クソ鳥。 運命なんて、クソくらえ!! [鳥としゃけごはん(しゃけ沢)]

まさに諸悪の根源! 手塚治虫の『火の鳥』の人類介入が酷すぎる件について

クソ鳥

火の鳥とは• の民間伝承に登場する上の。 焔で出来た羽毛を持つ。 の作品、或いは同シリーズに登場するの鳥。 不死の存在で、この鳥を軸に時空を超えて様々な物語が紡がれる。 本項で解説。 上記の手塚治虫作品に登場する架空の鳥がとのコラボでしたキャラクター。 詳細はを参照。 『』の必殺技の一つ、「科学忍法火の鳥」。 『』に登場する火の術法の一つ。 敵に使われた場合全滅必至の威力を誇る。 概要 手塚治虫が漫画家として活動を始めた初期の頃から晩年まで手がけられており、手塚治虫のライフワークであると認識されている。 中編連作でありながら大長編作品という構想で執筆されている。 一つ一つの編は独立しているため、どのような順序で読んでも楽しめるが、全編を読むと永遠の命を持つ火の鳥の壮大なからまでの長編として読める。 なお最初は1954年、学童社の『漫画少年』に「黎明編」が連載されたが、後の『COM』に連載された同名編とは別物であり、現在ではほとんど顧みられることはない。 また続いて1956年に雑誌『少女クラブ』に連載され、エジプト編、ギリシャ編、ローマ編が執筆されたが、他の作品とはつながりがない。 上記の構想が確立され本作が大長編としての体裁を整えたのは、1967年、手塚が自分自身で創刊した漫画雑誌『COM』に掲載した「黎明編」からである。 以降、1988年に完結する「太陽編」まで次々に執筆され、手塚の代表作の一つとして見られるようになった。 内容はから超未来まで、(主に)やを舞台に、の本質・人間の愚行・が、手塚治虫自身の思想を根底に壮大なスケールで描かれる。 この作品に多くの漫画家が影響を受けた。 何回か映像化も行われた。 「黎明編」(COM版)以降の連載作品では、最も過去が「黎明編」、最も未来が「未来編」である。 時間軸で考えた場合の物語は「未来編」で物語の全てが完結するが、「未来編」は「黎明編」へと続くため永久に漫画の中でようになっている。 しかし、「黎明編」(COM版)以降のすべてが上記の構成に沿った内容になっているわけではなく、「復活編」と「太陽編」は物語の中で複数の時間軸が交錯する変則的な構成である。 朝日新聞の140周年記念に、大地編のプロットをもとにが小説化、が挿絵を担当し、連載することが決まった。 特設ページでは黎明編と大地編コミカライズ第1話が無料公開されている。 現在の時点では書籍化の情報は出ていない。 しかし、それぞれの編は基本的に独立した内容となっているため、どれを選んでも作品単品として楽しむことができます。 どうか、気軽に手に取ってください。 気の向くままにすべての作品を読み終わったとき、作品の根底に共通する大きなテーマや、キャラクターの秘密などの様々な仕掛けに気付くことができます。 そして、そのときこそ、手塚の壮大な構想を発見し、驚きと新たな感動を覚えることでしょう。 その時は、ぜひ単行本の順番を入れ替えて、もう一度読んでください。 黎明編 - 古代の日本を舞台にの元となった内容の話• 未来編 - 数千年後の未来、世界大戦により荒廃した地球の再生を余儀なくされた男の孤独• ヤマト編 - 古墳時代、歴史を書き換えようとする者とそれをよしとしない者の対立• 宇宙編 - 数百年後の未来、流刑の星に流された牧村五郎、彼に下された罰• 鳳凰編 - 、と茜丸の物語• 復活編 - 事故死より蘇生したレオナ、自分を殺した犯人とは?ロビタの誕生が描かれ、「未来編」へと繋がる。 羽衣編 - 平安時代、過去の時代へと舞い降りたと呼ばれる未来人の悲しい恋の物語• 望郷編 - 主人公ロミと恋人のジョージの物語。 手塚本人によってなんども書き直されており、未完の『COM』版のバージョンもある。 乱世編 - ら源平の世の背景に、火の鳥の争奪が関わっていた.... という話。 生命編 - 22世紀を舞台に、クローン人間の殺人をモチーフにした作品• 異形編 - 室町時代、男として育てられた女性、左近介に下された呪い• 太陽編 - 狼の顔を持つハリマ、近未来の破壊工作員スグルとの剣士。 二つの時代が交差する物語 バージョン違い 火の鳥は同じ編でも、雑誌掲載時と単行本で内容が大きく変わっていることがある。 さらに単行本は70年代の朝日ソノラマ版と80年代の角川書店版の二種類があり、角川版は朝日ソノラマ版からさらなる修正が加えられている。 つまり「雑誌掲載版」「朝日ソノラマ版」「角川書店版」の3バージョンが存在する。 黎明編(雑誌掲載版 漫画少年 ) - 火の鳥の初出。 南の島が舞台• 羽衣編(雑誌掲載版 COM ) - 子供が奇形• 望郷編(雑誌掲載版 COM ) - 上記の羽衣編の続編• 乱世編(雑誌掲載版 COM ) - 主人公のまきじと妹のおぶうが、兄妹なのに淫らな関係。 乱世編(朝日ソノラマ版) - 猿と犬が義経との生まれ変わり。 乱世編(角川書店版) - ラストシーンの大幅加筆。 望郷編(雑誌掲載版 マンガ少年 ) - ラストシーンが単行本とぜんぜん違う。 望郷編(朝日ソノラマ版) - の亜種が登場するなど大幅加筆。 望郷編(角川書店版) - ノルヴァはいらない子。 生命編(雑誌掲載版 マンガ少年 ) - 主人公がテレビ番組内で殺される。 生命編(朝日ソノラマ版) - 火の鳥の子供の顔が火の鳥じゃなくなった。 太陽編(雑誌掲載版 野性時代 ) - が登場する。 上記以外の編• エジプト編、 ギリシャ編、 ローマ編 - 『少女クラブ』に連載。 他の編とは繋がりがない。 火の鳥東洋編 - 「ブッダ」は元々は「火の鳥東洋編」として描く予定だったが、いろいろあって独立した作品となった。 猿田がでるのはこの名残。 大地編 - 手塚が『太陽編』の次作として連載予定だったもの。 手塚本人による構想メモが残されていて、日中戦争が舞台で主人公はとその弟となっている。 構想メモは今では広く公開されているが、手塚プロによると角川の雑誌編集部の要請で物語の舞台を明治初期に変えることになり、手塚もそれに合わせてシノプシスを組み直したので、残されている構想メモは初期案に過ぎないということ。 前述の通り、組み直される前のシノプシスをもとにが執筆した小説版が朝日新聞にて連載中。 再生編(仮) - 手塚は「いつかはも火の鳥の世界観に組み込む」ことを各所で発言していた。 「ASTRO BOY鉄腕アトム-アトムハートの秘密-」や「ブラック・ジャック・火の鳥編」や小説「火の鳥アトム編」などにはこの手塚の言葉からイメージを膨らませたアイデアが活かされている。 - 手塚が原案・構成・総監督を務めたアニメ映画。 火の鳥の結末の1つが描かれている。 火の鳥(第二部) - 1978年に公開された実写映画『火の鳥』の続編になる予定だったがお蔵入りになった企画。 手塚治虫が執筆したシナリオが残されており、きっちり完結している。 火の鳥の結末の1つが描かれている。 舞台劇版火の鳥 - 手塚治虫が病院のベッドで執筆した舞台劇用のシナリオ。 手塚治虫の死ぬ前日に講演された。 幾つかの書籍に収録。 火の鳥の結末の1つが描かれている。 休憩 - 2種類存在するがCOM版の「休憩」は現代編の伏線が張られている。 現代編 - 手塚治虫が臨終の際に1コマの『現代編』を描き、死と同時に完結するという構想があった。 手塚が今際の際に描こうとしていたのはこれではないかという推測もある。 文庫版にコメントを寄せた人物 登場キャラクター CVは2004年のテレビアニメ版のもの• (CV:) 黎明編• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:) 復活編• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:) 異形編• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:) 太陽編• (ハリマ、クチイヌ)(CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:) 未来編• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:) アニメ(2004年版) 2004年に「黎明編」・「復活編」・「異形編」・「太陽編」・「未来編」が放送された。

次の

コズミック害鳥とは

クソ鳥

火の鳥 けものフレンズ とは、の作品『』と、を始めとした作品『』とので生まれたである。 概要 『』の登場でにもなっている「」の外見的特徴が各所に取り入れられた、の姿をした。 『』のを担当している氏が「の美男展~優艶~」用にした、『』と『』のである。 ちなみに、のあたりにはの付いたンツギがあしらってある。 『』という作品においては「が「」というの物質に触れると、そのの特徴を残しつつものの姿をした「」(「」とも呼ばれる)に変化してしまう」という基本設定が存在する。 つまりこのは「」が化()した姿を描いたものと受け取れる。 「」は常的な存在であり単なるではないが、『』で最初に展開された初代には「」「」「」「」「」など、常的な存在のも複数登場していた。 「の美男展~優艶~」は~にうめだ9Fのうめだで開催されたの・によるで、氏以外にも複数のによる作品が展示されていた。 会場ではこの「」のを化したもの(アート、( 6用)、、アルホルダー)も販売されていた。 またこれらの商品は、にある「YO 」においてもから在庫切れとなるまでの間のみ販売されていた。 なお、このアルホルダーには「アルホルダー図鑑」というの一つとしての表示がある。 そして「アルホルダー図鑑」は、『』に登場するらの図鑑という体で販売されているである。 この点からも、この「」がとして描かれていることが伺える。 ちなみに、作品と『』のはこの『』以外にも存在する。 にで開催された「・ たちのヒミツを探せ!(解きin)」内の一として、『』と『』のが販売された。 この時には『』に登場するの「」、の「」、の「」がとして描かれた。 二次創作 『』のなどで扱われることもある。 が一枚しかないであるにもかかわらず、多数のによるが・頒布されたりもしている(の第1弾は「 -ほしのきおく-」、の第2弾は「 -ほしをつなげて-」、の第3弾は「 -ほしをめぐり-」。 第1弾のは。 第1弾はから期間限定で全開中 )。 ただし一枚しかないということは、どのようなを持つどのような性格のなのかはさっぱりわからない。 そのため、のはの『』に登場するときの「」の描写を参考にしていることが多いようだ。 ただし『』とは様々なの的な作品であり、作中に登場するは登場ごとに異なった特徴を持っている。 を越するような全知全的な存在として描かれることもあれば、「に追い詰められてをしたが矢で射られて仕留められる」といった姿が描かれることもある。 一部のでは、「人類をで煽ったり断罪したりしてくるッド」といった扱い方で描かれてしまうこともある。 これはおそらく『』で描かれた様々な描写に由来すると思われる。 つまり準拠ではある。 だが、上記のように『』内では他にも多様な描かれ方をしているでもあり、優しいだって多分ありうる。 例: そのにおいてちゃんがどういった描かれ方をしているかを確認せず、条件反射的に即「」などと罵るようなを書いたりするのは控えよう。。 関連動画 関連静画 番外編 関連お絵カキコ 関連項目• 参考:.

次の

まさに諸悪の根源! 手塚治虫の『火の鳥』の人類介入が酷すぎる件について

クソ鳥

火の鳥 けものフレンズ とは、の作品『』と、を始めとした作品『』とので生まれたである。 概要 『』の登場でにもなっている「」の外見的特徴が各所に取り入れられた、の姿をした。 『』のを担当している氏が「の美男展~優艶~」用にした、『』と『』のである。 ちなみに、のあたりにはの付いたンツギがあしらってある。 『』という作品においては「が「」というの物質に触れると、そのの特徴を残しつつものの姿をした「」(「」とも呼ばれる)に変化してしまう」という基本設定が存在する。 つまりこのは「」が化()した姿を描いたものと受け取れる。 「」は常的な存在であり単なるではないが、『』で最初に展開された初代には「」「」「」「」「」など、常的な存在のも複数登場していた。 「の美男展~優艶~」は~にうめだ9Fのうめだで開催されたの・によるで、氏以外にも複数のによる作品が展示されていた。 会場ではこの「」のを化したもの(アート、( 6用)、、アルホルダー)も販売されていた。 またこれらの商品は、にある「YO 」においてもから在庫切れとなるまでの間のみ販売されていた。 なお、このアルホルダーには「アルホルダー図鑑」というの一つとしての表示がある。 そして「アルホルダー図鑑」は、『』に登場するらの図鑑という体で販売されているである。 この点からも、この「」がとして描かれていることが伺える。 ちなみに、作品と『』のはこの『』以外にも存在する。 にで開催された「・ たちのヒミツを探せ!(解きin)」内の一として、『』と『』のが販売された。 この時には『』に登場するの「」、の「」、の「」がとして描かれた。 二次創作 『』のなどで扱われることもある。 が一枚しかないであるにもかかわらず、多数のによるが・頒布されたりもしている(の第1弾は「 -ほしのきおく-」、の第2弾は「 -ほしをつなげて-」、の第3弾は「 -ほしをめぐり-」。 第1弾のは。 第1弾はから期間限定で全開中 )。 ただし一枚しかないということは、どのようなを持つどのような性格のなのかはさっぱりわからない。 そのため、のはの『』に登場するときの「」の描写を参考にしていることが多いようだ。 ただし『』とは様々なの的な作品であり、作中に登場するは登場ごとに異なった特徴を持っている。 を越するような全知全的な存在として描かれることもあれば、「に追い詰められてをしたが矢で射られて仕留められる」といった姿が描かれることもある。 一部のでは、「人類をで煽ったり断罪したりしてくるッド」といった扱い方で描かれてしまうこともある。 これはおそらく『』で描かれた様々な描写に由来すると思われる。 つまり準拠ではある。 だが、上記のように『』内では他にも多様な描かれ方をしているでもあり、優しいだって多分ありうる。 例: そのにおいてちゃんがどういった描かれ方をしているかを確認せず、条件反射的に即「」などと罵るようなを書いたりするのは控えよう。。 関連動画 関連静画 番外編 関連お絵カキコ 関連項目• 参考:.

次の