ブログ稼げない。 ブログアフィリエイトは稼げない!?その理由とは|専門学生の成り上がりブログ

ゲームブログは稼げない?半年間運営してみてわかったことまとめ!

ブログ稼げない

そもそも経験が足りない【記事数が足りない】• アフィリエイト記事が少ない• 集客記事が足りない• ジャンル選定をミスってる• トレンド記事がない 1つずつ見ていきます。 ブログで結果出すには、ある程度の量は必要だと思う。 その目安がよく言われる100記事。 僕も特化サイトで100記事以上書いてきた経験があるから、今のブログで結果出せてる。 その点、トレンド記事はドメインパワーが低くても上位表示されることもありますし、上位表示されたらかなりのアクセスを集められます。 一時的なアクセスかもしれませんが、ドメインパワーも上がりますし、被リンクをもらえる場合もあります。 良い例として、あんすみすさんの「」では、うまくトレンドを取り入れていますね。 ブログ7ヶ月目ですが、 トレンドのバチェラー記事を書いて急激にブログを成長させていて、7万PV&月5桁も達成しています。 トレンド記事ばかりだと資産記事が溜まらないので、ほどほどにトレンド記事を取り入れてアクセスを集めるのも重要になってきます。 ブログで稼ぐにはGoogleの方針も意識する ブログで稼ぐには避けて通れないのが「 Googleの方針」です。 Googleの検索順位で上位を取らないとアクセスがない=収益が発生しないですからね。 Googleはコアアップデートを度々実施して、上位表示される方針を変えています。 有名なのは2017年の医療・健康ジャンルのアップデートですね。 このアップデートにより、医療・健康ジャンルの個人サイトは上位表示されなくなり、医療従事者や専門家、医療機関等の信頼性が高いサイトが上位表示されるようになりました。 最近だと、実体験の記事が上位表示されやすい傾向で、誰でも書けるような記事は上がりづらくなってますね。 こういった「 Googleの方針」を自分のブログに取り入れるのもブログで稼ぐには必要になります。 まとめ:ブログで稼ぐなら量をこなすべき 以上、ブログで稼げない人の理由でした。 実際に稼げなかった経験から言えますが、ブログで稼ぐには絶対にある程度の作業量が必要です。 100記事書いても稼げなくて挫折してるという人は、もっと量をこなしましょう。 ただがむしゃらに量をこなすだけではなく、 しっかりSEOやGoogleの方針を考慮しながらです。 そうすると将来的にブログで稼げるようになる確率はグッと高まりますよ。

次の

【2020年】ブログで稼げないジャンルとYMYL以外の稼げるジャンル

ブログ稼げない

行ったことの無いお店をネット情報のみを頼りに書いても効果はありません。 そこで新オープンのお店情報が役立ちます。 販売開始後1週間でアフィンガー5の記事を書きました。 翌日、検索順位6位を記録。 新しい情報はネットに出回っていないため、検索順位上位を獲得しやすいんです。 地域の新店も同じ。 オープン1週間以内に詳細記事にできれば『食べログ』や『公式ページ』も抜けることがあります。 地域情報にお金を出す広告主が居ないためです。 アドセンス単価を上げる方法もありますが、基本的には高いアクセス数でカバーすることになります。 そういう意味でも 新店情報は収益化に役立ちます。 これからの地域ブログ。 ただ新店情報を書いているだけでは厳しい感じしますよね🤔 ・お店のブログから紹介してもらう ・地域のイベントと連携する 取材もあり ・食べログ等で出てこないジャンルを書く 花屋さんなど ・インスタと連動させる ・観光マップを作る 狭い範囲の 上記が必要かなと。 お店の距離• お店のジャンル グルメなのか雑貨なのか• ランチ・ディナーの違い• ターゲット年齢がバラバラ など、情報が雑記ブログ風になり共通点が見つからないためです。 そこで 『ユーザーの便利さ』に目を向けることをお勧めします。 でも、満席かもしれません。 そのカフェが満席だった時に使えるお店情報が内部リンクで載っていたら嬉しいですよね。 「ここのカフェ、人気だけど予約できないお店なんだ。 満席だったらこっちのカフェに行こう。 」 みたいに、男性がデートプランを立てるのに使えます。 でもお昼ご飯どうしようかなー。 」 こんな時に近くのパン屋さんが紹介されていたら便利ですよね。 「ここのパン屋のパンを買って公園で食べよう! 」 ユーザーの考えることを内部リンクで先取りします。 こんなイメージで『便利さ』を意識した内部リンク作りをしましょう。 宿泊施設• お土産関係 の需要が高いので注意しましょう。 ユーザーは目的地や観光目玉を優先的に決定します。 そこから宿や交通を探します。 ここで集中力が切れて悩んじゃうんですよね。 そのサポートができれば収益化につながります。 旅行パックを販売するサイトなどですね。 「ここの観光をするなら、このパックだと安いですよー。 」 さらに 『地元民』が『医者』『プロ』みたいな権威として使えます。 ー 地元民が教える隠れ家的京都観光スポット7選 お得な旅行プランも紹介 というイメージですね。 地域の一時的なイベントを記事にしない 駅の小さなフリーマーケットや突発的なイベントを記事にしていませんか? 確かにイベント前日は需要があるかもしれません。 しかし、 1年間のアクセス数で考えると『ほとんど読まれない記事』です。 読まれない記事はもちろんアドセンス収益も上がりません。 沖縄県民・北海道民のファッションに違いはあれど、 『格好良いファッション・デートで使えるコーディネート』は共通ですよね。 地域ブログ情報はあくまで『その地域に関わりのある人』しか読みません。 検索ユーザーが少ないため、その中でも 多数の人に読んでもらえる記事が大切です。 ブログ記事はその記事が読まれ続ける期間内のPVで評価しましょう。 バズを意識した記事を書くのではなく、毎日検索がある記事をコツコツ書く。 地域ブログこそ基本が大事です。 地域アフィリエイト記事を書く アフィリエイト案件の中には『地域密着型』のものがあります。 これを地域ブログの中に混ぜます。 地域+アフィリエイト案件の検索ワードはライバルが多く、検索上位を独占するには努力が必要です。 そこで 内部リンクやまとめ記事・ランキング記事によりユーザーを誘導することになります。 詳しくお話します。 特に 結婚式場・脱毛が人気です。 『ミュゼ+地域名』はメジャーな検索ワードですよね。 結婚式場は『まとめ記事』にしましょう。 比較や特徴を解説しつつ、ブライダルサイトのプランを紹介すれば収益化できます。 地域ブログのアフィリエイトは検索流入を期待できません。 ランキング記事や上記の星を使った手法はアフィンガー5で使えます。 私も使用しているテーマです。 なぜこのタイトルが弱いのか。 特定ユーザーではなく、不特定ユーザーを狙っているためです。 特定ユーザーを狙うなら、 「体重80㌔の僕も大満足! 岐阜市内のドカ盛りラーメン屋5選」 「『まるでカフェ』岐阜市にもあった、女子でも気軽に行けるラーメン屋5選」 のようになります。 それっぽくなりましたよね。 これなら1つのジャンル ラーメン屋・カフェ・焼肉など でもたくさんの切り口が見つかります。 上記した2つの例もラーメン屋を紹介していますが競合しません。 私がパっと思いついたものをまとめておきます。 広告掲載が無い・フリーペーパー掲載だけのお店• テイクアウト可• 英語 他言語 メニューが有る• ビジネス接待で使える• 朝から空いている居酒屋• 還暦祝いに使える• 食べログ・ホットペッパーに名前だけしか記載が無い• 仮想通貨決済ができる 関連コンテンツとは アドセンス広告とあなたのブログの関連記事が混ざって配置される広告。 高いクリック率と直帰率の低下を見込めます。 関連コンテンツ開放の条件と言われているのが• 一定以上のアクセス数• PV数が上がりやすい反面、 ブログに欲しい情報が無い場合は一瞬で離脱されます。 「このブログ。 良くないな。 ホットペッパーで探すか。 」 と考えるためです。 定期的なリライトで『直帰率を下げる取り組み』が必要です。 地域ブログ成功のためには『内部リンク』が鍵になります。 地域ブログはかなり雑多な内容になりますよね。 通常、グルメと雑貨屋をつなげる方法はありません。 しかし、地域ブログの場合は『距離』でつなげられます。 岐阜市内デートなら今回ご紹介したグルメ店近くの雑貨屋もオススメです。 名古屋から伏見まで徒歩で移動する際の休憩スポットはこちら• 飲み会までの時間つぶしに最適なのがこちらのお店 地域のフリーペーパーを参考にしましょう。 雑多な内容に感じますが、特集で『〇〇地区のお店』があるはずです。 地元の人は常に地元の新鮮な情報を求めています。 これを基本として内部リンクを作っていきましょう。 追記:地域ブログで即PV数をあげたいなら 1日50クリックでもGoogle以外でのクリックって凄いですよね。 しかも、ピンタレストは全ての投稿がクリックされる可能性があります。 埋もれにくいんですね。 変動を受けてもピンタレストは関係ありません。 フォロワーがいなくてもコンテンツが人気になるのもピンタレストの面白いところ。 難しいSNS運用をしなくていいんですよ。 ぜひお試しください。 地方活性化になりますし、知らなかった隠れ家的なお店も見つかります。 お店側も無料で宣伝してもらえて嬉しいはず。 PV数が増えればリアルビジネスにつなげやすいのも特徴ですね。 他ジャンルに比べて収益化は大変ですが、コツコツ記事を更新していきましょう。 月3~5万稼げるようになるとモチベーションが一気に上がりますよ。

次の

あなたのブログが稼げない4つの理由|クロネのブログ講座

ブログ稼げない

【理由1】そもそも「稼ぐための記事」を書いていない 1 記事数が30未満 とにかくまずは30記事くらい書いてみてください。 そうすると、ブログの方向性は多少なりとも出てきます。 アフィリエイトのサイトなら30記事はむしろ多いですが、ブログの場合は少なすぎます。 あなたは稼げるか稼げないかの前に、そもそもスタート地点に立っていません。 Murakami()さんの次の記事に「アクセスはコンテンツの先にしか無い。 」という言葉が出てくるのですが、ほんとこれですよ。 参考 ブログのちから 2 魔法のランプを探している インプットばかりしてノウハウコレクターになっています。 今すぐ記事を書きましょう。 インプットの10倍くらいアウトプットしましょう。 3 ブログ論が多い ブログ初心者あるあるですが、最初の頃って自分がブログを開設するために調べたことを記事にしがちですね。 あなたがブロガーに向けて商品・サービスを売りたいならそれでもいいですが、そうでないなら八百屋が買い物客に「キュウリが20倍売れるPOPの書き方」を売っているようなものです。 「キュウリが20倍美味しくなる料理法」を紹介して、キュウリを買ってもらうのが八百屋の役割では? アフィリエイター向けの情報商材を売るならもちろんアリですが、たぶん、違いますよね。 【参考】ウケちゃんは静かに暮らしたい 4 拡散されないオピニオン記事が多い プロブロガー(最近はインフルエンサーの方がいいかも)になりたければ、オピニオン記事は必修科目みたいですね。 実際、プロブロガーさんを見ているとSNSでPVを稼いでいます。 だから気持ちはよくわかりますが、一方であなたのその記事はSNSで全然拡散されていませんよね。 拡散されないオピニオン記事は稼ぎにはつながりません。 5 自己満足の記事が多い 「自分」だけに向けられている記事では、「相手」に届きません。 「日記ブログ」と呼ばれるものはそうですね。 好きなようにブログを書くのであればそれでOKです。 しかし、目的が 「稼ぎたい」のであれば、 相手を満足させる必要があります。 好きなことを書いてもいいですが、稼ぎたければ好きなように書いてはいけません。 しかも何年もやっている方ではなくて、数か月で月6桁、半年で月7桁を超えているブロガーさんを見て、焦るかもしれません。 ブロガーは「ブログ」を見れば答え=「稼ぎのネタ」が分かってしまうので、時間の許す限りいろんなブログを見てください。 そして、このブログは一体何で稼いでいるのか?と考えてみてください。 収益報告やPV報告をしているブログがおすすめです。 短期間で結果を出しているものは、 「アフィリエイトで稼げるジャンル」で記事を書いています。 逆に言えば、アフィリエイトで稼げるジャンルで記事を書かない限り、なかなか稼ぐのからは遠ざかります。 自分の好きなことを書いても稼げないのは、広告主がいないからではないでしょうか? アフィリエイトで稼げるジャンル(と言われているものを含む)は、次のとおりです。 分け方は私の独断と偏見で行ってます。 金融系:カードローン・キャッシング、FX、クレジットカード、債務整理• マッチング系:転職(一般、看護師、薬剤師、SEなど)、婚活、出会い系• 美容系:脱毛、脱毛器、エステ、育毛剤、オールインワンゲル、ダイエット• 健康食品系:酵素、青汁、葉酸• 食品系:カニ• 見積系:引越し、車・バイク査定、不動産査定、自動車保険• 資料請求系:通信教育・資格講座、無料サンプル(化粧品など)• 定期継続系:ウォーターサーバー、格安SIM、レンタルサーバー、Wi-Fi• ノウハウ系:情報商材 この手の情報は、アフィリエイターさん(元ASPの方も?)が公開されているので、本当にありがたい限りです。 参考 HERO| 「〇〇が載ってない!」とか、「載ってるけど承認率低くて稼げないよ!」とか、いろいろツッコミどころがあるかと思いますが、私がアフィリエイトをやろうと思った時に率直に思ったのは、 「アフィリエイトで稼げるジャンルって、思った以上に狭い」ということでした。 なぜなら、ブロガーさんと話しているとよくあることなのですが、 「私、自分が使っていいと思うものしか紹介できないんですよね・・・」 というブロガーあるあるによって、アフィリエイトで稼げるジャンルのほとんどは、 自分がやりたいブログテーマと合わないため、「使えない」のです。 この点、アフィリエイターさんからすれば、 「なんで自分が使ったものに限定するんだろう・・・」と信じられないかもしれません。 そういうブロガーさんも意外と多く、結果として、 ブログで稼げるジャンルにうまくはまらない限りはアフィリエイトで稼げないということになります。 体験談を外注してまで集めるという発想は、基本的にブロガーにはありませんからね(苦笑)。 そもそも記事を外注すること自体がブロガーからすれば「違和感」があります(私は無理です)。 したがって、アフィリエイトで稼げるジャンルで記事を書いていない(書けない)から、多くのブロガーさんは、アフィリエイトで稼げません。 ・・・なお、私みたいにブログを運営していたら、 「お宝キーワード」で検索上位になって、そこから稼げるジャンルやニッチなジャンルのアフィリエイト広告がマッチして、稼げるようになった人がいるわけですが、それはまた別の記事で書きます。 わざわざアフィリエイト広告に合わせなくても、Google AdSense自体が広告を(あるときは無理矢理)合わせてくれます。 ・・・しかし、クリック報酬型広告で稼ぐためには、 「PV数」が必要です。 1,000PVより10,000PV• 10,000PVより100,000PV• 100,000PVより1,000,000PV と、 PV数におおむね比例して収益が発生します。 私もGoogle AdSenseを全く知りませんでしたが、導入するとすぐに収益が発生したのはもともとPV数が月間8万PVあったからです。 1PVあたり0. 3円くらいと言っている方が多い気がしますが、単価の高いジャンルなどバラつきがあるので、目安という程度でしょうか。 1PVあたり0. 1円だと少ない印象なので、配置や数を工夫してもいいと思います。 逆に1PVあたり1円だと、もしかしてAdSense広告じゃなくてアフィリエイト広告貼った方がいいんじゃないの?とも思ってしまいます。 一応、このブログでは、 「趣味ブログを月1万円稼ぐ自動販売機化」する考え方や具体的な方法を提供することが1つの目的ですが、Google AdSenseだけでいこうと思ったら、 月間3万3333PVは最低でもほしいですね。 3円=約1万円 PV数を増やす方法はいろいろありますので、今後ご紹介していきます。 ただ、テーマによってはニッチすぎてどんなにがんばってもPV数が増えない現実もあるので、その辺も書こうと思います。 できれば月10万PV目指していただくと月3万円の収入ができるのですが、こちらはブログのテーマや記事数などにもよるので、【中級編】ということにしておきます。 また、そこまで書いていくと、テーマによっては「アフィリエイトで稼げるジャンルの広告」につながる 「お宝キーワード」が発掘されることがあるので、PVあたりの収益は増えていきます。 関連記事>>> 【理由4】アフィリエイトとAdSense以外の収益化の方法を知らない ここからはこのブログではあまり扱いませんが、ブログで稼ぐ方法って、別にアフィリエイトとGoogle AdSense=広告収入だけではありませんよね。 もし自分がリアルビジネスをしていて、ブログを運営しているなら、ブログで集客して、自分のお客さんになってもらうのだって収益化の1つの方法です。 また、電子書籍(Kindle)やで情報を有料で売ることもできますし、に誘導して自分の好き・得意・趣味を活かして収益化している方もいます。 【参考】ココナラのカテゴリー• ハンドメイド• 法律相談・弁護士検索• 似顔絵・イラスト• 画像・デザイン• ビジネス• 恋愛・結婚• SEO・Webマーケティング• 美容・ファッション• キャリア・就職・資格• 心の悩み・健康• 文章・キャッチコピー• 動画・音声• 旅行・お出かけ• 趣味・娯楽• 語学・翻訳• マネー・不動産• 暮らし・住まい• 子育て・教育• グルメ・料理• IT・プログラミング• 副業・アフィリエイト ちなみに、クロネさんのイラストもココナラでイラストレーターさんに書いてもらったものです。 手に職持ってる方は収益化しやすそうです。 あとはコンサルやサロンを開く方法もありますが、「」で書いたように、自分が労働することになり、これは自動販売機化ではないので、収益化の方法としてはこのブログでは取り上げません。 関連記事>>> 終わりに 今まで大量のブログを分析してきましたが、「このブログは稼いでいるかな」と思った時に、私が見るポイントは上記のとおりです。 つまりそのブログの 「収益化の仕組み」を見ているわけですね。 あなたのブログには「収益化の仕組み」はありますか? ブログは別に記事を書いてコメントをもらったり、SNSでの交流をするのだって楽しいわけですから、無理して自分のブログで収益化をする必要はありません。 広告を貼ることで記事の内容がゆがむことだってありますし、ファンが離れることだってありますからね。 自分の好き・得意・趣味で本当に無理して稼ぐ必要があるのか、もう一度、考えてみてくださいね。 なお、もっと稼げない理由について深く知りたい方は、次の記事もあわせてお読みください。 次の記事へ>>>.

次の