることからわかるとおり、ビジネス分野を中心に印刷物がデジタルデータへと変わってしまう流れは止まりそうにありません。 また、一般ユーザーレベルでもアマゾンなどが積極的に販売している電子書籍の普及が更に進めば、ペーパー書物の需要減少が益々避けられなくなります。 従って 印刷業界は激務やブラック企業が多いということではなく、将来性という点で厳しいと言わざるを得ません。 10位:海外就職(海外駐在派遣は除く) 業界というカテゴリーとしてはやや異なりますが、海外就職も決してオススメできない就職先の一つです。 ここでの「海外就職」とは日本企業や日本に進出している外資系企業に国内で就職した上で、海外駐在員として派遣されるケースは含みません。 海外でリッチに暮らせる海外駐在員はむしろオススメです。 海外就職とは 直接海外にわたり、現地の企業へ就職を目指すことを指します。 なぜ海外就職をやめるべきかですが、第一に労働ビザの取得が極めて困難です。 どの国も自国民の雇用を最優先で考えますので、よほど卓越したスキルや能力、あるいは実務経験がなければ容易に労働ビザは得られません。 仮に運良く海外現地企業に採用してもらえ労働ビザも得られたとしても、現地採用となれば現地国労働者とほぼ同水準の賃金となってしまいます。 そうなれば採用された国次第では生活水準も大きく下降し、日本への帰国旅費を捻出することすらできなくなる場合もあります。 従って海外で働くことを目指すなら、日本での給与水準が保障される上に各種手当が付き、しかも社宅まで提供してもらえる駐在員として海外を目指すべきです。 同社自体は残業や休日出勤をよしとしてはいません。 また社員に対しては長時間残業しないよう指導も行っているようですが、居酒屋の運営時間などから社員は結果として優に12時間は働かざるを得ません。 現在は自殺者を出した当時より社員の労働環境は改善されていると言われていますが、深夜まで営業を行う居酒屋チェーン事業が主体のため、根本的な解決には至っていません。 その結果、あいかわらず店長などの長時間労働は常態化しています。 100時間を超える長時間残業しても手当は3万円しか支給しないと読めてしまう、紛らわしい求人条件を募集要項に記載したことで大手の掲示板ちゃんねるでふたたび不名誉な注目を集める結果となりました。 しかも現在(2018年1月)もなお表現を改めるなどの対策を講じておりませんので、こうした状況を放置するワタミの前途はまだまだ多難と言えます。 もっとも同社が海外事業主力となり、大半の社員にとって国際的な業務があたり前となっているのであればそうした措置もまだ理解できます。 進出しても結局撤退する海外事業が相次いでいます。 加えて日本ではECモールで首位の座をアマゾンから奪われてしまいました。 このノルマを果たすべく、無理な勧誘を行ったために多くの友人を失ってしまったという元社員も少なくありません。 同社はブラック企業として長時間残業と過酷なノルマを社員に課すだけでなく、社会的にも問題のある企業です。 会社側が主導したかどうかは不明ですが、シロアリ点検を拒む顧客に強引にシロアリ点検を実施。 しかも虚偽の撮影写真などを見せてシロアリに食われているから工事が必要などといった詐欺まがいの勧誘を行っていたケースがあり、経済産業省から改善指示を受けています。 何が最も問題かと言えば、年々利用率が下がる一方の年賀はがきのノルマが課せられる点です。 ノルマの枚数は一人1万枚。 達成できていない社員は上司から罵声を浴びせられることも当たり前ですが、罵声内容には人格を否定するパワハラに該当する場合も珍しくありません。 どうしてもノルマを達成できない社員は、自分で買い取ってしまうケースも多いと言われています。 またギフトもノルマが課せられ、こちらもノルマを達成できない場合は社員が自分で買い取らざるを得ない状況が生じていると言われています。 6位「IT暗黒四天王」 2000年前後のIT革命黎明期より「IT暗黒四天王」(かっこいい!?)と呼ばれた会社がありました。 これらをまとめて就職してはいけない会社といたします。 『北斗の拳』では雑兵が「ひでぶ」「あべし」と言いながら爆発しますよね。 この4社がIT暗黒四天王です。 リンク先を見ればわかるように、創業者が脱税して逮捕という無様な最後でした。 社員から搾取しまくっていたということですね。 近づいてはいけないブラック企業ランキング 厚生労働省が法令違反の企業を公表しています。 正社員だからといって過剰な残業を強いたり、残業手当を払わなかったり。 そうしたブラック企業へ調査に入り、改善が見られないところを公表したのです。 これは助かりますよね。 厚生労働省が出したリストをベースに近づいてはいけない会社を紹介します。 1位はぶっちぎりでH. が一番です。 は昔から、「大量採用大量離職」で人材を使い潰してきた企業としても有名です。 それでも知名度があるので多くの人がH. に吸い寄せられ、入社してしまっています。 に関わってはいけません! 顧客として使うには最高の会社です。 サービスレベルが高く、同時に圧倒的な安さで国内旅行や海外旅行に行くことができます。 しかしその安さの源泉は、人を使い潰しているからこそではないでしょうか。 は、労働時間が長すぎたことで、つまり違法残業で送検されています。 で働くと仕事が過剰すぎて、無駄な仕事が多すぎて残業まみれになるとうことです。 ここは関わってはいけませんね。 mhlw. これは水の販売会社かと思ったら大間違いです。 新潟はそもそも米どころではありますが、水が美味しいとは聞いたことがありません。 しかし米が美味しいということは水が美味しいということでもあるはずなのですが・・・。 ナチュラルミネラルウォーターではありません。 その時点でちょっと・・・って思ってしまいますよね。 この時点で、ブラック企業の予感がひしひしとしませんか。 なぜこんなことが起こるのでしょうか。 つまり未払いでタダ働きさせられていたということではないでしょうか。 最悪の企業ですね。 よって最低賃金法違反で送検です。 富山工場に勤務していた社員3人に最長で月138時間の違法な長時間残業をさせたとして、砺波労働基準監督署は15日、労働基準法違反の疑いで労務管理担当の40代と30代の男性幹部2人を書類送検した。 工場で人が足りないのであれば事故などの安全面でも危険が迫っている恐れがあります。 しかしちゃんと処分されています。 大企業だからこそちゃんと改善してくれると良いのですが、なにせこうした厚生労働省に公表されるぐらいですから、相当悪質な予感がします。 適正な指導のもと、労働環境が改善されたものと思われます。 ここからは2019年・最新版に記載されている企業から一部ご紹介していきます。 【最新版】労働基準関係法令違反に係る公表事案(一例) 例1. mhlw. pdf(リンク切れ) ここに抜粋した事例はほんの一握り。 読者の方々にお分かりいただけるよう、特に有名な企業の例をピックアップしてみました。 この表を何度も見ていて一つのことに気づきました。 それは 「作業員の健康と安全が疎かにされている」ということ。 「ブラック企業」と聞くと違法残業での過労死、パワハラ上司による自殺などを思い浮かべがちです。 しかし、この一覧表に載っている企業の大半が 「 作業員の安全の確保を徹底していない」という事案で送検されているということが分かります。 休日出勤、残業の有無、賃金の問題ももちろん大事ですが、企業を選ぶ際にはこのポイントにも注意して検討するようにしたほうが良いですね。 募集要項でわかる注意すべき点 オススメできない企業はご紹介した企業だけに限りません。 残念なことに、日本にはブラック企業がまだまだたくさん潜んでいます。 仮にブラックではなかったとしても、わかりにくい説明を行っている点ですでに不親切な企業ですので応募先として望ましいとは言えません。 (新卒者向けの)「初任給」が高い 例えば新卒対象の募集要項で「初任給27万円」と書かれている場合、この金額だけを見れば好条件の企業のように思えます。 しかしながら新卒社員の初任給はだいたい相場があり、しかも実務経験がありませんので高低差もそれほど大きくありません。 つまり平均20万円の前後1割程度であり、このケースのような27万円といった金額を提示している場合は「ワケアリ」と見なすべきです。 なるほど。 「自分では合わない」と思い込んでいた意外な職種が実はとても大きな適性があったり、逆に「自分にピッタシだ」と思っていた職種がそれほど適性がなかったりすることはあたり前のようにありますからね。 そこでオススメしたいのが転職診断テストの受診です。 近年転職診断テストの精度は大幅に向上しており、そうしミスマッチを回避するのに役立つからです。 質問数はわずか20!27のタイプ別適職性が診断できる ジョブリシャス診断は延べ37万人に及ぶアンケート調査を統計学の見地から解析を行い、開発された、ディグラム・ラボ社のディグラム診断をベースにしている高精度の適職診断テストです。

次の

ブラック企業とは|ブラック会社の特徴10個と見抜くポイント|労働問題弁護士ナビ

ブラック 企業 番付

ブラックに企業規模は関係ない! 結論、 ブラック企業であるかどうかに、企業規模は関係ありません。 後程解説しますが、 「家族経営」が主で「小規模経営」が多い企業は、「下請けの多重構造」に取り込まれやすいため、ブラック企業が多くなってしまいます。 しかし、ブラック企業は中小企業だけに存在する特徴的な問題ではありません。 大企業であれば、中小企業のようにブラック企業となる理由は少ないと思われるかもしれません。 しかし、会社規模には関係なく、ブラック企業は大企業にも、中小企業にも存在しています。 ブラック企業という社会問題 ブラック企業とは、 長時間労働やハラスメント行為などが常態化し、残業代の未払いといった違法行為が行われている企業を指して使います。 また、このような過酷な環境での労働者の使い捨ては社会問題となっています。 就職活動をするにあたって、できれば関わりたくないものですが、就職活動をしている側からだと、企業実態は分かり難いためブラック企業であるかは容易に判別が付きません。 そのため、「大企業だからホワイト企業、中小や零細企業はブラック企業」というイメージを持ってしまうのは仕方のないことかもしれません。 大企業にもあるブラック企業体質 大手企業でありながらブラック企業となっている会社は、企業利益を優先するあまり、労働者を追い詰めているケースが多いです。 このようなブラック企業の過酷な労働環境によって、身体や精神に疾患を起こしてしまう事件は後を断ちません。 過酷な労働の果てに、過労死や自殺をしてしまう痛ましい事件の報道もされています。 ブラック企業となった大企業による事件は、次のような労働環境で起こりました。 過酷な長時間労働 大企業の中には、過剰な長時間労働や休日出勤を強いて、労働者を使い捨ての道具として扱うブラック企業も存在しています。 新人など経験の乏しい社員に、形だけの役職を与えた上で、残業代を支払わずに長時間労働を強いた例などがあります。 長時間労働は、その企業体質だけに問題があるのではなく、管理職や経営者のマネジメント能力が不足していることも一因です。 また、大企業による派遣社員や契約社員などを大量に雇入れ、必要がなくなれば全て解雇するという「派遣切り」なども、労働者を使い捨てにするブラックな会社環境として社会問題になりました。 会社を辞めるよう圧力をかける大規模ブラック企業 労働環境に問題のある大手のブラック企業では、 即戦力となる人材だけを選択するため、労働者に過酷なノルマを与え、クリアできた者以外を排除するなどの行為が横行していたことがあります。 不要とみなされた人員には、人道的とは言えないノルマや業務を与え、精神的に追い詰めて退職を迫ります。 また、「退職部屋」と呼ばれる部屋で一切仕事を与えずに放置をし、精神的圧迫によって自ら退職をするように迫るという事件もありました。 常態化したハラスメント その他にも、役職関係というヒエラルキーを使っての、パワハラやセクハラなどが常態化している全国的なブラック企業も存在していました。 ハラスメントが常態化した会社に入社してしまうと、退職願を受け取らないなどの嫌がらせによって、簡単に退職させてもらえない場合があります。 また、多額の損金を退職希望者に請求をしたり、転職先を探す際に嫌がらせをしたりする大手ブラック企業も存在しています。 会社規模に関わらずブラック企業は存在する 国もブラック企業に対しての取り締まりを強化しています。 厚生労働省がブラック企業の実態を調査し、労働関係法令についての違法行為によって書類送検された、企業名、所在地、公表日、違反法条、事案概要などを公開しています。 また、中小企業の求人情報が多いハローワークでは、労働条件が悪く、ブラック企業のおそれがある企業の掲載を排除し、公正な企業で働けるような配慮を行っています。 それには「家族経営」「小規模経営」「下請けの多重構造」という、ブラック企業になりやすい3つの要素が大きく関連しています。 家族経営:ブラック企業化しやすい理由1 日本の中小企業は、創業者が社長となり一族が企業経営を行う、トップダウン式の家族経営が多いです。 取締役や部長などの管理職も家族が行っているケースが多いため、企業の中から企業体質に異議を唱えるのは難しく、ブラック企業化しやすい傾向にあります。 身内びいきでブラック企業になる中小企業も 家族経営の企業はどうしても身内びいきになりやすいです。 親族は厚遇され、それ以外の社員は使い捨てという場合もあります。 企業が労働者を雇うには、労働基準法などの法律を順守しなければなりません。 しかし、家族経営では、法律を学び、ルールを順守することが疎かになりがちです。 そのため、経営者たちに社員を冷遇するつもりがなくても、ブラック企業化する場合があります。 労働組合が無くてブラック企業になってしまう中小企業 また、家族経営の企業では、労働者が声を上げるのが難しいです。 中小企業では労働組合が作られていないケースが多く、労働問題を当事者と会社だけで解決するには大変難しいです。 経営者と労働者は力関係が平等ではありません。 そのため、労働者は団結して企業に自分たちの意見を発します。 労働組合が作られていない会社では、労働問題に対して交渉することができないため、企業のブラック化を許してしまいます。 労働組合がない会社での経営者は、労働者から不満の声が上がらないため、従来通りの企業経営で間違いはないと勘違いを起こしやすいです。 小規模企業:ブラック企業化しやすい理由2 中小企業は小規模経営が多いため、売上や経営の安全性で表される「企業体力」に欠けていることが多いです。 企業体力が欠けるとどうなる? 企業体力に欠けると、利益を得るために必要な社員教育が、疎かになる場合があります。 教育が出来ていない社員を即戦力として使い、成果が足りないために長時間労働や休日出勤を強いてしまいやすいです。 まさに、よくあるブラック企業と言えるでしょう。 法律を守らないブラック企業になりやすい小規模経営 また、小さなコミュニティを構成しやすい小規模経営の企業では、法律が守られていなくとも、それが当たり前として見逃されてしまう場合があります。 経営者は客観的な視点に立ち、自らの企業体質を戒めなければならないのでしょうが、それもままなりません。 なぜなら、法律や法令違反などについて、指摘する者が小規模経営の会社にはいないからです。 小規模会社では従業員の数も少なく、その意見は直接経営者に届きやすい反面、経営者から目をつけられやすいです。 そのような環境なので、企業への不満を経営者に向けて口にする社員が少ないのは、当然のことでしょう。 多重下請け構造:ブラック企業化しやすい理由3 下請けの一部の企業や労働者が、苦労を強いられていることがあります。 下請け自体に問題はない 日本の多くの中小企業は、大企業から仕事を請ける「下請け」として、仕事を得ています。 大企業から直接に仕事を得るだけでなく中間業者を挟んだり、IT業界や建設業界などの場合、2次請けや3次請けといった「多重下請け構造」のなかで仕事をしていることがあります。 もちろん、下請けの仕事をして高いクオリティの商品・サービスをつくる有名・優良企業も多く、適正な労働時間・人員・報酬で、問題なく下請けの仕事に取り組んでいる企業もたくさんあります。 悪循環の構造が社員を疲弊させる しかし発注側や中間業者に問題があったり「下請けの下請けの下請け」などのピラミッド構造の下の階層にいったりすると、無茶な納期を要求され、期限内に仕事を終わらせるために深夜残業をしたり、休日出勤をしたりせざるを得ないケースもあります。 発注される内容によっては細分化された単純作業のみとなってしまい、仕事をこなしても企業はスキルを蓄積できず「多重下請け構造」から抜け出ることがむずかしいという問題もあります。 また、下請けの階層が下になればなるほどその企業が得られる利益は削られていくため、安い報酬になりがちという現状があるのです。 残業時間が長かったり休みが少なかったりするにもかかわらず給料が低いと、当然のことながら現場の社員の不平不満が溜まり、退職者が出てきます。 退職者が出ると、人員が増えるまではいるメンバーで仕事を回さなければいけなくなるため、ますます業務量が増えるという悪循環に陥ってしまうのです。 気をつけて!ブラック企業によくある特徴 ブラック企業は会社規模に関わらず存在します。 仕事を探す際にはなるべくブラック企業は避けたいものです。 では、ブラック企業であるかを見抜く方法はあるのでしょうか。 全ての企業にあてはまるわけではありませんが、ブラック企業になりやすい会社には、幾つかの特徴があります。 ワンマン過ぎる経営者• 経理がいい加減で書類などの管理がずさん• セクハラなどの嫌がらせが横行• 不当に低い基本給や内容不明の手当• みなし残業制で、残業代ゼロが基本• 社員による利益の穴埋め• 従業員の入れ替わりが激しい• アルバイトの比率が高い• 新卒の採用枠が異常に多い• 常に求人サイトに掲載されている• 面接の回数が少ない• 離職率が高い それぞれについて詳しく紹介していきます。 ワンマン過ぎる経営者:ブラック企業の特徴1 ワンマンな経営者が取り仕切る会社では、その企業体質から、ブラック企業化しやすいので注意が必要です。 ワンマンという経営方法が全てブラック企業化するわけではありません。 しかし、自分の考えが中心となりやすく、周囲から異論が唱えられることの少ないワンマン経営は、独善的で支配的になりやすいです。 次のような特徴が見られた場合には、既にブラック企業化していると考えてよいでしょう。 理不尽に叱りつける• 手柄を経営者が独占する• お気に入りの社員を優遇する• 部下に失態を押し付ける• 「仕事を辞めろ」と圧力をかける また、ワンマン経営は、経営者の意見によって企業方針が変わってきます。 例えば、新しいプロジェクトが、経営者の意見が変わるたびに頓挫してしまっては、企業はいつまで経っても新しいチャレンジができません。 その結果、新しく利益を得る手法が見つからないため、社員は長時間労働によってブラック企業を支えなければならないという事態に陥ります。 そのため、意見がコロコロ変わる経営者がいる企業は、ブラック企業化しやすい素養があるといえます。 経理がいい加減で書類などの管理がずさん:ブラック企業の特徴2 会社の書類や物品の管理がしっかりできていない会社は要注意なブラック企業です。 会社は取引の記録やお金の支出について記録をする必要があります。 会社の経営を行うためには、沢山の法令を順守しなければなりません。 法令を順守するためには、利益や支出について正しく把握していることが求められます。 それゆえに、経理が疎かで物品管理ができていない会社は、法令遵守に対する意識が欠けているといえるでしょう。 面接時などに、整理が行き届いていない書棚などを見かけたら、ブラック企業でないかを疑うべきです。 セクハラなどの嫌がらせが横行:ブラック企業の特徴3 セクシャルハラスメントをはじめ、パワーハラスメント、マタニティ・ハラスメントなどが横行している会社は、紛れもないブラック企業です。 ハラスメントは「コミュニケーション」や「教育」などと名前を変えて公然と行っている場合があります。 特にノルマが達成できなかった場合に、怒鳴る、度を越した説教を行う、物を叩いて威嚇するなどはパワハラの典型です。 しかし、ハラスメントの概念は年々変化しています。 そのため、新人社員と古参の社員ではその認識にズレがあることが少なくありません。 ハラスメントを放置しているブラック企業であるかを見抜くには、面接などの際にハラスメントについて質問をするとよいかもしれません。 ハラスメントの認識に世間とズレがあると感じたときは、要注意です。 不当に低い基本給や内容不明の手当:ブラック企業の特徴4 各都道府県には、時給換算された、最低給与額が決まっています。 ブラック企業ではこの額面に従わない、不当に安い基本給が支払われている場合があります。 所定の労働時間で基本給を割った結果の額面が、最低給与額と同等、もしくは低い会社は避けるべきでしょう。 また、ブラック企業では会社利益を確保するために、労働者に支払わなければならない手当を、別の手当に置き換えてごまかしていることがあります。 ですから、内容がわからない手当が支給されている会社には注意しなければなりません。 手当の支払いで最も問題になっているのが残業手当です。 みなし残業制で、残業代ゼロが基本:ブラック企業の特徴5 みなし残業制をとっているブラック企業では、残業代が支払われないおそれがあります。 みなし残業制とは、あらかじめ企業が設定した残業時間分を働いたものとみなし、給与として支給する制度です。 企業が設定した残業時間を超えた労働については、残業代金を支払う必要があります。 ですが、残業手当を支払いたくないがために、タイムカードを改ざんするブラック企業もあります。 また、残業が出ないことが、当然の会社のルールであるかのように社員に説明しているケースもあるため、みなし残業には警戒しなければなりません。 社員による利益の穴埋め:ブラック企業の特徴6 ノルマを達成できなかった場合や、損金が発生したときに、社員にすべて負担をさせる企業はブラック企業の可能性があります。 ノルマを達成できないのは、企業目標が高すぎるのも原因です。 しかし、ブラック企業では目標の修正は行わずに、その責任の全てを社員に押し付け、利益の穴埋めを求めます。 社員による利益の穴埋めは、多くのブラック企業で行われている方法です。 従業員の入れ替わりが激しい:ブラック企業の特徴7 ハローワークなどの求人を調べると、いつでも従業員を募集している会社があります。 そのような会社はブラック企業である可能性が否定できません。 ブラック企業には人が定着せず、離職率が高いためです。 人員を補うために、常に人員を募集しなければ、会社運営が成り立ちません。 また、ノルマを厳しくして労働者を使い捨てするようなブラック企業では、労働者を大量採用している場合があります。 そのような会社では、採用のハードルが低く、面接の回数も少ない傾向にあります。 社員に若い人や入社歴が短い人が多く感じたときには、離職率の高いブラック企業ではないかと疑ってみるべきでしょう。 アルバイトの比率が高い:ブラック企業の特徴8 社員よりアルバイトなどの非正規労働者が多いのも、ブラック企業の特徴のひとつです。 アルバイトの比率が高い飲食店などは、もちろんブラック企業はそのなかの一部ではあるものの、代表例といえるでしょう。 アルバイトスタッフには簡単な仕事は任せることができるものの、トラブルやクレームなどが発生したときの対応はできず、その責任はすべて社員が取ることになってしまいます。 アルバイトばかりの企業の場合、離職率が高く、社員を採用したくてもアルバイトしか集まらないという可能性もあります。 また、アルバイトのほうが社員よりもコストがかからないほか、会社の経営が落ち込んだときに切りやすいということも考えられます。 新卒の採用枠が異常に多い:ブラック企業の特徴9 新卒の採用枠があまりに多い企業は、ブラック企業の可能性があります。 もともとの従業員数が多い大手企業などのケースをのぞき、中小やベンチャーにもかかわらず、やたらと新卒をたくさん採用する企業には注意が必要です。 新卒を多く採用するのは、人材業界や不動産業界などの営業職に多い傾向があります。 なかには、入社時に200人以上採用し、1年後に残っているのはそのうちの3分の1程度という企業もあります。 「会社が大きいから」「事業が急成長しているから」などの前向きな理由ではなく「入社してもある程度は辞める」ことを前提に、新卒をたくさん採用している企業も存在するのです。 常に求人サイトに掲載されている:ブラック企業の特徴10 企業が求人を出す場合、新卒一括採用のほか、欠員が出たときや事業を展開したいとき、特定のスキルを持った人材を採用したいときなどに中途採用をおこなうのが一般的です。 しかし、なかには求人サイトにいつも掲載されていたり、ひんぱんに求人情報を出していたりする企業があります。 本当に事業が急拡大して人員が不足しているケースなどをのぞき、常に募集しているということは、人手不足が恒常化していたり、定着率が悪く入社してもすぐに辞められてしまったりしている可能性が高いことを意味しています。 人事担当や現場社員、役員など、複数の目で見てその人材を判断し、自社にふさわしい人材かどうかをチェックするためです。 しかしブラック企業では、1回の面接で採用が決まることがあります。 正社員を雇用すると簡単には解雇できないため、数回面接をして慎重に決めるのが普通ですが、すぐに内定を出すケースも少なくありません。 面接の回数が少ない場合、定着率が悪く社員数が少ないため現場社員が人事も兼ねていたり、最初から辞める可能性も見込んで採用していたりすることもあります。 なかでも、ブラックな労働環境になりがちといわれている飲食・宿泊業界の離職率は50. 離職率が高いということだけで判断することが正解ではないものの、離職率の高い業界に入社したいと考えている場合、まずはその業界について調べてみて「早く辞めたくなってしまう理由があるのかも」などの視点から分析してみたほうがよいでしょう。 ブラック企業で働いていると思ったら 仕事にやりがいや意味を見出すためには、適切な職場環境は欠かせません。 ブラック企業では、いくら成果を出しても、正当な形で評価されません。 そのため次の仕事に転職するまでは、頑張り過ぎないようにすることが大切です。 また、会社のブラック企業体質に対して意見がある場合には、必ず次の転職先を用意して、いつでも辞められる状態にしてから、意見を言うようにしましょう。 ブラック企業とよく言われる業界とは ブラック企業の比率が高い業界や、その理由について知りましょう。 業界1. 飲食業界 飲食業界のスタッフのほとんどはアルバイトで構成されており、社員は数名しかいないことがほとんどです。 なかには、社員は店長だけというケースもあります。 ほかの業界とくらベると社員数が少ないことから、仕事が大変になってしまうことがあるのです。 たとえば、アルバイトがミスをしたときなどは社員が対応する必要があったり、決められたシフトに出ないアルバイトの代わりに出勤したりすることもあります。 また、お客様と直接接する仕事のため、クレームなどが発生したときの処理がストレスになることがあります。 社員が少ないわりに仕事量が多いためなかなか終わらず、結果的にサービス残業となることも多いでしょう。 業界2. アパレル業界 アパレル業界の場合、基本的には給料が低めに設定されていることが少なくありません。 また、販売スタッフの場合は休みが少なかったり、長時間の立ち仕事になるため体力的にも大変であったりすることがあります。 また、基本的にはそのブランドの服を自分で購入して仕事中に着ることになるため、社割などがあってもお金がかかってしまいます。 店によってはスタッフに販売ノルマを課しているところもあり、プレッシャーに感じる人もいます。 業界3. 宿泊業界 ホテルや旅館などの仕事は、基本的には変形労働時間制の労働体制です。 休憩などを入れると実労働時間は短くても拘束時間が長くなり、一日中職場にいることになるケースもあります。 また、ホテルなどは年末年始や土日祝日も営業しているため休みが取りにくく、どうしてもハードな働き方になりがちです。 ただし転職が一般的な業界ではあるため、よりより待遇を求めて転職し、給料アップを目指すことは可能です。 業界4. 人材業界 厚生労働省の平成28年雇用動向調査結果によれば、人材業界をふくむサービス業の離職率は19. 人材業界では、社員一人あたりの業務量が多いというケースが少なくありません。 とくに営業職の場合、企業の担当者や求職者からの連絡が休日に来ることもあるなど、休みの日も対応しなければいけないこともあります。 また、新規開拓営業などの場合、ノルマがあり大量のテレアポや飛び込み営業をしなければいけないこともあります。 多くの企業に営業をかけて断られつづける日々がつづくと、疲弊してしまう人も少なくありません。 業界5. 医療・福祉業界 医療や福祉など、人命にかかわる仕事には責任がともなうため、働くなかでプレッシャーを感じやすい仕事といえます。 勤務医などの場合、休日出勤が多く過重労働になりがちという傾向が見られます。 また、保育や介護の仕事などは世の中の需要が高いにもかかわらず、給料が安くサービス残業や持ち帰り仕事があったり、保護者や介護者、職場の人間関係などから受けるストレスが原因で、仕事自体は好きだが離職するというケースも少なくありません。 医療・福祉関係は、看護助手や保育補助など資格がなくてもできる仕事もあるものの業務範囲は限られており、責任の大きい業務は資格がなければできないものがほとんどです。 結果としてその業務に携われる人員が限られているため、よけいに仕事量が多くなってしまうのです。 ブラック企業を見極めるポイントと注意点 入社前に、その企業がブラック企業かどうかを見極める際のポイントと注意点についてご紹介します。 ブラック企業を見極めるポイント 入社を検討している企業がブラック企業かどうか知りたい場合、以下のことに取り組んで判断材料にしてみるとよいでしょう。 ポイント1. 社員のクチコミをチェックする 現在は、OpenWork、転職会議、カイシャの評判のように、現職で勤務する社員や元社員の社員クチコミを閲覧できるサイトがあります。 入社前はどうしても企業のリアルな職場環境を知ることはむずかしいため、自分が外から見ている企業のイメージと、実際に働いている・働いていた人のクチコミを照らし合わせて入社を検討することをおすすめします。 生の声を知っておくことで入社後のギャップが少なくなったり、複数の口コミサイトであきらかに悪い評判が多い企業は、はじめから除外できます。 ただし、ミスマッチや一方的な不満で辞めた社員がアカウントを使い分けてその企業の悪い評判を書いていたり、かたよった主観のみで書いていたりするケースもあります。 また、昔は本当にブラックな職場環境だったものの現在は改善されているということもあるため、口コミの情報だけを鵜呑みにするのはやめましょう。 ポイント2. 企業の離職率を調べる 企業選びの際には「なんとなくこの企業はよさそう・問題がありそう」という主観だけでなく、かならず客観的な数字も見る必要があります。 「離職率が低い=その企業に問題がない」というわけではありませんが、企業で働いているのは人のため、長く働く人がどの程度いるのかはひとつの目安となります。 現在はインターネットなどで調べれば離職率のデータや離職率の低い企業のランキングなどが出てくるため、事前に調べておくとよいでしょう。 ポイント3. 現場や社内を見学する 採用面接がすすみ、役員面接などの最終面接などを受けることになった場合、できる限り、最終面接の前に社内や仕事現場などの見学をさせてもらうことをおすすめします。 最終面接を受けるということは、その企業に入社する可能性が高くなっているということです。 社内の様子を見ることで、実際に働いたときのイメージができます。 社内の様子を見るときにとくにチェックすべきなのは、雰囲気と社員です。 「フロア全体が殺伐としていて怖いと感じる」「上司らしき人が部下を異常に強い口調で叱責している」「社員の表情があきらかに暗い・疲弊しきっている」などの場合、すべてではありませんがブラック企業である可能性があります。 もちろん、見にいったのがたまたま繁忙期やいそがしい時間帯のケースもありますし、一部分だけを見てその企業のことを判断できるわけではありませんが、雰囲気や社員を見ることである程度の職場環境はわかります。 「ちょっと変だな」と感じたら、入社前に再度企業のことを調べるなど慎重にすすめましょう。 ブラック企業を見極める注意点 ブラック企業に入社してしまい早期離職になることを避けるために、以下のことに注意するとよいでしょう。 注意点1. 人事の社員だけで判断しない エントリー後のやりとりや最初の面接などは、人事が担当するケースが多くなります。 その際、人事担当者に対して「親切で優しいな」と感じて企業の印象がよくなることも少なくありません。 しかし、企業の人事担当者を「いい人」と感じるのはある意味当たり前といえます。 人事担当の社員は就活生や転職者がはじめて会う社員であり、いわば企業の顔です。 そのため、人あたりのいい社員が配属されていたり、そのような教育を受けていたりする傾向が高いのです。 人事担当者を見て「この人と一緒に働きたいな」と思っても、そもそも配属部署やフロア、勤務場所が異なり、入社後はほとんど交流しない可能性もあります。 「職場の雰囲気や離職率の高さなど引っかかる点はあるものの、人事担当者の印象がよかったから大丈夫だろう」という安易な考えはやめたほうがよいでしょう。 注意点2. 離職率が高い業界であっても、なかには離職率が低く、従業員満足度の高い企業ももちろん存在します。 離職率の高い業界のなかでも社員が長く働きやすい企業の特徴として「きちんと休日が取れる体制をととのえている」「労働時間が適切である」「給与水準が低い業界のなかでも給与が高め」「経営が安定している」「職場の風通しがよい」などがあります。 たとえば、飲食業界に行きたいという気持ちが強いのに「飲食業界はブラック企業しかないだろうし、休みが取れないと聞くからやめておこう」などと、イメージだけであきらめてしまうのはもったいないといえます。 業界に偏見をもたずに離職率の低い企業や評判のよい企業がないか探してみるなど、一度自分なりに調べてみることをおすすめします。 注意点3. ブラック企業の定義は人それぞれ ひとことで「ブラック企業」といっても、結局のところ、企業に対する価値観は人それぞれです。 たとえば「やりがいのある仕事だが、深夜残業や休日出勤になることも少なくない」という場合、外から見たらブラック企業という印象を受けることもあります。 結局のところ、自分の大切にしたい価値観や基準と企業が求める価値観・基準がマッチしていれば、どの企業で働いても問題はないということも事実です。 実際に「ブラック企業大賞」にノミネートされるような企業にも長く働いている人は存在しますし、その会社が好きで仕事が楽しいと考えている人もいます。 また、ブラックな職場環境にあってもそこで高く評価されていたり、よい待遇を受けたりしている人にとっては、居心地がいいと感じるでしょう。 ブラック企業の定義は、最終的には「働く本人がどう思うか」という点が大きいということを頭に入れておきましょう。

次の

「ブラック企業」がここまで蔓延する根本原因

ブラック 企業 番付

私が考えるブラック企業の特徴は、自分の仕事の対して正当な評価を貰えないこと、長時間労働が当たり前の環境になっている、福利厚生が十分に整っていない、の3つです。 ホワイト企業の特徴は、ブラック企業の反対の特徴があると考えています。 ブラック企業にこのような特徴があると考えた理由は、過度な長時間労働や不十分な福利厚生だと、働いている人のやりがいを感じることができないと思ったからです。 ホワイト企業は、ブラック企業とは反対に、やりがいを感じることができると思ったからです。 さらに、自分を評価してくれる会社ならその分働いている人も会社のために貢献しようと努力すると思いました。 残業が多く、新人に対しての扱い方が悪い• 残業が多い・研修やフォローがしっかりしていない• 残業代などがでない企業• つまり、就活生の中では社員を大事にしていない企業=ブラック企業と考えていることがわかるでしょう。 この記事では、ブラック企業の特徴としてはどういったものがあるのか、詳しく見ていきたいと思います。 ブラック企業の定義とは? ブラック企業の特徴を見ていく前に、ブラック企業がどういうものかという定義を見ていきましょう。 現時点では明確なブラック企業の定義はありません。 では、仕事がきついだけでブラック企業になりえるのでしょうか。 まずは、ブラック企業がどのようなものかを理解して就活の参考にしていきましょう。 ここでは、ブラック企業大賞のノミネート理由を参考に、定義していきたいと思います。 違法行為や離職者が多い ブラック企業の定義としては、暴力団などの反社会的団体と関わりを持つなど、違法行為を行っていることが挙げられます。 狭義では、若手を大量に採用し、過重労働や違法労働をさせて離職者が後を絶たない会社を指すのでしょう。 おそらく最近では、後者の意味で使うことの方が多いと考えられます。 違法なまでの過剰労働 年間を通して休日が極端に少ない、サービス残業が常態化しているなども、定義といえるでしょう。 職業や業種によっては毎年休日の日数に変動があるなど、仕方のない面もあります。 しかし、労働時間の多さや給料面に関して、法律に違反もしくは抵触するような場合は間違いなくブラック企業でしょう。 仕事がキツイだけではブラック企業にならない 現在では「ブラック企業」という名前ばかりが先行して、正確なその意味を知らずに「ここはブラック企業だ」と決め付ける人がいますが、それは違います。 ブラック企業とされる要因は「法律違反」と「労働環境の過酷さ」の両方を伴っているのが条件です。 ただ単に仕事が辛いというだけでは、ブラック企業とはいえないということですね。 定義こそ曖昧とされていますが、常識的に考えておかしいと思う場合は、ブラック企業といえるでしょう。 ではさっそく、ブラック企業大賞による、2013~2016年分のブラック企業ランキングを見ていきましょう。 ブラック企業ノミネート企業一覧【2013年】 最後に、2016年のブラック企業一覧を見ていきましょう。 2016年は、ブラック企業が浮き彫りになった点が非常に印象的です。 大企業の過重労働による自殺者が出たことで、国をあげてブラック企業の撲滅に注力していく取り組みも開始され、社会の「仕事」に対する考え方が改められるきっかけとなりました。 2016年のブラック企業大賞ノミネート企業 ・株式会社エイジス ・株式会社 電通 ・株式会社 ドン・キホーテ ・株式会社プリントパック ・関西電力株式会社 ・佐川急便株式会社 ・サトレストランシステムズ株式会社 ・宗教法人 仁和寺 ・ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業) ・日本郵便株式会社 ・DWE JAPAN株式会社(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業) 就職したくないブラック企業の特徴とは? ここまではブラック企業としてリストアップされたところを見ていきましたが、就職したくない企業の具体的な特徴とはどんなものなのでしょうか。 ここで、ブラック企業か否かを見極めるために非常に重要となってくる、ブラック企業の特徴をしっかりと覚えておきましょう。 ブラック企業では、過労によって病気が悪化したために社員が亡くなったり、自殺をするまで精神的に追い詰められたリしてしまうのです。 過去にそういった事例がある場合は、もしかするとブラック企業のままの可能性もありますので、注意が必要かもしれません。 しかし、これは業界や職種にもよるといえるでしょう。 業界によっては、転職をした方が成長できる会社などもあるため、離職率が高い=ブラック企業とは言い切れません。 離職率が高い企業の場合は、慎重に業界研究や企業研究をした方がよいでしょう。 残業代が決まっており、それ以上は支払わないという企業も稀に見受けられます。 しかし、残業代を支払われないのは、法律違反の可能性が非常に高いです。 会社には残業代を支払う義務がありますので、それを怠っている場合は、ブラック企業といえるでしょう。 これは近年減少しつつありますが、それでも0ではありません。 「セクシャルハラスメント」や「パワーハラスメント」、最近では「モラルハラスメント」や「スメルハラスメント(臭い)」「アルコールハラスメント(酒の強要)」などもあげられています。 こういったハラスメントが常態化していて、「これくらいは当たり前」といった風潮のある会社は、ブラック企業だといえるでしょう。 ブラック企業に入らないために ブラック企業に入りたくないというのはすべての就活生に共通の思いでしょう。 そこで必要なのはきちんとした情報収集。 特に各企業が公開している IR情報にはその企業が健全かどうかを測る情報が網羅されています。 実際、転職市場でもあるいは投資の世界でもこの情報をもとに企業を判断するなど非常に重要な資料になっています。 ただ、このIR資料、「読むのが難しい」「理解ができない」という声が多いのも事実です。 そこでキャリアパークではこのIR資料の読み方をわかりやすく解説したをご用意しました。 これを使えば、ブラック企業かどうかを判断できるだけでなく、その志望する企業の強みや課題、今後の戦略まで見渡せるので、就活で有利になることは間違いありません。

次の