ハイシー 顆粒。 シナール配合顆粒・配合錠の効果・副作用・粉砕や噛むとダメ?

ハイシー顆粒(アスコルビン酸)作用機序・シナールとの違い・妊娠・授乳中の服用は?

ハイシー 顆粒

製品概要 [ ] 1961年3月にがを配合した初代の「ハイシー」を発売。 ビタミンC主薬製剤がメインであるが、1995年(平成7年)に主薬製剤が登場したことで、ビタミン剤のブランドに発展。 2000年(平成12年)からは「ハイシー」ブランドの栄養ドリンク剤も発売されている。 日本国内向けコンシューマーヘルスケア事業の分社化に伴い、2017年4月1日から武田コンシューマーヘルスケア株式会社の取扱となった。 歴史 [ ]• (36年) - ビタミンC製剤の錠剤「ハイシー」を発売。 (昭和37年) - ビタミンC製剤「ハイシー顆粒」を発売。 (昭和40年) - 薬局・薬店で構成される取扱店組織「 タケダ会」を発足。 (昭和41年) - 一般用医薬品としてビタミンC・・ビタミンB 6配合「ハイシーA」を発売。 (昭和49年) - 一般用医薬品としてビタミンC・ビオチン・ビタミンB 6配合「ハイシーAソフト顆粒」を発売。 (昭和53年)4月 - として調剤用製品「ハイシー錠・ハイシー散」を発売。 1978年(昭和53年)9月 - 医療用医薬品の調剤用製品「ハイシー顆粒「タケダ」」を発売。 (昭和55年) - ビタミンC製剤「ハイシーS」を発売。 (昭和58年) - 「ハイシーS」の300錠を発売。 (元年) - チュアブルタイプのビタミンC製剤「ハイシーL」を発売。 (平成6年) - ハイシーLが新容量(ケース付き40錠、ケースなし詰め替え用60錠・100錠)にリニューアルして発売。 (平成7年) - 製剤「ハイシーBメイト」を発売。 (平成8年) - ビタミンCが1000mg配合した細粒タイプの「ハイシー1000」、チュアブルタイプの「ハイシープラス」を発売。 (平成9年) - ビタミンE・C製剤「ハイシーピゼア」を発売。 (平成12年) - とビタミンを配合した整腸薬「ハイシービフィーズ」(医薬品)、ビタミンC製剤「ハイシーホワイト」(医薬品)、栄養ドリンク剤「ハイシーCE Time」(医薬部外品)を発売。 (平成13年) - ビタミンE・C製剤「ハイシーEクラス」を発売。 (平成14年) - 1日2回服用のビタミンC製剤「ハイシーホワイト2」を発売。 (平成15年) - 1日1回服用のビタミンB 2B 6製剤「ハイシーBメイト2」を発売。 (平成23年) - 発売50周年。 指定医薬部外品の栄養ドリンク剤「ハイシードリンク」(販売名:ポリタンC)を発売。 (平成26年) - 糖類ゼロの指定医薬部外品の栄養ドリンク剤「ハイシーバランス」、通信販売向けの「ハイシー細粒」を発売。 (平成28年) - 発売55周年。 指定医薬部外品の栄養ドリンク剤「ハイシーローヤル」を発売。 (平成29年) -• 日本国内向けコンシューマーヘルスケア事業の分社化に伴い、武田コンシューマーヘルスケアへ移管。 指定医薬部外品の栄養ドリンク剤(ビタミン含有保健剤)の承認基準改正に伴い、「ハイシーバランス」・「ハイシーローヤル」が新効能表示を明記したパッケージデザインに変更。 主要製品 [ ] 現在 [ ]• ハイシー錠剤シリーズ(第3類医薬品)• ハイシーL(「ビタミンC主薬製剤」 1989年 - 現在) - チュアブルタイプの錠剤• ハイシープラス(「ビタミンC主薬製剤」 1996年 - 現在) - チュアブルタイプの錠剤• ハイシーホワイト2(「ビタミンC主薬製剤」 2002年 - 現在) - 白いシュガーレスの薄型糖衣錠• ハイシーBメイト2(「ビタミンB 2・ビタミンB 6主薬製剤」 2003年 - 現在) - 白いシュガーレスの薄型糖衣錠• ハイシー顆粒・細粒シリーズ(ハイシー細粒は通信販売向けの指定医薬部外品、ハイシー1000は第3類医薬品)• ハイシー細粒(「ビタミンC主薬製剤」 2014年 - 現在)• ハイシー1000(「ビタミンC主薬製剤」 1996年 - 現在)• ハイシーバランス(指定医薬部外品、2014年 - 現在)• ハイシーローヤル(指定医薬部外品、2016年 - 現在) 過去 [ ]• ハイシー - 「ハイシーS」へ継承• ハイシー顆粒(当初は一般用医薬品だったが、現在は医療用医薬品となっている)• ハイシーA• ハイシーAソフト顆粒• ハイシー錠(医療用医薬品)• ハイシー散(医療用医薬品)• ハイシーS - 水で服用する錠剤タイプ。 携帯に便利なチュアブルタイプの「ハイシーL」へ継承• ハイシーBメイト - 「ハイシーBメイト2」へ継承• ハイシーピゼア - 「ハイシーEクラス」へ継承• ハイシーホワイト - 「ハイシーホワイト2」へ継承• ハイシーEクラス• ハイシービフィーズ() - 「ビオフェルミンVC」へ継承(製造元:、2017年10月に販売をへ移管)• ハイシーCE Time(シイタイム)【医薬部外品】(栄養ドリンク剤)• ハイシードリンク【指定医薬部外品】(栄養ドリンク剤、販売名:ポリタンC) - 「ハイシーバランス」へ継承(製造元:) CM出演者 [ ] 過去 [ ]• (ハイシーローヤル)• (ハイシーバランス) 関連項目 [ ]• - 放送の前夜祭『』で、本編との間に「ハイシーA」の60秒を放送。 現存するフィルムを収録した映像ソフトにはこれが収録されている。 外部リンク [ ]•

次の

ハイシー顆粒25%の効果・用法・副作用

ハイシー 顆粒

ビタミンCはサプリメントでもたくさん販売されていますね。 これって病院でもらうビタミンCと違うのでしょうか? 美容専門の皮膚科に行くと病院で医療用の医薬品であるシナールやハイシーを自費で販売してくれるところがあります。 シナールやハイシーは病気の治療でつかうときは、医師が処方箋で出してくれるから健康保険を利用して 3割負担でもらうことができます。 でも美容 美白 目的で使用するとき話は別です。 そもそも病気の治療ではないため国が一部を負担する健康保険は使用することはできません。 当然ながら 自費になります。 医療用医薬品の値段は国が決めた薬価というものがベースになりますが、自費の場合は自由診療なので薬の値段も自由に設定することができます。 クリニック内で販売してもらう時には自由価格が設定されています。 ただ、もし処方箋で薬を処方してもらって薬局で薬をだしてもらう場合は薬局は薬価を使用するので、これを参考にしてみたいと思います。 ちなみに、薬価とは別に 医師の診察代と薬局の処方代を請求されるので、これらもも考慮しなくてはならない。 シナール配合錠:1錠6. 4円 つまり、100錠1箱で、640円 ハイシー顆粒:1g6. 2円 つまり、100gで、620円 激安でしょ? でもこれに診察代2000円、処方代1000円が加算されるとして美容クリニックで自費処方箋を出してもらった場合は、 シナール配合錠を1箱で、3640円 ハイシー顆粒100gで、3620円 これくらいが予想されます。 診察なしで、病院で薬だけ売ってくれるところもあるようなので、処方代は請求されるにしろ病院で直販売の方が薬局の手数料が取られないぶん安い。 病院が直で、自費で販売するときは自由価格になるので病院次第ではあるが1箱1000円くらいのとこが多いみたいです。 このように直販売するところは美容外科や美容クリニックをうたっているところに多い。 また、普通の皮膚科でも薬をお願いすれば出してくれるところはあります。 これは、美容目的というわけではなく、あくまでも治療目的ということでの使用です。 これだと、健康保険がきくので圧倒的に安い。 ただ、治療として認めてくれるかどうかは医師の考えによります。 必ずしもお願いした薬をだしてくれるとは限らない。 最近では、国の方も無駄なビタミン剤の使用を制限すべくビタミン剤の保険請求を厳しくしています。 保険でビタミン剤を処方してもらう時にはあまり長期日数での処方は期待できません。 もし長期で服用したいなら自費もしくは市販薬をつかいましょう。 治療で処方箋をだしてくれるのであれば、 これが一番安い。 さっきのシナール配合錠が1箱で3640円だったけど、これが保険で3割になるわけだから1000円で済みます。 市販のビタミンCと医療用のビタミンCに互いはあるのか? シナールやハイシーの有効成分はビタミンCなわけですが、このビタミンC(アスコルビン酸)というのは単純な構造をしていているので、 人工的に作ったものと天然のものは全く同じ構造で、効き目に違いはないとされています。 病院で処方されている、シナール配合錠やハイシー顆粒も人工的に精製されたアスコルビン酸が使用されていてます。 これらはサプリメントのアスコルビン酸となんら違いはありません。 別に、医療用だからといって、必ずしもすぐれているというわけでもないのでビタミンCであれば、同様の量のアスコルビン酸を摂取すれば、効き目は同じものと考えられます。 また一番有名な医療用ビタミンCのシナール錠にいたっては、販売製造している塩野義製薬が同じ商標名で同等のものを販売しています。 塩野義製薬がシナールEXという大衆薬を販売しているのでアマゾンや楽天なんかで簡単に同等のものが手に入ります。

次の

ハイシー顆粒(アスコルビン酸)作用機序・シナールとの違い・妊娠・授乳中の服用は?

ハイシー 顆粒

効能・効果• 壊血病の治療• 壊血病の予防• 授乳婦のビタミンCの補給• 消耗性疾患のビタミンCの補給• 妊産婦のビタミンCの補給• 激しい肉体労働時のビタミンCの補給• ビタミンC欠乏症の治療• ビタミンC欠乏症の予防• メルレル・バロー病の治療• メルレル・バロー病の予防• ビタミンC欠乏の炎症後の色素沈着• ビタミンC欠乏の肝斑• ビタミンC欠乏の血尿• ビタミンC欠乏の光線過敏性皮膚炎• ビタミンC欠乏の雀卵斑• ビタミンC欠乏の歯肉出血• ビタミンC欠乏の鼻出血• ビタミンC欠乏の副腎皮質機能障害• ビタミンC欠乏の毛細管出血• ビタミンC欠乏の薬物中毒• ビタミンC欠乏の骨折時の骨基質形成• ビタミンC欠乏の骨折時の骨癒合促進• ビタミンC代謝障害の炎症後の色素沈着• ビタミンC代謝障害の肝斑• ビタミンC代謝障害の血尿• ビタミンC代謝障害の光線過敏性皮膚炎• ビタミンC代謝障害の雀卵斑• ビタミンC代謝障害の歯肉出血• ビタミンC代謝障害の鼻出血• ビタミンC代謝障害の副腎皮質機能障害• ビタミンC代謝障害の毛細管出血• ビタミンC代謝障害の薬物中毒• ビタミンC代謝障害の骨折時の骨基質形成• ビタミンC代謝障害の骨折時の骨癒合促進• 食事からの摂取が不十分のビタミンCの補給.

次の