ボーナス 公務員 何ヶ月分。 賞与は平均で何ヶ月分?計算方法とボーナス支給額に増減のトリック

【最新】公務員の夏・冬ボーナス平均支給額と支給日について

ボーナス 公務員 何ヶ月分

Contents• 公務員のボーナスの支給基準 厳密に言えば、公務員に、ボーナスは存在しません。 公務員の場合は、• 「期末手当」• 「勤勉手当」 の合計が、民間企業に勤めるサラリーマンのボーナスと同じ意味になります。 そして、この2つの手当額は、毎年8月に人事院が出す「人事院勧告」によって決定します。 この「人事院勧告」は、「国家公務員と民間企業従業員の給与水準を均衡させる」ことを目的にしており、 端的に言えば、「公務員の給料は、民間企業で働くサラリーマンの給料と同じにしなさい」ということを決めています。 具体的には、国家公務員の4月分の給与と、民間企業(企業規模50人以上等の条件あり)の4月分の給与と前年8月からその年7月までに支給されたボーナスを比較し、民間の基準に合わせるよう、国家公務員給与の水準を改定、俸給制度・諸手当制度の見直しを行っています。 比較対象となる給与は、同じ条件(仕事の種類、役職段階、学歴、年齢等)の給与とされています。 これらを人事院勧告とし、この結果をもとに給与法が改正されています。 もちろん、人事院勧告では、国家公務員のボーナスだけではなく、給与も決まることになります。 公務員は、ストライキなどを実行する「争議権」が認められていない代わりに、民間企業の平均に合わせるように措置がなされるわけです。 主な支給地域をまとめた表になります。 基本的に、都会ほど地域手当が高く、田舎ほど低くなっています。 東京都内でも自然が豊かな地区もあればビルしかないような地区もあります。 あくまで主な地域ですので、この表に載っていない都市(西宮市など)もあります。 もちろん、都道府県も一律なところと配属地域によって変動させているところとがあります。 地域手当は最低賃金でも差があるように、物価に合わせて定期的に見直されています。 要は、ど田舎と東京のど真ん中では家賃などの物価が全然違いますから、その調整額だと考えてください。 単純にいえば、人口がほとんどいない田舎の公務員と東京都職員とでは月収、ひいては年収が20%程度違ってくるということです。 扶養手当 扶養手当は、配偶者や子供を養うための補助費用です。 国家公務員では、配偶者が6,500円、子供が10,000円です。 東京都では、配偶者が5,000円、子供が10,000円です。 各自治体によって異なりますが、国では、配偶者の手当を下げ、子供の手当を上げる方針になっています。 東京都の職員で考えるボーナスの基準額 例えば、、、 東京都の職員で月の給料が30万円 家族構成は、配偶者、子供1人、だとすると、• 5万円となります。 この給与をボーナス支給月数にかければ、ボーナスの支給額となります。 5月=約168万円が年間のボーナスの支給額となります。 ただし、あくまで額面であり、手取りではありません。 2019年のボーナス(夏・冬)は給料の何ヶ月分? 2019年のボーナス支給基準は、2018年8月人事院勧告で以下の表のように決定しています。 夏、冬ともに• 期末手当 1. 30月• 勤勉手当 0. 925月 と決まっており、合計で、給料の2. 225ヶ月分が夏と冬にボーナスとしてそれぞれ支給されます。 令和元年からは、期末・勤勉手当は同月数となっています。 年間ですと、2. 45ヶ月が支給されます。 しかし、これにはカラクリがあります。 厳密に言えば、2019年の給与を決めるのは、2019年8月の人事院勧告です。 その勧告によれば、ボーナスは年間4. 5ヶ月支給するよう勧告がなされています。 なんと、0. 05月のアップという勧告がされました。 2018年のボーナス支給月数 4. 45月• 2019年のボーナス支給月数 4. 50月 しかし、夏のボーナスは既に2019年6月に支給されてしまっていますので、2. 25-2. 025月分の差額がうまれてしまいます。 その差額の補填方法は、ボーナスは冬にまとめて、というパターンが多いです。 つまり、冬のボーナスは、2. 275月 の支給になると思われます。 なお、ここでは一般の職員の場合の支給月数と規定されているのは、課長級以上の管理職は評価制が導入されており、実績によってこの月数が変更されるからです。 最高評価で2. 5月、最低評価で2. 0月といった具合です。 公務員は成果主義ではありませんが、人事評価によって年収が異なります。 つまり、同じ経歴、同じ年齢の同期であっても、評価によっては年収が違ってくるということです。 勤務評定は1年ごとに通知され、その結果、ボーナスや基本給が変わります。 ただし、これは自治体によるところが大きく、 自治体によっては人事評価制度を導入していないところもあります。 一方、管理職に限らず、一般職員にも評価制が導入されている自治体もあり、本当に様々です。 ボーナスは変動するが基本給は変わらないというのが標準ではあると思いますが、 今後は公務員も仕事を評価される時代になってくることは間違いありません。 2019年夏のボーナス平均支給額 2019年6月28日に支給された国家公務員の期末・勤勉手当の平均支給額(ボーナス)は、 67万9100円(内閣人事局の発表)となりました。 平均年齢は35. 5歳です。 この金額には、課長級以上の管理職を除く一般行政職の金額です。 国家公務員の算定には管理職を除くことで地方公務員よりも低く見せるところがにくいところ・・・ では、民間企業はというと・・・平均支給額は83万9844円(日本経済新聞社調査:上場企業など580社が対象)でした。 単純に比較すると、大きな差があるように思えますが、民間企業や地方公務員は管理職を含んだ額で公表されますので、実は国家公務員の方が貰っている可能性も往々にしてあります。 2019年冬のボーナス平均支給額 公務員は、1年に1回の昇給査定を行い、その昇給は7月の給与、ボーナスから反映されます。 つまり、夏より冬のほうがボーナスが多いことになります。 これまでは、夏<冬だった支給月数ですが、令和元年から、夏=冬となり、同じ支給月数となっています。 05月数のボーナスアップが確定していますので、冬にまとめて支給 これらから、2019年の冬のボーナス平均支給額は、約70万円と予想されます。 (参考)2018年冬のボーナス(平成30年12月期の期末・勤勉手当)の平均支給額は約71万円 2020年夏のボーナス平均支給額 国家公務員の2020年の夏のボーナスは、管理職を除く平均支給額が、約68万100円となり、 昨年と比べ約1,000円、率にして約0. 1%上昇しました。 これは、昨年の法改正によって夏と冬の支給配分が見直され、 夏のボーナスが0. 025か月分、増えたためです。 なぜ、公務員だけ?民間は苦しいのにと思われるかもしれません。 新型コロナの影響は何も民間企業に限った話ではなく、公務員にも当然影響があります。 しかし、それは、少し先のことです。 2020年の夏のボーナスについては、予定通り満額支給とせざるを得ません。 なぜなら、昨年度の人事院勧告通り支給するしかないからです。 詳しくは以下の記事に記載していますが、 >>>「」 今年度の人事院勧告は新型コロナの関係で調査が遅れ、まだ勧告がでていません。 とはいえ、減額勧告の可能性が高く、 結果として、2020年の冬のボーナスで減額されるものと考えます。 公務員のボーナス支給日はいつ? 国家公務員と地方公務員のボーナス(期末手当、勤勉手当)の支給日は、• 夏 6月30日• 法律が変わらないかぎり、支給日は変更されることはありません。 毎年毎年、同じ日です。 2019年のボーナス支給日については、6月30日が日曜日、12月10日が火曜日ですから、• 夏 6月28日(金)• 冬 12月10日(火) となります。 2020年のボーナス支給日については、6月30日が火曜日、12月10日が木曜日ですから、• 夏 6月30日(火)• 冬 12月10日(木) と法律通りの日ですね。 土日は役所(というよりは銀行)が休みです。 給与やボーナスを振り込むのも仕事ですから、平日に振り込まれることになります。 そのため、当該日が土日の場合は、直近の金曜日になるというわけです。 トラブルがあった場合、休みでした、対応できません、では話になりません。 車や家を買う際のローン返済にボーナスを担保にしている人も多いですから。 冬はお正月がありますから、長期的に休むことも考慮して、夏よりは支給額が早くなっています。 ボーナスの基準日 支給日と基準日は別物です。 基準日は、ボーナスを支給する基準を規定した日です。 要は、• 夏 6月1日• 冬 12月1日 に在職する職員に対してのみ支給されます。 逆に言えば、この基準日まで在籍しないと、基本的にはボーナスが満額支給されません。 (基準日前1か月以内に退職や死亡した職員にも支給) つまり、• 6月1日~12月1日までの期間にボーナス支給基準に達していれば、12月10日に満額支給• 12月1日~6月1日までの期間にボーナス支給基準に達していれば、6月30日に満額支給 支給基準といっても、普通に働いていれば満額支給です。 例えば、病気で入院していたり、子供を育てるために育児休暇を取得して休職していた期間などは働いていないことになりますので、その期間分のボーナスが下がります。 (単純にいえば)6月1日から9月30日までの3ヶ月間を休職し、10月1日から12月31日まで3ヶ月間働いたとすれば、ボーナスは半分しかもらえないということです。 公務員のボーナスはあくまで手当であり、成果ではないことが背景にあります。 新規採用職員の最初の夏のボーナスは10万円程度 このことから、公務員の1年目の夏のボーナスは、満額支給されません。 4月1日に採用されてから基準日の6月1日までは2か月しか勤務していませんからね。 (単純に勤続日数に比例するわけではないからです) 経験からすれば、公務員で10万円支給されれば平均以上です。 ひと昔前はボーナスが年に3回あった 余談ですが、公務員は3回ボーナスが貰えた時代があります。 とはいっても、支給回数が増えていただけで、今と支給額は変わっていませんが。

次の

ボーナスとは何か?算出方法と支給日について

ボーナス 公務員 何ヶ月分

公務員のボーナスは夏と冬の年に2回支給されます。 民間企業だと年に3回とか4回ボーナスが出るという会社もありますが、公務員は2回です。 支給日は、• 夏ボーナス 6月30日• 冬ボーナス 12月10日 上記の日が休日の場合は前日に支給されます。 だいたい何ヶ月分あるの? 2018年 4. 45ヶ月分 2017年 4. 40ヶ月分 2016年 4. 30ヶ月分 2015年 4. 20ヶ月分 これを見ると毎年 ちょっとずつ増えていってます。 45ヶ月分も貰えるなんて地方都市の企業だと滅多に見かけません。 これより多い民間企業はもちろんあると思いますが、これより少ない民間企業の方が圧倒的に多い気がします。 こうして見てみると、公務員は 安定していて、特に地方だと良い職業です。 すごいですね(笑) おそらく若手はこんなにもらってないでしょうけど、それでも羨ましいです。 ちなみに 2. 195ヶ月分だそうです。 ちなみに民間企業の平均は? 上場企業が対象の日経新聞の調査では、全産業の平均支給額が 約84万円。 もらってる人はもらってるんですね。 地方都市のハローワークに載っているような会社だと、ボーナスは寸志か1ヶ月分がせいぜいです。 私の周りでも84万円なんてもらってる人は皆無です。 【特別職】特にボーナスの額が大きい公務員• 最高裁長官 約570万円• 衆参両院議長 約530万円• 国会議員 約310万円 特別職の人たちのボーナスはこんな感じです。 公務員の初ボーナスのおすすめの使い道3選 せっかくなので初ボーナスは貯金するよりも使ってしまうことをおすすめします。 新卒で公務員になった人なら人生で初めてもらうボーナスですから嬉しさも大きいでしょう。 僕がおすすめする使い道3選をどうぞ。 1位:両親に感謝の言葉と共にプレゼント まあ鉄板の使い道です(笑) これまでの感謝の言葉と共に、豪華な食事や旅行、バッグやネクタイなど何でも良いですけどプレゼントしてみるのは一番良い使い道だと思います。 2位:自己投資 自分に投資できるものに使うのもアリです。 もしくは生活が便利になったり時短になるもの。 本を大人買い• セミナーに行ってみる• ドラム式洗濯機(乾燥機能付き)を買う• 車を買う• 旅行に行く 個人的にはルンバとかおすすめです。

次の

公務員のボーナスが夏冬で4.45ヶ月分支払われてる状況の裏にある巧妙なトリック

ボーナス 公務員 何ヶ月分

スポンサーリンク 2020年、国家公務員の夏のボーナスは何ヶ月分? 結論から言いますと、2020年の夏のボーナスは以下の通りです。 夏のボーナス 2. 25ヶ月 冬のボーナス 2. 30ヶ月 ついでに冬のボーナス分も記載しました。 おそらく、2020年の国家公務員の夏のボーナスは当初4. 5ヶ月分の発表だと思います。 しかし2019年度同様、民間企業との格差から0. 05ヶ月上乗せで、最終的に4. 55ヶ月になるのではと予想されます。 ちなみに去年2019年は、8月に人事院勧告が行われ国のボーナスが本来の4. 45ヶ月から4. 5ヶ月へ0. 05ヶ月増額されました。 なぜボーナスが増加されたの? 公務員のボーナスは、民間企業の平均とだいたい似たような額になるよう調整されています。 要するに、2019年度は民間企業の景気が良く、ボーナスも微増していることから、公務員のボーナスも0. 05ヶ月分だけですが増額となりました。 先ほども触れましたが、人事院勧告は毎年8月に実施されるため、勧告があるときにはすでに夏のボーナスは支給されています。 なので、増額分は冬のボーナス 12月に支給 に上乗せされることになります。 ちなみに、2020年の国会公務員の冬のボーナスについては以下の記事で解説していますので合わせて読んでみてくださいね。 平均月額• 扶養手当の平均値• 地域手当の平均値 あくまで「平均の数字」を元に割り出しているので、多少の誤差についてはご了承ください。 平均年齢 43. 1歳 ボーナス平均額 88万2866円 平均月額基本給 33万8969円 扶養手当 10320円 地域手当 43096円 支給ヶ月 2. 25ヶ月 19歳 55万7906円 20歳 57万96円 21歳 58万5957円 22歳 60万1817円 23歳 62万2936円 24歳 64万4056円 25歳 67万1618円 26歳 69万9181円 27歳 71万8199円 28歳 73万7217円 29歳 75万6235円 30歳 77万5253円 31歳 79万3194円 32歳 81万1134円 33歳 82万9074円 34歳 84万7014円 35歳 86万4954円 36歳 88万1155円 37歳 89万7357円 38歳 91万3559円 39歳 92万9761円 40歳 94万5963円 41歳 95万6657円 42歳 96万7349円 43歳 97万8041円 44歳 98万8733円 45歳 99万9425円 46歳 100万8306円 47歳 101万7189円 48歳 102万6072円 49歳 103万4955円 50歳 104万3838円 51歳 104万3655円 52歳 104万3472円 53歳 104万3289円 54歳 104万3106円 55歳 104万2923円 56歳 104万2740円 57歳 104万2557円 58歳 104万2374円 59歳 104万2191円 60歳 104万2008円 スポンサーリンク 【2020年夏のボーナス】国家公務員 行政職 の年齢別支給額 2020年の国家公務員 行政職 の夏のボーナスを年齢別に算出していきます。 平均年齢 43. 4歳 ボーナス平均額 86万1822円 平均月額基本給 32万9433円 扶養手当 10059円 地域手当 43540円 支給ヶ月 2. 25ヶ月 19歳 54万437円 20歳 55万4040円 21歳 56万9599円 22歳 58万5158円 23歳 60万5608円 24歳 62万6058円 25歳 65万3930円 26歳 68万1802円 27歳 70万2711円 28歳 72万3621円 29歳 74万4531円 30歳 76万5441円 31歳 78万2501円 32歳 79万9562円 33歳 81万6623円 34歳 83万3684円 35歳 85万745円 36歳 86万5941円 37歳 88万1135円 38歳 89万6329円 39歳 91万1523円 40歳 92万6717円 41歳 93万5509円 42歳 94万4301円 43歳 95万3093円 44歳 96万1885円 45歳 97万677円 46歳 97万6493円 47歳 98万2311円 48歳 98万8129円 49歳 99万3947円 50歳 99万9765円 51歳 100万3667円 52歳 100万7569円 53歳 101万1472円 54歳 101万5373円 55歳 101万9275円 56歳 102万3177円 57歳 102万7079円 58歳 103万981円 59歳 103万4883円 60歳 103万8785円 スポンサーリンク 【2020年夏のボーナス】税務職員の年齢別支給額 2020年の税務職員の夏のボーナスを年齢別に算出していきます。 平均年齢 42. 9歳 ボーナス平均額 93万5543円 平均月額基本給 35万9720円 扶養手当 9852円 地域手当 46225円 支給ヶ月 2. 25ヶ月 19歳 58万3412円 20歳 59万2250円 21歳 60万7903円 22歳 62万3556円 23歳 64万7838円 24歳 67万2120円 25歳 69万9076円 26歳 72万6032円 27歳 74万6570円 28歳 76万7109円 29歳 78万7648円 30歳 80万8187円 31歳 83万2434円 32歳 85万6682円 33歳 88万930円 34歳 90万5178円 35歳 92万9426円 36歳 94万9143円 37歳 96万8859円 38歳 98万8575円 39歳 100万8291円 40歳 102万8007円 41歳 103万6702円 42歳 104万5397円 43歳 105万4092円 44歳 106万2787円 45歳 107万1482円 46歳 107万6849円 47歳 108万2216円 48歳 108万7583円 49歳 109万2950円 50歳 109万8317円 51歳 100万2573円 52歳 100万6829円 53歳 111万1086円 54歳 111万5341円 55歳 111万9597円 56歳 112万3853円 57歳 112万8109円 58歳 113万2365円 59歳 113万6621円 60歳 114万877円 スポンサーリンク 【2020年夏のボーナス】公安職員の年齢別支給額 2020年の公安職員の夏のボーナスを年齢別に算出していきます。 平均年齢 41. 4歳 ボーナス平均額 81万6224円 平均月額基本給 31万8875円 扶養手当 13049円 地域手当 30842円 支給ヶ月 2. 25ヶ月 19歳 54万2464円 20歳 55万7231円 21歳 57万166円 22歳 58万3101円 23歳 59万7695円 24歳 61万2290円 25歳 63万2681円 26歳 65万3072円 27歳 66万7325円 28歳 68万1578円 29歳 69万5831円 30歳 71万84円 31歳 73万156円 32歳 75万230円 33歳 77万304円 34歳 79万378円 35歳 81万452円 36歳 82万7406円 37歳 84万4358円 38歳 86万1310円 39歳 87万8262円 40歳 89万5214円 41歳 90万3813円 42歳 91万2410円 43歳 92万1007円 44歳 92万9604円 45歳 93万8201円 46歳 94万4622円 47歳 95万1043円 48歳 95万7464円 49歳 96万3885円 50歳 97万306円 51歳 97万9414円 52歳 98万8521円 53歳 99万7628円 54歳 100万6735円 55歳 101万5842円 56歳 102万4949円 57歳 103万4056円 58歳 104万3163円 59歳 105万2270円 60歳 106万1377円 スポンサーリンク 【2020年夏のボーナス】医療職員の年齢別支給額 2020年の医療職員の夏のボーナスを年齢別に算出していきます。 平均年齢 47. 1歳 ボーナス平均額 77万2349円 平均月額基本給 31万5908円 扶養手当 8861円 地域手当 18497円 支給ヶ月 2. 25ヶ月 19歳 57万3984円 20歳 57万8401円 21歳 58万4511円 22歳 59万621円 23歳 61万5038円 24歳 63万9455円 25歳 64万9025円 26歳 65万8595円 27歳 66万7386円 28歳 67万6176円 29歳 68万4966円 30歳 69万3756円 31歳 70万5345円 32歳 71万6935円 33歳 72万8525円 34歳 74万115円 35歳 75万1705円 36歳 75万9819円 37歳 76万7933円 38歳 77万6047円 39歳 78万4161円 40歳 79万2275円 41歳 79万9790円 42歳 80万7306円 43歳 81万4822円 44歳 82万2338円 45歳 82万9854円 46歳 83万4870円 47歳 83万9885円 48歳 84万4900円 49歳 84万9915円 50歳 85万4930円 51歳 85万2018円 52歳 84万9106円 53歳 84万6194円 54歳 84万6194円 55歳 84万3282円 56歳 84万370円 57歳 83万7458円 58歳 83万4546円 59歳 83万1634円 60歳 82万8722円• 2020年夏のボーナス日は、6月30日 火• 2020年夏のボーナス支給分は、2. 25ヶ月分• 国家公務員全体の2020年夏のボーナス支給予想額は、88万2866円 平均年齢43. 国家公務員 行政職 の2020年夏のボーナス支給予想額は、86万1822円 平均年齢43. 税務職員の2020年夏のボーナス支給予想額は、93万5543円 平均年齢42. 公安職員の2020年夏のボーナス支給予想額は、81万6224円 平均年齢41. 医療職員の2020年夏のボーナス支給予想額は、96万8263円 平均年齢47. 1歳 2020年、国家公務員の夏のボーナスについてまとめてみました。 これは計算間違いでして、正しくは以下の通りです。

次の