こうろぜん 皇室ニュース。 小室圭さん「皇位継承権」を要求! 眞子さま“人質”に、悠仁さまに「退位」を迫る|菊ノ紋ニュース

天皇陛下「親謁の儀」で伊勢神宮外宮ご参拝

こうろぜん 皇室ニュース

天皇陛下が国内外に即位を宣明される「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」が22日午後1時35分ごろ、約30分で終了した。 儀式は午後1時過ぎ、約2千人の参列者が見守る中、皇居・宮殿「松の間」で始まった。 鉦(しょう)の合図で参列者が起立すると、陛下の側近である侍従らにより玉座「高御座(たかみくら)」と隣の「御帳台(みちょうだい)」の帳が開かれた。 陛下は古式装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包まれ、皇后さまは十二単(ひとえ)のお姿。 参列者が鼓(こ)を合図に敬礼した後、陛下が即位を宣明し「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられた。 続いて安倍晋三首相が「松の間」の床上で「寿詞(よごと)」と呼ばれる祝辞を述べ、万歳三唱。 参列者も唱和した。 儀式には、皇太子の装束といわれる「黄丹袍(おうにのほう)」に身を包んだ皇嗣(こうし)秋篠宮さまをはじめ、皇族方11方がご参列。 国内からはプロ野球ソフトバンクホークス球団会長の王貞治氏ら約1600人、海外では180超の国や機関から英国のチャールズ皇太子ら約400人が、それぞれ参列した。 儀式では、三種の神器のうち剣と璽(じ)=勾玉(まがたま)、国の印章「国璽(こくじ)」、天皇の印「御璽(ぎょじ)」が、高御座の「案(あん)」と呼ばれる台に安置された。 宮殿内には賓客が両陛下のお姿を見られるようモニター30台が設置された。

次の

大嘗祭|平成から令和へ 新時代の幕開け|NHK NEWS WEB

こうろぜん 皇室ニュース

即位の礼・「即位礼正殿の儀」で万歳三唱する海部俊樹首相(当時。 写真/時事通信フォト) 令和元年が幕を開け、5か月が経った。 10月22日午後1時、天皇陛下が即位を国内外に宣明する「即位礼正殿の儀」が、皇居・宮殿で最も格式の高い「松の間」で執り行なわれる。 「即位礼正殿の儀が終わると、11月には即位後初めて国家国民の安寧と五穀豊穣などを感謝、祈念される大嘗祭が行なわれます。 これらは7世紀の天武・持統朝から、御代替わりの際の重要な儀式として踏襲されてきたものです」(皇室ジャーナリスト・山下晋司氏) 当日は、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)という束帯をまとった天皇陛下が、玉座を意味する高御座(たかみくら)へ、十二単姿の皇后陛下が御帳台(みちょうだい)に上られる。 陛下による即位のおことばの後、安倍首相がお祝いの寿詞(よごと)を述べて万歳三唱し、参列者が唱和する。 令和の即位礼は、平成と異なる点も見られる。 最も大きな違いは、両陛下お出ましの経路変更だ。 「平成のときは、参列者が直接お姿を拝見できるように、天皇皇后は中庭側廊下を通って松の間に入室されました。 今回は松の間の側扉から入室され、高御座と御帳台にお上りになります。 京都で行なわれた昭和天皇のときの形に戻した訳ですが、帳が開いたときに初めて天皇皇后のお姿が現われるというのが、本来の形なのです」(山下氏) 190以上の国や国際機関の代表、約2500人が参列する予定だ。 会場内には大小のモニターが複数設置され、離れた位置からでも御姿を見られるという。 この日の両陛下は忙しい。 午前9時(予定)に即位礼当日賢所大前の儀と即位礼当日皇霊殿奉告の儀があり、午後1時の即位礼正殿の儀が終わると、午後3時半から祝賀パレード「祝賀御列の儀」が始まる。 夜7時20分からは参列者を招いて「饗宴の儀」を開催。 祝宴はこの日を含めて、10月25日、29日、31日の計4回開かれる。 「即位礼正殿の儀」を終え、退出される美智子皇后(当時。

次の

両陛下、伊勢神宮でも儀式 皇室ご予定18~24日 [令和・即位]:朝日新聞デジタル

こうろぜん 皇室ニュース

即位の礼・「即位礼正殿の儀」で万歳三唱する海部俊樹首相(当時。 写真/時事通信フォト) 令和元年が幕を開け、5か月が経った。 10月22日午後1時、天皇陛下が即位を国内外に宣明する「即位礼正殿の儀」が、皇居・宮殿で最も格式の高い「松の間」で執り行なわれる。 「即位礼正殿の儀が終わると、11月には即位後初めて国家国民の安寧と五穀豊穣などを感謝、祈念される大嘗祭が行なわれます。 これらは7世紀の天武・持統朝から、御代替わりの際の重要な儀式として踏襲されてきたものです」(皇室ジャーナリスト・山下晋司氏) 当日は、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)という束帯をまとった天皇陛下が、玉座を意味する高御座(たかみくら)へ、十二単姿の皇后陛下が御帳台(みちょうだい)に上られる。 陛下による即位のおことばの後、安倍首相がお祝いの寿詞(よごと)を述べて万歳三唱し、参列者が唱和する。 令和の即位礼は、平成と異なる点も見られる。 最も大きな違いは、両陛下お出ましの経路変更だ。 「平成のときは、参列者が直接お姿を拝見できるように、天皇皇后は中庭側廊下を通って松の間に入室されました。 今回は松の間の側扉から入室され、高御座と御帳台にお上りになります。 京都で行なわれた昭和天皇のときの形に戻した訳ですが、帳が開いたときに初めて天皇皇后のお姿が現われるというのが、本来の形なのです」(山下氏) 190以上の国や国際機関の代表、約2500人が参列する予定だ。 会場内には大小のモニターが複数設置され、離れた位置からでも御姿を見られるという。 この日の両陛下は忙しい。 午前9時(予定)に即位礼当日賢所大前の儀と即位礼当日皇霊殿奉告の儀があり、午後1時の即位礼正殿の儀が終わると、午後3時半から祝賀パレード「祝賀御列の儀」が始まる。 夜7時20分からは参列者を招いて「饗宴の儀」を開催。 祝宴はこの日を含めて、10月25日、29日、31日の計4回開かれる。 「即位礼正殿の儀」を終え、退出される美智子皇后(当時。

次の