凱旋 mc。 U22 MC BATTLEの歴代優勝者とトーナメントまとめ

【凱旋冬の陣】凱旋MCバトル2020冬の陣の結果まとめと、春の陣のチケット申し込みした話

凱旋 mc

凱旋MCバトル東西選抜2018 優勝: K-razy 準優勝: MAKA 初代チャンピオンはK-razy! この大会の珍しいところはなんといっても、 『八文字』がMCバトルをしているところではないでしょうか? いつも戦極の司会をしている八文字がMCバトルをしているのは、なかなかレアですよ(笑) 意外といつもと同じ感じでラップしていました。 興味のある人は、ぜひみてみてくださいね。 春の陣2019 優勝: CIMA 準優勝: この大会から、どんどん凱旋が人気になっていきました。 出場MCも前回に比べて、非常に豪華になっていますよね。 ベテランがたくさん出場している中で、決勝がAuthorityとU-mallowの若手対決ってのが良いですよね。 ベストバウトはこちら ・Novel Core VS 梵頭 ・ VS ・韻マン VS PONY ・TERU VS MC松島 ぜひご覧ください。 秋の陣2019 優勝: ライマーズ SAM、晋平太、韻マン 準優勝: JET CITY PEOPLE 、K. Lee、BASE 秋の陣では、凱旋MCバトル初のチーム戦でした。 チーム戦出場MC ・ ライマーズ SAM、晋平太、韻マン ・ じょう. SHOICHIRO. DOPEMAN じょう、SHOICHIRO、DOPEMAN ・ 梅田サイファー ふぁんく、KZ、KBD ・ THE PACKAGE HARDY、百足、Novel Core ・ 日高組 、だーひー、バチスタ ・ ナイスパニック PONY、SANFKIN、T-TANGG ・ HRKT IM、TERU、Scooby J ・JET CITY PEOPLE 、K. Lee、BASE ・ GIANT KILL 早雲、JAKE、山本びんた ・ 松島坂49 ハハノシキュウA、ハハノシキュウB、MC松島 ・ MRJ NillNico、MC派遣社員、ゴギガギガギゴ ・ super3 CIMA、S-kaine、RAGSHOT バチバチバトルが好みなら、JET CITY PEOPLEとHRKTのバトルを見ることをオススメします。 呂布カルマが胸ぐらを掴むぐらいバチバチです。 冬の陣2020 優勝: 準優勝: MU-TON 今までの凱旋で一番MCが豪華だったと思います。 ベストバウトはこちらです。 ・Amateras VS がーどまん ・DARK VS ACE ・ VS ACE ・mu-ton VS ミメイ 他にも良い試合はたくさんありました。 冬の陣に実際にいった感想をまとめた記事はこちら!

次の

不良が始めたMCバトル、オタクの参加を経てさらに次世代へ。凱旋MCバトル成功の背景にあった新世代の絆<ダメリーマン成り上がり道 #27>|ニフティニュース

凱旋 mc

【その1】何はなくとも初当り! AT抽選は全役で行われるが、設定4・6は他の設定よりもAT当選率が優遇。 また、サンプルは集まりにくいが、青7の3連からのG-STOP当選率および黄7の3連からのAT当選率は設定差が大きい。 設定不問の爆発力はあるが、基本は初当り出現率が良好なほど高設定に期待できる。 裏モードは天国に移行すればAT当選までは転落しないので、液晶演出なども参考にして滞在を見抜きたい。 なおAT中にも内部モードの移行抽選は行われるが、こちらは設定差がないので注意。 前日のヤメゲーム数をチェックしておけば設定変更を見抜けるケースもある。 ただし推測要素はいずれも即効性に欠けるので、ある程度長いゲーム数をこなさないと設定の高低が見えてこないケースも多い。 初打ちゲーム性指南 【その1】300枚の固まりが連チャン! 2002年に登場した『初代ミリオンゴッド』、そしてその後復活した「ミリオンゴッド-神々の系譜-」の正統後継機とも呼べる本機は、純増3. 0枚のATを搭載。 ATはセット継続にてロング継続を目指す伝統のタイプとなっており、1セット100G継続する。 AT中の赤7揃いから始まる「スペシャルゴッドゲーム」は、赤7が高確率となっているだけでなくループ性能もあり、「系譜」の「エクストラゲーム」より大幅に進化しているぞ。 もちろん問答無用の一撃フラグ「PGG」も健在だ。 この0図柄が揃えばチャンスゾーン「G-STOP」に突入する。 各停止ボタンを押した際にどの図柄が停止するかを抽選する、新感覚のゲーム性が特徴だ。 基本は成立役による当選だが、自力高確ゾーンの「G-STOP」や小役履歴による抽選といったパターンも用意されている。 また成立役によるAT抽選は表と裏、2種類の内部モードがカギを握っているぞ。 小役を契機に移行する「表モード 全8種類 」と「裏モード 全3種類 」それぞれで抽選が行われるため、1契機で両方に当選する可能性もあり。 AT当選時は前兆を経由して告知が発生するが、赤7・GODは成立ゲームで即AT告知となる。 対象となる表示は青7・黄7・AT中の白点 3枚役 ・宝石 特殊役など ・赤7・GODの6種類。 5G継続し、液晶図柄が3つ揃いになればAT確定となる。 他契機からのAT前兆中でも天井ゲーム数に到達していれば抽選は有効。 また、いずれの契機でもAT当選時は「ループストック抽選」が発生。 AT初当り時に決定されたループ率によって、転落するまでの毎ゲーム、ATのセット数が上乗せされる。 AT中に上乗せなどがなかったにも関わらず、いわゆる「謎連」が発生するのはこのループストック抽選によるところが大きい。 天井到達時のループストック抽選は高継続率が選択されやすい、といった特徴もあるぞ。 小役履歴による抽選のポイント 通常時およびAT中は小役が成立すると液晶右下の小役履歴に表示されるが、特定の小役が連続、もしくは履歴内に複数個表示されると、対応役成立時の抽選とは別の特殊な抽選が発生。 対象となる小役によって特典は変化するので、主な特徴を覚えておこう。 開始時にまず図柄グループ 1・3・5・7・V・S が決定され、以降はリール停止ごとにどの図柄が停止するかが抽選される。 最終的に図柄が3つ揃いになればAT確定だ。 オールマイティ図柄となる「鏡」が出現すればチャンスとなるほか、出目による法則もあり、同じ3つ揃いでも「S」や「V」ならさらにアツいぞ。 通常時だけでなくAT中に突入する可能性もある。 一部の契機を除けば基本的にモードは1段階ずつアップしていくのが基本で、チャンス役はモードアップ割合が優遇されている。 傾向は非本前兆中とほぼ同じだが、転落の可能性がないのが大きな特徴だ。 またG-STOP中 通常時・AT中 は、特殊役および赤7・GODが成立した際のみ移行抽選が発生し、その他の成立役ではモード移行抽選は行われない。 GODや赤7といった確定役以外では基本的にレアな小役ほど期待度が高く、中段黄7や特殊役 中段赤7・赤7・GOD は特にチャンスとなる。 滞在している内部モードも重要で、天国以上に滞在していればいずれの契機でも当選率が大幅にアップ、滞在割合は非常に低いが天国準備B V揃いの期待大 滞在時も期待度が高い。 また、特殊役以外は低確・通常・天国準備A滞在時のAT当選率に設定差があり、基本的に偶数設定が優遇されている。 なおATの本前兆中 GゾーンでのATストックあり時も含む もチャンス役成立時に限りAT抽選が行われる。 ハズレはAT中に出現する押し順黄7 15枚 と押し順3枚役の取りこぼしで出現。 各種抽選においてはハズレと1枚役A〜Cが「ハズレ扱い」として抽選される。 また右上がり黄7は押し順と共通の2種類があり、押し順右上がり黄7は取りこぼすと1枚の払い出し。 特殊役の停止型は中段赤7・赤7・GODなどで、取りこぼした場合はハズレ目が停止する 小役履歴では宝石を表示。 赤7フェイクはAが赤7がテンパイしないパターン、Bが赤7が中段以外にテンパイするパターンで、こちらも小役履歴にて宝石が表示される。 赤7のフラグも2種類あり、Aは中段以外に赤7が揃い、Bは中段に揃う。 1枚役Cなど一部の小役は取りこぼす可能性があるが、全リールテキトー押しでも50枚あたりの平均消化ゲーム数はほとんど変わらないので特に気にしなくてOKだ。 G-STOP中・各種抽選値 G-STOP中は1Gごとに成立役に応じて図柄グループが抽選され、リール停止ごとに選択された図柄グループの中から1つの図柄が停止。 図柄グループは全8種類で、グループによって特典ありの図柄が「VorS」「7orS」となるほか、オールマイティとなる鏡図柄の数も変化する。 重要なのは鏡図柄の数で、当然ながら鏡図柄が多いほど期待度アップ。 レバーON時にボタンPUSHが発生すれば鏡図柄出現の合図だ。 再抽選時は成立役によってハズレ図柄が減ることもある。 通常時と大きく異なる点は「移行率は全設定共通」「天国準備B Vモード には移行しない 天国準備Bで初当りした場合は直後に天国ショートに移行 」の2点が挙げられる。 移行抽選の傾向は通常時とほぼ同じで、レアな役ほどモードアップ期待度が高い。 下位モードへと転落する可能性があるのは、押し順黄7・押し順3枚役・上段青7の3種類だ。 パターンによって奇数揃いの期待度が変化し、上記の11パターンならAT確定となる。 またパターン2やパターン3のように、一旦通常時に転落した後に前兆を経由して告知が発生するパターンも存在する。 またGゾーン終了後は基本的に「アクロポリスの丘」に移行するが、その他のステージなら激アツ、といった法則もあるので覚えておこう。 種類は非常に豊富で、中には特定条件を満たすと流れるモノもある 詳細は調査中。 』、初代『ミリオンゴッド』のBGMに切り替えることも可能だ。 小冊子「〜神々の啓示〜」の詳細 小冊子に記載されている「〜神々の啓示〜」は本機をプレイするうえでのヒントがまとめられたもの。 滞在モードや前兆を見抜くために詳細をしっかりと覚えておこう。 レバーON時のステージ移行が、通常とは逆方向に移動 時計回り すると…!? 通常ゲーム中の『青7』3連続は「G-STOP」のチャンス!! 4連続なら確定!? さらに5連続なら…!? 光の風演出はモードアップのチャンス!! 法則も前作を踏襲!? 銀河演出は「GG」当選の期待大!! 演出が4G継続すれば…!? 太陽の戦車演出で数字が出現すると…!? アルテミスの矢演出で『青7』が揃わないと…!? 「G-STOP」中に突如、「天空の扉」が出現すると…!? 「GG」中の『黄7』5連続は「GG」上乗せ確定!? また、『青7』5連続なら「G-STOP」確定!? 「SGG」終了時、突然「メデューサ」が出現すると…!? 「G-ZONE」中に「V」図柄がテンパイするとチャンス!!!! 前兆示唆パターン 現在判明している、ATやG-STOPの前兆および、AT中の上乗せなどに期待できる演出は以下の通り。 特に通常時の示唆パターンは確認できたら打ち続けたい。 覚えておけばヤメ時などに活用できる。 演出と出目・成立役の組み合わせによって示唆されるケースもあるぞ。 ド派手なアクションが発生すれば期待度大幅アップだ。 「砂嵐」は第3停止で「竜巻」に変化すれば、「氷」は連続すればチャンスで、「吹雪」のパターンは第3停止まで継続すれば期待度アップ。 「炎」はチャンス役以上濃厚で、さらに「太陽の戦車」が出現すれば激アツ。 「地震 枠揺れ 」や「巨大化」も期待度が高め。 ブラックホール演出は背景が「銀河」になればAT確定!? 「神熱」なら…!? フリーズはPGG確定!

次の

凱旋MC battle東西選抜春ノ陣2019 「おすすめバトル3選」

凱旋 mc

新進気鋭のMCバトルイベントとして、今やヘッズから絶大な支持を集める凱旋MCBATTLE。 そこで半年間、ほぼ毎月5〜6回ぐらいやって。 その次はVUENOSという300人ぐらいのところでやりたいなと思って、正社員さんに箱を押さえてもらったり、いろいろ助けていただいたんです」 MC正社員(以下、正社員):「イベントは最初からパンパンだったの?」 怨念:「人はパンパンでしたね」 正社員:「なんで!? 」 怨念:「エントリーの時点で、参加するMCが80〜90人ぐらいいたんで。 3 on 3 のときとか、40チームで120人とかエントリーしてましたからね」 正社員:「なんでこんなに人気なのか、ずっと謎が解き明かされないまま……」 --それだけのMCを集めるだけでも大変そうですよね。 怨念:「一般のエントリーするMCは全部SNSで集めてますね。 怨念JAPとしての個人アカウントのフォロワー数は、凱旋を始めたときで2000人ぐらいですかね」 正社員:「それでなんでそんなに集まるんだろう。 今集まる理由はなんとなくこうなのかなってのがあるけど、一番最初に集まったのはなんでなのかな……。 結構、謎ですね。 MCバトルが流行ってるか、流行ってないかっていうのは一番デカいと思いますけど。 怨念が始めたときは、もうMCバトルが流行ってる世界というか、ブーム真っ只中だったんで」 怨念:「『とりあえず、やってみないとわからない』という感じだったので。 毎月、数だけやってみようと」 正社員:「最初、電話で怨念に『イベントやろうと思うんですよ』って言われて、名前を聞いたら『凱旋MCbattle』だと。 そのときはすぐ終わるだろうなというか、なんじゃその名前と思いました(笑)」 怨念:「いろいろ、意味があったんですよ。 西日本から4組と東日本から4組のゲストバトラーを呼んで、それもゲストの人はいろんな地方から呼びたいなと思ってたんです。 ライブだけでなくバトルにも出てもらい、優勝して地元に帰ってもらう……。 それで『凱旋』がいいんじゃないかと。 そこはやりやすかったですね。 最初出たのはK-razy、キョンス、ゆうま……。 T-TANGG、MASA、9for、ワイジーニアスですね。 正社員:「今、怨念が挙げたメンバーとかも僕は気づけなかったですね。 その前にも戦極で戦極スパーリングっていうイベントを無料でやって、そこに集まっていたメンバー、それぞれが各々でイベントもやってたのかな……。 正社員:「『あいつイケてるよね』とか、『あいつがいるなら行こう』とかあったのかなと。 そこの人選もよかったんじゃないですかね。 あとは、新しいMCバトルのイベントがずっとなかったんで、時代が求めている感はありましたね。 若いコがやるイベントもなかったので」 怨念:「MCバトルのイベントで若いコがやってるのはなかったですね。 俺は自分でイベントをやる前から、ずっとスタッフで入って何年も見ていたので、現場に入って苦労するということはなかったですね。 見てわからなければ周りに聞いてましたし、スゴいスムーズというか会場の人とも知り合いで、やりやすかったですね。 最近は何もないですね」 正社員:「ヒップホップにも世代の違いみたいなのはありますし、僕とかは結構それを食らってる世代なんですけど、怨念とかはだいぶ離れてますからね。 そういう文化もないし、そもそも、そういう先輩とは知り合わないほうがいいんじゃないかと(笑)」 怨念:「イベントの主催ということでいうと、正社員さんの次が僕の歳とかですよね? 15個ぐらい離れてる」 正社員:「イベントのスタートでいうと戦極の前の戦慄MCBATTLEが2009年、UMBとかも2005年とか、THE罵倒が2007年とかで。 凱旋MCbattleは2018年スタートなので、10年近く開いてる。 5つぐらいあったのかな?」 正社員:「そこでやめるのか、3000人集めるイベントになるかの違いは、怨念の人間性だと思います。 正社員:「そこまでいって、『この先もうひとつ上のレベルに持ってく奴ってどんなんだろう』って思ってたんですよ。 それが俺なのか、もう一回不良の人がパッとくるのか、どうなんだろうって思ってたときに、凱旋がガーッときた。 正社員:「基本、俺は怨念の人間性だと思いますね。 怨念だったら2か月3か月前にメンバーを考えて、連絡して、こうやりたいって思いを伝えて……。 それって普通のことだけど、消えてく奴らはやってない。 やってたとしても頻度や質が少なかったり、ケアが低かったりする。 怨念的にどう思ってるのか気になるけどね。 自分がやった新しいことってなんだと思う?」 仮想敵(?)のMC正社員から誉め殺しにあった怨念JAPは何を語るのか? 次回もお楽しみに! <構成/HBO編集部> 【MC正社員】 戦極MCBATTLE主催。 自らもラッパーとしてバトルに参戦していたが、運営を中心に活動するようになり、現在のフリースタイルブームの土台を築く.

次の