ギター am。 Am(Aマイナー)コードの押さえ方

ギターのAmコードの押さえ方と構成音

ギター am

このページの目次• ギターコードとは コードとは、日本語で「和音」のことだ。 複数の音がきれいに調和するように、それぞれの弦を押さえ、いっぺんに音を鳴らす。 すると音が重なって美しい伴奏になる。 コードがあることで演奏に深みが生まれ、曲に色が付く。 「和音」というと難しく聞こえるかもしれないが、ギターコードは手の形さえ覚えてしまえば簡単にできるので、難しいことは考えなくて構わない。 この記事でも、複雑な説明は一切抜きにして、できるだけ分かりやすく解説している。 ここでは、まず初心者が覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。 それから、それぞれのギターコードをひとつずつ具体的に説明する。 注:ここで取り上げる「コードダイアグラム」の見方がわからないという場合は、別の記事に解説をする予定なので、そちらを参考にしてほしい。 初心者が最初に覚えたい5つのギターコード では、初心者が最初に覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。 以下の5つだ。 ・Cコード(シー・コード) ・Amコード(エイ・マイナー・コード) ・Dmコード(ディー・マイナー・コード) ・Gコード(ジー・コード) ・Em(イー・マイナー・コード) 読み方は通常のアルファベットと同じだ。 ただし、「m」は「マイナー」と読む。 「Am」なら「エイ・マイナー」だ。 では、1つずつ詳しく見ていこう。 Cコード(シー・コード) Cコードの押さえ方は以下の図の通りだ。 左側の数字は「弦の番号」、横の数字は「フレットの番号」、〇(丸)が「押さえる場所」で、〇(丸)の中の文字は「使用する指」を示している。 細かいことなので、あまり気にしなくても良い。 一度この通りに押さえてみて欲しい。 はじめは難しいかもしれない。 ポイントは 指先を使って、できるだけフレットの近くを押さえることだ。 押さえられたら、右手で6弦から順に弦を1本ずつ弾いてみて欲しい。 それですべての弦が鳴れば、Cコードはクリアだ。 Amコード(エイ・マイナー・コード) 次はAmコードだ。 Amコードの押さえ方は以下の図の通り。 この図をみて一度この通りに押さえてみて欲しい。 初めてでもそれほど難しくないかと思う。 実はこれ、 Cコードの薬指を3弦2フレットに移動するだけでできるのだ。 CコードからAmコード、AmコードからCコードへのコードチェンジ(押さえ変え)のときには人差し指と中指はそのままで、薬指だけを移動するとスムーズにつながるので覚えておくと良い。 point:CコードとAmコードの違いは薬指だけ!! ここまで問題ないだろうか。 どれも単純なコードばかりなので解説は短いが、もし難しい部分があれば急がずにゆっくり練習を重ねて欲しい。 Dmコード(ディー・マイナー・コード) 次はDmコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 これもAmコードと同じマイナーコードだ。 マイナーコードは一般的に「暗い響き」と言われる。 AmもDmも、やや暗い印象があるのを感じられるだろうか。 Dmは1・2・3弦だけを押さえるので、押さえにくく感じる方もいるかもしれない。 ポイントとしては、 親指をネック裏にしっかり回して、親指で6弦を掴むようにすると人・中・薬の三本の指が下方に下がり、押さえやすくなる。 Gコード(ジー・コード) 続いてGコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 今回取り上げている5つのギターコードの中では一番押さえにくいかもしれない。 1弦と6弦の間隔が広いので、指を大きく開く必要がある。 もし、上記の指の配置で難しいときは、自分のやり易いように、使用する指を変えてもよい。 筆者は「Cコードへのコードチェンジがスムーズにできる」という理由で上記の押さえ方をオススメしている。 薬指と中指の位置関係がCコードと同じだからだ。 この形のまま、押さえる弦だけ変えれば、Cコードへ簡単に押さえ変えられる。 Emコード(イー・マイナー・コード) 最後はEmコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 これは今回取り上げた中で一番簡単なギターコードだ。 たったの2本指でできてしまう(実はEmの系統で1本で押さえられるコードもある!)。 使用する指は自分のやり易いように変えても構わない。 これができれば、5つのギターコードはすべて完成だ! 初心者向けギターコードのまとめ 5つのギターコードをすべて弾いてみてどうだっただろうか。 中には弾きづらいものもあったかもしれないが、じっくり気長に取り組んで欲しい。 最初は誰でも難しく感じるが、時間をおいて挑戦すると、簡単にクリアできたりするものだ。 また、5つのギターコードが全て弾けたら、今度はこれら以外のギターコードを覚える必要も出てくる。 そのときはできるだけ、 お気に入りの曲の中で演奏しながら、繰り返し弾いて覚えると手っ取り早い。 とにかく楽しんで、楽な気持ちで練習することが上達への近道だ。 もっと他のコードも知りたいという方はを参考にしよう。

次の

初心者向けのギターコードはこれ!最初に覚える5つのこと

ギター am

Amコードのローコードの押さえ方 1弦・・・押さえません 2弦・・・人差し指で押さえます 3弦・・・薬指で押さえます 4弦・・・中指で押さえます 5弦・・・押さえません 6弦・・・ミュートして弾かないようにします Amのローコードは押さえるのが簡単なコードなので、初心者の方でも最初から綺麗な音で弾けるコードだと思います。 注意するとすれば、人差し指が1弦に触れないように気を付けた方がいいと思います。 Amコードのローコードの音 Amコードのハイコードの押さえ方 1弦・・・人差し指で押さえます 2弦・・・人差し指で押さえます 3弦・・・人差し指で押さえます 4弦・・・小指で押さえます 5弦・・・薬指で押さえます 6弦・・・人差し指で押さえます Amのハイコードはバレーコードになります。 ハイコードはほぼバレーコードになっています、慣れるまでは大変ですが一度弾けるようになると応用で他のコードも弾けるようになるので練習してみましょう。 Amコードのハイコードの音 Amコードの省略コード 1弦・・・人差し指で押さえます 2弦・・・人差し指で押さえます 3弦・・・人差し指で押さえます 4弦・・・ミュートして弾かないようにします 5弦・・・ミュートして弾かないようにします 6弦・・・ミュートして弾かないようにします 人差し指だけで弾ける弾き方なので簡単になっています。 Amコードの構成音 1弦・・・ミ 2弦・・・ド 3弦・・・ラ 4弦・・・ミ 5弦・・・ラ 6弦・・・無し Amコードのローコードはこのような音の並びになっています。 1弦・・・ラ 2弦・・・ミ 3弦・・・ド 4弦・・・ラ 5弦・・・ミ 6弦・・・ラ Amコードのハイコードはこのような構成になっています。 まとめ この記事で書いたこと ・Amコードのローコードの押さえ方 ・Amコードのハイコードの押さえ方 ・Amコードの構成音 Amコードのローコードは弾きやすいコードだと思います、最初はAmコード~Am7コードなどの練習をするのもおすすめです。 個人的にはAmコードは好きなコードです。 作曲時にAmコードから作り初めてみると、カッコいい曲になることが多いような印象があります。

次の

Am(Aマイナー)コードの押さえ方

ギター am

ペンタトニックスケールを覚えるとアドリブソロが弾けるようになります。 そして一度覚えたらパターンは無限大、アレンジし放題という魔法のようなポジションを示すのがこれ。 っで、このポジションですが、ギターの中にいくつもあって、全部覚えるのは大変だと思ったことありませんか? 私も初めてペンタトニックスケールを見たときは一つ一つ覚えようとしましたが、実はそんな大変な思いをしなくても簡単に覚えられる方法があったんです。 それは、 「スケールを4つのブロック」に分けること。 ブロック分けすることで、ややこしさが激減、スケールを覚えられない方もこれで解決できるかと思います。 この記事では難しい音楽理論はすっ飛ばして、ペンタトニックスケールに必要な情報だけを抜いて重要点だけをまとめています。 CのルートはC AmのルートはAというようにコードネームの左端の文字がルートです。 ちなみに複雑なコードでもルートは同じ。 一番最初に覚えるペンタトニックスケールの基本形 これがペンタトニックスケールの基本形になります。 これだけでもアドリブソロは弾けますが、どうせなら他のポジションの形も覚えておいたほうがバリエーションも増えますよね。 ということで、ギター全体を使ってアドリブソロが弾けるように、ペンタトニックスケールの他のポジションを4つのブロックにわけて覚えていきます。 ペンタトニックスケールを4つのブロックにわけて「形で覚える」 スケールは全体で覚えるよりブロックにわけて覚えるのがコツです。 キーも簡単に変えられる ギターのいいところはこれです。 CメジャーペンタトニックとAマイナーペンタトニックは同じスケール CメジャーとAマイナーのスケールはルートの場所が違うだけで同じ形になります。 下記の図を見てほしい。 4つのブロックで決まったポジションを好きなように弾いてみてください。 かっこいいフレーズが見つかれば覚えておいて、引き出しをどんどん増やしていくのもいいでしょう。 スケールの引き出しを増やすには?おすすめの教則本 今回紹介したスケールは一部です。 まだまだスケールを覚えて引き出しを増やしたい!という方におすすめの教則本をご紹介します。 書店へ行くとギタースケールの教則本は山ほどありますが、その中でも一つ気になったものを見つけました。 難しいフレーズ集や、ぎっしり細かい解説は飛ばして、とにかくシンプルに猛練習できるのが「1週間だけ猛練習 ギター・スケール運用法」という教則本。 1週間だけ猛練習 ギター・スケール運用法ってどんな本? タイトルの名の通り1週間猛練習して1スケール覚えるというシンプルなテーマ。 合計21スケールになります。 第一章はペンタのみひたすら猛練習し、ステップアップしたら次へ、最終的に「曲中でフレーズを弾く」という流れ。 どういうシーンで、どんなスケールを使用するか詳しく記載されていますが本格的なスケール理論や簡単なコード理論は自分で勉強する必要があり、脱初心者用の教則本となっています。 ネットでググればだいたいわかる程度 この教則本はこんな人におすすめ ・アドリブの引き出しを増やしたい人 ・アレンジの幅を広げたい人 ・理論は無視してスケールを覚えたい人 というように、とにかくスケールを覚えてアドリブで弾きたい人のための本です。 いくつかの用意されたフレーズを弾いてるうちに自然とポジションを覚えていくといった感じですね。 この教則本が向いてない人 ・スケールの理論を詳しく知りたい人 ・美しいメジャーなフレーズを弾きたい人 メタルなマイナー系が多い 理論よりもフレーズを猛練習して覚えるという感じなので理論を勉強したい人には不向きです。 またメジャーなフレーズはなく、ヘビーメタル系が多い。 インターネットで調べるのと教則本どっちがいい? どちらでもいいと思います。 今やググれば必要な情報をたくさん得ることができます。 ギターのスケール、フレーズ集など探せば自分の身につく解説サイトに行きつくかもしれません。 一方、教則本は、それに特化してるため効率よく学ぶことができます。 本の1ページから順番に見ていくだけで上達できるのは楽ですよね。 インターネットで調べるのは無料ですし、お金はかからない分、自分で調べないといけないのは少し面倒。 教則本はお金がかかるものの、シンプルに読み進めていけば間違いない。 ギターの先生がそばにいるようなものと思ってください。 まとめ いかがだったでしょうか?スケールと聞くとなんだか難しそうなイメージですが、簡単な理論とポジションさえわかれば後は技術を磨いていくだけです。

次の