ジェイ テクト 求人。 大分県 大分市の求人

株式会社 ジェイテクト|ニュース

ジェイ テクト 求人

2020年06月23日• 2020年06月18日• 2020年05月28日• 2020年05月27日• 2020年05月26日• 2020年05月26日• 2020年05月25日• 2020年05月25日• 2020年05月22日• 2020年05月22日• 2020年05月13日• 2020年04月27日• 2020年04月13日• 2020年04月13日• 2020年04月01日• 2020年04月01日• 2020年03月31日• 2020年03月24日• 2020年03月19日• 2020年03月11日• 2020年03月05日• 2020年03月02日• 2020年02月27日• 2020年02月27日• 2020年02月27日• 2020年02月19日• 2020年02月17日• 2020年02月17日• 2020年02月12日• 2020年02月06日• 2020年02月06日• 2020年02月05日• 2020年01月06日.

次の

ジェイテクトのホワイト度・ブラック度チェック

ジェイ テクト 求人

赴任地によって差が出ます。 営業と考えれば、色々な会社と比べると、全然有りだと思います。 転勤族になるので、妻持ちで知らない土地に行くのが楽しい… 株式会社ジェイテクトのホワイト度・ブラック度をチェック キャリコネでは株式会社ジェイテクトのホワイト・ブラック度を確認することができます。 労働時間の満足度が3. 5、仕事のやりがいが3、ストレス度の低さが3、休日数の満足度が3. 9、給与の満足度が3. 3、ホワイト度が3. 7といった株式会社ジェイテクトの会社の評価を知ることができます。 また、「現在は報酬の査定制度が設けられており、各期末に上司と面談を実施しながら、貢献度合を説明する場が与えられている... 」のようにホワイト度を高く評価した口コミ・評判を読むことができます。 キャリコネの年収・給与レポート、口コミ・評判レポート、転職・中途採用面接レポートは、有名企業に勤める社員を中心に投稿されたもので、月給だけでなく、残業代、手当、賞与などを具体的にカバーした年収情報と、働く環境やローカルルール、社員にしかわからない口コミや転職時の面接体験などから構成されています。 幹部候補求人を中心とした年収200万円アップの求人も提供しております。 企業の評判や口コミ情報を見ながら、求人応募を行うことができます。 また、企業や仕事に関連した特集コンテンツも充実しており、企業の人事制度や公的データ算出による平均年収や様々な角度から働く人のキャリアをサポートする情報を提供しています。

次の

大分県 大分市の求人

ジェイ テクト 求人

就労可能を証明する診断書。 田中さんは療養を経て、主治医から就労可能という判断をもらったが、会社はそれを認めようとしない。 主にトヨタ車のステアリング技術を提供する㈱ジェイテクト社員の田中光太郎(32歳)さんは、たび重なる上司からのパワハラと慢性的な長時間労働で鬱病を発症し休職した。 療養生活を経て回復し、診断書も出て復職しようとしたが、会社は拒否。 田中さんが加盟する労組が要求した団体交渉も、労働委員会のあっせんも拒否だった。 そのため田中さんは、社員としての地位確認と休職期間終了後の賃金の支払いを求め7月に会社を提訴。 全国的に鬱病休職が増える中、今後田中さんのように復職を認められないケースが増える恐れもあり、10月には計8団体と個人が参加する「JTEKT田中さんの解雇撤回裁判を支援する会」が結成された。 豊田工機と合併して2006年1月から、現在の㈱ジェイテクトになっている。 トヨタの資本が入っており、主にトヨタ車のためのステアリング技術を提供する会社だ。 ㈱ジェイテクト 会社概要(同社ホームページより) 本社 名古屋本社052-527-1900 大阪本社 06-6271-8451 事業内容 ステアリングシステム、軸受、駆動部品、工作機械、電子制御機器などの製造・販売 資本金 368億円 大株主 1位 トヨタ自動車(株) 2位 ㈱デンソー 売上高 連結: 10,170億円 単独: 5,884億円 従業員数 連結: 33,029名 単独: 10,091名 パワハラ鬱病で休職し復職が認められないために裁判になっているわけだが、まずは当事者である田中さんに、これまでの経過を聞いた。 「もともと私は関東の人間で、千葉工業大学を卒業して01年4月に入社(当時は合併前の光洋精工)しました。 会社は主に自動車のベアリングとステアリングを扱います。 私はステアリング部門で働くと入社のときから決まっていました。 面接のときに、どちらかというと体を使う部署を希望していたのですが、最初に配属されたのは、開発よりも、もっと研究に近い仕事内容でした。 パソコンに向き合って資料をつくるのが具体的な内容です。 具体的仕事としては、いまやトヨタ車のレクサスにも使用されている電動パワーステアリングというものです。 今は主流になっていますが、当時はまだ新しいものでした。 エンジンの動力を使って油をまわしアシストするものから、ギアとモーターを使って回すものにする仕事でした。 研修が終わって2001年7月から、奈良県橿原(かしはら)市のSTG(ステアリング)電装技術部に配属になり、いきなり高い階段を登らされる状態になってしまったのです。 仕事内容が非常に難しかったこともあるのですけれど、本来ならラインに立って現場実習するところを、奈良の工場が全体的に赤字のために現場実習なしに現場で働くようになった事情もあります。 例えばコンピュータに関することでも研修はほんの少しで、あとは「好きなようにしてくれ」という感じでした。 実はフレックスタイムで、朝7時から10時の間に出社すればいい決まりです。 ですが、結局8時から全員集合という感じでした。 遅くとも9時にはみんな出社していました。 入社と同時に大阪府柏原市の寮に入りました。 思い返してみると、有給休暇を取った人しか温かいご飯を食べられませんでしたね。 残業の連続で寮に帰ると、いつも冷蔵庫に入っている残りの物を温めなおして食べるんです。 寮には100人以上は入っていました。 八畳一部屋を4人で使っていたものを1人で使うので広さには余裕はあります。 私は東館という新しい建物にいたので4畳半くらいの小さな部屋でしたが、床張りにベッド、本棚と机が装備されているのです。 ただし自炊ができない。 寮の台所を使うことはできず、土日にご飯を食べたいときは、外食するか何かを買ってきてレンジでチンするくらいですかね。 会社では最初から無償労働(サービス残業)が続きました。 朝は50ccのバイクで近鉄の河内国分駅に向かい、26分間電車に乗って大和八木駅で下車。 そこからは会社のバスに乗車して工場に着く。 会社の飲み会の日以外は一度も定時で帰れたことがありません。 帰りは会社から大和八木駅までバスが出ますが、バスの最終出発は夜9時。 最初に配属されたときは、一度もそのバスに乗れなくて、徒歩で行ける近鉄笠縫駅まで小走りに10分ほどの道のりを急ぎ、11時20分頃の終電で帰ることが何度もありました。 この部署には翌02年の1月までいましたが、残業代はほとんどなし。 最高で月10時間が認められたにすぎません。 月70時間以上の残業をしたこともありますから、その月は60時間超のただ働きです。 何時から何時までと残業を申告するのですが、課長のメールで今月は何時間と決められ、私より早く帰っていた人の残業時間が多く付けられていたこともありました。 休日出勤もありました。

次の