電話 かけ 放題 au。 auで、電話かけ放題みたいなプランあるじゃないですか。

【docomo・au・SoftBank】かけ放題のみのプランを3キャリアで比較

電話 かけ 放題 au

このページのもくじ• 最近では格安SIMでスマホ代がかなり安く使えるものの、完全な通話し放題が使える格安SIMは数少ないです。 なので通話 発信 が多い人の場合、2台持ちなど「完全かけ放題専用のガラケー ガラホ 」のニーズはまだまだあります。 更に上記は通話オプションの料金なので、ここにガラケー ガラホ の端末代や、インターネット接続料なども加算された金額が月額携帯代金として請求されます。 月額2,808円…やはりガラホはガラケーのように安く使うのは難しそうですね。 auとソフトバンクも似たような料金になるのでここでは省略 ワイモバイルで完全かけ放題の「通話専用ガラケー」にした時の料金 続いてワイモバイルでかけ放題の通話専用ガラケーを契約した場合の月額料金について見ていきます。 ワイモバイルは格安SIMに近いポジション 料金的にも ですが、ソフトバンクのグループ会社で実はガラホ 4Gガラケー も販売しています。 当然ワイモバイルではガラケー専用のプラン『ケータイベーシックプランSS』もあります。 ただし、上記の「ケータイベーシックプランSS」は使ったデータ通信分だけ料金が上がっていくので、少しでもデータ通信を行う場合には全くお勧めできません。 使わなければ0円ですが という事でどこの携帯会社で契約しても、ガラケーの完全かけ放題は3千円近くは料金が掛かる事が分かりました。 参考: 結構お勧めなワイモバイルの完全かけ放題+簡単スマホの組合せ また60歳以上の場合、ワイモバイルではこの『スーパー誰とでも定額オプション』が無料で永久利用可能な『60歳以上 通話ずーっと誰とでも無料キャンペーン』を実施しています。 個人的には使わないと言ってもGPSなどでも結構データ通信を使うので、この辺が現実的な組み合わせとしてお勧めできます。

次の

【docomo・au・SoftBank】かけ放題のみのプランを3キャリアで比較

電話 かけ 放題 au

最近の携帯電話は、「 通話機能+データ通信」という契約形態がデフォルトになっているといっても過言ではないだろう。 しかし、 通話しかしない人からすれば、データ通信は不要なうえ、データ通信の料金負担は大きい。 通話専用携帯として考える場合は、 いっそのことデータ通信自体を契約せずに、通話するのに必要最低限な基本料金と通話単価に焦点をあてて、契約するのが賢い方法といえる。 そこで、 おおむね安くあがる「ガラケー」を中心におすすめのプランなどを取り上げたいと思う。 なお、表記の金額はすべて税抜き、ユニバーサルサービス料は除いている。 また、掲載情報はすべて執筆当時における各キャリア公式ウェブサイトに準じたものではあるが、料金形態は変わりやすいので、実際の契約時には必ず各キャリアまたは販売代理店に確認するようにしてほしい。 docomoで通話専用携帯を契約するなら docomoでガラケー・通話のみで契約する場合、まずは3Gに該当するFOMAか、4Gに該当するXiで契約するかの二択になる。 通話専用携帯を考えてはいるものの、 通話時間が短い、あるいは受電がほとんどということであれば、かけ放題型のプランにする必要もないだろう。 その場合は、 FOMAで契約し、「バリュープラン」を活用するのが無難だ。 割安プラン 「 バリュープラン」は、さらにいくつかのタイプに分かれる。 タイプによって基本料金が決まり、それぞれ一定の無料通信分(通話も対象)が含まれる。 基本料金が高くなればなるほど無料通信分は増え、通話単価も安くなるという仕組みで、どれぐらいの頻度で通話をするのか考えてから選ぶことになる。 「 バリュープラン」各タイプの料金詳細は、次のようになっている。 【タイプ名:基本料金 無料通信分 :30秒当たりの通話単価】の順に記載• タイプSSバリュー:1,864円(1,000円分):20円• タイプSバリュー:3,000円(2,000円分):18円• タイプMバリュー:5,000円(4,000円分):14円• タイプLバリュー:8,000円(6,000円分):10円• タイプLLバリュー:13,000円(11,000円分)7. 5円 なお、 基本料金は「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割50」に加入することで、半額になるので、例えばタイプSSバリューを割引適用で使えば、実質的には 月額932円から使うことができる計算だ。 ただし、それぞれの割引は定期契約なので、 途中解約すれば解約金9,500円が必要になるので気を付けよう。 かけ放題プラン もし、かけ放題の類を適用したいのであれば、Xiで契約しよう。 特に、 国内通話を完全にかけ放題で使いたいのであれば、「カケホーダイプラン」を利用することになる。 「 カケホーダイプラン」は、定期契約にすることで 月額2,200円で使えるようになる。 もし 一回の通話時間が短いようであれば、5分以内の国内通話が無料になる「カケホーダイライトプラン」にすれば、定期契約にすることで月額1200円で使えるようになる。 なお、いずれの場合も 途中解約すれば解約金9,500円が発生するので注意しよう。 SoftBankの場合 通話専用としてSoftBankで契約する場合、 通話時間が短い、受電が多い、あるいはSoftBankどうしの通話が多いということであれば、ガラケーで「ホワイトプラン」を契約し、「ウェブ使用料」を付けないようにすれば、 月額934円(2年契約)で使えるようになり、かなりお得だ。 割安プラン 「 ホワイトプラン」は、 午前1時から午後9時までの間、SoftBankどうしの通話が無料になるメリットがあるので、通話専用にする場合では恩恵が大きい。 SoftBankどうしで無料時間外に通話した場合、または他社宛に通話した場合は20円/30秒になる。 かけ放題プラン もし、 SoftBank以外への発信が多いようであれば、かけ放題型のプランを選ぶと良いだろう。 スマ放題とスマ放題ライト SoftBankのかけ放題型プランには国内通話料無料の 「スマ放題」と、5分以内の国内通話料無料の 「スマ放題ライト」があるが、一つ注意が必要だ。 スマ放題の場合は「ウェブ使用料」の加入は任意なので外すことで節約できるが、 スマ放題ライトでは加入が必須なので外すことはできない。 従って、スマ放題でウェブ使用料を外せば 月額2,200円(2年契約)から利用できることになり、スマ放題ライトでは基本料金1,200円(2年契約)+ウェブ使用料300円の合計 1,500円からとなる。 注意点 なお、どんなプランであれ、 SoftBankでは、通話専用だからといって、スマートフォンで「ウェブ使用料」を外すことはできないので注意してほしい。 ガラケーだけの特権だと覚えておこう。 また、「 ウェブ使用料」を外すのには、細かな条件がついているので、実際にはキャリアに問い合わせるのが確実だろう。 いずれも2年契約にすることで基本料金が安くなっているが、やはり 途中で解約すれば解約金9,500円が徴収されてしまうので、気を付けよう。 auの場合 auの場合、 3G端末であれば、「プランEシンプル」を選び、「インターネット接続サービス」を付けないことで、基本料金 743円(「誰でも割」適用時)から利用することができるので、他に比べて安く感じる。 割安プラン 「 プランEシンプル」は、無料通話分の付与や一定の無料通話など、何も特典がつかない文字通りシンプルなプランだ。 とりわけ 受電ばかりというのであれば、非常にコスパが高いプランではあるが、発信においては一律20円/30秒なので、あまり魅力を感じないかもしれない。 もし、SoftBankのように、 同キャリア間での無料通話が欲しいのなら、「プランZシンプル」にしよう。 基本料金が 月額934円(「誰でも割」適用時)とわずか 191円プラスするだけで、午前1時から午後9時までの間、au間の通話が無料になる。 かけ放題プラン かけ放題型の場合、 4G端末では基本料金のみでの使用ができないため、やはり3G端末からプランを選択することになる。 この場合には、 「カケホ(3Gケータイ)」を選ぶと良いだろう。 月額2,200円(「誰でも割」適用時)で、国内通話がすべて 無料になる。 ただし、やはりここでも基本料金を抑えるために 「誰でも割」を適用するのが前提となるので、期間途中の契約解除には気を付けたいところだ。 ケースバイケースで使い分けよう 携帯電話を通話専用で使うとはいっても、どこのキャリアの何のプランが良いとは一概に言えないところだ。 なぜなら、 通話の頻度や時間、通話先によって、どれがおすすめかは変わってくるからだ。 Softbankとau向きのユーザー 例えば、 同キャリア間の通話が主なら、SoftBankの「ホワイトプラン」かauの「プランZシンプル」にするのが、圧倒的にコスパが高くなる。 一方で、 受電専門に使うのなら、基本料金をとことん下げたauの「プランEシンプル」にすると良いだろう。 docomoの「バリュープラン」は、ハイグレードのタイプにして使うのが効果的ではあったが、今では各社が提供するかけ放題に鞍替えするほうが、メリットが大きくなってきているようだ。 かけ放題は大差なし かけ放題の基本料金は、三社横並びで割引適用時 2,200円、途中解約金も仲良く 9,500円なので、どこを選んでも大差がないだろう。 携帯電話でほとんど通話しかしていないのなら、冒頭で述べたような「 通話機能+データ通信」という契約形態では、余計なお金を払っているといえる。 もし、通話しかしないのなら、 通話専用と割り切って契約を見直すことで、大きな倹約につながることをぜひとも忘れないでほしい。 ほんのちょっとのデータ通信なら、 データ通信専用の格安スマホと通話専用のガラケーを併用するのもおすすめだ。 ガラケーを手に入れるには? ガラケーを入手するなら、 中古ショップがおすすめだ。 キャリア店舗で購入すると非常に高くなっているからだ。 なので、おすすめの白ロム中古ショップを紹介したいと思う。 ダイワンテレコム 東京と大阪に店舗のある白ロムの販売店で、多くのケータイを取り扱っている。 『 安くて「安心」なケータイを探そう。 』というキャッチフレーズで安心な白ロムの販売を行っている。 午後四時までの申込で当日発送を行ってくれるというスピーディな対応が特徴。 配送は 全国一律500円で、10,000円以上の購入で送料無料となる。 ダイワン長期補償があり、Sランクの未使用品は出荷日から30日以内、A~Dランクは出荷日から21日以内に 動作不具合があった場合は交換や返金を行ってもらえる。 返品やキャンセルも可能で、破損、配送ミス、初期不良の場合は行ってくれる。 ホームページで買いたい商品の検索も簡単に行えるので、一度のぞいてみよう。 商品の価格一覧の一部を紹介する。 白ロム docomo M702is ネオブラック ランクC 4,980円• 白ロム docomo N-05A プラチナシルバー ランクD 2,800円• 白ロム docomo P-01H ダークメタル ランクS 18,800円• 白ロム au TORQUE X01 KYF33 レッド ランクS 31,800円• 白ロム au T008 フローズンブルー ランクC 1,680円• 白ロム au E07K シルバー ランクD 1,580円• 白ロム Softbank 202SH PANTONEWATERPROOF ブラック ランクA 4,800円• 白ロム Softbank 105SH ホワイト ランクC 2,800円• 白ロム Softbank 103P シルバー ランクD 2,080円 携帯市場 中古携帯専門店の携帯市場。 「 Webでも店頭でも安心して買える店」をモットーに販売している。 ガラケーの販売は別サイトとなっている。 「 ガラケー生活」というサイトで詳しく確認することができるので、一度ホームページを見てほしい。 携帯市場の一年保証がある。 保証対象は自然故障のみなので注意してほしい。 永久保証もあり、 通話通信規制がかかった場合、赤ロムだった場合は返金と交換の保証がある。 楽天の「 あす楽」に対応しているので、15時までの注文と入金が確認出来たら即日発送 してくれる。 ヤマト運輸の時間指定配達のサービスも利用できるので便利だ。 携帯市場ではガラケーのアクセサリも販売している。 ACアダプタの純正品も購入できるので安心して利用できる。 販売しているガラケーの価格一覧の一部を紹介したい。 白ロム docomo SH-03E ブラック ガラケー本体 3,480円• 白ロム docomo F-01E ブラック ガラケー本体 4,480円• 白ロム au E08T ブラック ガラケー本体 2,980円• 白ロム au E10K ブラック ガラケー本体 2,480円• 白ロム SoftBank 202SH PANTONEWATERPROOF ブラック ガラケー本体 3,980円• 白ロム SoftBank 105SH PANTONE4 ネイビー ガラケー本体 2,980円 エコモバイル エコモバイルは古物営業法に基づき、 公安委員会から許可を受けた正規の販売店。 中古品のガラケーに関してのプロフェッショナルたちが揃っている。 中古情報機器協会が認定した専用ソフトでデータを完全消去しているため、安心して利用することができるのだ。 キャリアショップより 30%以上の値引きをうたっており、最新モデルの未使用品でも安く買うことができる。 規制がかかったり、 購入してすぐの初期不良なども全額保証してくれるので万が一の場合でも安心だ。 エコモバイルオンラインショップでは、商品の詳細を確認することができる。 店舗でも直接確認できるが、オンラインでも見ることができるのは非常に便利だろう。 商品の販売価格の一覧の一部を紹介する。 白ロム docomo P-04A ブラック 本体のみ 5,980円• 白ロム docomo P-01H ホワイト 未使用品 17,980円• 白ロム docomo P-01G ピンク 5,980円• 白ロム Softbank COLOR LIFE5 WATERPROOF401PM ゴールド 未使用品 12,980円• 白ロム Softbank 822T ホワイト 1,980円• 白ロム Softbank 705Px ブラック 1,480円• 白ロム au PT003 シェルホワイト 4,980円• 白ロム au GRATINA2 グリーン 6,980円• 白ロム au PT003 ソルティミント 2,980円 通話専用のスマホを手に入れるなら? ガラケーではなく通話専用のスマホを購入しようとお考えなら、弊社が運営するを参考にしてみてはいかがだろうか。 スマホが売買できるフリマサイト スママは、スマホが売買できるフリマサイトで、 iPhone、 Xperia、 GALAXYなどが多数出品されている。 好みのスマホを簡単に探すことができるのだ。 品質チェック済みなので安心して購入しやすい 販売されている中古スマホは品質チェック済みで販売しているので、盗品や紛失品を購入してしまう心配がないことや 購入後の返金保証オプションもつけることができる。 除菌サービスもあるので、中古でもキレイな状態で購入することができ、新品より安くスマホ手に入れられるのだ。 まとめ 通話専用の携帯を大手三大キャリアで契約する方法もあるが、先ほど紹介したスママで中古スマホをゲットして、 格安SIMに乗り換えた方が月々の料金が安くなることもある。 もちろんキャリアには魅力的なプランがたくさん用意されているので、それぞれを比較した上で、自分にあった選択肢をしっかりと検討してみてほしい。 参考:• 参考:.

次の

mineoでんわサービス|通話オプション|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

電話 かけ 放題 au

例えば、宅配便の再配達受付、コンサートチケットなどの電話発売、企業のお問い合わせ窓口、TV番組の電話投票や応募、競艇のレース結果や実況をお聞きになるサービスなど。 当社以外が提供する電話サービスの利用にあたり接続する番号、機械的な発信等により、長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号などは定額通話の対象外となります。 A ベストアンサー 0120の番号で携帯電話やPHSなどからも受け付ける設定にしている場合は、受付されます。 0120の番号は着信者課金の番号ですから、発信者には料金がかかりません。 着信者には料金がかかります 携帯電話からの受付を出来ない設定にしている場合は、つながらない旨がアナウンスされます。 最近は、携帯電話でつながる番号を自動音声でアナウンスされている場合も多いです >そして携帯版の0120ってあるのでしょうか? あります。 と言うべきかありましたと言うべきか・・・・ フリーナンバーと言うNTTドコモのサービスがあります 090や080の番号以外に0120の番号が割り与えられます。 nttdocomo. html Q 現在ドコモユーザーで、auに乗り換えようと思ってます。 理由はよく通話をする友人たちがauで、au同士は無料通話が出来るということを聞いたからです。 *だとしたら、「指定通話定額」というサービスの意味は何なのか。 無料通話時間外 21時~1時に 頻繁に電話をする人向けのサービスですか? ちなみに友人たちはスマホだったりガラケーだったりです。 調べてもよく分からなかったので、よろしければ解答いただけると嬉しいです。 A ベストアンサー >*au同士は無料通話が出来るというのは、プランZに加入していないと適用されないのか。 4GLTE、もしくは、iPhone5の場合はLTEプランで、1~21時 の間はau携帯電話(フィーチャーフォン・スマートフォン関係なし) 相手であれば無料に成ります。 なので、掛ける方が無料に成れば相手が相応のプランにする 必要はないです。 >*だとしたら、「指定通話定額」というサービスの意味は何なのか。 「指定通話定額」とは、お書き通り、24時間通話したい人の為にある オプションです。 月390円でauの相手先が3件まで指定出来、その相手に掛ければ 24時間無料に成る…という事です。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の