アクト ウイスキー。 【価格.com】ウイスキー

【価格.com】ウイスキー

アクト ウイスキー

サントリー山崎蒸溜所の山崎ウイスキー館が2016年1月13日、リニューアルオープンしたことはだが、オリジナル商品を多数そろえるギフトショップの存在を思い出してほしい。 なんと、ショップには定番商品はもちろん、その場でしか買えない貴重な逸品がズラリなのだ! 記者がショップスタッフに教えてもらいながら独断と偏見で「これはイイ!! 」と思うものを選んでみたので、紹介したい。 ウイスキーをあまり飲み慣れていない人に良さそうだ。 不安であれば館内のテイスティングカウンターで試飲(有料)できるので、まずそこで飲んでみるといいだろう。 尚、生産量が限られているので1人1本の購入と決められている。 記者も大切にちょこっとずつ飲んでいるぞ。 1缶にキャラメルショコラ味と抹茶味のクッキーが8個ずつ入っている。 クッキーは1つひとつのキメが細かく、重量感たっぷり。 袋を開けるとフワっと香るキャラメルやカカオ、抹茶のにおいが体に染みる……。 コクはあるがしつこくなく、とっても上品な味わいだ。 コーヒーともよく合うに違いない。 クッキー自体にウイスキーが入っている訳ではないので子どもにもぴったりだ。 チョコレートとウイスキーの組み合わせはよくあるが、クッキーとな!? どんなマリアージュを見せてくれるのか想像がつかないYO! 百聞は一見に如かずということで、さっそく実践だ。 ウイスキーのさっぱりとした風味がクッキーの香ばしさと甘みにジワっと調和していく感じだ。 このほかギフトショップには限定のチョコやおつまみ、ウイスキーなどが盛りだくさん。 ウイスキー樽を再利用した文房具もある。 ぜひ足を運んで、自分にぴったりの一品を見つけてくれよな! ・今回ご紹介した商品を購入できる店舗の詳細データ 店名 サントリー山崎蒸溜所 山崎ウイスキー館ギフトショップ 住所 大阪府三島郡島本町山崎5の2の1 時間 10:00〜16:45(最終入館16:30) 定休日 年末年始、工場休業日(臨時休業あり) Report: Photo:Rocketnews24.

次の

完売必至!?世界から注目されるウイスキー「イチローズ・モルト」って?

アクト ウイスキー

経歴 [ ] 1965年、江戸時代から続く日本酒のの21代目として秩父市で生まれる。 祖父は羽生蒸溜所を運営していたの設立者。 肥土には当初家業を継ぐ意思はなかったが、自分の希望していた大学には受からなかった一方で父の勧めで受けたに合格。 入学してを専攻した。 大学卒業後はに入社する。 父からは「戻ってこないつもりで仕事しろ」と言われており、肥土本人も定年まで勤め上げるつもりだった。 での勤務を希望していたが、ウイスキーの技術者には修了者のみを採用していたため断念。 東京と横浜で営業職を経験し、業績表彰を2回受けた。 仕事は充実していたが、「本当はものづくりをしたかった」という想いが募っていた29歳の時、東亜酒造の経営が傾き、父から家業を手伝うよう要請され、それに応える形で実家に戻った。 2000年に東亜酒造は経営破綻しを適用し、翌2001年に父親から経営を譲り受け社長に就任するも業績は回復せず、2003年に同社をに売却することを決定する。 しかし、日の出通商はウイスキー事業からの撤退を決断し、東亜酒造の羽生蒸溜所にあったウイスキー原酒は期限付きで引き取り手が見つからなければ廃棄されるという決定が下る。 羽生蒸留所のウイスキー原酒に将来性を見出していた肥土はウイスキー原酒を引き取ってくれる企業を探しつづけ、ついにはのからの援助を取り付けた。 笹の川酒造には貯蔵庫の提供を受け、原酒の購入は親戚から資金の支援を受けた。 2004年、東亜酒造は日の出通商グループ入りし、肥土は同社から離れ、9月に秩父市にベンチャーウイスキー社を設立。 肥土は技術指導者として笹の川酒造に通い、2005年春には、笹の川酒造にあるウイスキーを「イチローズモルト」として商品化した。 2006年、東京都内のバーでの役員であった坂本恭輝と出会った事をきっかけに、同社の稼働停止中だったで技術習得をする機会を得てウイスキー原酒を蒸留した。 その後、同蒸留所のモルト・マスターであった内堀修省をメルシャン退職後に秩父蒸留所のチーフ・ディスティラーとして招聘したほか、研修の際に蒸留した軽井沢産の原酒をメルシャンから買い取り、2020年時点で秩父蒸留所の貯蔵庫で熟成されている。 また2007年にはのベンリアック蒸留所でも研修を受けた。 2007年11月、ベンチャーウイスキー秩父蒸溜所が完成。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 現代ビジネス. 講談社 2013年3月6日. 2017年2月13日閲覧。 NIKKEI NET 2007年. 2008年12月13日閲覧。 かがり火. 2020年3月16日閲覧。 SankeiBiz(サンケイビズ). 2018年6月14日. 2020年3月16日閲覧。 時間デザイン. 2020年3月16日閲覧。 夢我人 2007年12月25日. 2008年12月13日閲覧。 ベンチャーウイスキー 初出年不明. 埼玉県創業・ベンチャー支援センター. 2008年12月13日閲覧。 日刊スゴい人! 2018年1月12日. 2020年3月16日閲覧。 事業構想 2013年11月号. 2020年3月16日閲覧。. 夢我人 2007年12月25日. 2008年12月13日閲覧。 埼玉県創業・ベンチャー支援センター 2005年. 2008年12月13日閲覧。 ステファン・ヴァン・エイケン 2016年1月8日. WHISKY Magazine Japan. 2017年3月25日閲覧。 ステファン・ヴァン・エイケン 2016年1月15日. WHISKY Magazine Japan. 2017年3月22日閲覧。 夢我人(株式会社エヴォルブド・インフォ). 2017年3月25日閲覧。 [チャレンジャーズ2020 ベンチャーウイスキー 肥土伊知郎社長 6 自前蒸留所 夢見て奮闘] 読売新聞 2020年3月28日 外部リンク [ ]• - 肥土伊知郎のインタビュー記事• - 肥土伊知郎を特集したテレビ番組 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

初心者はまず世界5大ウイスキーを飲みましょう

アクト ウイスキー

沿革 [ ] 設立まで [ ] ベンチャーウイスキーは設立者の孫である が設立した企業である。 肥土の父が経営していた東亜酒造は2000年に経営不振によりを申請し、2001年に肥土は父から経営を譲り受けた。 しかし業績は回復せず2003年にへの営業譲渡を決定した。 この際、日の出通商はウイスキー事業からの撤退を決断し、東亜酒造の蒸溜所にあったウイスキー原酒は引き取り手が見つからなければ廃棄するとの決定を下した。 廃棄予定のウイスキー原酒の中には20年近く熟成を重ねていたものが400樽あった。 これらの原酒について、従業員たちは「クセが強くて売りにくい」として過小評価していたが、肥土は「面白みのある味」だと感じ、将来性を見出していた。 日の出通商の方針に我慢のならなかった肥土は独立を決意し、原酒の保管場所を提供してくれるウイスキーメーカーを自ら探すことにした。 しかし当時ウイスキーは「時代遅れの酒」とみなされ売上が低迷しており、在庫の削減に取り組むメーカーが大半で、引き取り手探しは難航する。 それでも奔走し続けた結果、ついにからの協力を得ることに成功し、貯蔵庫を間借りさせてもらえることになった。 この時、笹の川酒造社長の山口哲蔵からは、長い時間をかけて熟成させた原酒を捨てるのは「いちメーカーだけでなくて業界の損失」であり「時間の損失」だ、と言われたという。 肥土は山口に、この原酒をベースにウイスキーを造り上げ、自ら売り切ることを約束した。 2004年、東亜酒造は日の出通商グループ入りし、肥土は同社を離れ、羽生蒸留所の原酒や自前で蒸留した原酒を使用するウイスキー「イチローズモルト」の製造・販売を目的に、9月にベンチャーウイスキーを設立した。 羽生蒸留所ウイスキーの販売開始 [ ] 羽生蒸留所の原酒を使用した最初のイチローズモルトは2005年5月に笹の川酒造でワインボトル600本に瓶詰された。 1本あたり税抜きで1万3500円という価格設定であり、当時まだ無名だった銘柄のウイスキーとしてはかなり高価なものだった。 これを売るには、ブランドではなく味で評価をしてくれるで扱ってもらう必要があると肥土は考えた。 そこでおよそ2000軒のバーに営業を行い、2年かけて600本を売り切った。 秩父蒸留所の稼働開始 [ ] 新商品の開発を進めながら2007年にベンチャーウイスキー初の自前の蒸留所となる秩父蒸留所を完成させた。 秩父を選んだ理由として肥土は、自らの故郷であり支援してくれる人々がいたこと、更になどが江戸時代から日本酒を造ってきた地であり、酒造りに適した環境であったことを挙げている。 2008年2月に秩父蒸留所でのウイスキーの製造免許を取得して蒸留を開始した。 チーフ・ディスティラーには、2006年にので研修した際に知り合った、同蒸留所のモルト・マスターであった内堀修省を招聘した。 なおこの研修の際に蒸留した軽井沢産の原酒も、2020年3月時点で秩父蒸留所の貯蔵庫に収められている。 2011年、秩父蒸留所で蒸留した原酒を使った最初のモルトウイスキー「秩父 ザ・ファースト」を7400本出荷し、国内分、国外分ともにその日のうちに完売した。 2012年2月、秩父 ザ・ファーストはジャパニーズウイスキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。 秩父蒸留所の原酒を使用した銘柄は『ウイスキーマガジン』が主催する「」で2017年から4年連続で世界最高賞を受賞している。 2017年は「イチローズモルト 秩父ウイスキー祭2017」が「シングルカスクシングルモルトウイスキー部門」にて、2018年と2019年と2020年はそれぞれ「イチローズ モルト&グレーン リミテッドエディション ジャパニーズブレンデッドウイスキー」と「イチローズモルト&グレーン ジャパニーズブレンデッドウイスキー リミテッドエディション2019」と「(同左)2020」が「ワールドベスト・ブレンデッドウイスキー・リミテッドリリース部門」にて、世界最高賞を受賞した。 第2蒸留所の稼働開始 [ ] 2018年4月、秩父蒸留所から400m離れた土地に新たな貯蔵庫付きの第2蒸留所を着工し 、2019年7月に試験稼働、同年10月から本格稼働を開始した。 第2蒸留所の秩父蒸留所からの変更点は、発酵槽を国産材からフレンチオーク材に変えたこと、を蒸気による間接式加熱から、難易度は高いが個性が生まれやすいガスによる直火式加熱に変えたことなどである。 当初の第2蒸留所の1日当たり純アルコール換算生産量は800リットルと秩父蒸留所の160リットルの5倍であり、将来的に2シフト制にすることで10倍の1600リットルとし、5年後をめどに19年3月期比で倍の20億円の売り上げを目指している。 また将来的に、秩父産のを使用した原酒を秩父産のミズナラ樽で熟成させたオール秩父産のウイスキーを実現させたいとしている。 年表 [ ]• 2004年 - 9月 に設立。 2007年 - 11月 秩父蒸溜所が完成。 2008年 - 2月 秩父蒸留所でのウイスキーの製造免許を取得し稼働開始。 2011年 - 秩父蒸留所で蒸留した原酒を使用した最初のモルトウイスキー「秩父 ザ・ファースト」を発売。 2019年 - 10月 第2蒸留所の稼働を開始。 ノンチルフィルタード(無冷却濾過)、ノンカラー(無着色)。 アルコール度数46%。 3780円。 ダブルディスティラリーズ 羽生蒸留所のパンチョン樽を主体としたシェリー樽原酒と秩父蒸留所ミズナラ樽原酒を使用しており、2つの蒸留所(ディスティラリー)の原酒を使用した事に名を由来する。 ノンチルフィルタード(無冷却濾過)、ノンカラー(無着色)。 アルコール度数46%。 6480円。 「WWA2009」ベストジャパニーズブレンデッドモルト(ノンエイジ部門)受賞。 MWR(ミズナラウッドリザーブ) 発売当初は羽生蒸留所の原酒をキーモルトに、複数の蒸留所のモルトをブレンドしミズナラ樽で再熟成した事が謳われていたが、2018年時点では公式には羽生蒸留所の原酒の使用が記載されていない。 ピートの強い原酒を多く使用。 ノンチルフィルタード(無冷却濾過)、ノンカラー(無着色)。 アルコール度数46%。 6480円。 「WWA2010」ベストジャパニーズブレンデッドモルト(ノンエイジ部門)受賞。 ワインウッドリザーブ 発売当初は羽生蒸溜所の原酒をキーモルトに、数種のモルト原酒をブレンド、勝沼ワイナリーで使用されていたフレンチオーク製の赤ワイン樽で後熟した事が謳われていたが、2018年時点では公式には羽生蒸留所の原酒の使用が記載されていない。 ノンチルフィルタード(無冷却濾過)、ノンカラー(無着色)。 アルコール度数46%。 6480円。 「WWA2011」ベストジャパニーズブレンデッドモルト(ノンエイジ部門)受賞。 全てシングルカスク、カスクストレングス(無加水)、ノンチルフィルタード(無冷却濾過)、ノンカラー(無着色)であり、各数百本の限定出荷であった。 2019年8月16日に香港のオークションで全54本が揃った1セットが約1億円で落札され話題となった。 同時点でシリーズ全54種が揃ったセットは世界で4セットしか確認されていないという。 なお社長のはこの超高額落札について、「仰天した」「高い評価はありがたい」としつつも、「飲み物の値段ではなくなっているように感じました」「飲んでもらえるかどうかが心配」「提供しているものはウイスキーそのものというより『ウイスキーを飲む体験』です。 ウイスキーを飲みながら、一日の疲れを癒したり、気の置けない人たちと特別な日を過ごしたりという体験のなかに参加させてもらっているのがウイスキーという存在だと思っています。 そんな時間をみなさんで愉しんでいただくことが私たちの願いです」と語り、複雑な心境を吐露した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 秩父市市長室広報広聴課 2009年5月. 2011年11月23日閲覧。 埼玉県創業・ベンチャー支援センター 2005年. 2008年12月13日閲覧。 240 2020年2月号、• NIKKEI NET 2007年. 2008年12月13日閲覧。 時間デザイン. 2020年3月16日閲覧。 埼玉県公式ホームページ. 埼玉県庁 2019年9月4日. 2020年3月16日閲覧。 Grateful-Japan 2019年11月11日. 2020年3月16日閲覧。 事業構想 2013年11月号. 2020年3月16日閲覧。. かがり火 180号. 2020年3月26日閲覧。. NECフィールディング 2016年9月29日. 2020年3月16日閲覧。 日刊スゴい人! 2018年1月12日. 2020年3月16日閲覧。 SankeiBiz(サンケイビズ). 2018年6月14日. 2020年3月16日閲覧。 osica MAGAZINE. 2020年3月16日閲覧。 HIDE OUT CLUB Magazine 2018年2月19日• ステファン・ヴァン・エイケン 2016年1月8日. WHISKY Magazine Japan. 2017年3月25日閲覧。 ステファン・ヴァン・エイケン 2016年1月15日. WHISKY Magazine Japan. 2017年3月22日閲覧。 夢我人(株式会社エヴォルブド・インフォ). 2017年3月25日閲覧。 現代ビジネス. 講談社 2013年3月6日. 2017年2月13日閲覧。 Whisky Advocate. 2020年3月16日閲覧。 2017年4月4日. 2017年4月5日閲覧。 埼玉新聞. 2018年3月30日. 2020年3月16日閲覧。 埼玉新聞. 2019年4月3日. 2020年3月16日閲覧。 東京新聞 2020年3月30日• ステファン・ヴァン・エイケン「」『WHISKY Magazine Japan』、2019年5月27日。 2020年2月11日閲覧。 ステファン・ヴァン・エイケン「」『WHISKY Magazine Japan』、2019年5月30日。 2020年2月11日閲覧。 「」『東京新聞』、2018年8月1日。 2020年2月11日閲覧。 の2018-08-01時点におけるアーカイブ。 時事通信 2019年8月17日• Grateful-Japan 2019年11月25日. 2020年3月26日閲覧。 日本経済新聞. 2019年8月18日. 2020年3月26日閲覧。 関連項目 [ ]• - 東亜酒造が廃棄処分する予定だった原酒を引き受けた。 外部リンク [ ]• - (2005年1月27日アーカイブ分) - ベンチャーウイスキー社長 肥土伊知郎のウェブサイト• - この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の