袴 垂 保昌 に あふ こと 現代 語 訳。 袴垂、保昌に会ふことについて教えてください昔、袴垂とて、いみじき盗人の大...

日本古典文学摘集 宇治拾遺物語 巻第二ノ一〇 袴垂保昌に逢ふ事 現代語訳

袴 垂 保昌 に あふ こと 現代 語 訳

袴垂、保昌に会ふこと(「宇治拾遺物語」) 問題 袴垂、保昌に会ふこと(「宇治拾遺物語」) 問題 昔、袴垂とていみじき盗人の大将軍ありけり。 a 十月ばかりに衣の用ありければ、衣すこしまうけんとて、さるべき所々うかがひありきけるに、夜中ばかりに、人みなしづまりはててのち、月の朧なるに、衣あまた着たりける主の、指貫のそばはさみて、絹の狩衣めきたる着て、ただひとり笛吹きて、 b 行きもやらず、ねりゆけば、「あはれ、これ【 c 】、我に衣えさせんとて、出でたる人なめれ」と思ひて、走りかかりて衣をはがんと思ふに、あやしく物のおそろしく覚えければ、そひて二三町ばかりいけども、我に人こそつきたれと思ひたるけしきなし。 かやうにあまたたび、とざまかうざまするに、つゆばかりも騒ぎたる気色なし。 「希有の人かな」と思ひて、十余町ばかり具して行く。 「さりとてあらんやは」と思ひて、刀を抜きて走りかかりたる時に、そのたび笛を吹きやみて、立ち帰りて、「こは、何者ぞ」ととふに、心も失せて、 d 我にもあらで、ついゐられぬ。 又「いかなる者ぞ」ととへば、「今は逃ぐとも、よも逃がさじ」と覚えければ、「ひはぎに候ふ」といへば、「何者ぞ」ととへば、「あざな袴垂となん言はれ候ふ」と答ふれば、「さいふ者ありと聞くぞ。 あやふげに、希有のやつかな」と言ひて、「ともにまうで来」とばかり言ひかけて、又同じやうに笛吹きて行く。 この人の気色、今は逃ぐともよも逃がさじと覚えければ、鬼に神とられたるやうにて、ともに行く程に、家に行きつきぬ。 いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。 aQ1 家のうちに呼び入れて、綿あつき衣一つを給はりて、「衣の用あらん時は、参りて申せ。 心も知らざらん人にとりかかりて、汝あやまちすな」とありしこそ、あさましくむくつけく恐ろしかりしか。 aQ2 いみじかりし人のありさまなりと、とらへられて後、語りける。 問1 文中で撥音便化していて撥音が表記されていない語はどれか、その本来の形を記して答えなさい。 問2 a 十月の読み(異名)を現代仮名遣いのひらがなで記しなさい b 行きもやらず・d 我にもあらでを口語訳しなさい。 cの空欄に2字の助詞を記しなさい。 advanced Q. 1 aQ1 家のうちに呼び入れて、綿あつき衣一つを給はりて、「衣の用あらん時は、参りて申せ。 心も知らざらん人にとりかかりて、汝あやまちすな」とありしについて、保昌がそうしたのはなぜか説明しなさい。 advanced Q. 2 aQ2 いみじかりし人のありさまなりとは、ここでは具体的にはどういうさまを言うものか、15字程度で記しなさい。

次の

日本古典文学摘集 宇治拾遺物語 巻第二ノ一〇 袴垂保昌に逢ふ事 原文

袴 垂 保昌 に あふ こと 現代 語 訳

| | | | | 今昔物語集を読む:現代語訳と解説 今昔物語集は、平安時代末期に成立した説話集で、全三十一巻、併せて千二百余の説話を収めている。 そのいづれも、原則として、「今昔」ではじまり、「トナム語リツタヘタルトヤ」で結んでいることから、「今昔物語集」と呼ばれるようになった。 もっとも鎌倉時代の半ば頃までは、「今昔物語」と呼ばれていたようである。 今昔物語集に収録された説話の中には、「宇治拾遺物語」と共通するものが結構ある。 「宇治拾遺物語」はまた「宇治大納言物語」との共通性が指摘される。 そんなことからこの三者を、宇治大納言源隆国と関連付ける意見もあるが、今日では否定的に受け取られている。 もっとも内容的には共通なものが多いのは事実で、それらを特徴づけると、因果応報、生者必滅、会者定離といった仏教的世界観が濃厚なことである。 今昔物語集の撰者は、はっきりとはわかっていないが、その表現能力からして、貴族社会の一員ではなく、大寺に所属する無名の僧だったのではないかと思われる。 無名の僧とは言っても、相当の教養はあるわけで、でなければ今日に至るまで多くの読者をひきつけることはなかったであろう。 しかも、文学作品として読んでも面白い。 芥川龍之介や谷崎潤一郎が、今昔物語集の説話からインスピレーションを受けて、小説を書いたことはよく知られている。 今昔物語集の説話の面白さは、事実を淡々と、誇張なく描くことにあり、簡潔な表現のなかから、具体的な出来事がありありと浮かんでくるようなところにある。 美辞麗句を排して、論理的に積み上げていく文章が、ある種のリアリズムの力を以て、読者に迫ってくるようなところがある。 それがこの説話集の生命というべきものだ。 しかもその簡潔で論理的な文章が、書き手が読み手に向って呼びかけるような説話固有の口調とあいまって、独特の調子の文体となっている。 その独特の文体がこの説話集に共通の性格を付与しているのであるが、語られる説話の内容は多岐にわたっている。 その多岐の説話を、大きく三つに区分して収録している。 巻一から巻五までは天竺の部、巻六から巻十までは震旦の部、巻十一から巻三十一までが本朝の部である。 本朝の部はさらに、仏法にかかわる部分(巻廿まで)と世俗的な部分(巻二十二以降)とにわかれている。 説話として面白いのは、主として本朝世俗部のものであるが、それ以外のものにも面白いものはある。 このサイトでは、今昔物語集の本朝世俗部からとりわけ面白い話数十篇を取り上げて、テクストの現代語訳と簡単な解説を付した。 今昔物語集は、今に生きる日本人にも、尽きせぬ興味の源泉である。 作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved C 2015-2018 このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである.

次の

宇治拾遺物語の保昌と袴垂の口語訳お願いします! 昔、袴垂とて、い...

袴 垂 保昌 に あふ こと 現代 語 訳

~前回のあらすじ~ 盗賊・袴垂が追いはぎをしようとして、笛を吹きながらゆっくりと歩いていく男に襲いかかろうとしたものの、一分の隙もなくて実行できないまま後をつけていました。 【現代語訳】 袴垂は「世にも珍しい人だなあ」と思って、十町あまり後ろをついていく。 「だからといってこうしていられようか」と思って、刀を抜いて走りかかった時に、 その時は笛を吹くのをやめて、振り返って「お前は何者だ」と尋ねると、 袴垂は呆然として、正気も失って、その場に座り込んでしまった。 また「どういう者だ」と尋ねるので、「今となっては、例え逃げてもまさか逃がしはするまい」と思われたので、 「追いはぎでございます」と言ったところ、「何者だ」と尋ねるので、 「通称、袴垂と言われております」と答えると、 「そういう者がいると聞いている。 危険そうな、とんでもない奴だなあ」と言って、 「一緒について参れ」とだけ言葉をかけて、また同じように笛を吹いて行く。 この人の様子は、今や逃げても逃がすまいと思われたので、 鬼に魂を取られたかのようにして、一緒に行くうちに、家にたどり着いた。 どこかと思うと、摂津前司・保昌という人であった。 家の中に呼び入れて、綿の厚い衣一つをお与えになって、 「衣服が必要な時は、ここに参上してその旨を申せ。 気心も知らないような人に襲いかかって、お前、しくじるな」とあったのは、驚きあきれ、気味悪く恐ろしかった。 立派な人物のありさまであると、捕らえられた後、語った。 袴垂という盗賊に狙われた保昌ですが、実は保昌の弟もまた盗賊なんです。 藤原保輔という人物で、最後は切腹して自害しました。 資料で確認できる、日本最古の切腹の事例らしいです。 保昌はよほど盗賊に縁があるみたいですね(笑) 【原文】 「希有の人かな」と思ひて、十余町ばかり具して行く。 「さりとてあらんやは」と思ひて、刀を抜きて走りかかりたる時に、 そのたび笛を吹きやみて、立ち帰りて、「こは、何者ぞ」ととふに、 心も失せて、我にもあらで、ついゐられぬ。 又「いかなる者ぞ」ととへば、「今は逃ぐとも、よも逃がさじ」と覚えければ、 「ひはぎに候ふ」といへば、「何者ぞ」ととへば、 「あざな袴垂となん言はれ候ふ」と答ふれば、 「さいふ者ありと聞くぞ。 あやふげに、希有のやつかな」と言ひて、 「ともにまうで来」とばかり言ひかけて、又同じやうに笛吹きて行く。 この人の気色、今は逃ぐともよも逃がさじと覚えければ、 鬼に神とられたるやうにて、ともに行く程に、家に行きつきぬ。 いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。 家のうちに呼び入れて、綿あつき衣一つを給はりて、 「衣の用あらん時は、参りて申せ。 心も知らざらん人にとりかかりて、汝あやまちすな」とありしこそ、あさましくむくつけく恐ろしかりしか。 いみじかりし人のありさまなりと、とらへられて後、語りける。 「あらんやは」の「やは」は反語を表す重要な文法事項。 「あらんやは」で「 このようにして いられようか、いや、いられない」ということ。 「ゐ」はワ行上一段活用「ゐる」の未然形で、「座る」の意味。 「られ」は自発の助動詞。 「ぬ」は完了の助動詞。 「引っ剥ぎ ひっぱぎ 」ともいう。 追いはぎのこと。 「神」はここでは「魂」の意味で使われていると言われる。 「むくつけし」も重要語で「不気味だ」の意味。 「し」は過去の助動詞「き」の連体形。 [ ].

次の