みん は や フリー マッチ。 みんはやの対面対戦とは?やり方・ルールを解説!

【みんゴル攻略】ランクマッチを上手く攻略してギアのレベルを上げよう!

みん は や フリー マッチ

みんはやで一番高いランクは? みんはやで一番高いランクは、Sランクです。 Sランクのなかにも序列があって、S9が一番高いランクになります。 2020年現在、S5ランクが一番高いようです。 みんはやのレートの上がり方は? みんはやのレートの上がり方は対戦の種類によって違います。 それぞれ解説します。 ランダムマッチ(1対1対戦) ランダムマッチの1対1対戦の場合は50ポイント先取でレーティングがアップします。 最終問題で決着がつかない場合は、その時点でのポイントが勝敗を決定します。 ランダムマッチ(みんなで対戦) みんなで対戦の場合はゲーム終了時の順位が2位以上でレーティングがアップします。 4人中2位に入ればいいので少し判定は甘めですね。 レートが下がるのはどんなとき? みんはやではレートが下がるときがあります。 ランダムマッチ(1対1対戦) 1対1対戦の場合は対戦に負けるとレートが下がります。 最終問題で決着がつかない場合は、その時点でのポイントが勝敗を決定します。 ランダムマッチ(みんなで対戦) みんなで対戦の場合はゲーム終了時の順位が2位以下のときにレーティング下がります。 4人中3位・4位になったときに順位が下がります。 みんはやのレートを上げるコツ みんはやのレートを上げるコツは、とにかく連続で勝利することです。 負けてしまうとレートが下がってしまうので注意が必要です。 みんはやで勝つコツに関してはこちらの記事でまとめているので、参考にしてみてください。 まとめ この記事では、みんはやのランク一覧と、レートを上げる方法をまとめました。 参考になれば幸いです。

次の

みんはやの対面対戦とは?やり方・ルールを解説!

みん は や フリー マッチ

みんはやとは みんはやとはタイトルにもある通り、無料でできる(一部課金あり)早押しクイズのオンラインゲームです。 対応OSはiOSとAndroid。 ユーザー数は数十万におり、その年に人気が急上昇したアプリを決める App Ape Award 2018 で 特別ゲーム賞を受賞しています。 因みに僕は1か月ほど前に始めました。 見事に時代の波に乗れてませんね(笑) みんはやのクイズの形式 みんはやのクイズはまず、「 ランダムマッチ」と「 フリーマッチ」に分かれます。 ランダムマッチ ランダムマッチはオンラインでプレイヤーたちがランダムに対戦するモードです。 「 1対1対戦」と「 みんなで対戦」に分かれます。 ユーザー数が数十万人いるため、実力が同じくらいの対戦相手がかなり早く決まります。 1対1対戦 1対1対戦はその名の通り、1対1で早押しクイズを行うモードです。 ただし、一文字に5分とかかけるわけにはいかないので一文字目は5秒以内、二文字目以降は3秒以内に選択する必要があります。 こんな感じで先に50点取ったほうが勝ちです。 勝つと「 レベル」と「 レート」が上がります。 逆に負けるとレベルは若干上がりますが、レートは下がります。 レートが上がれば「 ランク」が上がります。 当然、ランクが上がれば問題も難しくなります。 ランクはS9までありますが、レートが一定の値を超えると上がるようになっているので、現時点ではランキング1位の人でもS6までしか行っていないようです。 また、何らかの条件を満たせば「 ポイント」が与えられます。 このポイントは早押し用のボタンを新しく買ったり、スタンプを買ったりするのに使います。 みんなで対戦 このモードは実力が同じくらいのランダム選ばれたプレイヤー4人が対戦するものです。 基本的には1対1対戦と変わりませんが、複数での戦いなので少し違うところがあります。 まず、1番早くボタンを押せた人が正解すれば20点、2、3番目の人が正解すれば10点もらえます。 最後の人は押せません。 1番最初に70点とれれば優勝できます。 みんなで対戦にも1対1対戦とは別のレートが用意されています。 こっちは全然やっていないのでC-です。 フリーマッチ フリーマッチはフレンド同士や不特定多数の人と対戦できるモードです。 この対戦によってレートが変動することはありません。 フレンドの1対1対戦はフレンドの一覧から対戦したいフレンドとのチャットを開き、1対1対戦というボタンを押すと開始することができます。 こちらもレートが変動することはありません。 課金について みんはやは基本無料ですが課金することもできます。 でも安心してください! 課金してもチート級の能力が使えたりすることはなく、ポイントがもらえたり、広告を非表示にしたりしかできません。 みんはやはなんて良心的なゲームでしょう!!ちなみに僕個人としては広告がちょっとうざいかなって思っちゃいますけど、無料でできることに感謝して広告に耐えます。 問題を作成できる なんとみんはやは自分で問題を作成することもできます。 作成した問題はフリーマッチで出題できます。 また、 運営側に投稿すればランダムマッチで採用される場合があります。 僕はやったことないんですけどね・・・。 その他 ランキング みんはやは全体のランキングを見ることができます。 見られるのは、1対1対戦とみんなで対戦のレーティング、連勝中、最多連勝数のランキングです。 上位50位までがランキング入りできます。 履歴をよく見て復習することが、実力をつけるための道だと言われています。 僕は面倒なのでやってません(笑) また、履歴の問題をお気に入りに登録することもできます。 初めは5件までですが、500ポイント使用するとさらに5件追加できます。 まとめると・・・ みんはやをやるとクイズに強くなるので、頭の回転も速くなると思います!(わからんけど) 広告は結構ありますが、1ゲームを数分で終わらせることができるのでちょっとした休憩時間や、電車の中などでやるのがおすすめです。 連続で負けるとものすごくムカついて焦るのでそういう時は冷静になって一旦終わりにしましょう。

次の

【幻影戦争】【議論】なんでみんなフリーマッチ手動なんだよwwww

みん は や フリー マッチ

概要 [ ] プレイヤー同士がオンライン対戦でを行う。 基本プレイは無料だが、課金することによってポイントを購入したり広告を非表示にしたりできるなどの特典が得られる。 システム [ ] 「」、「」、「」の3種類がある。 ランダムマッチとフリーマッチは解答権を獲得後、スコアアタックはルームリーダーがボタンを押すかシンキングタイムが終了した後に表示される4つの候補の文字から1文字ずつ選択して解答する。 ランダムマッチ [ ] プレイヤーがオンラインでマッチングするモード。 「 1対1対戦」と4人で対戦を行う「 みんなで対戦」の2つの対戦方式がある。 1対1対戦 [ ] 正解10ポイント、誤答マイナス10ポイントでさらに相手に問題文が全て表示されてから解答する権利が与えられる。 0点以下の減点または失格はない。 50ポイント先取で勝利。 みんなで対戦 [ ] 先着3人に解答権が与えられ、最も早く解答権を獲得したプレーヤーは正解20ポイント、誤答マイナス20ポイント。 2番目・3番目に解答権を獲得したプレーヤーは正解10ポイント、誤答マイナス10ポイント。 誤答5回で失格。 70ポイント先取で勝利。 二者以上が同時に同ポイントで勝利ポイントに達した場合は1問先取のサドンデスが行われる。 誤答は相手に問題文が全て表示されてから解答する権利が与えられる。 レート [ ] ゲームの勝ち負けに応じて、2つの対戦方式それぞれに設けられているレートが上下し、ランクも変動していく。 Sランクにおいてはレート100ごとに右下に付される数字の値が(無印)から最高9まで増えていく。 3ヶ月間のシーズンごとにレベル(経験値)によりレートが変化する。 フリーマッチ [ ] ルールが任意で設定できるモードで、勝ち負けに関わらずレートが上下することはない。 「 オンライン対戦」と「 対面対戦」の2つの対戦方式がある。 オンライン対戦 [ ] 不特定多数のプレイヤーと対戦ができる方式。 2人以上の任意の人数でプレイでき、解答権やペナルティなどの対戦ルールは、ルーム作成者のルームリーダーが決めることができる。 出題問題は、ランダムマッチで出題されるおまかせ問題の難易度を自分好みに設定したり、自分で作った問題を出題することもできる。 ルームリーダーは、フレンドやフリーマッチで前回対戦したプレイヤーを招待することができる。 この際、ポイントを消費することで全員一括招待をすることができる。 また、ルームごとに設定されたルームIDをSNSを通じて宣伝し、プレイヤーを集めることもできる。 対面対戦 [ ] 複数人でスマホを持ち寄り、スマホを早押し機として使い実際のクイズと同様口頭で回答する方式。 ルームリーダーは、画面に表示された問題文を読み正誤判定をする出題者としての役割を果たすため、問題に回答することはできない。 出題できる問題はオンライン対戦と同様で、対戦ルールもオンライン対戦と同様ルームリーダーが設定できる。 スコアアタック [ ] クイズに解答してスコアを獲得し、ゲーム終了までに獲得した合計スコアを競うモード。 「 マルチモード」と「 シングルモード」の2つのプレイ方式がある。 出題された問題はスルーできず、通常2秒のシンキングタイムが終了し次第、必ず回答しなければならない。 マルチモード [ ] このモードで遊ぶには、ライブ配信サービスのアカウントを連携する必要がある。 配信者としてルームリーダーになり、視聴者に協力してもらいスコアを競う「配信者ルーム作成」と、配信者が作成したマルチモードのルームに参加する「視聴者協力プレイ」がある。 いずれも、ルームリーダーが早押しボタンを押したタイミングでルーム内の全員が同じ問題に回答する。 正解したときに表示されている問題文の残り文字数が多いほど、より多くのスコアを獲得できる。 ルーム内のプレイヤー全員が正解すると全員正解ボーナス、さらに連続全員正解でコンボボーナスを獲得できる。 ゲーム開始時にライフは通常3つ与えられており、出題数に応じて設定された割合のルーム内のプレイヤーが不正解の場合、ライフを1消費し、ライフが0になるとゲームオーバーとなる。 また、「配信者ルーム作成」では、視聴者から任意でコンティニューチケットをもらうことができ、「視聴者協力プレイ」では、指定された条件をクリアすると、協力ポイントをもらうことができる。 シングルモード [ ] このアプリで唯一、1人でクイズを楽しむことができるモード。 徐々に表示される問題文を読み、わかった時点でボタンを押して解答する。 正解したときに表示されている問題文の残り文字数が多いほど、より多くのスコアを獲得できる。 連続正解でコンボボーナスを獲得できる。 ゲーム開始時にライフは通常3つ与えられており、不正解の場合、ライフを1消費し、ライフが0になるとゲームオーバーとなる。 スタミナ [ ] マルチモードの「配信者ルーム作成」かシングルモードを一度プレイするごとに、スタミナが1つ消費される。 スタミナは60分経過するごとに1つ回復し、最大5つまで回復できる。 スタミナが無くなってプレイできなくなった際は、1500協力ポイントを消費してスタミナを全回復することもできる。 アイテム [ ] ポイントまたは協力ポイントを消費することによって、スコアが獲得しやすくなるアイテムを使用することができる。 各アイテムに必要な協力ポイントがある場合、ポイントより協力ポイントが優先的に消費される。 また、ゲームオーバーになった際に続きから再開するために、「コンティニューチケット」を使用できる。 必要な分のコンティニューチケットがない際には、代わりにポイントを消費してゲームを続きから再開することもできる。 その他機能 [ ] 達成項目 [ ] 1日1回項目を達成することで、それに応じたポイントが付与される デイリーと、特定の期間に達成することで付与される シーズンがある。 達成することで、アイテムをゲットするためなどに使えるポイントを受け取ることができる。 アイテム [ ] 200ポイントを消費することで、対戦中に使用できる「早押しボタン」や「スタンプ」がランダムでゲットできる。 早押しボタンが全43種、スタンプは全63種で、イメージは以下の通り。 スタンプ一覧 フレンド [ ] フレンドになったプレイヤー一覧、フレンドリクエストを送られたプレイヤーを確認できる。 ここでフレンドと個別にメッセージでのやり取りが可能。 1対1対戦に招待し、おまかせ問題を任意の難易度でプレイすることもできるが、この勝敗に関わらずレートが上下することはない。 また、200ポイントを消費することで、フレンドにラベルを追加することができる。 ランキング [ ] 「1対1対戦」、「みんなで対戦」においては、「レーティング」、「連勝中」(進行中のシーズンのみ)、「最多連勝数」のランキングを閲覧することができる。 「スコアアタック」においては、「マルチ」、「シングル」、「協力スコア」のランキングを閲覧することができる。 計9つの分類でそれぞれ上位50位までが掲載され、シーズンごとにリセットされる。 過去のシーズンの各分類の上位50位、進行中のシーズンでは自分の全国順位を確認することも可能である。 クイズ履歴 [ ]• 履歴 ランダムマッチで出題された問題を閲覧することができる。 デフォルトでは最新10件しか表示されないが、500ポイントを消費してさらに10件増やすことが可能。 また、問題に対して修正・削除依頼を出すことができる。 お気に入り 履歴の問題をお気に入りに登録することができ、これに登録した問題はいつでも閲覧できるようになる。 デフォルトでは5件までしか登録できないが、500ポイントを消費してさらに5件増やすことが可能。 作問 自分で問題を作成できるモード。 ここで作成した問題はフリーマッチで出題することもでき、また運営に投稿することでランダムマッチで使われる問題として採用される場合がある。 なお、投稿した問題が採用された場合は、運営から通知が届き、設定のお知らせにて確認できる。 メディア [ ] 放送の『』で取り上げられ、10連勝を目指す企画が行われた。 脚注 [ ] [].

次の