桔梗 の 花 言葉。 桔梗(キキョウ)の花言葉の意味・由来・色別を解説!

桔梗は秋の花じゃない?桔梗の咲く季節や花言葉を紹介

桔梗 の 花 言葉

目 次• 桔梗(ききょう)全般の花言葉 桔梗には、6つの花言葉があります。 永遠の愛、優しい暖かさ、気品、誠実、清楚、従順とあります。 どれも素敵ないい意味の花言葉です。 星形の五角形に近い形をしており、その花の見た目は誠実そのものとされていました。 桔梗の主な花の色は、紫、青、白でその色は気品のあるきれいな色とされそれらが由来して清楚という花言葉もついたとされています。 また、そのほかの花言葉は桔梗の花には有名な話があります。 一言でいえば、愛する人をずっと待ち続けたという話です。 この話が由来しているといわれています。 色で変わる花言葉 紫色 全般の花言葉でも出てきたように、紫には気品という花言葉がついています。 見た目、色といい気品があるとされそのままの意味ですが気品とつけられました。 ピンク 薄幸という花言葉です。 あまりよくない花言葉です。 ピンクの桔梗はあまり見かけないと思いますが、品種改良されこれからはお花屋さんとかでもよく見かけるようになると思います。 白色 白には清楚、従順とあります。 見た目からこの二つの花言葉がつけられたとしています。 実は怖い意味の花言葉 まず全体的に、桔梗にはとても関係のある話がとても怖いとされていて見た感じ花言葉は怖くはないのですが、由来となる話がとても怖いと感じるそうです。 戦が絶えなかった昔、武士の旦那さんをもつ夫婦がいました。 大きな戦いに行かなくてはならなくなり、妻と約束をしました。 その約束が、必ず戻るから待っていてくれというものでした。 妻も、子供と一緒にずっと待ているからとお互いに約束しました。 いつになっても戻ってくることはなかったのですが、妻は約束だからと待ち続けたのです。 桔梗とはどんな花 桔梗の特徴 桔梗は、6月~9月、夏から秋に咲く花です。 家紋の模様に使われていたりと日本と昔から親しみのある花です。 主な花の色は、紫、青、白です。 それでも最近は品種改良によりピンク系などいろんな色の花が増えましたがまだあまり出回っていないので見かけたことのある人は、少ないかなと思います。 なんといてもあの花の形は、桔梗だからこその特徴ではないでしょうか。 花が開くと、星形のような五角形に近い形をしています。 開く前は、五角形のその形のまま丸く丸まっています。 桔梗の名前の由来 桔梗はもともと昔、漢方として使われていました。 その時の、名前がキチコウといわれいてその漢名の読みが変化して、今のキキョウとなったとしています。 桔梗の種類・品種 アポイギキョウ 主な代表的な品種です。 小さめで全体の高さは、10㎝~20㎝ほどにしかならないものです。 ほかの大きい花と比べるとかなり小さいといえます。 ウズキキョウ この種類もかなり小さめです。 桃色の花を咲かせるのが特徴です。 この桃色の花は草丈がかなり低めですが、これよりもすこし高めに伸びる白色もあります。 五月雨 見た目は普通のノーマルの桔梗と違いはありません。 咲く時期に違いがあり、5月~6月と早めに咲きます。 花の色も豊富です。 小町 とても珍しいもので、花が開ききらない種類です。 紫色の丸く丸まったような見た目をしています。 いろんな種類がありますが、色によってあまりよくない意味のものがあるので気を付けましょう。

次の

桔梗の花言葉に隠された意味

桔梗 の 花 言葉

形態 [ ] は太く、黄白色。 草丈は50-100cm程度。 は一般には互生で先は尖っており縁に鋸歯がある。 下面はやや白みがかっている。 秋の花のイメージが強いが、実際の開花時期は六月中旬の梅雨頃から始まり、夏を通じて初秋の九月頃までである。 が徐々にからにかわり裂けての花を咲かせる。 雌雄同花だがであり、まずが成熟してが出て(雄花期)、その後にが開き柱頭が受粉可能になる(雌花期)。 これはの可能性を高めるための仕組みで、キキョウは雄性先熟の特徴を観察しやすい植物である。 花冠は広鐘形で五裂、径4-5cm、雄しべ・雌しべ・花びら(花弁)はそれぞれ5つである。 なお、品種にはやの花をつけるものや、鉢植え向きの草丈が低いもの、二重咲きになる品種やつぼみの状態のままほとんど開かないものなどがある。 名称 [ ] 属名のPlatycodonは「広い釣鐘」を意味する。 種小名のgrandiflorusは「大きな花の」という意味である。 なお、つぼみがのような形状であるため "balloon flower" という英名を持つ。 生薬 [ ] キキョウの根 キキョウの根は(オレアナン型トリテルペンサポニン)を多く含むことからとして利用されている(Platycodi Radix、日本薬局方では 桔梗根でキキョウという)。 生薬としては、根が太く、内部が充実し、えぐ味の強いものが良品とされている。 主な産地は、、である。 、、排膿作用があるとされる。 炎症が強い場合には石膏と桔梗の組み合わせがよいとされ、処方例として小柴胡湯加桔梗石膏がある (も参照)。 鎮咳去痰の漢方処方には、、などのがある。 文化 [ ]• 「で、山上憶良が詠んだ歌(巻八 1538)「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志 また藤袴 朝貌の花」のうちの「朝貌の花」は本種を指す。 花の形から「」が生まれた。 の、一族は桔梗紋を紋所にしていた事で知られている。 も土岐氏一族であり、桔梗紋を用いていた。 が使用したを桔梗印と呼び、現在のではとされている。 朝鮮民謡 絶滅危惧種 [ ] 絶滅危惧II類 VU ().

次の

キキョウ(桔梗)の花言葉って怖いの?噂の真相を歴史から紐解くよ

桔梗 の 花 言葉

桔梗の花の語源は「キチコウ」から 桔梗という花の漢字の読みが、本来は中国で キチコウと読ばれていたものがそこから変化してキキョウになったと言われています。 古い時代では朝顔とも呼ばれていたと言います。 花の見た目も星形に花が開くところが朝顔によく似ていますね。 また、古い時代に桔梗の花をお供物として神様や仏様に捧げ、吉凶を占ったりしていたそうで、その時の「吉凶」、キッキョウの発音が「桔梗」になって名前になったとも一説では言われています。 ちなみに、英語でキキョウは バルーンフラワーと言います。 まだ花開く前のつぼみの状態が膨らんだ風船に似ていることから英語名はバルーンフラワーなのです。 つぼみの写真を見ると本当に風船が膨らんだようになっていて納得、といった感じですよね。 このつぼみの時に花びらを開くと中から水が出てきます。 ちなみに「コマチキキョウ」という種はその膨らんだ状態のまま花を咲かせます。 太陽光が当たると向こうが透けて見えるほど透明感のある花です。 「秋の七草」としての桔梗 桔梗は旬が夏から秋にかけての花です。 花が咲くのは6月から9月にかけてです。 桔梗は 秋の七草の一種でもあります。 女郎花、尾花、撫子、藤袴、葛、萩と並んでその一つに数えられています。 これは、「万葉集」で山上憶良が詠んだ2首が秋の七草に数えられたことが由来とされています。 その部分を見てみましょう。 秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花 この最後の 「朝貌の花」が桔梗ではないかと言われていて、秋の七草に入っているのです。 朝貌の花は朝顔や、木槿、桔梗、昼顔などいろいろな説がありますが、桔梗とする説が最も有力と言われています。 ちなみに秋の七草は食用でなく観賞用のものです。 桔梗の花言葉は?またその歴史は? 好きな人を待ち続ける女性が原点? 花言葉は「永遠の愛」「誠実」「清楚」「従順」など、桔梗の花言葉には他にも「気品」や「変わらぬ愛」「変わらぬ心」や「優しい愛情」などもあります。 この花言葉の由来には、 桔梗の花が若い娘が恋人をひたすら待ち続けた姿の象徴であるところからこれらの花言葉がついたと言われています。 昔は好きな恋人や夫がいくさに行っていつ帰ってくるかわからない、けれども無事を祈り、その人だけをずっと永遠に待ち続けるという一途でひたむきで切ない女性を表した花言葉なんです。 純愛とも言えますが、とても切なく待つ側の女性にとっては哀しい一面もあります また、実際に「桔梗」という名前の人物からとられたという説もあります。 実在したかどうかはともかく、この場合でも「桔梗」は戦から逃げつつも彼の帰りを待ち続ける、という意味があるのだそうです。 武将も好んだ桔梗 また、桔梗は鎌倉時代初期の武将、 土岐光衝が戦場の野に咲いている桔梗の花を兜に挿して、戦いに勝ったので、桔梗を縁起のよい花として家紋にしたのをきっかけとして、広く知られるようになったといわれています。 桔梗は、現在も花言葉などの意味を汲んで仏花として使われることもあります。 永遠の愛を捧げる、また、死んでからもずっと思い続ける、といった意味の花言葉は、ご先祖さまに感謝し、お供えする花としてふさわしいとも言えます。 桔梗はまた桔梗紋と言って、鎌倉時代の頃から家紋として使われてもいます。 バランスのとれた五角形が好まれて、紋の形には花の形のみのものやだけではなく、三つ割桔梗、三つ葉花桔梗、丸に桔梗、細桔梗、抱き桔梗など多くの桔梗をモチーフにした変形の紋があります。 先ほどの土岐氏や、更に時を経て戦国時代、有名な明智光秀などの武士たちは、桔梗紋を丸で囲んだものをつけたり、星形にしたりするなど、桔梗紋の新しいデザインの家紋をつけていました。 また、江戸時代には、江戸城の「桔梗門」や「桔梗の間」などお城の各部分の名前にも採用されている日本では古くから親しまれている花なのです。 桔梗の現状はどうなっているのか? 実は絶滅の危機に? 桔梗は大きな木ではなく低木で、数十センチ程度の高さのもので見た目は可愛らしくも凛としている感じですが、一方では、 漢方としても使用されています。 桔梗の根っこの部分にはサポニンが含まれていて、桔梗根として生薬として古くから用いられているのです。 解熱や鎮痛作用、去痰、咳を静める、鎮静などの効果があると言われています。 古くから、日本や中国、北朝鮮などが原産の花で、日本では家紋に使われるなどして親しまれてきた桔梗ですが、現在では実は絶滅危惧種に指定されるほど減ってきてしまっているのです。 減ってきた理由の一つには、桔梗が自生できるような山や野原など自然の環境が少なくなってきたというのもあるようです。 地球温暖化や環境破壊といった問題も関係あると言えそうですね。 自然の環境が少なくなっていると、いろんなことに影響が出てきますよね。 このままどうなってしまうのだろうという不安もあることでしょう。 誰にも相談できないような悩みなどがあれば、『電話占い』に相談してみるのもひとつです。 電話占いの占い師は、恋愛相談や不倫相談などに強い占い師なので、あなたの悩みもきっと解決するでしょう。 下記のサイトにまとめていますので、ご覧ください。 桔梗の誕生花 野生の桔梗については上記のような状況ですが、園芸品種には幾つか出揃っています。 こちらは色や咲き方も品種改良によりさまざまな種類が出ています。 とはいえ、現在まで生き残っているのは4種類のみです。 主によく見かけるのは紫の「アポイギキョウ」です。 桔梗が誕生花になっている日も一年に何度かあります。 8月2日、8月23日、9月1日などです。 子供の名前をつける時に、この誕生花にちなんで花の名前や花言葉の中から一文字を使ったりするのもいいですね。 桔梗の花言葉は、しとやかで従順、誠実な女性の象徴なので女の子の名付けのヒントなどにするのも良いでしょう。 先ほどご紹介した花言葉は、桔梗全般のものですが、実は桔梗の花言葉は花の色によってもそれぞれ違う意味がつけられているんです。 次は花の色別の花言葉と意味についてもご紹介していきましょう。 桔梗の花の色別の花言葉は? 紫・青色の花言葉は「 気品」 桔梗の花は、昔は家紋などにも使われる武士などにも好まれていた花です。 紫の桔梗の花言葉が和の気品というのもなんとなくうなずけますね。 明智光秀を含む、土岐一族の家紋として使われていたようです。 なお、青い桔梗は色素が薄れている状況のもので、本来の桔梗の色ではないとされます。 こちらの場合でも紫の花言葉と同一の意味になります。 白い色の花言葉は 「清楚」や「従順」 紫の桔梗はなんとなく見た目にも気品漂う高貴な印象で、家紋に使われるにふさわしい雰囲気がありますが、白い色の桔梗になると、また印象ががらっと変わります。 可憐な印象で清楚や従順という花言葉が確かにぴったり来る雰囲気ですね。 伝統的な日本の女性の魅力を表していると言われています。 誰かとても好きな人に花を贈る時に、花言葉を考えながら花を選んで贈るのもとてもロマンティックです。 女性から大好きな男性に花を贈る時に、白い桔梗を贈れば 「従順です、ずっとあなたのことが好きであなたについて行きます」というメッセージを密かに込めることができますね。 ピンクの花言葉はなんと 「薄幸」 確かに、桔梗は同じ花でも花の色によって雰囲気や印象が全く違う花と言えます。 桃色の桔梗は確かに見た目がか弱い女性らしい印象で儚い感じがあるとも言えます。 このピンクの桔梗、もともとは山野草としてひっそりと咲いていたので、見ることは少ない花でした。 最近では品質の改良などで新しい品種や色の桔梗がたくさんあるのでお花やさんなどでも見ることができるでしょう。 ただ、贈り物としてピンクの桔梗を誰かに贈るときには、 花言葉が「薄幸」なのでシチュエーションによっては避けた方がいいかもしれませんね。 欧米で桔梗の花言葉とは? 日本の桔梗には、総合的な花言葉と、さらに桔梗の花の色、紫や白などによっても花言葉の意味がそれぞれつけられていますが、欧米でも桔梗の花言葉はあります。 英語の場合での花言葉は、「 友の帰りを願う」「 従順」「 永遠の愛」「 誠実」となっています。 欧米でも桔梗の花言葉には、 大切な人の帰りを待つ、ずっと思い続ける、誠実、永遠の愛といった意味の言葉がつけられているんですね。 また、西洋の花でキキョウという名前がついた トルコキキョウという花もありますが、こちらは日本の桔梗とは全く別の種類で関係がありません。 日本の桔梗は、多年草の一種でキキョウ科の花です。 多年草とは種が蒔かれ、茎や葉が出てきて花が咲き、実がなるというサイクルを2年以上繰りかえす種類のことを言います。 ですから日本の桔梗は、ガーデンニングで育てる場合は、最初の年に芽が出て花が咲けばまた翌年も楽しめる花ということです。 春先にまた去年の花の芽や葉が出てくるととてもうきうきと嬉しい気持ちになりますよね。 一方、西洋のトルコキキョウはリンドウ科で、見た目の花の感じから違います。 なぜ桔梗の名前が付いている理由は不明ですが、一説では大正から昭和にかけてトルコキキョウが日本に入ってきた時に、桔梗に似た青紫色をしていたことから名前の一部に桔梗がついたと言われています。 キキョウ科の品種紹介 イソトマ イソトマは、小さな星形の花を下部にいっぱい咲かせるとても可愛らしいお花です。 ギザギザの葉と青い花が夏にぴったりです。 本来は多年草ですが、寒さに強くないので、日本には冬に枯れるため一年草として知られています。 【花言葉】 優しい知らせ・強烈な誘惑・神聖なる思い出・心を開く・猛毒 イワシャジン イワシャジンは、やや大きめの多年草です。 関東地方南西部や中部地方南東部の山地の岩場で見られ、 秋には岩場から垂れ下がるようにして開くので、とても美しいです。 秋には次々と花を咲かしますが、冬前には枯れてしまいます。 【花言葉】 感謝・誠実 オトメギキョウ オトメギキョウは、初夏に花を咲かせる常緑性の小型多年草です。 3月ごろから促成栽培されたものが出回るようになり、4月5月ごろに花屋の店先を飾ります。 花は青紫の色で、釣り鐘形なのが特徴的です。 【花言葉】 感謝・誠実・楽しいおしゃべり ユウギリソウ ユウギリソウは、長雨や高温期の多湿に弱いので、春か秋に種をまいて育てます。 名前にある「夕霧」の通り、深い黄昏を感じさせてくれる花です。 約2mmくらいの花が無数に集まっており、 ソフトな雰囲気とどっしりとした厚みを感じさせてくれます。 【花言葉】 優しい愛情・はかない恋・穏やかな精神 キキョウ科の花には、美しい花言葉がたくさんあります。 大切な人へ贈るときには、花言葉にも注目して見ましょう。 花を送りたいけど、一歩踏み出せないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 そんなときは『電話占い』に相談してみましょう。 恋愛相談に強い占い師なので、あなたのことを救ってくれるでしょう。 下記のサイトにまとめていますので、ご覧ください。

次の