ラバ 退会。 ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)の解約・退会方法。しつこい引き留めはある?必要なものは?いつまでに手続きすれば良い?など詳しく解説。

LAVAを退会(解約)するのに違約金は必要?ケガや妊娠した場合もあわせて解説!

ラバ 退会

ラバを続けられなくなったので解約する方法を知りたい• 休会について知りたい• 違約金など解約するデメリットがないかを知っておきたい ラバを退会(解約)する方法 ホットヨガのラバは、登録店舗のみ月に4回通えるマンスリー・メンバー・4と、2店舗通い放題のマンスリーメンバー・ライト、全店舗通い放題のマンスリーメンバーフリーの月額コースがあります。 以下の手順で退会ができます。 (1)ラバ登録店舗に行く (2)解約用の書類に記入する 詳しく解説していきます。 (1)ラバ登録店舗に行く ラバを解約するには、ネットや電話で手続きする事が出来ませんので、直接 登録店舗に行く必要があります。 普段通う際についでに退会したい事を伝えるといいでしょう。 解約手続きを行う時に必要な持ち物は• 会員証• マンスリー証 の2つです。 忘れずに持っていきましょう。 注意:翌月分から解約したい場合は15日までに手続きする ラバを 翌月に解約したいという方は 前月の15日までに行わなくてはいけません。 例えば11月から利用しないという場合は、10月15日までに解約すれば11月分から解約という形になります。 15日が店舗の休みだった場合は、14日までに解約手続きをしましょう。 (2)解約用の書類に記入する 店舗に行ったら受付の方やインストラクターの方に解約したい事を伝えます。 その後解約用の書類を記入したら、解約手続きは完了です。 注意:キャンペーンに条件があった場合違約金がかかる場合がある ラバをお得に利用出来るキャンペーン時に入会した場合、継続期間に縛りがある場合があります。 最低継続利用期間よりも短い期間で解約を希望した場合、 割り引いていた分の金額を払わなくてはいけなくなってしまいます。 キャンペーンを利用して入会した方は、条件を確認してみましょう。 ポイント:基本的に無理な引き止めはされない 直接解約したい事を伝えるのは気が引けてしまう方も多いと思いますが、基本的には無理な引き止めはされません。 コース変更の提案をされる場合がありますが、しっかりと解約したい事を伝えれば大丈夫です。 休会をする方法 ラバは 解約ではなく休会する事も可能です。 2ヶ月程度忙しくて利用出来ないけれど、時間が出来たらまた通いたいという方は、休会という形もおすすめです。 休会する際も解約時と同様に、15日までに手続きを行うと翌月から休会する事が出来ます。 ラバの休会は 毎月2100円かかります。 再度利用したい場合は、再開したい月の前月の15日までに登録店舗で手続きを行いましょう。 ポイント:解約後のマンスリー会員再契約は手数料がかかる ラバは永久会員制の為、解約手続きをしてもまた再入会する事が可能です。 しかし再入会のキャンペーンを行なっていない場合は、 再入会に5000円かかります。 もし数ヶ月の間利用しないという場合、2ヶ月程でしたら休会していた方が、少し支払い金額が少なくなります。 店舗に行けば手続き出来るが、キャンペーン中の方は要注意! ラバの解約手続き自体は登録店舗ですぐに行う事が出来ますが、キャンペーンを利用して入会された方は最低継続期間を過ぎていない時期での解約は注意が必要です。 2ヶ月以内に再開する予定の方は、休会も視野に入れておきましょう。 以上、ラバを解約する方法でした。

次の

LAVAを退会・解約してみた体験談!休会との違いは?

ラバ 退会

今ならLAVAの 手ぶら体験レッスンが150円で受けられます。 さらに当日入会で• 入会金、登録金(10,000円)が無料!• 他スタジオの会員証提示で手ぶらセット10回分プレゼント! の特典がついて 最大58,520円もお得に! LAVAに入会するなら今がチャンス! LAVAを退会(解約)するには? LAVAは永久会員制となっていて厳密には退会することができず、解約という形で手続きを行います。 ここでは分かりやすく「退会」で話を進めていきますね。 締切日 解約希望前月の15日まで (15日が定休日の場合は14日まで) 例:10月に退会したいときは9月15日まで 手続き場所 登録したメイン店舗 (電話・ネット不可) 必要なもの 会員証 必要なものは会員証だけで、違約金のようなお金はかかりません。 締切日は 退会したい月の前月15日でメイン店舗のみでの受付となっているので、退会したい方は早めに手続きをすませましょう。 オプションマンスリー(水素水・マットキープ・バスタオル)も同じ手順で退会します。 メイン店舗まで行けない場合は? LAVAの退会は メイン店舗でのみの受付となので、店舗に出向く必要があります。 ただし、引っ越しや病気でどうしてもメイン店舗に行けないときは 特別対応をしてくれることもあるので、そのようなときは電話で相談してみましょう。 本人が行けない場合でも、家族などの代理人が退会手続きを行うこともできますよ。 キャンペーン中の退会は? LAVAでは入会時におトクなキャンペーンを行っていることが多いです。 キャンペーンは一定期間の入会を条件特典をつけている場合があります。 もしキャンペーン中に退会してしまうと、特典が無効になり、 「特典で割引した分」の金額を追加で払うことになります。 キャンペーンで入会した方は条件をよく読んで、どれくらい割引されているか確認しておきましょう。 LAVAを再入会するには? LAVAは退会したあとでも再入会できます。 厳密には「マンスリーメンバーを再登録する」という形になるので、 再入会であっても入会金は必要ありませんが、かわりに 再登録金5,000円(税込)が必要です。 手続きは入会したときと同じなので、会員証は忘れないようにしてください。 ちなみに退会したあとでも 1回券を使ったレッスンなら再入会は必要ありません。 自分のペースに合わせて再入会するか決めてもいいですね。 LAVAを休会するには? 「旅行があって1ヶ月だけ休みたい」「ケガしたので来月はお休みしたい」という場合なら休会がおすすめです。 LAVAでは1ヶ月単位で休会ができます。 締切日 解約希望前月の15日まで (15日が定休日の場合は14日まで) 例:10月に退会したいときは9月15日まで 手続き場所 登録したメイン店舗 (電話・ネット不可) 必要なもの 会員証 休会事務手数料 月々2,100円(税込) 休会すると 月会費の代わりに休会事務手数料が発生することには気をつけてくださいね。 もし3ヶ月以上休会するなら一旦退会しちゃった方が安くすむことも多いです。 復帰する場合は復帰したい月の前月15日までに手続きする必要があります。

次の

LAVAのキャンペーンを途中解約すると違約金はいくら?2つの回避方法も大公開!

ラバ 退会

ネットで LAVA ラバ を検索すると「強制退会された!」という内容を目にします。 結論から言うと、強制退会はあります! ただLAVA ラバ は永久会員制度なので退会ではなく、正確には強制解約、契約終了という形になります。 強制退会は、数か月料金未納が続くと自動で行われるケースが多いようです。 LAVA ラバ のレッスン料を約3か月滞納したら、強制退会の通知がきました 今月引き落とし日に未納分を引き落としだそうです 要約: 強制退会の際にLAVA ラバ からは何も連絡が来ないというネット上の情報もありましたが、上記の知恵袋ではレッスン料を3か月分滞納した際にLAVA ラバ から強制退会の通知が来たようです LAVA ラバ の公式サイトの利用ルールを見てみると、 「月会費のお支払いが滞った場合、サービス停止となる場合がございます。 」 と明記されているだけで、具体的にどの位滞納すると強制退会 サービス停止)になるかはハッキリ明記されていません。 ただ2か月分の滞納で、翌月に引き落としができればOKです。 2か月目にも引き落としができず、3か月目の引き落とし日にも未納分全額が引き落とされない場合に、その末日をもって強制退会になるケースが多いようです。 直接LAVA ラバ に問い合わせてみたところ、 「一概に申すことが難しく、数か月お支払い確認が取れなかった場合は、契約終了となる可能性がある、とご案内させて頂いています。 」 という返答がありました。 やはり 3か月分滞納で契約終了、とはっきり決まっている訳ではないようです。 月額料金を数か月(3か月ほど)未納になったら自動的に強制退会になる• 強制退会後、LAVA ラバ から未納金請求の通知がくる レッスン料を滞納するのが1番よくないですが、3か月も滞納する前に警告として教えて欲しいな! 受付のスタッフと支払いを管理している部署で、支払いの連携や情報共有はあまりできていないようですね。 LAVA ラバ の引き落とし日は何時? 毎月27日が引き落とし日 LAVA ラバ は毎月27日に当月分の月会費が引き落とされます。 引き落としは入会時に登録した銀行口座からの引き落としになり、また27日が土日祝日の場合は、翌銀行営業日の引き落としとなっています。 対応している金融機関は以下になります• 各銀行• 信用金庫• 信用組合• ゆうちょ銀行• 労働金庫 引き落とされる時間帯は、金融機関ごとに異なるので、遅くも26日までに登録口座への入金を済ませておいてください。 基本的には本人名義の口座登録になりますが、一親等内の家族であれば登録可能になっています。 クレジットカードや現金払いは対応していない 支払いは 登録口座からの 引 き落としのみで、 店舗での現金払いや、クレジットカードでの支払いは対応していません。 ただ入会時の登録金と2か月分の月額料金だけはクレジットカード又は現金払いが可能です 強制退会の後、お金はどう支払う? 翌月に2か月分まとめて支払う 強制退会後の未納分のお金の支払い方法は、もちろん支払う必要があります。 こちらも支払い方法LAVA ラバ に直接確認したところ、 強制退会後 契約終了後 は、コンビニで支払いができる請求ハガキが届きます。 その請求ハガキで期日 月末 までに入金すれば完了です。 月末の引き落としができていない時点で自動的に強制退会になり、翌月の10日以降に請求ハガキが来るという流れです。 振込や店舗での支払いは対応していない 未納分を指定されたLAVA ラバ の口座に振込む、店舗で直接支払う、などのシステムはないようです また料金を滞納していても、追加料金は一切かかりません。 再登録はできる? 未納分を支払えば可能 再登録は未納分の料金を全額払えば可能です。 請求ハガキ(コンビニ払込票)で月末日までに未納分全額を支払うと、入金が確認できる翌月上旬頃に再登録が可能になるようです。 ただネット上の情報では、登録口座に未納分を金額を入れておいて、月末 27日 に一括で引き落とされる場合があるようです どういうケースでどちらの支払いパターンかはLAVA ラバ の公式サイトでははっきり明記されていません。 再登録金5000円が必要 また再登録は 再登録料5,000円がかかります。 未納していて強制退会された後、同じ店舗での再登録が気まずい・・・という場合は、他店舗で登録しなおすのもいいと思います。 再登録方法 再登録の流れ 再登録の流れは以下のような感じです 再登録におすすめの時期• 16日以降の入会• 再入会キャンペーンの時期• 万一届いた場合は再スタートクーポンを利用して 再登録は、再登録金が無料になるキャンペーンの時期や、16日以降の入会がおすすめです。 また一部の人だけに届く再スタートクーポンが届けば、それが一番割引率が高いです! 月の16日以降に再入会する LAVA ラバ は契約の締め日を15日にしているので、16日以降に再登録した場合は、当月分の料金は無料になるんです。 契約終了した一部の人に再スタートクーポンというお得なクーポンがDMやメールで送られてきます。 まとめると• 強制退会は 数か月の料金未納が原因で、告知されず自動的にされる• 公式サイトで明記はしていないが、 3か月分の滞納で契約終了という場合が多い• 強制退会後にコンビニで支払える請求ハガキがきて、 未納分を末日までに払えば翌月入金確認後に再登録OK 再登録には再登録料5,000円がかかるので、再入会キャンペーンの時の入会がおすすめです。

次の