アイドル状態。 アイドル状態のリモートデスクトップを時間指定して自動的に切断する方法

アイドル状態の接続の回復性

アイドル状態

ローカルグループポリシーエディタを開く リモートデスクトップさせるOSでローカルグループポリシーエディタを開いてください。 「Winキー」 + 「Rキー」 を同時タイプ 「gpedit. msc」と入力してOK ローカル グループポリシーエディターが立ち上がる 「アクティブでアイドル状態になっているリモートデスクトップサービスの制限時間を設定する」を有効にする 以下のパスにある「アクティブでアイドル状態になっているリモートデスクトップサービスの制限時間を設定する」を開いてください、ちょっと長いです。 PCを再起動してください。 ポリシーの詳細説明 このポリシー設定を使うと、アクティブなリモート デスクトップ サービス セッションがアイドル状態 ユーザー入力がない状態 になってから自動的に切断されるまでの最長時間を指定できます。 このポリシー設定を有効にした場合、[アイドル セッションの制限] の一覧から希望の制限時間を選択する必要があります。 リモート デスクトップ サービスでは、指定された時間の経過後に、アイドル状態になっているアクティブなセッションが自動的に切断されます。 セッションが切断される 2 分前に警告が表示され、ユーザーがキーを押すかマウスを動かすとセッションをアクティブ状態に保つことができます。 コンソール セッションがある場合は、アイドル セッションの制限時間は適用されません。 このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、時間制限はグループ ポリシー レベルでは指定されません。 既定では、リモート デスクトップ サービスは、アクティブなセッションをアイドル状態のまま時間の制限なく維持できます。 注: このポリシー設定は、[コンピューターの構成] および [ユーザーの構成] の両方にあります。 両方のポリシー設定が構成されている場合は、[コンピューターの構成] のポリシー設定が優先されます。 さあ、試してみましょう。 上記の検証では、制限時間を「1分」にしました。 リモートデスクトップを1分放置すると「アイドルタイマーが切れました:セッションは時間制限を超えてアイドルしています。 2分後に切断されます。 セッションを続行するには、どれかキーを押してください。 」というポップアップが出てきます。 むむ、2分の猶予時間があるということか? さらに、2分放置しました。 リモートデスクトップしているパソコンの側に「リモートコンピュータへの入力がなかったため、リモートデスクトップサービスセッションを終了しました。 」とメッセージが表示され、リモートデスクトップが切断されました。 成功です。

次の

アイドル状態検査

アイドル状態

ディープスリープ C3 とディーパースリープ C4 は、モバイル・プラットフォームの電源管理を記述するために使用される用語です。 電源管理は、使用していない CPU をスリープ状態にすることで、バッテリー持続時間を向上させます。 C3 ディープスリープと C4 ディーパースリープは、ACPI 電源管理の状態です。 ディーパー・スリープは、CPU とチップセットの相互作用の改善により、snoop サイクルをリダイレクトします。 CPU がディープ C4 の状態になり、アイドル中の消費電力が低減されました。 C0-アクティブ:CPU はオンで動作しています。 C1-自動 Halt:コアクロックがオフになっています。 プロセッサーは命令を実行していませんが、ほぼ瞬時に実行状態に戻ることができます。 一部のプロセッサーでは、強化された C1 ステート C1E をサポートしているため、消費電力を低減することもできます。 C2-停止時計:コアおよびバスクロックがオフになっています。 プロセッサーはすべてのソフトウェア・可視状態を維持しますが、起動時間が長くなることがあります。 C3-ディープスリープ:クロックジェネレーターがオフになっています。 プロセッサーは、キャッシュの整合性を維持する必要はありませんが、その他の状態を維持する必要はありません。 プロセッサーの中には、プロセッサーをウェイクアップするのにかかる時間によって異なる C3 状態 ディープスリープ、ディー・スリープ のバリエーションがあります。 C4-より深いスリープ:VCC の削減• 電源管理 システムのさまざまなコンポーネントに効率よく電力を供給する方法。 電源管理は、特にバッテリー電源に依存するポータブルデバイスにとって重要です。 使用されていないコンポーネントの消費電力を低減することにより、優れた電源管理システムはバッテリーの寿命を2倍または3倍にすることができます。 ディーパー・スリープは、ダイナミックな電力管理モードで、長いバッテリー持続時間を実現します。 さらに、ユーザーが非アクティブになったことを感知すると、CPU の消費電力が最小限に抑えられます。 アイドル時に消費電力を低減し、ユーザーがシステムの使用を再開するとすぐに CPU をアクティブ状態に復元します。 プロセッサーの状態を維持しながら、cpu 電圧を最小動作電圧未満に抑えます。 QuickStart テクノロジー Briefest 一時停止中に、キーストローク間など、ユーザーの操作中に低電力状態に移行してバッテリー持続時間を延長します。 入力を求められたら、即座にフルパワー状態に戻ります。 データがメモリーに保存された後、キャッシュ方法がオフになっていると、消費電力が大幅に削減されます。 これにより、プロセッサーは、より高い電力消費や効率性を実現するために、より低い電圧で電圧を下げることができます。 参照:.

次の

アイドル状態?

アイドル状態

解説 サーバ・システムのリモート管理や、WAN回線経由のクライアントWindows XPコンピュータの利用など、リモートデスクトップ(ターミナル・サービス)は非常に有用な機能である。 だが、リモートから手軽に接続できる分、セキュリティには注意が必要だ。 例えばサーバ・コンピュータを厳格に管理されたコンピュータ・ルームに設置していても、手元のコンピュータからログオンして使っていれば、セキュリティ的には望ましくない。 机を離れたすきにサーバにアクセスされてしまう可能性があるからだ。 これは、インターネット経由でリモートのコンピュータを利用している場合でも同じである。 目を放したすきに、ローカルのコンピュータだけでなく、リモートのコンピュータさえもアクセスされてしまう。 このような事態を防ぎ、少しでもセキュリティを向上させるためには、リモートデスクトップ・セッションで接続可能な最大時間を制限するという方法がある。 ある一定時間経過するか、無操作の状態が一定時間続くと、セッションを強制的に終了させるという方法である。 これならばログオンしたまま離席しても、自動的にセッションからログオフし、リモート・コンピュータへのアクセスを防ぐことができる。 またターミナル・サービスで多数のユーザーがログオンしているケースでは、ログオフを忘れて、サーバのリソースを無駄に消費するという事態も防ぐことができる。 リモートデスクトップのクライアント・プログラムを(システム・メニューの[閉じる]で)終了しても(「切断」しても)、デフォルトではセッションはログオンしたまま生きているからだ。 セッションを完全に「終了」させるためには、明示的なログオフ操作が必要である。 ・TIPS「」 ・TIPS「」 本TIPSでは、リモートデスクトップ接続に対して、接続可能な最大時間などを設定する方法について解説する。 なお、セキュリティを向上させるためには、これ以外にも暗号化レベルを上げるとか、ポート番号を変更するなどの方法もあるが、これらの詳細については関連記事を参照していただきたい。 操作方法 リモートデスクトップ・セッションの接続時間を制限するには、グループ・ポリシー・エディタを利用して、「ターミナル サービス」の設定を変更する。 まず[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行する]で「gpedit. msc」と入力して、グループ・ポリシー・オブジェクト・エディタを起動する(ドメイン全体で設定を変更する場合は、Active Directoryのグループ・ポリシーを編集してもよい)。 リモートデスクトップのセッション・タイムアウト値の設定 グループ・ポリシー・エディタを起動して、リモートデスクトップのサービス(ターミナル・サービス)のセッション・タイムアウト関連の設定を変更する。 (2)切断されたセッションの扱い。 (3)セッションの最大接続可能時間。 (4)アイドル状態の最大猶予時間。 (5)タイムアウト時のセッションの扱い。 それぞれの項目の意味は次のとおりである。 デフォルトはいずれも「未構成」となっており、セッションの強制的な切断や終了はしないようになっている。 また接続を切断しても、セッションはログオフせずに(終了せずに)スタンバイしており、後で再接続することができる。 項目 意味 (2) 切断されたセッションの扱い。 通常はクライアントからの接続が切断しても、セッションはログオンしたままであり、後で再接続できる。 この設定を変更すると、セッション切断後、指定した時間が経過するとセッションは終了させられる。 ログオフを忘れて切断しても、一定時間経つと自動的に終了させられる。 ただし(リモートデスクトップ接続の)コンソール・セッションは、自動的に終了することはない (3) セッションの最大接続可能時間。 ここで指定した時間が経過すると、セッションは強制的に終了もしくは切断させられる。 ただし2分間の猶予があり(ダイアログが表示される)、その間にアプリケーションの終了操作などを行うことができる (4) アイドル状態の最大猶予時間。 何も操作せずにここで指定した時間が経過すると、強制的に終了もしくは切断させられる。 この値を設定する場合は (3)の値よりも少ない時間にすること (5) タイムアウト時のセッションの扱い。 (3)または (4)で指定された時間が経過した場合に、単にセッションを切断するか(セッションは生きたまま)、それともセッションを完全に終了(強制ログオフ)させるかを選択する。 デフォルトではセッションは単に切断するだけで、ログオンしたままになっている グループ・ポリシーの設定項目とその意味 これらの項目のうち、上の3つに対しては、次のようにタイムアウト時間を設定する。 指定された時間が経過するとセッションが終了もしくは切断する。 セッションの最大値の指定例 これは利用可能な最大セッション時間の設定の例。 例えば「3 時間」を選択すると、リモートへのログオンから3時間経つと強制的にセッションが切断したり、終了したりする。 (1)項目を有効にするにはこれを選択する。 デフォルトはすべて[未構成]となっている。 (2)タイムアウト時間の指定。 ここに列挙されている一覧からのみ選択できる。 サーバ・システムなら3時間程度でよいだろうが、クライアント・コンピュータの場合はもっと長い時間(1日など)が必要だろう。 タイムアウトとして指定可能な時間は、「1分」「5分」「1時間」「3時間」など、このリストに表示されているもののみである。 6時間とか12時間など、ここに表示されていない時間を指定することはできない。 だがWindows Server 2003なら、管理ツールにある[ターミナル サービス構成]を利用すると、任意の時間を指定することができる(これは[未構成]時のデフォルト値を決めるツールにもなっている)。 ターミナル・サービス構成ツールを起動し、[接続]ツリーの下に表示されている項目(デフォルトは「RDP-Tcp」)を選んで[プロパティ]メニューを表示させると、セッション・タイムアウトのデフォルト値を設定することができる。 セッションのタイムアウト値の設定 これはサーバOSに付属のツール。 ここで設定した値は、グループ・ポリシーで[未構成]となっている場合のデフォルト値となる。 (1)このタブを選択する。 (2)これをオンにする。 (3)セッション切断時に、セッションを強制的に終了させるまでの時間を設定する。 (4)これをオンにする。 (5)セッションの最大可能時間。 デフォルトでは「1時間」や「3時間」などが表示されるが、数値の部分を書き換えて「6時間」などとすることもできる。 (6)アイドル状態の最大猶予時間。 (7)タイムアウト時に強制終了させるためにはこれを選択する。

次の