くら 寿司 コロナ。 くら寿司で「アマビエ」と「アマエビ」が同時に流れる珍事発生 まさか狙った?広報に聞くと...(Jタウンネット)

くら寿司が「年収1000万円」で新卒募集するワケ

くら 寿司 コロナ

くら寿司の店舗(「Wikipedia」より) 新型コロナウイルスは、不振に陥っていた大手回転ずしチェーンの復活をも妨げている。 販売不振に陥っていた くら寿司は、3月の既存店売上高が前年同月比15. 5%減だった。 2%増と大幅プラスだった2月から一転、大幅マイナスとなった。 同じく販売不振の「 かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトは、2月の既存店売上高は8. 0%増だったが、3月は23. 1%減と大幅マイナスだった。 両社とも販売不振から脱却しつつあったが、新型コロナがそれを妨げている。 くら寿司は、長らく客離れに苦しんでいた。 既存店の客数は2019年10月期まで3年連続で前年を下回っていた。 既存店売上高は19年10月期が前年を下回った。 19年10月期は客数が12カ月すべてでマイナスとなり、売上高は11カ月がマイナスだった。 19年10月期の不振は19年2月に世間を賑わせた「バイトテロ」の影響が大きい。 アルバイト従業員がゴミ箱に捨てた魚をまな板に戻して調理しようとする様子が映った動画が拡散されて大問題となり、その後は客数と売上高が大きく落ち込むようになった。 それが今期に入ってからは、既存店売上高のプラスが目立つようになった。 19年11月が1. 1%増、20年1月が4. 8%増、2月が12. 2%増だった。 客数は依然としてマイナス傾向にあるが、客単価が大きく上昇し売り上げを押し上げているのだ。 客単価は19年4月~20年2月までの11カ月すべての月がプラスだ。 くら寿司は「1皿100円」という低価格を売りとしているが、19年3月から単価が高い旬の高級魚を使ったすしを期間限定で提供する「旬の極みシリーズ」を始めている。 第1弾には高級魚として知られるクエのすし「国産天然くえ」(税別200円)を発売した。 その後、同シリーズの名のもとに高単価のすしを毎月のように提供している。 最近では4月10日から「厚切り桜鯛」(同200円)と「特大生サーモン」(同200円)を販売している。 単価が高い商品の投入は、これだけではない。 19年9月から販売を始めた高級スイーツブランド「KURA ROYAL(クラ ロワイヤル)」も高単価だ。 第1弾として期間限定で発売した「たっぷり 完熟マンゴーパフェ」と「黒糖タピオカミルクティー」は518円(税込み)と、くら寿司としては高単価だ。 最近では4月10日から「まるごとマンゴーパフェ」を528円(同)で発売している。 こうした高単価のスイーツを2~3週に1度のペースで投入している。 高単価商品を積極的に投入したこともあり客単価が上昇し、売り上げを底上げしている。 また、新規出店効果もあり、くら寿司の19年11月~20年1月期の連結売上高は前年同期比7. 2%増の359億円と、大きく伸びている。 このように、くら寿司は業績が回復基調にあったわけだが、新型コロナの感染拡大で外出自粛が広がったことが影響し、3月の既存店売上高は大きく落ち込んだ。

次の

くら寿司が「年収1000万円」で新卒募集するワケ

くら 寿司 コロナ

回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司は3月19日から25日まで、総計3500人に無料でお持ち帰り寿司20貫と「ビッくらポン」の景品1個を提供する、「ネットで社長のジャンケン大会」を実施する。 「ネットで社長のジャンケン大会」は、新型コロナウイルスの影響による学校等の休校措置などの理由で、献立や食事の準備で困っている人を応援するための企画。 くら天然魚市場 大阪府貝塚市 で週末に定期的に実施している、田中邦彦社長が釣り上げた高級魚のセットなどを格安で購入できる「社長のジャンケン大会」が由来という。 くら寿司の公式webページ、公式SNS Facebook、Twitter 、スマートフォンアプリ、LINE から移動できる応募画面からジャンケン大会に参加。 ジャンケンに勝った人の中から、毎日抽選で500人に、お持ち帰り寿司「極旨人気10種セット」2人前 20貫 と「ビッくらポン」の景品1個をプレゼントする。 毎日13時にwebページで当選者を発表。 当選者は応募時に選択した店舗へ来店し、レジで当選したことを伝えることで商品を受け取れる。 応募の受付は10時~12時、受取時間は13時~18時。 各日500人、7日間で総計3500人に当たる。 「極旨人気10種セット」はくら寿司自慢の「熟成まぐろ」、脂のしっかりと乗った「はまち」や「サーモン」、食感が魅力の「えび」、だしが染み込み柔らかな「あなご」など、幅広い人気商品を詰め合わせた、お持ち帰り寿司のヒット商品だという。 〈平日・店内限定の「感動のくらランチ」がテイクアウト可能に〉 また、3月27日から4月5日までの期間限定で、通常は平日・店内限定の「感動のくらランチ」 17時まで を、「土日販売」と「お持ち帰り」に対応して販売する。 旬の天然魚に、うにやいくらなど新鮮な海の幸をふんだんに使用した「旬の海鮮丼」 税別500円 や、厳選したカルビで作る「牛カルビ丼」 税別500円 など全6種類。 「特製茶碗蒸し」か「あおさ入り赤だし」がついてくる。 なお、浅草ROX店では販売していない。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の

くら寿司「おうちdeくら」お持ち帰りセット6種発売、“寿司屋さんの帽子”付き、抽選で無料になる「お持ち帰り宝くじ」も(食品産業新聞社ニュースWEB)

くら 寿司 コロナ

くら寿司の店舗(「Wikipedia」より) 新型コロナウイルスは、不振に陥っていた大手回転ずしチェーンの復活をも妨げている。 販売不振に陥っていた くら寿司は、3月の既存店売上高が前年同月比15. 5%減だった。 2%増と大幅プラスだった2月から一転、大幅マイナスとなった。 同じく販売不振の「 かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトは、2月の既存店売上高は8. 0%増だったが、3月は23. 1%減と大幅マイナスだった。 両社とも販売不振から脱却しつつあったが、新型コロナがそれを妨げている。 くら寿司は、長らく客離れに苦しんでいた。 既存店の客数は2019年10月期まで3年連続で前年を下回っていた。 既存店売上高は19年10月期が前年を下回った。 19年10月期は客数が12カ月すべてでマイナスとなり、売上高は11カ月がマイナスだった。 19年10月期の不振は19年2月に世間を賑わせた「バイトテロ」の影響が大きい。 アルバイト従業員がゴミ箱に捨てた魚をまな板に戻して調理しようとする様子が映った動画が拡散されて大問題となり、その後は客数と売上高が大きく落ち込むようになった。 それが今期に入ってからは、既存店売上高のプラスが目立つようになった。 19年11月が1. 1%増、20年1月が4. 8%増、2月が12. 2%増だった。 客数は依然としてマイナス傾向にあるが、客単価が大きく上昇し売り上げを押し上げているのだ。 客単価は19年4月~20年2月までの11カ月すべての月がプラスだ。 くら寿司は「1皿100円」という低価格を売りとしているが、19年3月から単価が高い旬の高級魚を使ったすしを期間限定で提供する「旬の極みシリーズ」を始めている。 第1弾には高級魚として知られるクエのすし「国産天然くえ」(税別200円)を発売した。 その後、同シリーズの名のもとに高単価のすしを毎月のように提供している。 最近では4月10日から「厚切り桜鯛」(同200円)と「特大生サーモン」(同200円)を販売している。 単価が高い商品の投入は、これだけではない。 19年9月から販売を始めた高級スイーツブランド「KURA ROYAL(クラ ロワイヤル)」も高単価だ。 第1弾として期間限定で発売した「たっぷり 完熟マンゴーパフェ」と「黒糖タピオカミルクティー」は518円(税込み)と、くら寿司としては高単価だ。 最近では4月10日から「まるごとマンゴーパフェ」を528円(同)で発売している。 こうした高単価のスイーツを2~3週に1度のペースで投入している。 高単価商品を積極的に投入したこともあり客単価が上昇し、売り上げを底上げしている。 また、新規出店効果もあり、くら寿司の19年11月~20年1月期の連結売上高は前年同期比7. 2%増の359億円と、大きく伸びている。 このように、くら寿司は業績が回復基調にあったわけだが、新型コロナの感染拡大で外出自粛が広がったことが影響し、3月の既存店売上高は大きく落ち込んだ。

次の