ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ75。 ある日、お姫様になってしまった件についての74話の内容教えて...

【捨てられた皇妃】原作は?いち早く読めるのは?情報まとめページ│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ75

「アドニス」とは? 【待てば無料】ピッコマで連載されています。 ストーリー内容は下記の通り。 来世では前世の記憶を持ったまま、もう一度イアナとして人生をやり直すことに。 前世と同じ運命を辿るのか、次は敵ではなく騎士になれるのか。 イアナが選ぶ選択によって運命が変わっていきます。 スタイルよし、顔よし、剣強すぎ、負けず嫌い、学園では女が剣ということで舐められたりしますが、イアナの敵ではありません。 男ばかりの学園で、女だけど最強イアナのライフをお楽しみいただけます! スポンサーリンク 原作はどこで公開されている? 日本語版は、【ピッコマ】独占で連載されています。 2018年10月2日現在、69話まで公開しています。 原作はどこで公開されているのか? 「アドニス」は、出版社 「kakaopage」となっており、上記出版社のサイトで原作は公開されています。 出版社) kakaopage内の「アドニス」連載ページはこちら: kakaopage内で「アドニス」は2018年10月2日現在75話まで公開されています。 上記WEBサイトにアクセスすると、アイキャッチ画像を閲覧できるので、その画像を見て、どのようなストーリー展開となるのか自身で想像することもできます! (スマートフォンでアクセスした場合、一部しかアイキャッチ画像が閲覧できない場合があります。 その場合はPCでアクセスしてみてください) しかし、そのストーリーの中身までは閲覧することはできません。 (閲覧にはアプリが必要ですが、そちらが日本対応していない様です) 以下2018年11月11日追記 では、他に読めるサイトはないのか? 韓国語や英語とはなりますが、他に読めるサイトがありました!特に会員登録等することなく、待たなくても読み進めることができます。 11月11日現在80話分公開されているので、ピッコマより読み進めることが可能です。

次の

Dance in Bellingham

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ75

出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」21話、24話、37話 本作の主人公。 アタナシア(Athanasia 、不滅という意味の名を持つ。 不死の意味を持つ名前は、後に皇帝となる正式な後継者にしか許されないが、彼女の母ダイアナが死に際に名付けた。 愛称はアーティ。 クロードの唯一の実子。 直系の皇族の証である宝石眼を持ち、ダイアナそっくりの容姿をしている。 本来の彼女は孤児院出身で、貧しい暮らしを送る地球の社会人だったが、ある日突然、異世界のオベリア帝国・皇帝の一人娘として転生していた。 前世では、前日に睡眠薬を飲んで眠ったため、睡眠薬のせいで死んだ可能性がある。 彼女は、仕事先で客が忘れていったロマンスファンタジー小説「かわいらしいお姫様」の内容と一致する世界に来てしまい、しかも実の父である皇帝クロードに愛されることなく、濡れ衣で彼に処刑されてしまう悲劇の姫・アタナシアとして転生してしまった。 小説の内容では、9歳で初めてクロードに会い、18歳で処刑される。 なので、生き残るためにこっそり逃走資金を貯め、クロードに会わずにして皇宮から脱出しようと計画する。 だが実際は5歳でクロードに出会ってしまった上に、どういうわけか頻繁に会うようになってしまう。 いつクロードの機嫌を損ね殺されるか戦々恐々と過ごすうち、ある程度の慣れが彼女を強くする。 現在、彼女の身体に収まりきらない魔力が、黒い子犬の神獣となって彼女の傍にいるようになった。 クロード・デイ・エルジェア・オベリア• 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」24話、30話 オベリア帝国の現皇帝。 アタナシアの実の父。 帝国を救った英雄と称される。 後継者であった兄を殺し、今の地位につく。 そのため、クロードの名は不死に関するものではない。 宝石眼を持つ。 冷血な性格で、感情の起伏がない。 日々4時間くらいしか寝る時間がないので、いつも眠そうである。 愛した女性ダイアナがアタナシアを産んだ直後死んでしまったので、後宮のルビー宮にいる者たちを皆殺しにした。 生まれたばかりのアタナシアも殺すつもりだったが、ダイアナが名付けた不死の意味をもつ帝王の名を聞き、踏みとどまる。 だが、その後ルビー宮に立ち寄ることをせず放置し、アタナシアが5歳になるまで一度も会うことがなかった。 そのため、子育てに関してやや無知である。 小説内では、クロードの前婚約者との間にできた、彼に隠され育てられていたジェニットという可愛らしい娘と出会ってから、ジェニットだけを溺愛するようになる。 そしてアタナシアを一度も愛すことなく、濡れ衣でアタナシアを殺す。 実際には、無愛想ながらなんだかんだアタナシアを構うようになり、彼女が血を吐き気を失ったときは、ひどく動揺していた。 ジェニット• 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」23話、31話 原作の正ヒロイン。 隠され育てられたクロードの娘という設定。 天真爛漫で純真な彼女は、アタナシアとは違いクロードに愛され、さらにイゼキエルという優秀な婚約者と幸せに暮らすと原作には書かれている。 クロードの元婚約者フェネロペ・ユディットが生みの親だが、クロードの兄アナスタシウスとの不倫で産まれた子なので、クロードの実子ではない。 その上、アナスタシウスの実験により黒魔力を吹き込まれたという、混ざった子だ。 出産の際、フェネロペは死亡。 クロードの実子ではないことは、クロードと原作を知るアタナシア以外、誰もいない。 現在はアルフィアス公爵家で、身分を隠した状態で保護されている。

次の

Dance in Bellingham

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ75

彼女が公爵邸に行った理由75話ネタバレ (え…?何かの聞き間違い?) レリアナはジャスティンの発言にキョトンとしながら戸惑います。 「あ…あの…その…、返していただけませんか?」 「タダで?」 「あっ…お金?お金が必要ですか?」 親指と人差し指で丸を作ってみせるレリアナに、ジャスティンは溜息します。 「そういうことではなく…そんなに私がお金に困ってそうに見えますか?」 「そ…そういう意味ではないのですが…」 (お金でどうにかなると思ったのに…) レリアナは内心舌打ちします。 「一度私と食事をしていただけませんか?」 笑顔でそう言うジャスティンに、レリアナは目を逸らしながら「お断りします」と返します。 レリアナの反応が意外だったのか、ジャスティンは目を丸くさせました。 「ハハ…即答すぎませんか?食事をするだけだというのに…」 「下心のあるお誘いはお受けできませんので」 「バレました?」 ジャスティンは笑います。 「それにそれは婚約指輪ですよ」 「ええ」 「婚約指輪があるということは、婚約者がいるという意味です」 「それが何か問題でも?」 (?) 何を言っているんだと言わんばかりに、レリアナは困惑します。 「以前私に話してくれたじゃないですか?政略結婚のことも…その人には他に相手がいるってことも…」 「あ…それは…」 (あの時はとっさにそう答えただけで…。 かといって本当のことを言うわけにもいかないし…) 「私って性格悪いでしょう?」 「ええ、とても」 「ではこれはどうですか?恋人のフリをしてください。 昔の恋人がいまだに便りを送ってくるんです」 「いい加減にしてください!」 苦笑いするレリアナ。 「困りますか?」 「わかってるならこれ以上私を困らせないでください」 ジャスティンは相変わらず飄々とした態度です。 「このまま名前も教えてくれないのですか?」 「私の名前を知ったらすぐに指輪を返したくなると思いますよ」 レリアナのセリフにジャスティンは疑問符を浮かべます。 「どういう意味ですか?まぁ…聞いてから考えることにします」 「レリアナです。 レリアナ・マクミラン」 「素敵な名前ですね。 ですが返したくはなりませんでした」 「ウィンナイトといえばおわかりになるでしょう。 私の婚約者、ウィンナイト公爵様です」 ジャスティンの顔から笑みが消えました。 「なんと…予想外の強者だ…」 (ウィンナイト公爵に愛してやまない婚約者がいるということは聞いていたが…) ジャスティンの脳裏には、いつの日かの殿下との会話が思い出されます。 (実は別に恋人がいて、婚約者とは政略結婚をした仲だと?つまり…表面上だけ愛し合っているフリをしているというのか?) レリアナはジャスティンの前に両手のひらを差し出します。 「何ですか?」 「早く指輪」 「私と取引しないんですか?」 「だから私はウィンナイト公爵様の婚約者なんですよ?」 「それが何か問題ですか?」 「はい?」 思いがけないジャスティンの対応に、レリアナは驚きを隠せません。 「ひとまず取引しましょう。 私…ケチな男なので」 (せこい…せこすぎる!) 「それにレリアナ、公爵様に匹敵する容姿を持つ者など私以外いないと思いますよ?」 「それ…本気で言ってるんですか?」 自信満々なジャスティンに、レリアナはドン引きです。 ジャスティンはレリアナの手を取りました。 「もちろん。 だからあなたは私と取引すればいいのです。 もちろんこれはあなたの望みではなく、全てはこの指輪のためですから」 「…慣れてますね」 そっとジャスティンから距離をとるレリアナ。 「あなたは確かに魅力的な人です。 ですがお断りします」 レリアナは真っすぐジャスティンを見据えて言いました。 「指輪は正直に失くしたと話しますので。 どんな事情があっても、私は今ウィンナイト公爵様の婚約者です。 不誠実なことはしたくありません。 その素敵な容姿は、他の人のために残しておいてください。 指輪はまぁ…煮るなり焼くなりしてもらって…」 (もうこれは一生働いて返すしかないわね…。 せっかく生き返ったのに、借金返済で一生を終えるなんて…) ジャスティンに対して気丈な態度を見せるレリアナですが、密かに涙します。 「…なかなか手強いですね」 「ええ…高貴な身体ですので」 「では、ただの友達としてはどうですか?」 「…?」 「恋人とかではなく、友達として会ってくれませんか?それなら大丈夫でしょ?」 「私を異性として見る友達ですか?」 レリアナはジャスティンへ訝しげな視線を向けます。 「よくよく考えてみたら、男女の儚い愛情なんかより友情のほうが美しいと思いまして…。 それとも…友達としても嫌ですか?おいしいお酒もたくさん紹介できるのに」 その時、突然部屋の扉がノックされました。 現れたのは、王城の使用人です。 「マクミラン姫君、殿下の命を受けて参りました。 殿下が姫君を呼んでおられます」 (バレないようにこっそり来たのになぜ…?) 突然の呼び出しに、レリアナは思わず唾を飲み込みます。 レリアナの反応に疑問符を浮かべているジャスティン。 使用人のあとを着いていく途中、レリアナはジャスティンを振り返って見ます。 「友達ならいいですよ」 そのセリフに、ジャスティンはパァと顔を明るくさせました。 「では友達として一度抱きしめてもいいですか?」 「お断りします」 「ひどいなぁ…友達だってのに」 「先ほどの発言、撤回したいのですが…」 75話はここで終了です。

次の