アメブロ検索。 【これは便利!】アメブロの便利な検索方法 一般人絞り込み検索など

アメーバブログ(アメブロ)|Amebaで無料ブログを始めよう

アメブロ検索

アメブロで友人(一般人)のブログを検索して探す方法 Amebaに登録された友人を探す際に便利なのが「Ameba条件を指定して検索」という機能です。 性別、出身地、年齢、血液型、職業などから検索することが可能です。 検索のテキストボックスに友人のニックネームやプロフィール、登録名などを入力するとさらに絞り込むことが可能です。 アメブロを利用している芸能人を検索したい 芸能人や有名人の方を検索する際には「芸能人・有名人ブログ検索」を利用するのが便利です。 50音、キーワード、ジャンルなどから検索することも可能です。 アメーバIDから検索する方法 「アメーバID」から相手を探すことも可能です。 アメーバーIDがわかれば相手のブログアドレスもわかります。 アメーバーピグで友人を探す方法 アメーバーピグで友人を探す際には、相手のアメーバIDを知る必要があります。 アメーバーIDの確認方法は上記の説明をご覧ください。 アメーバーピグにログインしたあとは、右下に出る「ピグとも」をクリックして「友達を探す」をクリックしましょう。 別窓で表示されたパネルに探している方の「アメーバーID」を入力すると相手を探すことができます。

次の

アメブロ Ameba検索は便利、意外と使えます

アメブロ検索

お好きな見出しからどうぞ• アメブロ集客でのSEO対策は必要?不要? インターネットで「アメブロ SEO」と検索すると、「アメブロでのSEOは弱い」「アメブロでのSEOは不要」といった意見も散見されます。 これはなぜなのでしょう?アメブロでのSEO対策は本当に必要ないのでしょうか? アメブロSEO対策での集客は難しい? Ameba blog「アメブロ」がSEOには弱い--これは確かに間違ってはいません。 「SEO」とはそもそも「検索エンジン最適化」という意味。 つまりGoogleやYahoo! といった検索エンジンで上位表示をさせやすくするための対策が「SEO」なんですね。 ところが「アメブロ」の中の記事は、そもそもGoogleではヒットしづらいんです。 これはなぜか?というと、アメブロサービス利用のブログは、ぜんぶ 「同一ドメイン」の中にあるため。 Googleはユーザーに多様な検索結果を提示できるよう、同一のドメインばかりで検索結果が埋まらないように、検索結果を調整しています。 jp」というドメインの中で展開されるもの。 jp」 ドメインの中で競争に勝ち抜いた2ページだけ…ということになるのです。 This site diversity change means that you usually won't see more than two listings from the same site in our top results. — Google SearchLiaison searchliaison Google翻訳 検索を行って、上位の結果で同じサイトから多くのリストを取得したことがありますか?これについてのフィードバックを聞き、より多様性を求めています。 Google検索で新たに開始された新しい変更は、結果にサイトの多様性をもたらすように設計されています…。 このサイトの多様性の変化は、通常、上位の結果に同じサイトからの3つ以上のリストが表示されないことを意味します。 ただし、システムが特定の検索に特に関連があると判断した場合は、2つ以上表示される場合があります。 これはもちろん、アメブロに限った話ではありません。 無料ブログの場合、ほとんどのサービスではこのように同一ドメイン内での競争が起こります。 独自ドメインのホームページ等に比べると、無料ブログではSEO対策での努力が反映されにくい--というところは、実際にあるのです。 サブディレクトリ型のブログサービス ・ サービス終了 ・ サービス終了 ・ ・ ・ でもアメブロ集客は見逃せない! ではアメブロでSEO対策はしなくていいのか?アメブロ集客は諦めるべきか?--そんなことはありません!!集客アップ・売上アップを求めるのなら、アメブロは見逃せない存在です。 その理由としては以下の4つが挙げられます。 ユーザー数の多さは大きな魅力 アメブロの会員数は、2018年時点で6200万人を突破。 さらにその中で約2,700万人は投稿・閲覧等を定期的に行っているアクティブユーザーであると発表されています。 長文投稿が可能なブログサービスとしては、これは驚異的な数字。 短文SNSであるFacebookやTwitterのユーザー数(2000万人台)に引けを取りません。 引用元: F1層・F2層に強く女性ウケが狙える ユーザー層の中でも、特に多いのがF1層(20~34歳の女性)とF2層(35歳~49歳の女性)です。 ユーザ数のデータによれば、F1層の場合は3人に2人、F2層では2人に1人がアメブロを利用していることになります。 購買意欲が高く、トレンドに対するアンテナが敏感なこの女性層にアプローチできる点は、大きな魅力と言えるでしょう。 HPとは違う客層へのアプローチも可能 公式サイトやサイト直下のブログの場合、いくら「SEO対策のため」とはいっても、企業イメージを損ねるようなブログを書くわけにはいきません。 例えばオシャレ系の美容院の場合、サイト直下のブログであれば「おふざけ系」の記事ばかりのブログはブランディング的にNGでしょう。 しかし外部であるアメブロなら、公式ホームページとはやや異なるスタンスでのブログを展開する…といった集客を行うこともできます。 アメブロが今までのサイトとは異なる客層への集客ツールとなってくれる可能性も高いのです。 アメブロ集客のための8つのSEO対策 ではアメブロでの集客に成功するには、どんな対策が必要なのでしょうか。 アメブロでの集客の場合「Google」等の検索エンジンを念頭においたSEO対策に加えて、「アメブロユーザーが快適に利用できる」というユーザーファーストな目線を取り入れることが重要になります。 ブログタイトルに職種とテーマを入れる まず見直すべきはブログそのもののタイトルです。 Googleはもちろんですが、アメブロを見に来るユーザーも、まずはタイトルで「 このブログはなにのブログなのか」「 どんな人が書いているか」を判断します。 オシャレさや雰囲気よりも、まずは中身がわかることを念頭においてタイトルを作ってみてください。 ただし、アレコレ情報を入れたいから…と長過ぎるタイトルを作るのはNG。 15文字~20文字位に収めましょう。 タイトルに様々な情報を入れるのが難しい場合には、ブログ説明やブログの冒頭等でもテーマを表示させるようにしましょう。 おすすめ記事: おすすめ記事: おすすめ記事: 2. 記事テーマをしっかり設定する アメブロで毎日書くブログでは、テーマ設定をしますよね。 このテーマを「雑記」「日記」「あれこれ」等、ざっくりと分けてはいませんか?この方法、実はブログに来てくれたユーザーが直帰しやすいんです。 アメブロに来るユーザーを一記事だけで帰してしまっては、Googleからも「優良ページ」と認定されにくくなります。 反対にユーザーが同じテーマの話を何記事も読んでくれれば、それだけブログの滞在時間も上がりますし、リピーターになってくれる確率も上がります。 長くブログを読んでもらうためには、ブログのテーマをキチッと定めて、分類することが大切です。 例えば美容師さんのブログであれば、以下のような分類にするとわかりやすいですね。 【テーマ分類例】 ・30代のトリートメント選びの話 ・30代のシャンプーの選び方の話 ・30代の白髪染めの話 ・30代のヘアカラー・おしゃれ染めの話 ・30代のヘアアレンジの話 ・店舗の近く・原宿のカフェの紹介 3. テーマは一記事に1テーマに絞る 1記事にアレコレと話を盛り込んで、そのせいでブログテーマが「雑記」とざっくり分類…といったことになっていませんか? アメブロでのブログテーマは「 1記事に1テーマ」が基本!アレコレと話を盛り込もうとせず、スッキリとまとめることが大切です。 記事のタイトルの「キーワード」に注意! ブログタイトルと同じく、記事タイトルも言葉選びが大切です。 せっかく内容の濃い記事を書いてるのにタイトルでソンをしている人、実はとても多いんですよ。 【例】内容:人気女優Aさん風にするためのヘアスタイルオーダー方 NG例:あのモデルさんになるには…? OK例:Aさん風ボブで失敗しないコツをプロが伝授! 「あの」「その」といった指示語は、Googleはほぼ認識しません。 また「するには?」といった文末を濁した表現もNG。 何について書かれたブログなのかを、キーワードでハッキリ表現することが大切なのです。 また、ユーザー側がどんな言葉で検索をかけてくるかを意識することも大切です。 キーワード選びに迷ってしまった時には、下記のおすすめツールを使ってみるのも手ですよ。 キーワードを考慮することは、アメブロだけでなくSEO対策全般を成功するための近道です。 おすすめツール: おすすめツール: おすすめツール: 5. 「説明」の項目設定にも手を抜かない アメブロの設定では、ブログタイトルを記入する項目の下に「説明」という項目があります。 この「説明」項目が、 実際のブログのタイトルの下にも毎回表示されるのです。 芸能人・タレントのオフィシャルブログの場合、この「説明」を省略しているアメブロはたくさんあります。 しかし一般人の場合には「 説明」はとても重要です!「1. 」のブログタイトルの項目で盛り込めきれなかった「ブログの紹介情報」を、ここに入れるようにしましょう。 【例】ブログタイトル:ママ美容師・40代でもキレイでいたい! NG例 思いついたことをなんとなく、ゆるゆると。 OK例 5才・8才の娘を持つママ美容師、40代でもキレイをキープするために毎日奮闘中!大人女子向けのヘアケア情報満載です。 ヘアサロン内のエステシャンから、スキンケア情報も教えて貰います! 初回のブログのお客様が「なるほど、こういうブログなんだな」と納得できるような説明文を書いておくと、リピート読者を増やすことにも繋がります。 Googleに対する直接的なSEO対策ではありませんが、アメブロユーザーを増やしやすくなります。 ブログ記事の冒頭でキーワードを入れていく 一般的なホームページの場合、Description(ディスクリプション)という設定でGoogleのタイトル表示の下に出てくる「説明文」を決めることができます。 ところがアメブロの場合には、このDescriptionの設定はできません。 前述の「5. 」で設定した「説明」は、あくまでもアメブロ内での表示のみ。 Google等での検索エンジンでは、タイトル直下にいきなりブログ記事の文章そのものが表示されてしまうのです。 そのため、ブログ記事の冒頭では、その記事の内容をまとめたような文章を入れておくのが理想的です。 (ユーザーが検索することが多いキーワードが冒頭文に入っている) 上記の対策は、「アメブロ」というブログの特性を考えた上で行うGoogle向けSEO対策と言えます。 地道な対策ではありますが、意外とSEOの効果が期待できますヨ。 内部リンクは面倒がらずに張る 「この話に関連する記事を以前に書いたな」「そういえばこっちの記事も読んでおいてもらうといいかも」…こんな時には、面倒がらずにどんどん内部リンクを貼って、他の記事へとお客様を誘導しましょう。 現在の記事に飛び込んできたお客様は、あなたが誘導する記事にもアンテナが引っかかる可能性大。 次の記事、また次の記事…と、あなたの誘導に従って様々な記事を読んでくれる可能性が高いのです。 「勝手に読んで貰えればいいや」と読者を放置するより、このような「誘導」がうまくあった方が、読者のブログ滞在時間は長くなりますし、満足度も高くなります。 アメブロユーザーの満足度が上がることが、結果的にGoogleからも「良質なサイト」と判断されることとなり、検索結果でも上位に上がりやすくなるんですね。 ウィキペディアサイトはご存知ですよね!?キーワードで内部リンクが張り巡らされているいるでしょ! 8. SNSでこまめにシェアする アメブロを書いたら「書きっぱなしでおしまい」にしていませんか?TwitterやFacebook等のSNSで、ブログの更新はしっかりお知らせするようにしていきましょう。 TwitterやFacebookは、情報を手軽に拡散させる力に優れています。 アメブロのように長文投稿はできませんが、この拡散力を見逃す手はありません! SNSからの流入を増やすことでも、アメブロのランキング上位、そしてGoogle検索上位を目指すことに繋がります。 関連記事: 関連記事: おわりに アメブロ集客を成功させるためのSEO対策はいかがでしたか?ひとつひとつの対策は、一見地味で集客に繋がらなそうに見えるかもしれません。 でも一度、人気のアメブロをチェックしてみてください。 (もちろん、タレントや芸能人は除きます。 彼らは工夫をしなくても、ネームバリューで読者を呼べますから…) ランキング上位の一般人のアメブロのブロガーは、意識的もしくは無意識的に、上記でご紹介したような「ユーザーにわかりやすく、親切なブログ」を作っています。 読者が喜ぶブログを続けることが、強力なSEO対策になっていくのです。

次の

Googleからあなたのアメブロ(Ameba)が検索される方法

アメブロ検索

ブログを見に行くと・・・足跡って付くの!? バレるのはイヤなんだけど・・・ はい。 どうしても閲覧履歴は気になるところですよね。 安心してください。 アメブロでは ブログを検索・訪問しただけで足跡が付いてバレることは無いです! 以下の2パターンにわけてもう少し詳しく説明しますね。 アメブロにログインしていない場合 まず、アメブロにログインしていない場合から見てみましょう。 そもそも「アメブロのID」を作っていない・登録していない人は絶対にバレることは無いです。 誰かの記事に「いいね」も「コメント」も何もできないですが、アカウント名がないのでバレようがないわけですね。 たとえアメブロID・アカウントを持っている人でもログインしていないならば「アカウントがない人」と同じなので絶対にわかりませんよ。 投稿にいいね• 投稿にコメント• ペタ そう、「いいね」は誰が「いいね」したか分かるんです!(以下の画像参照) ペタは自分からわざと「わたし、あなたの記事を見に来たよ〜」を通知する機能です。 アメブロ版の「足跡」みたいなものですが、記事を開いただけで勝手に付くわけではないですよ。 あくまで自分からポチッとして付けるものです。 これらの行動をしなければ、ただ誰かのブログを検索・訪問して記事を見るだけでは絶対に足跡が付いてバレることはありませんよ。 「アメーバブログを読むだけでバレることはない」と思ってもらってokです。 安心して好きなブログを読んでくださいね! さいごに 「滞在時間」や「どのページで離れたか」など、さらに知りたい人はアメブロ外のサービスと連携することで可能になりますよ。 アクセス解析の定番の「Googleアナリティクス」や「Googleサーチコンソール」と連携することが出来るので、そのやり方も追記していきますね! こちらの記事も好きかも?.

次の