ブランド コンテンツ ツール。 Instagramのブランドコンテンツ広告とは? 気になるメリットや出稿方法を解説

インスタグラムの新機能!ブランドコンテンツツールとは?

ブランド コンテンツ ツール

2019年6月4日、インスタグラムは「ブランドコンテンツ広告」という新機能の提供を開始することを発表しました。 現在は一部のビジネスを対象に提供を開始しており、数週間後にはすべてのアカウントがブランドコンテンツ広告を利用できるようになります。 ブランドコンテンツ広告はインフルエンサーを活用した宣伝手段として注目を浴びているため、より一層インスタグラムを利用したマーケティングが活発化していきそうです。 インスタグラムで宣伝をするのであれば、ブランドコンテンツ広告は欠かせないものになるかもしれません。 この記事ではブランドコンテンツ広告にスポットを当ててお伝えしていきます。 ブランドコンテンツ広告の設定方法もあわせて紹介するので、参考になれば幸いです。 新機能ブランドコンテンツ広告とは? ブランドコンテンツ広告を使えば、インフルエンサーのようなクリエーターの投稿を、協業関係にある企業が配信できるようになります。 たとえば、A社と協業関係にあるXさんの投稿内容を、A社のアカウントが配信できるということです。 企業はクリエーターの生の声(投稿内容)を企業のフォロワーに直接届けられるため、ユーザーに商品の購入を促すことができます。 また、ブランドコンテンツ広告を使うことで、新規顧客にリーチしたり、投稿の効果測定をしたりすることも可能です。 ブランドコンテンツ広告の透明性 ブランドコンテンツ広告を使ってクリエーターの声を発信するとしても、協業関係であることが明記されていないとステルスマーケティングになりかねません。 では、 ブランドコンテンツ広告を利用しても、ステルスマーケティングに該当しないのでしょうか? 結論から言うと、インスタグラムのブランドコンテンツツールを利用すれば問題ありません。 2017年に実装されたブランドコンテンツツールでは、協業関係にある企業とクリエーターとの関係性をタグ付けできるようになりました。 ブランドコンテンツツールを使うことで、フィードやストーリーズに協業関係であるタグを設置することが可能です。 ユーザーはひと目で協業関係であることを認識できるため、ステルスマーケティングを回避することができるでしょう。 もし、新たに導入されたブランドコンテンツ広告を利用するのであれば、ブランドコンテンツツールに関してもおさらいしておくことをおすすめします。 フォロワー以外にもリーチすることが可能 新機能であるブランドコンテンツ広告は、フォロワー以外にもリーチすることが可能です。 クリエーターの投稿内容をフォロワー以外に届けられるので、従来よりも宣伝効果が高まる可能性があります。 というのも、インスタグラムは情報の拡散能力が低いことで有名でした。 他のSNSとは異なり、ユーザーはフォローしているアカウント以外の投稿内容がフィード画面に表示されないためです。 また、宣伝機能を利用するにしても、宣伝主が作成した投稿内容しか配信できなかったため、クリエーターのような影響力がある生の声を届けられなかったのです。 しかし、ブランドコンテンツ広告とFacebookの広告プラットフォーム内のツールを活用することで、フォロワー以外のユーザーにもクリエーターの投稿内容を届けられます。 今までリーチできなかったユーザー層を狙うことができるので、インスタグラムを利用したマーケティングでは欠かせない宣伝手段となるかもしれません。 ブランドコンテンツの設定方法 ブランドコンテンツ広告の設定方法をお伝えしていきます。 ブランドコンテンツ広告を設定するには、以下の手順を踏んでください。 協業関係にあるクリエーターが、アカウントの詳細設定から自身のコンテンツを広告として使えるように設定する 2. クリエーターが設定したら、ビジネス側の広告マネージャ内にクリエーターが設定したコンテンツが表示されるため、選択して配信する 以上の手順で、ブランドコンテンツ広告を利用することができます。 現在は一部のビジネスでしか利用できませんが、数週間以内にすべてのアカウントで使用できると発表されているのでお試しください。 実装されて間もない機能であるため、設定方法に変更があるかもしれないので注意してください。 まとめ インスタグラムで新たに実装されたブランドコンテンツ広告によって、企業はクリエーターの生の声を企業アカウントから配信することが可能になりました。 2017年に導入されたブランドコンテンツツールによって透明性も高いため、安心してブランドコンテンツ広告を利用できそうです。 Facebookの広告プラットフォーム内のツールを使えば、従来では難しかったクリエーターの配信内容を利用した新規顧客へのリーチも可能になります。 数ヶ月以内にはストーリーズでもブランドコンテンツ広告が使えるようになるため、より一層宣伝効果に期待できるようになるでしょう。 効果測定を実施して広告の最適化を目指すことで、ブランドコンテンツ広告の効果を高められます。 ブランドコンテンツ広告を使うのであれば、広告の効果測定方法を把握しておくとよいかもしれません。

次の

『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』って何?

ブランド コンテンツ ツール

インフルエンサーを活用したインスタグラム広告を展開したいマーケティング担当者必見。 インスタグラムの新機能、ブランドコンテンツツールについて分かりやすく説明します。 インスタグラムにブランドコンテンツツールが導入! 2017年11月7日にインスタグラムは新たな機能を追加しました。 それが「 ブランドコンテンツツール」です。 ブランドコンテンツツールとは、簡単にいうと「この投稿は広告です」という表示を出す仕組みのことです。 一見、広告だという表示を出してしまうことでユーザーと広告主にはデメリットが生まれてしまうのではないかと思われるかもしれませんが、実はそれ以上に大きなメリットもあるようです。 このアップデートにより企業とインフルエンサーのタイアップ投稿に高い透明性が保たれます。 その為、インスタグラムを使ったビジネスを変える大きな鍵となるのではないかと予想されています。 今回はそのブランドコンテンツツールについて詳しく解説していきます。 ブランドコンテンツツールとは? 前述のとおりブランドコンテンツツールは企業とインフルエンサーのタイアップ投稿に高い透明性を発揮するものです。 ブランドコンテンツツールが導入により「ブランドコンテンツのタグ付け」が可能になりました。 このタグ付けによりインフルエンサーと企業の宣伝活動に統一性をもたらし、タイアップ投稿は今までよりも増えることになるでしょう。 2-1. PR活動がブランドコンテンツのタグ付けで劇的に変化する 従来の投稿では、インフルエンサーはハッシュタグで「 PR」と入れたり、「〜さんからいただきました。 」などと表記する程度しかタイアップ広告であることを認知させることは出来ませんでした。 しかし、ブランドコンテンツのタグ付けが可能になったため、どの企業とのタイアップかがひと目で分かるようになり、インフルエンサーのタイアップ投稿に信頼性をもたらします。 タグ付けによるタイアップ投稿に高い信頼性や透明性が現れるのはそのためです。 ブランドコンテンツツールでアクセス解析もできる このブランドコンテンツツールは企業がタグ付けをしたインフルエンサーのインサイトにアクセスすることが出来ます。 インフルエンサー自体へのインサイトの解析ができるのは企業にとっても嬉しい情報なのではないでしょうか? 3-1. Facebookからインフルエンサーのインサイトにアクセス インサイトへのアクセスは「Facebookページインサイト」から行います。 出来る事としては主に• インフルエンサーの投稿のリーチやエンゲージメントの確認 いいねやコメント等• ビジネスパートナー インフルエンサー の承認 などが挙げられます。 リーチやエンゲージメントの確認 企業は自分のFacebookページインサイトでインフルエンサーのフィード投稿のリーチやエンゲージメント 「いいね!」、コメントなど を確認できます。 インスタグラムのストーリーは、タグ付けされた企業は14日間分の指標 リーチ、次へのタップ、前へのタップ、返信、ストーリーズからの移動 を確認できます。 インフルエンサーは今までと同様にアプリ側のインサイトを確認できます。 3-2. インフルエンサーが企業をタグ付けする方法 まずは通常の投稿画面に進み、詳細設定を開きます。 詳細設定の中からビジネスパートナー 企業 のタグ付けを選択します。 そうすると次のような検索画面になるので、タグ付けしたい企業を検索します。 目当ての企業が出てきたら選択します。 下記のように灰色で企業名が表示されれば成功です。 パートナーの承認 また、パートナーの承認も導入されました。 企業がインフルエンサーの投稿にタグ付けされる前に、企業がインフルエンサーを承認できる機能が導入されます。 デフォルトの設定ではインフルエンサーの承認がオフになっているため、インフルエンサーは規制などなく企業をタグ付けできます。 しかし、企業側はいつでもインフルエンサーの承認をオンにして、企業をタグ付けする前にインフルエンサーを承認することができます。 この機能があることでインフルエンサーが勝手に企業をタグ付けすることを防げます。 まとめ• ブランドコンテンツツールにより企業とインフルエンサーの信頼度が上がった• 企業側もインフルエンサーのエンゲージメントが確認できるようになった• 企業にもインフルエンサーにもブランドコンテンツツールはメリットがある ブランドコンテンツツールは広告主 企業側 にインフルエンサーの投稿が一般ユーザーにどのような影響を与えているのかを数字で確認できるというメリットがあります。 一方投稿主 インフルエンサー 側には「ステルスマーケティングなのではないか」などのユーザーの疑いもなくなり、以前よりもタイアップ投稿がしやすくなりました。 ブランドコンテンツツールはタイアップ投稿に大きな効果を発揮するはずです。 インフルエンサーとのタイアップを検討している企業は使ってみてはいかがでしょうか。

次の

インスタグラムの新機能!ブランドコンテンツツールとは?

ブランド コンテンツ ツール

『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』って何? まずそもそもとして、 『ブランドコンテンツツール』というのが意味不明ですよね。 私以外にもたくさんの人に今回の通知が来ているようです。 ブランドコンテンツツールが使用出来なくなりました。 って二回め。 フォロワーも少ないしかな? そもそもわけわからないし、使用したいとも申請したわけでもないです。 なぜなのかわかりません。 — mayuha mayuha0908 インスタ、ブランドコンテンツツールを利用できなくなりましたって表示、なに? 利用してないのになんなんだろ。 広告を出している企業が、インフルエンサーに宣伝を依頼することがありますが、以前はインフルエンサーの投稿が広告なのか普通の投稿なのかわかりにくかったようです。 インフルエンサーの投稿を見る側からしたら、広告として投稿しているのか、普通の投稿なのかがわからなかったので、『もしかしてステマ?』みたいな勘違いをされてしまうこともあったようです。 そこで導入されたのがブランドコンテンツツールというもので、これによってインフルエンサーの投稿が、広告なのか普通の投稿なのかを見分けることができるようになりました。 さらに企業側ではこのツールを活用することによって、インフルエンサーの登録をしたり、インフルエンサーの投稿にどれくらいの広告効果があったのかを測定することができるようになったそうです。 つまり、 『ブランドコンテンツツール』私のようなフツーの人にはあまり関係がなく、広告を打ち出すような企業などが活用するツールだったということですね。 『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』と表示されたときの対処方法は? 普通にインスタを使っているだけなら、正直言ってブランドコンテンツツールを使うってことはないんじゃないかなと思います。 ということは、今回の『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』という通知もあまり気にする必要はなさそうですね。 使えなくなったところでこれといった不具合もないですし、 今回の通知はそのままスルーしちゃって問題なさそうです。 『利用できなくなりました』と言われると、何か問題があったのかなと不安になってしまいますが、特に気にする必要はなさそうですね。 ちなみに、ブランドコンテンツツールを使用するためには『対象規定』というものに従う必要があるらしく、アカウントの期間とかフォロワー数が要件として決められているようです。 これに該当しないアカウントに対して一斉に通知が来ている状況だと考えられますね。 広告を検討している企業であれば困ってしまう案件かもしれませんが、普通にインスタ使う分には特に問題なさそうなので、そのままスルーしちゃいましょう! それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の