アドベント チルドレン 配信。 FF7 AC【アドベントチルドレン】のストーリー紹介 ネタバレ解説あり

FINAL FANTASY VII REMAKE

アドベント チルドレン 配信

発売日は2005年。 10年以上前に発売されたのかと驚いた。 開発はスクエニだが、販売元はソニーピクチャーズという不思議な販売ルート。 大人の事情だろうか。 映画祭にノミネート 知らなかったのだが、ヴェネツィア国際映画祭にこの作品は2年連続ノミネートされている。 また、東京・名古屋・京都で無料招待制の上映会が行われた。 スポンサーリンク 売れに売れた作品 売上自体は絶好調。 発売日から売り切れが続出。 オリコンDVDランキング1位を獲得。 6週連続TOP5入りという偉業を成し遂げた。 さらに1ヶ月で70万本を出荷。 1ヶ月で100万本。 全世界累計出荷本数は400万以上という記録を樹立している。 2009年に廉価盤が発売され、その後一部シーン差替え、追加したコンプリート版が発売された。 30分ほどの追加シーンが入っている。 うーん、見たことない。 氷室京介が歌う主題歌 イメージソングはなんとboowyの氷室京介。 プロデューサーの野村哲也が大ファンだったという。 韓国で盗難事件 それから、今何かと話題の韓国で盗作事件があった。 韓国の歌手IVYが発表したミユージックビデオがアドベントチルドレンと酷似しているとスクエニが訴えた事件。 計3億ウォンの損害賠償が発生した。 こんな動画を見つけました汗。

次の

【FF7】映像作品アドベントチルドレンを語る!

アドベント チルドレン 配信

《出典:ファイナルファンタジーVII》 FF7でのクラウドは、自身を元ソルジャー1stと自称していますが、作中後半にて実はソルジャーになれなかった、ただの神羅兵だったことが判明します。 セフィロスのようなソルジャーを夢見て神羅に入ったものの、特別な才能を持ち合わせていなかったクラウドは、ソルジャーにはなれなかったのです。 そもそもソルジャーとは、ジェノバ細胞を身体に埋め込まれそれに適応した人物がなれるというのが実態でした。 クラウドもニブルヘイムで宝条に捕まり、ジェノバ細胞を埋め込まれてしまいます。 ですがソルジャー1stのザックスとは違い、ジェノバ細胞に耐える力を持っていなかったクラウドは、精神崩壊を起こしてしまいました。 身体能力がソルジャー1stと同格になっているのは、ソルジャーと同じくジェノバ細胞を埋め込まれたためです。 その後、ジェノバ細胞の擬態能力によって、憧れのザックスやセフィロスといった自分の理想像のソルジャーだと自分を思い込み、演じることになります。 作中のクラウドはこの状態であったため、本来のクラウドの人格ではなかったのです。 ティファのお陰で、ストーリー終盤にて本来の人格を取り戻し、ジェノバ細胞を完全に克服します。 本当にクラウドを主人公として操作できるようになったのは、ここからが初だと言えますね。 本来の人格を取り戻したことで、格好つけて自分をよく見せようとしていた部分が消え失せ、内気で素直な性格に戻りました。 FF7アドベントチルドレンのクラウド 《出典:ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン》 アドベントチルドレンでのクラウドは、明らかに性格が暗くなっており、仲間と共にいることすら拒んでいるような様子でした。 何故そうなってしまったかと言えば、 クラウドは罪の意識に苛まされていたからだと考えられます。 アドベントチルドレンの中でも、クラウドが「だって、見殺しにしたんだぞ?」と発言している箇所があります。 これはザックスやエアリスのことを指していると思われます。 二人とも目の前で死にましたし、エアリスに至っては危うく自分が斬り殺すところでしたからね。 ザックスが自分を守って死んだことも、FF7本編ではずっと忘れていた(自分が偽人格を演じる上で都合が悪いので、ザックスの存在を忘却していた)のですが、終盤で思い出してしまいます。 それでも当時は、セフィロスという目の前の脅威と戦っている最中でしたので、後悔している暇はなかったでしょう。 でも、2年後では違います。 メテオの後遺症で苦しむ人が世界中にいて、自身も星痕症候群を発症。 ザックスとエアリスの死についても、日が経つほど自責の念が強くなっていったはずです。 よってアドベントチルドレンでのクラウドは、自責と罪の念に苛まされ、明るい人格ではいられなかったと考えられます。 描かれていなかった2年の間に、徐々にクラウドから明るさが失われてしまっていたのでしょう……。 どっちのクラウドも格好良い アドベントチルドレンでは、最後に罪の意識と向き合うことができていましたので、これからは徐々に自分の性格を取り戻すことができると思います。 でもまぁ、素直でもクールでも、どちらでもクラウドは格好良いですけどね! キングダムハーツや、ディシディアファイナルファンタジーなどの派生作品では、クールなクラウドが多いよね。 最近の綺麗なグラフィックだと、あんなイケメンなのに内気な性格というのが描きにくいのかな。 リメイクでどうなるか期待だねー!.

次の

ファイナルファンタジーVII アドベント チルドレン コンプリート

アドベント チルドレン 配信

記事概要• FF7 AC【アドベントチルドレン】 作品概要 2005年9月に発売されたファイナルファンタジー7から2年後のクラウド達を描いた作品。 メテオとホーリー、ライフストリームによる激突によってミッドガル周辺には星痕症候群と呼ばれる謎の病気が蔓延していた。 体中に黒い模様が浮かび上がりやがては死に至る病である。 ミッドガルでティファと共に運び屋の仕事をしながら孤児達の世話をしていたクラウドだったが、ある日前触れもなく居なくなってしまう。 そんな中、仇敵であるタークスからクラウドへとある依頼が…。 その頃、クラウドは荒野で正体不明の青年3人組に襲われていた。 主な登場人物• クラウド・ストライフ・・・ティファと共に生活していたが自らの責任によってエアリスとザックスが死んでしまったと自分自身を責めており、その弱い心が原因で星痕症候群を発症してしまう。 解決手段を探して1人で旅立とうとするが…。 ティファ・ロックハート・・・新しいセブンスヘブンを経営しながらクラウドと共にマリン達孤児の世話をしていた。 クラウドが居なくなってからタークスからクラウドへの依頼を受ける。 その後、エアリスの居た教会で正体不明の少年の1人に襲われる。 デンゼル・・・今作で登場する新しいキャラクターで男の子。 星痕症候群を発症してしまいティファ達に匿われていたが、カダージュ達によって一時的に操られる。 カダージュ一味・・・クラウドやティファを襲った謎の青年グループ。 その正体はセフィロスが消滅した時にライフストリームへジェノバの細胞と共に溶け込んだセフィロスそのものの思念体である。 大空洞に遺された母(ジェノバ)とのリユニオンを求めて、タークスやクラウド達を襲う。 ルーファウス神羅・・・2年前に死んだと思われていたが、実は生きており星痕症候群をタークスと共に独自に調査していた。 その結果がジェノバとセフィロスに関わるものであった事からクラウドへ警護を依頼する。 ACストーリー 星痕症候群が蔓延しているミッドガル。 冒頭のマリンのセリフによると、『星は思った以上に怒っている』という。 クラウドはティファと共に運び屋としての仕事をしていたが、ある日何も告げずにセブンスヘブンを去ってしまう。 ミッドガル周辺の荒野で謎の青年達に『兄さん、母さんを返してくれ』と言われながら困惑するクラウド。 一方その頃、ティファの元には2年前に死んだと思われていたルーファウスからタークスを通じてクラウドへの警護依頼が届く。 ルーファウスは星への負債を返すべく、独自にタークスと共に星痕症候群についての情報を探っていた。 そこから導かれた結論は、星痕症候群の正体はライフストリームに溶けたジェノバ細胞、そしてセフィロスの意志が絡んでいるという事。 大空洞へとタークスを派遣してジェノバの首(本体)を回収することには成功したものの、セフィロスの思念体であるカダージュ一味から追われる身となっていた。 タークスからティファを通じてクラウドへの警護を依頼したのはジェノバの首をカダージュ一味から隠し通す為であった。

次の