インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん。 インデックス(index)とは?Googleへのインデックスを促進するための6つの方法

グーグルサーチコンソールの設定方法とサイトマップ送信手順を解説

インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん

今まで問題なくインデックス登録やサイトマップ送信をしてきたはずなのに Google Search Consoleの 新Search Consoleのほうで 「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」 と表示される時の対処法について書きます。 難しい作業はなく簡単です。 自分が「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」という状態になっているかどうかの確認方法は、 Googleアカウントにログインした状態で GoogleさんのSearch Console公式ヘルプの、こちらのページの 一番上にある 「インデックス カバレッジ レポートを開く」という 青いボタンを押して、プロパティを検索から自分のサイトを選択。 エラー、有効 警告あり 、有効、除外と並んでいるうちの 有効をクリックすると 詳細のところにサイトマップは送信されていないというページの件数が出てきます。 又、 新Google Search ConsoleのURL検査から サイトURLや個別記事URLを入力して調査をしても インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません、と出ます。 緑のチェックマークが出て、「URL は Google に登録されています」と出た時は そのままインデックス登録リクエストを押して完了です。 黄色い警告マークで「URL は Google に登録されていますが問題があります」と表示された時は URL検査で黄色い警告マークに「URL は Google に登録されていますが問題があります」と出た時は、 そのままインデックス登録をリクエストせずに原因を解消してからリクエスト送信をします。 URL検査の画面から 公開URLをテストというボタンを押して進んだ先のライブテスト画面で 「URL は Google に登録できますが、問題があります」と表示され、 下の方にスクロールすると たいていは、 「このページはモバイルフレンドリーではありません」 AMPを有効にしている場合は 「有効なAMPページではありません。 」 このどちらかが原因でURL検査時に問題があると表示されたので、こちらを合格してからインデックス登録をリクエスト送信します。 ここからは念のためにやること 以下に書くことは必須ではないのですが 念のためにやっておくと安心、という作業を書きます。 新サーチコンソールのURL検査からインデックス登録をリクエスト送信をしていれば、やることは満たしているので以下は無理にはやらなくて良いです。 旧サーチコンソールでURLとリンクページのインデックス登録をリクエストする 念のため、 旧Search ConsoleのFetch as Googleから URLとリンクページのインデックス登録をリクエストをします。 xml 自分のサイトマップURL をクリックしてから 赤い再送信ボタンを押して、サイトマップを再送信します。 過去に書いた記事も サイトマップを 「送信して登録されました」という表示に変わっていた これで、 一週間くらい経った後 、 新サーチコンソールからは特にインデックス登録し直したわけでもない過去に書いた記事も、記事個別URLを新サーチコンソールからURL検査すると 「カバレッジ 送信して登録されました」と表示されるようになっていました。

次の

サーチコンソールに登録したサイトマップを削除する方法

インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん

を削除する方法 みなさん、こんばんは。 ブログをやっている方の大部分が使っている、登録していると思われるサーチコンソール。 を登録したり、記事の検索順位などを確認したり、などの検索関連の情報を得られる大変便利なサイト・機能です。 でも、思うように反応してくれなかったり、エラーが出たりもしますよね。 私の場合、モバイルにエラーがあったり、のURL数が増えなかったりなどがあります。 に関しては「正常に処理されました」と表示されるものの検出されたURLがここのところ全く増えていません。 ひどいものだと5月以降読み込まれていないもあります。 なかなか読み込まれないので、一旦、を削除して新たに登録してみようと思いましたが、削除の仕方が最初分かりませんでした。 今日は、サーチコンソールのの削除の仕方をみていきたいと思います。 」がインデックスと言われています。 」もインデックスとして有効です。 どちらがいいのかわからないので私は両方登録しています。 両方登録して、両方ともステータスは「成功しました」となっています。 双方の検出されたURLも同数となっています。 型としての「インデックス」の他に、「」の登録もしています。 私のブログは現在260記事ほどです。 さらにfeedとも一応登録はしています。 すべてのステータスが「成功しました」となっていますが、検出されたURLが記事数よりも少ないです。 記事数の約3分の2ほどしかURLが検出されていません。 インデックスをたまに送信してみたりはするのですが、最終読み込み日時に変化がない時が多いです。 これはインデックスではなく、に顕著な傾向です。 これを改善するため、一旦、インデックスを削除してみて様子をみようというのが今回の試みです。 削除後に再登録して変化があるのかみていきたいと思います。 サーチコンソールのの削除方法 まずはサーチコンソールの左メニュー欄にある【】をクリックします。 」をクリックしてみます。 このページ内右上にある丸3つが並んだマークをクリックすると【の削除】とでてくるのでそれをクリックすれば、インデックスを削除することができます。 」を削除して、しばらくしてから再登録 追加 してみました。 結果は変わらず。 ステータスは「成功しました」になりますが、検出されたURLはもとの数字と同じ件数でした。 どうしたら記事数に見合った数値になるのでしょうか・・・? いつかは増えるのかわかりませんが、静観するしかなさそうですね。 ちなみに、には送信されてはいませんが、のインデックスには登録されているようです。 とりあえず、検索結果には反映されているようなのでまだいい方なのかなとは思いますが、にも登録されてほしいものです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 samada.

次の

インデックス カバレッジからインデックス状況を確認する方法

インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん

Search Consoleのインデックス カバレッジ レポートでは、検索インデックスのステータスの情報を見ることができます。 インデックスのステータスは、以下の4種類に分類されます。 エラー• 有効(警告あり)• 除外 それぞれのステータスの項目をクリックすると、該当するステータスの詳しい情報を見ることができます。 以下は、インデックスカバレジでエラーのステータスが表示されているレポートページのスクリーンショットです。 添付画像では、エラーは0になっていますが、少し前まではエラーが発生していました。 エラーの理由は、「送信された URL に noindex タグが追加されています」です。 「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーの理由 「送信された URL に noindex タグが追加されています」は、サイトマップで送信したページ(サイトマップに含まれているページ)に、のメタタグが設定されている場合にエラーとなっていることを示すメッセージです。 サイトマップで送信するページは、サイト内で特に検索エンジンにインデックスしてもらいたいページを送信するのが基本です。 サイトマップに含まれているページにも関わらず、Googleの検索エンジンにインデックス登録をしないように指示するタグであるnoindexが設定されているために、エラーとして扱われます。 ページにnoindexが設定されている場合は、サイトマップで送信していても、そのページはインデックスされません。 「サイトマップで送信しているのに、noindexが入っていますよ! このURLはインデックスされないけど良いですか?」というような意味があります。 「送信された URL に noindex タグが追加されています」の対処法 当エラーメッセージが表示された場合の対処を決める上で、最初に考えるべきことは、 エラーとなっているURL(ページ)をサイト運営者として、インデックスしてほしいのか否かです。 インデックスして欲しいページの場合: noindexを外す必要があります。 サイト運営者がnoindexを設定していないにも関わらず、システムで勝手に指定されるケースは限られています。 なぜ、noindexが設定されているのかを調べて、設定を変更するなどの対策を行います。 インデックスしなくても良い(して欲しくない)ページの場合: インデックスしなくても良いページの場合は、サイトマップに含めない(サイトマップから削除する)ようにすれば、エラーはなくなります。 サイトマップに自動的に含まれてしまって、外し方が分からない場合は、何もしなくて構いません。 エラーとして表示されますが、実質的には問題はありません。 プラグイン Google XML Sitemapsを使用している場合の代表的なエラー例 Google XML Sitemapsの設定で、「HTML形式のサイトマップを含める」が有効になっている場合、プラグインが作成するXMLサイトマップ(ファイル名:sitemap. xml)内のsitemap-misc. xmlの中にsitemap. htmlが含まれて表示されます。 Google XML Sitemaps プラグインでは、サイトマップに含まれるHTML形式のサイトマップ、sitemap. htmlの中にnoindexのメタタグが設定される仕様になっています。 そのため、上のスクリーンショットにあるように、Google XML Sitemapsで自動的に生成しているsitemap. htmlが、XMLサイトマップ内に含まれていると、Search Console カバレッジレポートで、「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーとなることが多いです。 (基本的にエラーとなります。 ) エラーの対処法 この場合の対処法は以下の2つの選択肢があります。 何もしない。 sitemap. htmlをサイトマップに含めないように設定する。 何もしないについて Search Consoleのカバレッジレポートでは、「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーになりますが、そのURLがHTMLサイトマップの場合は、実質的には問題はありません。 HTMLサイトマップをインデックスさせる必要がないのであれば、noindexが含まれていても問題はありません。 プラグインが生成するHTMLサイトマップがインデックスされたとしても、検索で表示される可能性は極めて低いです。 インデックスさせる必要がないので、noindexを入れることは、妥当とも言えます。 その場合は、エラーは表示され続けますが、サイト運営者としては状況を認識しているので問題はありません。 sitemap. htmlをサイトマップに含めないように設定する エラーが表示され続けるは好まない。 エラーは無い状態にしたい場合は、サイトマップにsitemap. htmlを含めないように設定を変更します。 基本的な設定の項目の中の「HTML形式でのサイトマップを含める」のボックスからチェックを外します。 ページをスクロールダウンして、[設定を更新]ボタンを押して、設定を保存します。 以上で、エラーの原因となっていたHTMLサイトマップは、XMLサイトマップに含まれなくなります。 備考: XMLサイトマップには、HTMLサイトマップは含まれなくなりますが、2020年2月の時点で確認したところ、HTMLサイトマップファイルは継続して生成されます。 しかし、サイトマップに含める設定を外した(無効にした)場合には、sitemap. htmlにはnoindexは含まれなくなります。 上記作業後、Search Consoleのインデックスカバレッジのエラーページに戻って、「修正を検証」のボタンを押します。 検証作業とステータスの更新は、通常数日から1週間程度かかります。 問題が修正されたことが確認されるとエラーが無くなり、「合格」の表示に変更になります。 以上で作業完了です。 インデックスカバレッジ レポートについてのその他のエラーなどについての説明や操作方法など詳しくは、Search Console のヘルプのをご覧下さい はじめまして。 コメントありがとうございます。 今回、確認したところ、「HTML形式のサイトマップを含める」のチェックを外しても、sitemap. htmlは作成される状態になっていることが分かりました。 しかし、XMLサイトマップファイルには含まれなくなります。 そのため、Search Consoleでのエラーはなくなります。 対処法自体は変更はなく、作業を行えば、エラーは無くなります。 送信されたURLのページ内にnoindexタグが含まれているためにインデックスできないことを通知するものです。 example. html の意味で、そのURLをインデックスして欲しい場合の対処法という事でしょうか? その場合は、、「HTML形式のサイトマップを含める」のチェックを入れて、ファイルが生成され、そのファイル内にnoindexが含まれていないことを確認の上、URL検査ツールを使用して、インデックスリクエストを送信することが一つの方法です。 Google XML Sitemapsプラグインが生成するHTMLサイトマップは、基本的にはXMLサイトマップをHTMLで表示できるようにしているものです。 インデックスされたとしても、検索で表示される可能性は極めて低いと思います。 「何もしない」場合、元々インデックスはされていないので、インデックスされない状態が続きます。

次の