アズレン シリアス。 【アズレン】シリアスは空母PTに編成するならありだよね

シリアス(アズールレーン) (しりあす)とは【ピクシブ百科事典】

アズレン シリアス

今回のメンテナンスでは、期間限定イベント「戦え!ロイヤルメイド隊2nd」の開催や、「旧正月」をテーマにしたキャンペーン・着せ替え衣装の登場、小型艦建造への期間限定艦船追加などが予定されています。 本イベントでは、ロイヤルメイド隊を相手に戦う特別ステージ「合同演習作戦」が登場。 ステージクリアで獲得できる「演習Pt」を集めて作戦進捗を進めることで、個人累計Pt報酬と作戦進捗報酬を獲得できます。 復刻R軽巡洋艦「ニューカッスル」や兵装「381mm連装砲改(T0)」、新規兵装「134mm連装高角砲(T0)」も入手できますので、全力で挑みましょう。 1月21日~2月6日まで、期間限定キャンペーン「母港春節」が開催されます。 本キャンペーンでは、旧正月仕様の母港と共に様々なミニゲームやミニイベントが登場。 それぞれで艦船やアイテムなど、様々な報酬を入手できます。 ミニイベントの1つ「春節アメさん」では、「睦月」の新着せ替え衣装「春節アメさん!」も入手可能です。 また、SR 駆逐艦「長春」、SR駆逐艦「太原」が常設実装となります。 メイドとしてはそこそこ有能で「捨てられること」を何よりも恐れており、 不安でソワソワしている彼女を見かけたら、お仕事を与えて愛でてあげましょう。 かの姉妹艦同様、熱き心を有するクリーブランド級の一人。 姉御気質が強く、共に戦った仲間たちを守る決意は決して揺るがない。 間違いや注意点を「全て可能かつ速やかに正しく厳しく指摘してくれる」、 秘書官としての「補佐役」を地で行くクールメイドレディ。 今回は全16隻に着せ替え衣装が追加。 また、2019年に発売された「旧正月(春節)」着せ替え衣装シリーズも同期間に復刻販売されます。 …驕りかもしれませんが、この格好をしていると、自分の魅力を誇れるような気がします。 ……戦わずに過ごす日は少し退屈だな、私らしくもない。 基本プレイ無料のアイテム課金制です。

次の

【アズールレーン】シリアスの評価とおすすめ装備【アズレン】|ゲームエイト

アズレン シリアス

CV: 概要 レアリティは SSR ダイドー級軽巡洋艦では一番手を飾る。 大陸表記では 「天狼星」。 ゲーム内ではその英語読みである「シリ アス」となっている。 公式の紹介では 「 ロイヤル所属、ダイドー級軽巡洋艦。 メイド隊一の忠誠心を誇り、仕える相手のためなら自分の身を顧みず、天井知らずの献身っぷりは脱線しているように見えることも。 戦闘全般は得意だが、メイドとしての能力は赤点ギリギリ程度。 」 と紹介されている。 母港で秘書艦にした時も、料理に関しては等とは違って満足いくものを出せていない。 日々の食事は指揮官が食事を抜いて不摂生な生活になったりしているほどで、休憩時の紅茶と軽食は自分で用意するのではなく「手配」せざるを得ない様子。 能力 「戦闘全般は得意」と紹介が付くだけあり、戦闘能力は高い水準を誇る。 SSR故の高い水準において、「防空巡洋艦」の名を冠するだけあり、高い対空値を持つ。 対空が弱点になりやすいロイヤル勢の中においてはありがたい特性。 ただ、彼女一人に対空を任せられるほど飛びぬけて高い訳では無いので、ロイヤル艦隊の弱点そのものをカバーするほどではない。 スキル• 「誇らしき青星の印」 シリアスの最大の特徴とも言える、強力なバフスキル。 「同じ艦隊の正規空母・軽空母の航空を最大10%、敵駆逐・軽巡・重巡への命中率を最大7. 0%アップさせる」 「同じ艦隊の正規空母・軽空母1隻につき、自身の火力・雷装・装填を最大7%アップする」 見ての通り空母系を多く編成すればするほど効果が累積するもので、自身は最大で21%もの火力アップを望める。 そしてこの手の他のスキルと違って 編成する陣営を問わないので、ロイヤル艦隊に組み込まなくとも、空母さえいれば常に同じ効果を発揮できる。 さらに、同じくこの手の他のスキルと違って 自身の生存が条件に含まれていないので、例えシリアスが撃沈された後でも、空母に対するバフの効果は続く。 砲火制圧 「自身の火力を最大20%アップする」 無条件で火力アップする汎用性の高いスキル。 シリアスは元々主砲補正の方が高めなステータス調整である事に加え、「誇らしき青星の印」での火力バフも併せると非常に砲火力が高くなる。 惜しむらくはシリアス自身が副砲ではなく魚雷を搭載するタイプの軽巡である事だが、それを加味しても軽巡トップクラスの砲火力になる。 姉妹艦はまだ誰も実装されていないが、「ロイヤルダイドー級」ではないので、彼女の固有の全弾発射の模様。 アイコンも彼女の顔が描いてある。 2キャラ分程度の上下幅を持った「く」の字の弾幕展開を一斉に前方に投射する。 弾は若干収束しつつ全てまっすぐ前方に飛ぶため、上下に対する面制圧力は無いが、シリアスへの前方へのダメージ貫通力は高い。 その大きなからか、名前はシリでアスなのにも関わらず、アダルトなイラストの大半は胸部装甲をメインに使用するイラストが多い模様。 実装直後はタッチ2(おっぱい付近をつついた時のセリフ)で「夜伽をご所望でしたら」と割とダイレクトな事を言っていたが、割とすぐにメンテで変更され、単に「シリアスをご所望でしたら」になった。 ただしドックの詳細画面でつついた時に「男女のまぐわい」等と言う方は修正されていない模様。 「夜伽をご所望でしたら」のセリフは、「びそくぜんしんっ! 」で再び日の目を見ることができた。 になっていたのだが…シリアスは 予選突破する前に脱いだ。 ユーザー的には「いいぞもっとやれ」でしかなかった事、シリアスは元々そういう先走るキャラでイメージ通りな事、脱がなくても予選突破確実と見られていた事から特に問題視されてはいないが。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【アズールレーン】シリアスの評価とスキル/おすすめ装備【アズレン】

アズレン シリアス

CV: 概要 レアリティは SSR ダイドー級軽巡洋艦では一番手を飾る。 大陸表記では 「天狼星」。 ゲーム内ではその英語読みである「シリ アス」となっている。 公式の紹介では 「 ロイヤル所属、ダイドー級軽巡洋艦。 メイド隊一の忠誠心を誇り、仕える相手のためなら自分の身を顧みず、天井知らずの献身っぷりは脱線しているように見えることも。 戦闘全般は得意だが、メイドとしての能力は赤点ギリギリ程度。 」 と紹介されている。 母港で秘書艦にした時も、料理に関しては等とは違って満足いくものを出せていない。 日々の食事は指揮官が食事を抜いて不摂生な生活になったりしているほどで、休憩時の紅茶と軽食は自分で用意するのではなく「手配」せざるを得ない様子。 能力 「戦闘全般は得意」と紹介が付くだけあり、戦闘能力は高い水準を誇る。 SSR故の高い水準において、「防空巡洋艦」の名を冠するだけあり、高い対空値を持つ。 対空が弱点になりやすいロイヤル勢の中においてはありがたい特性。 ただ、彼女一人に対空を任せられるほど飛びぬけて高い訳では無いので、ロイヤル艦隊の弱点そのものをカバーするほどではない。 スキル• 「誇らしき青星の印」 シリアスの最大の特徴とも言える、強力なバフスキル。 「同じ艦隊の正規空母・軽空母の航空を最大10%、敵駆逐・軽巡・重巡への命中率を最大7. 0%アップさせる」 「同じ艦隊の正規空母・軽空母1隻につき、自身の火力・雷装・装填を最大7%アップする」 見ての通り空母系を多く編成すればするほど効果が累積するもので、自身は最大で21%もの火力アップを望める。 そしてこの手の他のスキルと違って 編成する陣営を問わないので、ロイヤル艦隊に組み込まなくとも、空母さえいれば常に同じ効果を発揮できる。 さらに、同じくこの手の他のスキルと違って 自身の生存が条件に含まれていないので、例えシリアスが撃沈された後でも、空母に対するバフの効果は続く。 砲火制圧 「自身の火力を最大20%アップする」 無条件で火力アップする汎用性の高いスキル。 シリアスは元々主砲補正の方が高めなステータス調整である事に加え、「誇らしき青星の印」での火力バフも併せると非常に砲火力が高くなる。 惜しむらくはシリアス自身が副砲ではなく魚雷を搭載するタイプの軽巡である事だが、それを加味しても軽巡トップクラスの砲火力になる。 姉妹艦はまだ誰も実装されていないが、「ロイヤルダイドー級」ではないので、彼女の固有の全弾発射の模様。 アイコンも彼女の顔が描いてある。 2キャラ分程度の上下幅を持った「く」の字の弾幕展開を一斉に前方に投射する。 弾は若干収束しつつ全てまっすぐ前方に飛ぶため、上下に対する面制圧力は無いが、シリアスへの前方へのダメージ貫通力は高い。 その大きなからか、名前はシリでアスなのにも関わらず、アダルトなイラストの大半は胸部装甲をメインに使用するイラストが多い模様。 実装直後はタッチ2(おっぱい付近をつついた時のセリフ)で「夜伽をご所望でしたら」と割とダイレクトな事を言っていたが、割とすぐにメンテで変更され、単に「シリアスをご所望でしたら」になった。 ただしドックの詳細画面でつついた時に「男女のまぐわい」等と言う方は修正されていない模様。 「夜伽をご所望でしたら」のセリフは、「びそくぜんしんっ! 」で再び日の目を見ることができた。 になっていたのだが…シリアスは 予選突破する前に脱いだ。 ユーザー的には「いいぞもっとやれ」でしかなかった事、シリアスは元々そういう先走るキャラでイメージ通りな事、脱がなくても予選突破確実と見られていた事から特に問題視されてはいないが。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の