ウォー ゾーン ps4。 【無料版:PS4/PC】バトルロワイヤルFPSゲーム『コール オブ デューティ ウォーゾーン』が配信開始!乗り遅れるなぁぁあ!!

『コール オブ デューティ ウォーゾーン』プレイレポ。『CoD:MW』のバトロワが基本無料で遊べる!【電撃PS】

ウォー ゾーン ps4

4月2日に【コール オブ デューティ ウォーゾーン】で違反行為対処ポリシーが公開されました。 チーターや迷惑行為に対して、5万以上のアカウントに対して処置を行っているそうです。 違反行為に対して、オンライン接続の恒久的な停止措置が行われるなど厳しい処罰が課せられます。 今回発表された違反規約について解説していきたいと思います。 違反行為について 違反の定義 違反は【軽微な違反】と【重大な違反】に分けられています。 ・軽微な違反:他の利用者やコミュニティ全般に、定量化できない程度の損害を与えること ・重度な違反:他のプレイヤーに損害を与えることや、違反行為をするためにプレイヤーの集団を組織すること また、オンラインがプレイできなくなる停止措置は【一時的な停止措置】と【恒久的な停止措置】の2種類があり、 一時的な停止措置は、違反の程度によりって変わり、48時間から2週間、またはそれ以上オンラインプレイができなくなります。 恒久的な停止措置の場合、 解除されることはありません。 ・ゲーム機の製造元にも通報されます。 ・ゲーム機の製造元にも通報されます。 【重度な違反、または繰り返し違反行為を行った場合】 ・オンラインプレイの 恒久的な停止措置 ・戦績、エンブレム、武器のカスタマイズがリセットされ、リーダーボードに永久に表示されなくなります。 【重度な違反、または繰り返し違反行為を行った場合】 ・オンラインプレイの 恒久的な停止措置 ・戦績、エンブレム、武器のカスタマイズがリセットされ、リーダーボードに永久に表示されなくなります。 ・オンライン画面分割モードでのプレイができなくなります。 【重度な違反、または繰り返し違反行為を行った場合】 ・オンラインプレイの 恒久的な停止措置 ・戦績、エンブレム、武器のカスタマイズがリセットされ、リーダーボードに永久に表示されなくなります。 【重度な違反、または繰り返し違反行為を行った場合】 ・オンラインプレイの 恒久的な停止措置 ・戦績、エンブレム、武器のカスタマイズがリセットされ、リーダーボードに永久に表示されなくなります。 【初回の違反の場合】 ・オンラインプレイの一時的な停止措置 【二度目の違反の場合】 ・オンラインプレイの一時的な停止措置 ・パーティを組む権利のはく奪 【重度な違反、または繰り返し違反行為を行った場合】 ・オンラインプレイの 恒久的な停止措置 ・戦績、エンブレム、武器のカスタマイズがリセットされ、リーダーボードに永久に表示されなくなります。 まとめ 初回の違反でも、一時的な停止処置が行われ、短くても二日間はゲームがプレイできなくなるようですね。 セキュリティチームが 24時間監視で調査をおこない、調査完了後すぐに停止処置を執行するようです。 すごい徹底した対策ですね。 しかし5万以上のアカウントがBANの対象になるとは・・・ 違反行為に気を付けて、楽しくゲームをしていきましょう! 【CoD:WZ】違反行為対処ポリシー:.

次の

【無料版:PS4/PC】バトルロワイヤルFPSゲーム『コール オブ デューティ ウォーゾーン』が配信開始!乗り遅れるなぁぁあ!!

ウォー ゾーン ps4

コール オブ デューティ: ウォーゾーンとは• グラフィック関連• フレームレート• 高リフレッシュレート環境でプレイしよう!• おすすめPC• コール オブ デューティ: ウォーゾーンとは 無料でプレイできる超人気FPSのバトルロワイヤル 3月11日に新たなバトルロイヤルタイトル『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ: ウォーゾーン)』がPS4、Xbox One、PC向けに突如配信されました。 本作はFPSの大人気シリーズ「Call of Duty: Modern Warfare」のスピンオフとして、基本プレイ無料で遊ぶことができます。 人気シリーズのバトルロワイヤルが無料でプレイできるというのもありますが、世界が新型コロナウイルスの影響で深刻な中、外出を控えるゲーマーたちが殺到したのか、配信後わずか3日目でプレイヤー数が1,500万人を突破しました。 人気過ぎて夜はサーバーにログインできないこともあり、平日の昼間でもログイン待ちが出たときは驚きました。 幸い筆者は一週間ガッツリとプレイしてきましたので、本記事では本作の簡単な特徴と、各グラフィックカードの平均フレームレート計測結果、及びおすすめのスペックやPCを紹介していきます。 Call of Duty: Warzone - トレーラー バトルロイヤル『CoD: Warzone』の特徴 『コール オブ デューティ: ウォーゾーン(Call of Duty: Warzone)』は、誰でもプレイできる基本プレイ無料のバトルロワイヤルです。 PC版では「Battle. net」のデスクトップアプリとその登録が必要となります。 ゲームモードは配信当初は「Battle Royale」と「Plunder」の2つのモードのみでしたが、3月18日にソロモードである「Battle Royale Solos」が実装されました。 このソロモードの実装により、味方を気にすることなく、気軽に楽しめるユーザーも増えたのではないかと思います。 ガチ勢を目指す方は昼はソロモードで練習、夜はスクアッドでチームプレイといった楽しみ方も可能になりました。 「Battle Royale」では3人で1チームのスクアッドとなっており、最大参加者数は150人とかなり多く、マップも広大というわけではないので、探索をしていると敵と遭遇する確率は他のバトルロワイヤルと比べて極めて高いです。 そのため、すぐに倒されてもまだ復活するチャンスが残されているのが本作の面白いところ。 バトルロワイヤルゲームと言えば、「PUBG」「Fortnite」「Apex Legends」のこの3つのタイトルが有名ですが、『CoD: Warzone』では、バトルロワイヤルの中にゲームバランスを崩壊しない範囲で、キルストリークやUAVなど、"コール オブ デューティらしさ"をしっかり盛り込んでおり、スピード感も残しつつ、面白く仕上がっています。 特に本作での主な特徴を4つに分けて紹介します。 サプライボックスからレアリティの高い武器を入手 『CoD: Warzone』では、武器にレアリティがあり、この レア度が高いほどアタッチメントが多く装着されています。 レアリティはノーマル、アンコモン、レア、エピック、レジェンドと5種類に別れており、ノーマルやアンコモンではサイトが付いていないことがほとんどです。 武器は道端に落ちていることもありますが、ほとんどがノーマル品です。 レア度が高い武器は上の画像のようなサプライボックスから入手することができます。 このサプライボックスにはキャッシュや戦場で役立つフィールドアップグレードなどが入っていることがあるので、積極的に探索してガンガン開けていきましょう。 敵を倒して奪うこともできます。 購入ステーションから戦況を変えるアイテムを購入 マップ上の購入ステーションでは、所持しているキャッシュで戦況に役立つ防御アイテムや蘇生キット、キルストリークやフィールドアップグレードを購入することができます。 ガスマスクは数秒間ガスによるダメージを無効化し、 UAVは数分間敵の位置を知ることができます。 エアストライクは指定したエリアに爆撃を行うことができるなど、様々な効果があります。 自己蘇生キットは味方の蘇生がなくても自ら蘇生することができ、ソロプレイでも結構役に立ちます。 このキャッシュは建物内に落ちていたり、サプライボックスから手に入れたり、敵を倒したり、契約を完了したりすることでも入手することができます。 フィールドアップグレードやキルストリークを活用して戦況を有利に フィールドアップグレードの「ミューニションボックス」や「ロードアウトドロップマーカー」を使用すれば、 自分用にカスタムしておいたロードアウトを呼び出すことができます。 武器をひたすら集めるよりはキャッシュを集めてロードアウトを呼び出す方が瞬時に装備を固められる場合もあります。 そのほかにも、地面に設置して手動で迎え撃つシールドターレット。 サプライボックスからたまに入手することができるドローンを駆使すれば、一定時間周りを索敵し、敵をマークすることができます。 スクアッドでプレイする場合、優先的に持っておきたいのはダントツでUAVです。 PC版『CoD: Warzone』のグラフィック関連 動作環境と推奨スペック 公式ページにて公開されている『CoD: Warzone』のPC動作環境は以下の通りです。 必要動作環境はGeForce GTX 670、GTX 1650以上とそれほど高くありません。 推奨動作環境でもGeForce GTX 970、GTX 1660以上とミドルスペックくらいで快適にプレイができそうです。 本作では搭載されているグラフィックカードの性能に応じて自動で最適なグラフィック設定に調整することができます。 プリセット設定はありませんが、テクスチャ解像度、テクスチャ品質、シャドウマップ解像度など細かい調整が可能です。 また、DirectX Raytracingにも対応しています。 プリセットが無かったので、3つのグラフィック設定でフレームレートを計測しました。 それぞれ「低」「通常」「高」とし、下記の画像の通り黄色い枠を変更しました。 なお、アンビエントオクルージョン、スクリーンスペースリフレクション、モーションブラー関連は無効にしています。 120Hz駆動と140Hz駆動では、通常の60Hz駆動モニターの2倍以上の映像を描写するので、映像が非常に滑らかに見えます。 特に競技性の高いシューティングでは、激しい視点移動でも、残像が抑えられ、ヌルヌル動くので、目の反応が速くなるという利点があります。 また、細かいエイム調整にも有効に働いてくれるので、シューティングゲームにとって、高リフレッシュレートモニターの力は絶大です。 こういった競技性の高いゲームの上級プレイヤーや有名配信者たちのほとんどは、高リフレッシュレート環境でプレイしています。 逆にあまりキルが取れないと伸び悩んでいる人にも、高リフレッシュレート液晶はかなりおすすめです。 特に『CoD: Warzone』は負荷が軽くフレームレートが出やすいので、120 Hz駆動以上の高リフレッシュレート環境でプレイしやすいタイトルです。 おそらく上位のプレイヤーのほとんどは高リフレッシュレート環境でプレイしていることでしょう。 ウォーゾーンは高リフレッシュレート環境でプレイ! 240Hz駆動対応の高級ゲーミングモニター「ASUS ROG SWIFT PG258Q」でプレイ オプション画面を見るとリフレッシュレートが240 Hzになっているのがわかります 平均120 fps以上出るグラフィックカードを選ぼう おすすめは120 Hz 駆動モニターですが、144 Hzモニター、その上の240 Hzモニターなんかもあります。 ただし、120Hz駆動の恩恵を得るには120 fpsを安定させること、144 Hz駆動の恩恵を得るには144fpsを安定させることが条件なので、下記の平均フレームレート表を参考に、グラフィックカード、高リフレッシュレートモニターを選びましょう。 下表は"平均"フレームレートであるため、常時120 fpsを出したいなら、RTX 2060 SUPERあたりがおすすめです。 デスクトップ 低 通常 高 RTX 2080Ti 255 fps 227 fps 209 fps RTX 2080 SUPER 232 fps 200 pfs 178 fps RTX 2070 SUPER 200 fps 176 fps 159 fps RTX 2060 SUPER 177 fps 149 fps 140 fps GTX 1660Ti 137 fps 120 fps GTX 1660 SUPER 133 fps GTX 1660 131 fps GTX 1650 SUPER 120 fps 120 fps以上のみ表示 おすすめPCとグラフィックカード PC版『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ: ウォーゾーン)』をプレイするためのおすすめPCとグラフィックカードの紹介です。 ゲーミングPCの中でもエントリークラスで十分でしょう。 ミドルクラスのゲーミング PCを購入しておけば間違いないでしょう。 以下で紹介しているPCは、上記のグラフィックカードを搭載できる、当サイトおすすめのゲーミングPCです。 レビューもしているのでご参考にどうぞ。 当サイトおすすめのデスクトップパソコン.

次の

【募集】クラン募集板(ウォーゾーン)

ウォー ゾーン ps4

はじめまして。 ちー兄( tinidesigne)です! 今回ご紹介するのは、私が好きなゲームの一つ『 :Warzone( ウォーゾーン)』。 バトルロイヤル(生き残り)形式ので、最大150人の同時対戦が可能です。 基本プレイは無料となっており、プラットフォーム(ゲームを遊ぶ機器)は、、PCでプレイができます。 2020年3月14日にダウンロードを開始してから世界中のファンに楽しまれています。 クオリティが高く無料で遊ぶことができるのが魅力の一つですね。 このゲームを実際にプレイしてみた、もしくはプレイしようかと考えている初心者の方はこんな悩みを持っていませんか? 「はじめたばかりで全然生き残れない...。 」 「初心者でも十分に楽しめるの?」 こんな悩みを解決するために当記事では以下の内容でご紹介していきます! ・初心者でもすぐに試せる上達テクニック ・初心者オススメ武器ランキング ・初心者オススメ降下地点 私自身このゲームをはじめた当初は降下とともに倒されて挫折しかけていました(笑) しかし、 全くの初心者だった私が ちょっとした方法を工夫しただけで短期間のうちに生き残り10人以内に入ることも簡単になりました! これからはじめようと考えている方もぜひ参考にしてみてください!• 初心者でもすぐに試せるテクニック5選 ウォーゾーンで勝ち残るためには、ある程度のテクニックは必要です。 最初はゲーム感覚や雰囲気を知るために自由にプレイするのも大切ですが、ゲームを続けているうちに 「勝ちたい!」と思うのは当然の感情ではないでしょうか。 この項目では、 初心者の方でもすぐに試すことができるテクニック5つをご紹介します! 1. 最初の降下は素早く降りて武器とお金を集める ウォーゾーンではゲーム開始とともに降下がはじまります。 ここで自分が降下したいポイントを決めたら素早く地上まで降下しましょう。 素早く降下する一番のメリットは、他のプレイヤーよりも武器やお金を集める時間を短縮することができるからです。 はじめに自分がショットガンを持っていて、敵がハンンを持っていたらどちらが有利かよく分かっていただけるかと思います。 そして余裕があるならお金集めを行い、「購入ステーション」で戦いを有利にできるアイテムを購入しましょう。 開始直後にやられてしまうことが多いという方は、このポイントをまず直してみましょう。 敵の音に気を配る 建物内で探索をしていると、思わぬところから銃撃を浴びて一気に倒される...。 そんなことがウォーゾーンでは多々あります。 こういった状況でやられないようにするには、敵プレイヤーが出している 「音」に注意しましょう。 自分が走ったり銃を撃ったりする時に音がするのと同様、 敵プレイヤーも足音や物音を出しています。 建物に入って扉が開いていたり、かすかに音がするときは警戒して耳を澄ませてみましょう。 しかし、 ゲームをプレイしている周囲の環境がうるさいと音を察知することは非常に困難です。 実際に私も近隣住民の声や車の音が聞こえやすい環境でプレイをしているので苦戦を強いられていました...。 (笑) そんなときは 周囲の環境音を遮断することができる ゲーミングヘッドホンがオススメです。 ヘッドホンを装着すれば、ゲームのかすかな音に察知できるだけでなく仲間とのも可能なので、快適かつ連携の取れたプレイが可能になるわけです。 障害物で身を守る ウォーゾーンでは広大なマップを進みながらのプレイとなるので、敵に狙われていないかを移動中も周囲に警戒しておかなければなりません。 もしマップの移動中に銃撃にあった場合、頼りになるのが 障害物です。 障害物があれば敵プレイヤーも相手に狙いを定めることが難しいので、隠れながら反撃のタイミングを伺ったり、回復をすることもできます。 移動中は誰かに狙われていることを意識しながら 「この場所なら障害物が邪魔で当てにくそう」と考えながら進むと良いでしょう。 購入ステーションを上手く使う 購入ステーションとは集めたお金を使って、戦闘を有利にすることができるアイテムを購入することができる場所です。 ほかにも購入ステーションでは、 戦闘になった仲間を蘇生させることも可能なので勝ち残るために重要なポイントといえます。 購入ステーションで購入することができるオススメアイテムは以下の3点です。 ガスマスク($3,000)• UAV($4,000)• ロード($10,000) ガスマスクは一時的にガスダメージをなくす。 (少時間) UAVは周囲の敵の位置を表示。 (少時間) ロードは設定したロードアウト武器を入手可能。 などの効果を得ることができます。 その時の状況に合わせて購入アイテムを選び、上手く使いましょう。 復帰チャンス!敗者復活戦の立ち回り ウォーゾーンでは一度戦闘に敗北しても、復活のチャンスとして敗者復活戦が可能です。 これは 1vs1で同じ武器で戦い、勝者は戦場に復帰できるというシステムとなっています。 この戦いで勝利するには、2つの方法があります。 ひとつは 「マップ中心のフラッグを獲得する」、もうひとつは 「敵を倒す」方法です。 フラッグを獲得する方法は相手から倒される確率が非常に高いため、今回は敵を倒す方法でご説明していきます。 それでは、 初心者の方でも勝ちやすい立ち回りをご紹介します。 まず開始地点はお互いに一番遠い対面の位置でスタートします。 ここで左右・中央と道が三つ分かれているのですが、左右を順番に確認して相手がいないか確認します。 ここで敵を発見すれば牽制で撃ちます。 もし敵が発見できないようであれば、時間差で使用可能になるグレネードを敵側の左右どちらかに投げます。 すると、投げた反対側もしくは中央から敵が現れるのでそのタイミングを見計って射撃。 前述の 「3. 障害物で身を守る」でご説明した通り、周囲の壁を利用して相手が当てにくい位置を意識しながら近づき撃っていくという立ち回り方が理想的です。 戦闘時間には制限があるため、早めに決着をつける必要があります。 しかし、時間に気を取られ焦ると簡単に倒されてしまいます。 そのため慎重と積極的のバランスを考えて戦いましょう。 最悪、この戦いで敗北したとしても 「購入ステーション」を使って仲間が復帰($4,500が必要)させてくれれば再度、戦場に復帰することが可能となっています。 初心者オススメ武器ランキングTop. 3 「ゲームをプレイしてみたけど、武器が多くていまいちどれを使ったらいいのか分からない」 このゲームを初めてプレイした方はこんな悩みを持っていませんか? たしかにウォーゾーンでは武器の種類は豊富かつ様々な特徴があるので、どれを使おうか迷ってしまいます。 そこで 初心者の方でも扱いやすく敵を倒しやすい武器をランキング形式Top. 3でまとめてみました。 武器の特徴や機能面から選定したので、ぜひ参考にしてみてください。 Top. 1: 初心者から熟練者まで使いやすい武器ナンバー1はです。 そのなかでも初心者の方にオススメしたい人気武器は 「」。 (上記参照画像) 近距離、中距離向けでありながら単発撃ちなら遠距離射撃にも向いています。 さらに撃った時の反動も少ないので、初心者でも扱いやすい武器となっています。 ウォーゾーンの定番武器なので武器選びに迷ったら、まずはこの武器をおさえておきましょう! Top. 2: 機動力と速さ、安定性を取るならがうってつけです。 そこでオススメしたい武器は 「MP7」。 (上記参照画像) この武器は近距離での接近戦に向いており、抜群の機動力と安定性からのなかでも人気な武器です。 装弾数は40発と連射しても余裕を残せるので、積極的に攻めたい方ならメインかサブでひとつは持っておきたいですね。 Top. 3: スナイパーライフル 遠距離から安全に敵を倒すことができる武器スナイパーライフル。 そのなかでも高火力かつ安定性を持ったオススメ武器は 「」。 (上記参照画像) この武器は一発当てるだけでかなりの高ダメージを与えられるので、バトルロイヤルでは心強い武器となっています。 さらに周囲や遠くの敵を探すために索敵としても使えるので、仲間に敵の位置を教えることができます。 デメリットとしては、 大きな発射音と反動です。 一発撃つと発射音から敵に場所を見つけられるので、撃つタイミングと場所はよく考えなければなりません。 さらに反動が強いため エイム力(命中させる力)がないと狙った場所に当てることが難しいです。 はじめはスナイパーライフルの扱いに慣れて、エイム力をつけていきましょう。 初心者オススメ降下地点2選 はじめたばかりは、どこに降下したらいいのか分からず知らない間に激戦が繰り広げられる場所に降下してやられてしまうことが多々あります。 ウォーゾーンでは 、 降下地点の選択は勝敗に大きく影響する重要なポイントです。 そこで初心者の方におさえてほしい降下地点の特徴は以下の2点です。 サプライボックスや物資が豊富• 激戦区ではない• 高低差が少ない この3点をおさえて厳選したオススメ降下地点2選をご紹介します! マップを理解すれば、必ず有利な戦闘ができるのでぜひご覧ください。 :SUPER STORE 第一にオススメしたい降下地点は SUPER STORE。 この地点は激戦区にならないので、安全に物資集めができます。 戦闘になったとしても店内には身を隠すことができる遮蔽物が多いので、危険な場合はすぐに逃げることも可能です。 また物資も豊富に揃っているため 必要なアイテムを集める時間を大幅に短縮できます。 初心者の方はまずこの降下地点を主軸に進むことをオススメします。 :BONE YARD 飛行機のスクラップが集まっている地点 BONE YARD。 サプライボックスや物資が多いだけでなく、スクラップが障害物となり身を隠しながらの戦闘にも向いています。 こちらも激戦区ではないため安全ではありますが、長く居座ると 遠距離からの狙撃や 2組のパーティに挟み撃ちにあうこともあるので必要な物資が集まればすぐに移動しましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回は初心者の方に向けてウォーゾーンを短期間で上達する方法をご紹介させていただきました。 はじめたての頃は誰でも早く倒されてしまうのは当然です。 ですが、ゲームをプレイしていると 自分なりの立ち回りや新しい戦略などを少しづつ考えて楽しむことができるので、いつの間にか強者プレイヤーになっている日も遠くはないでしょう。 このゲームをプレイされた方は、 ストーリーの本編である 『 Modern Warfare( モダン・ウォーフェア)』 もぜひプレイしてみてください。 特殊部隊チームの一員となって激しい銃撃戦を駆け巡る本作を体験してください! それでは戦場で会いましょう!.

次の