訂正 印 押す 場所。 訂正印の押し方は?複数箇所を訂正する場合や基本ルールまとめ

社印である丸印と角印を押す位置・場所

訂正 印 押す 場所

正しい角印 社印 の押し方を知っておく前に、まずは角印の役割から理解しておきましょう。 角印とは、法人に多数ある社印の中でも、いわゆる会社の認印と同じものであると考えられています。 丸印と角印は違う 角印は、同じく法人が使う印鑑としてある丸印とは、その意味と役割が大きく違います。 「丸印」は、法人の「実印」として役職を示す記載とともに、公的機関に提出する際の正しい印鑑といえます。 対して「角印」は、見積もりや請求書など、会社で日常的に使われる書類に対しての捺印で「会社の発行を証明する」意味で使われています。 会社の規模によっては、角印に契約印としての権限を持たせている場合がありますが、公的機関などに提出する重要な書類では、社印として角印のみでは認められないケースがほとんどなので注意が必要です。 角印 社印 を押す正しい位置とは? 角印が社印の中で果たす役割はお分かりいただけたでしょう。 しかし、社印の中でも実印と同じ意味の丸印は、ほとんどの書類が公的機関に提出するものですので、「ここに押してください」という㊞が記載されているはずですが、会社が発行する書類によく使用される角印は、そういった記載がない場合が多いです。 果たして、社印として角印を捺印する際は、会社へ提出する請求書などのどの位置に押せばいいのでしょうか。 角印は「社名の横」か「社名の中央」の位置へ 会社に提出する請求書などの発行で角印を使用する際は、必ず「社名の横」か「社名の中央」の位置へ社印として押印するのが通例となっています。 また、契約の権限を持たせた角印で契約などに押す場合は、印影の複写を考慮して、文字にかかるように押すのがマナーです。 正しい角印 社印 の正しく綺麗な押し方とは? それでは最後に、社印として角印を使用する際の、正しい押し方を見ておきましょう。 角印は認印とはいえ、会社の発行を証明するものですから、押し方を間違ったり不鮮明であれば、必ず書類の再作成が必要になります。 そのようにならないように、角印の押し方にもしっかりと気を付けるようにしてください。 とはいえ、朱肉の付け過ぎもまた印影が不鮮明になるだけです。 社印を綺麗に押すポイントは何回も多めに付けるのではなく、まんべんなくを意識するのが大切。 ポンポンと軽く朱肉に印面を付けて、その後にまんべんなくついているか実際に目視するのが良いでしょう。 そして、次は「逆の」の字を書くように戻り、そっと紙から印面を離しましょう。 そうすれば、鮮明な印影を得られますし、印鑑そのものを傷つける心配もありません。 その場合は、ボールペンなどで二本の線を引いて抹消し、その横に社印を押し直すのが正しい押し方といえます。 角印 社印 は社名の横か中央の位置に軽く印影を残すのが正しい押し方 今回は、社印などの角印を押す場合の正しい位置と押し方について紹介してきました。 角印は社印として実印の扱いにはなりませんので、社名の横や社名の上など、文字と被るような場所でも正しい位置となります。 しかし、ビジネスで押印と記名は一体となって初めて意思の確認ができるとされているので、社印として角印を押す際は、あまり間を離さないようにしましょう。 そして、あまり朱肉を付け過ぎず、軽く印影が残る程度で「の」の字を書くように押すのが正しい押し方といえるので、是非実践してください。

次の

社印である丸印と角印を押す位置・場所

訂正 印 押す 場所

丸印(会社実印)と角印(認印)を押す位置・正しい場所 会社の経営者は契約書に会社実印である丸印を押す機会などが多々あるかと思います。 また、経理担当社が請求書に、営業が見積書に、など会社によっては社長や役員でなくても角印を押す機会があるかと思います。 しかし丸印と角印ではそれぞれ押す位置や場所に違いがあり、正しい場所に押すだけで複製などを防ぐ効果などが期待できます。 ここでは丸印と角印を押す正しい位置・場所についてご説明していきます。 丸印(会社実印)の押す位置 結論から言ってしまうと会社の丸印を押す位置は社名や代表者名の横になります。 この時記載した名前などに印影が重ならないように押すのが正しい押し方になります。 丸印は角印とは違い、法務局に印鑑登録を行っている印鑑です。 そのため印鑑証明と照らし合わせるため名前などと重ならない位置に押します。 ちなみに契約書などによっては「印」の字記載されており、その場所に丸印を押すようになっている場合もありますが、必ずしも「印」の文字がある場所に押さなくても問題ありません。 角印の押す位置 角印を押す位置は社名や代表者名など記載されている文字に重なるように押すのが正しい押し方になります。 角印は丸印と違い印鑑証明などと照らし合わせることはありません。 そのため文字と重ねて押すことで複製など悪用防止の効果があります。 基本的には重なる最後の1文字が角印の中央に押すようにするのがバランスよく見えるため一般的と言われますが、社名の長さや文字の大きさなどによっても変わりますのであくまでも目安とし全体のバランスが崩れない位置に押すようにしましょう。

次の

契約書に押す割印・契印・捨印・訂正印・消印について

訂正 印 押す 場所

実際のところ訂正印の押し方や押す位置については 法律で定められている訳はなく 厳格なルールはないようです。 実際の押し方、押し位置の例を書いてみます。 この訂正印の押し方・位置は間違いでは無いですが 単語毎に修正する方法がさらに望ましいです。 訂正印の位置は真ん中に押します。 金額など数字を間違った時は1文字だけであっても 数字全部を修正すべきです。 数字(お金)は重要ですからね 訂正後の数字には前に「¥」後ろに「-」を付け 別の人に改竄されないように気を付けましょうね。 また、訂正印の押し方には法律などルールはないと先に言いましたが 日商簿記などのお約束で訂正は赤い二重線を引くと決まってますので 会計伝票等の修正はそのルールに従ってくださいね。 訂正印の押し方は単語を修正する時と同じで2重の取消線を引き 押す位置は真ん中になります。 この場合、あまり大きな修正になると どれだけ修正が入ったのか明確でなくなり 後日第三者の改竄もしやすくなってしまいます。 こんな場合も訂正印の押し方や位置は同じで 間違った分だけ同じ事を繰り返せばいいのです。 ただ、ビジネス上の書面にしろ 日常で書き込んだ書面にしろ 訂正だらけになるのはあまり好ましくありません。 可能であれば 複数箇所間違えないように下書きする。 1つ間違いで動転せず 失敗を積み重ねないよう気を落ち着けて修正する ようにしましょうね。 また、あまりにも書面を汚してしまった場合は 相手に陳謝して書き直す、作りなおすって ことも考えましょうね。

次の