2020 オリンピック パラリンピック 日程。 2020年(令和2年)東京オリンピック・パラリンピックはいつからいつまで?延期後の日程は?

東京2020大会開催日程の決定に関する知事コメント|2020

2020 オリンピック パラリンピック 日程

東京オリンピック・パラリンピック2020の会場・日程・競技一覧【画像あり】 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック。 2018年も暮れを迎え、五輪に対する日本中のワクワクが徐々に高まりつつある。 そう感じるのは筆者だけではないだろう。 日々練習に明け暮れる選手たちはもちろん、ボランティアを始め運営側も準備を進めている。 あと2年も待てない筆者は、気の早い東京五輪ツアーを一人開催した。 東京オリンピック・パラリンピック会場の建設状況について、最新の画像をまじえて数回に分けてリポートしたい。 まず第1回目は、東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場詳細と会場計画コンセプト。 各地のサッカー会場および、オリンピックの日程・競技数などを紹介する。 東京オリンピック・パラリンピック会場計画 東京五輪メインスタジアムである国立競技場は、その建設費をめぐり世間を騒がせた。 しかしTOKYO2020に向けた建設は 国立競技場ばかりではない。 東京五輪では、東京都中央区晴海にある「選手村」を中心に、二つの会場エリアが存在する。 (下記マップ参照) メインスタジアムのある北側が「ヘリテージゾーン」。 もう一方が 湾岸区にある「東京ベイゾーン」だ。 東京五輪:会場分布図(開催競技図含む) 出典: 東京オリンピック 会場別競技一覧 No. その偉大なレガシー(遺産)を引き継ぐのがヘリテッジゾーンだ。 ヘリテッジゾーンには 開会式・閉会式が行われるメインスタジアムが存在する。 夏季オリンピックの華である陸上競技も、そのメインスタジアムで主に開催される。 その他 日本武道館では柔道と空手、国技館ではボクシング、東京国際フォーラムでは重量上げ など。 いかにも "ザ・オリンピック" の伝統競技が満載である。 東京ベイゾーン お台場や羽田国際空港も近いこの会場エリアは、都市の未来を象徴している。 「ベイゾーン」というだけあって水辺の競技が多い。 水泳、トライアスロン、カヌー、ビーチバレーなどがそうだ。 人気競技のバレーボールやテニスもこちらで開催される。 特に有明周辺は、現在建設中のものも含めて会場数が多い。 開催期間中はとても賑わうことが予想される。 東京五輪パラ会場計画コンセプト:Infinite Excitement - 無限の可能性 - ヘリテッジゾーンと東京ベイゾーン。 東京2020大会を通じて、トップアスリートが灯した情熱と、次世代へつながる可能性、そして語りつがれるレガシーが無限に広がっていくことを表しています。 出典: 情熱、可能性、レガシー なんとも素晴らしい響きだ! オリンピックらしい清々しさを感じる。 東京オリンピック:サッカー会場 サッカー競技については、毎回開催都市だけにとどまらず、オリンピック開催国全域で会場が選定されてきた。 2020東京五輪でもそれは踏襲される。 東京五輪のサッカー開催地は、2018年5月2日のIOC理事会で決定。 以下の全7会場となった。 東京五輪:サッカー会場マップ(全7箇所) 出典: 東京オリンピック サッカー会場 No. 会場名 所在地 38 札幌ドーム 北海道札幌市 39 宮城スタジアム 宮城県利府町 40 茨城カシマスタジアム 茨城県鹿嶋市 41 埼玉スタジアム2002 埼玉県さいたま市 42 横浜国際総合競技場 神奈川県横浜市 1 オリンピックスタジアム 東京都新宿区 10 東京スタジアム 東京都調布市 被災地の復興を願い、サッカー会場を東北と北海道へ ご覧の通り、東京を中心とした「関東圏 + 東北・北海道」が舞台である。 東京オリンピック2020の開催期間が真夏ということもあり、札幌や宮城でのサッカー競技開催は理にかなっている。 西日本としてはやや寂しくもあるが、現実的な判断だろう(ちなみに福島市では、野球・ソフトボールも開催される)。 そして何より、もちろんこれは東北の被災地復興を考慮したものだ。 1964年 東京オリンピックは、当時の日本人に大きな勇気を与えたと聞いている。 先の大戦で焼け野原と化した日本の東京。 それが世界の中心として平和の祭典を開催したのだ。 大きな昂揚感があったであろうことは想像に難くない。 東北大震災は2011年で、東京オリンピック開催決定は2013年。 その後も日本各地で災害が続き、新たな被災地が発生している…。 2018年9月の北海道胆振(いぶり)東部地震も記憶に新しい。 災害以外でも心に何かしらの「被災地」を抱えて、それぞれの人生を生きている方も多いだろう。 この東北・北海道での五輪競技開催はとても意義がある。 それぞれの会場が元気に盛り上がってほしい。 そして一人でも多くの人々に 生きる勇気が湧きあがることを願いたい。 元気じゃなくちゃ五輪じゃない! 元気があれば何でもできる! (ええ、あの方のテンションでお願いします。 開催期間: 2020年7月24日(金)~ 8月9日(日)• 開催期間: 2020年8月25日(火)~ 9月6日(日)• 競技数:22競技 東京オリンピック会場、一人で見学ツアー挙行 それではやっと本題に戻るが、今回のリポートは江東区を中心にオリンピック会場の最新状況をお伝えするものである。 筆者は今回のツアーを記事にすることで、後世に記録として残しておきたい。 建築過程はもちろん、街の風景も、情熱も。 この東京オリンピック・パラリンピックが新たなレガシー(遺産)として、次の世代へ受け継がれることを祈りながら…。 さて、自らこのツアー報告のハードルを上げてしまった(汗) しかし、次号からの具体的なリポートは気楽に眺めてほしい。 そしてみんなで TOKYO2020を盛り上げよう!.

次の

2020年東京パラリンピック

2020 オリンピック パラリンピック 日程

東京オリンピック・パラリンピック2020の会場・日程・競技一覧【画像あり】 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック。 2018年も暮れを迎え、五輪に対する日本中のワクワクが徐々に高まりつつある。 そう感じるのは筆者だけではないだろう。 日々練習に明け暮れる選手たちはもちろん、ボランティアを始め運営側も準備を進めている。 あと2年も待てない筆者は、気の早い東京五輪ツアーを一人開催した。 東京オリンピック・パラリンピック会場の建設状況について、最新の画像をまじえて数回に分けてリポートしたい。 まず第1回目は、東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場詳細と会場計画コンセプト。 各地のサッカー会場および、オリンピックの日程・競技数などを紹介する。 東京オリンピック・パラリンピック会場計画 東京五輪メインスタジアムである国立競技場は、その建設費をめぐり世間を騒がせた。 しかしTOKYO2020に向けた建設は 国立競技場ばかりではない。 東京五輪では、東京都中央区晴海にある「選手村」を中心に、二つの会場エリアが存在する。 (下記マップ参照) メインスタジアムのある北側が「ヘリテージゾーン」。 もう一方が 湾岸区にある「東京ベイゾーン」だ。 東京五輪:会場分布図(開催競技図含む) 出典: 東京オリンピック 会場別競技一覧 No. その偉大なレガシー(遺産)を引き継ぐのがヘリテッジゾーンだ。 ヘリテッジゾーンには 開会式・閉会式が行われるメインスタジアムが存在する。 夏季オリンピックの華である陸上競技も、そのメインスタジアムで主に開催される。 その他 日本武道館では柔道と空手、国技館ではボクシング、東京国際フォーラムでは重量上げ など。 いかにも "ザ・オリンピック" の伝統競技が満載である。 東京ベイゾーン お台場や羽田国際空港も近いこの会場エリアは、都市の未来を象徴している。 「ベイゾーン」というだけあって水辺の競技が多い。 水泳、トライアスロン、カヌー、ビーチバレーなどがそうだ。 人気競技のバレーボールやテニスもこちらで開催される。 特に有明周辺は、現在建設中のものも含めて会場数が多い。 開催期間中はとても賑わうことが予想される。 東京五輪パラ会場計画コンセプト:Infinite Excitement - 無限の可能性 - ヘリテッジゾーンと東京ベイゾーン。 東京2020大会を通じて、トップアスリートが灯した情熱と、次世代へつながる可能性、そして語りつがれるレガシーが無限に広がっていくことを表しています。 出典: 情熱、可能性、レガシー なんとも素晴らしい響きだ! オリンピックらしい清々しさを感じる。 東京オリンピック:サッカー会場 サッカー競技については、毎回開催都市だけにとどまらず、オリンピック開催国全域で会場が選定されてきた。 2020東京五輪でもそれは踏襲される。 東京五輪のサッカー開催地は、2018年5月2日のIOC理事会で決定。 以下の全7会場となった。 東京五輪:サッカー会場マップ(全7箇所) 出典: 東京オリンピック サッカー会場 No. 会場名 所在地 38 札幌ドーム 北海道札幌市 39 宮城スタジアム 宮城県利府町 40 茨城カシマスタジアム 茨城県鹿嶋市 41 埼玉スタジアム2002 埼玉県さいたま市 42 横浜国際総合競技場 神奈川県横浜市 1 オリンピックスタジアム 東京都新宿区 10 東京スタジアム 東京都調布市 被災地の復興を願い、サッカー会場を東北と北海道へ ご覧の通り、東京を中心とした「関東圏 + 東北・北海道」が舞台である。 東京オリンピック2020の開催期間が真夏ということもあり、札幌や宮城でのサッカー競技開催は理にかなっている。 西日本としてはやや寂しくもあるが、現実的な判断だろう(ちなみに福島市では、野球・ソフトボールも開催される)。 そして何より、もちろんこれは東北の被災地復興を考慮したものだ。 1964年 東京オリンピックは、当時の日本人に大きな勇気を与えたと聞いている。 先の大戦で焼け野原と化した日本の東京。 それが世界の中心として平和の祭典を開催したのだ。 大きな昂揚感があったであろうことは想像に難くない。 東北大震災は2011年で、東京オリンピック開催決定は2013年。 その後も日本各地で災害が続き、新たな被災地が発生している…。 2018年9月の北海道胆振(いぶり)東部地震も記憶に新しい。 災害以外でも心に何かしらの「被災地」を抱えて、それぞれの人生を生きている方も多いだろう。 この東北・北海道での五輪競技開催はとても意義がある。 それぞれの会場が元気に盛り上がってほしい。 そして一人でも多くの人々に 生きる勇気が湧きあがることを願いたい。 元気じゃなくちゃ五輪じゃない! 元気があれば何でもできる! (ええ、あの方のテンションでお願いします。 開催期間: 2020年7月24日(金)~ 8月9日(日)• 開催期間: 2020年8月25日(火)~ 9月6日(日)• 競技数:22競技 東京オリンピック会場、一人で見学ツアー挙行 それではやっと本題に戻るが、今回のリポートは江東区を中心にオリンピック会場の最新状況をお伝えするものである。 筆者は今回のツアーを記事にすることで、後世に記録として残しておきたい。 建築過程はもちろん、街の風景も、情熱も。 この東京オリンピック・パラリンピックが新たなレガシー(遺産)として、次の世代へ受け継がれることを祈りながら…。 さて、自らこのツアー報告のハードルを上げてしまった(汗) しかし、次号からの具体的なリポートは気楽に眺めてほしい。 そしてみんなで TOKYO2020を盛り上げよう!.

次の

東京オリンピックの新日程決定、21年7月23日開幕

2020 オリンピック パラリンピック 日程

・ ・ ・ 2020年東京オリンピック(2020ねんとうきょうオリンピック)は、(3年)からまでの17日間、ので開催される予定の。 を受けて、夏の開催日程から1年延期となった ()。 一般的には 東京オリンピック(とうきょうオリンピック)と呼称され、 東京五輪(とうきょうごりん)と略称される。 また、 東京2020(とうきょう2020 ) オリンピック競技大会や TOKYO 2020という呼称も使用される。 大会延期により開催年は変わるが、後述の通り「東京2020」の名称に変更はない。 なお、公用文では 第三十二回オリンピック競技大会(だいさんじゅうにかいオリンピックきょうぎたいかい)の表記が用いられている。 東京での五輪開催は、(39年)以来、56年ぶり(による1年延期により実際は57年ぶり)となる。 大会組織委員会は(TOCOG)。 概要 (JOC)会長のと、時の、が招致委員会を率い、(25年)(現地時間)にの首都で行われた で、の、の首都であるを抑えて選出された。 東京での開催は(15年)・に続き、3回目となる。 アジア初の同一都市による複数回開催となる。 また、アジアで開催されるは以来4回目である。 なお、日本でのオリンピック開催は夏季・通じると冬季開催となった以来4回目にあたる。 と合わせ「オリ・パラ」と略されることもある。 における開催に合わせて、の建設や、、、やの施設改修など、会場整備が行われた。 の推進に活かすため、国家的な一大行事となった。 などでオリンピック特需も発生した。 この他、開会式開会宣言はが実施することが予想されている。 夏季オリンピックはに開催されるため、1年延期が決まった今大会は近代オリンピック史上3度目の開催となる。 また、西暦が4で割り切れない年に開催される大会としては以来2度目だが、パリ大会は公式記録に含まれていないため、公式記録に含まれる中で西暦が4で割り切れない年に行なわれる平年開催は今大会が史上初となる(再延期や中止となった場合はこの限りではない)。 大会の延期 もともとは(令和2年)からの日程で開催される予定であったが、により、2020年、日本の・との(IOC)会長のが電話会談を行い、1年程度日程を延期して夏までに開催することを合意し、直後に実施されたIOC理事会で決定した。 なお、延期により2021年の開催となっても「2020」を含む名称の変更は行わない。 また延期は史上初となる。 開催時期については酷暑を避けて春に開催する案も出ていた が、感染症終息までの期間や予選日程などを考慮し、7月の開催で最終調整が行われた。 2020年、IOCと、東京都、が2021年(令和3年)からの日程で開催することで合意した。 開催地選考の流れ 詳細は「」を参照 2011年5月16日、(IOC)は2020年夏季オリンピック開催地の選考スケジュールを発表し、立候補の申請手続きを開始した。 2020年大会の開催地選考から、新たに規定への準拠との司法権の事前調査のため、立候補を希望する都市は同年7月29日までにIOCに文書を提出することが義務化された。 同年9月1日に申請を締め切り、IOCは翌2日に、、、、、の6都市からの立候補申請を受理したと発表した。 2012年2月14日、財政難からの脱却を目指しているイタリア首相のが招致計画を承認しなかったため、ローマは立候補を取りやめた。 同年5月23日、IOC理事会において1次選考が行われ、大会の開催能力があると認められたイスタンブール、東京、マドリードの3都市が正式立候補都市に選出された。 ドーハは1次選考の通過が有力視されていたが、10月開催によって観客の減少やテレビ視聴者の低下などによる運営面への影響、気象条件の悪さ、狭い国土に対しを開催することでの財政的リスクといった課題を指摘され、と同様に1次選考で落選した。 バクーについてはインフラ面での課題や競技施設の建設費、国際大会の開催経験の乏しさを指摘され、ドーハと同様に2大会連続で1次選考において落選した。 2013年3月にはが筆頭に10名で構成されたIOC評価委員会が各立候補都市を現地視察し、6月25日に各立候補都市の長所と短所を記した評価報告書を公表した。 報告書は公平性を保つため、各都市の優劣を直接示す文言は盛り込まれていないが、東京は根幹部分での指摘がなく全体的に高い評価を受けた。 一方、イスタンブールとマドリードは計画の一部に懸念が示された。 また、広島や福岡で開催の案もあった。 詳細は「」を参照 2013年9月7日、ブエノスアイレスで開かれたにおいて開催地選定投票が行われた。 第1回目投票で東京が3都市中最多の42票を集めたが48票には届かなかったため、最も得票の少ない都市を脱落させ上位2都市で第2回目投票(決選投票)が行われることとなった。 ただ、ほかのイスタンブールとマドリードはともに26票で同数であったため、第2回目投票の前にまずこの2都市でが行われ、49票を得たイスタンブールが東京との第2回目投票に進んだ(この時点でマドリードが落選)。 第2回目投票では60票を獲得した東京が36票のイスタンブールを制し、IOC会長によって現地時間午後5時20分頃、開催都市が東京と発表された。 2020年夏季オリンピック開催都市投票結果 都市 国名 第1回投票 選定投票 第2回投票 42 — 60 26 49 36 26 45 — 開催決定後の動き• (25年)• - が省内に「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会準備本部」を設置し、()のが本部長に就任した。 - 政府が「東京オリンピック・パラリンピック担当大臣」の新設を決定し、文部科学大臣の下村が就任(兼任)。 また、が「準備委員会」を設置した。 - JOC が理事会を開き、東京都や政府との連携を図るため「開催準備対策プロジェクト」の設置を決定し、会長のが座長に就任する。 - がスポーツ振興局内に「オリンピック・パラリンピック大会準備部」を設置。 - 政府がに「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会推進室」を設置。 やの職員などで構成され、関係省庁との調整作業を行う部署となる。 室長にはのが就任、また同日、与党は党内に「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部」を設置し、本部長には招致推進本部長を務めた衆議院議員のが就任した。 - ・で「二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に関する決議」が議決された()。 - IOCのジルベール・フェリ統括部長や東京大会の調整委員長に就任したIOCの副会長らが来日し、東京都やJOC、政府と合同でオリエンテーションセミナーを開催した。 (平成26年)• - 大会の運営や準備などの実務を担う(以下、「組織委員会」)が発足、元のが会長に就任し、事務局のトップとなる事務総長に元副総裁のが就任した。 - により、国内の協賛企業獲得などを行なうマーケティング専任代理店にが指名される。 、真夏の開催のため、など暑さ対策も検討されている 、ことが報道される。 - で開催されたIOC臨時総会において、オリンピックの改革案『オリンピック・アジェンダ2020』が採決された。 夏季五輪において28競技の上限を撤廃し選手数を1万5000人以内、310種目を上限とした。 また、提言「オリンピックの構成は競技ベースから種目ベースへ」の一環として、開催都市の OCOG が追加種目を提案できるようになった。 これにより、日本で要望が高かった・の復活や、との追加が検討されている。 そして後日、この追加種目は上述の種目数、選手数の上限規定はIOCが適用しない方針だと報道される。 開催都市の負担軽減のため一部の競技を国内外問わず別の都市で開催することも認められ、この大会においてはでやの開催が検討されている。 男女混合種目を増やす方針も打ち出された。 (平成27年)• - 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部・基本方針の策定・国有財産の無償使用・への国の職員の派遣などについて定めるが施行した。 - メイン会場となる予定のが発表された。 - 開催5年前となったこの日、首相()のがで「第1回東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部」を開催。 また、本大会の(も) が都民広場で発表された(のデザイン )。 佐野がデザインし使用が中止されたエンブレムマーク。 - 佐野がデザインしたエンブレムがののロゴと酷似していたため、と組織委員会に使用停止要求が提出された。 - 王立リエージュ劇場およびロゴのデザイナーはIOCを相手取り、当エンブレムの使用差し止めの訴えを地元裁判所に起こし受理された。 初回裁判期日は2015年9月22日。 - 2020年東京オリンピックのエンブレムについて、組織委員会は佐野がデザインしたエンブレムの使用を中止する方針を固めた。 (平成28年)• - 2016リオ五輪閉会式フラッグハンドオーバーセレモニー(旗の引き継ぎ式)の「検討メンバー」8人を組織委員会が発表した。 - 新エンブレムがの「組市松紋」に決定した。 - 公式HPより有明体操競技場新築工事が発表された。 - 組織委員会会長の森喜朗と五輪担当相()のらがリオデジャネイロ五輪の開会式に出席した。 - 都知事のと首相の安倍らがの閉会式に出席した。 - 三庁連携シンボルマーク(観光庁・スポーツ庁・文化庁)が公募で決定され、68作から永田康二の作品が選ばれた。 - 組織委員会が「東京2020応援マーク」を発表した。 (平成29年)• - 選考検討会議のメンバーを発表(座長は)。 - この大会での費用分担をめぐる問題が「東京都、国、組織委員会と関係自治体のトップが集まる協議会で大枠で合意する見通し」と報道される。 関係者によると、「東京都と組織委員会は、東京大会の総経費を1兆3850億円と試算しており、負担の内訳は都と組織委員会が6000億円ずつ、国が1500億円となっている」という。 残りの約350億円は積算根拠がなく詰め切れなかったため、分担を割り振らず、関係自治体の負担については、自治体の主張している「立候補ファイルなどに基づいたもの」とし、「今後の調整とすることで大枠の合意を目指す」という。 - 組織委員会とが、大会成功に向けてボランティアに関する協定を締結。 - 組織委員会の第23回理事会にて、開閉会式や聖火リレーの業務委託先をに、チケット販売をとAtos Spain SAのコンソーシアムに決定した。 - 大会マスコットの最終3候補を公表。 - デザインコンペのエントリー受付開始。 (平成30年)• - がの市松模様をイメージした「ア案」のデザインに決定した。 - 復興五輪という位置づけから、聖火リレーのスタート地を福島県とすることを決定した。 なお、聖火リレーは2020年3月26日から開始される予定だった。 - 公式マスコットの名前を「ミライトワ」(オリンピック)と「ソメイティ」(パラリンピック)とすると組織委員会により発表された。 五輪マスコットの名前の由来は、「未来」と「永遠」から。 - オリ・パラ開閉会式のとして、狂言師・の就任が決まった。 - 開催期の暑さ対策としてパラリンピックと共に検討されていた(サマータイム)導入について、「の導入は難しい」として見送られる方向になったと伝えられた。 - 首相の安倍晋三は内閣改造で、元文科副大臣のを五輪担当相に起用した()。 - 東京都議会が本会議で、「などセクシュアルマイノリティへの差別禁止」を盛り込んだ人権尊重条例案(「オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例案」)を可決、成立させた。 これは「このオリンピック憲章の定める権利および自由は人種、肌の色、性別、、(中略)などの理由による、いかなる種類の差別も受けることなく、確実に享受されなければならない」というの根本原則に則り、の規制や、、を理由とした差別を禁じることが柱となっている。 - 東京2020オリンピック競技大会公式映画の監督に、が就任したと発表。 女性監督は歴代5人目。 (平成31年・元年 )• - 大会スタッフは「FieldCast(フィールドキャスト)」、都市ボランティアは「CityCast(シティキャスト)」と、最終4ペア案の中から名称が決定した。 - 3月1日から5月6日までを「500 Days to Go! 」期間とし 、ちょうど開催500日前となったこの日、大会競技種目(全33競技50種類)を正式公開し 、2020年3月26日ののグランドスタート会場を「ナショナルトレーニングセンター」(福島県・)とすることを発表した。 - が JOC の理事会にて、会長職を今期(同年6月)をもって退任(IOC委員も辞任)することを表明した。 - 聖火がから到着するのを1年前としたこの日、組織委員会がで使われるトーチを発表した。 - 五輪担当相のが()に対する失言を理由に首相の安倍晋三に辞表を提出し、事実上の更迭となった。 - 各競技のスケジュールが発表された。 - 日本在住者向けに、公式販売サイトでの入場券抽選申し込み受付を同日午前10時に開始した。 抽選販売では全ての当選チケットを一括購入とし、一部のチケットのみの購入は行えないことを規約に定めた。 全体像が未定のボクシングについては募集延期となった。 - ボクシングの IF である の組織統治能力に問題があるとしてIOCからのIFとしての承認を停止する方針となる。 2020年夏季五輪のボクシング競技はAIBAではなく会長兼IOC委員のを座長とするIOC内の特別作業部会(タスクフォース)が主管する方針となった。 - 都知事の定例記者会見において、猛暑対策として「かぶる傘」(、アンブレラハット)の試作品が発表される。 - 入場券抽選申し込み受付の締め切りは5月28日午後11時59分までだったが、公式販売サイトへのアクセス集中(5月28日夜に受付待機人数が100万人超を推移)により、締め切りを12時間延長し、5月29日午前11時59分となった。 結果として、抽選申し込み受付の締め切り時点で公式販売サイトへの累計アクセス数は2425万件を超え、申し込みに必要なIDの登録者は750万8868人に達した。 - IOC総会でについて、5月22日の方針が承認される。 - は、ロシア選手のオリンピックを含む国際大会への参加を4年間停止し、厳しい条件を満たした選手のみ個人資格で参加できるとする処分を決めた。 - 会場に指定されているで、飛散性の最も高い「レベル1」のが見つかっていたと報道された。 詳細は「」を参照• (令和2年)• - 聖火の採火式がので行われ、東京オリンピックの聖火リレーが始まる。 - アメリカ大統領のがホワイトハウスで記者団の質問に対し、「無観客など想像できない。 1年間延期したほうがよいかもしれない」と述べ、開催の延期もやむを得ないという考えを示す。 - 宮城県にて「聖火到着式」を規模を縮小して決行。 以後20日から24日まで「復興の火」として宮城、岩手、福島の各県で展示された。 - カナダのオリンピック委員会 COC は22日、のリスクを理由に、2020年夏開催の東京五輪には選手団を派遣しないと表明した。 - 新型コロナウイルス感染症()の深刻な発生により、日本政府の安倍首相とIOCのバッハ会長との電話会議により開催延期が決定され、遅くとも夏までに開催することで合意した。 併せて、3月26日から日本国内で開始する予定であったの延期も発表された。 日本政府は、大会名の「TOKYO 2020」は維持する方針である。 - 組織委員会、国際オリンピック委員会、東京都、日本政府は、延期された東京大会を2021年7月23日に開会することで合意した。 大会ビジョン 大会ビジョンは「スポーツには世界と未来を変える力がある。 」であり、その3つの基本コンセプトは「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」である。 そのうち「多様性と調和」の理念は「、肌の色、、、、、、の有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩。 」である。 これは2014年にでが開催される直前、パブリックスペースでについてポジティブに語ることなどを禁止する「同性愛宣伝禁止法」が制定され、西洋諸国から非難を浴び、政府要人らのへのが相次ぎ 、2015年に(IOC)がの根本原則に「性別と性的指向に関する差別を禁止すること」を明文化したことが背景となっている。 この理念に則り、は当初からに対する配慮をしていく方針を掲げている。 実施競技 2020年東京オリンピックでは、33競技339種目が実施される。 うち、非追加種目が28競技321種目、開催地の組織委員会提案の追加種目は5競技18種目となっている。 非追加種目はで定められた上限310種目を11種目上回った。 下記の情報は2017年6月現在。 18 ()• 形 2• 組手 6• 水泳 49• フリースタイル 12• グレコローマン 6 実施競技の見直し 2020年夏季五輪においては実施競技について見直しが行われた。 2月12日、IOCは2012年のロンドンで実施された26競技のうち、レスリングを除く25競技を「中核競技」として位置付けた。 その上で、2020年夏季五輪においては「中核競技」25競技と2016年リオデジャネイロ五輪で追加される2競技を併せた27競技を実施するものとし、レスリングを実施競技から除外する勧告を行った。 「中核競技」とはIOCが実施競技選定に導入した新方式で、25競技を(特別な事情がない限り)固定化するというもの。 実施競技の上限は28競技とし、中核競技以外に五輪活性化のための実施競技入れ替えが大会ごとの追加枠で採用される「その他の競技」がある。 9月8日のIOC総会において、2020年夏季五輪では、レスリングを追加することが決定された。 - ので行われたIOC理事会において、フィリップ・ボビIOCスポーツ局長が2020年大会での実施競技の選考過程を発表した。 2月 - IOC理事会において、の実施競技からを除外。 - IOC理事会において、2月の理事会で除外されたレスリングと新たな候補競技7競技(・、、、、、、)の計8競技から、レスリング、野球・ソフトボール、スカッシュを選出。 - 開催都市決定の翌日。 アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれるにおいて、5月29日の理事会で選出された3競技からIOC委員による投票で、追加する1競技がレスリングに決定した。 - 組織委員会が提案できる追加種目の1次選考結果がから発表され、、、、、、、、の8競技内の種目に絞られた。 詳細は「」を参照• - スカッシュ、ボウリング、武術太極拳以外の、5競技18種目のIOCへの提案が決定される。 それぞれ、野球・ソフトボールは野球(男子)、ソフトボール(女子)。 空手は組手3階級(男女)、形(男女)。 ローラースポーツはストリート(男女)、スケートボードパーク(男女)。 スポーツクライミングはボルダリング・リード・スピード複合(男女)、サーフィンショートボード(男女)。 - でので開催都市提案の追加種目18種目の実施が決定される。 - でのIOC理事会で男女混合団体戦、男子800メートル自由形、女子1500メートル自由形、400メートル男女混合メドレーリレー、男女混合団体、1600メートル男女混合リレー、男女、マディソン(トラック)男女、BMXフリースタイル男女、団体男女、男女混合ダブルス、男女混合リレー、女子2階級などの導入、団体男女、男子2階級、男子1階級などの削減があり既存28競技の種目構成が決定される。 までに度重なる不祥事によりののIOC除名やオリンピックからの除外がIOCで俎上にあがる。 、除外が検討されていたが上述のよう主管団体は変更となったが実施されることがでので承認された。 2020年6月、前会長のドーピング隠蔽疑惑発覚などによりの当大会からの除外案が浮上。 参加国・地域 2020年3月12日の時点で、以下の153ヶ国・地域の NOC が出場資格を得ている(ただし、ユニバーサリティ出場枠を通して、出場資格にかかわらず競技者を派遣することができる陸上競技および水泳競技の参加資格未取得競技者を有するのみのNOCを除く)。 (アルファベット順)• 開催国• 開催日程 2020年3月24日現在、公式サイトでは未定だとしている。 2014年、『オリンピック・アジェンダ2020』がIOC総会で採択されコスト、オリンピックの持続継続性を優先し脱コンパクト五輪となった。 東京都以外の地域での競技実施が多くなった。 メインスタジアムは、でメインスタジアムとなったを建て直して建設される。 その他、主に内陸部のヘリテッジゾーンと臨海部の東京ベイゾーンに分けられる各会場群にて競技が行われる予定である。 また、半径8km圏外ゾーンでは会場として「」 が使用される。 外に配置される競技場は、サッカーの会場として()、 ひとめぼれスタジアム宮城 ()、 カシマサッカースタジアム ()、()、 味の素スタジアム () 日産スタジアム ()が使用されるほか 、ゴルフの会場として(埼玉県)が、の会場として()が、セーリングの会場として()、フェンシング、テコンドー、レスリングの会場として 、サーフィン会場として 、射撃の会場として(埼玉県)、野球・ソフトボール競技の主会場として()サブ会場として が使用される予定となっている。 東京五輪・パラリンピック期間は被災3県を含む各地で夏祭りが実施される時期()であり、例年交通機関や宿泊施設が混雑するが、()から9年となる2020年に「復興の舞台」として被災地の人々を勇気づけ、世界に復興をアピールするため、宮城スタジアムが会場として選ばれた。 カシマスタジアムは当初の計画では会場となっていなかったが、会場追加の要望を受けた結果、被災地の一つであることも考慮され追加会場となることとなった。 札幌ドームのある札幌市はにが開催されたため、競技(1964年東京オリンピック)と()が開催されたに続き、世界で2例目の夏季・冬季両五輪の会場が置かれた都市となる見込みである。 競技会場として豊田市のなども補完的に利用可能な大規模施設として候補に挙がっている [ ]。 のとについて、で棄権者が続出したことを鑑み、IOCが猛暑を懸念して開催地をに移すことになる。 費用対効果 費用 2017年5月、東京オリンピックは約1. 39兆円の費用だと東京都の試算を発表。 内訳は組織委員会が6000億円、東京都が6000億円、国が1200億円である。 2020年1月、「大会組織委員会が昨年末に発表した最終の予算案は1兆3500億円。 そのうち国の負担は1500億円」 とされた。 費用の国際比較 ブラジル政府が過去の開催都市よりもコストカットに成功したと自負しているが総額約120億ドル(約1. 3兆円)であり、 ではスポーツ関連のみの費用が約140億ドル(約1. 5兆円)となった。 そのため、ロサンゼルス五輪以降の8回の夏季大会の総額では1位が2008年のの約3. 4兆円で、2012年のロンドンが約3. 17兆円で2位だった。 東京の2019年末の発表は1兆3500億円であり、ロンドンや北京に比べて低い。 経済効果 日本政府と企業は世界に五輪を通じて日本の技術力を更に認知させるとして、2016年(平成28年)にはがマラソン・競歩・自転車のコースを新たな特殊技術で舗装することで、路面温度を4. 民間企業でも、メインスタジアムと選手村をつなぐ道路の間にある一帯を再開発するのに4000億円を出資するなど、オリンピックに関する各民間企業による投資や開発も活発になっている。 そのため、東京五輪を招致したことよる日本国内への経済効果は合計32兆3000億円を超えて、190万人の新たな雇用が増加すると主張している。 スポンサー 一業種1社を原則とするが、(IOC)と協議して特例で2社共存したスポンサー や、複数で共存したスポンサー もある。 2020年夏季オリンピックのスポンサー ワールドワイドオリンピックパートナー• 放送事業者 国内ではNBCがから今大会までの4大会分の放映権を43億3000万ドルで獲得した。 ではがからまで、本大会を含む4大会分の欧州向け放映権を13億ユーロで獲得した。 以下は、現在 [ ]までに確定した放送事業者である。 — 、、• — 、• — 、• — 、• — — 22カ国の放送事業者に販売する権利。 — フランスとロシアを除く。 — 、、、、、、、、、、、、における権利。 マスコットキャラクター 聖火を輸送する-8 JA837J このオリンピックによるの聖火リレーは、2020年3月12日にのの神殿での女神を祀る11人の(女優が演じる)巫女 処女であることが前提 で採火され、3月20日に日本に到着後は、、で展示される。 その後、3月26日に福島県のを出発し121日間で全47都道府県を回り、7月24日の開会式を迎える予定 であった。 が2019年6月1日に発表した、聖火が回る都道府県の順番は以下の通り。 ()の津波に耐えたや、で被害を受けたなどの被災地をルートに組み込んだほか、なども通過する。 121日をかけて全国857市区町村を回り、開会式で点火される予定。 通過する詳細なルートや距離については、2019年12月17日に発表される。 2020年東京オリンピックの聖火リレーでは、それぞれの地方で「聖火リレー」というイベントを開催して回るという形になっている。 ルートに指定された自治体では2-3kmほどを聖火ランナーが運び、あとは車で運搬され次の自治体に移動する。 例えば5月18-19日の広島県では、県中央部の三次市から聖火リレーが開始され、東京方面ではなく山口方面に向かってリレーが行われる。 広島市に到着した聖火は、皆実町6丁目からの3kmほどの区間で聖火リレーが行われる。 翌日は広島市の更に西側にあるまで戻り、、、、と運ばれるという具合である。 1人あたりの距離は200メートルと決められており、走行時間の目安は2分間とされている。 大阪市では、その前の区間のから車で聖火が運ばれ、からまでの区間でリレーが実施される予定だが、途中アクアライナーを使用して運ばれる予定になっている。 1964年東京オリンピックでは、多数の伴走者が聖火ランナーの後ろを走ったが、2020年の東京オリンピックでは一部区間を除いて伴走は許可されていない。 走者が運ぶのは消えても構わない分身ともいえる火であり、本来の聖火自体は車で運ばれる。 聖火リレーで使用されるトーチは、製の長さ71 、重さ1. 上部が桜の花びらにかたどられ、5つの花びらから炎が出る。 火力や炎の大きさを一定に保つために一定量のガスを供給し続ける仕組みや、燃焼部の中心の製メッシュ状ドームにより、秒速17メートル以上の風や1時間50ミリ以上の雨でも炎が消えないようになっている。 素材の一部には東日本大震災による仮設住宅のの廃材を再利用することとした。 の車両製造技術を活用し、つなぎ目のないトーチに作製されたことも特徴となっている。 聖火ランナーは公募により1万人程度が選ばれた。 聖火リレーについて、はスポンサー企業4社と各都道府県実行委員会が行ったランナー公募に延べ53万5717件の応募があったと発表した。 日本人最初のアテネを走る聖火ランナーとして、女子マラソン金メダリストのが選ばれた。 日本国内を最初に走る聖火ランナーとして優勝時のメンバーが選ばれた。 聖火台 聖火台は開会式で点火するオリンピックスタジアム用のものと、大会期間中に点火しておく屋外用のものの2種類が製作される。 オリンピックスタジアムの聖火台は太陽をモチーフにした球体とする方向で調整されており、点火後に回転しながら開き、内部の聖火が見えるという演出が予定されている。 燃料にを用い、炎を五色に着色することも検討されている。 大学連携 (26年)6月23日にと全国の・が連携協定を締結し、(2年)の大会に向けて、オリンピック・パラリンピック教育の推進やグローバル人材の育成、各大学の特色を活かした取り組みを進めていくこととなった。 課外活動の促進や特別講義の他、正課の授業としてオリンピック・パラリンピックに関する講座を開設している例 もある。 記念ナンバープレート 2020年東京オリンピック・パラリンピック記念は白基調にオリンピックにちなんだ意匠が入ったナンバープレートである。 交通渋滞対策 2019年(平成31年)2月6日、と東京都は「交通輸送技術検討会」を開き、通常料金に上乗せ課金する「」などの交通量を減らす議論を開始した。 他にも企業などに、やの要請などしてきたが、このままでは不十分と判断し、追加対策の必要性を確認した。 「ナンバープレート規制」や複数人乗車車両の専用レーンを設ける「HOV(複数乗客)レーン導入」などの案もあるが、機器と人員が必要になるため、検討を重ね、今年度中にいずれかの追加対策を決める。 疑惑 招致不正疑惑 2016年5月11日には英紙『』が、東京五輪決定前後にあたる2013年7月と10月の2回に分け、招致委員会がに拠点を置く「ブラック・タイディングス」社の口座に総額130万ユーロ(約1億6000万円)を送金していたと報道した。 2016年5月12日には仏検察当局が東京五輪招致委員会とパパ・マッサタ・ディアックとの間に280万シンガポールドル(約2億2000万円)の金銭授受があったことを確認したと発表した。 2018年12月、フランス捜査当局は東京五輪招致をめぐる容疑でJOC会長の竹田恆和を容疑者とする捜査の開始を決定した。 2019年3月、これを受けて「会長辞任は避けられない見通し」と報じられている。 3月19日竹田がJOCの理事会にて、会長職を6月をもって退任することを表明した。 国際陸連への賄賂疑惑 2016年1月に、世界アンチ・ドーピング機関は、 IAAF 元会長のラミン・ディアックの息子であるカリル・ディアックと、イスタンブールのトルコ当局者との間の会話を詳述する報告書に引用された会話の写しの中で、日本の入札チームがまたはIAAFのいずれかに「スポンサーシップ」の支払いとしての400 - 500万ドルは賄賂行としてだった可能性を示唆する結論を出した。 東京都側はこれを否定している。 9億円のロビー活動費疑惑• 3月31日がオリンピック招致を巡りが招致委員会から820万ドル相当の資金を受け取り、委員にを行っていたと報じたことについて、支払いの一部はスポンサー集めの「(手数料)」だっと説明した。 2019新型コロナウイルスによる影響• のが拡大していることを背景としたオリンピック中止の可能性について、IOC委員のディック・パウンドは、2020年2月に「開催の可否は2020年5月までに決まる」と発言していた。 また、その後の会見では「1年延期」の可能性があると言及している。 2020年の・市長選で当選したは、もしも東京で開催が不可能になり、経験があるロンドンでの代替開催を求められた場合どうするかを問われ、「積極的に行動し、最善を尽くす」と答えていた。 しかし、パウンド委員は代替開催は難しいと発言している。 のが、で記者団の質問に対し、「無観客など想像できない。 あくまで私の意見だが、1年間延期したほうがよいかもしれない」と述べ、そのうえで、延期したほうがよいと日本の・に伝えるのかという質問に対し、「それはしない。 彼らは自分たちで判断するだろう。 ただ、観客なしで開催するよりは延期するほうがよいと思う」と述べ、開催の延期もやむを得ないと表明した。 大統領はこれまでも東京オリンピックの開催について政府の判断を尊重する考えを示していたが、開催延期に言及したのはこれが初めてである。 背景には、アメリカ国内でも感染が拡大するなか、事態を軽視しているという野党側などからの批判をかわすねらいもあると見られている。 これらについて、や IOC 、のは成功を目指すとする従来の立場を改めて示した。 2020年3月22日、を受けて、 COC と CPC は、選手および一般の人々の健康と安全を考慮し、2020年の夏に予定されている東京オリンピック・が予定通りのスケジュールで開催される場合、選手団を派遣しないことを表明した。 2020年3月24日夜、日本の首相である安倍晋三はにて、IOC会長のとオリンピックの開催延期について電話会談した。 安倍は1年の開催延期(2021年開催)を提案し、バッハがこれに理解を示した。 また、会談に同席した東京都知事の小池百合子は、その後の記者会見で、大会名称は「TOKYO 2020」のまま変更がないことも確認されたと発言した。 これらの直後に実施されたIOC理事会で延期が決定した。 3月26日の夜から翌日未明(日本時間)にかけて、IOCは各競技のと電話会談を行った。 この会談の中でIOC側は、開催時期の候補として、2021年の春と夏の2つの案を提示した。 春開催は、大型スポーツイベントとのバッティングが少なく、当初懸念されていた猛暑の問題も解決できるとされる一方、新型コロナウイルスの流行が収束しきっていない可能性がデメリットとしてあげられる。 3月30日、組織委員会、国際オリンピック委員会、東京都、日本政府は2021年7月23日に東京大会を開会することで合意した。 当初の日程をほぼ一年後にスライドさせた形となり、夏開催となる。 延期後の開催期間と重なる2021年からには、アメリカ・でIOC後援国際の開催も予定されていた。 東京オリンピックでも実施される、、が競技・種目構成に含まれていた。 ワールドゲームズ2021は2022年7月7日から17日開催に延期された。 の追加種目に内定しているスケートボード、サーフィン、スポーツクライミングについて東京オリンピックでの実施状況を見て2020年12月のIOC理事会で最終決定する予定だった。 最終決定の締切はオリンピック憲章によれば2021年7月である。 延期決定以前はやその国際競技連盟であり資格停止中のAIBAの将来について東京オリンピック終了後にIOCで決定する計画であった。 2020年6月4日、日本政府や東京都が、大会時の感染予防策として、選手を含む大会関係者や観客へのPCR検査の実施や、観客の削減や開閉会式の簡素化など、運営方式の簡素化などを検討している事が発表された。 同時に、開幕1年前の大規模イベントを見送る方針であることも発表された。 脚注 [] 注釈• 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会では2020部分を「ニーゼロニーゼロ」と呼称している。 欧米諸国においては夏季五輪では(・・)、(・)、(・)、(・)、冬季五輪では(・)、(・)、(・)の例があり、東京は夏季では5都市目、冬季も合わせると8都市目となる。 安部首相は同日夜、電話会談でバッハ会長に開催を1年程度延期する案について話し、全面的に賛同を得たことを明らかにした。 直後にとIOCも共同声明で同様の内容を発表した。 平成31年は2019年1月1日から4月30日まで、令和元年は2019年5月1日から12月31日まで。 大会組織委員会ホームページの「オリンピック競技一覧」では、遅くとも2019年2月時点で、このピクトグラムが既に使用されていた。 2020年3月22日、カナダは2020年東京オリンピックが予定通りのスケジュールで開催される場合、選手団を派遣しないことを表明した• 決勝戦以外に関しては同じ国内の別の都市での開催が認められている。 BBC NEWS 2020年3月24日. 2020年3月25日閲覧。 shugiin. 2018年8月14日時点のよりアーカイブ。 2018年1月5日閲覧。 - (2011年11月5日アーカイブ分)• 1940年大会はの影響で中止となったが、回次として記録が残されるため。 したがって、実際に開催されるのは2回目。 2019年7月9日. 2019年11月16日閲覧。 初の平年開催はで、この回は西暦が4で割り切れる年に行なわれた唯一の大会。 2度目の平年開催はだが、この大会は歴代大会の公式記録からは除外されているため、通常は含まれない。 NHKニュース 2020年3月25日. 2020年3月25日閲覧。 毎日新聞 2020年3月25日. 2020年3月25日閲覧。 読売新聞オンライン 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 産経ニュース 2020年3月28日• 2011年11月5日 - 国際オリンピック委員会 2011年11月2日• International Olympic Committee. April 5, 2012. の2016年3月4日時点におけるアーカイブ。 2014年7月14日閲覧。. Associated Press. Miami Herald 2013年9月7日. 2013年9月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年9月8日閲覧。 衆議院. 2016年4月8日時点のよりアーカイブ。 2016年3月28日閲覧。 参議院. 2016年4月6日時点のよりアーカイブ。 2016年3月28日閲覧。 2015年8月13日 - 電通 2014年4月17日• 2015年7月21日 - MIRAIMAGINE(ミライマジン) NHK 2014年9月10日• 朝日新聞. 2014年12月9日. の2014年12月11日時点におけるアーカイブ。 2014年12月15日閲覧。 時事通信. 2014年12月8日. の2015年5月1日時点におけるアーカイブ。 2014年12月15日閲覧。 2015年7月27日 - 首相官邸ホームページ 総理の一日 2015年7月24日• マイナビニュース. 2014年9月19日. の2015年7月28日時点におけるアーカイブ。 2015年7月28日閲覧。 2015年8月20日 - ブレーン 2015年7月24日• 2015年8月3日 - 日本経済新聞 2015年7月31日配信 2016年3月27日閲覧• 2015年8月14日 - 日本経済新聞 2015年8月14日配信 2016年3月27日閲覧• NHK. 2015年9月1日. の2015年9月1日時点におけるアーカイブ。 2015年9月1日閲覧。 日本経済新聞. 2015年9月1日. の2015年9月1日時点におけるアーカイブ。 2015年9月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年1月26日. の2016年1月25日時点におけるアーカイブ。 2016年3月12日 - ブレーン AdverTimes 2016年1月27日• 毎日新聞. 2016年4月25日. の2016年4月25日時点におけるアーカイブ。 2016年4月25日閲覧。 2016年8月26日 - 文化庁 2016年7月12日• 2016年10月24日 - 観光庁 2016年9月23日• 2017年3月5日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会• 2018年8月2日 - TOKYO2020. 2017年12月1日時点のよりアーカイブ。 2017年12月1日閲覧。 2017年12月1日 - 日刊スポーツ 2017年11月29日• 2017年12月22日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会• 毎日新聞. 2018年2月28日12時15分. の2018年2月28日時点におけるアーカイブ。 2018年2月28日閲覧。 産経ニュース. 2018年2月28日12時19分. の2018年3月8日時点におけるアーカイブ。 2018年2月28日閲覧。 日本語. nikkansports. com. の2018年7月12日時点におけるアーカイブ。 2018年7月12日閲覧。 日本語. 朝日新聞デジタル. の2018年7月23日時点におけるアーカイブ。 2018年7月23日閲覧。 2019年1月29日 - 日本経済新聞 2018年7月30日• 朝日新聞DIGITAL. 2918年9月27日. の2018年9月27日時点におけるアーカイブ。 2018年9月27日閲覧。 2019年4月10日 - - 日テレNEWS24 2019年4月10日閲覧• 2018年10月23日. の2018年10月25日時点におけるアーカイブ。 2018年10月25日閲覧。 olympic. org. 2018年10月23日. の2018年10月25日時点におけるアーカイブ。 2018年10月25日閲覧。 2019年1月29日 - AdverTimes by 宣伝会議 2019年1月28日• 2019年3月12日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会• 2019年3月12日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年3月12日• 2019年3月12日 - 日刊スポーツ 2019年3月12日• 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年2月3日時点• 2019年3月12日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年3月12日• 産経新聞. 2019年3月20日. の2019年3月22日時点におけるアーカイブ。 2019年3月22日閲覧。 2019年4月10日 - - 時事通信社 2019年4月10日• 2019年4月17日 - - 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年4月16日• 朝日新聞デジタル 2019年5月23日. 2019年6月20日時点のよりアーカイブ。 2019年6月20日閲覧。 小国綾子 2019年8月8日. 毎日新聞. 2019年10月12日閲覧。 丸山ひかり 2019年10月2日. 2019年10月12日閲覧。 - (2019年5月28日アーカイブ分)• 朝日新聞デジタル. 2019年5月29日時点のよりアーカイブ。 2019年5月29日閲覧。 日本放送協会. NHKニュース. 2019年12月9日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年12月30日閲覧。 NHK NEWS WEB 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 NHK NEWS WEB 2020年3月13日. 2020年3月13日閲覧。 BBC NEWS JAPAN 2020年3月23日. 2020年3月25日閲覧。 - (2019年9月7日アーカイブ分)• 日本の首相は参列した。 tokyo2020. TOCOG 2017年6月10日. 2018年1月5日時点のよりアーカイブ。 2018年1月4日閲覧。 CNN. jp タイムワーナー. 2013年2月13日. の2013年2月16日時点におけるアーカイブ。 2014年8月7日閲覧。 日本レスリング協会 2013年9月9日. 2013年12月19日時点のよりアーカイブ。 2014年8月7日閲覧。 毎日新聞. 出典提示者が配信日を未記載. の2015年6月23日時点におけるアーカイブ。 2015年6月23日閲覧。 - (2015年9月29日アーカイブ分)• News Web 2020年6月5日. 2020年6月25日閲覧。 DEGITAL 2020年6月12日. 2020年6月25日閲覧。 2020年3月22日. 2020年3月23日閲覧。 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2020年3月24日. 2020年5月9日閲覧。 日本: 読売新聞オンライン 2020年3月30日. 2020年5月9日閲覧。 NHK2019年11月2日• - (2017年8月26日アーカイブ分)• INC, SANKEI DIGITAL 2018年10月4日. 産経ニュース. 2019年11月18日閲覧。 2020年1月24日• 2017年8月26日 - AFPBB News 2016年7月20日• - (2017年8月26日アーカイブ分)• 2016年2月2日 - ニュースイッチ(日刊工業新聞 2015年6月16日)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2015年10月23日アーカイブ分)• - (2018年2月28日アーカイブ分)• - (2015年10月21日アーカイブ分)• - (2015年12月8日アーカイブ分)• 2016年4月8日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年3月28日• 2017年10月27日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2017年10月27日• 2016年7月17日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年7月5日• 2016年4月27日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年4月27日• 2016年4月23日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年4月15日• 2017年8月22日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年6月9日• 2016年8月6日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年7月29日• - (2015年10月23日アーカイブ分)• 2016年3月3日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年2月24日• 2019年2月22日時点のよりアーカイブ。 2019年2月22日閲覧。 2016年6月30日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年6月23日• - (2015年10月20日アーカイブ分)• 2018年2月6日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年2月6日• 2016年3月5日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年2月29日• - (2015年10月20日アーカイブ分)• 2017年8月22日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2017年5月30日• 2018年10月11日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年10月11日• 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年12月14日• 2018年10月11日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年10月3日• 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年10月28日• 2019年4月10日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年4月10日• 2019年6月27日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年6月27日• 2018年8月30日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年8月30日• 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年8月9日閲覧。 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年8月9日閲覧。 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年6月4日• 2018年8月4日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年8月3日• 2018年1月17日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年1月17日• 2018年11月29日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年4月13日• 2018年12月7日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年12月6日• 2019年5月31日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年5月31日• McCarthy, Michael 2011年6月7日. USA Today. の2013年2月5日時点におけるアーカイブ。 2016年4月27日閲覧。 Sports Business Journal. 2015年7月2日時点のよりアーカイブ。 2015年7月1日閲覧。 The Guardian. 2016年4月29日時点のよりアーカイブ。 2015年6月30日閲覧。 International Olympic Committee Olympic. org. 2015年7月29日. の2015年7月30日時点におけるアーカイブ。 2015年7月29日閲覧。 News. com. 2014年7月9日. の2015年4月16日時点におけるアーカイブ。 2014年7月9日閲覧。 Pavitt, Michael 2016年6月13日. inside the games. の2016年6月24日時点におけるアーカイブ。 2016年6月13日閲覧。 International Olympic Committee Olympic. org. 2015年12月10日. の2015年12月13日時点におけるアーカイブ。 2015年12月10日閲覧。 International Olympic Committee Olympic. org. 2014年10月28日. の2016年1月8日時点におけるアーカイブ。 2014年10月29日閲覧。 sportscastermagazine. 2014年10月28日. の2016年3月4日時点におけるアーカイブ。 2014年10月28日閲覧。 International Olympic Committee Olympic. org. 2014年12月4日. の2014年12月7日時点におけるアーカイブ。 2014年12月4日閲覧。 Lloyd, Tom 2016年6月2日. SportsPro. の2016年6月30日時点におけるアーカイブ。 2016年6月2日閲覧。 Czech. の2016年5月30日時点におけるアーカイブ。 2016年5月9日閲覧。 Morgan, Liam 2016年5月9日. inside the games. の2016年6月13日時点におけるアーカイブ。 2016年5月10日閲覧。 International Olympic Committee Olympic. org. 2015年6月29日. の2015年7月1日時点におけるアーカイブ。 2015年6月29日閲覧。 Lloyd, Tom 2016年4月21日. SportsPro. の2016年10月4日時点におけるアーカイブ。 2016年4月22日閲覧。 USA Today. 2011年7月5日. 2012年3月27日閲覧。 Kennedy, Mike 2015年6月16日. SportsPro. の2016年3月4日時点におけるアーカイブ。 2015年6月17日閲覧。 Hungary today hungarytoday. 2016年6月20日. の2016年6月21日時点におけるアーカイブ。 2016年6月20日閲覧。 2016年6月2日. の2016年6月5日時点におけるアーカイブ。 2016年6月2日閲覧。 International Olympic Committee Olympic. org. 2014年6月19日. の2014年6月26日時点におけるアーカイブ。 2014年6月19日閲覧。 International Olympic Committee Olympic. org. 2015年7月27日. の2015年7月30日時点におけるアーカイブ。 2015年7月27日閲覧。 Emmett, James 2016年3月21日. SportsPro. の2016年4月3日時点におけるアーカイブ。 2016年3月21日閲覧。 Olympic. org. 2016年3月23日. の2016年3月26日時点におけるアーカイブ。 2016年3月23日閲覧。 Olympic. org. 2011年7月4日. の2012年8月20日時点におけるアーカイブ。 2011年8月18日閲覧。 The Wall Street Transcript twst. com. 2016年7月6日. の2016年9月23日時点におけるアーカイブ。 2016年7月6日閲覧。 Olympic. org. 2012年7月18日. の2016年3月4日時点におけるアーカイブ。 2012年7月18日閲覧。 Discovery Communications corporate. discovery. com. 2016年2月3日. の2016年3月24日時点におけるアーカイブ。 2016年2月3日閲覧。 Olympic. org. 2011年6月7日. の2012年5月25日時点におけるアーカイブ。 2011年6月8日閲覧。 公益財団法人 2017年5月22日. 2018年3月4日時点のよりアーカイブ。 2018年3月3日閲覧。 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2017年12月1日. 2018年3月4日時点のよりアーカイブ。 2018年3月3日閲覧。 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年2月28日. 2018年2月28日時点のよりアーカイブ。 2018年3月3日閲覧。 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2018年7月22日. の2018年7月22日時点におけるアーカイブ。 2018年7月22日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年3月12日. の2019年3月27日時点におけるアーカイブ。 2019年3月27日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年6月1日. の2019年6月1日時点におけるアーカイブ。 2019年6月1日閲覧。 JIJI. COM. 2019年6月1日. の2019年6月8日時点におけるアーカイブ。 2019年6月9日閲覧。 日本経済新聞. 2019年6月1日. の2019年6月3日時点におけるアーカイブ。 2019年6月5日閲覧。 JIJI. COM. 2019年3月20日. の2019年3月27日時点におけるアーカイブ。 2019年3月27日閲覧。 日本経済新聞. 2019年9月27日. の2019年9月27日時点におけるアーカイブ。 2019年9月27日閲覧。 東京新聞. 2019年7月24日. 2020年1月4日閲覧。 2016年5月28日 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会• 2016年12月20日 - 首都大学東京• 2017年8月3日 - 武蔵野大学• 国土交通省 2017年10月10日. 2018年1月17日時点のよりアーカイブ。 2017年10月10日閲覧。 MOBY 2017年12月7日. 2018年1月17日時点のよりアーカイブ。 2017年12月10日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ 2019年2月6日. 2019年2月7日時点のよりアーカイブ。 2019年2月6日閲覧。 www. zaikei. 財経新聞 2019年2月4日. 2019年2月7日時点のよりアーカイブ。 2019年2月6日閲覧。 英紙『ガーディアン』• 2019年3月20日 - 朝日新聞 2019年1月11日• 2019年1月11日 - 読売新聞 2019年1月11日• 2019年3月18日 - 共同通信2019年3月15日• 2017年10月14日 - 日本経済新聞 2017年9月14日• 京都新聞2020年4月1日朝刊p28• www. yomiuri. 2020年3月2日閲覧。 Mainichi Daily News. 2020年2月27日. 2020年3月2日閲覧。 www. huffingtonpost. 2020年3月2日閲覧。 2020年3月22日. 2020年3月23日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年3月27日閲覧。 SwimSwam. 2020年6月25日閲覧。 『北日本新聞』2020年6月5日付1面『五輪簡素化を検討』より。 『北日本新聞』2020年6月5日付1面『開幕1年前催し見送り』より。 参考文献• 『なぜ東京五輪招致は成功したのか? 』、2013年。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (未開催)• 外部リンク• - 国際オリンピック委員会 IOC (英語)• - 首相官邸ホームページ• Tokyo2020jp -• tokyo2020 -• - チャンネル• 1896:• 1900:• 1904:• 1906: 注1• 1908:• 1912:• 1916: 注2• 1920:• 1924:• 1928:• 1932:• 1936:• 1944: 注2• 1948:• 1952:• 1956: 注5• 1960:• 1964:• 1968:• 1972:• 1976:• 1980:• 1984:• 1988:• 1992:• 1996:• 2000:• 2004:• 2008:• 2012:• 2016:• 2020: 注3, 注4• 2024: 注4• 2028: 注4• 2032: 注4.

次の