メルペイポイント 有効期限。 有効期限が近いメルカリポイントはメルペイ(Apple Pay)でSuicaチャージで消費しよう

メルペイポイントの疑問をすべて解決!|ポイント還元制度と使い方

メルペイポイント 有効期限

ポイントは、メルペイ残高へのチャージには利用できません。 する必要もありません。 というのも、 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費されるからです。 また、メルカリ内での買い物やスマート払いの精算にも、ポイントを直接利用できる仕組みになっています。 iD・コード支払い経由で実店舗利用する メルカリ(メルペイ)のポイントは、非接触型決済の「iD」もしくはQRコード決済の「メルペイコード払い」を通して全国の加盟店で利用できます。 ポイントで支払うには、まず 支払い方法が「メルペイ残高」になっていることを確認してください。 支払い方法が「スマート払い」の状態だとポイントが消費できません。 必ず「メルペイ残高」による支払いに切り替えておきましょう。 あとは、ポイントとメルペイ残高をあわせた金額が会計金額に達しているか確認し、任意の支払い方法(iD、コード、読み取り)で決済するだけOKです。 なお、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできないようになっています。 メルカリ内での支払いに利用する ポイントは、もちろんメルカリ内での買い物の支払いにも利用できます。 ポイントが金額分貯まっていればポイントだけでの購入も可能です。 足りない場合はメルペイ残高やクレジットカードなど、その他の支払い方法との併用もおこなえます。 ただし、実店舗での利用と同じく、利用するポイント数の指定ができないのが難点です。 購入したい品を選んだら、[購入手続きへ]をタップ。 支払い画面で「ポイントを使用する」にチェックを入れればポイントが使われます。 もちろん、メルペイ残高やスマート払いなどの他の支払い方法と併用することが可能です。 メルペイスマート払いの精算に使う メルペイの「スマート払い」(旧あと払い)は、実店舗やメルカリ内での購入代金を、使った分だけ翌月にまとめて支払える機能です。 獲得したポイントは、このスマート払いで支払った金額の精算に充てることもできます。 ポイントでスマート払いの精算をするには、画面右下の[メルペイスマート払い精算]ボタンを押します。 ここで今月の利用状況が表示されるので、[精算方法]をタップ。 精算方法の選択画面が表示されたら、「口座から自動で引き落とし」もしくは「残高で精算」を選択してください。 よく注意しましょう。 appllio. com Suicaへのチャージに利用する(iOS版のみ) 現状ではiOS版アプリのみの機能となりますが、ポイントからApple Payを通して「モバイルSuica」へチャージが可能です。 メルペイ加盟店に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもポイントが活用できるので、利用の幅がさらに広がるでしょう。 「モバイルSuica」アプリを開き、[入金チャージ]ボタンをタップします。 もしくは「Wallet」アプリから[Suica]タップして残高の隣にあるチャージボタンを押してください。 チャージしたい金額を入力し、[Apple Pay]ボタンをタップします。 モバイルSuicaアプリだとチャージは500円〜1000円単位ですが、Walletアプリ経由なら、チャージ金額は1円単位で指定可能です。 appllio. com 支払画面が表示されるので、カードの選択で「メルペイ電子マネー」を選びます。 あとはFace IDや Touch ID、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージは完了です。 なお、「メルペイ電子マネー」が表示されない場合は、Apple PayにメルペイiD決済のICカードが追加されていない状態です。 下記記事を参考に、iDの初期設定を済ませてから改めてチャージを試してみましょう。 メルカリポイントの貯め方 メルペイにポイント還元システムはないので、残念ながら普段の買い物に使うだけではポイントを貯められません。 ポイントを獲得するには、キャンペーンに参加したり、メルカリに友達を招待したりと主体的に動かなければならないのです。 メルカリ・メルペイのキャンペーンに参加する メルカリ・メルペイでは定期的にポイント還元のキャンペーンが開催されます。 メルカリポイントを貯めるには、これらのキャンペーンをこまめにチェックして参加するのが一番効率がいいでしょう。 開催中のキャンペーンは、メルペイメイン画面を下にスクロールするとバナーで表示されるほか、大規模キャンペーンの場合は「お知らせ」タブにお知らせメッセージで届くこともあります。 以下の記事でも開催中のキャンペーンを紹介しています。 参加条件や特典などもわかりやすくまとめているので、是非参考にしてください。 appllio. com メルカリに友だちを招待する メルカリでは、ユーザーの招待キャンペーンを継続的に実施しています。 招待したユーザーが、メルカリの会員登録を完了させることで、招待した側とされた側双方に特典として500ポイントが付与されます。 招待される人がいない場合は、招待コード「YYZSYG」を入力してもポイントがもらえます。 招待する側は、メルペイのマイページタブから招待してポイントGETの画面に移動し「招待コード」を招待したい人に教えるだけでOKです。 「コードをSNSでシェアする」ボタンをタップすれば、わざわざコピペしなくてもLINEやTwitterなどのツールで招待コードを送信できるので便利です。 招待された人は、会員登録の際に招待コードを入力してください。 招待される人がいない場合は、招待コード「YYZSYG」を入力しても500ポイントがもらえます。 あとはメルカリへの会員登録を完了させると、その時点で招待した側とされた側にポイントが付与されます。 売上金でポイントを購入する 銀行口座の登録や本人確認をしていないアカウントの場合、売上金でポイントを購入すれば1ポイント=1円としてiD・コード払いに利用できます。 なお、銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金が自動的に「メルペイ残高」変換されるので、ポイント購入の必要はありません。 ポイント購入をするには、売上金がある状態で「ポイント購入」ボタンをタップ。 あとは、購入手続き画面で購入するポイント数を入力して[売上金でポイントを購入]ボタンをタップすれば完了です。 ただし、 売上金をポイントに変えてしまうと再び売上金に戻すことはできなくなります。 加えて、ポイントは出金(現金化)できないという特徴があるので注意が必要です()。 マイナポイント事業でメルペイを選択して利用する(2020年9月開始) 2020年9月1日から2021年3月31日までの期間中、総務省が推進する「マイナポイント事業」がおこなわれます。 これは、 「マイナンバーカード」を持っている人が、対象のキャッシュレス決済サービスを1つ選択(申し込み)して利用すると、上限5000円分のポイントがもらえるというもの。 さらに本人確認が完了済のアカウントなら、メルカリ内での買い物に限りさらに5%(最大1000円相当)が付与される特典も。 ポイントの付与が始まるのは2020年9月1日からですが、マイナポイントの予約・申し込みは7月1日から可能です。 気になる人は、マイナンバーカードの発行、およびマイナポイント申込みを9月1日前に済ませておくといいでしょう。 Q1:メルカリのポイントに有効期限はある? A:キャンペーンで獲得したポイントと売上金から購入したポイントでそれぞれ有効期限が異なります。 ポイントの有効期限• キャンペーンで得たポイント:最短60日から180日までキャンペーンごとに設定されている• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間 ポイントは自動的に有効期限が近い順に消費されるようになっていますが、キャンペーンで獲得したポイントは特に有効期限が短いので、できるだけ早めに消費しましょう。 有効期限を過ぎると、ポイントは失効して使えなくなってしまうので注意が必要です。 メルペイTOP画面の[ポイント]ボタンから、ポイントの獲得履歴と有効期限を確認できます。 Q2:キャンペーンで獲得したポイントはいつ付与される? A:キャンペーンにより異なります。 キャンペーンページの詳細情報に記載してあるのでチェックしてみましょう 詳細情報は細かく記載されているので、よく見なければならない キャンペーンごとに異なりますが、最短で翌日、長くて1ヶ月後くらいのイメージです。 ただし、記載されている日に確実に付与されるとも限りません。 ユーザーの利用状況やシステムの都合によって前後する可能性もあります。 Q3:ポイントは出金できる? A:メルカリポイントは、銀行口座への出金ができません。 メルペイ残高(メルカリの売上金含む)は、振込申請をすれば銀行口座への出金ができます。 一方、メルカリポイントは銀行口座への出金ができない仕様になっています。 売上金の状態なら出金はできますが、売上金でポイントを購入してしまうと二度と出金できなくなってしまうので注意してください。

次の

有効期限が近いメルカリポイントはメルペイ(Apple Pay)でSuicaチャージで消費しよう

メルペイポイント 有効期限

メルペイは「iD決済」や「メルカリコード決済」などの支払方法に対応しており、「iD」のマークのあるiD加盟店や、メルペイのロゴが表示された全国の店舗で利用ができます。 とりわけ「コンビニ」は、メルカリコード決済とiD決済のいずれにも対応している店舗が多いです。 iDの設置台数は108万台を超え、ドラッグストア・スーパー・ファストフード店などの生活に密着した店舗はもちろん、ホテルやエアポートリムジンバスなどの「旅」や「観光」にまつわる場所でも使えます。 メルペイコード決済ができる場所も数多く、身近な店舗には「コジマ」や「ビックカメラ」などの家電量販店、「すき家」や「ほっかほっか亭」「吉野家」などのフランチャイズチェーン店などがあります。 ポイントの還元率は? 次に、メルペイ残高にチャージするための「支払い用の銀行口座」を登録しましょう。 「セブン銀行ATM」からも入金ができるため必須ではありませんが、銀行口座を登録していれば、時間や場所を問わずチャージができるようになります。 また、「メルカリの売上金」を「メルカリ残高」としてそのまま使いたい人は、「銀行口座の登録」または「アプリでかんたん本人確認」のどちらかを行わなければなりません。 登録は「メルペイ」の「銀行チャージ」から行えます。 「銀行口座を登録する」を押し、登録したい銀行を選択しましょう。 「銀行口座の登録」画面で必要情報を入力し、「銀行サイトへ」を押すと「銀行サイト」に移動します。 所定の登録を完了させた後、アプリのパスコード入力画面で4桁のパスコードを設定すれば完了です。 電子マネーiDを設定 メルペイでiD決済する場合、Apple PayやGoogle Payなどの「Walletアプリ」や「iDアプリ」をメルペイと連携させておく必要があります。 自分が使っているアプリごとに連携方法が異なるため、画面の指示に従いましょう。 なお、iDに対応している機種は、日本で販売されたiPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上の端末です。 Androidの場合は、Android 5. 0以降がインストールされたおサイフケータイ対応の機種のみが使えます。 残高チャージするにはどんな方法がある? メルペイを頻繁に使う人は、銀行口座からのチャージが便利です。 店舗での支払方法を「メルペイ残高」に設定している場合、メルペイ画面に「チャージ(入金)」のボタンが表示されます。 「支払い用銀行口座」と「チャージ金額」を選択し「チャージする」をタップしましょう。 1回の最低入金額は1000円で、1日20万円までチャージが可能です。 本人確認が完了している人は「セブン銀行ATM」でもチャージができます。 メルペイの「チャージ(入金)」で「セブン銀行ATM」を選択しましょう。 ATM画面で「スマートフォンでの取引」をタップし、画面上のQRコードをスマホで読み取ります。 スマホ上に表示された「企業番号」をATMの画面上に入力し、画面の案内に従って紙幣を投入します。 最低入金額は1000円で、1日の入金上限金額は9万9000円です。 メルカリの売上金をポイントに交換 支払い時は、レジで「iDで支払います」と伝えます。 iOS端末の場合は「指紋認証(Touch ID)」または「顔認証(Face ID)」を行った後、スマホをレジのカードリーダーにかざします。 「タントン」という音が鳴れば支払いは完了です。 Android端末の場合はスマホをそのままリーダーにかざします。 アプリを起動する必要はありません。 iD決済の設定が完了しているにもかかわらず、iDが使えない場合は、メルペイ残高やポイントが不足している可能性があります。 QRコードやバーコード決済を利用 「メルペイスマート払い」は、当月の利用分を翌月にまとめて清算できる後払いのサービスです。 「銀行口座の登録」または「本人確認」が必要なため、事前に手続きを済ませておきましょう。 店舗で利用する場合は、初回のみ「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定を行います。 メルペイポイントの使い道.

次の

メルペイ残高とポイントの違いとは?支払いや有効期限など仕組みを解説!

メルペイポイント 有効期限

この記事の内容は、ポイント還元事業が実施されていた当時の情報で作成されている旨をご了承ください。 メルペイで買い物をしてもポイントが付かない——。 今までであれば、これがメルペイの当たり前でした。 そこで今回は、ポイント還元制度について6つのポイントを使って解説していきます。 またメルペイポイントについてよくある質問についても見出し2以降に解説します。 ぜひ、今回の記事をご活用ください。 ここでは、メルペイのポイント還元制度について詳しくお伝えしていきます。 1-1.ポイント還元期間は9ヶ月間のみ 対象期間は2019年10月1日から 2020年6月末までの9ヶ月となります。 1-2.メルペイを使って支払いを行うだけ! ポイント還元制度を受けるには、特に事前登録や手続きは必要ありません。 なおメルペイには次の3つの支払方法があります。 ・メルペイ残高からiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイポイントを利用してiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイあと払いでiD決済・バーコード払いを行う これらすべてがポイント還元制度に対応しています。 ただし、メルカリでメルペイを利用したり、通販サイトSHOPLIST(ショップリスト)等で 「かんたんネット決済」を行う方法には対応していません。 ただしメルペイの場合、還元される ポイントの有効期限は90日と短いのでご注意下さい。 1-4.還元対象の店舗|コンビニ等 ポイント還元制度に対応する店舗は、全国に約51万ヶ所が存在します。 上画像のようなマークが表記された店舗であればポイント還元制度に対応しており、特にコンビニの場合ほとんど対応しております。 ただし、上記店舗すべてメルペイが利用できるわけではありません。 あくまで電子マネー「iD」やメルペイコードに対応している必要があります。 詳しくは公式サイトの「メルペイが使えるお店」のページよりご確認ください。 そのため、メルペイ対象店舗であれば、このメルペイポイントを再利用して支払いを行うことが可能です。 また、メルカリでの買い物にも利用できます。 1-6.ポイント還元はいつ?タイミングと上限 ポイント還元のタイミングについてですが、 支払方法によって付与されるタイミングが異なります。 2.メルペイポイントの使い方とよくある疑問 メルペイは一般的なスマホ決済サービスに比べてポイント制度の仕組みが少し異なるため、「メルペイポイントは分かりにくい」という声が多かったのも事実です。 そこで、この章では、メルペイポイントの使い方や基礎知識について詳しくお伝えします。 せっかくのポイント還元制度をムダにしないよう、しっかりとメルペイポイントを理解していきましょう。 2-1.メルペイポイントとは|コード払い・ID払い両方利用可能 メルペイポイントとは、メルペイの対象店舗やメルカリで商品・サービスを購入するときに使えるポイントのことです。 獲得したポイントは、イオンやセブンイレブン、吉野家など、メルペイ払いまたはiD払いに対応した店舗で再利用することができます(1ポイント=1円)。 2019年10月現在で利用できるコンビニは下記の通りです。 ただし、おサイフケータイ機能が付いていないスマホの場合、id払いができないため、結果的にファミリーマート等では利用できないのでご注意下さい。 ・セブンイレブン ・ローソン ・ミニストップ ・ファミリーマート(id払いのみ) ・セイコーマート(id払いのみ) ・ポプラ(id払いのみ) ・デイリーヤマザキ(id払いのみ) 2-2.ポイント支払いをする方法と注意点|決済の優先順位 メルペイでは「メルペイ残高」を使って商品を購入します。 メルペイ残高とは、メルペイにチャージしたお金のことでポイントとは異なります。 たとえば、メルペイポイントが500ポイント、メルペイ残高が600円残っていたとしましょう。 この時点で1,000円分の商品を購入した場合、まず メルペイポイントから先に消化され、その後にメルペイ残高で支払う流れとなります。 そのため、ここでは、決済後にメルペイ残高が100円だけ残るイメージです。 ポイントを使わないという選択肢は今の所存在しません。 では、1,200円の商品を買った場合はどうなるのでしょうか。 この場合、ポイントとメルペイ残高を合わせて1,100円分の残金しかないため、購入代金には100円足りません。 この場合は 決済は不可となります。 現金で不足分の100円を追加で支払うこともできません。 そのため、ポイントとメルペイ残高は、商品を購入できるだけの金額を用意しておく必要があります。 その意味では、d払いやPayPayなど、他社のスマホ決済サービスとは仕組みが異なるといえるでしょう(他社は支払いするだけでポイントが貯まる)。 ただ定期的に 「ポイント獲得キャンペーン」をメルペイは実施しています。 しかし時期によってはキャンペーンが行われていないこともあるため、2020年6月までは、先ほどお伝えしたポイント還元制度を中心にメルペイポイントを貯めることになるでしょう。 また各キャンペーンで上限・付与時期が定められている場合が多いので必ず公式サイトでチェックしてください。

次の